この人のことは好きだけど、不倫はやめたい・・・、という方も多いですよね。

恋愛は片想いでも両想いでも幸せなもの。ですが、不倫となると少し違う思いを抱かないといけません。芸能界でも去年は不倫ラッシュと言われたくらい不倫という言葉を毎日見ました。

相手にパートナーがいること前提で欲望のままに落ちて行く不倫もあれば、相手がパートナーがいないと思い始まってしまった恋もあります。

同じ不倫でも始まり方は全然違いますよね!

でも、そんなこと第三者は関係ありません、不倫は不倫でしかない。

なんとなく相手にパートナーがいないと思って、結果的に不倫だとすれば罪はないような気がします。でも、どちらも同じ不倫で人を傷つけることに変わりはない、不倫に良い悪いもなく、捕まらないにしても不倫をすることで誰かを傷つけます。

自分が幸せになろうと思えば誰かを傷つけてしまう、それが分かっていてもやめられない恋愛が不倫なのかもしれません。

やめたい!けどやめられない

友達が「私不倫しているの」と聞いたら、何て言葉を返しますか?
「ダメだよ、不倫なんてやめなよ」と多くの方が返すでしょう。

でも友達だとしても両親だとしても「やめる」と言い切れないことが恋愛というヤツ。
不倫が良くないことは不倫の恋愛をしている本人がよく分かっていること。
そして幸せになれないかも・・・心の何処かで常に頂いている感情が不倫です。
自分ではやめたいけれどやめれない。
それは不倫に限らずに恋愛全てにおけることなのでは?
とくに簡単に手に入らない、思い通りにならない不倫だからこそ踏ん切りがつかない。
どこかで不倫は少し美化されているところがあります。
絶える恋、しのぶ恋をしている自分自身に酔っているところもあるのです。

やめられない理由

不倫をやめれない理由に秘めている恋愛ということがあります。
「私、今不倫していて~」なんて女子会でも職場でも簡単に話すことができません。
その一言をいえば「もう、終りにしよう」と男性側から切り出されてしまいそう、そのことが怖いから不倫している女性は誰にも相談することができない。

不倫している女性は孤独感を抱いている傾向が多く、誰にも話せない、友達も親も話したところで不機嫌な顔をする。

私の孤独を生めてくれる相手は不倫相手だけかもしれない・・・・。不倫相手と過ごす時間が何よりも癒されて幸せだと感じる。だからこそ、別れたくない。だからこそ、不倫という恋愛だとしてもやめたくない・・・。

好きな人と別れたくない

自分が好きになった相手は何かしらの魅力があるものです。
不倫だとしても恋愛感情に変わりはありません!

特に不倫の恋愛だと身体の関係だけじゃなく心の深いところで結ばれていることもあります。
お互い傷を負った者同士で寄添い合う。

それだけに好きになった相手と別れることなんて誰もできないですよね、倫理的にいけないこと分かっていても感情は違います。

とくに人間の心理は「やっちゃダメ」「いけない」と思い反面、分かっていてもルールを壊してしまうもの。

それは恋愛に対しても同じで好きになったらダメと分かっていても、別れたくないと反対の気持ちが強くなる。

好きな人と別れることは好きな人を嫌いにならないとできません。

「別れて結婚する」と言ってくれている

不倫を続けられる秘密は相手の優しさです。
それが偽りだとしても偽りの優しさとは感じません!
心のどこかでもしかしたら「ウソかも知れない」と感じていても、
不倫相手が「妻と上手く行ってなくて・・・別れることになる。」
「そしたら結婚しよう」と言ってくれれば信じてしまいます。
冷静に考えたら別れてから「結婚しよう」と言えば良いことですよね?
この時点で不倫男性側からキープされているということ。
妻と別れる気がなくても、実際に別れてしまったり、不倫がバレて夫婦仲が不仲になったときに寂しくならないように男性側がキープ。
そのことに冷静になれば気づくはず。

