LINEアプリの普及によってコミュニケーションの簡素化が進み、人と人との出会いが簡単な手続きで出来る時代へと突入しました。

その中でこのLINEアプリを利用して友達や交際相手を見つける事が出来るライン掲示板なるものが登場しました。

利用料金は男女を問わず無料で、地域別、目的別になっており、掲示板に貼られているIDをLINEアプリで検索して友達に追加すれば、簡単に知り合えてチャットや通話が出来るようになれるというシステムです。

IDを掲示板でオープンにしたり、無料で使えて年齢認証がないなど未成年者でも利用可能な点など多くの問題点を抱えたまま、運営が継続されています。

今回は急激に若年層にも利用者が広がっているライン掲示板について色んな角度から検証してみたいと思います。

便利な世の中になったアプリ

スマートフォンの普及で情報伝達、連絡方法を含め、人間の生活習慣は大きく変化しました。

その中で人々の出会い方も大きな転換期を迎えることになりました。

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の普及は家にいながら、仕事をしながら、全く違う場所にいても人と繋がることが出来る社会を構築しました。

その中でも人と人との繋がり方を大きく変化させたものにLINE(ライン)があります。

LINEはアプリをダウンロードしている人同士であれば、チャット(リアルタイムコミュニケーション)だけでなく、無料で通話することも可能です。

LINEアプリは誰でも簡単にダウンロードすることができ、登録してしまえば携帯に電話番号登録している友人や家族なども相手がLINEに登録していれば自動的にLINEで繋がれるようになります。

スマホの爆発的普及が影響

日本では2004年に現在のスマートフォンの原型と言える携帯電話が発売を開始され、年々機能の充実とその利便性、料金の引き下げなどにより2011年には従来のフューチャーフォン(ガラパゴス携帯:通称ガラケー)との販売台数が逆転、その後は爆発的な人気となり、現在に至っています。

スマートフォンは従来パソコンでしか出来なかったことが、携帯用アプリケーション(通称:アプリ)を搭載することで情報処理が可能になり、パソコンに近い機能をもったことで、ゲームや動画視聴、ナビゲーションシステムまでスマートフォン1つで出来るようになりました。

このアプリケーションの1つにLINEというSNSが存在します。

スマートフォンの普及とともにLINEも全世界的に普及し現在登録者数約6億人と言われています。

誰でも簡単に使える

LINEはアカウントさえあれば誰でも簡単に登録することができ、使い方も非常に簡単です。

通常はチャットと呼ばれるリアルタイムで文章を送る事が出来るシステムを使って会話をしますが、必要に応じて通話をすることも可能です。

どちらも無料で利用できますが、Wi-Fiがないところではパケット通信量を消費します。

スマートフォンを利用している人はパケット定額制を利用されているので料金的には心配ありませんが、パケット通信量が契約量をオーバーすると通信速度が遅くなるなどの弊害があるので注意しましょう。

このLINE通話はインターネット回線を使っているため国際電話として利用することも可能になっています。

このようにスマートフォン初心者でもLINEアプリは使いやすく、特に日本では利用者が増大しています。

遠くの人ともコミュニケーションが取れる

LINEアプリは全世界で展開されているため当然海外の相手や国内でも遠く離れた地域の人とでも簡単にコミュニケーションをとることができます。

もちろんどれだけ距離が離れていても料金が無料であることに変わりはありません。

このため従来は海外への国際電話や国内の長距離電話の有料通信システム利用していた人が無料のLINEに乗り換え、いわゆる通信革命が起こりました。

LINEアプリの利点は通信システムだけではなく、チャットや他のSNSと同様の機能、近年は音楽配信や電子マネー、動画視聴など多くのジャンルへ進出し利便性を高めています。

