ナンパ。それは、男に生まれたなら一度はやってみたいことのひとつかもしれません。ただ、自分の容姿に自信がない、まず女性に何をはなしていいかわからない、嫌なことをいわれるかもしれないなどいろいろ想像してしまってなかなかできない、そんな人がたくさんいるのではないでしょうか。しかし、この記事さえ読めば、そんな気持ちはすっきりなくなり、自分に自信が持て、ナンパが成功する確率がぐんと上がるでしょう。なんならナンパが成功することによって、人生が変わるかもしれません。今まで彼女が全くできなかったあなたでも実践すれば必ず成功します。また、女性もどうやったらナンパをしてもらえるかという視点でもこの記事を読むことによってわかるでしょう。ぜひ、この記事を読んで、実践をしてみてください。

出会いの基本はナンパ

出会いにはいろんなかたちがあると思います。合コン、街コン、友達の紹介、バイト、仕事などなど。その中でも基本のかたちといっていいのがナンパでしょう。ナンパは他の出会い方の何にでも通じるものがあります。ナンパさえできれば、他の出会い方もきっと成功するでしょう。

いつの時代もナンパから

ナンパというのは、どの時代でもやってこられた手法です。特に今の時代街コンやらSNSでの出会いなど新しい手法での出会い方が出てきているようですが、やはり基本的な根本は知らない人と出会う、知り合うということですから、やり方というのはどの出会い方も少し違うところもあるでしょうが、似ていて当然であるといえます。

声をかけるのは人として当然

ナンパという響きだけで考えるとなかなか抵抗がある人も多くいるかもしれません。知らない人に声をかけて、飲みにいったり遊びにいったりするようなことですので。
しかし、考えたによっては相手は人ですので、コミュニケーションをとろうとすることは至極当然のことです。それがさらには、知らない人ということもありますので、そこに人がいて、知らないということであれば、人として声をかけてコミュニケーションを図る。それがナンパという言葉に置き換えられていると考えたら、少し抵抗感がなくなりませんか。
よく、人は強制的に知らない人と一緒になって何かをしようと、例えばバイトをすることになったとかボランティアをすることになった場合は、まずこの知らない人と何か作業をすることになるので必然的にコミュニケーションをとろうとしませんか。そして、コミュニケーションをある程度図って、しゃべりやすい環境にしてバイトや仕事、ボランティアなどを共同作業を円滑にできるようにしようとすると思います。その感覚でいいのです。それが強制的でない場所というだけであって、知らない人がいたら声をかけて当然なのです。

ナンパは苦手

上記にも記載しましたが、ナンパという響きはなかなかハードルが高いように聞こえます。知らない人いどのように声をかけていいのか、自分は人見知りだからできない。さらには、その知らない人とコミュニケーションを図って遊びに行こうと誘わないといけません。自分には、コミュニケーション能力がないからナンパは苦手という人もいるでしょう。しかし、そういっていては、何もはじまりません。それは、ナンパだから苦手ということではなく、それ以前にひととコミュニケーションをとることができないということであれば、どの出会いの手法にであっても結果は一緒ということになります。
なので、ナンパだからできないということは、特に理由としてないはずなのです。

成功するわけない

ナンパは成功するわけない。そう思う方が多くいると思いますが、まず最初に言っておきますが成功はします。もちろん、100パーセント成功することないでしょう。相手も人です。誘ってくるひとをみて判断しますし、好みに合わなければ断ることもあるでしょう。さらには、約束していたわけでもないのに突然に声をかけて、誘うこととなるのですから、当然相手も予定があったり、待ち合わせをしている途中だったり、どこかに行く予定であったりしますので、都合が合わないことがあるのは当然です。

恥ずかしい

ナンパをするにあたって、人見知りだというひとがよくいます。 また、人に見られていて恥ずかしい、「あの人ナンパしている」とみられる視線が嫌だというひともいるでしょう。しかし、人見知りだからといって、また、恥ずかしいからといって、声をかけないといつまでたっても何も変わらないままです。そもそも、街で見かけるナンパをしている人であっても一番最初のナンパは緊張したはずです。そして中には人見知りだったひとも当然います。声をかけているうちに、恥ずかしいということはなくなり、徐々に慣れていったのです。ナンパ成功するには、まずは声をかけないと当たり前ですが100パーセント成功しません。なにかきっかけがないとなにも生まれないのです。したがって、もしナンパを成功させたいというひとがいるのであれば、そういっている余地はないのです。まずは、声をかけてみることです。

