あなたに良い出会いはありますか?学校や職場で良き友人や同僚に恵まれているのは当たり前のことでしょうか?
今の時代、一昔前と違って私たちを取り巻く環境は大きく様変わりしたと言えるでしょう。

お互い、気さくなく何でも言い合えたはずの頃が確かにあったはずなのに、いつしか言いたくても言えない環境に取り囲まれてしまっています。

セクハラ・パワハラ・モラハラの類は今や常識となってしまい男性がおちおち女性に対して思ったことを率直に言えない時代となっています。

そんな現代において「出会い」を演出してくれる便利なツールが「Jメール」と言えるでしょう。

Jメールのことを知ってもらって恋人や友達を作れるきっかけ掴みに役立てられるよう紹介していきたいと思います。

Jメールって?

Jメールは有限会社エムアイシー総合企画というところが手掛けるサイトで、正式公式サイト名は「ミントC!Jメール」となっています。

つまりざっくばらんに申しますと男女の出会いをプロデュースする出会い系サイトという事になります。

しかし、Jメールはサイトが立ち上がって15年。

業界では老舗的存在でありサクラや業者を排除している優良出会い系サイトとしての地位を保っているのです。

皆さんは出会い系サイトと聞いて何を連想されるでしょうか?違法行為の援助交際や年齢詐称による数々のいかがわしい行為。

と、いうイメージが強いのではないでしょうか?

Jメールはそのようなマイナスイメージを払拭している極めて真面目な出会い系のサイトであることをこれから紹介して参りましょう。

楽しみながら恋人や友達が作れる

Jメールはサイトならではの手軽さを売りにして運営されています。

皆さんがお持ちのスマホを使う事によっていつでも手軽に簡単にサイトを開いてJメールの情報をゲットできます。

サイトの強みはログインした時に絶えず更新されてくる新しい情報を素早くチェックできるスピード性ですね。

このタイムリー性がJメールの楽しみの一つでもあるわけなのです。

どんどん、あなたの特技や長所をアピールしてコミュニケーションを図りましょう。

様々なコンテンツから出会いが広がる

Jメールを使う事によって以下のようなサービスを楽しむことができます。

「メッセージ投稿」「掲示板閲覧」「掲示板画像閲覧」「掲示板動画閲覧」「メッセージ送信」など。

これらのコンテンツを利用することによって自分の気に入ったお相手を探しだしていくのです。

そのためには自身のプロフィールの設定は欠かせませんね。

プロフィールの設定や写メ・動画の登録に関しては基本、無料。

相手を引きつけるためにはまず自分のアピールからです。

渾身のプロフィールを感性させましょう。

会員数は約500万人

初めて登録を行おうか迷う方でも、この数字を見れば安心できるのではないでしょうか?一口に500万人といってもこれは大変な数なのです。

日本の総人口が約1億人。

その三分の二が子供と高齢者層だったとしたら残りの三分の一は約3300万人。

よってJメールの登録者数は出会い対象者の実に15%ものウエイトを占めていることになります。

この3300万人の人達の中で結婚して家庭を持っている対象外の人たちが半分を占めているとしたら、何と30%以上の確率で出会いの可能性がやってくるということになります。

数字の説得力には本当に信憑性がありますよね。

多くの人と繋がれる

先ほどの話の続きとなりますが、Jメールの会員となれば実に500万人の人と何らかの形で繋がっていられるということになります。

例えこの数字が眉唾で(公式サイトによる公表なので)、実際はもっと少なかったにしても…、推定では100万人の会員が現状では確保されているということとなります。

その人達と繋がるチャンスを絶えず確保できるという事になります。

出会い系サイトの会員となって登録するのは新しい出会いを求めているからに他なりませんよね。

100万人を超す会員を抱えていることはやはり大きな魅力の一つと言えるでしょう。

料金はいくらかかるの?

