恋人の存在は、人生を楽しくし、辛いときもお互いに支え合える掛け替えのない存在です。誰でもモテたいし、いろいろな方とお付き合いしたいと考えるはごくごく自然な発想です。
しかし、単に「彼女を作る」と言っても、具体的な方法となってくると実現するのは難しく、何から手を付ければ良いか分からなくなりますよね?
そういったあなたに今回は、女性と出会えるシチュエーションや、場所等を皆さんにご紹介しますので、恋人探しのご参考に使っていただければ幸いです。彼女を作って、希望に満ち溢れた人生を楽しく送っていきましょう。

社会人の場合はどうすればいい?

社会人ともなると学生時代とは違って、なかなか時間を作ることが難しく、休みがあっても日頃のストレスや疲れのせいでなかなか「彼女を作ろう」と踏みきれなくなりますよね?
しかし、なにかしら行動を起こさなければ、彼女も何も出来る訳がありません。なかなか一歩を踏み出せない方も、やる気はあるがどうしたら?と考えている方も、頭の整理だと思って、軽い気持ちで順番に見ていきましょう。

SNS

まず「外出して、生身の女性と面と向かってナンパする」なんてことは絶対出来ないという方にお勧めなのがSNSです。現在SNSでの男女の出会いは多岐にわたり、本人の使い方次第で結果が大きく変わるのが現状と言っていいと思います。
女性との出会いに応用できる、知名度のあるSNSを列挙すると、instagram、facebook、twitterなどがあります。
まずinstagramは2014年に月間アクティブユーザーが全世界で3億人を越え、当時SNS業界を席巻していたtwitterを越える勢いで、近年着々と業績を上げているSNSです。仕様はtwitter等と同じような機能を持っていますが、基本的には自分や周りの人がアップロードする日記のような自身の「近況」を投稿して、それに対し、コメントや評価をすると言ったものです。これはfacebookも同じ様なモノになりますが、instagramの特徴は、「写真や動画の投稿」が強みになるでしょう。写真や、短い動画を撮影して近況をアップロードし、それに対して「いいね」の反響があるといったように面倒臭い処理も無く、直感的に使えるのが特徴です。また外国語が出来なくても、海外の方々と直感的に交流が計れることも長所と言えるでしょう。しかし、instagramは、「写真および動画がメイン」のコンテンツになりますので、全くコメント等の機能を使えない訳ではありませんが、利用の幅は比較的狭く、コメント機能を活用したいような方は、少々物足りなさを感じられるかも知れません。また上手く使わないと、他のSNSと比べ、少し閉鎖的であるところも特徴だと思います。
facebookの特徴でよく言われるのが「エッジランク」というアルゴリズムです。エッジランクとは、タイムラインに個々のユーザーがそれぞれ「関心のある情報」、「評価・反応した情報」を表示してくれる仕様のことで、facebookを開くとこのエッジランクにより、「友達」にみならず、「友達の友達」までの近況投稿や評価した情報(関心事)等が数多く表示されます。
また投稿には写真はもちろん、動画や、コメントも多く載せる事ができ、instagramと比べると、「ブログ」の要素がより高いように思います。もちろん文章の短い軽い投稿も出来ますので、汎用性はその分高いと言えるでしょう。
「○○が××と友達になりました」や、「○○が××の投稿にいいねをしました」等の情報も届くので、友人同士の関係性なども分かりやすく、意中の女性の趣味や、仲良くなるためのきっかけなどを探ることのできる重要なツールとしても使う事ができそうです。
次にtwitterは、instagramとfacebookの中間的な使い心地で、「投稿がタイムリーに届く」ことと、「投稿がフォロワー全員に届く」という事でしょう。facebookは「友達の友達」まで届いていましたが、twitterは見知らぬ人まで「リツイート」が届く可能性があります。これは良く言えば、普段出会える人ではないような人と出会う事が出来るので、出会いの可能性が広がるとも言えますが、使い方を誤ると、知らない人にまで自分の情報が伝わってしまう事もあるので、twitterの使用をお考えの方は何処かでこの意識は常に持っておく必要があると思います。
これらのことから、SNSで出会いをお考えの場合は、より直感的で使いやすい「instagram」、友達の友達までの関心事から出会いを探る「facebook」、情報の拡散速度が速く、時事的要素の強い「twitter」。3つそれぞれに利点と特徴がありますので、アカウントを作るだけなら無料なこともありますから、実施の使い心地を比べてみたり、状況によって使い分けるのも良いかもしれません。