無料で距離のある人同士であればコミュニケーションをとることの出来るLINEアプリはこれからしばらくも通信手段の1つとして普及して行くでしょう。

全くの知らない人は見れない

LINEアプリはアカウントを持っていれば誰でも利用することが可能です。

LINEの自動機能で携帯に電話番号登録をしている人はID認証が自動的にされて友達登録が可能になります。

また電話番号がわからなくてもLINEのIDさえ教えてもらえれば、検索して友達登録が可能になります。

要するにアカウントとIDさえあれば簡単にLINE内で友達になることが可能だということです。

LINEアプリはアプリをダウンロードして登録している人達が利用する一種のコミュニティなので当然、アカウントを持っていない人にはこの中に入ることはできません。

またLINEの中にもグループトークというシステムがあり、友人同士を招待して複数の人数でチャットが出来ます。

当然、招待されていない人は参加することは不可能で、会話の中身が外部の人間にはわかりません。

他のSNSとは違う

LINEアプリが日本で爆発的に普及した理由には、Facebookやミクシィなどの先行したSNSとは異なり、通信システムの優位性があげられます。

Facebookやミクシィは人が繋がるという観点ではLINEとは変わりませんが、チャットシステムの利便性や無料通話など人に連絡を取るという、もともとは携帯電話が担っていた通話機能やEメール機能をそっくり無料で提供した点が大きく異なります。

Facebookやミクシィ、Twitterは日記形式やつぶやきなどの自己表現の場でもあるのに対して、LINEは人との対話を重視したシステムが日本人向けだったと思われます。

自己表現がどちらかといえば苦手な日本人は従来のSNSよりも対話重視のLINEを選んだといえます。

現在ではFacebookやミクシィもメッセージ送信などにも力を入れていますが、やはり先行したLINEの方が利用率が高いようです。

なぜ危険なのか

日本で普及したLINEのIDを使った出会い系サイトがライン掲示板です。

掲示板に書き込みをして、そこにLINEのIDを掲載しておけば、書き込みを見たユーザーがLINEアプリでIDを検索して友達申請をしてきます。

OKすればLINEのチャットで会話を開始できます。

ライン掲示板はチャットのシステム自体をLINEアプリに依存しているため、運営が簡単に行えるため多くの掲示板が存在するようです。

ただ有料の出会い系サイトとは異なり年齢認証はなく、誹謗中傷な書き込みや迷惑行為に関してもほとんどが放置されており、安全性に関しては全くと言っていいほど無秩序です。

ですからこのライン掲示板では、未成年者が性犯罪に巻き込まれたり、援助交際の温床になる可能性が非常に高くなっています。

基本無料だから

ライン掲示板は登録の必要はなく、掲示板に書き込みをして、自分のラインIDを貼り付けておけばOKなので、有料出会い系サイトにある年齢認証などの手続きの必要はありません。

掲示板の書き込みに返事を出すのも貼り付けてあるLINEのIDをコピーして、LINEのID検索機能を使って相手を見つけて、トークを書き込んで返事を待つだけです。

ライン掲示板はLINEのトークシステムを使うため掲示板しかなく無料で誰でもが利用できます。

友達募集、趣味友、ゲーム友などの目的別でも、都道府県単位でも相手を探すことが可能で、利用率が高い時間帯では1時間に約60件、1分に1件の書き込みがあるほどの人気掲示板となっています。

これもやはり無料であることが一番の理由なのです。

無料には危ない誘いがたくさん

無料で使え、年齢認証がない掲示板ということは当然、誰でも使えるということです。

そこには純粋に出会いを求める人達だけではなく、甘い誘い言葉でお金を儲けようと企んでいる人達が必ずいます。

有料サイトへの誘導、投資セミナーへの勧誘、アフィリエイト狙いの書き込みなど、投稿自体がすでに勧誘なのはまだわかりやすいのですが、投稿は出会いを求める書き込みなのに、LINEを使ってメッセージを送ると、自己紹介をしたあとにすぐに『携帯の調子が悪い』『私の携帯じゃない』などと理由をつけて有料のチャットアプリに登録してとか、有料出会い系サイトへの登録を強要してきます。

