既婚者だけれど恋愛をしてしまうことは当然あります。

その恋が深いものなのか、それとも浅く淡い恋心なのかにもよりますよね、浅く淡い恋心抱くだけなら人生的にもプラスになります。

恋は人を素敵に見せる天然の化粧品ですからね!
よく恋した女性はキレイだと言われますよね。

あれはまんざらウソでもない話です。

恋をすることでドーパミンが刺激されて身体から目には見えないフェロモンを出します、その結果、肌のツヤが良くなったりするのかも知れません。

恋をすることで変わることと言えば身なりを気にするようになりますよね、それもこれも全ては恋した相手に伝わるようにしたいからです。

ですから、既婚者でも恋をしても許されるような気がしますが・・・
世間的には許されないのでしょうか?

既婚者なのに恋をした・・・?

世間的に既婚者が恋をしたと聞けば「最悪!既婚者なのに」と思いますよね、反対や否定派の多くは既婚者イコール不倫をイメージするからです。

テレビでも最近は不倫ネタが多く、それもかなり酷いものが多いですよね!
まして既婚者の間に子供がいるとすれば子供が一番可哀想です。

でも、不倫まで突っ走る恋でないとすれば、どうでしょうか?
既婚者は相手の方と結婚した以上は、死ぬまで別の誰か恋することは許されないのでしょうか?
誰でも人の恋愛に関しては厳しい言葉で攻めますが自分自身は100%、既婚者になった恋なんてしないと言い切れるのかな?と思います。

たしかにパートナーを裏切るところまで行き着くことはよくない、でも淡い恋心は許してあげるべきでは?
そもそも他人の恋愛に第三者が相談もされていないのに否定も肯定するも、おかしな話だと思いませんか?
行き着くところまで行き地獄をみることも既婚者で恋を貫いた人の運命です、自分自身の決めたことは最終的に後悔しても自分でカタをつければ良いのです。

既婚者が恋愛感情を抱いてしまう理由

既婚者の身でありながら何故に恋を頂いてしまうのでしょうか?
それは少なかれパートナーに不満があるからでしょう。

心のチョットした隙間を埋めてもらえないことがチョットした隙をつくるのです。

熱烈に大恋愛をしたカップルも結婚してしまえば熱は醒めて行くもの、その速度がゆっくりなのか、極端なものかでも違いますよね。

基本的には夫などパートナーに対しての不満が理由で他の人に恋をすることが多い、夫にはない部分が目立ち恋をしてしまうものです。

夫婦である以上は不満がない夫婦なんてほぼいませんよね。

生活感のある暮らしに、ちょっと気になる相手が目の前に現れて更に非現実的な世界に連れてってくれるとすれば恋心も頂いてしまうものでしょう。

最近はSNSで元彼を探すことも偶然出会うことも多いから、忘れていた気持ちも蘇るものです。

人はそれぞれ様々な悩みを抱いているもの、完璧な人なんていないのです。

不倫が良くない悪いことよりも今の心の隙間を埋めたいだけ、少しだけ夢をみていたいのです。

今の夫に不満

夫婦は基本的に毎日顔を合わせます。

毎日のように顔合わせていれば良いところよりも悪いところが目立つもの。

これは職場においてもそうですよね?
最初は意気投合して仲良くなる確立も高いですが、付き合いが長くなると悪いところが気になるもの。

友達同士でもそうです、夫婦なんて死ぬまで基本的には一緒に過ごします。

朝起きて機嫌が悪い、食べた後はソファーで横になりダラダラしている、休日もゴロゴロしている、何するにもクチうるさい、催促しなきゃ風呂に入らない。

こんな小さな不満が重なり、大きな不満になって行きます。

付き合い当初なら「朝が弱くて可愛い」「私に頼りきっている亭主関白」
「色々とアドバイスしてくれる」「だらしないところも素敵」と全てプラスに感じる。

同じことで長年夫婦でいると不満に感じてしまうのです。

そんな時に異性が現れたら、その異性の良いところばかり目につくもの。

そこからが恋のはじまりなのです。

夫婦生活に疲れた

「こんなはずじゃなかった・・・」よく夫婦生活に疲れた奥さんがクチにしますよね。

結婚前は理想があったと思います。

でも、実際に結婚したら理想と現実に大きなギャップがあるもの。

「週に1回は外食しよう」「土日はドライブしよう」「子供ができてもデートはしよう」
結婚当初は予定を立ててましたが、実際には仕事は年々忙しくなり、子供は大きくなると共にお金もかかる。

