なかなかクチには出せない悩みのヒトツがセックスのことですよね。

男と女がいるかぎり体を求めることは当たり前のことで、
セックスをスポーツ感覚で楽しむ人もいれば、愛を感じる行為と捉える人もいます。

最近では男女が一緒にいても体の関係を求めない恋人同士も増えたみたいですが、
それじゃ世の中がおかしくなってしまうと思いませんか?
セックスをすることは恥ずかしいことじゃなく、
セックスが好きなことも恥ずかしいことではない。

でも、大きな声でけして言葉にすることができない少し恥ずかしいこと。

恥ずかしいと感じるからこそ、セックスは楽しいのかもしれませんね!
セックスについて既婚者も既婚者じゃない方も悩みはつきない。

結婚したらセックスは特定のパートナーとすることが当然ですが、
世の中は数え切れないほどルールをやぶる人がいます。

それもヒトツのセックスについての悩みかもしれません。

セックスしたいのは恥ずべきことではない

男と女の関係についてセックスは当然のことなのに、
何故、セックスについて悩みを言うことは恥ずかしいことなのでしょうか?
男と女が当然ですが、様々な悩みの中に男と男、女と女と組み合わせもあります。

どんな組み合わせにしても、お互いを求めることは同じ。

セックスレス、性の不一致などセックスに関しては悩みが多いですね。

そんな悩みを抱いたときに誰に相談して、どうやって解決して行くのでしょうか?
一番分かり合える親ですらセックスの相談なんて出来ませんし、
親しい友達にも言えない、言いにくい問題がセックスです。

セックスについて悩みをいうことで、なんとなく可哀想と感じられるから?
セックスをしているところを人に見せながらする人はいません、
どちらかと言えば暗い部屋の中でひっそりとおこなうもの。

セックスはパートナーと二人だけの秘密みたいな感覚がありますよね、
だからこそ、悩みがあっても打明けることができない。

でも、セックスってそんなに恥ずかしくて隠れてすることなのでしょうか?
セックスをすることは悪いことじゃないし、
むしろ健全な男と女だからこそ行う行為では?

以外にも多いセックス好き

最近の若い人はセックス関係を持たない恋人同士が多いと聞きますが、
それは一時的な気持ちにしか過ぎないのでは?
セックスを好きじゃない人は、
セックスすることがメンドクサイという気持ちが強いと聞きます。

相手を満足させることのプレッシャーやシャワーを浴びたりとセックスをするときは、
ある程度の時間が必要になってきます。

その一方でセックスが好きという男女も数多いことも事実です、
だからこそテレビでも毎日のように不倫や浮気などの話題が途切れることがない。

セックスが好きな人はセックスの気持ち良さを知っているから好きと言える、
セックスが嫌いな人はセックスの気持ち良さを知らないからこそ嫌いと言えるのです。

お互い好きな人と肌と肌が触れ合い感じ合うことは気持ち良いこと、
そのセックスを面倒と感じて、嫌いと感じる人は好きな人と出会ってないということかもしれません。

人間の三大欲求の一つ

欲と言えば、どんな欲をイメージしますか?
物欲、食欲、金銭欲、名誉欲、昇進欲、睡眠欲、性欲など色々ありますよね、
その中で人間の三大欲求は「食欲」「睡眠欲」「性欲」と言われます。