容姿に自信がない

容姿に自信がないと、声をかけれないというひとがよくいます。特に街で見かけるナンパをしているひとは、おしゃれな服を着てイケイケの格好をしていると思います。そんなひとたちがナンパをしている風景をみていると、ナンパをするには、なんとなくイケメンでないといけないような気がしてきます。しかし、まったくそんなことはありません。街で見かけるナンパ師のようなひとたちは、そもそも自信があるので、堂々とよく目立つところでナンパをしているのです。そもそもナンパ師のようなひとたちでなくても、大方の人は、ナンパをしています。酔った勢いで、知らない人に声をかけたり、飲みに誘ったりしていて、そういう人たちは、特にイケメン風の格好・イケイケの服を着ているわけでもなく、普通のサラリーマンだったり、私服だったりを着ています。そういう光景を見ていると、なかなか容姿に自信がないと嘆いている人がいるとしたら、まったく気にする必要がないことに気が付くでしょう。むしろ、容姿に自信がないと嘆いてナンパをしないほうが、よっぽどもったいないのです。今というタイミングを逃して何も生まれないばかりで、時間が過ぎていくだけなのです。

声をかけないと始まらない

上記でも、記述しましたがナンパというのは声をかけないと、何も始まりません。むしろ、100パーセントナンパは成功しません。とはいうものの、なかなか声をかけれないという人は、たくさんいることでしょう。いざ、知らない人に声をかけようとすると、いろいろと声をかけない理由、たとえば、今は相手が忙しそうだとか、友達を待っているようだから声をかけても無駄などと、考え出したらふつふつときりなく出てきて、結局声をかけれずにいる。そんな経験をされた人もたくさんいることでしょう。そういいう人たちは、こう考えるようにしましょう。声をかけるタイミングで、今声をかけないとこの人とは一生出会うことがないと、今タイプのきれいな女性がいるようでしたら、今しかない。いつ声をかけるか。いまでしょう。
逆に、その声をかけようとしている女性たちは、今後一生出会うことがないのですからどんな風に思われてしまっても構いません。とりあえず、声をかけてみることが大事です。

女も待っている

ナンパをするにあたって、大事な考え方があります。それは、女性もなんだかんだナンパを待っているということです。 なかなか考えにくいことではあると、思います。まさか女性がナンパを待っているなんて。しかし、実際はナンパを待っていることはあります。待っていてなくても、声をかけるだけで、誘いについていくなんてことはよくあることです。この考え方を基本に持っているとなんとなく声をかけやすくなるのではないでしょうか。

いるのかナンパ待ち

よく女性は、ナンパをするひとはチャラくて嫌だ、いきなり声をかけてくると怖い、そんな男とは付き合えないなどといろんな意見をいうと思います。そんな意見を聞いてしまうと、なんだかナンパ待ちなんているように見えない、まったくいないのではないかと思ってしまいます。しかし、そんなことはありません。実は女性は女性でナンパを待っています。例えば、女子会をやっていたグループがいたとします。一次会が終わりひと段落して、次に帰るか、でもなんだか物足りない。そんなところにひと声かけたとします。するとどうでしょう。女子会のグループですので、一旦は、行くかどうか相談し合うでしょう。相談して終電で帰りたいひとやすごく嫌だと反対する女性がいない限り、「少しだけなら」と誘いについていくことが往々にしてあります。女性も女性でお酒を飲んで、少し気持ちがオープンになっているタイミングでもありますし、女子会だけでは少し刺激が足りないなんていう女性は少なからず、そこそこいるでしょう。それを狙って声をかけることが一番成功するタイミングといえます。

実際にはほとんどいない

上記のように、女子会帰りのグループがいて、ちょうどタイミングが合えばうまく行くことが往々にしているでしょう。そういうタイミングのグループや女性ばかりであれば、全員楽勝でナンパができ、みんながナンパをやっている世界になっているでしょう。
しかし、現実はそんなに甘くはありません。やはり、当然そんなタイミングがいいグループというのはなかなかいなく、声をかけても「ちょうど終電に間にあうようにいっていた」とか「予定があります」とか、しまいには無視をされることがよくあります。ナンパと分かった瞬間、必要ない、タイミングでない女性たちにとっては、うざいだけですから、冷たくあしらったり、無視をしたり、きっぱり断ってきたりすることの嵐でしょう。それにめげすに、やっていくことがひとつ大事なことだといえるでしょう。

