女性の晩婚化が進んでいる昨今、処女率もどんどん上がっているようです。

早い人でも10代後半で既に経験済の人もいますが、まだまだ20代・30代でも処女の人はいますし、恥ずべきことではありません。かわいらしい人でも「はじめては大切にしたいから」という理由で見送っている人もいるとか。

それではここから、「やらみそ女子」と言われる30代処女の実態などを見ていきましょう。

”やらみそ女子”とは

“やらずの三十路”=”処女の30代”

「おフェロ女子」「カープ女子」「腐女子」…
最近では、ジャンルを問わず「●●女子」というような言葉がたくさんあり、その女子がどんな子かということをバシッと分かりやすく簡潔に表しています。
その中でもひときわ異色を放つのが「やらみそ女子」。
何かのお味噌が関係しているのか…的な名前ですが、「(セックス)やらずの三十路」、すなわち処女のまま30代を迎えてしまった女性のことを言っているのです。
セックスしないまま三十路…女性で三十路といえば結婚して子どもがいても全然おかしくない年齢ですよね。そんな三十路の処女「やらみそ女子」とはいったいどんなものか、ここではご紹介していきます。

4人に1人は”やらみそ女子”

4人に1人…これって結構な人数がやらみそ女子であることになりますよね。女友達が数名集まったらその中にやらみそ女子がいても何らおかしくない数値です。
パッと思い浮かぶ「やらずに三十路」になった女性のイメージとは、人格に壊滅的な問題があったり、お世辞でも容姿が美しいとは言えない女性であることが多いでしょう。
しかし、4人に1人となると、なんの変哲もないごく普通の女性もやらみそであるということになります。むしろ、やらみそ女子には美人でモテ系の女性が意外と多いというのだから驚きです。

なぜ”やらみそ女子”になったのか

やらみそ女子のうち、三十路になるまでのおよそ30年間、何度か処女を脱する機会があったという女性や、そんな気配など1度もなかったという女性もいるでしょう。
前者は機会がありながら何故結局やらみそなのか、後者は何故そんな気配がなかったのか…ここでは「なぜ、やらみそ女子なったか」という原因を見ていきたいと思います。

一番多い理由は「機会がなかった」

「女子校に通っていたので」「女同士で遊んでいる方が楽しかったので」「学生時代は部活や勉強に明け暮れていた…」などの理由で、男性と接触する機会が少ないかったという方がたくさんいます。
女子校に通っていても、大学などに進学すればコンパやサークル、アルバイトなど出会いの場はたくさんあるのですが、女子校出身者はどうにも男性に免疫がない女性が多く、興味はあっても積極的になれない方が多いです。女友達の輪でははっちゃけていても、男性がいると友達の影に隠れてモゴモゴしていることも。
学生時代に部活や勉強ばかりで出会いがなかったという女性は、「その時」を一生懸命に生きていたという人間的な魅力があるのですが、男性と話すということに不慣れなので、その自分の魅力を充分に伝えることが難しいということも…部活ネタは出会いの場ではいい話題になるので是非チャンスにつなげたいところです。
また、趣味に没頭しすぎて男性と出会う機会を逃していたというやらみそ女子も多いです。
マンガやアニメが好きであったり、アイドルの追っかけであったり、濃い趣味は男性との出会いを遠のけてしまうことがあり、趣味にのめり込んでしまう女性にやらみそ女子が多い傾向があります。マンガやアニメ好きの場合は、同じ趣味の男性を比較的探しやすいのですが、アイドル(特にジャニーズ系)はなかなか男性の理解を得ることは難しいかもしれません。

性に対して何らかの恐怖心を持っている

「彼氏との初体験が激痛のため失敗に終わり、それ以来セックスが怖い」「セックスが失敗続きで、彼氏に捨てられた」「潔癖症なので、セックスの想像をするだけで気持ち悪くなる」「小さい頃に大人にいたずらされた」など、肉体的な接触に何らかのトラウマや精神的な拒絶が原因でやらみそ女子になっていることもあります。この手の恐怖心は根深いことが多く、時間薬での解決は困難です。もし、今の状況を脱したいのであれば、キチンとしたカウンセリングなどを受けることをおすすめします。

