あなたの周りにも不倫をされたという女性は多くいらっしゃいませんか?
なかなかなくならないこの問題ですが、一見男性だけが悪いような見られ方をされがちですが、実際には妻にも原因が…という事も多くあります。

男性がなぜ不倫をするのか、という事を詳しく掘り下げてまとめてみましたので、不倫にお困りの場合は是非読んでみて、問題点や改善方法などを把握してみてくださいね。

では見ていきましょう。

なぜ旦那は不倫をするのか

まず、なぜ不倫をしてしまうのか?という問題をしっかりと考える必要があります。

日本の男性が不倫をしている確率ですが、ざっくりと男女1000人を対象にしたアンケートをもとに導き出すと、男性の26.9%が不倫をしているという確率が出るという結果になりました。

これは、大雑把に計算すると大体4人に一人が不倫をしているという確率になります。

4人に一人と考えるとかなりの確率であると思いませんか?
かなり高い数値といえ、確かに今まで周りにも不倫をされた、しているという人がいた方はかなり多いのではないでしょうか。

ここではなぜ不倫をするのか?というそもそもの疑問に対し、いくつかの答えをご紹介していきたいと思います。

なぜ?を知り、適切に対処できるようにする必要がある為、まずはなぜ?の部分をしっかりと把握して行動していきましょう。

では見ていきましょう。

心が弱く、性的衝動を我慢できない

この点に関しては、男性による原因がかなり大きいものになりますが、男性自身の心が弱いという事があげられます。

これは、理性が保てない男性が多く該当する理由になるかと思います。

一時の感情に身を任せてしまい、後々の事をあまり考えずに行動してしまうといった考え方の男性の行動パターンになる可能性が非常に高いです。

普段から物事を深く考えずに行動してしまう方や、行動してから後の事を考える傾向のある男性の場合、こういった衝動に負けてしまいやすく、結果的に不倫をしてしまった、という事がありますので、普段からこういう行動や心理がみられる男性と結婚されている女性は注意が必要です。

ストレスのはけ口

普段の仕事に対するストレス、家庭に対するストレスから逃げ出したい、癒されたいという気持ちを持っている男性にも不倫に逃げてしまう事がかなり多くあるようです。

実際、仕事の現場ってかなりストレスがかかってしまう場所ですよね。

人間、誰しも気づかぬ間に何かしらの形でストレスを感じてしまう生き物です。

家はそんなストレスから開放されたい唯一の場所なのに、もしそんな場所である家でも、ストレスを感じてしまうような環境になってしまっている場合、不倫という形で癒しを求めてしまうというような行動をとってしまいがちになるのかもしれません。

家庭がうまくいっていない場合や、家にあまり帰りたがらないような男性の場合に多く見られる行動になるといえるでしょう。

不倫に対する間違った考え方をしている

不倫に対して重要に考えていない男性もいるかもしれません。

例えば、一緒に飲みにいく事が不倫だと思っていない男性もいるかもしれませんし、スキンシップでハグをしたりする事自体もそこまで重くとらえていない可能性もあります。

また、不倫をかっこいいと思うような男性もいるかもしれませんし、根本的な意識の部分で間違った考え方をしている人である可能性もあります。

妻がどれくらい傷つくか想像できない

一度でも付き合っている相手に浮気をされた方なら、浮気をされた事の痛み、苦しみというものがどんなものなのか、どれくらい傷ついてしまうものなのかという事は容易に想像がつきますよね。

ただ、今まで浮気をする側だった、される側に立ったことがない方というのはあまりその痛みに関して敏感ではありません。

むしろ、常習化しているような方にとってはそれほど大事と捉えていないような傾向があります。

不倫をやめられない、続けてしまうという方は恐らく妻がどれくらい傷ついてしまうのか、どれくらい信用をなくしてしまう事なのかという事を深く知ってはいないかと思います。

もし知っているのであれば、それほどリスクの高い行いを一時の感情で行ったりはしないものです。

不倫をしている男性こそ、そういった心の痛みを想像する事に敏感ではないといえるでしょう。

恋愛依存症体質

そもそも、恋愛依存体質だったという男性の場合です。

恋愛依存体質というのは、自分に自信があまりない、いつも否定的になってしまう、誰かに頼られてしまうとどうしても無理な事でも全力で応えようとしてしまう、このような考え方をしてしまう方がなりやすい傾向があります。