その為にはパートやバイトをして家計をやりくりしなきゃいけない、時間に追われて帰宅すれば息つく間もなく洗濯や食事の用意が待っている。

旦那さんも子供も特に手伝ってくれるワケもない。

やっとホッとする時間は皆が入った後の入浴時間ですよね、気づけば時計の針は今日を終えようとしている。

そんな毎日に疲れて夫婦生活なんてやめてしまいたくなることありませんか?
何もかも投げ捨ててドラマのような恋をしたい、ちょっとだけ非現実的な世界を感じて誰かに恋をしたいと思うもの。

女性である以上はおしゃれして人生充実したいと思うことは当然ですよね?

昔の恋人に出会った

最近はSNSやLINEで昔の恋人に出会う確立が高くなりました。

それが良いことか悪いことかは分かりませんが昔の恋人に出会うことは、少なかれ胸がキュンとする瞬間です。

よっぽどイヤな思い出じゃない限りは当初の恋愛を時間は美化するもの。

数年後過ぎた今も自分の電話番号やメールアドレスを消去しないことにも、胸キュンするところですね。

当時の思い出を蘇ると当時の年齢に戻ったような瞬間です、今は生活に追われつつワンパターンな毎日に少しだけ刺激を与えてくれるのです。

更に二人で久しぶりに会ってしまえば最後、少し老けた姿さえ渋みに変わり恋がはじまることは当然です。

自分の理想の異性に出会った

パート先や職場の異性に恋をすることも多いですよね、それは夫にはないものを持っているからです。

普段、夫といるときに感じることができない胸の高鳴りは消すことができない。

声や話し方、顔やスタイルなど外見的なこと、内面的な優しさなどドストライクの異性に出会ってしまったら恋に落ちますよね。

その異性から注目されたい為にメイクを変えたり服を買ったりすることも多くなります、そんな時間が楽しくて仕方ない。

まして、その異性とLINE交換をしたりすればハッピーこのうえない出来事ですよね。

ここまでであれば淡い恋心ですが、それから先に異性が逆にアプローチをしてきたとすれば?
間違いなく恋に落ちて不倫のはじまりです。

理想の異性に出会ったときに自分自身がどこまで進めるのか、ブレーキをかけることができるのかが重要です。

暇な時間を持て余すために出会いを求めた

最近では専業主婦の方もハンドメイドを作ったり、ジムや教室など趣味の時間に使うことも多くなりました。

自分自身の趣味を楽しむ主婦がいるものの、特に無趣味でお金もかけることができない専業主婦もいます。

それでも家事や炊事と同じことを繰り返し一日が終わる、夫の帰りも基本的に遅く一人の時間が圧倒的多いと何をして過ごすのでしょう?
どんなに家事や炊事をがんばっても一日かかることはない、基本的に午前中や午後夕方前には終わってしまいますよね。

それに分刻みで家事や炊事をしているわけでもありません、暇な時間はワイドショーやドラマを見て過ごす主婦の方も多いでしょう、むしろ多いからこそ主婦ウケの良い昼ドラマ内容をテレビ局も持ってくるのです。