次に多いのは「貞操を守るため」

意外にも多かったのが「女子たるもの、結婚するまでは肉体関係はもちません!」という意見。
性的に奔放な価値観の女性が増えた現在ですが、今も大和撫子の思想を持ち続けている女性もいるのです。特に家がキリシタンであったり、カトリック系の学校に通っていたという女性は婚前交渉は禁忌という教えがあるので、貞操観念がガッチリであることが多いです。
しかし今の恋愛スタイルは「好きなのだから、セックスありき」のお付き合いが主流なのでこの古風な貞操観念はついていけないという男性がいるもの確かです。しかし自分の中でしっかり芯のある貞操観念があるのなら無理にそれを変える必要はありません。むしろ「セックスしないなら別れる」なんていう男性ならこっちから捨ててやりましょう。

セックスに対して自ら距離を置いている

セックスに対して、何だか「恥ずかしい」「いけないもの」というイメージを持っていて、何となくセックスに対して距離を置いているやらみそ女子もいます。
また、自分の友だちなどに恋愛至上主義の子がいたりすると、その男性に尽くして振り回される友達の様を見て「恋愛やセックスは女性をダメにする」というイメージを持つ方もいます。
そして初体験に失敗したことのある女性もセックスに距離を置きがちです。挿入時の激痛を思い出したり、優しかった彼がセックスの際に激変したなどのトラウマがあると、どうしてもセックスをいいものとは思えないのです。
他には、思春期に親などから「セックスは安易にしてはいけない」と厳しく教えられて、いつの間にか「セックスは悪」といった極端なイメージを持ってセックスから距離を置いている女性もいます。確かに大切なことなので親御さんは口を酸っぱくして言ったのでしょうが、それによって大人になってもセックスを遠ざけてしまっている原因になっているなんて思いもしないでしょう。

”やらみそ女子”だからと恥じることはない!

30代というと、周りには処女どころか結婚して子どもがいる女性も多く、やらみそ女子は処女であることが恥ずかしくなってしまうこともあるでしょう。
しかし、セックス経験の有無や早い・遅いで人間の価値が決まるわけではありません。
もちろん、やらみそだから女性としての魅力がない、男性に相手にされない無価値な人間だなんてことはありません。むしろ、「処女で嬉しい」という男性だって実はたくさんいるのです。
ここでは、男性から見た処女の魅力をご紹介します。

男性はバージンに惹かれる

昔から男性には「処女信仰」」「処女神話」があるとされています。
女性は処女であることをコンプレックスに感じることが多いですが、男性にとっては喜びポイントであることも。
それは何故かという理由をここではご紹介していきたいと思います。

「初めての相手」に選んでくれたら嬉しいから

「男は相手に『最初』を求め、女は『最後』を求める」、こんな格言があるように男性は何事も初物を好む傾向があります。誰も到達していないところに、自分が1番に辿り着くという喜びがあるのです。
初エッチだけでなく、初キスさらには初めて付き合った相手になりたかった!という方も多いはずです。独占欲の強い男性なら、なおのことこの思いが強いことでしょう。
初めての相手に選らばれたことによって、自分という男の存在を認めてくれたという思いや、人生に1度の大切な初体験の相手を任せてくれたなど、全面的に信頼してくれているという思いが嬉しいようです。

新鮮なリアクションがイイ

セックス経験済みの女性ではけっして見ることのできない、処女特有のリアクション。
恥じらいや驚きの表情は、男性の心をくすぐります。経験のある女性なら驚きもしない男性の下半身の変化を、処女なら興味しんしんに見つめたり、恥ずかしがって目をそむけるなんて新鮮な反応も見られます。慣れてしまうことが悪いというわけではありませんが、やっぱり恥じらいは程よい興奮剤になります。

