30歳になっても未経験で処女である女性を「やらみそ(やらずに三十路)女子」といいますが、同じ境遇の男性を「プロの童貞」などと呼び、人によっては「魔法使い」などと呼んで皮肉ることがあります。
女性の処女は神聖視されることがあるのに、男性の童貞は気持ち悪い、性格や人格に何か破滅的な欠陥があるのではとスゴイ目で見られることがあります。果たして童貞は、長年大切に持っていても荷物にしかならないのでしょうか…?
ここでは、年々増加傾向にある「プロの童貞」についてまとめました。

30歳過ぎても童貞の男性が増加

近年、「草食系男子」「絶食系男子」と呼ばれる女性とのお付き合いや性に関して消極的な男性が増えつつあります。ガツガツしている「肉食系男子」に飽きていた・引いていた女性にはとても人気の高い部類の男子でしたが、あまりにも消極的で女性もちょっとずつ離れていき、再び肉食系男子が人気を盛り返してきました。
草食系男子や絶食系男子は、女性とのお付き合いもそこそこなまま年齢を重ねてしまい、気付けば30歳を過ぎていた…という方が少なくありません。モテなかったわけではないのにセックス未経験どころか、キス未経験など残念なことになっていることも。
30歳になるまで恋愛に重きを置いて過ごしていなかったということもあるでしょうが、ふと周りを見ると童貞どころか家族持ちの知り合いも増えていて、ようやく一抹の不安を抱くようになっているパターンが多いのが30歳の童貞です。
また、この草食系男子や絶食系男子以外にもシンプルにモテなかったという男性もいるでしょう。
ではどうしてモテなかったのか、恋愛ができなかったのかというのをここではご紹介します。

理想に縛られすぎ

人間だれしも「理想」というものがあります。
モテる人もモテない人も自分の中で「こんな女性がいたらいいのに」と思い描くことがあるでしょう。
しかし、理想と現実はかけ離れていることが多く、一般の男性やモテる男性は恋愛を繰り返しているうちにそれを経験し、考えを補正していくことができます。
ですが、プロの童貞は違います。そもそも女性経験が少ない、もしくは皆無なので女性に対する現実を知って理想が補正されるどころか、幻想が膨れ上がってしまうことが多いです。童貞歴を更新する度に、どんどんかたくなになっていき「ここまで来たら譲れない!」と理想に縛られていってしまうということもあります。

女性の条件・付き合い方の理想が高い

付き合う女性は、容姿は清楚な黒髪の美人で控えめな女性、料理も上手で子ども好き、3歩後ろをついてきて男性を立てる大和撫子…イマドキこんな女性は少ないです。いたとしても、モテる男がほっておくわけがありません。アイドル並みの可愛さでバストが大きく、素直で可愛げかあって誰もが振り向くような雰囲気を持った女性なども既に出払っています。
また、女性に対する条件も厳しく、自分が童貞なので相手にも処女であることを求めたり、女子校出身で男性と付き合ったことがないこと、結婚したら仕事はやめること(パートもダメ)などかなり限定される条件を出し、束縛するような男性もいます。
そしてよく考えてください。自分はそんな理想の女性と釣り合う男性なのでしょうか?

真面目は必ずモテると信じている

「最終的には真面目な男性がいいよね」という女性は確かにたくさんいます。
過去の恋愛経験で、不真面目・不誠実な男性に騙されたり手玉に取られたことがある女性はたくさんいます。例えば、悪い既婚者の男性にいいように言い寄られて不倫関係をズルズル続けていた女性や、ギャンブルにおぼれる彼氏に痛い目にあったことがある女性…そんな女性が不真面目な男性にコリゴリして「(不真面目より)真面目な男性がいい」という結論が出るものうなづけます。
しかし、真面目だけっていうのは「つまらない」「刺激がない」と感じる女性も多いです。
基本路線の仕事や女性関係は真面目、でも遊び心を忘れない、どこかで「スキ」を持てる男性というのはとても魅力的です。
そして、あくまで「最終的には」です。この最終を待っていても女性はなかなか自分を見てくれることはありません。

