セックスのやり方について悩むあまり、経験がないまま今に至っている方も多いのではないでしょうか。童貞の人にとってセックスは神の領域とでもいうのでしょうか、正直どのようにすれば良いのかわからないことも多いはずです。

AVなどを見ている人でも、見るのとやるのでは大違い、実際セックスを目の前にすると何からすれば良いのか、何をどのようにすれば気持ち良いのか、頭が真っ白になってしまう人も多いはずです。セックスって本当に経験が大事で、経験を重ねれば重ねるほど、セックスの腕前は上がっていきます。いわゆるスポーツみたいなもので、例えば野球をするのにいきなり最初からホームランは打てませんよね?何回も練習を積み重ね、素振り連取、そして実際にバッターボックスに立って、ピッチャーの球を打つ。そのような反復練習や実践を繰り返す事で、上達していくはずです。セックスもそれと同じで、いきなり最初からうまくできる人なんて、この世にはひとりもいないことでしょう。どのようにすればよいか、それを常に考えながら練習して行かなければ、セックスの腕前は上がらず、女性を満足させる事は不可能でしょう。今回は、そんな童貞の方や、まだまだセックスに不慣れな男性のために、セックスの1から10まで全て具体的に紹介していきたいと思います。もちろん、この記事を読むだけでセックスがうまくなるわけではありません。あくまでも参考に、スムーズにセックスに入っていける指南書になってくれればありがたいです。

初歩中の初歩からセックスのやり方を!

少しでもセックスを経験している人なら、今回の記事は退屈かもしれません。なぜなら、今回は本当に基礎中の基礎からお話をしていくからです。「え?そんなの知ってるけど」なんて思うかもしれませんが、セックスをしたことない人にとっては、最初は本当に何もかもが手探りですしわけのわかんない状態のはずです。なので、そんなの知っているよ!ってことからどんどん紹介していきます。思い出してみて下さい、セックスの経験者も今では慣れてしまっているかたも、最初はどんな感じでしたか?もちろん何も説明も受けずに、なるがまま自分の思うままにやった人も大勢いると思います。もちろん、思った通りにやってみて成功した人もいれば、最初は失敗してしまった人もいるでしょう。こんなことなら、もっとやり方を勉強しておけば良かったと思う人もたくさんいるはずです。そんなセックス初心者の方には是非失敗を少なくしてほしい考えます。少しでも多くのセックス初心者の方が最初からの失敗を無くすための記事になるので、初歩中の初歩のやり方を説明していきます。「これさえ知っておけば失敗しなかったのに」「え?そんな流れなの?」なんてことを紹介していけたら良いと思います。始めての経験は誰でもするもので、その初めてのセックスのチャンスがいつ訪れるのかも予想もできませんし、いつ起こるか皆目見当もつきません。そのようなチャンスがいつ訪れても良いように、今のうちにしっかりとセックスのやり方を勉強していきましょう。

セックスはどこでやればいいの?

まずはセックスをするにも、そのする場所が必要です。セックスをする場所というのは基本的にどのような場所を選べばよいのでしょうか。正直、どこでもやろうと思えばセックスはできるでしょう。しかし、初体験などの場合はちゃんとした場所を選ぶべきです。最初にセックスをした場所っていうのが、今後の自分のスタンダードになっていくことでしょう。AVなど見すぎの方は、色々なシチュエーションでのセックスを見ているので、「こんな場所でやったらいいのかな?」「あんな場所がいいのかな」なんて色々思いがちになりますが、最初ほど基本に忠実に場所を選ぶようにしましょう。この場所選びというのは、自分のことはもちろんですが、相手のことに対して気を遣ってあげなければいけません。例え、あなたはセックスの場所はどこでも良い!なんて考えているかもしれませんが、相手はそんなことは考えていないかもしれません。もし相手が初体験であればなおさらで、「初めてはこの場所が良い」と心に決めているかもしれませんから。そのような期待に応えられえるように、セックスの場所選びは非常に重要だといえます。

