「あれ?もしかして私って彼にとって本命の彼女じゃない?セフレと思われているんじゃないの?」なんて感じた事があるでしょうか。

結構このような気持ちになってしまっている女性って多いのではないでしょうか。

こちらが本気で彼のことが好きなのに、実は彼は自分のことを彼女とは思っておらず、ただのセフレとしてしか見られていなかったなんてことはよくあることです。

このような状況に陥ってしまっている女性が多く、彼が自分のことをセフレとしてしか見ていないことはわかった、けどこの好きな気持ちはどうすることもできない、ということで仕方がなくセフレの関係を続けてしまっている女性もいることでしょう。

このような悩みは、悩み続けると尽きる事がありません。

また、今現在進行形で、「わたしは彼女?わたしはセフレ?」なんて悩んでいる人は、非常に辛い悩みを抱えている事になります。

本気で最低な男に引っ掛かったと、自分で割り切る事ができれば良いですが、なかなかそのように割り切るのは難しいことです。

一番は、本人に聞いて自分のことをどう思っているか確認してみることですが、なかなかそのような勇気も出てこないことでしょう。

自分で色々と想像していては、悪い方ばかりに考えが向いてしまいなかなか前向きな考えができないものです。

今回は、そのように自分はセフレの関係ではなにのだろうか?本当に彼女とは思われていないのではないか?と悩んでいる人のための記事になります。

1人で悩んでいるのであれば、誰かに相談するべきですが、このようなデリケートな悩みは、人には相談しづらい気持ちもわかります。

今回の記事が何か役に立てれば幸いです。

わたしが彼女じゃなかったの?!

いくら自分が彼のことを本気で好きあっても、いくら心から愛していても、恋愛というのはひとりの気持ちでは成り立ちません。

彼があなたのことを本気の彼女だと思って、始めて彼氏と彼女の関係が成立するもので、彼があなたのことを彼女じゃないと認識してしまえば、もうお互いはカップルではないということになってしまいます。

普通に考えればそうですよね、付き合う時に何か誓約書を交わすこともないでしょうし、悪い言い方をすれば男女が付き合うのなんて、ただの口約束みたいなものですから、なので最初は普通のカップルとして付き合ってはいたけれど、途中で彼の考えが変わり、あなたのことをセフレ相手と格下げした可能性だって否定はできないわけです。

もちろん、倫理やモラルの関係で、暗黙のルール的なものはありますが、決して法を犯しているわけではないですし、警察に捕まることもありませんからね。

なので、この場合言える事といえば「わたしが彼女じゃなかったの?!」というぐらいです。

気付くのが遅ければ、いつまでたってもその関係を解消できずにいる場合もあります。

なので、そのような関係に少しでも引っ掛かっているのであれば、自分が彼にとって、本命の彼女であるのか、セフレだと思われているのか早急に判断しなくてはいけません。

では、本当の彼女かセフレなのかを見極めるのには、どのようなポイントを見て行けば良いのでしょうか。

具体的に紹介してきたいと思います。

”彼女”と”セフレ”違いが分かりにくい

まず、なぜこのような悩みが生まれるかというと、女性からして彼女とセフレの関係って、その違いがわかりずらいんですよね。

なので、「え?わたしっていったいどっちなの?」なんて悩んでしまうこともありますし、迷ってしまう場合も多々あるはずです。

なので、まずはそこの男性の心裡を知るようにしなくては、彼が自分のことをどう思っているのか判断はできないですね。

実際には、男性が一方的に思っている場合も多いので、女性からすれば判断しづらい状況ともいえるでしょう。

なので、しっかりと判断できるように具体的な部分を知っておかなくてはいけません。

男性はちゃんと区別している

女性からは確かにわかりずらいですが、男性からすれば彼女である女性に対しての対応と、セフレの女性に対する対応は区別しています。

彼女であるのであれば、ここまではしたいというかしてあげたい。

セフレはここまでする必要はない、というかしてあげたくない。

そのように男性は女性に対して線引きをしているわけです。

なので、この男性の心理と行動がわかれば、あなたはいったい彼にとって彼女なのかセフレなのかという問題がクリアになるのではないでしょうか。

彼女とセフレの大きな違い

では、男性が区別をしている彼女とセフレの大きな違いとはいったい何なのでしょうか?その違いがわかれば、自分は彼氏からどう思われているのかもわかりますし、悩む必要もありません。

