インターネットでの出会い系サイトやマッチングサービスが活発になる前から、街には出会い喫茶という男女に出会いの場を提供するサービスが存在しました。

今でこそ、ネットの出会い系に押され気味でブームが過ぎたように思われる出会い喫茶ですが、実はまだまだ根強い人気を誇り、通うファンも大勢いるひそかな出会いスポットなのです。

出会い喫茶とはどのようなシステムで、どんなふうに男女が出会っているのか、初めて出会い喫茶を利用する人でも不安なくデビューできる情報を集めてみました!

そもそも出会い喫茶とは

出会い喫茶とは、お互いに面識の無い男女のマッチングをサポートし、2人で会話ができる場所を提供する形式の喫茶店のことを指します。

出会い喫茶は全て会員制となっており、年齢確認などを行い、入会費を支払うことで利用できるようになります。

ネット上で交流を行う出会い系サイトとは異なり、直接顔を見て相手を選んだりトークを楽しむことができます。

男女に会話の場を提供する会員制の店

出会い喫茶は全て会員制の店舗です。

男性も女性も年齢確認などを行ってから会員になることで、初めて出会い喫茶のサービスを利用することができます。

女性は多くの場合入会費や利用料は無料ですが、男性はほとんどの場合、所定の料金を支払わなければ入会することはできません。

店がトークスペースを準備し会話できる

男性は気に入った女性を見つけると、店員に直接伝えたりメモを渡すことでその女性を指名することができます。

すると、店員が2人だけで話すことができる仕切られたトークスペースを用意してくれるので、男性はそこに移動します。

その後、指名した女性がトークスペースに現れ、店舗で指定された制限時間内で2人きりの時間を楽しむことができるのです。

女性会員の外出条件と折り合えば一緒に遊ぶこともできる

トークスペースの制限時間は10分~15分程度に設定されていることが多く、中には女性がお店からストップウォッチを渡され制限時間が来るとすぐに退出してしまうような厳しいルールを設けているお店も存在します。