痛みに耐えながら受け入れてくれるから

処女の初体験には「痛み」が伴うことが多いです。その痛みの度合いは人によって違いますが、裂けるような痛みや突き刺されるような痛みを感じる女性が多いです。中には痛すぎて最後まで挿入することが出来ない…なんて方もいます。処女喪失はそれだけの痛みを伴うのです。
幸いなことに痛いを感じなかったという方もいますが、多くの方は痛みを訴えています。
男性が計り知ることのできない、とんでもない痛みに耐えてまで一生懸命自分を受け入れようとする女性の姿に男性はいじらしさや健気さを感じるのです。「こんなに痛い目にあわせたんだから、これからも大切にしないとな」なんて男性の庇護欲をかきたてることもあります。

どんなプレイでもしてくれそう

処女は精一杯尽くしてくれそうなイメージがあると思います。これまでセックス経験がなかったので、性に関しては擦れておらず、こちらの要求を一生懸命に飲んでくれそうだという男性の意見があります。「コレをしてくれると嬉しいな」なんて好きな男性に言われると、初体験の相手が嬉しいことならどんなプレイだった応じてあげたくなるのが処女です。悪く言えば、経験や知識がないということを逆手にとってプレイをお願いしている感じになるのでしょうか?
好きな男性のために精一杯な姿は、男性にとってたまらないものなのです。

試行錯誤する姿に胸を打たれる

初めてのフェラのときに歯を立てないようにアレコレ工夫したり、「どうするのが気持ちいいの?」など不安そうに聞いてきたり…その心から気持ちよくなってもらおうと試行錯誤に頑張る処女の姿に胸をうたれる男性もたくさんいるでしょう。自分を気持ちよくさせるために一生懸命考えてくれるというのはとても嬉しいことですよね。

エッチのランク付けをされないから

エッチがへたくそ…男性にとっては絶対に言われたくない言葉の1つですよね。しかし男性が男性のエッチのテクニックを身を持って知ることは出来ず、知ることが出来るのは体験した女性のみです。好きな女性に「あ~あ。元彼のほうが上手かったなぁ」なんて思われてると考えると、男のプライドはズタズタですよね。
その面、処女はその心配がありません。何せ「処女=初めて」なので比較対象がいません。どの男性とも比較することはなく、嫉妬に悩むことも、男のプライドが傷つけられることもありません。

エッチにハマっていく姿を見たい

初めは、エッチにたどたどしかった彼女が自分とのセックスを重ねるたびにどんどん積極的になっていく…そんな姿を見てみたい!という男性の声もあります。初体験から快感を感じる女性もいるようですが、半数の方は2回目、3回目くらいまでは初体験ほどではないけどセックスするとまだ痛いということがあります。しかしセックスの快感は、男性の愛と経験回数で増長させることが可能です。
最初の頃は、セックス中どこか不慣れで苦しそうにしていたのに、回数を重ねることによって開拓されていく彼女を見ていくのは、独占欲や征服欲が特別強くない男性でも1度はやってみたいことでしょう。
何を知らない少女のような女性だったのに、今はすっかり男性を知るなまめかしい女性…そんな風にしたのは自分だと思うと優越感がわきますよね。

元彼の影に怯えなくていい

「前の彼氏はもっとエッチ上手だったのに~」「あ、このラブホテル、元カレと来たことある!」など、何気なくいった女性の言葉に男性は深く傷つくこともあります。特にセックスに関しては男性はとてもデリケートなのです。
また、「女性の恋愛は上書き保存、男性は名前をつけて保存(女性は新しい恋愛をすると過去の恋人のことは上書きされて頭の中からなくなるが、男性は個別の思い出として過去の恋人の事を忘れない)」、「女性の恋愛は曲がり角、男性は1本道(女性は新しい恋愛をすると、曲がり角をまがったように振り返っても昔の恋人の姿は見えないが、男性は1本道なので振り返ると過去の女性がいる)」というような言葉があるように、男性は「過去の恋人の存在を忘れない」という方が多いです。自分がそうであるが故に、「彼女も昔の彼氏のことを忘れていないのでは…」と不安になることもあるようなのです。ちょっと身勝手な話ですよね。しかし嫉妬深い男性なら、元彼の存在なんて迷惑以外何ものでもありません。
その点、処女なら元彼がいたとしても、その彼とは深い関係にはなっていない(セックスしていない)ので、そこまで嫉妬に身を焦がすことはありません。元彼の影に怯えず、自信を持って「彼女は俺のもの」と言えるのは精神的に安定するようです。