どんな心境か

ナンパをするにあたって、女性の心境・心理を知っておくと、ナンパの成功率もぐんと上がってきます。ただやみくもに、声をかけていけばいいということではありません。これから記載することは、大事ですので、ナンパをするときにあたまに入れておくと、少し女性の反応が変わったり、話をきいてくれるようになることでしょう。

自分から誘っていると思われたくない

女性は、ナンパという行為について特によく思いません。むしろ、悪いイメージの女性ばかりでしょう。女性の友達がいる方は、そういう話をよく聞くのではないでしょうか。そもそもナンパという行為は、世間的にナンパ=エッチというイメージがあります。ナンパについて行ってしまえば、必ず抱かれる、襲われるなど行き過ぎた情報が流れてしまっているのが現状でしょう。したがって、もしナンパというか合コンをしたいと思っていたタイミングであったとしても、なかなか女性としても二の足を踏んでしまい、ナンパについて行ってしまえば、ナンパ=エッチというイメージがあるので、ラブホテルに行かないといけないと思い、結局どんなにタイプの男性が声をかけてきたとしても、消極的になってしまうという心理が働きます。そういう心境なのに、それこそナンパで即答でついていくと回答しようもんなら自分からエッチを誘っているように聞こえてしまうと考えて、どんなに誘いにのりたい心境であっても必ず、一回は断わられます。断られないにしても、必ずグループであれば相談しあったり、考えたりします。それが乙女ごごろなのです。
こういった心境をあたまに入れておくと、男として少し心持ちが違うと思います。女性は、必ず一度は自分から誘われていると思われたくないものなので断るものなのだ。そういう心理・心境を知っていれば、一度断られてすぐに引き下がることなく、それとなく何度か誘うことで、オーケーをもらえることというのは、よくあることなのです。ぜひ、覚えておいてください。

声をかけるのは男

ナンパをするときは、当然男性からです。女性からナンパをすることというのは、ほとんどないでしょう。特に女性は、ナンパというのをあまりよく思っていないひとが多くいるのですから。よっぽどのことがない限り女性から声をかけてナンパするなんてことはありません。したがって、ナンパをするとなったら男から声をかけることが当然です。
しかし、ひとつ弊害があります。ナンパをする男というのは、チャラくて、女にだらしない、浮気性、軽い男というレッテルがすでに張られてしまっているということです。さきほども述べましたが、女性の中でナンパを肯定するひとというのは、非常に少ないです。もし彼氏がナンパをしていたなんていったら、どんなに好き同士であったとしても、女子友達からは、すぐに別れろいわれていることでしょう。
したがって、声をかける時点ですでに第一印象は、まったく知らないひとであったとしても、あまりよくない、マイナスからのスタートと考えるべきでしょう。なので、あまりグイグイいくと余計に嫌われてしまうので、なるべくナチュラルに接することが大事でしょう。
まずは、女性のこういう心境も知っておくと、どのように接すればいいのか、おのずと答えがみえてくると思います。

女も恥ずかしいもの

前述にも、恥ずかしいから声をかけれないという男性の話をしました。当然、声をかけられる女性側もナンパというのは恥ずかしいものです。ナンパというのは、通常人通りの少なからず多いところで行うものですので、ナンパをしていれば必然的に視線をあつめることになります。そうなれば、声をかけられている女性も、好奇な目線を浴びることになりますので、ナンパをされれば、その状況からすぐに抜け出したい・逃げたいと思うことは、当然のことだと思います。したがって、なるべく声をかけていたとしても、ナンパをしている感じを見せないのは大事な鉄則のひとつといえます。
そのためには、やはり自然と声をかけることが必要です。「ねぇ、ねぇ、今何をしているのー、遊びいかない」なんてあからさまなナンパではなく、まずは挨拶から「こんにちわ」、「こんばんわ」とし、ナチュラルに道を聞くように声をかければいいのです。

声をかけられて悪い気はしない

次に大事な心境のひとつになります。女性というのは、前述でさんざんナンパに対していいイメージを持っていないと述べてきました。しかし、だからといって女性というのは、ナンパをされて悪い気はしないのです。たとえば、もしあなたが女性で、街で歩いていたとします。向こうから男性が歩いてきて、声をかけられたとします。当然、周りからは好奇な目で見られることでしょうが、それと同時に、ナンパされてることで、「ナンパされるほどかわいい」ということも、周りから思われることでしょう。男は、当然ブサイクなタイプでない人にわざわざ声をかけることはありません。ナンパをするということは、かわいくてタイプであるといっているようなものです。したがって、声をかけられた女性としては、恥ずかしい反面、少しうれしくもあるのです。そして、少し自分に自信を持てるきっかけにもなるかもしれません。少し飛躍するかもしれませんが、ナンパをすることは、女性に自信を与えることと考えることができます。ナンパをそのように考えると決して、悪ということでもないと思いませんか。むしろ、人助けになると考えて声をかけるようにしてみてはどうでしょう。