これは利用している女の子を守るためという目的もあるので、気分を害さないようにしましょう。

トークスペースで話が盛り上がると、女性と一緒に外出することができる可能性もあります。

というより、トークスペースに女性を呼びだした男性はほとんどがこの外出するという次の段階へのお誘いをしているようですね。

なにせ制限時間が短時間なので、気になった女の子とゆっくり交流するには一緒に外に出てデートすることが重要なのです。

女性との会話が盛り上がれば一緒に外に出て食事をしたり、カラオケをしたり、好きなように2人で遊ぶことができるようになります。

その際、別途外出料が必要

女性を外出に誘って、相手もそれを了承してくれたら2人で外に出る準備を行います。

出会い喫茶では女性と外出するときには、喫茶店に外出料として既定の料金を支払わなければなりません。

これは入会料や利用料とは別で、外出が成立した時にのみ支払うことになります。

相場はおよそ2000~3000円程度です。

その他、男性は女性を連れ出す時、多少の謝礼金を支払うというルールもあります。

この金額はトークスペースでの女性との交渉で決まります。

そのため相場はまちまちですが、外出に応じる女性は大なり小なり金銭授受を目的としているので、まったくいらないという女性はほとんどいないでしょう。

どんな女性が出会い喫茶に多いのか

さて、男性が利用する目線で語られることが多い出会い喫茶ですが、女性の利用客がいなければこのサービスは成立しません。

しかし、出会い喫茶に出入りしている女性というのはいったい何が目的でどのような利用の仕方をしているのでしょうか。

やはり男女関係が関わる場所なので、実際に出会い喫茶を利用している女性も友人などに軽々しく何をしに行っているのか話したりはしません。

謎に包まれている出会い喫茶を利用している女性について、よくいるタイプを中心に大解剖してみましょう。

お小遣い稼ぎがしたい

まず一番多い利用理由は、お小遣い稼ぎがしたいから、というものでしょう。

先ほど説明した通り、女性は出会い喫茶で知り合った男性と外出するときに交通費という名目などで謝礼金をもらえます。

また、店舗によっては女性に限り、来店回数によって商品券や現金をプレゼントしてくれるサービスもあります。

女性にとってカフェでのんびりしながらお金を稼げる出会い喫茶は格好のお小遣い稼ぎの場。

ですから、出会い喫茶に訪れる女性の大半は、お金を稼ぐために来ているといってもいいのではないでしょうか。

出会い喫茶で男性と出会って、謝礼金をもらってデートをし、デートが終わったらまた出会い喫茶に戻って次の男性を探す…。

このように何度も外出と待機を繰り返して1日に何度も謝礼金を受け取る女性も多く、こういった女性を愛好家たちの間では「回転」と呼んでいるそうです。

単なる暇つぶし

次に多い女性が出会い喫茶を利用する理由は、意外に思うかもしれませんが、ただの暇つぶし、というものです。

出会い喫茶はほとんどの店舗が女性の入会費・利用料は無料と謳っています。

そのため、バイトが始まる前の空いてしまった時間や、友達と待ち合わせている時間など中途半端に空いてしまった時間を出会い喫茶によって潰すことで、喫茶店代などの余計な支出を抑えることができると判断し、出会い喫茶を利用する女性もたくさんいます。

こういった女性は出会い喫茶で男性と出会うことを目的としていないので、たとえ男性が女性を気に入ってトークスペースに誘っても外出することはほとんどありません。

寂しさを紛らわしたい

就職や進学などで違う場所から引っ越してきた女性が、寂しさを紛らわせるために出会い喫茶を利用するというケースもあります。

誰も知り合いがいない土地で、話す相手もいないと徐々に寂しさやストレスが蓄積されていくもの。

知り合いを作りたくてもチャンスが無かったり、人見知りで中々知らない人と親しく話せないタイプの女性は、そんなストレスを緩和するために出会い喫茶を利用することがあります。

出会い喫茶は男女が話をする前提で用意された場所なので、初対面でも臆することなく話をすることができる上に、男性は女性を楽しませるために積極的に親しくなろうとしてくれます。

そんな相手に必要とされるという感覚が、孤独を感じている女性たちの癒しとなるのです。

男性からチヤホヤされたい

気軽にホスト遊び気分を味わいたい、というのも出会い喫茶を利用する女性に多い思考です。

出会い喫茶の男性は入会費や利用料を支払って女性と話す場所を手に入れています。

だからこそ、多少の謝礼金を払っても女性と外出して楽しくデートしたいと思い、そのために狙った女性のことはまるでお姫様のようにちやほやし、気分よく過ごしてもらおうとするでしょう。

誰かに必要とされたい、求められていたいという承認欲求が強い女性ほど、こういった理由で出会い喫茶を利用するようになります。

出会い喫茶を生活拠点にしている

特に大都市に多いのが、出会い喫茶が生活の拠点となってしまっている出会い喫茶難民の女性です。

難民とは、固定の住居を持たず日雇いや日払いの仕事を行って生計を立てている人々を指す言葉。

一時期ニュースなどでネットカフェを拠点とするネットカフェ難民なんて言葉が流行りましたよね。

出会い喫茶は、女性ならお菓子やドリンクは全てフリー、コンセントを自由に使えたり、様々なアニメティグッズも使い放題などかなり優遇されたシステムになっています。

もちろん、男性から指名を受ければトークスペースに行って話をしなければなりませんが、それも10分程度の時間制限があるので、残りの時間は女性専用スペースでくつろいでいるだけで良く、見られているという点を除けばまるで自室のように使える空間なのです。

