「リア充」と言う言葉を聞くと悲しくなってしまう人はいませんか?「彼女いない歴=年齢」と言う人も少なくないでしょう。

ちょっとチャラく見える男性が何度も彼女を作っているのに、どうして自分にはできないのだろうと思っている方もいるでしょう。

何をしていても女性にモテることがなく、自分には一生彼女などできないのだろうと卑屈になってしまうこともあるかもしれません。

また、持って生まれたものが駄目だったのだと、周囲の人が妬ましい気持ちになってしまっている人もいるかもしれません。

ですが、本当に彼女ができないのは、持って生まれたものや、周囲の環境が悪いからなのでしょうか。

彼女ができない理由や彼女を作るためにするべきことをいくつかにまとめました。

彼女欲しいのに出来ない!

彼女が欲しいと思っている男性は多いはずです。

現代では、彼女がいることが、まるでステータスのように扱われてしまっているので、イベントのたびに彼女がいないことに打ちのめされるという人もいるでしょう。

バレンタインやクリスマスなど、彼女がいなければ楽しくないイベントもたくさんありますよね。

また、SNSが発達した現代では、SNSで彼女とのやり取りをしている、彼女との写真をあげているところを見ると羨ましくて仕方ないということもあるでしょう。

彼女は欲しいと思っているときにできるものではありません。

努力しても、その方向を間違っているとなかなかできないものなのです。

そこそこ格好良くてもなぜか出来ない

そこそこ格好良くても、なぜか彼女ができないという人もいます。

男性目線から見ても、イケメンだと思う男性なのに、今まで彼女ができていないという話を聞いて不思議だと思うこともあるのではないでしょうか。

そこそこの外見を持っていても、彼女はそう簡単にできるものではないのです。

鏡の中を見て、自分の顔がそこまで悪くないと思う方は、それ以外のところが問題になっていますね。

女性は確かに、相手の顔も大事な判断ポイントとして見ていますが、相当な面食いでない限りは、そこそこの外見の男性の中身などを見ます。

その上で判断するのです。

他の男性を圧倒的に引き離すほどの外見を持っていて彼女ができないのなら不思議かもしれませんが、そこそこの外見だという場合には、顔は問題にもアドバンテージにもなっていないのではないでしょうか。

モテない悪い癖が出ているのかも

顔がそこそこなのにモテないのは、モテないだけの悪い癖が出ているのではないでしょうか。

そこそこの顔の男性は世の中にあふれるほどいます。

その中で、自分が選ばれないというのは、他のそこそこ顔の男性に比べて何か問題点があるからなのです。

そして、その問題点が、女性にとっては我慢ならないものだという可能性があります。

モテない理由は顔や外見だけではないでしょう。

モテない癖が出てしまっている方は、自分ではそれに気づいていなくても、女性から見ると顕著にその癖が現れてしまっているのかもしれません。

モテない男はモテなさそに見えているだけの可能性もある!

モテない男性はモテなさそうに見えているだけ、モテない癖が出ているだけと言う可能性があります。

つまり、そこそこの顔さえ持っていれば、その癖を直すだけで女性からモテるようになる可能性があるということです。

彼女ができない自分の原因を直すだけで、女性から避けられることがなくなるということですね。

モテない癖がなくなるだけで女性から避けられることがなくなるのに、その癖があるだけで彼女ができないというのは残念すぎるでしょう。

今まで彼女を持つことができず、卑屈になってしまっているという方は、まずは自分が持てない癖を出していないか気を付けて自分を見るようにして見ましょう。

男性の友達に、自分の悪いところについて聞いてみるとよいかもしれませんね。

モテない癖については、以下の甲を参考にしてみてください。

彼女が出来ない12個の原因

ここでは、彼女ができない人に共通している12個の原因についてご紹介します。

彼女ができない人にはいくつかの共通した特徴があるので、その特徴がある方は、彼女ができにくいのです。

以下に挙げるような特徴を持っている方は、自分の行動を少し見直してみると良いかもしれません。

女性に避けられてしまう特徴を持っているうちは、彼女ができるはずがありませんよね。

1、出不精

彼女ができない原因の一つとしては、出不精が挙げられます。

家にいるのが一番好きで、休みの日に絶対に出掛けないという方はいませんか?家の中で行う趣味なので、わざわざ外に出る意味が分からないという方もいるかもしれません。

ですが、それでは、彼女ができるはずがありませんよね。

出会いがないだけかも!