基本はラブホテルです

場所は難しく考える必要はありません。基本的にラブホテルでするようにしましょう。ラブホテルに行ったことがある人には説明は不要でしょうが、ラブホテルと言ってもピンからキリまであります。もっといってしまえば、ボロボロの安いホテルもあれば、キレイでまるで高級ホテルのようなラブホテルがあります。普通に考えるのであれば一般的なラブホテルで構わないでしょう。ちょっと奮発して、もし自分の童貞卒業祝いなんかと考えるのであれば、少し高めのホテルを選ぶと良いかもしれませんね。ラブホテルがやはり一番効率が良いですし、急な場合でも大抵のものは用意されているので、緊急で女性とセックスができるチャンスがきても、ラブホテルにいけば全てのことを済ます事ができます。大抵のモノというかコンドームですよね。普通のホテルとラブホテルの大きな違いは、個人的に思うのですが、コンドームが用意されているかそうではないかではないでしょうか。緊急でセックスできるチャンスがきたけど、コンドームなんて持ち合わせてはいなかった、なんてことになってもラブホテルなら安心ですね。しかも宿泊をするにしても、途中で帰るにしても料金がそこまで高額じゃないところも魅力の一つでしょう。

自宅は近所の目が厳しい

別に自宅でも構いません。特に1人暮らしの場合であれば、全然自宅でも問題ありません。しかし、中には近所の目が気になるから女性を自宅に連れ込めないという人もいると思います。確かにそうなんですよね。近所の距離が近ければ近いほど、ご近所さんの目が気になるものです。後から近所のおばちゃんなどに、「あの子誰なの?彼女?」なんて、非常にフレンドリーなおばちゃんもいるはずですから、正直そういうのって煩わしいですよね。余計な詮索をされるのも嫌ですし、一回連れて行くとその後がめんどうな場合もあります。「次はいつ来るの?」なんて、ずっと彼女であれば良いかもしれませんが、一回別れるといちいち説明するのもめんどくさいです。近所の人たちが普段から仲が良ければ良いほど、そのような流れになる可能性もあるので、少しでも自宅に連れて行くのが色々な面で不安があるのであれば、連れて行かないのが無難でしょう。セックスの相手にも迷惑をかけてしまう可能性があります。

野外は上級者向けです

AVを見て野外モノにはまってしまい、野外でのセックスに憧れをもっている人もいると思います。好きな人からすれば、外でのセックスって本当に興奮するものですからね。しかし、注意しましょう。いきなり野外でのセックスはリスクが高すぎます。野外セックスは、かなりの上級者向けだということを把握しておきましょう。勢いだけでやるのには無理がありますし、お互いがそれなりにセックスに慣れていないと、野外でのセックスは楽しむどころか嫌な思い出で終わってしまう可能性もありません。なので安易に野外ではするべきではありません。初心者であるならなおさらで、確実に失敗してしまうでしょう。また、自分は野外でやりたいと思っているかもしれませんが、大抵の女性は野外でのセックスは求めていないということを頭に入れましょう。普通の女性、むしろそこまでセックス経験がない女性は、屋内でセックスをしたいと思うのが普通です。野外でのセックスに興奮する女性は、結構な上級者、セックスに慣れている女性です。なので、どうしても野外でする場合には、自分に相当のセックスのテクがあったり、相手も同じく野外でのセックスに興味がある場合にするべきでしょう。また野外といっても様々な場所があり、やりやすい場所、やりにくい場所など色々あります。さらに場所選ぶも重要になるので、ある程度経験を積んでからチャレンジするのがいいですよ。

セックスの前に心がけておくべきこと

さて、場所が決まったらいざセックスをする、という行為を始めていくのですが、その前に心掛けておくポイントがいくつかあります。ただなんとなくセックスを始めるより、しっかりとポイントを押さえてセックスをした方が今後の経験値を積んでいく為にも大切なことになるでしょう。むしろ、このポイントを押さえておかなければ、あなたのセックスに対する経験値は上がっていかないのではないでしょうか。もちろん何回も数を重ねる事によって、自然にレベルは上がるでしょうが、このようなことを意識するかしないかでは、上達の仕方が大きく変わってくるでしょう。では、具体的にみていきましょう。