逆に回避依存症という言葉もあり、これは深い人間関係を回避する癖がついている人を指す言葉なのですが、本来は恋愛依存症は女性、回避依存症は男性が多い傾向がありますが、中には恋愛依存症の男性もいらっしゃるでしょう。

このような男性の場合であると、常に不安を感じている場合がかなり多いです。

失ってしまう事や、不安に感じている事を隠す、逃げるために不倫をしてしまう事が多いようです。

また、常に恋愛をしている事が楽しくてどうしようもないという心理の場合は繰り返し浮気をしてしまう傾向があるようです。

不倫相手とはどこで出会いやすいのか

結婚をしている場合、ある程度の大人の年齢になっている事が考えられ、当然ですが社会人として働いている方の割合がかなり多いかと思います。

そうなった場合、学生ならまだしも結婚している社会人の男性がどこで出会うのか?と考えた事ありませんか?
ある程度限られてくるとは思いますが、思わぬ所から火種が生まれてしまうものです。

今回は不倫相手との出会った場所をまとめてご紹介していきたいと思います。

これから紹介する事がもし行われた後でよそよそしくなっている、怪しい…という行動がみられる場合は要注意です。

しっかり把握しておく事で未然に釘をさす事も出来るのでしっかりと把握しておきましょう。

では見ていきましょう。

大きい職場は出会いの宝庫

まずは一番考えられる出会いの場所は会社です。

会社の規模が大きければ大きいほど、様々な人と人との出会いがあります。

時には会社の上司、部下、そして会社がもし派遣やアルバイトを雇っている場合はかなりの出会いがあります。

男性が多い会社の場合でも、時には飲み会などで部署が違う人と一緒に飲んだり、話をする機会なんていうのは様々あります。

小さなきっかけさえあれば、不倫に発展してしまう可能性は多いにあります。

同じ会社であれば、会う事も容易に可能であり、あまり不審な行動に結び付かないケースもあります。

また、同じ会社の場合であるとそれがバレてしまった時にややこしくなってしまう事もあるので一番面倒なケースだといえるでしょう。

SNSなどの出会い系サイト

最近ではインターネットの普及により様々な出会いを得る事が出来るサイトが出来ましたよね。

特に、出会い系サイトもそうですが、現在ではTwitterやmixi、Facebook、様々なSNSサイトがあり何がきっかけで出会いに発展するかわかりません。

会社が同じ場合は同僚だからとか、部下だから、とかで濁されるケースもありわかりにくい事もしばしばあります。

出会い系サイトの中でも無料のもの以外にも有料のものがたくさんあるので、不倫という事でさえ信頼をなくしてしまう行為なのに、さらにお金までかけているという事がわかった時にはもう関係は最悪になってしまう可能性が高いといえるでしょう。

同窓会や友達との飲み会

皆様も一度は行かれた経験があるのではないでしょうか?
同窓会がきっかけで男女の仲になってしまったという事も珍しくはないようです。

面識があるし、結婚しているから安心というわけにはいかないようです。

例えば、昔気になっていたという女性がいたとして、その女性も男性の事を気になっていたという事が発覚して気持ちが上がってしまったというケースや、久々に会って綺麗になっている女性を見てつい声をかけてしまったという事もあります。

また、友達との飲み会でも友達同士なら…と思う事は少し危険です。

もし友達が女性の友達を連れてきている場合や、同窓会と似ているかもしれませんが、久々に会った女性の友達とつい…という事も考えられます。

あまり縛りすぎるのは良くないかもしれませんが、こういった可能性を考えると送り出す側としても不安が常に付きまとってしまいますよね。

子どもの学校行事

子どもの学校行事も安心できません。

なぜかというと、妻も一緒に参加する場合はそこまで心配ではないかもしれませんが、旦那だけの参加の場合、他の参加している奥様と何かがきっかけで仲良くなってしまう可能性もあります。