職場や学校

社会人の方でも、資格試験の勉強等で、学校に通っておられる方は意外に多いかもしれません。また毎日通う職場も出会いの場としては大きな可能性を秘めております。
「社内恋愛」は、同じ仕事を通じて自然にコミュニケーションを取る機会が多くあり、また同じ労働者としての立場から責任や、仕事の融通性への理解も共有することによって、仕事への辛い部分や達成感を分かち合う事が出来ます。こういった状況から仕事を通して、お互いを次第に意識するようになり、場合によれば恋愛へと発展する事もあるでしょう。
仕事では上手くいかない事も多いので、「イライラ」してしまう事も多いかと存じますが、何事にもめげず、毎日明るく振舞っていれば、上司にも、同僚にも、はたまた気になる女性社員の方々にも一目置かれる存在になると思います。
インターネット等で「社内恋愛の経験」を見てみると、やはり多いのが、「女性の新入社員」と「男性の先輩社員」との交際です。新入社員は生活環境も新たに、さまざまなストレスを抱えています。また仕事の失敗や、人間関係の形成等の不安事が重くのしかかり、右も左も分からない状況にきっと毎日四苦八苦していることでしょう。こんな中、「仕事の出来る先輩社員」は憧れの的になるのはごく自然な事で、教育係として新入社員の方を指導するときも、優しく教える事が出来れば「仕事への不安や無駄な緊張」も解け、きっとあなたに好印象を抱く事でしょう。
しかし、社内恋愛にも「リスク」は存在します。会社側が社内恋愛を禁止している場合は、バレてしまった時の「ペナルティ」が悩みの種です。部署の「異動」や、場合によれば「クビ」にもなるケースも聞きます。社内での会話はもちろん、会社に程近いような場所でデートなどをしてしまっては同僚や上司にバレてしまう事は容易に想像がつきます。「社内では会話しない」、「デートは遠出する」等の対策は取れるでしょうが、「バレたくないこと程、人様にバレてしまう」のが世の常です。現在の会社が「社内恋愛禁止」の場合は、それに大人しく従っておいた方が良さそうです。一時の恋愛感情を重要視するか、仕事を優先するか、難しい判断が要求されます。出会いも考えモノですね。

合コン

前述のように、「社内恋愛がそもそも禁止」といった会社で働く方は、大人しく「合コン」に希望を託すことの方が懸命に思えます。合コンで彼女を作りたい場合は、非常にシンプルで、「男性幹事の方に、今回の合コンで彼女を作りたい」とはっきりその旨を伝えることが一番手っとり早いと思います。手当たり次第に合コンを開いて「数う打ちゃあ当たる戦法」をするものひとつの手だと思いますが、何の計画もなく合コンに出続けるのは、イタズラに時間や、お金を浪費してしまうことにもなりかねないので、やはり周りの協力を促して、意図的に「彼女を作れる合コン」に仕向けてもらった方が良いでしょう。
仲の良い男性幹事さん、居なければ人づてに誰かを紹介してもらって、会を開いてもらう。これが「合コンの正攻法」だと思います。少なくとも男性陣で、自分をサポートしてもらって優位に合コンを進行してもらえるよう頼んでおけば、勝率は幾分かは高くなるはずです。
社内に恋愛感情を持ちだせない方は、くすぶる気持ちを合コンにぶつけてみてはいかがでしょうか。