表面上は優しくされているから、絶対私は本命の彼女だと思う人もいますが、そのような男性こそ注意が必要かもしれません。

セフレってかなり雑に扱われそうな印象がありますが、男性からするとセフレの存在ってかなりありがたいんですよね。

だって、いつでも性欲が溜まった時に解消できますし、関係を続けて行けばいつでもおいしい思いができますから。

なので、それなりにセフレにも気を遣っているので女性からすれば気付かない場合も多いです。

思い出に残るデートがしたいか

あなたは彼氏としっかりとしたデートをしているでしょうか?例えば遊園地や、ドライブや映画など一緒にデートをして思い出に残るようなことをしているでしょうか。

非常に大事なことで、本気で好きな彼女とは思い出を残したいはずです。

なので、本気の彼女だと見極める為には、普段あなたが彼氏とどのような付き合い方をしているかを今一度見直してみましょう。

いつも色々な所につれていってもらったり、一緒に様々な場所で思い出を刻んでいるでしょうか。

いつも同じ場所であったり、部屋でセックスばかりしている、そんな状態であればあなたはセフレと思われている可能性は高いでしょう。

しかし、中にはただ単に出不精の彼氏である場合もあります。

なので、その彼氏は普段どのような生活しているのかもチェックしちゃいましょう。

あなたといない時には、色々なところに出掛けたりしているアクティブな彼氏で、あなたとの時だけデートに力を入れないとなると、それは高確率であなたのことをセフレを考えているでしょう。

セフレには思い出より快楽を求める

男性はセフレとは少しも思い出を刻みたいとは思っていないですし、思い出よりも快楽を求めています。

とにかく、セックスをすることだけしか考えていないといえます。

この原因って何なのでしょうか。

男性は女性をセフレにする場合、都合の良い女を選びますよね。

都合の良い女とは、自分に何の迷惑もかけない、セフレにするのに都合の良い女ということです。

セフレにされている女性は、いつのまにか自然と男性にとって都合の良い女性になっているのではないでしょうか。

相手のことが好きすぎて、何でもいいなりになっているとか、男性の我儘は全て許している、などなど男性をつけ上がらせると、高い確率で「こいつは、俺に言うことを何でも聞いてくれるから、かなり都合の良い女だな」思わせてしまうんですね。

愛を感じて欲しいか

彼氏からの態度に愛を感じていますか?また、感じるのであればそれはどういった時に感じているでしょうか?本当に好きな彼女であれば、自然と優しくなれますし、心からの思いやりや好きという表現をすることでしょう。