なかなか前へ進めない

何だかいい雰囲気の女性が現れたとしても、「どうせ俺なんか…」とネガティブになってしまい、結局関係が進むこともなく自然消滅してしまった…という男性もいるでしょう。女性は1歩踏み出してくれるのを待っていたのに、勿体ないことをしてしまったということもあったのではないでしょうか。
これまでの経験不足が足かせになったり、対人関係の恐怖心からせっかくのチャンスを自分でダメにしてしまっていることがあります。また、どうしてもこの先のビジョンが想像できないというのもあるでしょう。どんなに恋愛をしてきた人でも相手が変わればまた新しい恋愛で、先のビジョンなんて簡単に思い描けるものではありません。ですが、30歳童貞の男性にとってはそれはさらに難しいことなのでしょう…。

コミュニケーション不全

昔から誰かと会話するのが苦手、1人でいる方が気が楽…そうしている内に誰かとコミュニケーションととるのが億劫になり、恐怖心すら抱くようになった方もいるでしょう。30歳童貞の方は、同性・異性問わずに意思疎通を取るのが苦手だという方が多いです。
コミュニケーション不全になると、自然と周囲と関わらなくなる→異性どころか同性の友達も減ってしまう・できなくなる→(友達がいないと)コンパや紹介などの機会がない→恋人ができない、と負のループができあがってしまいます。

会話が盛り上がらず飽きられる

コミュニケーション不全だと誰かと会話のキャッチボールをするのが苦手だという方が多いでしょう。相手から会話を投げかけられても、上手く答えられない…というタイプが多いですが、逆に自分の話しをし過ぎて嫌われるタイプもいます。緊張からか空気が読めていないのか、自分の話しばかりして極度に相手の話しを聞かないのもコミュニケーション不全の1つです。意思疎通が一方通行になっていては、相手も引いてしまってせっかくのチャンスも台無しです。

潔癖な女性観

自身が童貞なだけに、相手にも純潔であることを求めてしまっているという30歳童貞の男性が結構います。女性は清らかで、恥じらいのある生き物だと思っている節もあり、女性の実態を知らないことが災いしてるともいえます。妹や姉がいる方なら、逆にその実態を知っているからこそ付き合う女性には清らかな美しい女性であってほしいと思っていることもあります。
そして何より、30歳童貞の男性はセックス経験のある女性に劣等感があるということもあり、自分と付き合う女性には処女であってほしいと願ってしまうのでしょう。

2次元の女性以外を女性と見れない

ゲームやアニメの世界にどっぷりと浸かってしまい、理想の女性が2次元でしか見いだせなくなった男性もいるでしょう。近年では映像がとてもキレイになったので、2次元の女性キャラはとても美しく見えるようになりました。キャラ設定も男性が喜ぶようなものばかりなのでなおさらハマっていくのでしょう。しかし女性に言わせると「そんな(2次元みたいな)女、いないよ」といった感じです。趣味としてアニメやゲームが好きなのは結構ですが、「ソレはソレ」とちゃんと区別して現実を見ないとステキな出会いなんて訪れません。

30歳で童貞。女性の意見は

30歳処女の「やらみそ女子」は多くの男性からの支持があるようですが、果たしてその男性バージョンである「やらみそ男子(童貞)」は世の女性からどう見られているのでしょうか?
ここでは女性の30歳童貞についての意見をまとめました。

半数以上が”30歳で童貞はNG”

「30歳で童貞…さすがに無理」「20代前半で童貞だというのなら、奥手なのかなって思うけど30歳まで童貞なのはちょっと理解ができない」…など、世の女性は30歳童貞にとても厳しい意見を持っています。さらに厳しいものだと「立派な大人が経験ないだなんて、気持ち悪い」なんてナイフの抜き身のような意見をあります。30歳で童貞だというと、容姿がめちゃくちゃ悪いのでは…なんて思っている女性もいます。
「女性が処女を大切にするように、男性だって初体験を大切にしてもいいのでは」「不真面目な男に懲りたので、純粋で真面目そうな男性がいい」という意見もありますが、この女性がまるで女神のように感じますね。

