「リア充」と言う言葉を聞くと悲しくなってしまう人はいませんか?「彼女いない歴=年齢」と言う人も少なくないでしょう。

ちょっとチャラく見える男性が何度も彼女を作っているのに、どうして自分にはできないのだろうと思っている方もいるでしょう。

何をしていても女性にモテることがなく、自分には一生彼女などできないのだろうと卑屈になってしまうこともあるかもしれません。

また、持って生まれたものが駄目だったのだと、周囲の人が妬ましい気持ちになってしまっている人もいるかもしれません。

ですが、本当に彼女ができないのは、持って生まれたものや、周囲の環境が悪いからなのでしょうか。

彼女ができない理由や彼女を作るためにするべきことをいくつかにまとめました。

彼女欲しいのに出来ない!

彼女が欲しいと思っている男性は多いはずです。

現代では、彼女がいることが、まるでステータスのように扱われてしまっているので、イベントのたびに彼女がいないことに打ちのめされるという人もいるでしょう。

バレンタインやクリスマスなど、彼女がいなければ楽しくないイベントもたくさんありますよね。

また、SNSが発達した現代では、SNSで彼女とのやり取りをしている、彼女との写真をあげているところを見ると羨ましくて仕方ないということもあるでしょう。

彼女は欲しいと思っているときにできるものではありません。

努力しても、その方向を間違っているとなかなかできないものなのです。

そこそこ格好良くてもなぜか出来ない

そこそこ格好良くても、なぜか彼女ができないという人もいます。

男性目線から見ても、イケメンだと思う男性なのに、今まで彼女ができていないという話を聞いて不思議だと思うこともあるのではないでしょうか。

そこそこの外見を持っていても、彼女はそう簡単にできるものではないのです。

鏡の中を見て、自分の顔がそこまで悪くないと思う方は、それ以外のところが問題になっていますね。

女性は確かに、相手の顔も大事な判断ポイントとして見ていますが、相当な面食いでない限りは、そこそこの外見の男性の中身などを見ます。

その上で判断するのです。

他の男性を圧倒的に引き離すほどの外見を持っていて彼女ができないのなら不思議かもしれませんが、そこそこの外見だという場合には、顔は問題にもアドバンテージにもなっていないのではないでしょうか。

モテない悪い癖が出ているのかも

顔がそこそこなのにモテないのは、モテないだけの悪い癖が出ているのではないでしょうか。

そこそこの顔の男性は世の中にあふれるほどいます。

その中で、自分が選ばれないというのは、他のそこそこ顔の男性に比べて何か問題点があるからなのです。

そして、その問題点が、女性にとっては我慢ならないものだという可能性があります。

モテない理由は顔や外見だけではないでしょう。

モテない癖が出てしまっている方は、自分ではそれに気づいていなくても、女性から見ると顕著にその癖が現れてしまっているのかもしれません。

モテない男はモテなさそに見えているだけの可能性もある!

モテない男性はモテなさそうに見えているだけ、モテない癖が出ているだけと言う可能性があります。

つまり、そこそこの顔さえ持っていれば、その癖を直すだけで女性からモテるようになる可能性があるということです。

彼女ができない自分の原因を直すだけで、女性から避けられることがなくなるということですね。

モテない癖がなくなるだけで女性から避けられることがなくなるのに、その癖があるだけで彼女ができないというのは残念すぎるでしょう。

今まで彼女を持つことができず、卑屈になってしまっているという方は、まずは自分が持てない癖を出していないか気を付けて自分を見るようにして見ましょう。

男性の友達に、自分の悪いところについて聞いてみるとよいかもしれませんね。

モテない癖については、以下の甲を参考にしてみてください。

彼女が出来ない12個の原因

ここでは、彼女ができない人に共通している12個の原因についてご紹介します。

彼女ができない人にはいくつかの共通した特徴があるので、その特徴がある方は、彼女ができにくいのです。

以下に挙げるような特徴を持っている方は、自分の行動を少し見直してみると良いかもしれません。

女性に避けられてしまう特徴を持っているうちは、彼女ができるはずがありませんよね。

1、出不精

彼女ができない原因の一つとしては、出不精が挙げられます。

家にいるのが一番好きで、休みの日に絶対に出掛けないという方はいませんか?家の中で行う趣味なので、わざわざ外に出る意味が分からないという方もいるかもしれません。

ですが、それでは、彼女ができるはずがありませんよね。

出会いがないだけかも!