仲良くなるだけならまだしも、それから連絡先をこっそり交換しこっそり会って…というような事があるかもしれません。

一概に学校であるから安心というわけにもいかなさそうです。

また、中には参加している奥様ではなく、学校の先生と不倫している場合もあるそうなので、いつ何が起こるのかわからない状況だといえます。

不倫時のありがちな行動パターン

男性は女性と違って一般的には嘘をつくのが下手である事が多いです。

また、言動はもちろん、普段の行動の変化からも不倫をしている事を見破る事も容易に可能です。

実際に男性が不倫を行い始めた場合の行動パターンのご紹介をしていきたいと思います。

不倫を疑っている奥様、旦那様が普段ご紹介するような行動をとっている場合は要注意かもしれません。

確定というわけではありませんが、高い確率で不倫を行っている事が多いので、もし同じ状況なのであれば、何かしらの改善策や行動を取る必要があるといえるでしょう。

では見ていきましょう。

スマホ・携帯を絶対手放さない

これは一概に絶対とは言えませんが、よくある例ですよね。

スマホや携帯は個人的な情報の宝庫です。

もし不倫を行っている場合であれば、必ずといっていいほど情報があるはずです。

それにもし、不倫を行っている場合、スマホや携帯に情報が残っていないとしても、やましい気持ちがあれば何かの拍子でバレるんじゃないか?という心理は働く事で、かたくなにスマホや携帯を見せようとはしなくなります。

これが原因で夫婦喧嘩の元になってしまっては、夫婦の仲が悪くなってしまうので強硬手段としてみる事はあまりお勧めはできませんが、旦那が手放している時にちょっと見てみるくらいの事はしても良いのではないでしょうか。

ただ、ここでも怪しい事があり、お風呂に行く時もスマホや携帯をしっかり手放さない、そしてスマホや携帯にロックが最近かかりはじめたという事があればかなり怪しいです。

一番わかりやすい判別方法ではありますので、注意して確認する事をお勧め致します。

急に残業の内容を話すようになる

今まであまり仕事の内容であったりとか、残業の事を話したりはしなかったのに、急に残業の内容を話し始めたりとかした場合も注意です。

なぜかというと、本来残業があった場合ですと、やましい事もないので平然とする事が出来るのですが、残業とウソをついて不倫を行っている場合証拠隠滅を考えますよね。

そうなった時に、アリバイ作りとして妻に残業をしているんだという事を認識させないといけないと過剰に考えてしまい、残業の内容などを話すようになってしまうのです。

こういった心理の変化による行動の変化もかなり多いので、今まではこのような行動をしなかったのに…という行動の変化があれば、細かい行動の変化でもしっかりチェックしておき、なぜこのような行動をとっているのだろうか?という事をしっかりと考えなければいけません。

旧友と遊ぶ回数が増えた

こちらも非常に多いパターンですね。

旧友と遊ぶ事を口実に不倫相手と会っているというパターンが典型的な例だといえます。

結婚して家庭を持っている場合、一人くらいの男性と違ってなかなか旧友と毎週のように遊んだりしないですよね?
たまに会って飲みにいくような形が多いかと思います。

特に休みの日に昼から遊んだりとか、なかなかないかと思いますが、今までに比べ旧友との遊ぶ機会が増えたな、と感じている場合は要注意かもしれません。

とっさに何して遊ぶの?とか何か遊ぶことに関する質問を入れてみて相手の反応を見てみる事が良いかもしれません。

出張・休日出勤が増えた

これもほかの理由と同様に、今までなかったものが増えたという例です。

特に言い訳として会社の事を告げるのはかなり言い訳しやすい部類に入るので、このような事が起こってしまうのかもしれません。

ある程度の立場になってしまうとこういった仕事が増えてしまう事もあるのかもしれませんが、過剰に出張や休日出勤が増えてしまった場合は確認をする事が大事です。

強硬手段になるのかもしれませんが、会社に電話して旦那がしっかりと働いているのか、会社の同僚の連絡先を知っているのであれば、もしくは知り合いがいるならその方と連絡を取って状況を聞いたりとか、何かしらの行動をとって、真実を確認する事が大事だといえるでしょう。