かなりドロドロや逆に淡い恋愛ストーリーなど様々ですが、やはりドラマを見ていると自分が主人公になりたい気持ちも強くなります。

と言っても簡単に出会えるワケでもない、そんなときこそ、ネットのサイトで出会うことができるのです。

電話をするだけでもいい、チャットをするだけでもいい、実際に会ってお茶して、擬似恋愛を楽しむことができる。

暇な時間を持て余していても出会うことは簡単にできるのです。

逆に、未婚者が既婚者を好きになってしまうことも多々あります…

既婚者が恋をするといえば同じ既婚者をイメージしますが、同じ既婚者だと不倫に発展してしまい面倒なことになる。

そんな気がしますよね、ですが相手が未婚者でも既婚者を好きになることはあるのです、むしろ案外多いかもしれませんね。

そして既婚者同士よりも未婚者が既婚者を好きになることの方が、余計に面倒な出来事に発展することも多いのです。

何故なら未婚者はフリーでありリスクが圧倒的に少ない、だからこそ本気になる確率も高い。

未婚者が既婚者に本気になると突っ走ることになります、その姿に既婚者は少し後ろ足になり戸惑うこともあるでしょう。

未婚者と同じように好きな感情が抑えられなくなったら、きっと何もかもを捨ててしまうことになる気がしますね。

既婚者が恋愛感情を振り払う方法1

家族のことを思い出す

既婚者が恋愛感情を抑えることができなくなると、やはり当然ですが家族を傷つけることが待っています。

最初は淡い恋心からはじまり、恋は恋愛に変わって気持ちが通い合うもの。

そして密会は日を追うごとに欲張りな感情を増やして行くものです。

少しでも時間ができたから会いたい・・・そう思っていると、時間ができたのではなく、時間を自分から作ってしまっています。

子供が友達と食事すると言えば「いいわね、楽しんできなさい、お小遣いあげるわ」
旦那さんが主張や飲み会が続いても「気をつけてね」と笑顔で送り出す。

家族が出掛けることで自分の時間ができる、そんなことに喜んでいる自分自身がいます。

でも、よく考えて見え下さい、それは家族に対して愛や優しさじゃないですよね。

4人座りのダイニングテーブルやソファー、何の為なのでしょう。

少し前なら皆が座っていて集まっていた場所だったはずでは?
その席からイチ早く座らなくなってしまったのは自分自身ですよね、会話が絶えなかった家族を思い出しときに、既婚者の恋も少しブレーキかけることができる気がします。

結婚した瞬間、子どもができた頃を振り返る

冷めてしまった夫婦関係でも、夫の不満が次から次にでてくる関係でも、結婚した瞬間はアツアツだったはず。

わがまま反抗期の子供、好き勝手なことばかりしている子供も、生まれてきた頃を振り返れば天使だと思えたはず。

ただ無事に健康的に生まれたことに感謝したのでは?
夫婦で生まれてくる子の名前を考えたり、ベビ服を買ったりと思い出はたくさんある。

夫婦は突然、今の夫婦になるわけじゃなく、たくさんの思い出が重なり夫婦は家族になるのです。

その中でケンカをすることも多くなり、心が通わなくなることもあります。

当たり前のような空気になり新鮮味がなくなることもあるでしょう。

でも、それが夫婦であり家族なのでは?
結婚してから何も変わらない夫婦なんてどこにもいません、ちょっと息がつまるときも、家族が邪魔くさくかんじるときも思い出して。

夫婦になれた日や家族になれた日を。

今あなたが踏み出せば、家庭は崩壊してしまう!