出不精な方は、モテないというわけではないのかもしれません。

ただ、女性と知り合うことができないだけかもしれませんね。

女性と出会うことがなければ、モテることもないでしょう。

将来の彼女に出会っていないだけと言うこともありますね。

出不精で人とのかかわりがないだけなのに、彼女ができないと嘆いているのはおかしいでしょう。

他にダメなところがないのに彼女ができない方は、まずは外に出て出会いを求めるところが始めてみることをおすすめします。

女性と出会う場に行けば、それほど自分が持てないわけではないことが分かるかもしれません。

例えば、街コンや相席飲み屋に行けば女性と出会うこともできます。

友人の誘いを断らずに飲み会に出るだけでも、女性との出会いの場ができるでしょう。

あまり外に出ることには気が進まないかもしれませんが、彼女を作りたいと思っている方は、まずは外に出てください。

出不精のままで彼女ができないと嘆いていてはお笑い種です。

2、女性の口説き方がわからない

たとえ、女性と出会うことができたとしても、女性の口説き方が分からないという方もいるようです。

特に、口下手な方は女性とうまくしゃべることができなくなっているかもしれません。

コミュニケーションを取るのが苦手だという意識がある方は、女性を前にすると何も話すことができなくなっている可能性もありますね。

女性と話すのが難しいからと言って、目の前の女性を口説くことができなければ、彼女を作ることはできませんよ。

女性と仲良くなっても、「良い人」止まりになってませんか?

口下手な方、コミュニケーションをとるのが苦手な方は、女性の中で「ただの良い人」扱いになっていることが多いでしょう。

女性と仲良くなることはできても、それ以上に進むことができない人だと思われているのです。

コミュニケーションをとることが苦手だという場合には、あまりおかしいと思われないように、当たり障りのない会話を繰り返してしまっているかもしれません。

また、いざと言うときの口説き文句が出てこないので、仲良くなる以上に踏み込むことができずに、彼女を作ることができないということもあります。

女性と仲良くなりたいという方、彼女が欲しい方は、事前に頭の中でシミュレーションしてみてください。

女性がどのような言葉を好むのか、どのように女性を口説くべきなのか、事前に女性心理を勉強するのも良いですね。

友情から恋愛に進むためには、一歩踏み込む勇気がなければいけません。

良い人どまりで終わらないためにも、勇気と事前の予習が必要だということですね。

3、プライドが高過ぎる

プライドが高すぎる男性も好かれない傾向にあります。

そもそも、男性の方から女性を見下すような言動をするので、女性から避けられてしまうのです。

「そんなに女性を選べるような立場なのかよ」と女性には思われてしまっている可能性もありますね。

プライドが高いのは悪いことではありませんが、彼女を作るときには、そのプライドの高さが邪魔してしまっていることもあるかもしれません。

女性に”もっと”良い条件を求める

プライドが高い男性は、女性に「より良い条件」を求めます。

女性に対して、「自分にぴったりな女性はこういったタイプだ」と考えるのです。

つまり、理想が高いということができるかもしれません。

男性でも、理想が高い女性が扱いにくいということはよく分かると思います。

理想が高い女性は、自分のスペックを棚に上げて、男性にいくつもの条件を付けます。

プライドが高い男性も、女性に対して同じことをしているのです。

自分のスペックを顧みることなく、ただ自分のプライドに従って女性に条件を付けるので、女性からは「こんな男」と思われてしまいます。

まずは自分のことを見つめ直して、自分の理想の女性が、自分を選んでくれるのかどうかをきちんと考えてみましょう。

理想の女性が現実にいるとしたら、もっと高スペックのイケメンが既に自分の彼女にしていると思いませんか?

4、清潔感が全くない

清潔感が全くないというのは最悪です。

女性は清潔感がない男性に対しては生理的な嫌悪感を抱くでしょう。

生理的な嫌悪感というのは曲者で、どれだけ性格が良い人であったとしても、生理的にダメだと思われてしまうと、それ以外の良いところが全く意味をなさなくなってしまうのです。

