結婚ラッシュという言葉をご存知ですか?周囲の人間がこぞって結婚をする時期のことで、それは人生に三回あると言われています。この結婚ラッシュに取り残されると、一生結婚できないような気分になって焦るという人も多いようです。それでは、結婚ラッシュを逃さないためにはどのようなことをすれば良いのでしょうか。また、取り残されてしまった人はどうすれば良いのでしょうか。結婚ラッシュについて詳しくご紹介します。

結婚ラッシュは人生で3回くる

人生において、結婚ラッシュは3回来ると言われています。周囲の人間がこぞって結婚式を挙げるこの「結婚ラッシュ」はいつころ来るのでしょうか。

第一次ラッシュ(24~25歳)

第一次ラッシュは、24歳から25歳ころです。大学にいるころから付き合っていた恋人同士が、社会人になって1年~2年たち、経済基盤ができたので結婚するというパターンです。学生時代から付き合っていた人もいれば、早くに就職して職場で相手を見つけたという人もいます。こうして若いうちに結婚するタイプの人たちは、恋愛結婚が多いようです。婚活パーティーや結婚相談所を使って相手を見つけたというよりも、長く付き合ってきた恋人とゴールインというパターンですね。この結婚ラッシュのときには、周囲もあまり焦っていないので、心の底から祝福してもらえるのではないでしょうか。

第二次ラッシュ(28~29歳)

三十路を前にして焦る人が多くなるのが、この28歳から29歳の時期に起こる第二次ラッシュです。20代の終わりを前にして未婚であるという現実に焦り、20代のうちに結婚してしまおうとする人が、このラッシュには多いようです。30代になる前に結婚しようと考えるので、この前のあたりから婚活パーティーに出掛ける人も多くなるのではないでしょうか。同じ年代の独身の友人が、結婚式に参加して「自分はどうすれば良いのか」と焦るのも、この第二次結婚ラッシュの特徴です。

第三次ラッシュ(34~35歳)

第三次結婚ラッシュは34歳から35歳の時期に起こる第三次結婚ラッシュです。女性は子どもを作ることができる時期が限られているので、そのリミットに間に合わせるために、35歳までに結婚しないとと思う人が多く、この時期に結婚ラッシュが起こります。第二次結婚ラッシュを逃し、とにかく誰かと結婚しなければと焦った人が、お見合いや婚活パーティーで結婚を決めるパターンが多いようです。

絶対に乗り遅れたくない!

結婚ラッシュには絶対に乗り遅れたくないと思っている方も多いでしょう。結婚ラッシュで幸せな顔をしている友人たちに後れを取るのは惨めで嫌だと思っている人もいます。それでは、絶対に結婚ラッシュに乗り遅れないようにするためには、どのようなことをすれば良いのでしょうか。

行動あるのみ!

結婚ラッシュに乗り遅れないようにするために必要なことは、とにかく行動することです。結婚に向かって動き始めなければ、結婚などできるはずがありません。今、付き合っている人がいる方の場合には、付き合っている人と結婚に向けての話をする必要があるでしょう。付き合っている相手が結婚に乗り気ではないのなら、結婚のために他の相手を探さなければいけないということもあるかもしれません。付き合っている相手がいないのなら、結婚相手を探すところから始める必要があるのです。とにかく、行動しなければ結婚はできません。結婚ラッシュに乗り遅れたくないと思ったら、まずは行動を始めましょう。

婚活など始める

結婚のための具体的な行動としては、婚活が挙げられるでしょう。婚活は、最初から結婚を目的としている人が集まっているので、気の合う人を見つけることができれば、そこから結婚までは比較的スムーズです。また結婚相談所を利用することも良いかもしれません。ただの恋人というだけでは、結婚に対する意識も違うでしょう。「恋愛」ではなく「結婚」が第一の目的なら、恋人を探すのではなく、結婚相手を探すことが大切です。そのためには、婚活を始めるのが一番近道です。

他人を受け入れる

結婚相手を探すときには、他人を受け入れる姿勢を作ることが大切です。なぜなら、結婚生活を送るためには、相手の生活スタイルや主張を受け入れていかなければいけないからです。全てを受け入れる必要はありませんが、どこかで妥協しなければ、生活がうまくいきません。これはもちろん、結婚した後のことです。ですが、婚活中に他人のことを受け入れられないというような言動をしていると、「この人とは結婚しない方が良い」と思われてしまうのです。他人の心を広く受け入れて、他人との生活の中でもうまくやって行けるのだというところをアピールするようにしましょう。