この三大欲は動物も人間も同じです。

どれか欠けてしまえば生態系がおかしくなってしまう大事なこと、
人は命が終わる頃まで、この三大欲は残っていると言われます。

真面目な話、子孫を残すためにも三大欲は大事なことだと思いませんか?
食欲と睡眠欲があるからこそチカラがあり元気がでる、だからこそ性欲がでる。

もし自分の中で性欲は違うな・・・と思っているのであれば、
それは食欲と睡眠欲のバランスが上手く保てていないからかも知れません。

健康な体であれば人間の三大欲求は「食欲」「睡眠欲」「性欲」が普通です。

相手ありきを忘れずに

気持ち良いセックスをするために相手がいることは当然です。

一人ではセックスをすることは出来ない。

男も女も相手を気持ち良いとさせることがセックスの醍醐味、
それは求める攻め側も、求められる受け側も同じ気持ちでいなくてはいけない。

両方が相手を思いやることで二人の気持ちも重なり気持ち良いと感じます。

相手がいても一人よがりなセックスはセックスとは言えません、
ただ子供を作るために義務化されている行為はセックスとは言えない。

やっぱり気持ち良いセックスをする為にシーンやムードは大切なこと、
相手が何を感じて、何を求めているか?
シーンやムードを大事にする人は相手の気持ちも分かること。

セックスは肉体だけで行うことではない、
頭の中でも考えないといけないナイーブなことです。

だからこそ、それが面倒と感じる人もいるのかも知れませんね!
でもシーンやムードを大切にする中でおこなうセックスは気持ち良いことは確実です。

相手の気持ちがお互い重なり合うことができるからこそ、
幸せなセックスと言えるのではないでしょうか?

相手をどうやって探すか

セックスをしたいと思ったときにパートナーがいれば一番ですが、
パートナーがいないけどセックスがしたい人はたくさんいます。

そんなときにどうすれば良いのでしょうか?
男なら高い金額を出して相手を買うこともできるかもしれませんが、
それよりもお互いセックスを求めている相手と出会うことが一番だと思います。

最近ではセックスに特化した出会いがネットの中で見つけることができます。

でも体目的の出会い系は怪しいものが多いことも、
待ち合わせした場所に知らない怖いお兄さんが待機していることも?
それならナンパする方がお金も掛からないし安全かも?
どちらにしてもセックスをしたいと思ったら相手を探すことは不可欠ですね!

出会い系サイトが一番

セックスをしたいときに手っ取り早く探せると言えば、
男も女も出会い系サイトが一番ではないでしょうか?
でも、出会い系サイトでセックスが目的になると注意しないといけません。

「セックス」が目的だからこそ被害に合っても黙っている方も多い、
そこにつけ込んで怪しいサイトは多数存在するのです。

基本的に出会い系サイトはセックスが目的じゃないサイトにしても、
見極めが難しく怪しいところが多いものです。

出会い系サイトを使わない人の多くは「サイトは危ない」と思いからですよね、
たしかに怪しいと感じるサイトも多いですが、怪しいサイトは特徴があります。

怪しいサイト、優良サイトを自分の目でしっかりと見極めれば良いのです、

怪しいサイトは注意

怪しいサイトは御丁寧に「怪しいサイトです」とは記載していない、
では、どのような部分で怪しいと見極めるかが大事。

「派手すぎる広告」「エロすぎるタイトル」「退会フォームが見つからない」
「美男美女ばかり載っている写真プロフ」「無料ポイント後に料金が即発生」
「やたらクリックを誘導」「登録した途端に大量のメールが送られてくる」
「登録したら〇〇万円プレゼント」「聞いたことない運営会社」「銀行やカード番号を登録」
怪しいと思われるキーワードを簡単に紹介しただけでも、
こんなにあります。

基本的に「H目的、即出会えます」と喜ぶようなタイトルで相手を釣る、
好奇心を煽ることでサイトを見てる側としては登録してしまうものです。

そこにつけこむからこそ、怪しいサイトと思いましょう。

まずは、安易に登録、まして個人情報が分かることは登録しないようにしてください。

優良サイトの見つけ方

逆に優良サイトとは?怪しいサイトの間逆と言っていいでしょう。

基本的にH目的で優良サイトを見つけることは難しいです。

優良サイトに「安心にセックスできます」なんて書いていたら女性としては登録しにくい、
まずは気軽に出会うことが目的と思って探した方が騙されることはないと思います。

たとえセックスをすることが目的だとしても、
出会ってからセックスする関係に発展するは、お互いの気持ち次第では?
「金銭システムが分かりやすい」「退会フォームがある」「写真プロフが信用できる」
この3点は優良サイトを見極めるうえで大事なことです。