そのような「あたしは今心から愛されているんだ」という愛を感じているでしょうか。

もし感じていないのであれば、それは注意が必要です。

もちろん、普段から冷たかったり、うまく愛を表現できない男性も多いことでしょう。

しかし、そのような場合でも彼氏と彼女の恋人関係であれば、伝わる愛というものがあるはずです。

あなたのことを好きで付き合っているわけですから、何かしらのアクションは見せてくることでしょう。

しばらく長い期間、愛を確認することをされていない、または見ていないという状況であれば、怪しい状況といえます。

セフレとは快楽だけを感じたい

愛を感じていない状態なのに、毎回会うとセックスは確実にする場合、それは知らず知らずのうちに、お互いの関係がセフレの関係になってしまっている可能性があります。

あなたに対して愛や好きという気持ちはないけれど、体の相性は良いからセックスができる相手として繋ぎ止めておこう、というふうに思われているんでしょう。

男性は、彼女には優しくしますし様々なことを求めたいと考えます。

思い出も作りたいですし、少しでも多くの時間をあなたと過ごしたいと思うことでしょう。

しかし、セフレに対しては確実にそんな気持ちはない、とにかく快楽だけを受けられれば良い、という考えでセフレと付き合いを続けていきます。

このような気持ちの根本的な違いから、意識はしなくても自然と行動に出てしまっているといえるでしょう。

癒されたいし癒したいか

男性は特殊な人でない限り、大抵の人は何かの職業についているはずです。

もちろん女性もですが、男性の方が働く比率は多いのではないでしょうか。

男女差別とかではなく、客観的に見ての意見です。

なので男性って仕事でのストレスも多いですし、毎日の生活に嫌になる事も多々あるでしょう。

しかし、仕事ですから簡単にやめるわけにもいかないです。

そんな時、彼女という存在は大事な存在でしょうし、大切にしたいと思える存在になるでしょう。

なので、本当の彼女であれば、毎日の疲れを癒したいでしょうし、逆に仕事をしている彼女であれば、癒してあげたいと思う事でしょう。

そう考えた時、あなたは彼氏と癒し癒される関係になっているでしょうか。

もしかして、あなただけが彼氏を癒す存在になっていませんか?

セフレには体以外求めない

男性がセフレに求める癒しは、セックスでつまり体を求めます。

毎回都合の良い時だけに呼び出され、セックスが終わればすぐに帰るなんて、関係になっていませんか。

普通の恋人であれば、セックスをする前にも会話を楽しんだり、お互いがいつもどのような生活を送っているか確認し合ったりするものです。

さらに、セックスが終わったあともイチャイチャしてみたり、お互いに癒しを求め合い与え合うことでしょう。

そのような甘い関係ではなく、ただのセックスだけの関係は、間違いなく恋人ではなくセフレ関係ということがいえます。

男性は彼女に会えば、普通会うだけで癒されるものです。

しかし、セフレにはそのような癒しを求めていないので、もちろん男性から癒される事も考えられないでしょう。

独占したがるか

あなたは彼氏に独占されているでしょうか。

要するにある程度の束縛はされているかということです。

実は男性は独占欲が強い生き物なので、彼女のことが好きだったり大切であればあるほど、その彼女を独占しようとする傾向が強いです。

あまりにも激しい束縛は、正直迷惑に感じてしまいますが、ある程度の束縛というのは彼氏からの愛の証拠となります。

このような独占がないのは、あなたにあまり興味がないのかもしれません。

また、過去にどのような男性と付き合っていたかを聞かれたり、男性人数はどれだけあるのかなどなど男性遍歴を気にしているのは、あなたを本気で好きな証拠です。

このような男性の言動にも注意してみてみましょう。

セフレの男性遍歴は気にならない

逆に男性はセフレの男性遍歴は、全くといっていいほど気になりません。

どんな男性と付き合っていようが、今までの男性経験なども正直興味がないんですね。

最悪の場合、あなたが浮気をしていたり、2股などをかけていたとわかっても気にすることはないでしょうね。

あなたの中身などに興味があるのではなく、あくまで興味があるのはあなたの体であってあなたとのセックスです。

そのような部分に興味を持たない、持っていないと感じるのであれば、怪しい関係ともいえるでしょう。

また、例えばあなたが他の男性と遊んだり、一緒に食事に行くなんて時、どのような顔をするでしょうか。

「え?なんでそんなこと俺に言うの?」なんて全く興味を示していない場合は、あなたをセフレを思っている可能性は高いでしょうね。

約束をするか

普通の彼氏や彼女であれば、毎回のデートや次回会う日など、同棲でもしていない限りは約束をしますよね?それもある程度余裕をもって、1週間前や2週間前など、日程を決めて時間を決める、それは普通に当たり前のことのはずです。

相手の都合もあるでしょうし、まずは彼女を優先して会う日を決めるのが普通でしょう。

いかがですか、あなたは彼氏と会う場合にはしっかりと約束をして会っているしょうか。

この約束をするというのは、彼の気持ちを確かめるのにも有効的で、あなたのことをどのくらい大切にしているかわかります。

普通に考えれば大切にしている人であれば、相手の都合に自分が合わせますよね?