なんらかの理由がありそう

「30歳まで童貞…これには何か事情が…?」そう勘繰る女性も少なくはありません。
コミュニケーションが苦手であったり、女性恐怖症であったり、とんでもない性癖があった普通の女性に避けられてしまう…色んな原因を思い浮かべてしまいます。ホントにただただ女性と出会う機会が今までなかったという方もいますし、趣味や仕事に没頭していたので女性とお付き合いする時間がなかったという方もたくさんいます。しかし女性から見ると「機会がなかった、時間がなかった」というのは、何かの理由を隠すための言い訳と捉えることがあります。女性は基本的に男性よりも器用なので仕事をバリバリしていても恋愛はできるし、どんなの忙しくても恋愛がしたかったらチャンスを見つけにいくという方が多いです。そのため、機会がなかった…時間がなかった…と無難な理由(事実でも)を言っても、「何か違う理由が潜んでそう…」と思われてしまいます。

恋愛での積極性を感じられない

世の中のモテる男性は恋愛に積極的で情熱的な方が多いです。また、女性も情熱的なステキな恋愛をしたいと思っているのです。しかし、男性に恋愛の情熱や積極性が見られないと女性も一気に冷めてしまいます。30歳童貞の男性の、どこか恋愛に消極的な感じが30歳まで童貞だった原因だと考える女性は結構います。
30年も童貞をやっていると「どうせ俺なんか女性に好かれないよ…」と自虐的になっているところもあるので恋愛にも消極的になりがちです。最初からそんなネガティブモードだったら女性だってイヤです。
ガツガツしすぎも嫌われてしまいますが、やる気さなげな感じもせっかくのチャンスを逃していしまっている原因です。

リードして欲しい

女性はいつだって男性に引っ張っていってほしいものです。「俺についてくれば大丈夫!」なんて安心したいものなのですが、30歳童貞の男性はどうでしょうか。
基本受け身でいたから30歳まで童貞だったのです。グイグイ引っ張るどころか、引っ張ってほしいと思っている方も多いでしょう。想像してみてください、いざセックス本番のときに「初めてだからよくわからない…リードして!」と30歳の男性に言われたら女性はどう思うでしょうか?風俗などのセックスのプロの女性ならば仕事ですからしっかり対応してくれるでしょうが、一般の女性ならドン引きしてしまうことだってあります。中には母性本能をくすぐられる方もいますが性的魅力は感じていないかもしれません。
童貞であることがコンプレックスとなってリード力までなくなってしまったら、女性としては男性的な魅力を感じることはできません。

人としてコミュニケーションに躓いていそう

基本的には付き合っている女性とセックスをして童貞卒業…というパターンが1番多いものでしょう(風俗は今回は別)。しかし30歳まで童貞であるということは、女性とお付き合いした経験がない、もしくはとても少ないというイメージを女性は持ってしまいます。現実にそうであったとしてもお付き合いをしたことのない(できなかった)というはコミュニケーション能力が足らないのではと思われてしまします。
「勉強や仕事ばっかりしてきて、ロクに生身の女性と会話もしたことのないような男性」などと辛口な意見もあり、コミュニケーション能力について疑問を持たれてしまいます。

どんな人が卒業できていないのか

最近では男性の初体験年齢が上がりつつありますが、だいたいの男性は30歳には「非童貞」になっていることがほとんどという中、30歳までセックスすることもなく、さほど大切にした覚えもない「童貞」というオプションが重たくのしかかる…何故彼らは30年間も童貞を卒業できていないのか…
ここでは本人ですら分からない30歳まで童貞だった原因を調べてお伝えします。