例えば「優良サイトランキング」に載っているからと言って安心しすぎてはダメ、
そのランキングが信用できるとは言えません。

あまり派手派手しい出会い系サイトは避けた方がいいかもしれませんね。

オススメな出会い系サイト

大人の出会いを求めているのなら、大人の出会い系サイトにしぼると後々間違いがないでしょう。

例えば完全無料で健全なサイトと思って登録してみたものの、
「お茶」「趣味」を語らう出会いを求めて登録している方もいます。

双方の求めることが違うと出会ってから大人の関係になるまでに時間を必要としますし、
一方通行の感情が事件として扱われてしまうこともあります。

大人の付き合いを求めてる方におすすめな出会い系サイトと言えば「PCMX」と言えそうです。

とくにPCMXは大人の出会い系サイトに特化していることはもちろん、
男性雑誌やレディースコミックにも掲載している、広告カーなどでも見かける大手。

サクラなども少なく、男女バランスのとれた出会い系サイトと言えます。

セックスをする関係になるうえで出会えること不可欠です、
やたらメールや電話だけで伸ばし伸ばしのところは要注意です。

すぐに出会えるならココ

PCMX意外にも出会い系としておすすめなサイトがあります、
「ワクワクメール」は大人の出会い系として特化していることはありません。

むしろ、真面目なサイトと言えるかもしれませんが、ちゃんと出会えるサイトとして有名です。

出会い系と言いながらも世の中には出会えない「なんちゃって出会い系サイト」が多い、
ワクワクメールは一般登録者が多く、サクラがいないことでも有名です。

キャッシュバックなどもないから高額な請求がくることもありません。

その他には「フィールラブ」も老舗でしっかり運営していることで安心、
サクラ、勧誘、迷惑行為をしないことを断言しています。

何よりもフリーセックスや大人の出会いを推進している、
かなりセックスカラーが強い出会い系サイトです。

実際に即出会い、セックス目的で出会えるサイトは世の中にたくさんありますから、
サイトの特徴を見極めて見つけて行きましょう。

相手もエッチを期待している

セックスを求めているのは男性側のイメージがありますよね、
でもそれは男性自身が思うことであり意外と女性もセックスの関係を求めています。

今の時代はセックスに関して女性の方が積極的かもしれません、
ですが男性に比べて女性はセックス関係になるような場所が少ないことが現実。

男性は近しい友人の前で欲求不満だからソープに行こうかな・・・と言えることもありますが、
女子は友人の前で欲求不満だから・・・と言いにくいですよね。

体の欲求を求めるというよりも心の欲求を満たしてくれるホストに行く程度です。

ホスト=セックスできるということはありませんし、むしろ出来ない確立が高い。

だからこそ出会い系に求めることが女性としては一番良いのかも知れません。

男性と同じようにエッチに関して女性も期待しているのです。

女性も同じように後腐れなくセックスを純粋に楽しみたいと思っていることは忘れてはいけない、
相手もエッチを求めてるからこそ、楽しいセックスができるのです。

トークセンスがあるならナンパもあり

やっぱり出会い系は登録だとか金もかかりそうで怖いな・・・
そんな方はナンパでセックス相手を探すこともおすすめです。

ですが、ナンパはすんなり目的の相手が見つかれば奇跡と思った方が良いでしょう、
世の中には星の数ほど男女がいますが、その中で相手を見つけることは難しい。

特にセックス目的だと余計に難しいものです。

ナンパは時間、場所、センス、ある程度の容姿も必要となりますよね?
もし声をかけた相手が同じようにセックスしたいと心の奥底で思っていても、
そこは推理でトークで落とさないといけません。

警戒心をとらないことには、たとえ声をかけても一時で終わってしまいます。

ナンパでセックス相手というよりも、
まずはセックスに限らないで相手を探して行くことが近道かもしれませんね!
ナンパはとにかくトークセンスと折れない心が必要です。

ナンパは数打て

1回声をかけてOKしてくれる相手が見つかるなんて運命に近いこと、
ナンパで成功する方法は最初から見極めないことが大事です。

「この子、可愛いな」「この子、無理」など声をかける前に厳選していることは、
正直、時間の無駄です。

厳選したところで相手がOKしてくれる確立は極めて低いからです。

ナンパは運と言っても過言じゃありません、
ナンパでセックスできる相手を探せるなんて極めてマレな話しです。

でも可能性はゼロではない!
運、トークが重ねれば相手は一緒に時間を過ごしてくれます。

このままホテルに即行きえるというよりはトークして相手を酔わすことが必要です。

ナンパするときは、それくらい低い確率で相手を落とせることを頭に入れておきましょう。

絶対的な自信で望むと打ち砕かれてダメージも大きい、
ナンパは数打てば当る!それくらいの気持ちで望んだら必ず誰かは落とせる。

考えて厳選しているヒマはありません。

一発当たればホームラン!