Jメールの規模と安心性はお分かりいただけたと思います。

それでは実際に会員として登録したならばどれくらいの料金が必要になってくるのでしょうか?男性・女性と別々に見ていきましょう。

女性はすべて無料で使える

Jメールだけではありませんが、女性は基本的にこのような名目のサイトでは利用料金は「無料」となっています。

よってどんどんJメールのサービスを利用することができます。

出会い系サイトでは女性の占有率が大きな勝負の分かれ目になってきます。

男女比の構成が大きく男性側に偏っていたのではそのサイトが生き残ることは不可能でしょう。

出来るだけたくさんの女性に会員になってもらいたい、というのが運営サイトの目的であるわけです。

でなければ出会いをテーマにした事業が成り立ちませんからね。

ポイントを貯めればプレゼントが貰える

Jメールには女性会員を増やすためにポイントのキャッシュバック制度を採り入れています。

ポイントを貯めることによってその分が一定額を超えれば何と現金に交換できるという画期的なサービスなのです。

Jメールに女性会員が多いのも頷けるという訳になりますよね。

女性側はあらゆるサービスを無料で使えて、更に男性会員とメールのやり取りを行うだけでポイントが貯まるんですからね。

一説によればJメールの会員男女比は2:3というデータが出ているようです。

これが、Jメールが多くの人に支持されている大きな要因にもなっているのでしょう。

男性は前払いのポイント制

男性の料金体系は完全前払い制によるポイント換算でのサービス利用となります。

1ポイントは10円です。

新規登録時に100ポイントついてきますから、いきなり1000円分の無料サービス分も使えるということになります。

ちょっと男性会員がJメールを使用する際のポイント額を拾っておきましょう。

メッセージ投稿で5ポイント
掲示板閲覧で1~2ポイント
掲示板の画像閲覧で2ポイント
掲示板動画閲覧で3ポイント
メッセージ送信で7ポイント

と、なっております。

男性は良き出会いを求めるために資金を投資してゲットする、という図式なわけなのです。

ただ、こういったシステムは世の中のあらゆるケースで応用されています。

大昔より、男女がデートに行くときは男性持ちです。

その前哨戦という感覚でJメールも利用しましょうね。

キャンペーンやイベント時はお得にゲットできる

初めてJメールでポイントを購入される方のために、ポイント2倍キャンペーンというものを行っています。

購入金額単位は「1000円」のみ。

2000円や3000円では適用されません。

また、過去にポイントを購入したことのある方は対象外です。

いずれにしてもお得ですよね。

新規登録時に100ポイントもらえて初めての購入時で更に100ポイントついてくるんですからね。

但し、キャンペーン期間は不定期です。

よく確認したうえでお試しくださいね。

サクラや業者はいるの?

出会い系サイトで気になる問題といえば「サクラ」や他の業者がはびこっているかもしれない、ということでしょう。

せっかく、純粋な気持ちで出会いを求めて登録したのにJメール側が意図的に置いている「サクラ」や他の業者が暗躍していたのでは何のために入会したのか意味をなさなくなってしまいます。

では、Jメールではどうなっているのでしょうか?

サクラの心配しなくてよい

Jメールに限らず、出会い系、婚活パーティなど女性と出会うためのイベント・企画ものに関して参加者や登録者が疑いたくなってくる要素の一つに「サクラ」問題が絡んでくるのは致し方ない実情かもわかりません。

そんな疑問を呈しなければならない背景には、純然たる事実が世の中にはびこってしまっているからです。

街中で開催されているような規模の婚活パーティや恋活イベント、恐らく参加者の中に何名かのサクラは混じっているでしょう。

それは実際に目に触れる機会が少ない出会い系サイトでも日常茶飯事に行われているからこそ、登録者たちは疑ってかかるようになるわけです。

ただ、ご安心ください。

Jメールにおいてはそのような事実はないようです。

中には経歴を偽って登録している人もいるかもわかりません。

しかし、Jメール側が意図してサクラを配置している、という情報はネットの口コミ情報等を調べてみても出てまいりません。

むしろ、Jメールはサクラを使っていない、良心的な出会い系サイトである、といった声の方が圧倒的にお目にすると思うのです。

冷静にお考えになられたらお分かりいただけると思います。

Jメールの現状の会員数は100万人どころか300万人を優に超えている規模を誇っています。

果たして300万人レベルの出会い系サイトにおいてどうやったらサクラを手配できるでしょうか?