場所によっては朝10時頃から、翌明け方まで営業している店舗もあるので、仮眠をとることもできます。

出会い喫茶は住居の無い女性にとってはまさに理想の仮宿なのです。

誘いに乗る可能性は極めて低い

こういった女性たちはお金が無いというイメージが強いので、男性の誘いに簡単に乗るのでは?と思われがちです。

しかし、出会い喫茶で売春行為を行う男性たちはこういった女性は案外誘いに乗る可能性が低い、と言います。

彼女たちは先が分からない毎日を過ごしているためとても警戒心が高く、安全に生きていくという術を心得ています。

出会い喫茶に来るという行動も、一番安く、安全に空き時間を過ごせると考えたうえでの生活の知恵。

そのような場所で多少のお金欲しさに面倒なやり取りをしたり、余計な労力をかけるようなことはめったに行わないのです。

本当に出会いを求めている

このように、出会い喫茶にはお金を稼ぐためや、束の間の休息目的、はたまた暇つぶし感覚など様々な考えで女性たちが訪れいます。

そんな中で極々稀にですが、本当に出会いを求めている素人の女性というのも存在することは確かです。

彼女達が、出会い喫茶に来る理由はお金でもほかの付属価値でもなく「異性と出会うこと」なので、ある意味一番出会い喫茶を正しく使っているのかもしれません。

ただ、今では異性と知り合おうと思えばインターネットやスマホから簡単にマッチングアプリや出会い系サイトを利用できます。

わざわざアナログともいえる手段を用いるという点で、デジタルに弱い、多少年を取っている女性が多くなっているようです。

レアケースで『希少種』と言われるほど

こういった、本当に男性と知り合うために出会い喫茶に来ている女性は全体数の極僅か、『希少種』と呼ばれるほど珍しい存在です。

出会い喫茶でお金をかけず女性と知り合いたいと思ったら、この希少種達を探せばいいのですが、巡り合うのはかなり難しいでしょう。

出会いカフェを利用するワケ

出会い喫茶が一部で未だ人気のサービスとなっているのには、性的な好意に直結する店舗よりも入りやすく、気軽に男女の出会いを求めることができるという背景があります。

男性にも女性にも必ずある、異性と関わりたいという欲求やもっと直接的な性欲などを、いかがわしい店舗に入るよりは罪悪感無く解消することができるのが出会い喫茶のメリットなのです。

面倒な工程を省いてエッチしたいから

ナンパしたり出会い系サイトでメッセージをやりとりしても、中々目的のエッチまでたどり着くことはできません。

何人に声をかけても相手にされず1日を無駄に過ごしたり、長々とメッセージのやり取りをした挙句、実際に会う約束すらできなかったり…。

見ず知らずの異性とエッチをするには面倒なプロセスがありますよね。

出会い喫茶を利用する人々は、この面倒な工程を省いてとにかく最短でエッチまで持っていきたい!と思っています。

エッチを意識している男女が多い

そのため、出会い喫茶を利用している男女にはエッチな行為を意識している人が非常にたくさんいます。

女性スペースには、男性をその気にさせてトークの指名をもらうために露出の高い服装をしたり、わざと下着をチラ見せする女性もいるくらいなんですよ。

勿論男性も安くはない入会費と利用料を払って、女性と数十分おしゃべりして満足するはずはありませんよね。

指名した女性をどうやって外出に誘い、その先まで行くか頭を巡らせています。

お互いがエッチなことを意識しているので、面倒な建前が無く肉体関係を楽しむことができるというのが出会い喫茶を利用する大きな理由なのです。

エッチに誘っても引かれないから

そんな、男女の欲望が渦巻く出会い喫茶だからこそ公にエッチに誘っても相手に引かれてしまうことはほとんどありません。

もちろん、気分が乗らない、相性が悪いと思われた、などの理由で性行為を断られる可能性はあります。

しかし、それはお互いの好みや相性の問題なので仕方のないこと。

普通の合コンやナンパで出会った相手にいきなりエッチの交渉をしたらドン引きどころか、交番に駆け込まれてもおかしくありません。

出会い喫茶ならとりあえず話は聞いてもらえるため、エッチの誘いのハードルはかなり低めなのではないでしょうか。

下ネタが好きな人にはたまらない

このように、エッチなイメージを持って出会い喫茶を利用している人が沢山いて、かつ、エッチな話題を気軽に持ち出してもそれに対して敬遠する人が少ないということが出会い喫茶の大きな特徴です。

下ネタが大好き!ちょっとエッチな話で盛り上がりたい!と思っていても中々実社会では話せないもの。

そんな下ネタ好きの人々にとっては欠かせない存在なのかもしれませんね。

出会い喫茶に向いている人は

どうしても性的な気配を強く感じる場所だからこそ、出会い喫茶を利用するのに向いている人と向いていない人というものが分かれてしまいます。

もちろん、性的なことに嫌悪感があったり、女性を商品のように品定めすることが嫌いな人などは出会い喫茶に向かないタイプです。

こう言った人は出会い喫茶に行っても気持ちよくサービスを利用できないのでおすすめはできません。

他の出会い系サービスなどを検討してみましょう。

反対に、出会い喫茶のシステムや空気にとても適してる人というのも存在します。

以下のような気持に共感できる人は出会い喫茶で楽しい時間を過ごすことができる、出会い喫茶に向いている人と言えるでしょう。

容姿を吟味して相手を選びたい

出会い喫茶は男性スペースと女性スペースに分かれていて、その間には仕切りが存在します。

この仕切りは、男性側からは女性スペースが見えて、女性スペースからは鏡のように見える、いわゆるマジックミラーなので男性は女性の視線や反応を気にすることなく女性の姿を吟味することができる仕様。