相手が別れてくれない

逆に「もう不倫はイヤ、別れたい」と思い女性もいます。
でもズルズルと不倫を続けてしまっている女性は、母性を握られてしまっているからです。
「オマエがいないとダメなんだ」「一緒にいると安心する」「幸せだ」要するにダメ男です。
第三者から見て「なんでこんなダメ男に引っかかるの?」と思うような男ほど、
母性が強い女性は落ちてしまう。

「私がいないとダメなんだ・・・」後ろ髪を引かれてしまうのです。
強い男性が好きな女性もいれば、弱い男性が好きな女性もいます。
そして全面的に男性側の言葉を信じてしまうのです。
例えば不倫と同じようにドメスティクバイオレンスな相手でも叩かれているうちに、
相手に服従するようになります。
「私が悪いから相手を怒らせてしまう、私が全て悪い」と思うそうです。
不倫も相手から心を支配させてしまっているのかも、相手が別れてくれない、別れようとしても言葉巧みに言い寄ってくるのは、
心をつかまれてしまっているかもしれません。

関係が気まずくなるのがイヤ

たしかに職場不倫のあるあるですよね、不倫をやめられない原因のひとつに、お互いの関係が気まずくなること。
例えば同じ職場の上司と部下の関係や同僚であれば、当然、仕事に支障がでてきます。
下手をして不倫相手を怒らせば左遷や降格、もしかしたら辞めることになるかも!
もっとやっかいなことは旦那様の友人や知人であれば、不倫関係を切ったら旦那にバラされてしまうこともあります。
今の世の中、ストーカー的な犯罪も多いですから簡単に「終わろう」と言えない。
不倫関係を切って今後の人生で二度と会わない人と不倫はしないもの、ほとんどの人が顔見知り関係、近い友達といわれます。
不倫の終わり方を間違えると今後の人生に大きく響いてくることは確実です。

相手を傷付けたくない

相手を傷付けたくないから別れることができない。
その言葉は正直、偽善者以外の何もものでもないですよね!
不倫に関わらず幸せだけで包まれた恋愛なんてありえません、どこかで知らないうちに傷をつけていることは誰にでもありえます。
不倫の恋愛となれば不倫相手を傷つけるだけじゃなく、不倫相手に関係する全ての人、自分自身に関わる全ての人を傷つけているかもしれません。
相手を傷つけるから不倫をやめることができない・・・
それは別れたくない言い訳にしかないことに気づいてください。
不倫関係を許可してしまっていることで目に見えない誰かを傷つけています、それはアナタ自身が思うよりも大勢の人達を裏切り傷つけているのです。
目に見えるリアルな相手だけが傷つかないなんて思ってはダメ!

やめられない人の特徴

不倫をやめることができない、繰り返す人は必ず特徴があります。
不倫の恋愛をしたいわけじゃないけれど、好きになる人にパートナーがいたりして止めることができず続けてしまう。
不倫の恋愛を繰り返して行くうちに不倫に馴れを感じてしまう。
不倫の恋愛でも「幸せなら、それでいいじゃない」と心の何処かで考えてしまいます。
罪悪感は馴れていけば消えて行くもの・・・
もしかしたら、不倫の恋愛に馴れてしまっていませんか?
不倫をやめられない人は究極の寂しがりや。
自分自身が可愛くて仕方ない、一人でいることが耐えられないから相手を求めてしまう。
相手にも同じ寂しさを共有してほしいのです。

不倫相手と『共依存関係』

相手は裏切らない、私も裏切らない、共に強い関係に結ばれている。
「私と貴方は同じ悩みを抱いて結ばれた二人!」と言わんばかりに、ドラマチックな感情が強すぎて相手を依存してしまうタイプ。
特に同じように仕事や人間関係で悩んでいるとキズの舐め合いではありませんが、「分かる、分かる」と相手と同じ気持ちでいることに幸せを感じてしまいます。
自分のことを分かってくれる理解者と思ってしまうのです。
このように「共依存関係」が強いタイプは相手が離れることが想像できず、ストーカーに変貌しやすいです。