これらは明らかにアフィリエイト狙いの投稿です。

登録したとしてもすぐに連絡が取れなくなるので詐欺同然の行為です。

気を付けてください。

どれが正規品か分からない

一口にライン掲示板といっても運営会社が違う物が数多く存在していて、今ではどれが元々のライン掲示板なのかわからなくなっています。

Googleなどでライン掲示板と検索しても数多く同じ名前でヒットするため、どれが良いのか確認するのに苦労します。

ただ、そのほとんどがLINEのIDを使用してメッセージ交換をするシステムであるため、実際に一つ一つ使ってみて自分に合うライン掲示板を見つけるしかありません。

当然、ライン掲示板の知名度に便乗した後発の非常に悪質で、ほとんどの書き込みが詐欺的な掲示板もあるので十分に注意して利用してください。

無料の掲示板は自己防衛、自己責任が基本原則です。

騙される危険がある書き込みや投稿には近寄らないことが一番賢い選択方法です。

甘い誘いの99%は詐欺紛いの投稿です。

出会いを求めている

無料の掲示板なので本来の出会いとは異なる書き込みも多く投稿されているのは事実ですが、純粋に彼氏彼女を探している人達が存在するのも事実です。

男女比率では有料出会い系サイトが女性無料をうたっていることもあって、無料のサイトでは圧倒的に男性からの書き込みが多いのですが、女性からの投稿もある程度見受けられます。

サイトによっては彼氏募集に絞った掲示板もあるので、そこならば純粋に彼氏を募集している女性とLINEで会話できる可能性は高くなります。

ただ、競争率はかなりの確率で高くなるのでしっかりとしたプロフィールや自分のアピール点を書いてメッセージを送る必要があります。

コピーメールや一言メッセージでは、既読スルーになる確率は相当に高いです。

女性側に主導権があることを忘れないで下さい。

サクラの可能性が高い

実は無料サイトなのにサクラが出没するサイトがあります。

無料サイトは広告収入だけで運営されているため、アクセス数を上げなければ収入が伸びません。

そのためにサクラを使って繰り返しアクセスする常連を増やす必要があります。

登録制ではないため、利用者の実数はわかりませんが、大きなところでは数十万人規模のところもありそうです。

しかし小規模なサイトが利用者数を伸ばすためには宣伝とアクセス数のアップが不可欠です。

そのためにどうしてもサクラの導入が必要となります。

サクラの完璧な対処法は実際のところないのですが、話が出来過ぎている、送られてきた写メが可愛すぎるなどは要注意かも知れません。

どちらにせよ、無料で利用しているのでサクラに引っ掛かったとしても金銭的な実害はないので、無駄な時間を使わされたと諦めるしかないでしょう。

出会い系の業者がいる

無料で使える掲示板で最も気を付けることは、書き込みの中に出会い系の運営会社が投稿したメッセージが紛れ込んでいる事です。

ライン掲示板にアクセスする人は温度差はあっても出会いを求めている人なので、出会い系の業者から見ると釣りやすいと思われているのでしょう。

出会い希望の書き込みに返信すると、非常に魅力的なメッセージや写真を送ってきて、相手の気を引きます。

何度かメッセージを繰り返していると、『もっと仲良くなりたいから別のアプリでやり取りしない?』
『携帯の調子が悪いから買い換えるまではこちらのアプリでお願い』
などの台詞で他の出会い系アプリへ誘導します。

この言葉に従って他のアプリをダウンロードして登録しても、そのアプリは有料の出会い系だったり、お目当ての子がいなかったりと、基本的には出会い系への誘導です。

気を付けましょう。

迷惑メッセージ

ライン掲示板に書き込みをして、IDを貼り付けると当然のごとく誰でも貴方に対してLINEへメッセージを送ることが可能になります。

ここにも大きな問題が存在します。

それはEメールの迷惑メールと同じように迷惑メッセージが数多く届く可能性があると言うことです。

Eメールほど大量に届くわけではありませんが、LINEからお知らせ通知が何度も何度も届き、その度にLINEを開くと有料サイトへの誘いのメッセージや、出会いとは全く関係のないメッセージなどが友達申請とともに送られてくるのもなかなか面倒なことだと思います。

対策としてライン掲示板に貼るIDに不必要な文字を入れて、コピーがそのままで使えないようにしたりすることが行われていますが、劇的な効果は望めません。

我慢して一つ一つブロックするしかないでしょう。

セキュリティの不安

ライン掲示板は登録の必要がないため、メールアドレスや暗証番号でログインをする必要性はありません。

しかし登録制でないということは誰でも自由に入れるということです。

すなわちセキュリティレベルは最低で、掲示板に投稿したことや貼り付けたIDは誰にでも知られるという事です。

ID検索からLINEへのメッセージも自由に送ることも可能になるので、非常に危険な掲示板と言えます。

当然の事ですが、投稿に個人を特定できるような情報を載せたり、他人のメールアドレスやIDを勝手に掲載するようないたずらは、ひとつ間違えば大きな犯罪へ繋がったりする危険性があります。