自分のためだけでなく、二人のためにする

まずセックスをする上で、自分のためにセックスをするという考えをもってはいけません。セックスとは、相手がいてこそ成り立つもので、自分と相手の女性のためにするをいう気持ちでやりましょう。自分のためでもあるんですが、相手のことも念頭においてするのが基本的なポイントです。よく、自分だけが気持ち良くなってしまう人がいますが、そのような人は相手と長続きがしません。自分も気持ち良くなり、相手も同じように気持ち良くなるのがセックスの基本になります。自分だけが気持ち良くなっているのでは、ただの自己満足、オナニーをなんら変わりはないでしょう。また、相手が気持ち良くなっているところを見たら、自分はもっと気持ち良くなれるということも理解しておきましょう。なので、心構えとして、自分本位のセックスをするのではなく、ふたりとも同時に気持ち良くなれるセックスを目指しましょう。自分本位なセックスは、確実に女性に嫌がられます。下手すれば、もうあなたとはセックスがしたいと思わなくなってしまうことでしょう。相手のことを思いやったセックスというのは、そのくらい大事なことなんです。

気持ちよくなるためじゃなく、愛があるからやる

自分が気持ち良ければ良いというセックスはしないように、セックスとはお互いが好き同士、愛があるからセックスをするという認識を持ちましょう。誰でも異性を好きになれば、その人を抱きたい抱かれたいと思うはずです。その気持ちを大切にして下さい。もちろんセックスは物理的な気持ち良さがありますが、気持ち的に気持ち良くなるものです。好きな人に生身の身体に触れ、脳がどんどん興奮していくものです。物理的な気持ち良さだけに流されてしまっては、セックスをその程度のものとしか受け止められなくなってしまいます。本来セックスは、物理的にも気持ち的にも気持ち良くなり、最高潮の気持ち良さを迎えれる事ができる行為です。そのためには、お互いの愛が必要で、お互いに愛のない人たちがセックスをするのと、愛し合っている恋人がセックスするのでは、その気持ち良さは段違いともいえるべき違いが出てくるでしょう。よく、セックスするのに愛は必要ないという人がいますが、本当に可哀そうで、本当のセックスの良さに気づいていないんだなと感じてしまいます。そうならないためにも、最初からセックスは愛があるからやるんだ、という認識を持つようにしてください。

失敗しても当然

今回の記事で初めてセックスをする場合の注意ポイントなどをいくつも書いていきますが、それでも最初は失敗してしまうことが、必ずといっていいほどあります。どんなに注意していても、いくら事前に勉強していても何かしらの失敗はしてしまうのが普通です。もちろん、今回の記事を読めば極力失敗をなくせるようになっていますが、小さな失敗は確実にすると思っておくようにしましょう。なので、一度失敗してもいちいちへこたれるのはやめましょう。失敗して当然なんですよ、最初であるのならなおさら、むしろ失敗を繰り返さなければ何事も成功しないのは誰しもがわかっていることですよね。セックスも何事とも同じ、失敗を繰り返さなければ絶対にうまくはなれません。失敗するのは何かにチャレンジをした証で、次の成功の糧に必ずなります。失敗して当然と気持ちで、どんどんチャレンジしていきましょう。しかし、無謀なチャレンジというのは意味がないので、そのような部分は慎重にしていくようにしましょう。

セックスの前に準備するもの

場所と気持ちが整ったのであれば、セックスをする上で準備しておかなくてはいけないものを把握しておきましょう。そこまで難しいものなどはないので、常に意識しておけば大丈夫です。