外出先で

休日の外出ほど億劫なことはないかもしれませんが、街中には「出会いの可能性」が溢れています。結論から言うと「ナンパ」のような格好にはなってしまいますが、ジムや本屋、喫茶店に美容院、洋服店等でも意識をして見てみると、キレイな女性は世間にはたくさん居るもんなんですよ。お店の「店員さん」だったり、ジムや本屋や喫茶店で近くに座る女性も、「不謹慎や迷惑」と思ってか、「どうせ無理だろう」と見て見ぬふりを決め込んでいる方もいらっしゃるかもわかりません。
しかし、そんな方にこそ言いたいのが「出会いは待つものでなく、自分で手繰り寄せるもの」ということです。「出会いがない、出会いがない」と愚痴ばっかり垂れていても、何も物事は前進していきません。時間が無情に過ぎていくだけです。そういって人はすぐ年を取り、若い内のハツラツさは見る影もなくどこかへと言ってしまう事でしょう。それこそが正に時間の無駄ではないでしょうか。はっきり言える事は、「今が一番若い」という事です。誰も過去へは戻れません。今の自分が一番若い状態なので、「思い立ったが吉日」という先人達の有難い言葉を胸に、今こそ勇気を振り絞って行動してみましょう。
そこでナンパの正攻法とは「とにかく明るく話しかけること」です。どこかのお笑い芸人の方にも聴こえてしまうかもしれませんが、「暗く陰険な人」では絶対にナンパは成功しないでしょう。これは立場を逆転してみれば想像できるかもしれませんが、急に見知らぬ男が、低いテンションで話しかけてきたら、女性であるあなたはどう対応するでしょうか?
次に、誠実さを出すため、「話しかけて一旦その場を離れる」ことも効果的です。相手がお店の店員さんの場合、他のお客さんもいるので仕事中はなかなか難しいかもしれませんが、商品の説明時や会計時などに軽く話しかけ、一旦その場を後にし、また戻って来て、「本当に迷惑だとは思うのですが、実は…」と今度は少し誠実そうに、また落ち着いて話しかけ、「本当にきれいな方だと思って」などから、経緯を簡単に話し、想いを伝え、連絡先を聞き出すのが良いと思います。話の最中、メモ帳を取り出し、連絡先をその場で書いて渡すのも良いと思います。
あとは、なんと言ってもナンパをされた経験が無さそうな「真面目そうな人」をターゲットにする事です。これはナンパ師が良く使う手なのですが、いかにもナンパされてそうな女性はそれだけ「ナンパをされ慣れて」います。ですので、対処法も多く備えていることが考えられますので、こちらの思い通りにならない事も多いと思います。なのでナンパ初心者は「真面目そうな、誠実そうな女性」を対象にすることをお勧めします。
「真面目な女性」をターゲットにして、「第一声は、明るく話しかけ」、「一旦その場を後にして」、「再度戻って気持ちを伝える」。これをナンパの一手段として踏まえ、街に繰り出してみれば良い出会いに巡り合えるかもしれません。

バー

最近街中でよく目にするようになった「バー」は、「バル」としているお店もあり、入ってみれば何とも店内はおしゃれな空間で、出会いの気配をひしひしと感じるような造りになっています。
よくあるバーのシステムは、好きなつまみやお酒を、店員さんのいるカウンターまで、その都度お客さん自ら注文しに行き料金を払い、空いている席へと座って自由にお酒を愉しむのが「バルスタイル」です。お客さんの出入りも多かったりするので、一人で呑んでいると、ごくごく自然に話しかけられたりします。少し明るい庶民的なお店から、薄暗い店内にジャズが流れるムーディーなお店も多々ありますので、お酒を引っかけるついでに女も引っかける…。言葉が少々過ぎましたが、いつもの通い慣れたお店でなく、今宵はオシャレに決め込んで「バル」に美味しいお酒や女性とのマリアージュを求めに行ってはいかがでしょうか。

相席居酒屋

現在注目を浴びている「相席居酒屋」。どんなものか気になっている方も多いと思います。まず料金システムは大抵、「男性は30分飲み放題で1,500~2,000円程度(もっと高い料金のお店もあります)」、「女性は無料」というものです。女性はもちろん一般の方で、料金システムから見ると、異性同士で相席してお酒を飲み、男性が2人分の料金を支払う(男性が女性の分をおごる)、みたいな感覚でしょう。入店すれば必ず異性と相席できます。また、店によってサービスは様々ですが、黒○げ・危機一髪などのおもちゃも置かれていて、会話に困った際はゲームで話題づくりをする事も出来ます。
それでも意気投合できなければ、店員さんに事情を伝えれば、いわゆる「チェンジ」も可能だそうです。女性の方は「タダで飲み食いできる」とあって、一定の人気は博しているようです。彼女を作ることだけでなく、「女性とコミュニケーションを取る練習」にもなると思うので、軽い気持ちで一度来店してみるのも良いのではないでしょうか。