セキュリティに不安があるサイトには基本的には近寄らないことが一番いいのですが、どうしても必要な場合は細心の注意を払って利用してください。

メリットもある

セキュリティの甘さや危険度も高いライン掲示板なのですが、上手に使えば自分にお得になる掲示板でもあります。

なんといっても無料、登録不要、年齢認証無しなので、お金や身分証明書などは必要ありません。

ですから、LINEのID以外はこちらの個人情報がサイトの運営会社に知られることはありません。

また非常に利用率が高いため、無駄な情報や自分には全く関係ない書き込みも多くありますが、必要な情報や書き込みも必ず見つかるはずです。

目的意識をもって探せば、いろんな出会いを探せます。

恋人探し、不倫や浮気、セフレ、趣味友、ゲーム友などそれこそ多種多様な出会いが見つかるはずです。

時間がある時に一度ライン掲示板を開いてみてください。

時間を掛けて探せばきっと貴方に有意義な書き込みが見つかるでしょう。

近くで出会える

前にも書きましたがライン掲示板は地域別でも書き込みを見ることが出来ます。

もちろん全国単位の新着順でも閲覧可能ですが、47都道府県単位でも新着順で閲覧することが可能です。

有料出会い系サイトの様に市町村単位、エリア単位までの細分化はされていませんが、無料掲示板でそこまで求めるのは少し無理な事だと思います。

男女別にはなっていないので、書き込まれた順番に同性の投稿も見ていくことになるので多少面倒な事もありますが、ご近所で自分の必要とする出会い相手を探すことが出来るのは便利といえるでしょう。

出会いのジャンル別には別れていない掲示板が多いので、自分に合うタイプの掲示板を探すのは一苦労ですが、ご近所で好みの人に出会える無料掲示板を探すのはそれなりの楽しさもあるのではないでしょうか。

恋人探しにも使える

無料で使える掲示板であってもその利用者数は半端な人数ではありません。

ライン掲示板は1分間に多いときでは60件以上と一秒間に一件の投稿があるほどの人気です。

これだけ利用率が高いのですから出会い目的の人には便利な掲示板と言えます。

たとえば恋人探し。

有料出会い系と同じで利用者は20代から30代が圧倒的で、その多くが彼氏彼女探しの出会いを求めています。

写真やプロフィールを掲示板に載せている人はほとんどいないので、LINEでメッセージのやり取りをしてみるまでどんな人なのかわからない面はありますが、とりあえず出会いのきっかけにはなります。

LINEへ移行してどのような結果になったかの有料出会い系サイトのようなユーザーの評価掲示板がないので追跡調査ができませんが、利用者が減らないのは、それなりの結果があるからなのでしょう。

浮気や不倫にも最適

ライン掲示板を利用するのは純粋に彼氏彼女探しの人だけではありません。

道徳的な問題はありますが、浮気や不倫相手を探している書き込みも数多くあります。

世間的には風当たりの強い関係希望となりますが、それは個人の道徳観の問題ですのでここでは触れないことにしましょう。

インターネットの調査では既婚者の3人に1人が不倫をしているというデータもあるほどの現代ですから、それだけ浮気や不倫の需要も多いということなのでしょう。

掲示板には堂々と人妻と名乗ったり、不倫希望と書いてある投稿も比較的多くあり、このような関係を求めている人には都合の良い掲示板と言えます。

純粋な出会いよりも不倫や浮気の方が会いやすいというデータもあり、取りあえずはLINEでメッセージを送ってみるのも良いでしょう。

セフレ探しには文句なし

純粋に彼氏彼女探し、不倫希望などの書き込みの次に多いのが、セックスフレンド(通称:セフレ)募集の投稿です。

彼氏や彼女がいるけど、遠距離恋愛とかエッチの相性が良くないなどパートナーとの間に何かしらの問題を抱えてる人達、今は彼氏彼女は要らないけどエッチの相手は欲しいと思ってる人達がセフレを募集しています。