考えるところ、サクラ効果を発揮させようと思えば全会員数の1割は確保していないとその効力を発揮しないでしょう。

300万人の1割といえば30万人です。

ちょっと確保するには無理がありますぎますよね。

一般にサクラが効果を発揮できるのは参加規模が20名前後の小規模なパーティ等です。

その程度なら2~3名のサクラを潜り込ませてもあまり疑いがもたれないばかりか、「このパーティにはかわいい子がたくさんきてる」、という意識を簡単に植え付けさせることもできます。

Jメール側が作為的にサクラを多数、忍ばせているという実態は今のところ、考えられない、というのが多くの登録者たちの共通した意見のようですね。

業者はちらほら存在している

Jメールを利用しようと思われている方たちにとって気になる問題は、サクラの問題プラスよその業者が多数、潜んでいて悪さをやらかす、という事もあるでしょう。

実際問題、ネット系の出会いを目的にしたサイトには大小問わず、無数の業者が存在します。

では、Jメール内においてはどのような実態になっているのでしょうか?ちょっと見ていくことに致しましょう。

メールから見分けられる

Jメールのサービスを利用されようと思っている方たちを分析すると大きく2つのグループに分かれるのではないでしょうか?一つは純粋に恋人や友達を探そうとするグループ。

もう一つはエッチ系を期待したグループ。

これはJメールがアダルト系から立ち上がってきたことが大きな要因にもなっているのでしょう。

実際、Jメール内にはアダルト部門の掲示板もあります。

それ狙いで登録する人があってもおかしくはない現状なのですね。

そして、利用者を巧みな手で自分たちのテリトリーに取り込もうとする業者が存在するエリアもこのアダルトのカテゴリーなのです。

では、Jメール利用者はどういう注意をしたらいいのでしょうか?

それは、こういった出会い系サイトに関わらず、世間の広告媒体全般に全く免疫力のない方であればちょっとのど元をくすぐられるようなセールストークにやられてしまう事が多いということです

もし、そういった方がアダルト系の掲示板を開いてしまったら頭の中は大噴火で善悪の見極めは全く不可能になるでしょう。

要は掲示板のコメントが明らかに宣伝口調や広告調になっているかどうかを見極めたらいいのです。

本当の出会いというのは時間がかかります。

だから、楽しくてスリルがあるのです。

「うまい」「安い」「早い」の三拍子揃った女性からのコメント。

あなたならどう思われますか?

この三拍子さえ注意しておけば大丈夫でしょう。

出会える出会い系か気になる!

Jメールを利用しようかどうか悩む方の人が思う最も多い条件の第一が「出会えるか」でしょう。

せっかく勇気を奮って会員登録して無料ポイントをプレゼントされてコミュニティに参加しても、お目当ての異性が決定的に不足していたり、ポイントばかり吸い取られて元が取れないと嘆くばかりのサイトだったらどうしよう、と思われていらっしゃる方も結構、多いかもわかりません。

では、実際のところ、Jメールは女性会員が多いのでしょうか?ちょっと探ってみましょう。

Jメールは出会える出会い系

Jメールの男女構成比をご存知でしょうか?何と2:3の割合で女性が多いのです。

このような数字がネット上に出ているのですから完璧に「信じろ」、と言われても半分は信じる気持ちになるのではないでしょうか?