相手が未婚者の場合は守るものが基本的にないのです、だからこそ守りたいと思える相手を見つけたいと思うもの。

それが既婚者であっても未婚者からすれば守りたい彼女です。

未婚者にとって最初は既婚者は他人のモノだったかも知れません、そんな状況に酔っていたと思います。

しかし既婚者は他人のモノと認識していたとしても愛してしまえば、そんなことは関係なくなるのです。

その未婚者の気持ちに押されてしまえば既婚者もアウト!
既婚者も本来の家族のことを忘れて恋に飛び込んでしまいます。

そうすることで残された家族はどうなるのでしょう?
恋は盲目という言葉がありますが、まさに未婚者と既婚者の恋は盲目です。

家庭を崩壊してしまっても良いと思ってしまうのですから・・・

既婚者が恋愛感情を振り払う方法2

最悪の状況を想定する

既婚者が恋愛感情を振り払うことができなくなったら、当然ですが家庭は崩壊しますよね。

でも、それでも何とかなると心の片隅で思っていませんか?
家庭のことよりも恋愛感情が強くなり家族のことを考えることができません。

残された家族は、あなたが家庭を捨てたことで人生が多く変わるでしょう。

夫も子供も生活が変わり荒れることは間違いないのです。

あなたが家庭を捨て、平穏に幸せに暮らすことはありえないですよね、まず食生活が乱れ、部屋の中も荒れて行くでしょう。

食生活の乱れは心の乱れを引き起こします。

たとえ頑張って旦那様が食事や家事をしたところで仕事をしている以上は限界が見えてくる、子供が変わりに頑張っても思春期に友人と過ごし遊ぶことも妨げられる。

恋愛に突っ走って出て行ったあなたも絶対に幸せになれる約束はない、他人のモノを奪う人は、また他人のモノを奪いたくなるもの。

今度はあなたが捨てられてしまう番になるかもしれないのです。

伴侶の逆鱗、子どもへの影響・・・

既婚者の恋で伴侶となるパートナーと子供の影響は大きいですよね、特に伴侶の逆鱗にふれてしまったら大変です。

やはり信用していた人に裏切られるということは普段冷静沈着な人でも、性格を変えてしまいます。

人は感情的になってしまったら自分自身の行動を抑えることができません。

それは子供にも影響を及ぼしてしまうことがあります。

優しいかったお父さんが子供に八つ当たりをしてしまう、お酒に入りアルコール依存者になってしまうこともあります。

それだけじゃなく子供に母親の裏切りを常に伝えることで、子供の精神状態も乱されていくことでしょう。

出て行った妻を追って終始監視した、連れ戻すことだってありえる。

裏切ることの代償は逃げて飛び出たからと言って終わることはない。

既婚者が恋に走るということは伴侶の逆鱗にもふれて、子供への影響におよぼすほど大きな問題になってしまうのです。

現実に起こりうる事態であることを自覚する

いやいや、そこまで家族がおかしくなるなんてありえない。

そう思っている方も多いですよね。

「たいしたことはない」そう思わないと既婚者の恋なんてすることができない。

でも、よく考えてみてください、
ありえないから事件が起こるのです。

とっても怖い話になりますが、殺人事件だって「ありえる」と思って推理できれば、
殺人事件なんて起こらないですよね。

どうしても他人事のように考えてしまう場合は自分のことに置き換えてください。

もし、自分自身が今好きな相手から裏切られたらどうしますか?
全てを投げ捨てて好きになった相手が手の平を返して「キライ」「飽きた」と言われたら、
普通の感情でいれるでしょうか?
きっとハラワタが煮えくり返り復習してやりたいと思うかも知れません。

そうなったときに、どんな復習をしてしまうかなんて、
その時にならないと分からないもの。

誰だって落ち着いて事態を修復したいと思っても、
自分自身じゃ感情なんてとめることができない。

それこそが既婚者の裏切りの恋だと言えます。

既婚者が恋愛感情を振り払う方法3

相手に近づかないようにする

どんな恋愛でも感情を抑えることは非常に難しいですよね、
既婚者の身でありながも好きになってしまえば恋愛感情は思い通りにならないのです。

それでも恋愛感情を振り払うことをしなければ事態は終わることができない。

会えば思いは募るばかりです。

会ってしまえば弱い自分自身が出てしまうでしょう。

だからこそ会わないことが大事です。

相手と一緒にいると相手を愛おしく感じて好きな感情も強まって行くでしょう、
しかし会わないでいると感情は少しずつですが薄れて行くもの。

相手に近づかないことからまずは初めてみませんか?
最初はとても辛いことだと思いますが、
一定ラインを超すことで会いたい感情は弱くなって行きます。

相手に近づかない努力をしないと現状は何も変わらない。

想っていても、あえて離れよう

家族を傷つけることはできない!と思っても、
それでは「はい、やめた」ということは簡単ではない。

既婚者の恋愛だとしても他人に忠告されても止めることはできない、
それこそ恋は盲目です。

でも、その感情を押し殺さないと家族を泣かせることになるのです。

もう、既婚者で恋愛をしていることで少なかれ家族を裏切っている、
好きな気持ちを残しているからこそ、あえて離れることは大事なことです。

あえて離れてみることで家族を見直すことができるでしょう。

会わない間に家族はまとまり、家族の大事さを感じることができます。

既婚者が恋をしていることで家族から目を離してきました、
だからこそ家族の大事さを感じることができなかったのです。

相手の気持ちが残っていてすぐに感情をなくすことはできない、
だからこそあえて離れてみる覚悟を持ちましょう。

連絡がきても無視すること!