清潔感がないというのは、女性に生理的嫌悪感を抱かせる要因の一つです。

例えば、爪が汚い、髭をきちんと剃っていない、服が汚い、髪が伸びっぱなし、ふけが出ているなどは最悪ですね。

女性は、恋愛帯状にする男性には清潔感を求めます。

自分が性的な意味で触れられることになるかもしれない男性が、汚い印象を持っている人だというのは絶対に嫌だと思う人が大半でしょう。

あまりに清潔感のない恰好をしていると、そもそも仲良くなることができないということもありますので、自分の格好の清潔感には常に気を配るようにしてください。

5、女性好みの外見になれていない

顔の造りがそこそこであっても、女性好みの外見に慣れていないようでは意味がありません。

女性には好みの外見があります。

その外見にぴったり来ていないと意味がないのです。

男性が考えるカッコよさと、女性が考えるカッコよさは異なります。

女性好みの男性になることで、女性からモテるようになるでしょう。

見た目が悪い人に一目惚れなどは滅多にない

一目ぼれと言う言葉もありますが、見た目が悪い人に一目ぼれする人は滅多にいません。

確かに、女性の中にも「デブ専」「ブス専」というジャンルに属する人はいますが、それらの女性はかなりのレアですね。

見た目が悪い人に対して一目ぼれする人はかなり希少だと考えましょう。

そんな希少な女性を待ち続けていても意味がありません。

内面に惚れてもらえばよいという方もいるかもしれませんが、外見でかなりのアドバンテージを他の男性に摂られてしまっている状態では、なかなか彼女を作るのは困難ですよ。

でも誰でも雰囲気イケメンにはなれる!

顔の造りをいまからかえるのはかなり難しいかもしれませんが、誰でも雰囲気イケメンになることは可能です。

雰囲気イケメンは、良く見るとイケメンではなくても、何となく雰囲気がイケメンと言う男性のことです。

女性には好みの雰囲気というものがあります。

イケメンが持っている雰囲気を身にまとうだけで、一見すると、その男性の言葉イケメンに見えるのです。

それでは、どうやって雰囲気をまとうのでしょうか。

その答えは簡単です。

女性が好む服装や髪形を真似するのです。

服装や髪形だけで、人間の印象はかなり変わります。

イケメンっぽい服装や髪形にして、少しダイエットして体型を絞るだけで誰でも雰囲気イケメンになることはできるでしょう。

もちろん、女性の好きなタイプにもいくつかの種類がありますから、一番自分の顔や雰囲気に近いイケメンを目指せばよいのです。

元の顔が「そこそこ」レベルだからと言って、イケメンになることをあきらめてはいけません。

6、ネガティブで批判的な性格

ネガティブで批判的な性格の男性もあまり女性からは好かれませんね。

ネガティブな男性と一緒にいて楽しいと思う人はいません。

常にネガティブなことを言われていると、自分の気持ちまで暗くなってしまうように思われるからです。

また、批判的な人間と一緒にいると疲れるでしょう。

自分が良いと思ったものまで批判されていると、人生が楽しくなくなってしまうように思われるからです。

全てのことを批判ばかりして、否定しているとモラハラの男性だと思われてしまっても仕方ありません。

そういった男性と一緒にいても何も楽しくありませんし、男性として尊敬できず、好きになることもできないという女性が多いでしょう。

何事も批判的に見ている自分が格好良いと思っている男性もいますが、それを見る女性の目こそが冷ややかで批判的であるという事実に気づいた方が良いかもしれませんね。

7、親離れ出来ていない

親離れできていない男性は、女性にとっては最悪の部類に属しています。

実家から出たことのない男性、甘やかされて育てられてきた男性は自分が親離れしていないことに気づいていないかもしれません。

ですが、実は、女性の目から見ると親離れしていない男性は非常にみっともないものです。

親離れしていない段階で、自立していない情けない男だと思われてしまいます。

女性にとって男性の思う『親想い』は『マザコン』

男性の思う「親想い」というのは往々にして、女性にとっての「マザコン」です。

自分はマザコンではないと主張する男性も多いですが、女性の目線から見てあり得ないと思われるような行動をとっている人もいます。

強烈なものでは、社会に出る年になっても母親に下着や服を用意してもらう、未だに一人暮らしできないということが挙げられますが、小さなことでは、何でも母親に相談する、母親の料理と彼女の料理を比べるなどがマザコンの特徴として挙げられますね。

男性にとって理想の女性が母親と言うのは、女性にとっては相当に気持ち悪いものです。

特に、「マンマ・ミーア」の文化が発達しているイタリアとは異なり、日本女性は、日本男性のマザコンに対しては厳しい目を持っています。

「自分がこの人と結婚した時に、この人は姑の攻撃から守ってくれないだろう」と、将来の嫁・姑戦争のことを思うと、絶対に交際したくないと考える女性もいます。

マザコンだと言うだけで、そのほかの男性の良いところがすべてNGになってしまうということもありますので、自分の行動が親離れできていないものになっていないか確認しましょう。