刺激が忘れられない『不倫中毒』

平凡が一番と言いますが、その一方で刺激を求める女性は多いです。
むしろ、女性は男性よりも刺激を求めたくなる方が意外と多いかもしれません!
刺激を求めるタイプの女性は「好きになった人に既婚者だったなんて!」というよりも、あえて既婚者を求めてしまう傾向があります。
報われない恋、好きになってはいけない人を愛してしまった・・・
誰にも相談できない・・・そのような不倫独特の感情に酔っていることが多いです。
罪悪感で辛いというよりも罪悪感さえも心地良く感じてしまいます。
普通の恋愛では物足りない、長く続くことができない。
「恋愛は障害があるほど燃えるもの」その気持ちが強く、自分自身で不倫の恋を惹き付けてしまうフェロモンを出しているのかもしれません。

深入りしすぎて引き際が分からない

ちょっと危ないタイプかもしれませんね!
愛情が強すぎることで相手が既婚者であってもセーブすることができない。
最初は軽い気持ちで始まった恋も不倫という環境にどんどんはまって行くようになります。
このタイプは「付き合う相手」「結婚する相手」など相手によって切り替えることができない。
根がマジメなタイプが多いです。
最初は軽い気持ちでも本気で好きになってしまう。
男性からすると少し重たいタイプでやっかいと思われてしまうかもしれません。
深入りして引き際が分からないようなら不倫は向いていません!
自分の為にも不倫の恋は手を引くべき、最悪な結果を招いてしまうかもしれませんよ。

押しに弱く流されやすい

押しに弱く流されやすいタイプの女性は自分から不倫を望んでなくても、男性側が吸い寄せられるように現れてしまいます。
自分ではそんなつもりがない!不倫はしたくない!その気持ちとは裏腹に、日常の生活で見せてしまう押しの弱さは言動やしぐさで出てしまいます。
男性としては主張してくる女性よりも消極的な女性の方が好かれる傾向になります。
守ってあげたい・・・そのように思われます。
ですが、守ってあげたい反面では守る気なんてサラサラなく、意志表示ができない性格が不倫には都合良いと思われているだけかも知れません。

責任感が強い

職場で目立たないけれど仕事をコツコツするような責任感が強い女性はいると思います。
「え、あの人が不倫?」よくあるパターンですよね。
責任感が強い女性は一見、隙がないようなイメージですが二面性を持っています。
生真面目な性格の一方では非現実的な世界を求めている。
その何気ない二面性で男性は魅力を感じてしまいます。
「既婚者なんて好きになってはいけない」真面目で責任感の強い性格がセーブしますが、恋愛というものは自分で止めようと思うほど止められないもの。
むしろ、逆に燃え上がってしまいます。
責任感が強い性格が不倫の恋愛であっても途中でやめることができない!
それが責任感が強い真面目な女性が落ちてしまう不倫です。

不倫を終わらせたい!

どんな恋愛であっても最初は楽しいことしか見えない、その中で永遠の変らないものを求めるのが普通の恋人同士です。
ですが、不倫は変らないことよりも変化を求めたくなるものです。
何も変らないことが急に不安に感じてしまいます。
自分の周囲は変って行くのに自分だけ何年も同じ関係でいることに、未来を想像してしまうと怖くなります。
それに気づいたときに不倫の恋愛を終わらせたいと思うものです。
ですが、不倫の恋愛は簡単に終りにできない・・・

やめるためにする11のこと

今までダメだと思いつつ続けてきた不倫関係、終わらせることは言葉でいうほど簡単なことではありません。
もともと強い意志があるのなら不倫を選んでいないのでは?
不倫を終わらせようと思ってもピリオドを打てない、頭で思っているだけではダメ。
本当に不倫をやめたいと思っているなら、不倫をやめるための11のことを考えてみましょう!