急に会うことをしぶることで相手は迫ってくるかもしれません、
連絡をしてきて会いたいというかも知れませんね。

でも、その連絡にでてしまうことはNGです。

だって恋愛感情が残っているのに連絡に答えてしまえば、
せっかくの決意も弱くなるものですからね。

連絡がきても無視することで相手はあなたの気持ちを感じることができるでしょう。

言葉で直接言わないとしても相手の態度で自分を避けていることは伝わります。

それも一種の手ですよ。

賢い相手であるなら、連絡を無視することで身を引きます。

それこそ本当に愛しているなら、あなたの辛い気持ちに答えることでしょう。

そこで必要以上にガンガン連絡することをやめない相手は自分勝手な性格です。

そのような相手と例え恋に落ちても、激しい束縛が待っていたり裏切られることになります。

相手の辛い気持ちさえ感じないような男はダメです。

既婚者が恋愛感情を振り払う方法4

冷静に状況を見つめ直す

とにかく既婚者の恋愛は冷静さを失いつつあることは確実、
冷静に考えることができれば既婚者が恋することはできない。

だからこそ自分自身を冷静に見つめなおしましょう。

冷静に状況を見つめ直すことで相手の自分勝手なところも、
客観的に見つけることができるかも知れません。

既婚者の恋を優先にしたときに残された家族のこと、
離婚になることも回避することはできない。

そうなれば子供に影響を及ぼし、自分の親や親戚にも知れることになります。

もしかしたら裁判的な問題になることもあります。

裁判に負けることが大きいとすれば大好きな子供にも会えなくなるでしょう。

仕事にも影響を及ぼしてくるのが既婚者の恋です。

何もかもを変えてしまう前に冷静になって恋愛感情を振り返りましょう。

もしかした衝動的なことかもしれませんよ。

それで離婚になり全てを変えることは、あまりにもバカげていること。

単なる心の衝動かも

恋は始まるまでに時間はあまり必要ありません、
恋は勢いだけで突き進むことができるからです。

思いが通じた日からはノンストップで進んで行くでしょう。

「この人はドストライク!」と感じた気持ちは強い衝撃だったと思います、
その心の衝撃は久しぶりに感じた気持ちでは?
それこそ10代や20代に戻ったような幸せな気持ちになるのです。

女性は特に年齢を重ねてもいつまでも乙女でいたいもの、
もう恋する年齢ではない、既婚者だから恋はできないと思えば思うほど、
久しぶりに感じた衝撃にキュンときてしまうもの。

恋することが楽しいと感じてしまって自分の気持ちを抑えることができなくなるのです。

衝撃のまま行動してしまうと後悔をしてしまうもの、
落ち着いて冷静になって今の恋を見つめてみてくださいね。

時期がすぎればウソのように心変わりするものです

恋に恋することで周りが見えなくなることありますよね、
だからこそ既婚者でも恋をしてしまうのかもしれません。

特に熱しやすくて冷めやすいタイプもいます、
そんなタイプの人こそ、時期が過ぎればウソのように心変わりするものです。

自分自身が熱しやすく冷めやすいと感じるのであれば、
ここは客観的に自分自身を見つめなおしてまいしょう。

恋しているときは好きな相手の良いところしか見抜くことができない、
見つからないものですよね。

でも冷静になると相手の本質が見極めることができます。

一時的な感情で恋に身をまかせることはすごく危険なこと、
こんなはずじゃかった・・・数ヶ月後には、そんな気持ちになることがあります。

冷静な判断することはすぐできないとしても、
少し距離をおくことで自分自身の気持ちをしっかりと感じることができますよ。

時期がすぎればウソのように「何で私、こんなに夢中になっていたんだろう」
そんな風に感じることができるはず。

ひょっとしたら、あなたは騙されてるかも?

夢中になっているときは相手の良いところしか見えないから、
相手が優しくて自分を本気で愛してくれると思いますよね。

でも、そもそも既婚者を相手に密会してまで付き合う方向を選んだ相手は、
本当に優しく、本気で愛してくれているのでしょうか?
少し前にメディアでも話題になった不倫や間男、
本当に相手を愛しているから不倫や間男になってでも既婚者の恋を選んでいるのでしょうか?
そんなこと第三者であれば、「そんなはずあるわけないじゃん」と分かること。

でも、恋している当事者は愛しているからと思ってしまします。

相手は純粋を装ってあなたに近づいてきていることや、
適当に遊んでいるだけで後々は捨てられることもありえるのです。

好きになった相手に恋をしているのは、あなただけかもしれません。

既婚者を相手に純粋なんてありえないのですから、
普通の感覚であれば既婚者を愛してしまえば、
既婚者がどんな状況になるかくらい検討はできるはず。

純粋を装ったやり目かも

女性も男性も純粋そうなタイプに弱いものですよね、
でも、この世の中に本当に純粋な人なんてどれくらいいるのでしょうか?
一種の清純派アイドルや地下アイドルのファンでいるような感覚と同じ。