セフレとは約束をしない

基本的に男性の性欲はいつ強くなるか判断ができません。

いきなりセックスしたくなる時もありますし、やりたくない時もあります。

その波が激しければ激しいほどセフレという存在が欲しくなるのが男性です。

このような状況なので、基本的に男性はセックスがしたくなった時にしかセフレに会いたくありません。

なので、約束をしてしまうとその当日セックスをしたくなければ、会うのが嫌になってしまうので約束はしないんですね。

例え無理やり約束をこじつけても、その日にセックスがしたい気分でなければドタキャンされることも多いでしょう。

とにかく自分がセックスをしたくなった時にだけ、呼び出せれば良いので、約束をしようなんて考えてもいないでしょう。

知りたいし知って欲しいか

相手が好きな女性であると自然に興味が湧いてきますし、色々なことを知りたいと考えるのが普通でしょう。

その人が何が好きであったり、休みの日は何をしているかなど。

行動やどんな仕草をするのか、などなど知っておきたい事、これから知りたい事は山ほどあるはずです。

しかし、これがセフレとなると、全然興味が湧かないという人は非常に多いはずです。

男性の仲では、「とりあえず呼びたい時に呼んで、セックスさえできりゃあいい」と考えることが多いので、特にセフレが何をしていようか、どんなものが好きなのかなどなど、そんなことどうでも良いと考える人は非常に多いです。

あなたは、しっかりと彼氏から興味を持たれていますか?何か話した時に、その内容にちゃんとくいついてきますか?

セフレには自分のことは話さない

また、本当に心から好きの人に対しては、相手のことを知りたいというだけではなく、自分の事も色々と知ってもらいたいというのが普通の恋愛感情や、恋人に関する感情というものです。

自分の今日の出来事や、どんな気持ちで過ごしていたか、また自分はどのような人間でどんな時に、こんな気持ちになるんだ、などなど好きに人に知ってもらいたい自分のことってたくさんあるんですよね。

「あれ?私彼氏に自分の話しされたことがない」なんて感じている人はいませんか?セフレに自分のことを話さない男性はとても多いので、それはセフレと思われている可能性が高いですね。

知りたいないというのと同じで、人は心を許していない人には自分のことなんて知ってほしいと思いません。

なので、あえてセフレには自分のことを全く話さないようにしているんです。

セフレから本命になりたい!