そして女性に声をかけるにあたって特にここで重要なのが、「あなただから、声をかけました」というフレーズが大事になってきます。当然、そのままいうのではく、「ほんとにかわいいのから、声をかけました」「一生会えないと、思ったので、思い切って声をかけました」などひとによって言葉をかえて声をかけるのです。すると、ただでさえ、声をかけられて悪くない気がしているのに、さらにそんな言葉をかけられると、表面上では嘘だといいつつも心では、当然誰しもがうれしく思うことでしょう。
なので、女性は声をかけられることに対して悪い気はしなく、さらに「あなただから、声をかけました」フレーズを言ようものなら、ナンパの成功率はぐんとあがることでしょう。

ナンパ待ちではない女性の一例

前述では、声をかけられる女性の心境を述べてきましたが、今度はナンパ待ちではない女性の特徴を述べていきたいと思います。この特徴を知っておくと、無駄に声をかけて体力を消費することなく、声をかける前に判断することもできて、費用対効果は上がっていきます。なのでナンパの成功率も必然的にあがってくることでしょう。

早歩き

まず、ナンパ待ちでない女性の特徴のひとつ。「早歩き」をしている女性です。なぜ早歩きをしているかを考えてみましょう。すると答えは簡単です。急いでいるからです。終電の時間に間に合わない、友達と約束しているが遅刻しそうであるなどです。そんなときに、声をかけられれば当然、うざい、うるさい、それどころではないといわれて、よっぽどのことがない限りほとんど断られるでしょう。なので、声をかける前に女性が「早歩き」をしているかを見ておくことは、重要な特徴のひとつといえるでしょう。
 また、「早歩き」をしていない女性であっても、声をかけてナンパをした瞬間に「早歩き」になることがあります。それは、女性が嫌がっているサインです。この反応をみせた場合は、こちらもよっぽどのことがない限り、断られますので、いさぎよく引き下がることをおすすめします。

常に携帯でトーク

こちらも、すぐに考えればわかると思います。電話をしているひとです。電話をしていれば当然、電話の相手がいますので、電話をやめなければナンパをしても会話は成り立ちません。なので、電話をやめてまでも、ナンパに対応するひとというのは、そうはいないでしょう。

こっちを見ていない

特にナンパをしていてたまにいる反応です。ナンパをしていれば、断られることはよくありますが、その断るやり方が、ちゃんと会話で「大丈夫です」、「急いでいるのですみません」と応対するやり方であればいいのですが、たまに無視をする反応が返ってきます。こっちを見らず、まるでいないかのうようにあしらわれるやり方です。これは、さすがに粘って続けたとしても可能性はないと考えていいでしょう。

ナンパ待ちの女性の特徴って

前述では、ナンパ待ちをしていない女性の特徴を述べてきましたが今度は、ナンパを街をしている女性の特徴を述べたいと思います。これを知っていると知っていないとでは大きな差が生まれることでしょう。もちろん、ナンパの成功率にも関わってくることでしょう。

男の好みを知っている

まずは、男の好みをしっている女性です。このパターンは、なぜ男の好みを知っているかを考えればなんとなくわかります。要は、男慣れをしているということです。つまり、ナンパをされて誘いにいったり、合コンで男と接する機会が多く、よく男性と遊ぶことの多いので、そういう女性は、男慣れをしていて、男性がどのようなことが好みなのかをわきまえているのです。なので、男性の好きそうな服装をしていたり、行動をとっていたりする女性は、ねらい目かもしれません。

男が声をかけやすいのはおとなしめの女の子

当然、ナンパをする男性としては、派手目な子の方が好みなひとが多いかもしれません。しかし、やはり派手な格好をしている女性というのはどうしても、ものをはっきりいうきつめな性格の印象があります。きつめな性格であれば、断るときもはっきりことわりそうという考えが働き、声をかけずらいというイメージがあります。人間だれしも失敗というのは怖いですので、失敗しない、つまりナンパしても、断られにくそうな、断ることができなそうなおとなしめの女の子のほうが声をかけやすいという事実はあるでしょう。