インターネット

インターネットを使用した出会いは専ら、「出会い系サイト」が多いと言えると思います。出会いの手順は、先にご紹介した「SNS」と非常に似ていますが、SNSとの違いは、「料金がかかる」ことと、「運営の管理体制がある」の2点についてです。SNSにおいてもいろいろな制限があるかと思われますが、「出会い」を大々的に目的として掲げる「出会い系サイト」では、児童保護の観点から、18歳未満の若年層の利用を禁止しており、通称「サクラ」等への対策や、各種トラブルの対応も行うため「365日24時間体制」で徹底的に監視体制を敷いている運営がほとんどです。出会いの場で起こりうるさまざまなリスクに対応し、悩める男女の「出会い」に特化しているのが「出会い系サイト」であると言えます。
現在、国内の出会い系サイトはさまざまありますが、有名どころで言えば「PCMAX」、「YYC」、「ハッピーメール」、「わくわくメール」等です。どのサイトも基本的な料金システムは、「女性は無料」、「男性は女性に連絡すると一回○○ポイント(××円)」というものです。
「PCMAX」の特徴は、アダルト色の強さが印象的の出会い系サイトで、会員数も多く、毎月さまざまなオフ会や水着コンテスト等のイベントが企画されます。また男性は観覧するのに料金はかかりますが、「裏プロフィール」や「100の質問」等の「より詳細なプロフィール作成」をPCMAXの売りとしており、より細かく検索をかけられ、好みの女性を見つけやすくする機能が豊富にあるのが特徴です。
「YYC」は、みなさんご存知の「mixi」のグループ会社が運営する出会い系サイトで、利用者の年齢層が広いのが特徴です。20代はもちろんのこと、30~40代の「婚活」を目的としている女性も多く、多少地味さはあるかも知れませんが、それが特色とも言えると思います。また、一定の利用料金を越えると「VIP会員」になれ、サービスの幅も広がるので、お金に糸目をつけない方はお勧めです。
次は「ハッピーメール」です。出会い系サイトの中で最も長く運営されているサイトです。掲示板の利用には基本的に料金が掛りますが、「日記」については無料なので、日記機能を通じて出会いを探すのがメインの利用形態になりそうです。また、アバターを作って、ゲームや占いをする機能もあります。使用感もシンプルでわかりやすいのが特徴なので、老舗ならではの利用者への配慮が多々あるのもこのサイトの特徴です。
最後に「わくわくメール」です。わくわくメールの最大の特徴は何と言っても「キャッシュバック機能がない」事です。キャッシュバック機能とは、女性が男性と通話やメールのやり取りなどを積極的に行うと発生する「ポイント還元サービス」のことで、ものによっては「お金」に替えられる場合もあります。これによって、出会いそっちのけで、男性に連絡をさせて小遣いを稼ぐ方を重要視するような、いわゆる「キャッシュバッカー」が増えてしまいます。プロフィールを注意深く見れば見抜く事も出来ますが、完全に対処するのも初心者には難しい部分があります。
その点わくわくメールでは、「キャッシュバック機能がない」ので安心感があると言えるでしょう。これでもまったく悪質ユーザーが居ない訳ではありませんが、更にわくわくメールでは「プロフィールの閲覧が無料」なので、悪質ユーザーを見抜くための情報をより多く、手軽に入手できるという特長もあります。
どの出会い系サイトでも、狙い目は「新規登録者」です。ナンパの時と同じように「真面目そうな女性」というものもちろん当てはまりますが、さらに言うとこの「新規で登録し、使用感等が未だに分かっていないような女性」を狙うのがキモです。やり方も分からない相手を強引に騙すようで、少々気が引けるように思う人もいるかも知れませんが、出会い系サイトでの正攻法は、この「新人」にターゲットを絞るのが定石と言えます。
また新規登録で、男性であっても一定金額分、無料で利用できるサイトもあるので、一度インターネットで検索してみる事をおすすめ致します。