通常のお見合いや合コンでは相手の容姿をじろじろと眺めたり、複数の女性を見比べたりするのは失礼だと思われ、相手の印象も悪くなってしまいます。

しかし、出会い喫茶なら相手の反応を気にすることなくしっかりと好みの女性をチェックすることができるので、より好みの女性を探すことができるのです。

折角女性と遊ぶのだから妥協せず、自分好みの一人をゆっくり選定したい、と感じている男性にとってはとても都合のいいルールと言えるでしょう。

てっとり早く女性と会話したい

巷に溢れている婚活や合コンサービスは、実際に会う場合でもインターネットを介する場合でも、女性と直接会話するまでに相当の時間がかかります。

特にそう言った出会いの場では男性の数が圧倒的に多く、女性は常に大人数の男性からアピールされている状態。

好みの女性と会話するためには、そのほか大勢の男性の中から勝ち上がっていかなければなりません。

しかし、選択するという主導権を男性が握っている出会い喫茶なら、女性のスペースに好みのタイプがいてフリーならすぐに指名して手っ取り早く女性との会話までたどり着くことができます。

それから先は男性の手腕にかかっているわけですが、出会い喫茶は他の出会い系サービスに比べ女性と会話するまでのルートが圧倒的に短いので、とにかくとりあえずは女性と話したいという方にはもってこいのシステムです。

てっとり早くデートしたい

さらに、女性とデートをするという次の第一歩にも、比較的すぐにたどり着けるのが出会い喫茶のメリットです。

大半の女性は外出して謝礼金や交通費を受け取ることが目当てなので、トークスペースに呼び出すことさえできれば、デートするという最低条件はクリアしているといっても大げさではありません。

あとはお互いが納得するデートの内容や支払う謝礼金の金額をすり合わせるだけ。

メールを何通も交わして、電話を何回もして、おしゃれなデートコースを考えて…なんてやってるよりはよっぽど効率的ですよね。

たまには女性と仲良くデートしたいけれど、面倒な工程は省きたい!なんて欲張りな男性にはぴったりなのではないでしょうか。

お願い事を叶えて欲しい

さて、男性の中で出会い喫茶に向いているタイプをご紹介しましたが、出会い喫茶に向いている女性ももちろんいます。

それはお願い事をかなえてほしい、甘えたいタイプの女性。

出会い喫茶に来る男性は、何か対価を支払い、女性とデート、時にはそれ以上のことをしに来ています。

つまり、相手の男性の出せる対価と女性が求めているものがすり合っていればどんなお願い事も叶えてもらえるということになるのです。

もちろん島が欲しいとか、大金持ちになりたいなんて突拍子もないお願い事はできないとは思いますが…、少しお小遣いが欲しい、素敵なレストランでご馳走してほしい、なんて小さなお願い事ならば、かなりの確実で実現するはず。