Jメールは女性が参加しやすいシステム作りのおかげで確かに女性会員が多いのは疑いようのない事実のようですね。

20~30代の女性会員が多いことも特徴です。

女性会員は利用料金が全て無料というのは他のサイトでも取り入れられていますが、そこにプラスしてポイントのキャッシュバック制度や若い世代に人気のファッション雑誌や情報雑誌にも積極的に広告を掲載しています。

自然と女性にとったら敷居の低い、馴染みのあるサイト、というイメージを持たれているからなのでしょう。

このJメール側の戦略が見事に功を奏して女性会員が多いという実績を作っているのです。

Jメールが「出会える」、出会い系と呼ばれる由縁はここにあるのです。

全く出会えない人も珍しくない

かといって、全ての男性が満遍なく女性と出会えるか、といえばそうはトンヤがおりません。

「女性の会員数の方が男性よりも多いのだったら、目をつぶっていても出会いがあるんじゃないの?」と思われる男性は多いことでしょう。

ところが世の中、そんなに甘くはありません。

「出会いがある」イコール「モテる」という図式で考えていただいたらよくお分かりでしょう。

つまり、会員登録を終わってJメールのサービスを利用し始めたということは同時に大勢のライバルたちとの競争が始まったことを意味しているのです。

残酷なことかも分かりませんが出会いがある人というのは、それだけ女性から見たらどこかに魅力があるということなのです。

反対にいくらメールを打ち続けても全くヒットしない人と言うのは根本的に何かを間違えているということになるのです。

よって出会える人も出てくるし、出会えない人も出てきます。

これは決して珍しいという一言では解決できない男女の永遠のテーマなのです。

口コミでも両極端に分かれる

口コミというのは怖いものです。

本当にその口コミの中身に信憑性があるのか判別できないからです。

肯定的に捉えた中身の口コミが実は架空の想像であったり、逆に否定的な口コミは真実が1に対して恨み、悪口のオンパレードが9であったりなど。

どこからどこまでを信用していいのか分からないのが口コミの怖いところです。

Jメールのネットでの口コミは確かに賛否両論。

一体、どっちが正しい真実の声なのか、これから登録しようとする人にとったら、判断に迷うことでしょう。

しかし、肯定的な意見があるということは見逃せない現象です。

上手に自己アピールできる人にとったら本当にJメールはありがたい存在だということが言えるわけですからね。

あなたはどちらの意見を尊重するでしょうか?

運やタイミングで運命が分かれる

実力も運のうち、と昔から言いますよね。

つまり運が良かった、と言える人は実はちゃんとした計算と実績に裏打ちされた実力がちゃんと備わっていた、ということになるのです。

タイミングの問題についても、運を味方につけている人はちゃんと動くべき時を知っています。

さて、では運もタイミングも味方につけている人って、生まれながらにしてそのような才能を持っていたのでしょうか?

答えは「ノー」なのです。

だって運というものは裏返せば「実力」です。

実力が備わっているから運も巡ってきやすくなるのです。

では、男性がJメールで実力を磨くには、どうしたらいいのでしょうか?運を引き寄せるにはどうしたらいいのでしょう?