正しい行為でないと考える

不倫は絶対に正しくないこと、誰もがわかっているはずなのに何故不倫は後を絶たないで続くのでしょうか?
不倫を根本的に考えてみてください、以前、テレビで「不倫は文化」という名言を残した方もいますが、やはり待っていたことは批判の方が多かったと思います。
人に胸を張って言えないことは、正しい行為ではないことにしっかりと向き合いましょう!
このことを確認しないからこそ、「ま、いいか、好きだから」と流されてしまうのです。
人は良くも悪くも都合の良いようにポジティブに不倫さえ捉えます。
「ただ出会いが遅かっただけ」不倫をそのように言いまとめる方もいますが、運命は決められているもので自分で変えてはいけない。
出会いが遅いのであれば、無理やり出会いを戻してはいけないということです。

不倫し続けた未来を想像する

これが最終的な不倫をやめるキッカケになるのでは?
不倫を続けた結果に未来を考えれば怖くなるものです。
いつか結婚をしてくれる、いつか別れてくれる、振り向いてくれる、その言葉に縛られていませんか?
もし、それが本当なら何ヶ月後でしょう・・・
その答えを迫ったら相手はイヤな顔を見せるでしょう。
不倫をしている中では禁句だと思います。
未来を語れない、数ヶ月、何年後のビジョンを語れない関係なら
二人の未来はないにも等しいこと。

不倫のデメリットを考える

不倫をしていてメリットは何でしょうか?
不倫はメリットよりも断然デメリットの方が大きいことを認識しましょう。
例えば、この不倫関係が相手の奥様にバレたときに慰謝料が求められることも!
そこまで大きくならいにしても不倫の代償は大きいもの。
左遷、友達を失い、退職なども考えられます。
心のダメージとしてはバレないで不倫を何年後も続けた結果、最終的に相手からサヨナラされたときです。
その時に年齢を考えたときに自分だけ一人は耐えられますか?

不倫された側の気持ちを考える

相手の気持ちを本気で考えることができるなら不倫なんて選ばないと思います。
キツイ言葉になるかも知れませんが、自分の幸せを何よりも優先するから不倫を続けてしまう・・・
ですが、仮に不倫で結ばれたとしても、不倫を1度でもした相手は人を裏切ることができるものでは?
貴方が本妻の立場になったとしても再び裏切られる日がくるでしょう。
そのときになり、初めて信じていた人に裏切られる悲しみや憎しみを感じることでしょう。
相手の気持ちを考えない自分よがりな不倫は自分に返ってくるもの・・・

夜に会わないようにする

どうしても不倫と言えば夜をイメージしますよね。
また不思議なことですが夜は人が美しく見えたりカッコ良く見えたりしますよね、その月明かりや街灯の人はかなりロマンチックな空間だと言えます。
仕事が終った夜は時間に縛りがないもの・・・
そして何よりも静で、その独特な夜の空気に飲み込まれてしまいます。
夜は照明も空気も人恋しくさえるものです。
夜に会って別れ話をした帰り道は、とても寂しいでしょう。
楽しい話は夜でも温かいものですが、別れ話は夜の寒さが身に染みます。
夜の空気に飲み込まれないように、夜の時間帯を避けてください。

徐々に連絡を絶つ

やはり完全な自然消滅は難しいにしても、徐々に連絡を絶つことは効果抜群だと思います。
不倫関係でマメに連絡しあう行為は危険でしないものですが、最小限の連絡をしなくなることは相手も薄々感じるのでは?
例えば、相手から連絡がきてもスルーする。
メールも即返信しないで数日遅れにするなど意思表示をしてみましょう。

証拠を全て消す

不倫関係をやめたい、別れたいと思っているのであれば、自分にフリになることは全て消しておきましょう。
例えばメール履歴や着信履歴などを消すことで心の中でも準備ができます。
寂しい時に着信履歴やメール履歴を見てしまうと、相手のことを思い出してしまうもの。
もしかして、この証拠が裁判で役に立つかもしれない・・・なんて余計なことは
考えないようにしてください。
そんな裁判で必要になることは、ほぼほぼありません。
全て証拠を消すことで相手のことを考えないようにできるのです。
もちろん、部屋に飾っている写真も全てです。