ナンパで相手が落とすことは大変ですが、
相手を落とせたときの功績は大きいものです。

ここは出会い系と違ってセックスするまでに様々なプロセスを繋げて行きます。

まずはお酒でも飲んで互いを軽く自己紹介して会話も盛り上がることでしょう、
その中で相手が酔ってセックスすることもあります。

お互い同意の上で一種にして恋人同士のような甘い関係になりやすい、
出会い系だと淡々とセックスを結ぶことも多いですし、一夜かぎりの関係が一般的。

出会い系がキッカケで結婚まで続くことはあまり聞きません。

しかしナンパは出会いが軽いと言え
ナンパが出会いと言えど相性が良ければ彼氏彼女の関係になることができます。

最終的に結婚しました!なんてこともよくある話です。

ナンパだとセックスまでいける?

ナンパに成功したけれどセックスまでいけるか?
それはやはり運と言えば運ですが、自分次第だと言えます。

即セックスしよう・・・なんてことは出来ないと思った方が良いでしょう、
ナンパもヒトツの運命の出会いと考えて、即セックスというよりも心を通わせることが大事。

まず、ナンパした時間が夜中など終電を逃したあたりであれば、
「始発が走るまでお酒でも飲まない?」から始まり連絡交換をしたり会話を楽しむことができます。

意気投合すれば、そのままホテルに行くことも可能です。

昼間であれば、お酒のチカラは借りることができないのでホテルに行くことは、
夜中よりも少し難しいかも知れません。

どちらにしてもナンパ成功した!即ホテルに行けるということはないと考えた方がよいですね。

たとえ出会った当日にセックスに誘うことは難しいと感じても、
悪い印象さえ相手に与えなければ再び会うことは可能です。

ナンパで一日完結を求めるよりも長い付き合いを求めることで、
セックス関係までいくことはできますよ。

セフレをつくろう

ちゃんと既婚者や彼氏彼女がいても
ただ単純にセックスを楽しみたいという方もいます。

特定の相手とセックスを繰り返していると新鮮さを失って行くもの、
特定の相手とセックスを楽しむためにも刺激があるセックスは必要かもしれません。

でも、セックスを求める相手と恋人同士になることはイヤ、
特定の人を愛しているからこそ、関係を壊したくない。

セックスだけを後腐れなく楽しみならセフレをつくることが一番です。

セフレは相手に感情を入れず身元なんて必要ない、
ただセックスだけを純粋に楽しむことができる身体関係の友達です。

それはスポーツジムに通ってて仲良くなることと同じような感覚、
お互い何の仕事をしているのか?何歳か?なんて関係ないのです、
同じ目的を持ち楽しむことができるからセックスフレンドとして成り立ちます。