これらの人達は掲示板の投稿もストレートで目的もどんなタイプが好きなども掲載していることが多く、非常にわかりやすくなっています。

ただ、当然のごとく競争率が高くすぐに投稿が削除されたり、LINEでメッセージを送っても返事が返ってこないこともよくあります。

有料出会い系サイトよりもセフレ募集に関してはライン掲示板の方が規制がない分、投稿がしやすく出会える可能性が高そうです。

友達探しにも使える

彼氏彼女や不倫など恋愛絡みやエッチ絡み以外に純粋に遊び友達や暇潰し相手を探している投稿も結構多くあります。

有料出会い系サイトが純粋な出会いよりも恋愛、エッチ絡みに重点を置いているため、軽い関係を望む人には不向きだという面があることにも関係しています。

『眠れないから夜中にLINEで会話したい』
『友達待ってる間することないからLINEしよ』
など暇潰しや会うことを前提としない書き込みも多くあるのが特徴です。

出会いとは言えない関係希望ですので、突然メッセージのやり取りが終わったり、LINEをブロックされたりと悲しい結末になることも多いですが、うまく行けばLINEのメッセージが続いて、気が合えば後々は会ったり、遊んだり出来る関係へ発展することもあるようです。

根気よくメッセージを送ってみて下さい。

共通の趣味で探そう

軽い関係の出会いの募集という点では、コスプレ友達、ゲーム友達、アニメ友達など共通の趣味や嗜好の仲間を募集する書き込みも目立ちます。

これらは専用の掲示板も存在するのですが、より多くの人が集まるライン掲示板へわざわざ投稿する人がいます。

趣味で深く関わるのではなく、LINEで自分の趣味について語れる程度の相手を探して、気が合えば友達になりたいという意向のようです。

この募集も会うことを前提としていないので、LINEを通じて仲良くなるのを前提としてメッセージを送る方が良いでしょう。

ただ相手は結構マニアックな知識だったり、少しでも自分と嗜好が違うと判断されると、メッセージのやり取りが終了してしまいます。

生半可な知識や気持ちでメッセージを送らない方が良いかも知れません。

ライン掲示板を利用すると

ここまでライン掲示板がどのようなものであるかを書いてきましたが、ではこの掲示板を利用すると本当に良いことがあるのてしょうか?
有料、無料を問わず出会い系の掲示板には危険が必ず潜んでいます。

それも含めて利用する価値が有るのか無いのかは個人が判断することになるのですが、ここからは利用する利点について書いていきたいと思います。

先ずはライン掲示板が登録制では無いこと、年齢認証が無いこと、料金が掛からないこと、これが大きなメリットです。

自分の個人情報を表に出さず、無料で使える最大規模の掲示板はやはり、ライン掲示板になります。

有料出会い系サイトよりも出会えるまでの時間は相当に必要とするかも知れませんが、出会える確率は思っているほど低くはないと思います。

多くの友達ができる

ライン掲示板でIDを取得して、LINEでメッセージを送るとメッセージの返信率は以外と高いのです。

20代から30代の世代にとってLINEは最も身近な連絡ツールなので、自分が掲示板にIDを載せて、返事をくれた人に対しては少なくとも好印象を持っています。

ですから相当に失礼なメッセージを送らない限りは9割程度は返事が帰ってきます。

もちろんその中には業者や勧誘などの迷惑な方々もいますが、真面目にメッセージを送ってくれている人もたくさんいます。

彼氏彼女のレベルになるまでは相当の労力と時間を要するでしょうが、単純なLINE友達程度なら意外と簡単になることが出来ます。

深く踏み込まなくても、ちょっとしたときにメッセージのやり取りが出来る程度、楽しい事が有ったときにその報告が出来る程度の友達ならいつでもなれるでしょう。

本当に友達かは別問題

ライン掲示板のIDからLINEでメッセージをやり取りするようになった人は、友達というよりも知り合いというレベルでのお付き合いと考えた方が良いでしょう。

友人の定義は人それぞれで一概にこうですと決めることは出来ませんが、LINEだけの付き合いで一度も会ったことがない人は少なくとも友達と呼んでいいレベルではないでしょう。