習い事やサークル

習い事やサークルは出会いの場として優位な要素を多々持っていると言えます。人は何かを学ぶとき、自分が上手く出来るかどうかが不安になるものです。そういった環境下に身を置かれると、人は無意識に同じ状況にある人を頼り、仲間意識を覚え、協力して目的を達成しようとします。幼い時、学校で友達ができた、あの時の感覚と同じだと思います。
学びへの不安感から、「他の人はどうしているか」、「もしかして先を越されているのでは?」。こんな心理状態にもなり、周囲の状況が気になり、無性に人に話しかけたくなるのです。
この状況に、私は「恋愛発展への第一歩」が隠されていると思います。また「○○教室」では複数人の生徒さんが、何かの手順を生徒さん同士で協力するような状況も多々あると思いますので、こういった状況に至っては、異性と自然な会話ができ、目的達成のため共同作業をすることで、絆が生まれ、物事の達成感に対する喜びを分かち合う事も出来ます。こうなれば、恋愛へはもう一歩、もう半歩先に見えているとは思いませんか?
一日無料体験をしている習い事もあるので、今度の休日に思い切って参加してみるのはいかがでしょうか?

ボランティ活動

「ボランティア活動で出会いを求める」。こんなことを望んだら、何だかバチが当たって誰かにゲンコツでもされそうですが、今やボランティアにおいても、「れっきとした出会いの場」と言えるのです。
ボランティア活動は地域のゴミ拾い、公園の草むしり、介護施設への娯楽提供や、河川等の環境保全活動までさまざまですが、意外に若い年齢層の女性が多く参加しているんです。試しに、比較的大きな規模のボランティア活動に参加してみればこのことは一目瞭然で、休日などを利用して参加している社会人女性にも出逢えること間違いなしだと思います。
しかも、ボランティアに参加するような女性ですから意識が高く、真面目な方が多くいます。真面目な女性?そうです、ナンパの極意でしたよね。作業も単純作業が多いので、会話をする機会は多くあり、「今度××でゴミ拾いあるんですよぉ。よかったら、○○さんもご一緒しませんか?あそこは景色も良くて、キレイになると喜びも一入です。」などから、「もし行かれるんでしたら、詳細な情報をお送りしますよ?」と言って、連絡先を交換できる機会があるかもしれません。
またインターネットを使えば、近隣の情報はすぐ出てきますし、最近では「婚活ボランティア」や、「ボランティア旅行」なるものもあり、旅行先での活動や、初めから男女の出会いありきでボランティア活動を行う企画まで存在します。
ボランティアと言えど、出会いの形もさまざまありますので、「飽くまで一にボランティア活動、二に出会い」として、休日のご予定を立ててみてはいかがでしょうか。単純に「良いことしたなぁ」と気分も晴れやかになり、新たな自分に気付く機会にもなるかも知れませんので、「ボランティアを一度も体験したことない方」には非常におすすめです。

シェアハウス

近年注目を浴びている、この「シェアハウス」。ルームシェアという言葉もありますが、シャアハウスはその名の通り、「一軒の家を複数人で住む」といったものです。物件を管理している管理会社と契約をし、空いている部屋に適宜入居するというのが一般的な流れで、風呂やトイレ、キッチンなどは共用、物件によっては初めからエアコンやクローゼット等の家具も付いているようです。これは出張や海外からの出稼ぎ等で、仕事の関係上で利用する人が多いため、入居期間が比較的短期であることから、予め家具が備え付けてある物件が多いそうです。
シェアハウスを利用するのは前述のように、海外の人も多く、年齢層も幅広いのが特徴です。なかなか住む前に、「どんな人が住んでいるのか?」等は個人情報もあるため、住んでからのお楽しみとなってしまうこともあるかとは思いますが、若い年齢層の女性も利用しているのは事実です。女性の職場が多い所や、女子大?が多い地域には比較的女性の入居者は多いかもしれません。またセキュリティがしっかりしているところも狙い目でしょう。
入居してから実生活が始まれば、何かとトラブルも多いかもしれませんので、飽くまでも共同生活をする上で、ある程度協調性を持って、相手の行為に大らかになることが必要条件のようです。またシェアハウスを利用される方は、寂しがり屋というよりも、比較的人懐っこいような、人とのコミュニケーションを大事にする人が多いと思われるので、仲良くなれば、食事や、休日のイベントなども同居人と企画して、楽しく共同生活が出来そうです。
しかし、どんな人が住んでいるのか?こればっかりは事前に分からない場合が多いので、それよりも土地柄や、「しっかりとした管理体制のある不動産会社」などに重点を置き、利用を考える事を強くお勧めします。習慣の違う海外の方々とのトラブルもあるようなので、きちっと対応してくれるところを選んだほうが良いですよね?