いい雰囲気

セックスをする上で、ふたりの雰囲気は非常に大切になります。もしあなたが雰囲気なんて必要ない、なんて思っているかもしれませんが女性はセックスをする上で雰囲気を非常に大切にします。いわゆるムード作りというやるで、いい雰囲気を作る事でムードが高まり、スムーズにセックスまでもっていくことができます。最初であればあるほど、雰囲気は大切でどのようにセックスをはじめてよいのかタイミングがわからないものですよね。誰かにスタート!と言われるわけではないので、自分からセックスを始めなくてはいけません。積極的な女性であるなら、もしかすれば女性の方から甘えてきて、セックスを始める雰囲気を作ってくれるかもしれませんが、大抵そのような場合は男性から始めるものです。相手のためとも考えられますが、慣れていない人にとっていい雰囲気というのは自分にとっても大事なことなんです。いい雰囲気の作り方ですが、多少を部屋を暗くするのがよいでしょう。物静かな雰囲気をつくり、これから二人が結ばれていけるような雰囲気を作るんです。

ラブホテル代(二人分)

二人分のラブホテル代もしっかりと用意しておくようにしましょう。間違っても女性に奢ってもらおうと考えたり、割り勘なんて考えは持たないようにしましょう。普通ラブホテル代は男性が払うものですし、常識的なことでしょう。なので常に財布にお金は入れておくようにして下さい。今の時代のラブホテルはカードで料金を払う事もできるので、クレジットカードでも大丈夫です。

念のためコンドーム

念のためですが、コンドームもしっかりと準備するようにして下さい。もちろんラブホテルには必ずコンドームは用意されてます。万が一なかったとしても、フロントに言えばすぐに準備してくれることでしょう。問題は、セックスをする場所がラブホテルの選択をされなかった時の場合です。コンドームをつけないセックスを嫌がる女性は山ほどいます。なので、コンドームがない場所でセックスできるチャンスや雰囲気になった場合、コンドームがない時にはかなり損をしてしまう可能性があります。「ラブホテルにはコンドームがあるから、用意しなくていいや」という気持ちではなく、備えあらば憂いなしという気持ちで、財布にでもコンドームを忍ばせておくようにしましょう。

セックスの前にしてはいけないこと

セックスを始める際は、普通の状態で挑むのが一番理想的です。普通の状態とは、体が正常な状態のことをいいます。体が正常な状態でなければ、セックスで興奮しないでしょうし、始めてのセックスで上手くいかない可能性があります。なので、セックス前には余計なことをしないで、とにかく体を正常な状態に保つ事をおすすめおすすめします。正常な状態というと、なんか大変なことを想像してしまいますが、あることをセックス前にしなければ、体は正常な状態を保つことができます。もちろん体調が悪かったり、カゼをひいていたりなどの場合を除いては、大抵の人は正常でいられるでしょう。では、セックス前に避けた方が良い行動とはどのような行動なのでしょうか。

アルコールを飲む

始めてのセックスって本当に緊張します。なのでその緊張をアルコールで紛らわそうと、セックス前にアルコールをがんがん飲む人がいますが、あれは逆効果なのでやめておいた方がよさそうです。アルコールを飲むと、気持ち的にはエッチな気分にもなってきますし、自分の雰囲気を作るのに良いのではないか?なんてことを考えてしまいがちですが、チンコの勃起状態に影響を与えます。要するに勃起力が非常に弱くなってしまうんですね。なので、ただでさえ緊張で勃起力が弱くなる人もいると思いますが、アルコールを飲むと今以上に勃起力が低下してしまうので注意が必要です。

オナニーする

これは性欲が溜まりすぎている人、もう挿入しただけですぐにイってしまうという人は、一度抜いておこうと考えるものですが、これもセックス前には避けるべき行動です。いつも、オナニーをした後、どのような気分になっているか自分で気づいていますか?いわゆる賢者タイムといわれるもので、セックスのことなんか考えたくもないって気分になっていませんか?このような感覚を賢者タイムといい、そのような気分になるとセックスはおろか、女性に対しての対応もおごそかになる可能性もあるので、セックス前のオナニーはしない方が良いでしょう。