8、自分に自信が持てない

自分に自信が持てない男性も、女性からはあまりモテない印象にあります。

モテないからこそ、女性の前でおどおどした行動をとってしまうのです。

確かに母性本能はくすぐられるかもしれませんが、彼氏にするにはちょっとという人もいるでしょう。

さらに、自分に自信が持てないと、人はネガティブな思考をするようになってしまいます。

ネガティブは持てない男性の特徴の一つですので、ナルシストとは言わずとも、自信をある程度持つことは必要です。

自信がないから行動できない

自分に自信がない人は、自分から行動することができません。

女性側の脈ありサインを受け取ったとしても、自信がないのでそれに確信を持つことができずに行動できなくなってしまうのです。

自分に自信がないことで、女性に対して一歩踏み込んで接することができないのです。

女性側のOKサインを何度も見送ってしまった結果、女性が愛想を尽かして去ってしまうというケースもあるのではないでしょうか。

女性は男性に行動してほしいと思っているものですから、少しでもOKサインを見せられたのなら、自分から行動しなければいけませんね。

9、聞き下手

聞き下手の男性もあまりモテない印象があります。

女性はとてもおしゃべり好きな生き物です。

自分の話を聞いてくれない男性相手では、自分が楽しむことができません。

男性は、女性の前ではつい、自慢話をしたくなってしまうでしょう。

良いところを見せようと思うと、自分ばかりがしゃべって、女性に聞き手に回ってもらうことが多いという人もいます。

ですが、それでは女性は本当には楽しんでくれないでしょう。

特に、男性側が自分の趣味の話や自慢を繰り返していると、女性はだんだんとつまらなくなってしまいます。

気持ちの上で白けてしまうのです。

それよりは、しっかりと相手の話を聞いてあげるようにした方が良いでしょう。

相手の話をしっかりと楽しそうに聞いてあげて、共感することが大切です。

女性は共感する生き物ですから、共感してくれる相手には好意を抱きます。

良いタイミングでしっかりと相槌を入れて、女性の話の腰を折らないようにしてあげてください。

そして、つまらない話でも楽しそうに聞いてあげることで、聞き上手になることができるでしょう。

10、会話が苦手

どんな相手とでも、会話が楽しくなければ一緒にいて意味がありません。

会話を楽しむことができなければ、雰囲気も盛り上がらないからです。

言葉の要らないムードを作るのは、言葉によって仲良くなった後のことだと考えましょう。

会話が苦手な方はそれができないので、女性と仲良くなることができないのです。

あまりにもコミュニケーションが成立しない相手とは、恋人になることは考えられないでしょう。

コミュニケーションが取れない時には、恋心をいだくというよりもむしろ、気まずい思いを抱える人が多いものです。

会話が苦手な方は、色々な人とコミュニケーションを取って、しっかりと訓練をするようにした方が良いですね。

会話が苦手でも聞き上手になればOK!

上述のように、会話が苦手な方でも聞き上手になることはできるでしょう。

しっかりと相手の話を聞いてあげることで、相手に好印象を持ってもらうことができます。

口下手で無口な人に彼女ができるのなら、それは、聞き上手なところを好かれてのことでしょう。

11、友情や趣味に没頭する

男性でも、友情や趣味に没頭ばかりしている人はモテることがありません。

彼女よりも趣味を優先することが分かっていれば、彼女になりたいと思う人はいませんよね。

趣味を持つことは大切ですが、趣味を彼女にしているような人には大事にしてもらうことができない印象があるのです。

また、友人を大事にし過ぎている人も、何となく女性からは避けられる傾向があります。

友人を大事にしている人は好印象です。

ダメなのは、友人を大事にし過ぎているということです。

男性同士のやり取りは楽しいかもしれませんが、「友人の方が大事なのね」と付き合う前から思われてしまっているようでは、彼女はできないでしょう。

12、挙動不審

女性を前にして挙動不審になってしまっている男性とも、お付き合いは遠慮したいという人が多いでしょう。

そもそも、挙動不審になっている人のどこを好きになっていいのか分からないですね。

また、挙動不審な男性には頼りないという印象を抱く女性が多くいます。

女性はやはり、頼りになる、守ってくれそうな男性を選ぶものです。

本能的に、男性の男性らしさに惹かれる人が多いのです。

女性を前にして意味の分からない行動をとるような挙動不審の男性では、そういった頼りになりそうなところが皆無に見えてしまいますね。

彼女を作るためにはどうしたらいいの?!

彼女を作るためには具体的にどのようなことをした方が良いのでしょうか。

ただやみくもに努力しただけでは、女性の心をつかむことはできません。

女性の心をつかむことができる男性にならなければ、どれだけ努力しても女性は近寄ってきてくれないのです。

小さな行動レベルで直さなければいけないところはたくさんあるかもしれませんが、それらは上述の「彼女ができない人の特徴」を見て、それに当てはまらないように気を付けてください。

ここでは、彼女を作るための心がけを説明します。

彼女が欲しいと思っていても、どこか逃げ腰になっているような方がいれば、下記を参考にして気合を入れてくださいね。

まずはこの心構えを!