でも、そんな簡単にセフレなんて見つけられるの??と思いますよね、
それこそ出会い系が一番だと言えます。

セフレは見つけることができますが、セフレとして求めない人がいることも事実!
最初はセフレの関係で出会ったとしてもセフレの枠を超えてしまう危険性もあるからです。

身近な人は危険

相手のことを細かく調べないことがセフレの条件と言えます。

だからこそ見知らぬ相手がセフレとして適正、
出来れば同じ駅に住んでいる人はセフレとして選ばない方が良いでしょう。

偶然、同じ駅で出会ってしまった場合に何とも気まずい空気が流れますし、
会いやすいからこそ、ちょっと相手が旅行している間に・・・なんて甘いことも考えてしまいます。

その甘い考えがバレる原因!
また同じ職場や顔見知りの人もセフレとして選ぶことは危険です。

同じ職場や顔見知りは余計に感情が入りやすくなります、
セフレに感情を入れることで相手を束縛したい・・・嫉妬心も芽生えることがあります。

セフレを選ぶなら、全く知らない相手を探すべき。

恋人・配偶者の知人は避けるべき

相手に彼氏彼女がいたり、配偶者がいる既婚者なら安全だろう・・・
そう思い方は意外と多いですが危険です。

相手がいるのにセフレを探すということは自分のパートナーに何らか、
マイナスな感情を持っているからこそセフレを探しているのかもしれません。

だからこそセフレに感情を求めてしまうこともあります。

「やっぱり、好き」なんてことがないとは言えないのです、
とくに配偶者がいる方はバレた時が危険です。

配偶者の方と合意の上でセックス関係を持ったと言っても許されない、
まして子供がいてバレたりすれば子供も傷つける結果になります。

配偶者の方とセフレ関係になることは当人同士の問題ではないということ、
バレたときに離婚になる、慰謝料を請求される、会社をクビになる・・・
そんなことがないとはいえないのです。

彼氏彼女がいても同様ですよね、法的に結婚をしていないとしても、
奪われた感は強いもの。

セフレをしたパートナーよりも「そそのかす」と相手を悪く感じるもの、
それだけに事件に発展することもあります。

意外と恋人や配偶者がいる人は色々な意味でメンドクサイと言えます。

セフレは意外に少なくない

でも、セフレなんてマンガやドラマだけの話で実際にはいないんじゃない?
たしかに怪しいと思う気持ちもわかりますが、実際にセフレはあります。

出会い系サイトでもセフレに特化した出会い系は多く、
本当に純粋にセックスだけを楽しめる関係を求める方は意外と多いのです。

そもそも「セフレ募集している」「セフレはいいよ!」なんて大きな声で言えるワケないのですから、
セフレが本当にいるの?と疑う気持ちはわかります。

自分自身、セックスが好きで配偶者やパートナーがいたとしたら、
他の人ともセックスを楽しみたいと思いませんか?
セックスが嫌いな人なら、見ず知らずの人とセックスしたいとは思わないでしょうが、
セックスが好きなら他の人とも後腐れないセックスを楽しみたいと思いはず。

それは普通のことだと思いますよ。

だからこそ、出会い系サイトでも「セフレ」というカテゴリーがあるのはないでしょうか?
世の中の人はクチに出さないだけで秘めた思いは誰にでもあるもの、
平凡に今の環境は壊したくない、でも少しだけ非現実的な世界も楽しみたい。

それがセフレを求める人の気持ちなのでは?

複数のセフレを作る

セフレを作るなら一人の相手を決めるよりも複数のセフレを作った方がいい、
友達も親友一人よりは複数いた方が楽しいと思いませんか?
体の関係を持つセフレも同じことです。

複数いることで一人に依存することもありませんし、
相手にも遠まわしにセフレを強く認識させることができるのでは?
最初はセフレ関係で始まっても付き合いが長くなると感情が入ってきやすくなる、
そうすると一人だけでは互いにセフレを超えてしまう関係になることがあります。

また一人だけでは鮮度も失ってしまいます。

それでは配偶者や彼氏彼女と同じ感覚ですよね?
複数いることでいつまでも鮮度あるセックスを楽しむことができるのです。

いつでもセックスできるメリット

恋人同士や配偶者だと相手に気を使わないといけません、
それは相手の気持ちを考えるからこそです。

しかしセフレの関係は友達ですから、あくまで2番や3番扱いで良いということ。

相手もセフレを認識しているから「今夜、会いたい!来て」なんてワガママは言いません。

土日などは家族や恋人の為に専念でき、
自分とセフレの都合が良いときに楽しめば良いのです。

そんな関係はセフレじゃないと出来ないことですよね?
まして、出会い系であれば都合が良いときに掲示板に書き込めばいい、
一夜かぎりのセックスをすることができます。

セフレは感情ではなく肉体だけの付き合い、
だからこそセックスしたいときにいつでもセックスできるメリットがある。

わずらわしさがない

セフレは恋人ではない、だからこそ会ったとしてもホテルに直行することができる。

配偶者や恋人だと食事をしたりと色々とわずらわしいことが多いですよね?
また、出会い系サイトであれば今日会ったセフレが相性悪いと思えば、
「別れましょう」なんて後々言うこともなく一晩でさよならすることができます。