結婚式で

出会いの鉄板、「結婚式」。交友関係の広い友人の結婚式は、来られる方も大勢で、正に出会いを求めるには打ってつけでしょう。親御さんの目がある手前、やはり勝負は「二次会」なのかもしれませんが、式の際のケーキ入刀など、席を立って記念撮影するタイミングで、気になる女性を事前に探しておくことはかなり重要な下準備だと思います。話しかけられるようなタイミングがあれば、「新郎・新婦どちらのお知り合いですか?」とか結婚式にまつわる話題から、ごくごく自然に話を切り込みましょう。またその時に、しれっと、「この後、二次会あるみたいなんですけど、どこであるんですかねぇ?」などで、二次会の話題を出し、参加するつもりがなかった相手に参加させるというもの手だと思います。

ナイトクラブを利用する

ナイトクラブとは夜間営業の会員制バーの事ですが、ゆったりとした落ち着いた雰囲気のお店が多く、はっきり言えば、「ナンパ向きではない」というのが結論になってしまいます。場所によっては、けむたがれるようなお店もあるかも知れません。前述の非会員制バーや、相席居酒屋等を利用した方が良いかと思います。庶民的な店では人も多いしうるさいと、会員制クラブで静かにナンパをしようというのは、どちらにしても素人には難易度が高いように思います。
中には、「立ち飲み形式の会員バー」もあるようです。こちらの方は比較的、和気あいあいとした雰囲気で出会いの場としては、こちらの方が向いているでしょう。
ただ、こちらも正直、初心者には不向きに思います。なぜなら、ナンパが前提の雰囲気が漂う、弱肉強食感バリバリの場所が多いので、ナンパ慣れしていない人が行くとその雰囲気にやられ、女性に話しかける事も出来ず、時間だけが過ぎていくことになるだろうからです。ナンパに相当自信がおありなら、ご自身の腕試しも兼ねて出会いを求めに行くには良い場所と言えるでしょう。
これらのことから、ナイトクラブはその店の特徴から「ナンパ容認」、「ナンパ否認」の両極端にわかれるため、ナンパ初心者は素直に非会員バーや、相席居酒屋等で腕を磨いてから出直した方が良いと思われます。

結婚相談所

厚生労働省のデータ等から、結婚相談所等を利用した、ここ数年の年間お見合い結婚の割合は全体の約6%ほどを推移しています。逆に恋愛結婚の割合は80%強で、圧倒的に恋愛結婚の方が多いのが分かります。
しかし6%言っても、年間に結婚されるカップルは、60万組ほどいらっしゃいますので、単純計算で、それぞれ約4万人の男女が年間お見合い結婚しているということになります。そしてこの数字は決して小さな数字ではないと個人的には思います。結婚を真剣に考え結婚相談所を利用される方は多く、その中で確実に男女が出会い、着実に結ばれていっているのです。
また、結婚相談所の特徴としては、相手の身の上がはっきりしていることで、管理体制が整った相談所ならば、詐欺のような人間に騙されるケースも少ないでしょう。それに付け加えて、女性をどのようにデートに誘えば良いのか?などの心配もする必要もありません。最近の結婚相談所では、こういった悩みにも親身になって対応してくれますし、お互いの趣味などを通じてデートプランを代わりに練ってくれたりと至れり尽くせりです。一昔前のお見合いのようなお堅い形式ばったものも、嫌であればいろいろと形は変えられます。女性に対し奥手な方にはおすすめかも知れません。
社会人としての出会いを考える上で、結婚相談所を利用するのは最終手段のようにも思えますが、本気で異性と付き合い、将来のパートナーになる人物を真剣に探したいのならば、過ぎた時間は返って来ませんから、思い切って行動に移してみるのもひとつの手段だと思います。なかなか良い結果を導き出すのには時間が掛るかも知れませんが、ナンパもしたくないし、出会いのために、自身の行動範囲や生活習慣を変えるのも抵抗があるという方は、「結婚相談所を出会いの場とする」決断も、検討の余地があると思います。

以上、「彼女ができる方法はこれが正解!いち早く彼女を作りたい人は、コレを試してみて!」でした。この記事を読んだあとは、さっそく彼女づくりを頑張ってくださいね!