「私はやっぱり彼のセフレなんだ」「これを見たら、自分がセフレというのを確信できた」このように思う人もいるでしょう。

もしかしたら、セフレかも、なんて考えていた人もいるかもしれませんが。

まずは、自分は本命の彼女と思われているか、セフレだと思われているか、どちらかなのを正確に判断するようにしましょう。

この判断を誤ると大変なことになってしまいます。

本当に心のどこかでは「セフレだな」と感じているのに、自分のプライドが邪魔して本命の彼女だと思いこんでしまう。

これは、本当に危険な考えで、その考えを修正しない限りは、その男性から一生都合の良い女として見られる事でしょう。

なので、今はセフレでもいいんです。

まずはそれを認める事から始めましょう。

そして、認めることができたならセフレから本命になればいいんです。

セックス以外の時間を作る

セフレから本命へとなるには、とにかくセックスする回数を減らす事が大切です。

男性からは、あなたとはセックスのことでしか考えられていませんし、あなたに対してセックスに対する魅力しか感じていません。

なので、あなたにセックス以外の魅力があるところをアピールするんですね。

デートをする回数を増やしたり、色々なところに二人で行くのも良いでしょう。

全くなしというわけにはいかないでしょうが、とにかく会う時にセックスしない日を作るのは効果的でしょう。

料理なんていうのも良いですね。

何か、彼氏を惹きつけるものがあなたにあると、おそらく彼の気持ちも少しずつでしょうが傾いていくことでしょう。

呼び出しに応じない

彼はあなたのことを都合の良い女と見ていますし、呼び出せばいつでも来る女という風に見ています。

なので、彼からの呼び出しには応じないように心掛けましょう。

しっかりと約束、段取りを決めてくれないと会う事はできないということをしっかりと伝えるんです。

「断ったら嫌われそう」「もう二度と誘われなくなりそう」なんて心配する人も多いのですが、そうなればそうで良いんです。

あなたはいつまでセフレの関係でいますか?「ただ好きだから、傍にいるだけでいい、セフレの関係でも構わない」そう考えているなら良いでしょうが、セフレの関係なんて嫌だと考えるのであれば、もうその男性とは別れる覚悟で行動しなければ、セフレから本命への格上げはなかなか難しいです。