女性に対してかなり苦手意識が強い

「小学生の時に、女子からいじめられた」「昔、女性にとんでもないフラれ方をした」「姉妹がいて女性の本性を垣間見ているので恋愛に積極的になれない」…このように様々な事情で女性に苦手意識が強い30歳童貞の男性もいます。過去のトラウマ的なものを上手く乗り越えていかないと、いつまでたっても「女性は怖いもの」のままです。
卒業するためには、まず女性への意識改善からする必要があります。
もし本気でこの女性への恐怖心を克服して1歩踏み出したいのであれば、専門家によ本格的なるカウンセリングを受けてみてもいいでしょう。「大げさな…」と思うかもしれませんが、トラウマ系は時間で克服できるものとできないものがあります。30歳までこのトラウマを引きずっているとすれば時間での克服は難しいかもしれません。

コミュニケーションが取れない

目の前にステキな女性がいても話しかけもせずに「あの子、俺のこと気持ち悪いと思ってるんだろうな…」「どうせ俺なんて…」と自己完結していませんか?
自分の心のなかで決めつけるだけではコミュニケーションが取れているとはいいません。コミュニケーションを取らないで本当の自分を伝えることはできないし、同時に相手のこと知ることはできません。男女のお付き合いというのはコミュニケーションの究極系ともいえるので、30歳まで童貞だった男性にはハードルが高いかもしれません。
まずはしっかり相手の目をみて挨拶から始めましょう。そして何の取りとめもない気候や季節の話題でもいいので、会話のキャッチボールができるようになりましょう。

結婚=不自由と考えている

「結婚は人生の墓場だ」…昔から男性がよくいう言葉です。
家族に縛られ、働いて稼いだお金も自分1人でつかうことができなくなり、休みの日も家族サービスしないといけないなんて…まさにいいことなし!と思っている30歳童貞の男性も多いはず。
ですが、女性経験はおろか結婚を経験していない30歳童貞の男性にこの結婚の実態が分かるわけもなく、ただの昔からの「そういう情報」に左右されているだけです。
結婚は人によって価値観が違いますが、まずはそのマイナスイメージを1回取っ払って、結婚に対する価値観をフラットな状態にしましょう。

結婚の責任を背負いたくない

結婚すると家族ができる…これはとても尊いことです。大切なパートナーと日々協力しあい、子供ができて…と、こうしてみると幸せそうな感じですが、家族ができるということは同時に「責任」を伴うものなのです。幸せにする責任、扶養する責任、子供をはぐくむ責任…色んな方面で、結婚さえしなければ負うことのない責任に息苦しさを感じている30歳童貞男子も多いです。
結婚に責任があるということを自覚するのはとても大切なことです。
こんなときは、自分の周りの幸せそうな夫婦の姿を見てみてください。そして家族っていいなと思えたら、責任についてもう1度考えてみましょう。

自分というブランドを傷つけるのが嫌

30歳といえば立派な大人です。これまで長年培ってきた「自分」というものがあります。
そんな「自分」を、恋愛やセックスの失敗によって傷つけるのがとても怖い、イヤだという男性は意外と多いのです。ここで今女性にフラれてしまうと、これまで築いてきた「自分」というブランドを否定された気分になってしまうのです。しかしそのプライドやブランドのせいで30歳まで童貞をこじらせていたもの事実です。自分ばかり守っていては大切なものは手に入りませんし、ずっと童貞もままです。

失敗が何より怖い

30歳童貞男性は恋愛経験が乏しく、恋愛の失敗に慣れていないことが多いです。この未知の失敗を30歳になってから経験するのはとても怖いことです。恋愛は10代の若い子でもしていることで、30歳の大人が何を恐れているんだ…と思われてることもありますが、本人にとっては一大事なのです。恋愛に対してナイーブで打たれ弱い…恋愛経験が少ないが故に弊害なので仕方ないかもしれませんが、失敗を恐れていては何も手に入りません。

現実に目を向けていない

「アイドルの●●みたいな女性が現れたら本気出す!」「声優の●●しか好きじゃない」…こんな30歳童貞の男性もいるでしょう。現実の女性は怖いから…と、芸能活動で活躍する女性に夢中になって、現実の女性には目もくれないという悪循環に陥っています。
アイドルや声優というのは夢を売るのがお仕事です。ですから多少(もしくはめちゃくちゃ)男性に受けるように演じているのです。
早くそれに気付いて現実に目を向けましょう!