ナンパ待ちは派手好きでも控えめなファッションをしている

そして、上記ともつながる話ではありますが、特にナンパが成功しやすい方といったら、おとなしめの女の子のほうが高いといえるでしょう。なぜなら、おとなしめの女の子は、なかなか声をかけられる経験そのものが少ないのです。派手好きでも派手になりきれていない控えめなファッションの人は、特にその傾向が高いです。

アピールするために声や仕草が大きい

こういう女性は、みんながみなやっているわけではありませんが、たまに一部ナンパ待ちをしている女性の特徴として声や仕草が大きいということがあります。要は、自分はここにいると存在をしめしている行為ともいえます。ナンパしてほしい女性は、まずは自分がここにいることをアピールしないと声をかけてくれないということを知っています。したがって、やたら大きな声で笑っていたり、おおげさに可愛くぶりっこしていたりしていたら、それは狙い目とも言えます。

狙い目をまとめると

特に、前述ではありませんでしたがナンパをするうえでもちろん、すごくかわいい絶世の美人な女性に声をかけたいと思うのは当然だと思います。しかし、そういう女性は声をかけ慣れていて、断りも慣れています。なのでなかなか成功しないといえます。やはり狙い目は、言い方はあれですが普通な可愛さの女性がいいでしょう。ファッションも派手好きですが控えめなおとなしめの子のほうが割と成功する確率は高いといえます。

声をかけても恥ずかしい素振りを見せる

やはり、女性ですし自分から誘っていると思われたくないこともあります。そして、特に声をかけて慣れているようなそぶりを見せると、モテないことも女性は知っていますので、声をかけてもとりあえずは、恥ずかしいそぶりを見せる傾向にあります。

目は恥ずかしがっていない

ただ、慣れている女性の場合だと、目は全然恥ずかしがっていません。なんなら、少しグイグイ来るかもしれません。そんな反応の場合は、ほぼ成功と言えるでしょう。

とにかく声をかけよう

前述しましたが、声をかけないと始まりません。ナンパは声をかけてなんぼの世界です。いかに多くの人へ声をかけることができたかということが重要です。
そして、そのうちなんとなく反応、返事が返ってきたらひたすら話し込み、飲みに行くことが大事です。

ナンパ待ちの女性に声をかけるときの注意点

さて、ナンパ待ちの女性の気持ちは少し理解できたかと思います。その女性たちへ声をかける注意点というのがいくつかあります。これをおさえておけば、さらにナンパの成功率あがっていくこと間違いないでしょう。

慣れていない感じをだすことが大事

まずは、声をかけるにあたって、重要なのがナンパ感を出さないことです。前述でもお話をしましたが、女性のナンパに対するイメージはあまりよくありません。なので、ナンパ感を出さず、特に気を付けるのが、ナンパに慣れていない感じを出すことです。どうしても慣れた感じで話をすると、「この人はいつもこんなことをしているのではないか」と考え、気持ちがなえてしまうことにつながるからです。特に、敬語で話をするとベストだと思います。タメ語だとなんとなく慣れた感じがして、印象が悪くなることがあります。

もじもじしない

声をかけるにあたって、一番かもしれません。一番気を付けることは、もじもじしないことです。よく話しかけるときにグループだと、どうしても誰が声をかけるかとお互いにお前がいけよとおし問答を
してしまうことがあると思います。そういう光景は、声をかけられる女性は見ているものです。そして、そんなナヨナヨしているところを見せられると女性は萎えてしまうので気を付けましょう。

怖がらせない

だからといって、ゴリゴリと男らしくグイグイいくと女性は、怖がってナンパになりません。むしろ、引いて逃げて行ってしまいますので、あくまで声をかけるときは、パッと決めてさっと行く。声をかけるときは、敬語で、なるべく紳士的すると好感が持てると思います。

声をかけてダメでも最後は最悪連絡先まで

最後に必殺技です。声をかけた女性がどうしても好みであって、簡単にズバッと断られた場合。それは、その場は無理かもしれません。なので、今後、後日でもいいので飲みにいってくれないかと言って、連絡先だけでも交換する方法です。この場合は、その場は断れていても、早くその場を離れたい女性としては、連絡先を交換するだけなので、別に無害なこともあり、すんなり渡してくれることが多々あります。ぜひ、覚えておきましょう。

ナンパ待ちの女性には声をかけてみよう

いかかでしたでしょうか。ナンパ待ちの女性の特徴、ナンパ待ちをしていない女性の特徴、なんとなくわかったと思います。特にナンパは、断られることが前提です。声をかけないと始まりません。後は、声のかけ方の留意点だけ気をつけながら、声をかけまくれば、必ず成功します。ぜひ、試してみてください。