なので、絶対に呼び出しには応じず、逆にあなたのタイミングで呼び出すくらいの気持ちが必要です。

連絡自分からしない

いくら相手に会いたかろうが、寂しくともあなたから彼に連絡することは控えましょう。

控えましょうというより、「もう彼から連絡がくるまでは、絶対に連絡しない」と心に決める事です。

いつもあなたから連絡していると、それが当たり前になってきて、男性もそれが普通に感じるので自分から連絡はしないようになるんです。

それが、あなたから連絡をしなくなるとどうでしょう。

「あれ?全然連絡こないな」と感じ、少しでもあなたに気があるのであれば、彼の方から確実に連絡をしてくることでしょう。

なので、彼に「あれ?おかしいな?」という気持ちを感じさせることが大切で、今まで押して押していたのを、完全に引きの行動で見るんです。

他の男の影をチラつかせる

彼は完全にあなたは「もう俺のことしか好きじゃない」「俺以外の男はいない」と決めつけている事でしょう。

なので、他の男の影をチラつかせましょう。

普段の会話で他の男の話しをしてみたり、連絡がきても「今男といるから会えない」など、彼以外の男に興味がありますよ、という感じのニュアンスで対応するんです。

そうすれば、彼は焦るでしょうし、あなたを他の男に取られたくないと思うのであれば、少しムキになったりやきもちをやくことでしょう。

そう思わせるのが重要なポイントで、彼にとってあなたの存在は大切な存在なんですよ。

というのを感じさせるのです。

人はなくなってから後悔などをする生き物なので、本当にあなたを大切に思う気持ちが少しでもあるのであれば、他の男の影がチラついてくれば、きっと彼は焦るはずです。

女性らしさを出す

女性らしさをだすのは、セフレから抜け出すためには重要なことで、とにかく自分磨きをしていきましょう。

男性は、やはり女性らしさがある人が好きですし、「こんな女性らしい子を裏切る事はできないな」なんて感じる事も多いです。

自分がセフレであるという自覚がある女性って、意外と自分を低く見ている傾向があります。

なので、自分を軽く扱わずに、もっと自分に自信を持つようにしましょう。

その自信を持つためにも、女性らしさを磨く事は非常に大切です。

自分のレベルを上げることによって、今以上の彼から声を掛けられたり、今の彼が非常に小さく見えてしまう事もあります。

自分に対する自信というのは、そのくらい大切なことです。

自慢したい女になる

男性が自分の彼女にしたり、手元に置いておきたいと考える女性というのは、周囲に自慢できる女性というものです。

何か特別なものを持っている彼女ですね。

もちろん、誰もが振り向く美女なんて、完全に周囲に自慢できるものでしょうが、それは生まれ持ったものなので誰しもに与えられているものではありません。

もちろん磨き方次第では、綺麗になる方も多いのでチャレンジしてみる価値は大いにあると思います。

性格的な面でも良いでしょう。

誰よりも気を配れたり、思いやりをもった彼女なんてのも、みんなに自慢できますよね、友達と大勢で遊ぶ時なんかも、そんな彼女であれば連れていきたいと考えますもんね。

なので、あなたの中の特別な部分をとことん磨く作業もしてみましょう。

「彼女にして欲しい」と言ってみる

ぶっちゃけて、彼女にして欲しいと言ってみるのはどうでしょうか?全てを話すんです。

今のセフレの関係をやめたい。

本気で彼女にして欲しいというのを伝えるんですね。

これは、完全に別れるのを覚悟してから言いましょう。

彼女にしてくれないのであれば、絶対に別れるというのを前提で話をするんです。

なので、セフレの関係のままであれば、別れるということもしっかりと伝えましょう。

彼女にしてくれないなら、セフレの関係でもいいか、という考えを少しでももってはいけません。

彼女にしてくれないのであれば、絶対に別れるということを心に決めて話しをしましょう。

彼女に昇格できない人も

このように、セフレから彼女にするポイントを紹介しましたが、ここまで見ても彼女に昇格できない人は多いです。

そのような人は、客観的に見ると自分からセフレの関係を望んでいるのでは?なんて感じてしまいます。

では、そのような彼女に昇格できない女性はどのような特徴をもっているのでしょうか。

彼の希望は必ず聞く

彼が言ったことや、希望は必ず聞いてしまう特徴を持つ方は、セフレの関係から抜け出す事ができないでしょう。

彼に反論することもできなければ、彼が言ったことが一番正しい、というような錯覚をしてしまうのです。

このように考えるのは間違いでしょう。

嫌われることが怖い

彼に嫌われてしまうのが怖くて、自分の気持ちに正直なっていない女性も、セフレから彼女になるのは難しいです。

どうしても彼氏のことが好きすぎて、嫌われるのが怖いと感じる人はいると思いますが、セフレの関係を抜け出すには、とにかく嫌われても今の関係から抜け出したいと考えなければだめでしょう。

自分に自信を持っていない

自分に自信をもっていないひとは、基本的に自分の意思を持ちません。

彼のペースに合わせてしまい、なすがままの状態を送ってしまいます。

彼女にして欲しいと思っていても、自分に自信がないので勝手に駄目だと決めつけてしまうんですね。

聞き分けいい女を演じがち

聞き分けいい女は彼から喜ばれると思い、そんな彼にとって都合の良い女を自然と演じてしまっているんです。

波風立てずに、男性の意見や考えを尊重するのが女の役目なんて思っている人が多く、このような女性は男性からすればセフレ相手としては最高の女性となるでしょう。

寂しさに負けてしまう

ひとりの寂しさに負けてしまい、彼と一緒にいたいと考えている人です。

逆にこのような人は、彼に対して自分もある意味利用しているといえるので、そこまで悪い関係ではないのかもしれませんね。

空気を読みすぎる

空気を読みすぎる、その場の雰囲気を考え過ぎる女性というのも、セフレの関係からなかなか抜け出せないでしょう。

今それは言えない、今の状況でそれは彼に言えないなど、無駄に空気を読みすぎるところが、逆に彼をつけあがらせてしまっているんですね。

セフレから抜け出すには、とにかく今の当たり前からの脱却を図る事です。

当たり前が続くと、人は感謝の気持ちを忘れてしまいます。

なので、空気を読む必要はありません。

思った事感じたことは、どんどん全面的に出していきましょう。

あなたはどうでしたか?

いかかがですか?あなたは現在、彼とはどのような関係でしょうか?「間違いなく私は本命の彼女だ」と確信することはできたでしょうか?逆に「気づかなかったけど、私はセフレと思われている見たい」と感じたでしょうか?こちらが真剣に付き合っているのに、相手からはセフレと思われている事こそ辛いものはありません。

今一度、彼との付き合い方を見直してみませんか?