2次元女性が理想の女性

「~~っていうアニメのヒロインがまさに理想の女性」「嫁にするならゲームに出てくる~~ちゃん」…これを素で言っている男性が30歳童貞の男性の中にいます。そんなこと言っているといつまで経っても童貞のままです。世の中には3次元の女性しかいません。もしかしたら限りなく2次元のような女性はいるかもしれませんが、特殊な趣味(アニメキャラなどのコスプレなど)の方であることが多く、それはそれでハードルが高いです。
見た目ではなく、2次元キャラの性格が好きなんだという方もいるでしょうが、それも所詮は作られた設定。現実にはいないのです。3次元の女性でも素晴らしい性格の女性もたくさんいますよ。

プライドを捨てられない

30歳童貞の男性は、基本的に優しい方が多いように思います。しかし中にはちょっと性格に難がある男性がいるのも事実です。なんだかんだで女性に対する理想が高く、「俺が童貞なのは、俺に釣り合う女性に出会えていないからだ」などと本気で思っている30歳童貞の男性もいるのです。しかしこれは、ステキな女性に出会えていないというのを言い訳に「俺がフラれるなんて…」という恋愛に対する失敗に怯えてるだけということもあります。変に高いプライドは足を引っ張ってしまうこともあります。

防衛本能や理想の殻に閉じこもってしまう

過去に童貞を卒業するチャンスがあったが失敗に終わってヒドくプライドが傷ついたり、初体験の相手に理想を求めすぎたりしてなかなか童貞を捨てられないということもあります。
挿入直前に緊張から萎えてしまったり、前戯が下手で女性から指摘されてしまったりした苦い過去から防衛本能が働いて、みずからセックスから距離を置いてしまったという男性や、「この子でもない、あの子でもダメだ」と高い理想をクリアする女性が現れるの待っていて、もう引くに引けない年齢になってしまったという男性もいるでしょう。

卒業したくても焦りは厳禁

私の知人の父が20歳になったときに、その父(知人のおじい様)に「お前も大人だ、童貞捨ててこい」とソープを紹介してお金を渡したそうです。正直童貞であることに焦っていた知人の父は無事(?)に童貞を捨てたのだけどもの、その後に妻となる女性と出会って「この人と初体験したかった」とひどく後悔をした…という話しを知人から聞いたことがあります。この知人のお宅はちょっと特殊な感じですが、童貞も処女も大切な初体験で、できれば本当に好きな人とのセックスで卒業したいと思うのが普通の感情でしょう。目先のセックスにとらわれ、焦って童貞を卒業すると後悔することもあります(この知人の父は当時20歳だったので焦ることもなかったように思えますが…)。
30歳で童貞だと、「このままではヤバい!」「魔法使い扱いされてしまう!」などと危機感を覚えて、童貞を卒業したいという方もいるでしょう。
しかし何事も焦りは禁物です。焦ってしまうとせっかくの女性との出会いのチャンスを逃してしまうことも…
ここでは童貞を卒業したい30歳童貞の男性が注意すべき点をまとめました。

緊張し過ぎて出会いを逃す場合も

まず脱童貞を目指す出会いのシーンとして「コンパ」や「飲み会」を選らぶ方も多いでしょう。
男女の出会いとしてはナイスな状況ですが、緊張しすぎて何もしゃべれなかったり、お酒に走ってグダグダで終わってしまうことも…せっかくの女性を出会うチャンスがパァです。
ある程度の緊張感を持つものいいですが、リラックスして挑むことが大切です。
コンパの場合は、友達の協力してもらって自分の話しやすい環境をつくってもらうのをサポートしてもらってもいいでしょう。
また、思いきって婚活パーティーに参加するものいいでしょう。しかしこちらも緊張しすぎは禁物です。こういう時は「こういう場は慣れていなくて…とても緊張しています」と最初に正直に言っておくと、相手もそうなんだと思ってくれますし「真面目で素直な人」「なんか可愛い人」という印象を持ってくれることがあります。