ただ、「重い」と思われる場合も

「30歳になるまで処女を大切にとっていたの!?」と引いてしまう男性がいるのも事実です。
今まで誰も手を出さなかった女性に、自分が初めて手を出すことに優越感を感じる男性ばかりではありません。
「ちょっといいなって思っただけなのに、エッチすると強引に結婚させられそう」なんて思っている男性もいます。確かに「処女あげたんだから付き合って(結婚して)ね!!」なんて言っちゃうやらみそ女子もいるようです。
ここでは、やらみそ女子がやらみそである原因をまとめてみました。

異常にプライドが高い

「私、別に男に頼らなくても生きていけるし」「そこまでして彼氏って必要?」「コンパとかって、自分を安売りしてるみたいでイヤ」など、「アンタ何様!?」と思われるようなやたら上から目線になっているプライドの高いやらみそ女子もいます。または、この異常な上から目線が原因でやらみそ女子になっているということも。
本音で生きているだけなのかもしれませんが、あまりむき出しの感情は男女ともに出会いを遠のけてしまいます。

初体験はおろか人間関係にも悪影響を及ぼす

異常に高いプライドは、かわいげのない発言で男性をガッカリさせるだけでなく、出会い探しを協力してくれようとする女性の反感も買ってしまうこともあります。初体験までいったとしても「痛くしないでよね!」「この私の初体験の相手なんてラッキーね」なんて上から目線は男性を萎えさせます。また、色んな相談や協力をしてくれるであろう女友達に「コンパに行ってもいいけど、いい男しか連れてこないでね」「こないだ紹介してくれた男性はないわ」など悪態をついてはいけません。
謙虚な姿勢は男女ともに良縁を繰り寄せます。程よく男性を上げて、女性に対しては共感などをすることによって、今よりもずっとステキな環境になりますよ。

男性に対する理想が高い

30年以上培ってきた男性への理想は、生半可なものではありません。
「見た目はアイドルの●●みたいな感じで、優しくて、お金持ちで、仕事ができて、私だけ愛してて…」など、「そんな奴いないよ!!」的な理想をツラツラといってのけます。
彼氏持ちや経験済み女子であれば、完ぺきな男性はいない、欠点があってもそこも含めて受け止められるだけの好きな気持ちがあればよいなど、ある程度男性の「実態」や「上限」を知っているものですが、やらみそ女子はそんな発想はありません。生身の男性を知らないので、ドラマや少女漫画に出てくる主人公のような「完ぺき男子」を求めてしまっていることがあります。
また、長年王子様を待ち続けた分だけとにかく「妥協できない」という気持ちが強いのです。

処女をこじらせてしまう

男性への理想が高まると、もうその理想(妄想?)からズレることは許されず、結果として処女のままおばあちゃんになってしまうということも。年齢を追うごとに自分の中で処女が重たくのしかかり、「ここまで待ったのだから、相手は最高の男でなければ…」と初体験へのハードルが高くなっていってしまうのです。

仕事にウエイトを置いている

「仕事が恋人」という言葉がまさにピッタリなやらみそ女子も多数存在しています。
人が何に生き甲斐を感じて生きていくのかは自由です。恋愛や趣味、子どもの成長など人それぞれで、仕事がそうであるという女性も増えています。しかし、仕事に没頭するあまり、恋愛するヒマがなく、結果やらみそ女子になってしまったということも。