パートナーに打ち明ける

不倫を終りにしたい気持ちに対して相手は、どのような気持ちでいるのでしょうか?
パートナーに打明けることで全てが丸く収めることができるのです。
相手の気持ち次第では意外とスムーズに話が進むかもしれません。
ちょっと逆上しそうなタイプであれば、質問系で打ち上けてみると良いかもしれませんね!
「もしも、私と別れることになったらどうする?」などオブラートに包む言い方をしましょう。
いきなり「もう、別れよう!終り」なんてビシッと打ち明けることはNGです。

友人に相談する

不倫関係の内容を友達に相談することは勇気が入りますよね。
とは言え、やはり友達がいるのであれば友達に相談することが一番です。
親や上司になんて間違っても相談なんてできないからこそ友達が重要!
でも、それは貴方が一番信頼している友達であることが第一条件です。
口が軽い友達、とくに職場の人に話すと不倫を相談するどころか噂が広がります、自分が信頼してる友達に相談してアドバイスをくれるでしょう。
そして不倫をやめることに応援をしてくれるはず!

プロに相談する

ちょっと相手が面倒なタイプや逆上をするような相手である場合は
不倫をやめることが困難なこともあります。
すんなり別れようと言っても「別れない」と言われるケースもありますよね、そんなときは友達や自分自身で考えることに限界があります。
とくに逆上するようなタイプであれば専門家の知恵も必要になります。
スムーズに別れる為にどうすれば良いか、「不倫相談」をネットで検索すれば不倫専門家に出会えます。
特に最近は恋愛トラップなどを仕掛けてスムーズに別れる方法もあります。

昼間に別れ話をする

夜に別れ話をすることは感情に流されやすく向いていません、別れ話をするなら日中の昼間がおすすめです。
同じ職場としたら昼休みにサクッと言うように長々と話さない。
別れ話を長々としても未練がでてくるもの、昼間であれば限られた時間の中で別れ話を言うこと。
「え、別れ話を今する?」と思われる位で丁度良いのです。
別れ話をした証拠を残し、相手に伝えることが大事!
その後は別れを承諾していない!となっても、「私は伝えました」と答えられます。

不倫をやめるためのステップ

このまま不倫関係を続けていても意味がない、やっぱり私も幸せな結婚をしたい!そんな気持ちを突然感じてしまうことあります。
そんな時に実際、不倫をやめるために、どのように物事を進めていけば良いのでしょうか?
いきなり「やめた」なんてことは中学生じゃあるまい出来ません。
とくに恋愛関係は不倫であっても相手の気持ちも大事にしないといけません!
まず心に言い聞かせて整理させます。
次に実際に態度や言葉にして現し、最後は二度と同じことを繰り返さないことが大事です。

1、思考をクールダウンさせる

不倫を始めることも、不倫を終わらせようと決めたときも
感情的に思わずなってしまいますよね。
ですが、別れ話は興奮状態では冷静な話はできない、感情で別れ話をすることは大人のすることじゃありません!
別れは恋愛の始まりの倍以上の能力を使うものです。
自分自身で不倫をやめようと思っても感情的になってしまうことも!
自分の思っている思考を一度クールダウンしてみましょう。
相手に色々と思っていること、言いたいことはあると思いますが、自分の中で整理することで言葉はまとまります。
不倫の恋愛でも美しく決別する為には大事なこと、自分が感情的な人間と思うなら別れたときをシュミレーションしておきます。
別れの言葉を決めておけば、意外とアッサリと終わることができるかもしれません。

1、不倫のリスクを考える

不倫関係をはじめた時点で不倫をしたときのリスクは考えているものだと思います。
逆に不倫のリスクを考えないからこそ不倫関係が続くのかも知れませんが・・・
なかには「今は不倫関係だけれど、最終的には奪い取ってみせる」なんて強気な女性もいるかもしれませんね。
とは言え、不倫関係を絶とうと思って別れを決めても楽しい思い出は蘇ります。
そこでほとんどは「なんやかんや言っても、やっぱり好き」と思ってしまいます。
そのときにこそ、今まで自分が感じた不倫のリスクを再確認してみてください!
不倫をこのまま続けた場合、別れを言われた場合に自分の年齢を考えてみるのです。
すでに数年付き合っているのなら、その間に結婚をした友達や出産した友達もいたと思います。
不倫のリスクを考えたときに自分に何が残ったのでしょうか?
全ての恋愛にリスクは伴いますが不倫は普通の恋愛の倍のリスクを背負っているのです。
とくに大切な時間は戻ることができません。