ポジティブに考える

婚活をしていると、なかなか相手が見つからずにネガティブになることもあるでしょう。お断りが多く、一生結婚なんてできないのではないかと思ってしまうこともあると思います。婚活をしていると、精神的に疲れてしまうという人も少なくありません。ですが、だからと言って、結婚相手を探しているときにネガティブになってはいけません。誰でも、暗い性格の相手とは付き合いたくないものです。婚活がうまくいかずに暗くなっていると、その暗さから、さらに婚活がうまくいかなくなるという負のスパイラルに陥ってしまいます。誰かから「お断り」をされたとしても、自分には合わない相手だったのだと思ってネガティブに考えるのはやめましょう。ポジティブに活動を続けることで、精神的に疲れることなく結婚への活動を続けることができます。

焦らず相手を探す

結婚ラッシュは時期が限定されているため、相手が見つからなければ焦ってくるでしょう。この焦りは、正常な判断力を鈍らせます。また、結婚できれば相手のことなどどうでも良いというスタンスを持ちやすくなってしまう状況になります。こうしたスタンスは、相手にも伝わってしまうもの。婚活で出会った相手から「誰でも良いから結婚!」という本音が透けて見えると、あさましいと思われてしまいます。結婚を目的として出会った相手であっても、その人と結婚すれば、その後、一生を一緒に過ごすことになります。結婚するという目標ばかりを頭に置いて焦っていると、本当の自分の魅力をアピールすることができません。焦らずにしっかりと相手を見極め、自分も相手にアピールすることが大切です。焦りすぎては良いことはありません。

結婚ラッシュを掴む為に

結婚ラッシュを掴むためには、いったいどのようなことをすれば良いのでしょうか。結婚ラッシュは限られた年齢の時に起こり、一度波に乗り遅れてしまうと、一人だけ取り残されてしまいます。この結婚ラッシュを掴むためにしなければならないことをご紹介します。

自分磨きなどの準備をする

結婚ラッシュを掴むためには、まずは自分磨きなどの準備をしてください。準備だけではなく、自分磨きそのものをすぐに始めても良いでしょう。婚活市場では、魅力的な人から先に結婚が決まっていきます。もちろん、婚活を利用しない形での結婚でも、魅力がある人ほど多くの人から求められ、結婚相手の選択肢が増えるでしょう。
自分磨きは外見も内面もどちらも行う必要があります。外見では、年相応でありながらオシャレな服を選ぶようにしてください。男女どちらも、派手な服装をするよりも清潔感のある落ち着いた服装の方が好感度が高くなります。
外見を整えるのと同時に、趣味を作ってみるなど婚活で武器になりそうなことをしてみるのが内面の自分磨きです。まずは家事をできるようになりましょう。特に女性の場合には、家事ができないというのは大きなマイナスポイントです。練習するようにしてください。また、趣味を作るのも良いでしょう。趣味が合えば、話も盛り上がるので、相手が「この人とお付き合いしてみよう」という気分になってくれます。話題が豊富になるという点も良いですね。婚活市場において、自分がどんな点で他の人より優れているのか、他の人より魅力的に見えるのかを考え、しっかりと自分磨きをしておくことで結婚しやすくなるでしょう。

自分から行動する

結婚をしたいと思ったら、受け身の状態ではいけません。特に今現在、結婚を語るような恋人がいない場合には、まずは相手を見つける必要があります。いつかきっと自分に合う人と出会える、と夢見ること自体は悪くありません。ですが、待っているだけでは結婚できないのが今の時代です。女性でも男性でも、結婚したいと思ったら結婚に対する意識を高めなければなりません。また、結婚を意識して自分から積極的に行動してみなければなりません。例えば、婚活の情報を集める、まずは自分に合いそうな婚活を探してみるなど、自分から動き出さなければいけないのです。特に女性の方は、待っていればいつか結婚できると思っている人も多いようです。ですが、今の時代は女性が自ら探して結婚相手を見つけてきてもおかしくありません。また、婚活をりようすることが恥だというわけではありません。結婚したいと思ったら、まずはどんな方法で婚活をするべきなのか調べてみましょう。また、周囲に紹介を頼んでみても良いかもしれません。