彼女が欲しいと思っている方は、まずは心を入れ替える必要があります。

彼女というものは、店に売っているものではありません。

自分の手で作ることもできないものなのです。

そのため、本当に誰かとお付き合いをして「リア充」になりたいという方は、ぜひ、自分の心構えを変えてください。

「彼女が欲しい」と他人任せに思うのではなく、「彼女を作りたい」と言う意識に帰るのです。

願っているだけでは、人の心は手に入れることはできませんよ。

①まずは普通レベルを目指す

彼女を作りたいと思っている方は、まずは、普通レベルの男性を目指すことが一番大切かもしれません。

女性に避けられてしまうという方は、普通の男性以下のレベルになってしまっている可能性があります。

例えば清潔感などは、女性にモテる、モテないの前に、人間として嫌悪感を抱かれるレベルにあります。

まずは、普通レベルの男性を目指すようにして、女性が嫌悪感を抱くことがないようにしましょう。

普通レベルの男性になっただけで、随分とまともに見えるのではないでしょうか。

普通レベルの男性なら、女性と普通にコミュニケーションをとっているだけで、恋愛をできるようになることもあります。

自分のレベルを普通だと思っていないで、女性目線でのチェックポイントを抑えるようにしてください。

女性目線で見て「ナシ」だと思われているところが多いということに気づいたら、それは、普通レベル以下だということですよ。

まずは、現実を受け止めて普通のレベルを目指してください。

それ以上を目指すのはまだ早いですね。

②諦めの心は捨てる

彼女がどうしてもできないと思っている方は、諦めの心を持ってしまっている可能性があります。

人生の中で彼女がなかなかできないという方の場合には、色々試してもダメだったという経験があるでしょう。

周囲がどんどん彼女を作っている中で、自分は取り残されてどうしようもないと思っているかもしれません。

そんな中で、すでにあきらめの境地に至ってしまっている方も少なくないでしょう。

ですが、そうした諦めの心を持っていると自分を変えることができません。

自分を変えることができなければ、彼女を作ることはできないのです。

自然にしていて彼女ができないのなら、自分が変わるしかありません。

諦めの心を持って女性に接していれば、女性の方でもあなたの方を避けるようになります。

諦めの心を捨てて、もっと貪欲に彼女が欲しいと思うようにしましょう。

③何事にも逃げ腰にならない

彼女が欲しいのにできないと思っている方は、全てに逃げ腰になっていることもあるでしょう。

女性から拒絶されることが怖くて、また、変わろうと思っているのに変われない自分を考えると怖くて、逃げ腰になっているかもしれません。

ですが、女性はそうした頼りない男性のことは嫌いです。

どんな女性でも、男性から守ってもらうことを夢見るところがあるのです。

逃げ腰になっている男性を前にして、女性の方からがつがつ来てくれるというのは、相当な肉食女子を相手にしていない限りはあり得ません。

女性を前に逃げ腰になってしまうような傾向がある方は、まずは心構えを持ち、相手の前で腰が引けるようなことがないようにしてくださいね。

④恋愛は行動あるのみと心得る!

恋愛は、受動的な態度では何も進むことがないでしょう。

行動あるのみだと心得て、しっかりと相手の心をつかむことができるようにしてくださいね。

相手から来てくれることを夢見ている男性もいるかもしれませんが、女性が自分から行きたくなるような男性ではないことを自覚しましょう。

何もしなくても女性が自分からがつがつアプローチするのは、顔も肩書きも立派な高スペックの男性相手の時だけです。

こうした男性のような気分でいても、彼女は作ることができません。

自分から行動することで、幸せな生活を手に入れることができるのです。

女性からのアプローチを待っていても意味がないので、自分からの行動あるのみだと心得て、相手の心に働きかけるアプローチを心がけてください。

彼女が出来ないと嘆き続けるより、出来そうなものから取り入れ行動へ移してみて

いかがでしたか?

彼女ができないと嘆き続けても何も起こりません。

彼女がいないということは、何か自分に問題があるということです。

環境の所為や、自分が生まれ持ったもののせいにしていてはいけません。

彼女を作るのはそう簡単なことではないかもしれませんが、少しずつ努力をすることで、女性側もあなたのことを見直してくれるかもしれません。

また、新しく出会った人が何か魅力を認めてくれるかもしれませんね。

嘆き続けていても自体が変わることはないので、まずはできそうなものから取りいれてみましょう。

少しでも変わっていくことで、自分に自信もつきます。

卑屈になるのはやめて「彼女を作る」という前向きな目標の下で努力するようにしてください。