とにかく、Jメールのシステムを信じて、何度、失敗してもいいからどんどんアタックしていく姿勢を持ち続けることでしょうか。

但し、3度も4度も同じ失敗を繰り返していたのではポイントがもったいないです。

過去の失敗を分析しましょう。

そして、自分の頭を柔らかくしましょう。

ついでにお金がもったいないから、といって途中で投げ出すのはやめましょう。

例え、1度でもいいです。

成功体験を掴んでください。

その後の生き方に大きな自信が生まれますからね。

Jメールに向いてる人・いない人

Jメールを運営しているミントCグループは、元々、テレクラから事業を始めました。

よって、どちらかというとそういったアダルト系の特色の強い出会い系サイトであると言えるでしょう。

そういった情報を事前にキャッチしている男性会員は頭からそのことを目的として利用されている方もいらっしゃるでしょう。

では、どのような人にJメールは向いていてどのような人には不向きなサイトなのでしょうか。

ちょっと考えていくことに致しましょう。

向いている人

Jメールをはなから遊び目的のためのサイト、と割り切って活用しようとしている男性には、このサイトは限りなく大きな魅力を生みだしてくれることでしょう。

元々、Jメールはテレクラ産業から発足しています。

ということはその分野にかけては長けていることは容易に想像できますよね。

そういったことを事前に情報として掴んでおいて、会員になって利用している方にとっては正にパラダイスと呼べるようなサイトに違いないでしょう。

人妻・熟女と出会いたい

Jメールの発足がテレクラからだということは、その分野に長けた女性を豊富に用意できている、ということになります。

アダルト掲示板が充実しているのもそのためだと言えるでしょう。

あなたの望み通りの人妻や熟女と出会えるはずです。

大いにあなたの欲望を発散させてくださいね。

割り切りの出会いを探している

特に、深く愛だ、恋だ、という関係ではなく、会いたいときにさっと会えて別れる時にはさっさと別れる。

つまり恋愛感情の入り込む余地のない大人の付き合い、お金による付き合いを求めている方にとっても、Jメールは格好のサイトとなるでしょう。

日々、アダルト掲示板をまめにチェックしましょう。

あなたの欲望を満たしてくれるお相手さんがきっと見つかることだと思います。

こういった「金の切れ目が縁の切れ目」を実際に行えるのもJメールの特徴でしょう。

童貞卒業したい人

童貞というのは男にとったら困ったものです。

男という生き物は女性以上に見栄とプライドが高いようですね。

この童貞も高校生にもなってくると、いつ捨てることができるのかが重大な問題の一つとなってきます。

一昔前は「筆卸」といって、そういった性欲のはけ口となるお店が結構、街中のあちこちにありました。

しかし今は風営法などの規制が厳しくなり、そういった類のお店は探すのが大変になってきています。

しかし、Jメールで会員になって相手を探せば、きっと望み通りの結末を迎えることができるでしょう。

そういった分野に特化して強いJメールだからこそ、多くの会員さんに人気があるのでしょう。

とにかく男にとって童貞とサヨナラできるということは江戸時代の武士の元服と同じくらい神聖なものでもあるのですからね。

気合が入ることだと思います。

趣味友達を作りたい人

Jメールには確かにたくさんの女性が会員となっています。

そして比較的20台から30代の方も多いのです。

ということは、彼女たちはまだまだ結婚というものについてはそれほど焦ってはいません。

彼女たちがほしがっているのは共通の趣味を通して繋がることができる軽い趣味友達なのです。

よって男性陣は自らのターゲットとすべき範囲をよく、考えて利用する必要があります。

ところが男性陣がJメールに対して期待しているのは、恋人探しや結婚相手を探すことに命を賭けてしまっているところなのです。

これではお互いの思惑が一致せず、永遠のミスマッチを繰り返すばかりとなってしまうでしょう。

そういった部分をいち早く察知できた男性が、Jメールを有効に活用できるのは言うまでもありませんね。

とにかくまずは趣味友達として付き合ってみる。

全てはそこから始まっていくのです。

結果を急いだ行動は女性には重荷ですよ。

向いてない人

Jメールの趣旨に向いている人がいるならば、全く向いていない人もいます。

これはどうしようもない現実なのでどうしようもないかも分かりませんね。

では、どんなタイプの人がJメールに向いていないのか。

順を追って見ていきましょう。

真面目な出会いがしたい

Jメールで真面目な出会いを行い、そこで意気投合すれば結婚まで進みたい。

真面目系男子が思い描くストレートすぎる人生設計です。

別にそれが悪いことでも何でもありません。

むしろ嘘偽りのないまっすぐな生き方なので人生において大きな間違いを犯さないタイプの人たちだと言えるでしょう。

しかし、残念ながらいくら出会い系のサイトとはいえ、いきなり堅苦しく真面目に迫ってこられると女性陣も困ります。

とにかく真面目人間の最も困ったところは「出会い」=「恋人」。

そして行き着く先は「結婚」。

このパターンで頭が凝り固まってしまっているところなのです。

これでは相手の女性もたまったものではありません。

いきなりの初対面の相手とどうして恋人になれるでしょう。

順序が飛躍し過ぎているんですよね。

Jメールは出会いを求めるためのサイトで間違いはないのですが、いきなり付き合って、結婚、というパターンの人だと、何回出会えても同じ結果が続いてしまう事になってしまうでしょう。