出不精な方は、モテないというわけではないのかもしれません。

ただ、女性と知り合うことができないだけかもしれませんね。

女性と出会うことがなければ、モテることもないでしょう。

将来の彼女に出会っていないだけと言うこともありますね。

出不精で人とのかかわりがないだけなのに、彼女ができないと嘆いているのはおかしいでしょう。

他にダメなところがないのに彼女ができない方は、まずは外に出て出会いを求めるところが始めてみることをおすすめします。

女性と出会う場に行けば、それほど自分が持てないわけではないことが分かるかもしれません。

例えば、街コンや相席飲み屋に行けば女性と出会うこともできます。

友人の誘いを断らずに飲み会に出るだけでも、女性との出会いの場ができるでしょう。

あまり外に出ることには気が進まないかもしれませんが、彼女を作りたいと思っている方は、まずは外に出てください。

出不精のままで彼女ができないと嘆いていてはお笑い種です。

2、女性の口説き方がわからない

たとえ、女性と出会うことができたとしても、女性の口説き方が分からないという方もいるようです。

特に、口下手な方は女性とうまくしゃべることができなくなっているかもしれません。

コミュニケーションを取るのが苦手だという意識がある方は、女性を前にすると何も話すことができなくなっている可能性もありますね。

女性と話すのが難しいからと言って、目の前の女性を口説くことができなければ、彼女を作ることはできませんよ。

女性と仲良くなっても、「良い人」止まりになってませんか?

口下手な方、コミュニケーションをとるのが苦手な方は、女性の中で「ただの良い人」扱いになっていることが多いでしょう。

女性と仲良くなることはできても、それ以上に進むことができない人だと思われているのです。

コミュニケーションをとることが苦手だという場合には、あまりおかしいと思われないように、当たり障りのない会話を繰り返してしまっているかもしれません。

また、いざと言うときの口説き文句が出てこないので、仲良くなる以上に踏み込むことができずに、彼女を作ることができないということもあります。

女性と仲良くなりたいという方、彼女が欲しい方は、事前に頭の中でシミュレーションしてみてください。

女性がどのような言葉を好むのか、どのように女性を口説くべきなのか、事前に女性心理を勉強するのも良いですね。

友情から恋愛に進むためには、一歩踏み込む勇気がなければいけません。

良い人どまりで終わらないためにも、勇気と事前の予習が必要だということですね。

3、プライドが高過ぎる

プライドが高すぎる男性も好かれない傾向にあります。

そもそも、男性の方から女性を見下すような言動をするので、女性から避けられてしまうのです。

「そんなに女性を選べるような立場なのかよ」と女性には思われてしまっている可能性もありますね。

プライドが高いのは悪いことではありませんが、彼女を作るときには、そのプライドの高さが邪魔してしまっていることもあるかもしれません。

女性に”もっと”良い条件を求める

プライドが高い男性は、女性に「より良い条件」を求めます。

女性に対して、「自分にぴったりな女性はこういったタイプだ」と考えるのです。

つまり、理想が高いということができるかもしれません。

男性でも、理想が高い女性が扱いにくいということはよく分かると思います。

理想が高い女性は、自分のスペックを棚に上げて、男性にいくつもの条件を付けます。

プライドが高い男性も、女性に対して同じことをしているのです。

自分のスペックを顧みることなく、ただ自分のプライドに従って女性に条件を付けるので、女性からは「こんな男」と思われてしまいます。

まずは自分のことを見つめ直して、自分の理想の女性が、自分を選んでくれるのかどうかをきちんと考えてみましょう。

理想の女性が現実にいるとしたら、もっと高スペックのイケメンが既に自分の彼女にしていると思いませんか?