ただ、ここから先はどのような関係になっていくのかは未知数です。

このままLINEのメッセージのやり取りが続き、いずれ何かのきっかけで会ったりすることもあるかもしれません。

またLINEのメッセージの中だけでもかなりお互いにプライベートに立ち入った話をするような関係になるかもしれません。

LINEのIDを知っているからといって友達と思い込むことは避けた方が良いでしょう。

ラインIdで活用

LINEのIDはLINEアプリをダウンロードして、利用可能にしたときに自分で設定しなければ、ないままの状態でも利用可能です。

このIDは携帯のメールアドレスのようなもので同じものは2つとして存在しません。

メールアドレスと同じで早い者勝ちで登録が出来ます。

このLINEのIDを設定しないとどうなるのかと言うと、自分のLINEで新しい友達とメッセージのやり取りをしたいときに、友達登録するのが面倒になるということです。

LINEのIDを相手に教えると相手がID検索するだけで友達追加が可能になります。

IDの設定をしていないとこれが出来ないので友達追加してもらうためにQRコードを使ったりして登録してもらうことになります。

ID検索されるのが嫌な人はID検索の許可をしなければID検索から友達追加は出来ない設定になります。

電話番号を教えなくていい

LINEのID設定をしておくと、LINEだけでやり取りする相手には携帯の電話番号を教える必要がなくなります。

LINEは携帯と同じように通話も可能なので、それほど親しくない知人などにはLINEのIDを教えて、携帯の電話番号は教えないという方法が使えます。

またLINEのトークも話を続ける気がなくなった時には、相手をブロックするという方法が使えます。

ブロックとは相手からのメッセージを受け付けないという、Eメールで言うメール受信拒否に当たります。

相手にはブロックしたことがわからない仕組みになっているので安心して使えます。

最近は電話番号1つわかるだけで多くの個人情報が流出すると言われるほどセキュリティに過敏な時代です。

電話番号を相手に教えなくてもメッセージのやり取りや通話も出来るLINEは使えるツールです。

膨大な会員数

登録なしで誰でも閲覧でき、掲示板に貼り付けられているLINEのIDをコピーしてLINEで検索するだけで、出会いに繋がる掲示板ですから、その利用者数は膨大な人数に上っています。

前にも書きましたがLINEのIDを使ってメッセージのやり取りをするライン掲示板を名乗るアプリは数多くあり、実数は把握できませんが30以上は確実にあります。

LINEを運営するLINE株式会社ではLINEの商標を勝手に使う業者に対しては厳しい姿勢で望んでいますが、現実的には効果は上がっていません。

常時の利用者が8000万人と言われているLINEのトークや通話を利用するライン掲示板はその利用者も全体では数百万人とも言われ、大手の有料出会い系サイトに匹敵する規模だと言われています。

これだけのアクセスがあれば出会いに繋がると考えるのは当然です。

出会えるチャンスは多くなる

利用者が数百万人単位で、なおかつ無料で掲示板の書き込みを見ることの出来るライン掲示板なら、自分の空いてる時間を最大限に使えば、出会えるチャンスは多くなるでしょう。

無料掲示板のため業者や勧誘の書き込みも多数ありますが、上手に投稿を見分けてメッセージを送れば有料掲示板以上の成果があるかもしれません。

業者や勧誘の投稿は文章が明らかに甘い誘い文句で書いてあり、慣れてくれば見ただけだ判別がつきます。

写真掲載可能なアプリもありますが、エッチなアピールが強い書き込みはほぼ100%風俗業者の書き込みです。

即会いを狙っても相手にも警戒心があるので、気楽にまずはLINEで仲良くなれるようなメッセージ送り、相手のプライベートな事を聞けるような関係になってから会う約束を取り付けるようにしましょう。

ライン掲示板アプリのおススメ点は

ここまでにライン掲示板アプリの評判、使いやすさ、安全性などの良い面、悪い面両方から検証してきました。

その中で際立ってライン掲示板アプリが優れている点は無料であると言うことです。

出会いを求めるとどうしても金銭的な負担が気になってしまうという人にも、使える手軽さがあります。

また無料であるという点が、利用者数の増加に拍車を掛けていて、全国で日々何百万人という人がいろんなライン掲示板アプリにアクセスして出会いを求めるという状況を作り上げています。

業者の介入やいたずら、援助交際への誘いなど迷惑な部分や犯罪に直結してしまう事例もありますが、これは有料掲示板サイトにもあることで、これらに引っ掛からないように慎重に相手を選んでLINEからメッセージを送るようにすれば、貴方にも素晴らしい出会いをもたらしてくれるかもしれません。