2、夢から醒める

別れると決めても相手の良い部分は記憶の中に残っているものです。
不倫だとしても魅力があるから好きになったはず!
でも、別れるときは夢から醒めることが重要です。
相手の都合が良い時間に都合が良い日に会う関係、愚痴を言いたい時も意味なく長話したいときも気軽に電話できましたか?
二人の関係には必ず相手の都合がありませんでしたか?
自由に写真とったり、好きな観光場所に旅行の計画を立てることができますか?
きっと叶えられないですよね?それが現実ということです。

2、別れを告げる

出会いがあれば別れはある。
それは不倫関係にあらずとも恋愛関係、人と人が出会えば別れは必須です。
別れ方を間違えると後々ストーカーになったり、トラブルを起こすことがあります。
ある意味、別れ上手こそ恋愛上手と言えるのではないでしょうか?
特に不倫関係は別れ方が全てと言ってもいいほど大事なこと。
別れを告げるときに何通りかシチュエーションがあります。
今はメールで簡単に別れを告げることも多いですが、やはり別れはしっかりと伝えたことが良いでしょう。
相手の態度もしっかりと受け止めることで相手の気持ちも分かります。
不倫関係で失敗しない上手な別れとは?

1、直接会って告げる

最近の恋愛関係を終わらせる方法としてはSNSが多いと聞きます。
律儀に直接会って別れを告げる恋人同士は少ないものです。
特に不倫関係であればSNSで軽く終わらせてしまうことが支流です。
不倫関係の別れで恐怖なことは相手が別れたくないとダダをこねること!
そうなると結構、別れがこじれてめんどくさいトラブルを招きます。
だからこそSNSで告げて後腐れなく、相手が泣いてもダダをこねても知らないよ・・・
そう、不倫関係は出会って燃え上がりますが終りは殺伐としてるもの。
そんな殺伐とした終り方をSNSでするよりも、最後くらいは直接に別れを告げることにしませんか?
直接会うことで相手の言い分や言葉、態度も分かりますよね。
納得してくれた・・・納得してくれない・・・
SNSでは言葉のやり取りはできますが、その裏で本当に納得してくれたのかは分かりません。
後々、なんとなく気持ち悪い消化不良な気分になりがち、やはり直接会って告げる方法が双方とも納得できるはず。

2、わがままなタイミングで告げる

不倫が長続きする秘訣は今まで相手の都合で合わせることです。
不倫関係はわがままを言い出したら終りです。
相手は都合が良いからアナタと会ってきた、不倫関係という行動で心の隙間とストレスを発散してきたのです。
ですから、不倫関係でわがままを言われることは非常にめんどくさい、ストレスさえ感じる。
その時点で「なんで自分が相手とのタイミングに合わせなければいけない?」、「いつもは言うこと聞くのに!」と相手はアナタに不満を抱くでしょう。
それこそ不倫関係を終わらせるには絶好のタイミング!
別れるときは自分のタイミングで告げてみましょう。
あなたのわがままなタイミングで別れを告げて相手は、「めんどくさいヤツだな」「どうしたのだろう?急に」
どちらにしても相手の本性が分かると思います。
その相手の態度で別れる寸前まで残っていた未練がなくなるキッカケかもしれません。
更に良いことは相手と別れようと決めていた時期から
相手のタイミングでなく全てを自分のわがままなタイミングに持って行くことがカギ!
別れを告げなくても相手から縁を切ってくるかもしれません。