自分の生活では望めないけれどたまには背伸びした贅沢をしてみたい女性は、その願いを叶えてくれる男性がいる率が高い出会い喫茶には向いているのでしょう。

とにかくエッチがしたい

これは男性にも女性にも言えることですが、とにかくエッチしたい!というひとは出会い喫茶に持ってこいの人材です。

前述したとおり、出会い喫茶はエッチを意識した男女が非常に多く集まります。

そのため、とにかく今誰かとエッチしたいと感じている方にはうってつけの状況。

好みの相手がいて、相手も自分に好感を持ってくれればかなりの確率でエッチをすることができるでしょう。

さらに、会う相手は初対面の、どこの誰かもわからない人。

顔見知りや友人などには恥ずかしくて言えない性的な欲求も素直に口に出すことができ、後々の関係を気にしなくていいので開放的な一夜限りの関係を楽しむことができます。

定期的に会える愛人が欲しい

出会い喫茶で関係を楽しむ男女の多くは、その場限りの関係を求めていますが、中にはその後も継続的に関係を持つ愛人契約を行うカップルもいます。

愛人というのは、ある程度の金銭を支払う代わりにその相手を自分のものとして関係を続けることができる契約。

たとえ伴侶がいたとしても隠れて愛人契約を行う男性も一定数います。

そんな男性たちも愛人が欲しいと思ったときに自分の身近なコミュニティから女性を探すようなことはしません。

職場や家族が分かってしまうような場所で相手を探すとひょんなことから愛人契約がばれて、立場や地位を失ってしまう恐れがあるからです。

そんな男性が今まで全く関わったことが無い女性を探すのに出会い喫茶を利用するのです。

都合の良い相手を探すには向いているが…

このように、お互いに都合のいい性的なパートナーや愛人、一夜限りの関係を探すのにはとても向いている出会い喫茶ですが、純粋に友人や恋人を探すために利用したいと思っている男性にはお勧めできる場所ではありません。

出会い喫茶や出会い系サイトのように軽く遊べる相手を探す場所、婚活サイトのように結婚相手を選定する場所、マッチングサービスのように恋人を探す場所、など出会い系のサービスは種類のよって様々なテイストがあります。

自分が求めている存在を探すにはそのニーズに合った場所を選択する必要があるのです。

真面目な恋愛をしたい男性には向かない

先ほども書きましたが、出会い喫茶を利用する女性のほとんどは金銭目的です。

そうでない女性も、単に性欲解消のためセフレを探している、などまじめに恋愛相手を探している女性はほとんどいません。

もちろん女性側も出会い喫茶に来ている男性に対して「まじめに恋愛をしに来ている」と考えている人はいないでしょう。

もし、出会い喫茶を利用するにあたって「本当に愛し合える恋人を見つけたい」と考えている人がいたとしたら、それは的外れなサービスを選んでしまったと考えてください。

まじめな恋愛をしたい場合には、それ相応にまじめな出会いの場所に赴くところから始めましょう。

出会い喫茶を利用するデメリット

男女の関係や出会いの場を提供している出会い喫茶は、多くの場場合、都市の中心、繁華街の中にあることが多い店舗です。

そのため、出会い喫茶にはいろいろな人が訪れ、色々な利権が絡んでいるもの。

そんな裏の顔があるからこそ、出会い喫茶を利用するには多少のデメリットも存在します。

賢く使えば楽しい暇つぶしやお互いのニーズが合致した女性と出会うことができるサービスですが、後悔することなく出会い喫茶を利用するにはデメリットをしっかり理解し、面倒なことに巻き込まれないように注意することが大切です。

自分の身を守れるのは自分だけ。

出会い喫茶を利用する前に注意するべきポイントをご紹介しましょう。

悪徳店に引っかかる場合あり

どんなサービスを利用するときにも言えることですが、世の中には安心して利用できる優良店もあれば、弱みに付け込んで金銭をかすめ取ろうとする卑怯な悪徳店も存在します。

それは出会い喫茶にも言えること。

こういった性的なことにつながりやすい店舗サービスは、利用している客側も周りにそれを言いずらいと感じているので、たとえ悪徳店で詐欺や脅しにあっても相談できずいわれるがまま金銭の要求に答えてしまう場合が多々あります。

それどころか、やましいところに出入りしているという気持ちを利用され、言うことを聞かなければ会社や家族にばらす、などと恐喝される場合すらあるのです。

法外な金銭を強要される

出会い喫茶でよくある金銭トラブルはまず入会料や利用料金のぼったくり価格です。

案内やメニューには通常の相場程度の価格が記載されているにも関わらず、実際に利用してみるとその何十倍もの価格を請求してくる方法が多いやり口ですね。

大抵メニューなどにとても小さな字でサービス料別途などの記載があり、それが高額料金の理由だと押し切られてしまうので、利用する前にはしっかりとメニューや案内を確認することが大切です。