すぐに行動するのも◎

婚活をすると決めたらすぐに動き出したいという人もいるでしょう。婚活は出会った人と確実に結婚できるわけではないので、早めに行動するのがおすすめです。婚活サイトの登録は簡単です。また、最近ではパーティー形式だけではなく、一緒に料理を作ったり、一緒にハイキングをしたりするような趣味に即した婚活が開かれるようになっています。自分に合いそうだと思ったものに、まずは登録してみることにしましょう。婚活という形ではない結婚相手の探し方を求めている方は、結婚相談所に行ってみるのがおすすめです。結婚相談所に行けば、自分の好みにあった人を紹介してもらうことができるでしょう。とにかく、結婚に関しては早め早めに動かなければいけません。出会ってから、実際に結婚するまでに時間がかかることを考えると、結婚ラッシュに送れないようにするためには、すぐに行動するのが何より大切です。

人間関係を大切にする

結婚ラッシュに乗り遅れないように婚活をしようと思った際には、人間関係を大切にすることが大切です。人間関係を大切にしている人なら、友人や親戚から良い相手を紹介してもらうことができるかもしれません。知り合いの知り合いが運命の人だったということもあります。友人の結婚相手の親友が将来の伴侶ということもあるのです。結婚ラッシュに乗り遅れないように焦っているときには、友人関係はおざなりになってしまうかもしれません。ですが、そういったときにこそ周囲を大事にしておくことで、良縁が舞い込んでくるかもしれないのです。常に周りとの関係を良くしておくことは大切なポイントです。

”守り”に入らない

結婚ラッシュに乗り遅れにためには、守りの姿勢に入らなことも大切です。結婚において守りの姿勢に入るというのは、消極的な姿勢になり、結婚に対して後ろ向きになってしまう姿勢のことを言います。例えば婚活をするときには、自分が気に入ったと思う人に自分からアプローチして付き合い始めます。これを攻めの姿勢とします。守りの姿勢は、良いなと思った人がいても自分から動くことがなく、待っているだけの姿勢のことを言います。結婚相談所のようなところでは確かに、待っているだけでもマッチングした相手を紹介してくれるでしょう。ですが、そこから先に守りの姿勢に入ってしまっては、成婚ということにはなりません。相手も自分もたくさんの人に会っているということを忘れず、自分が気に入った相手には良い印象を残せるように、常に攻めの姿勢でいることが大切なのです。

ピンチをチャンスへ

結婚ラッシュを前にして結婚の話が出ていない、結婚相手がいないという人は、自分ががけっぷちにいるような気分にっているかもしれません。ですが、このピンチはチャンスに変えることができます。自分から動くことが苦手な人でも、ピンチに陥っているときには自ら動かざるを得ないでしょう。結婚ラッシュが終わるまでに、という期間が限定されていると、さらに気持ちが昂るのでやる気も出てきます。ピンチの状態にあるからこそ、普段はできないような積極性を出して結婚ラッシュに乗ることができるようになれば良いですね。

チャンスを掴んだらダッシュ!

チャンスをつかんだなら、すぐに結婚に向かって動き出した方が良いでしょう。結婚願望があるのなら、結婚前提でのお付き合いを始めるべきです。婚活パーティーや結婚相談所を利用した場合には、お互いの目的が分かっているので、次に進みやすいかもしれません。実際に結婚を決めてから、入籍、結婚式に至るまでには時間がかかります。特に、結婚式には準備が必要になりますので、少なくとも1年はかかるかもしれないと思いましょう。結婚式まで行うことを視野に入れたのなら、結婚相手を見つけたらすぐに次に向かって動き出さなければ、結婚ラッシュに間に合いません。

もし乗り遅れても

結婚ラッシュは乗り遅れるとひどく焦るものです。自分の中の焦りをどうしていいか分からずに、とんでもない行動をとってしまうということもあるでしょう。結婚ラッシュに乗り遅れたとしても、絶対にとってはいけない行動をご紹介します。

乗った人の悪口を言う

自分が結婚ラッシュに乗り遅れてしまったとしても、絶対にしてはいけないのは、結婚した友人の悪口を言うことです。確かに、自分より劣ったところのある友人が先に結婚を決めたら、嫌な気分になるかもしれません。なぜ、自分が結婚できなくてあの人が、という気持ちになるかもしれません。妬みや僻みの気持ちが、相手への印象を悪くしてしまうこともあるでしょう。ですが、ここで悪口を広めてはいけません。周囲の人間には「あの人の悪口は嫉妬から来るものだ」ということはすぐにバレてしまいます。また、悪口を言っていることが当の友人の耳に入ってしまうということもあるでしょう。あまり悪口を言っていると友人をなくしてしまう可能性もあります。結婚が原因で友人をなく巣のが嫌な時には、結婚が決まったからと言って友人に対する態度を変えるのはやめましょう。自分の結婚式の時に呼ぶ友人をなくしてしまうかもしれませんし、意外と早く結婚が決まったときに自分の立場がなくなります。