これも恋人になると、いきなりスルーすることなんて出来ないですよね?
まして体の関係を持ってしまえば「遊びだったの?」なんて言われかねない。

セフレは最初から遊びだから、わずらわしいことがないのです。

仕事や家庭で色々と疲れている中で相手に気を使うことは、
恋人でも配偶者でも正直、めんどくさいと思いませんか?
気分的にセックスしたい、したくないときも相手の気持ちを考えることは面倒なこと、
極端な話、セフレなら相手の気持ちを考える必要がないから楽なのです。

相手のことを考えない、わずらわしいことがない関係は素敵ですよね!

実生活も満たされる

正直、欲求不満だとイライラしたりすることありませんか?
その気持ちをどこに八つ当たりすれば良いのでしょう。

セックスしたくてもセックスできないことは体にとっても良くないこと、
イライラや不安がたまり仕事でも上手く行かないですし、
何よりも危険な犯罪を犯しかねない。

セックスライフが充実していることでドーパミニンが溢れでます、
ドーパミンが多くあふれ出ることで幸せで満たされた気持ちになるのです。

肌もツヤが出てきたりとセックスをすることで良いことだらけになります。

例えば夫婦関係でも恋人関係でもセックスに悩みがない二人は仲が良いですよね、
やはりセックスレスの関係では肌もカサカサして、互いに会話も少なくなる。

セックスに悩みがなければイライラすることや不安はなく、
実生活も充実しているのです。

SNSで探す

最近はフェイスブック、LINE、ツィッター、ブログなどSNSも充実しています。

とくにフェイスブックやLINEは電話番号やメールアド登録が一般的で、
相手が登録していれば「友達かも?」と知り合うことが簡単にできます。

フェイスブックに至っては名前で検索すれば簡単に見つけることもできる、
だからこそ、フェィスブックやLINEはやらないと言う人もいるのです。

でも、元彼や元彼女の電話番号を昔は感情のままに削除してしまったけれど、
やっぱり数年過ぎると楽しい思い出なんか蘇って会いたいな・・・と思うことありますよね。

そんなときに別れた相手がSNSを通して見つかることは嬉しいことじゃないですか?
SNSで相手に知られたくなければ知らせない方法はできます、
しかし、やっぱり心のどこかでお互いに「連絡ついてもいいかも・・・」と感じているから
SNSを通して出会うことができる。

ちょっとだけ昔の甘い時間を蘇らせることができるのはSNSだからこそ。

元カレや元カノと上手くヤリたい

フェイスブックやLINEで友達登録が元カレや元カノから届いたら、どう思いますか?
相当、恨んでないかぎりは嬉しいものでは?
やはり元カレ、元カノと言えど好きだから恋人同士になったわけですから嬉しいはず。

更に今の生活に少し刺激がほしいと感じているなら、
余計元カレや元カノと連絡取りたいと思ってしまうはずです。

ドラマのような話がSNSを通して体験することができるのです、
誰だって心の片隅で少し刺激的な秘めた恋愛をしてみたいと一度は思っているはず、
特にセックスであれば秘めた感情の方がより燃え上がることができる。

フェィスブックやLINEで元カレ、元カノと連絡がついて再び浮気や不倫関係になってことは、
社会現象としても話題になりました。

最近、少し過激なドラマがブームになっているのも、
心のどこかで復活愛を望んでいるからかもしれませんね。

昔の知り合いを探そう

元カレや元カノと出会わなくても、
高校、大学で検索すれば知り合いを探すことも可能です。

それだけじゃなく名前で検索して探すこともできるのがSNSの良いところですね。

例えば、憧れの歯医者さんでも名前を知っていて相手がフェイスブックをしていれば、
友達申請をかけることができます。

そこからメッセージを送ったりして上手く行けば付き合いは続くことができる。

「好きだかったけれど、告白できないかった・・・」そんなことは過去の時代、
気になった相手を名前さえ分かれば個別でメッセージを送ることができる。

昔の気になっていた知り合いもSNSを通して探偵に頼まなくても可能、
2016年のSNS利用者数で見ると一番はLINEが全体の60%超、
その後にフェイスブックが30%に続いています。