自分の中で勝手に相手を純粋と思っていて、
だからこそ裏切らないと勝手に思っているのです。

言葉やしぐさ、服装にだまされているのかも知れませんよ。

純粋を装って近づいてくるほど、汚いやり方はありません。

純粋の裏では何をしていると思いますか?純粋な裏では舌をだして笑っているのです。

「自分に夢中な既婚者がいてね・・・」なんて酒の肴にされているかも知れませんよ。

よく考えてみてください、
本当に純粋な人間が既婚者に恋するでしょうか?
恋なんてキレイな言い方しましたが恋じゃなく話のネタかもしれません。

それでも「純粋だからこそ、止めることができないで既婚者を好きになってしまったのかも」
そんな風い自分に言い聞かすとすれば、かなりの重症です。

適当に捨てられる未来が・・・

既婚者の恋は時間をゆっくりとかけて愛をはぐくむことが出来ない、
だからこそスピード感がある恋をしているかも知れません。

もし相手と身体の関係があるのであれば、快楽の為に選んだのかも知れない。

刺激的な恋を求めてしまう人間はいますよね、
既婚者ばかり選んでしまうことで秘めた思いに興奮してしまう。

悲劇のヒロインタイプであることがわかります。

そんな相手は刺激がなくなってしまえばお終いで、
また新しい刺激を常に求めて行くことでしょう。

波乱を乗り越えて一緒になれたとしても、また既婚者を選び新しい恋を、

浮気をしないために気を付けるべきこと

何故、既婚者の身でありながら恋をしてしまうのでしょうか、
それは出会いがあるからです。

偶然、運命的に出会うことなんて日常では難しい、
自分から出会いを作ってしまっていることはありませんか?
合コンやバーなど雰囲気の足を向けることは、
自分から出会いを求めていることとなります。

既婚者にとって、どうしても行かないといけない場所ではない、
また時間が持て余してしまうと思わず意味なくアクセスしてしまう危険なサイト。

そのサイトを見ていることがクセとなってしまいます。

既婚者の恋のほとんどは自分から出会いを探しているのです、
平凡な毎日よりも刺激的なことを求めてしまう、
そのちょっとした冒険心が止めることができない既婚者の恋を勧めてしまいます。