どこで気づくか、にかかってきますね。

日記など毎日投稿できない

本当の意味で出会いを求めているのならポイントをケチっていては始まりません。

毎日、投稿を続けていくくらいの気持ちがないことには、いくらJメールでも攻略の糸口が見つからないことになってしまいます。

あなたの女性へのアプローチはJメールに登録した時点でスタートしています。

あなたは少しでも女性に気に入られるようなアプローチを行わなければならないのです。

でないと、大勢のライバルたちにはとても勝てない、ということになってしまいます。

何故、毎日、投稿しない人がモテないのか。

それはマメさが欠落しているからです。

それと投稿にかかる費用の出し惜しみ。

つまりお金に対してケチというレッテルをつけられていることになります。

早急に自身の行動パターンを見直してみましょう。

思い切って自分自身を変えてみる時期なのかも分かりませんからね。

ゲームなどを通じて出会いたい人

男性の中には寝る間も惜しむくらいゲーム大好き人間がいることでしょう。

しかし、世の中、ゲームだけに限定してはいけませんね。

要するに「オタク」的な趣味を持った男性のことになります。

Jメールは女性陣も趣味友達を探しているのは間違いないのですが、さてオタク系の趣味となったらどうでしょうか?Jメールは若い女性が好むファッション雑誌や情報誌に掲載されるようなサイトです。

自ずと女性の趣味・嗜好も的が絞れるというものです。

なのに、ゲームやアニメなどで攻めていったとしても結果は見えてくることになるでしょう。

オタク系をこよなく愛する男性の皆様。

ターゲットを変更しましょう。

今はオタク系を専門にした恋活パーティも行われている時代です。

その方がより早くいい結果を得られると思いますよ。

友達作りには向いているサイト

如何だったでしょうか?Jメールについてあらゆる角度から見ていきました。

ここまで見てきた内容をここでもう一度サクッとまとめてみますと、

・Jメールは全国でも有数の規模の大きな出会い系サイト

・女性の比率が高い、且つ、20代や30代の女性が多くいらっしゃる

・ただ、元々、テレクラからスタートしたのでどちらかというとアダルト系の分野が強い

・しかし、ピュア系の掲示板の女性は純粋に友達を求めている

ということが言えそうなサイトですね。

つまり友達を作るには非常に向いているサイトということが言えます。

Jメールに限らず、多くの出会いを求めている人のためのサイトは女性陣がいかに在籍していてくれるかが、カギになります。

いくら男性であるあなたが日夜、投稿を繰り返しせっせと資金をつぎ込んで自身のアピールを繰り返してみても、お相手が少ないサイトだったらそれこそ、そのサイトを運営する業者によっていいカモにされてしまうでしょう。

しかしながら、Jメールに関してはそのような心配はなさそうです。

ハッキリ言って日本有数の登録者数の規模と女性会員の在籍者数の高さは他を抜いていますからね。

あとはあなたの腕次第です。

しっかりと見極めましょう。

あなたが趣味を通した友達探しをやっているのなら、あくまでピュア系の掲示板にターゲットを絞ってください。

アダルト系はそれを分かっていて狙いに行っている人が集まるところですから。

ピュア系の女性は自己PRもそんなに派手ではありません。

画像もないかも分かりません。

毎日、投稿していないかも分かりません。

そこをよく見極めて攻め込んでいってください。

いつの時代も女性は受け身です。

いくら肉食系女子だからといっても、やはり女性は自分から告白できるものではありません。

男性であるあなたの思い切りにかかっていますよ。