仕事にのめりこむ

結婚できないからと言って焦る気持ちを隠して仕事にのめり込む人もいますが、少しでも早く結婚したい気持ちがあるのなら仕事にのめり込むのはやめた方が良いでしょう。周囲からは「結婚より仕事の人」とみられるようになり、余計に結婚から遠のいてしまいます。気が付いたら結婚資金は溜まっているけれど、結婚相手がいないということになっているかもしれません。仕事に没頭しているうちに結婚ラッシュが既に過ぎていたということもあるかもしれませんね。
仕事のにのめり込むのは悪いことではありませんが、休日には婚活に励むなど、結婚から遠のくような行動はとらないようにしてください。もちろん、職場で結婚相手が見つからないとは限りませんが、仕事仕事と頭の中で考えていると、自然とそのことばかりになってしまい、結婚へ意識が向きません。今の時代では待っているだけでは結婚できないものです。少しでも早く結婚をしたいのなら、仕事にのめり込んで「結婚できない」という事実を忘れようとするのではなく、結婚に対する積極性を高くした方が得でしょう。

よく考えず結婚する

結婚ラッシュに乗り遅れて焦った人がしがちなのが、よく考えずに結婚するということです。本来、結婚は信頼できる相手と新たな家庭を築くためにするものです。それなのに、自分一人が結婚できていないということで頭がいっぱいになり、「幸せな家庭を築くための手段」である結婚が、いつの間にか「結婚が目的」という事態になってしまいます。とにかく誰でも良いから、誰かと結婚しなければと考えているので、相手のことを良く知らないままに結婚してしまうということになるかもしれません。スピード婚で結婚し、結婚後に相手の本性を知って絶望的な気分になるということもあるでしょう。周囲の友人に取り残された感覚があるかもしれませんが、だからと言って、結婚していれば良いというものではありません。相手のことを良く知らないのに、取り敢えず結婚すればというような考え方は捨てるようにしましょう。

取り残された感がぬぐえない

焦っても良いことはないと思っていても、やはり、取り残された感が拭えないのが結婚ラッシュです。結婚ラッシュに取り残されてしまった場合には、いったいどのように気持ちを入れ替えれば良いのでしょうか。

結婚したい理由を考える

結婚ラッシュに取り残されて焦っているときには、まずは、自分が結婚したい理由を考えてみましょう。結婚したいのにできないというジレンマに苦しんいるかもしれませんが、そもそも、なぜ結婚したいと思っているのでしょうか。結婚ラッシュの時には周囲の友達がみんな結婚していくので、自分が急に一人になってしまったような気がするからかもしれません。友人が人生のステージをひとつあがった中で、自分一人が取り残されているように感じるからかもしれません。ですが、結婚したい理由が「友達に負けた気がするから」「友達に後れを取らないようにしたいから」だけでは、結婚する意味がないでしょう。経済的に自立することができており、自分の生活に満足しているのなら、結婚しなくても幸せに生きることができます。何となく取り残されて焦った気分になっている人は、そもそも自分は結婚しなければ幸せになれないのか、本当に「幸せな家庭を築きたいから」結婚したいと思っているのか、ただ友達の結婚ラッシュに気持ちを掻き立てられているだけなのか考えてみた方が良いかもしれません。

「勝ち組・負け組」考えを捨てる

結婚できずに焦っている人は、結婚を人生の「勝ち組」だと思っている節があります。そして、独身で生活している人のことを「負け犬」だと思うのです。ですが、これは正しくありません。結婚していても、その結婚に失敗して離婚しては「負け組」になるでしょう。一度結婚をしたからと言って、必ずしも勝ち組という扱いになるわけではないのです。結婚していなくても幸せに過ごすことができていれば人生の「勝ち組」です。
周囲に「負け組」だと思われるのが嫌だという方は、一度考え方を改めましょう。周囲の結婚生活を客観的に見てみると、必ずしも結婚が勝ち組には思えないということもあるかもしれません。「自分は負け組だ」という考え方を当の本人が強く持っているからこそ、周囲からも「あの人は負け組だ」と思われているように感じるのです。冷静になって「負け組」という考え方を捨ててみると、自分の周囲は意外と、未婚者に「負け組」というレッテルを貼るようなひどい人間ばかりではないことに気づくかもしれませんね。