頻繁に連絡をとってしまう人もいる

「連絡先をゲットできた!」それは大変ナイスです。少しずつ距離感をつめて、お互いを知っていき次の約束につなげる…というのが理想ですが、興奮してかなりの頻度で連絡を取ってしまう30段童貞の男性が多いのはとても残念なことです。
「おはよう」から始まり、「いっていきます」「通勤電車乗ってます」「会社着きました」……こんなレベルのラインやメールを付き合ってもいないのにしていませんか?これはかなり重たいです。下手したらストーカー扱いされてしまいますよ。
昼休みや仕事終わりにちょっと「どうしてる?」くらいの軽いラインやメールだと、相手も負担を感じず返信くれますよ。せっかくゲットした連絡先をムダにしないよう、ちゃんと連絡マナーを身につけましょう。

開き直ることが肝心

30歳童貞はもう間違いのない事実ですし、なかったことにはできません。これはちゃんと現実として受け止めてしまいましょう。
変にプライドがあると「非童貞」と嘘をついてしまうこともあるでしょうが、自分を偽ってまで誰かと付き合うのはとても負担ですし、相手の女性にもとても不誠実です。そして何よりセックスのときに童貞であるということは十中八九わかってしまいます。「バレないだろ」とは思わないことです。
開き直って明るい30歳童貞を明言することによって、ちゃんと受け止めてくれるお似合いの女性が現れるかもしれません。
誰かに明言までしなくても、自分自身が30歳童貞であることをちゃんと受け入れおけば、「どうせ俺なんか…」などネガティブな思考にもなりませんし、「今年こそ童貞を卒業するぞ~!」と前向きになれて、今よりももっと楽しい生活を送ることができるようになるかもしれませんよ。

失敗を次に繋げやすくなる

30歳童貞の男性は失恋したら「また失敗した…どうせ俺なんかマトモに恋愛もできないんだ…」という思考に陥り、どんどん自分の殻にこもってしまう方が多いです。そのまま年を重ねると更にかたくなになってしまいます。これは心のどこかに童貞であることのコンプレックスがあるから恋愛に積極的になれないということがあります。1度、そのコンプレックスである「童貞」という事実を自分の中でしっかり受け止めてあげることによって、すごく前向きな男性になれることがあります。
世の女性のイメージである「30歳童貞=気持ち悪い、何かよくない原因がある」という印象から、「今まではチャンスがなかっただけで、彼は純朴な男性なんだな」という好印象に変わることもありますよ。

一歩踏み出すことが大事です

いかがだったでしょうか。30歳童貞の男性は、見た目や社会的な扱いは大人でも中身は清らかなな少年のままなのです。
女性に対する幻想もあるし、自分自身の理想もあります。趣味にも没頭してしまうし、2次元の女性やアイドルにだって夢中になってしまします。そんな少年が30歳童貞の男性なのです。
そして30歳で童貞であることが重荷になって恋愛に臆病になっている方もたくさんいます。
30歳にもなると色んなしがらみやムダに大きくなってしまったプライドなどが邪魔をして、童貞である自分に生きづらさを感じることがあるかもしれません。
しかし、童貞だからといってまったく魅力がない男性だというわけではありません。ゲームやアニメが趣味なら同じような趣味の女性がいるかもしれないし、話すのが苦手なら聞き上手・話し上手の女性がお似合いかもしれません。ちゃんと自分に出会うべくして待っている女性がいるかもしれません。まだ1歩踏み出していないだけで、まだまだ女性と出会えるチャンスに出会えていなかっただけなのです。
1歩踏み出して、自分の殻を破ることによって明るくステキな未来が待っていることもあります。