合コンなどには間違ってもいかない

毎日、変わらない日常だと少し刺激的なことを味わいたくなりますよね、
最初は人数合わせて無理やりに参加した合コンも久しぶりの気分にときめくことでしょう。

ヘアスタイルをセットしたり、服を選んだりすることに忘れていた気持ちも蘇ります。

あまり期待していなかった合コンで久しぶりのドキドキした気持ち、
女性として扱われることの喜びを一度でも感じてしまうと、
また味わいたい感じてしまうはず。

誰だってチヤホヤされたいもの、楽しい刺激的なことを感じたいものです。

まして合コンで女性扱いされてしまえば、ドンドン恋に落ちて行くでしょう。

人は誰でも弱いもの、
だからこそ、最初から心が揺れ動くような場所には行くべきではない。

バーなどでは異性を相手にしない

バーは基本的に照明が暗いですよね、
この照明も人を酔わせてしまいます。

バーで飲むアルコールに大人ムード漂うBGMにトーンダウンした照明、
全てが危険な香りを漂わせています。

外で出会ったら声をかけることがない間柄でもバーでは別ですよね、
思わず声をかけてしまうことがあります。

バーというところは男と女が愛を語らう場所ですから、
ムードある雰囲気を作ることは当然ですよね。

バーで声をかけてくる男性は、あなた自身を好きな感情よりも、
一時的な情事を楽しみたいだけ。

感情ではなく、その場の雰囲気で興味をもっているだけです。

それを真剣に受け止めてしまうのは、
平凡な生活に少し飽きている既婚者だからこそです。

コミュニティサイトでも同様

時間があり、特にすることもないと意味なくスマホに手を伸ばしてしまったり、
パソコンを起動させてサイトを見てしまうことが多いですよね。

その証拠にフェイスブックで更新をマメにする人は同じ人が多いですよね、
更新をしない人、たまに更新する人、一日何度も更新する人。

一日、何度も更新する人は時間があるからこそ、
もはや更新していることがクセになっている依存者と同じです。

一度や二度の暇つぶしで覗いたコミュニティサイトに、
気になる相手がいてアクセスをしてイイ感じな雰囲気になったらどうでしょうか?
ドキドキして楽しくなりますよね。

フェイスブックでもマメに更新していれば、
更新率も高まり友達も増えて行きます。

そうすれば友達が友達と繋がることはもちろん、
気になった相手の名前を検索してみたりすることもできる。

スマホやパソコンは依存症になりやすいツール。

自分自身が頻繁に更新していたり、
サイトに夢中になりすぎていると感じたら少し休んでみてくださいね。

暇を持て余したら趣味をはじめよう

暇があるからこそ、余計なことを考えてしまいます。

暇だからこそネットやサイト、スマホに一日中触っている、
ネットやサイトは悪いことばかりではありません。

ですが暇な時にするネットやサイトは悪い方向に動くことが多いのです。

自分自身で実感した場合は暇な時間を埋めるように努力しましょう。

暇な時間をどうしたら埋めることができるのでしょう?
それは趣味ですよね。

ハンドメイドや絵画、音楽など自分が過去に夢中になっていることを、
もう一度はじめてみませんか?
趣味に夢中になると時間が過ぎることさえ忘れてしまいます。

趣味を極めると特技になり自信につながることでしょう、
趣味を生かすことで、また新しい夢が見つかり、そのことで一生懸命になります。

その為のSNSやサイトであるなら、
よっぽど意味があることになるのでは?

家庭のありがたみを知る

なんだかんだと言って家庭は良いものだと感じてみることも大事です。

最近、あまり家族そろって会話がたりないと思っているなら、
外食をしてみたり、ちょっとした旅行を考えてみるのは如何ですか?
家族揃って旅行が久しぶりすぎて不安な場合は、
外食からはじめてみることもいいですね。

また、付き合いが長い友達家族や親戚など大勢で旅行すると、
普段は会話がすくない家族も違和感なく会話することができます。

旅行は特に家族の距離が近くなる絶好の機会です、
その旅行で家族のありがたみを知ることができるかもしれません。

また、アルバムを見返すことも、家族を思い出すことができます。

100%冷めてしまった家族なんてどこにもない、
だって家族なのですから。

子どもと伴侶の良いところを見る

わがままばかりで生意気な子供も元気だからこそです。

それこそ元気に学校に行き、友達とばかり遊んでいるとしても、
友達がないで寂しい思いをしてる訳じゃないのですから幸せなことです。

ぐうたらしてる旦那さんだとしても、
たまには夫婦二人で晩酌してみてはいかがですか?
家でゆっくり飲むとアルコールのチカラもプラスして、
普段話さない会話で相手の良いところを見つけることができます。

また、旦那さんの仕事が終る時間に駅で待ち合わせて、
久しぶりのデートをしてみても良いと思います。

冷え切った夫婦だってキッカケひとつで変えることはできるのです。

そんなことしても、今更・・・とあきらめる前に変える努力をしてみませんか?
会話がないお父さんとお母さんを見ているよりも、
仲良いお父さんとお母さんの関係の変化に子供はすぐに気づくはず。

そうすることで家庭が明るくなって行きますよ。

マイナスなことばかり考えているよりも、
子供や伴侶の良いところを見ることをしてみませんか?

既婚者の恋愛はリスクが大きい!火遊び禁物!

既婚者の恋愛は絶対的にリスクが大きい、
たとえ火遊びような関係から始まっても火遊びの関係で終わる保証はない。

既婚者の恋愛は自分と相手だけの問題ではないのです、
既婚者は必ず伴侶がいるからこそ既婚者です。

また子供がいるケースも多いでしょう、
そうなれば自分一人が傷つけば済む問題ではなくなります。

一度、信用を失ってしまえば信頼を得ることは難しいことです、
ふっとしたときに裏切られたことを思い出してしまうからです。

だからこそ、既婚者の恋愛は絶対に生涯知られてはいけない、
墓場まで持ち込む恋愛です。

でも、夫婦で入る墓に別の感情なんて入れたくないですよね?
既婚者なんだから絶対恋愛するなとは誰も言えませんが、
それなりのリスクが大きいことだけは覚悟しておくことが必要です。