セックスの大まかな手順をご紹介

では実際に、セックスの基本的で大まかな手順をご紹介していきましょう。本当にセックスでは何をすべきかわからないという人は、しっかりと読んで参考にするようにして下さい。

シャワーを浴びる

まずはシャワーを浴びます。これは自分も浴びるのですが、女性から先に浴びてしまうようにしましょう。レディーファーストですね。しかし、最初にシャワーを浴びるのが恥ずかしいという女性もいますから、そのような場合はあなたからシャワーを浴びるようにして下さい。シャワーを浴びないでセックスを始めるのは、少々礼儀に欠けるので、しっかりとシャワーは浴びるようにしましょう。一緒に入りたいと思うかもしれませんが、まだまだ慣れてからにしましょうね。

服を脱がせる

女性の服を脱がせる場合は、なるべく丁寧に優しく脱がせてあげましょう。興奮しすぎて乱暴に脱がせたりしてはいけません。また脱がせている途中は、まじまじと顔や体を見るのは避けましょう。女性は恥ずかしがってしまうので、さりげなく目を合わせたり、頬笑み掛けたりなど、一点に集中しないようにして下さい。中には脱がせずらい服を来ている女性もいるはずです。そのような服は、あなたが無理に脱がせなくても大丈夫です。女性の服を脱がすのに手間取っている時ほど格好悪い瞬間はありません。そこは女性が気づいて自分で脱いでくれるはずなので、自分が脱がせられる服だけを脱がしてあげて下さい。

キス

キスはまず優しく、キスをしながら女性の服を脱がすのもOKですね。唇が触れ合うくらいのキスから、どんどん激し目のキスをしていくと良いです。いきなりのディープキスを嫌がる女性もいるので、まずはフレンチキスから始めて相手がのってきて吐息が激しくなってくれば、ディープキスを始めると良いですね。段階を踏みながらのキスだと、相手も徐々に気分を高めていくことができるでしょう。

前戯

前戯は色々な方法がありますが、基本的にキスから始め首元を愛撫し、その流れからおっぱいや背中を愛撫、とりあえず上半身の首、腕、胸、お腹を愛撫してあげると良いでしょうね。女性はくすぐったくて笑顔がこぼれるでしょうし、その笑顔で場は和みます。愛撫で十分に女性を気持ち良くさせることで、女性のアソコはどんどん濡れてくる事でしょう。この時、クンニをした方が良いのかしない方が良いのかという考えになると思いますが、女性がOKであればクンニはした方が良いです。アソコの濡れも良くなりますし、女性の気持ちは高揚することでしょう。この時、内ももから愛撫をしていきクンニをすると良いでしょう。しかし、嫌がる女性であるのならば最初はしない方が良いです。

挿入

手マンやクンニなどで、女性のアソコが濡れていることを確認できたら、いざ挿入です。この時、必ず濡れている事を確認しましょう。濡れていないまま挿入するのは、女性にとって痛いだけです。むしろ自分も痛いだけなので、必ず濡れている事の確認はしましょう。大抵クンニができていれば、確実に濡れているので後はゴムを付けて挿入するだけです。ゴムを手際よく付けられないのであれば、ひとりで練習しておく事も大切です。そして、挿入する時はできるだけゆっくり女性が痛がらないように優しく挿入してあげて下さい。そしてゆっくりとピストンを繰り返し、どんどん動きを早めたり遅くしたりと、女性の反応を見ながら動いてあげましょう。

セックス中のポイント

セックス中にはいくつかのポイントがあります。このポイントを意識するだけで、相手にセックスでもっと気持ち良くなってもらうことも可能となります。

前戯はたっぷり時間をかけて

前戯をないがしろにし、すぐに挿入しようとするのは避けましょう。前戯にはたっぷりと時間をかけるようにするのが良いです。女性は、前戯に力を入れれば入れるほど、愛されているという感覚になります。なので、前戯をないがしろにするというのは、雑なセックスをされていると感じてしまうので、女性の気持ちを理解し前戯には時間をかけるようにしましょう。