男性からは敬遠されやすい

デキる女は一目置かれることもありますが、そんなことばかりではありません。
特に男性は、仕事に関して女性に競われること、自分より上の立場になることを嫌がります。自分より仕事の出来る女性には敵意を向けることも。男尊女卑の意識がある方もいるでしょうが、男としての自尊心が満たされないというのもあるでしょう。
「お前は仕事ばっかしてて、彼氏が出来ないのも当然だよな」なんて憎まれ口をたたかれしまうこともあるようです。

異性と全く交流しない

男性もいる学校や職場の飲み会でもずっと女友だちとしゃべっていたり、遊びに行くのも友だちとばっかり…悪意はないのですが、男性と交流することに極度に緊張していたり、どんな顔をしていいかわかならないなどの理由で、意図的に男性との交流を避けてしまうことがあります。男性がせっかく話しかけてくれても、照れ隠しでそっけなく返してしまったりすると「かわいげのない奴」と思われてしまいますよ。突然の絡みでビックリしても笑顔で返せるくらいにはなっておきたいものです。

『ひとりで生きていく』感が強い

あまりにかたくなに男性との接触や交流を拒む女性は、一見すると「男性に媚びない強い女性」「隙のない女性」に映りますが、それって結構損をしているのかも。
少しだけでも隙や弱みを見せることによって自分自身楽になりますし、男性も「なんだ、かわいいところあるじゃん」と普段とのギャップにグッとくることもあります。男性に甘えることは媚びているみたいでイヤだと思う方もいるでしょうが、少しだけガードを緩めて「守ってあげたい女性」になってみると、ステキな出会いがあるかもしれませんよ。

”やらみそ女子”の魅力

「三十路で処女とか引くよね?」と心配になっているやらみそ女子もいるでしょうが、男性は意外とやらみそ女子に肯定的であることは多いです。むしろ嬉しいという意見も!
ここでは男性が抱く、やらみそ女子の魅力をまとめました。

従順で一途なイメージがある

男性がやらみそ女子に持つ1番のイメージは「貞操観念がしっかりしている」ということです。
昔ながらの古風な「決まった男性にしか体は許しません」という固さがあり、どんな男に言い寄られても難攻不落な彼女が自分にだけ心も体も許し、一途に思ってくれている…そう思うと男性はたまりません。また、初めての男性が右と言えば彼女も右、左と言えば左と従ってくれるイメージもあり、亭主関白な男性もそうじゃない男性も「自分についてきてくれている」という男として頼られている感が嬉しいようです。

真剣な交際・結婚ができる

やらみそ女子は、処女歴=年齢が真面目である保証となっています。次付き合う人とは結婚を視野に入れたいという男性には真面目にやらみそ女子がピッタリです。
実際、やらみそ女子の中でも「付き合う人とは結婚を」と思っている方が多く、交際がはじまると結婚前提の真面目なお付き合いをすることができます。
先ほどもお話ししたとおり、貞操観念がしっかりしているのでやらみそ女子と付き合っても結婚するまではセックスすることが出来ない場合もあります。
結婚前提に真剣交際をしている男性は「真面目な子だな」と捉えてあげてください。

『初めての男』になれる

「この世に生まれてきたからには、誰かの人生に印象強く残りたい」という考えは誰だってあるでしょう。色んな印象の残り方はありますが、女性にとっての初体験の相手というのは人生で5本指に入るくらいの印象で残ります。それだけ、初めての男性というのは重要なものなのです。そんな女性の「初めての男」になれるというのは大変喜ばしいことですよね。このまま自分だけを彼女に刻み込んで、俺色に染めたいという男性も多いでしょう。

処女を卒業したいからといって

「周りはどんどん結婚して子どもを産んでいるのに、私は彼氏どころか処女なんだけど…」なんて焦りを感じるやらみそ女子もいるはず。とにかく処女だけでも捨てておきたいと焦ってしまうとロクなことがありません。処女が悪いだなんて決して思わず、ちゃんとステキな相手が見つかるまで貞操をしっかり守ってほしいのですが、処女を捨てたいやらみそ女子が陥りがちなことをご紹介します。