3、ヨリを戻さないようにする

ヨリを絶対に戻さない!そう決意をしても別れてもヨリを戻してしまう方が
不倫関係ではよくあることです。
別れ告げたあとに相手が優しく対応してくれたとき、ほんの少し残っていた未練が蘇ります。
ある意味、別れ話の後はイラッとするほど冷たい態度の方が幸せだったりします。
相手を嫌いになれたら未練はなくなりますが、相手に優しくされると人は未練だけが残り後悔に変ってしまいます。
そして寂しくなったときにヨリを戻してしまうかも知れません・・・
そうならない為に心がけましょう。
不倫関係はお互いが寂しがりやだということです。
お互い心の隙間を埋めるために都合良く合っているもの、寂しさに負けない心こそ、不倫関係を絶つことができます。

1、連絡先・SNSは消去する

好きな相手の連絡先が分かるとついつい連絡してしまうことがあります。
例えばアルコールを飲んだ後に一人でボンヤリしていると人恋しくなるもの、クリスマスやイベント日は街にでても、テレビの中でさえ恋人ムード満点です。
そんなときに連絡しない!と決めていた相手にも思わずメールだけなら・・・と思いませんか?
特に不倫関係であるなら自分から連絡することでトラブルを招くことがあります。
基本的に不倫は相手から連絡来るまで待つから聞きわけが良い、都合の相手と位置付けられます。しかし自分から寂しさゆえに連絡をすることは相手の状況を無視していること。
その時点で自分の精神状態も破壊に近づいているのかも!
自分は意志が弱いと思うなら辛くても連絡先は消去するべきです。
連絡先やSNSを全て消去することはとても勇気がいることです。
全て連絡手段を消去することで相手と繋がらなくする。
たとえ消去しても連絡をとることは簡単にできること!
でも、思い出を消すことで辛いことで葛藤があると思います。
全て相手の連絡先を消去することが苦しいのであれば、まずはアドレスから連絡先を消してみたり、LINEを消去してみたりすれば良いと思います。
相手と一番すぐ連絡しているツールを1番最初に消去することで、相手を思い出さないようにします。

2、2人だけでは絶対会わない

不倫は強い意志がないと相手との縁を切ることができないもの。
相手を嫌いで別れることができれば苦労しないのですが、やはり恋愛感情、特に二人を繋ぎ止める情があります。
不倫の恋愛について、この情がやっかいなものですよね!
頭の中ではイケないと分かっているけれど、相手との縁を切れない。
とは言えど、同じ職場だと二人で会うこともあると思います、ランチに誘われても誰か1人を連れて行くようにしましょう!
2人で会ってしまえば別れを告げたことが意味なくなります。
皆の前では個人的な話もできないですし、そもそも2人で行動することを避けていることが意思表示に繋がります。
特に意志が弱く相手に流されてしまうタイプは2人で会うことは危険です。

3、ワザとでも忙しくする

相手から誘われたときに暇だと断る口実が見つかりません、相手が話しかけにくいほど忙しいオーラを出していると良いですよ。
「自分と別れても忙しそうだな・・・」「なんだ楽しそうにしているじゃないか」
そう感じさせることで相手は必要以上に誘って来ないでしょう。
忙しいことで誘っても断られると相手は冷めて行くものです。
それが強がりだとしても相手と縁を切るキッカケになります。
実際に忙しいように見せるだけじゃなく、会っていた時間を趣味や習い事に変えてみることもおすすめです。
趣味や習い事に没頭していることで新たな出会いも見つかる確立も高くなります、不倫を絶って部屋に閉じこもっていることは全てがマイナス!
出会いなんて見つかるワケもないですし、楽しいことなんて起るはずがない。
自分から前に向かって行かなければ何もはじまらない。

不倫に幸せな未来はありません

最後に不倫も恋は恋です。
でも、その不倫の恋は盗んだ偽りの恋にしかならない。
たとえ出会いが遅かっただけかもしれません、そう悔やむこともあると思います。
不倫は好きになった人にすでにパートナーがいて、貴方がいること。
そのパートナーは周囲に認められた存在です。
ですから、確実に貴方の立場がどんな状況であれ弱い、甘い言葉を囁いてくれてもパートナーがいれば全て嘘になってしまう。
不倫を続けても幸せな未来は見えません、だって誰かを不幸にして自分だけ幸せになる人生なんてありません。
不倫の代償は必ず自分に返ってくることを忘れないようにしましょう!