性感帯を探す必要はない(女はムードで感じると説明)

女性の性感帯を刺激して、とにかく女性を気持ち良くさせたい、させなきゃいけないと考える男性もいますが、そこまで無理に性感帯を探す必要性はありません。もちろん性感帯を刺激してあげれば気持ち良いのでしょうが、始めてのセックスや慣れないセックスで性感帯を探すのは、非常に難易度が高いといえるでしょう。女性は、前戯などをしっかりやっていい雰囲気を作れば、ムードで感じてくれます。

フェラはさせなくてもいい

女性とのセックスをいえば、女性にフェラをしてもらうと考えている人もいるでしょうが、フェラが嫌い、またはフェラを苦手とする女性もたくさんいます。なので、無理にフェラはさせなくても大丈夫です。しなくてもセックスは成立しますので、無理にさせるのはやめましょう。逆にフェラが好きな女性もいますので、そのような女性には思う存分フェラをしてもらえば良いと思います。しかし、挿入前にフェラでイってしまうのは避けたいところですね。

アナルは攻めないで

極力アナルは攻めない方が良いですね。AVを見ていると、アナルを攻めらることが女性は好きなんだと勘違いしてしまう場合もありますが、基本的にAVは見せるためであって、アナルを攻められるのが好きな女性は、セックスの相当な経験者であるか、そういっあ性癖を持っているかです。普通の女性であれば、アナルは恥ずかしいものですし、あまり見られたくない場所でしょう。なので、例えばシックスナインをやる場合にでも、あまりアナルを攻めない方が良いです。AVを見過ぎで、とにかくアナルセックスがしたいなんて考えている人もいますが、アナルよりもマンコの方が確実に気持ちが良いです。それは男性だけではなく、女性も同じだといえるでしょう。なので、まずは基本的なセックスを覚えたり、テクニックを上げるためにも、アナルのことは置いておきましょう。もちろんアナルを攻めて女性を気持ち良くさせるテクニックもありますが、それは応用中の応用ですし、セックス玄人の技です。初心者にはなかなか難しい事でしょう。

挿入はゆっくり、相手の感覚に合わせて

挿入時のピストン運動が異常に激しい人もいますが、あれは女性からすればただ激しくされているだけであまり気持ち良くないということを把握しておきましょう。これもAVの見過ぎが原因なのかもしれません。AV男優のように激しく動いても女性は全然嬉しくありませんから、挿入はゆっくりし徐々にピストンを早めるようにしていって下さい。この時、女性の表情にも十分に注目するようにして下さい。痛そうにしていないか?気持ちよさそうにしているか?どのような表情をしているのか、相手の感覚に合わせて動かすのがベストの動かし方です。ひとりよがりにならずに、相手が気持ち良いと思えるような動きだったり、リズムを刻んで挿入していくのが理想的ですね。

終わってもやさしく

あなたが射精をし、セックスが終わっても女性にはとにかく優しく接するようにしましょう。これ重要です。射精したあとに訪れる、どうでもよくなる期間、いわゆる賢者タイムに突入すると女性のことがどうでもよくなってしまう場合があります。しかし、このような時こそ女性に優しくしなければ、女性は愛されていると感じる事はできないでしょう。抱きしめたり、キスをしたり、この時にたくさんいちゃいちゃするようにして下さい。この時間を大切にすることによって、女性はしっかりと満足していくことでしょう。

セックスは人生!経験を重ねてうまくなる!

いかがでしたか?以上、「セックスのやり方紹介」でした。今回紹介したセックスの仕方は、本当に基本的なことですし、ある程度セックスを経験している人にとっては退屈な内容だったと思います。しかし、基本ができていなければ応用もできないものです。セックスは、とにかく経験を重ねるのが一番レベルを上げる上で重要なことになります。今は慣れていなくても、これから回数を重ねれば必然的にうまくなります。これからもセックスライフを楽しんでいきましょう。