焦りすぎる

とにかくこの「やらみそ女子」の称号を捨てたい!と焦って、行き慣れないコンパに行きまくったり、夜のバーなどでナンパ待ちしてみたり、以前から言い寄ってきていた好きでもない男性と付き合ってみたりする女性もいるようです。
しかし、好きでもない男性と結果としてお付き合いをするようになって何が楽しいのでしょうか?初体験だからこそ、心から好きだと思える男性とするべきです。これまで処女だった理由の1つに、そう思える男性とまだ出会えていないということがあるでしょう。ここまでその出会いを待ったのなら、焦らずに待つくらいのおおらかな気持ちを持ちましょう。

また、初体験のお相手を探すのでなく、自分で極太バイブを買ってきて処女膜を破ろうというツワモノやらみそ女子もいたりします。本当に破れているかは不明とのこと…セルフで処女喪失ってなかなか悲しいものがあります。あまり焦って無茶をしてはいけません。

一夜限りの関係に陥ってしまうことも

焦りに焦った結果、どこかの悪い男にそそのかされてワンナイトラブに発展してしまった元やらみそ女子もいます。1回だけやりたいような男性にとっては、処女喪失に焦るやらみそ女子は格好のターゲットなのです。恋愛は自由なので、ワンナイトラブが悪いとは言いませんが、初体験は女性にとってとても特別なものです。そこまでして処女は捨てたいものでしょうか?その相手はここまで大切に守ってきた貞操をささげるべき男なのでしょうか?焦って出した結論や行動はあとから後悔することが多いです。初体験だからこそ、相手は慎重に選びましょう。

自分磨きにお金をかけすぎる

「やらみその原因は、自分の容姿に魅力がないから」「自分に自信がないから」などという理由で自分磨きをするも、それが行きすぎてお金をかけすぎるということも。もちろん、外見の美しさを磨くことは大切なのですが、容姿ばかり磨いても本当に大切なものは決して手に入りません。自分磨きで大切なことは「自分を好きになる」ということです。外見的な自分磨きによって男性の目を引けるようになるだけでなく「可愛くなれた、ここまで頑張った自分を好きになれた」と思えたら大成功でしょう。達成感は自信につながります。お金をたくさんかける自分磨きは「ただ必死に(自分磨きを)やってるだけ」になりがちです。お金ばかりかけずに、内面から満足できる自分磨きを目指しましょう。
また、習い事も自分磨きの定番です。料理教室やダンス、ジムなど女子力をあげる習い事は非常に人気があります。習い事で私生活が充実することもあるし、何よりスキルが身につくので習い事で自分磨きは大いにアリなのですが、入会金やお月謝は結構するものです。費用関係も事前によく調べて、何個もやみくもに習うのではなく、1個か2個に絞って負担のないようにしましょう。

お見合いパーティーなどに行けなくなる

たくさんお金をかけて自信がつくまで徹底的に自分磨きをして、いざ出会い探し…と思っても、自分磨きにお金をかけ過ぎて、お見合いパーティーやコンパなどの出会いの場に行くお金がない!!こうなってしまうとせっかくの努力が水の泡となってしまいますよね。
なんで自分磨きをしようと思ったのか?なんでキレイになりたいと思ったのか?…最初の動機をくれぐれも忘れないようにして、お金のかけどころを間違わないようにしましょう。 

処女だからこその魅力がある

やらみそ女子の中には「いい年して処女は恥ずかしい」「処女は重い・面倒くさいと思われる」など、マイナスのイメージをもっている方もいるでしょう。
しかし、処女はこれまで安易に男性と関係を持たずに貞操を守ってきたしっかりした真面目さや、男性経験のなさ故の純粋さがあり、男性にとってはお嫁さんにしたい対象です。経験がないことは必ずしも悪いということにはなりません。
エッチをしたことがあるから女性といて優れている、勝っているなんてものはなく、処女でも非処女でも自分を大切にできるステキな大人の女性が愛されます。
処女は1度なくすと決して返ってくることはありません。だからこそ処女を大切にして、心から愛することのできる彼が現れるまで焦らず「やらみそ女子」でいましょう!