また、女性と外出してからもぼったくりに合う危険があります。

例えば女性が店側の雇ったサクラで、デートでここに行きたいといわれたお店がぼったくりバーだったケース。

また、個人の女性でも外部の男と手を組み、外に出た瞬間に絡まれるいわゆる美人局的な被害も発生しています。

こういった被害を避けるためには、インターネットでの口コミや体験レポをよく読み込んでおくことが重要です。

ネットが進化したおかげで昔よりも口コミが広がりやすいので悪徳店の悪評はすぐに広がり、事前にそう言った店舗を避ける指針となります。

援助交際などのリスクがある

出会い喫茶で知り合い、対価を渡すことで性行為を行うことを「割り切り」と呼びます。

これは成人した女性と男性が行う売春行為のことで、大抵トークスペースで交渉し、外出してからホテルなどに向かうので、売春ではなく恋人としてお金を渡しただけ、というような言い訳ができてしまいます。

しかし、相手が未成年だった場合はそういうわけにはいきません。

相手が未成年で援助交際を行ってしまうとそれは児童売春・児童ポルノ禁止法に抵触し、もし発覚した場合には重罪として逮捕されてしまいます。

もちろん、成人している男性ならニュースなどでも大々的に実名で報道されてしまうでしょう。

18歳未満の会員がいる場合も

出会い系喫茶はあくまで素人の男性と女性が出会うための場所を提供する場として営業をしています。

つまり、女性側が年齢を詐称して出会い喫茶に登録したとしても、出会い喫茶側は詐称されて騙されていたので店には非が無いと言い逃れすることができるのです。

もちろん出会い喫茶では入会時に厳密な年齢確認を行うことが義務付けられており、めったに18歳未満の会員が紛れ込むようなことは無いのですが、悪質な店舗や小さな個人営業店などではチェックが甘く、援助交際を狙う女子高生が潜入しやすいという事実もあります。

たとえ相手が18歳未満だと知らず、騙されて性的交際を行ってしまったとしても未成年相手の淫行は問答無用で犯罪行為とされ、前科者のレッテルを押されてしまいます。

出会い喫茶で性的な交渉を行う場合には確実に18歳以上だとわかる証拠を受け取るようにしましょう。

違法な年齢の女性を登録している店も

2010年の7月、風営法の改正により出会い喫茶には18歳未満の男女は立ち入ることができなくなりました。

これは、それ以前の出会い喫茶の立ち位置があいまいだったころに、未成年の売春が横行し、それを増長させているのが出会い喫茶であると危険視されたためです。

なので、現代では18歳未満の女性は出会い喫茶には存在しないことになっています。

しかし、隠れて未成年を登録し、未成年と出会えるという売りを宣伝している出会い喫茶もごく少数ですが存在します。

18歳未満在籍などという謳い文句に誘われて違法な年齢の女性を登録している出会い喫茶を利用してしまうと、取り返しのつかないことになってしまう場合があります。

立ち入るだけでも逮捕される可能性が

出会い喫茶はとても曖昧なシステムを取り入れているため、警察に摘発されることがあります。

摘発される理由としては主に風営法違反や、売春禁止法違反です。

店側からしてみれば、出会い喫茶はあくまで男女を引き合わせるだけで、その後2人の間に金銭による売春が行われたとしてもそれは自由恋愛の範囲内という言い分を主張しますが、摘発されてしまえばそのような言い逃れはほとんど通用しないでしょう。

そして、もしそこに18歳未満の出会い喫茶を利用できない年齢の女性がいたとしたら、その女性とかかわりを持った利用客も罪に問われてしまうのです。

もちろん、利用客は相手が18歳未満だったなんて知らなかった、と言うでしょう。

しかし警察はそんなに甘くありません。

出会い喫茶の顧客名簿から個人の携帯でのやり取りまで綿密に調べ上げ、少しでもほころびがあれば店に入って女性と何の関係を持っていなかったとしても逮捕されてしまう場合だってあるんです。

恋人を探したいならおすすめできない

いかがでしたか?昔からある出会い喫茶は、出会い系を支える主要な形態の一つ。

しかし、ここはあくまで遊びや割り切りを行う場所、恋人を探したり、ましてや結婚相手を見つけるような場所ではありません。

もし今どうしようもなく寂しくて、一晩でも一緒に入れる相手が欲しいなら出会い喫茶に出向くのも一つの方法かもしれませんが、そうでないならもう一度冷静に自分が出会い喫茶に向いているのか考え直してみましょう。