フェイスブックの国内ユーザーは2500万人とも言われ、
そのうち30代~40代が一番多く利用しているそうですね。

このLINEとフェイスブックを上手く使いこなせば昔の知り合いを探すことなんて簡単です。

セックス目的のタイプ

セックスをしたい目的は個々に違いますよね、
例えば配偶者とのセックスレスやセックスの相性に悩んでいる方もいれば、
とにかくセックスを楽しみたい、刺激的な生活をしたい、性欲が強い方もいます。

どちらにしてもセックスに何らか悩みがあるのであれば隠していても意味がない、
セックスをして気分をスッキリさせることが大事だと思います。

セックスがしたいということを隠して、我慢している時代じゃないのです、
世の中には出会い系サイトやSNSもあるのですから利用すれば良いこと。

ちょっと配偶者とのセックス関係に悩んでいるのであれば、
心も生めて欲しい、悩みも聞いてほしい・・・そんなことありますよね?
だとすればSNSで探してみてもいいかもしれません。

とにかく性欲が強くでセックスを楽しみたいなら出会い系がおすすめかも。

自分のセックス目的を知ることで相手も探しやすくなるかもしれませんね!

セックスレスな30~40代

30~40代は夫婦関係も落ち着き始める頃です。

とくに子供がいると夜遅くまで起きていたり、受験だとかで夫婦の時間を持てなくなる。

隣の部屋に子供が起きていたりすればセックスすることなんて出来ないのでは?
特に日本は狭小住宅ですから隣の部屋と壁も薄いですし、
子供がいなくてもマンションであれば隣近所も気になるものです。

そのような環境ではセックスすることなんて、なかなか出来ない。

昔は週に何回がセックスをしていた関係も回数が減り、
数ヶ月に1回もなくなりセックスレスになる。

最終的にセックスレスになると逆にセックスすることが恥ずかしくなり、
プレッシャーに感じてしまいます。

セックスレスになった30~40代の夫婦が再びセックスを楽しむことは少ない。

しかし男性も女性も40代を過ぎたら性欲が弱くなって行くことを感じるはず、
特に女性であれば女として扱われる、ボディラインだって自信がなくなっていきます。

だからこそ、大人の付き合いを求める30~40代は多いのかもしれません、
もしかしたらフェイスブックの利用者数が30~40代が多いことも、
どこかで繋がりを求めていることに関係しているのかも知れませんね!

性欲が強い20代

やっぱり20代は性欲が強い年代と言っていいでしょう、
20代と言えば男性も仕事になれてきて男としても脂がのってきている時期。

女性も同様に仕事やボディラインも一番良い時と言っていいかもしれません、
とくに女性は年齢も自信をもって言える頃です。

そんな年代の時は活発的に動くことも多くなるでしょう、
少しムチャができたり、刺激的なことにチャレンジするのも20代ですよね。

20代を中心に婚活や出会い系、オフ会、サークル活動が多いことも分かる気がします。

30~40代はセックスすることについて悩みが生まれますが、
20代は悩みと言うよりもセックスを純粋に楽しめる年代かも知れません。

特に20代男性は性欲も強いイメージも大きいですが、女性も意外と性欲が強い、
それを象徴させるように20代モデルの女性ランジェリーも可愛いタイプが多いですよね。

セックスパートナーの必要性

欲求が悶々と溜まったときにセックスすることができないとすれば
一人で処理するしかありません。

しかし一人ではセックスの楽しさを感じることは絶対にできない。

セックスは体の欲求だけじゃなく心理的にも欲求を満たしてくれます、
生身の肌と肌が重なり合うことで幸せな気持ちになる、
最高級のリラックスを味わうことができるのです。

だからこそ恋をしている人はキレイになると言われるのかもしれません、
セックスをパートナーとしたときの肌を比べてみてください。

セックスを定期的に楽しんでいる方は肌が潤ってハリがあります。

セックスは人間の三大欲求のヒトツですから、なくてはならないもの。

気持ち良いセックスを感じるためにはパートナーは不可欠です、
それがセフレであっても、出会い系であってもパートナーは重要です。