4、清潔感が全くない

清潔感が全くないというのは最悪です。

女性は清潔感がない男性に対しては生理的な嫌悪感を抱くでしょう。

生理的な嫌悪感というのは曲者で、どれだけ性格が良い人であったとしても、生理的にダメだと思われてしまうと、それ以外の良いところが全く意味をなさなくなってしまうのです。

清潔感がないというのは、女性に生理的嫌悪感を抱かせる要因の一つです。

例えば、爪が汚い、髭をきちんと剃っていない、服が汚い、髪が伸びっぱなし、ふけが出ているなどは最悪ですね。

女性は、恋愛帯状にする男性には清潔感を求めます。

自分が性的な意味で触れられることになるかもしれない男性が、汚い印象を持っている人だというのは絶対に嫌だと思う人が大半でしょう。

あまりに清潔感のない恰好をしていると、そもそも仲良くなることができないということもありますので、自分の格好の清潔感には常に気を配るようにしてください。

5、女性好みの外見になれていない

顔の造りがそこそこであっても、女性好みの外見に慣れていないようでは意味がありません。

女性には好みの外見があります。

その外見にぴったり来ていないと意味がないのです。

男性が考えるカッコよさと、女性が考えるカッコよさは異なります。

女性好みの男性になることで、女性からモテるようになるでしょう。

見た目が悪い人に一目惚れなどは滅多にない

一目ぼれと言う言葉もありますが、見た目が悪い人に一目ぼれする人は滅多にいません。

確かに、女性の中にも「デブ専」「ブス専」というジャンルに属する人はいますが、それらの女性はかなりのレアですね。

見た目が悪い人に対して一目ぼれする人はかなり希少だと考えましょう。

そんな希少な女性を待ち続けていても意味がありません。

内面に惚れてもらえばよいという方もいるかもしれませんが、外見でかなりのアドバンテージを他の男性に摂られてしまっている状態では、なかなか彼女を作るのは困難ですよ。

でも誰でも雰囲気イケメンにはなれる!

顔の造りをいまからかえるのはかなり難しいかもしれませんが、誰でも雰囲気イケメンになることは可能です。

雰囲気イケメンは、良く見るとイケメンではなくても、何となく雰囲気がイケメンと言う男性のことです。

女性には好みの雰囲気というものがあります。

イケメンが持っている雰囲気を身にまとうだけで、一見すると、その男性の言葉イケメンに見えるのです。

それでは、どうやって雰囲気をまとうのでしょうか。

その答えは簡単です。

女性が好む服装や髪形を真似するのです。

服装や髪形だけで、人間の印象はかなり変わります。

イケメンっぽい服装や髪形にして、少しダイエットして体型を絞るだけで誰でも雰囲気イケメンになることはできるでしょう。

もちろん、女性の好きなタイプにもいくつかの種類がありますから、一番自分の顔や雰囲気に近いイケメンを目指せばよいのです。

元の顔が「そこそこ」レベルだからと言って、イケメンになることをあきらめてはいけません。

6、ネガティブで批判的な性格

ネガティブで批判的な性格の男性もあまり女性からは好かれませんね。

ネガティブな男性と一緒にいて楽しいと思う人はいません。

常にネガティブなことを言われていると、自分の気持ちまで暗くなってしまうように思われるからです。

また、批判的な人間と一緒にいると疲れるでしょう。

自分が良いと思ったものまで批判されていると、人生が楽しくなくなってしまうように思われるからです。

全てのことを批判ばかりして、否定しているとモラハラの男性だと思われてしまっても仕方ありません。

そういった男性と一緒にいても何も楽しくありませんし、男性として尊敬できず、好きになることもできないという女性が多いでしょう。

何事も批判的に見ている自分が格好良いと思っている男性もいますが、それを見る女性の目こそが冷ややかで批判的であるという事実に気づいた方が良いかもしれませんね。