世間の「適齢期」に惑わされない

「あなたももう適齢期なのに」「適齢期なのに恋人はいないの?」「もうそろそろ結婚しても良い時期なのに」と、ある一定の年齢を超えると言われるようになるでしょう。
世間一般的に「結婚するのにぴったり」と言われる年齢が適齢期です。その時期には結婚ラッシュが起きて、周囲の友人の結婚を見送ることも増えます。つまり、結婚ラッシュに取り残されて焦っている人に追い打ちをかけるのが、親戚や親の「適齢期なのに」という言葉なのです。ですが、この「適齢期」という言葉に惑わされる必要はありません。人によって適齢期は異なるからです。モデルタイプでは確かに20代後半から30代にかけてが適齢期と言われるかもしれませんが、誰もがモデルタイプの人生を歩むことになるとは限りません。途中間ではモデルタイプの人生を歩んでいる人でも、急に離婚をしてモデルタイプの人生から外れる人もいるのです。良い人を見つけ、その人と結婚の約束をできたときが自分の適齢期だと考え、世間一般に合わせる必要はないと思うようにしておきましょう。

独身の良さに目を向ける

結婚を焦っている人が見落としがちなのが、独身の良さです。独身には独身の良さがあり、結婚している人からすれば、独身の人がうらやましいということもあるかもしれません。
独身の時には、誰にも縛られずに人生を送ることができます。自分の人生に自分で責任を取らなければいけないという欠点はありますが、その代わり、自由に生きることができます。誰かを養わなければいけないということもありません。自分の理想の生活スタイルを諦めて、誰かのために尽くさなければいけないということもありません。自分の好きなように趣味を行い、好きなものを食べて、好きなときに旅行に行くことができるのです。このような自由な生活は独身だからこそと言えるでしょう。結婚は相手さえ見つかれば、することができます。婚活サイトを使って相手を見つけても良いですし、友人に紹介してもらうことも得できるでしょう。また、お見合いを利用して相手を見つけることもできます。ですが、一度結婚してしまうと、簡単には独身に戻ることができません。婚活をやめてしまってはチャンスがありませんが、続けているうちはチャンスがあるのです。独身生活を満喫できるのも今のうちと考えて、自由な生活を楽しむのも良いでしょう。

他人の幸せと比べない

人間の幸せはそう簡単に大きさを計れるものではありません。結婚ラッシュで結婚してしまった友人は「隣の庭の青い芝生」と同じなのかもしれません。他人の幸せと比べていると、自分がいかに不幸かという気分になります。ところが、結婚しているからと言って幸せだとは限らないのが人生です。他人の幸せな顔をねたんでいても幸せになることはできません。他人の幸せと自分の幸せを比べていると、自分の趣味も楽しめなくなってしまいます。結婚ラッシュに乗り遅れていても、人生が楽しめないということではないでしょう。他人の幸せばかりを羨んで不幸オーラをまとっていると逆に結婚が遠のきますので、幸せな友人から幸福を分けてもらうつもりで他人の結婚を祝福してあげることにした方が良いでしょう。

”今”結婚したいのか考える

結婚願望がある人は少なくありません。そういった人は特に、結婚ラッシュに取り残されると焦ってしまうでしょう。ですが、少し考え直してみてください。結婚を本当に”今”したいのかどうかは、人によるのではないでしょうか。確かに人によっては、今すぐ結婚したい!という方もいるかもしれません。特に、第三次結婚ラッシュを逃してしまった人はそうかもしれません。ですが、第一次結婚ラッシュや第二次結婚ラッシュの場合には、「よく考えてみると、実際に私が結婚するとなったらいろいろ問題があるかも」という気になるかもしれません。結婚には経済的な基盤や、周囲の環境、そして自分の覚悟など色々なものが必要になります。よく考えてみると、友達の結婚ラッシュに気持ちを急かされていたけれど、自分の結婚には「まだ」という気になるかもしれません。人生の中で「いつかは結婚したい」と思っているのと「今結婚したい」と思っているのでは話が違います。冷静になって、自分がいつ結婚したいのか、いつなら結婚できるのかについて考えてみましょう。

家族に急かされても気にしない

世間一般的に適齢期と言われる時期になると、親から結婚を急かされるようになるかもしれません。うるさい親戚がいるときには、拒否しているのにお見合いの話を持ってくることもあるかもしれませんね。こうした家族からの言葉を聞いていると、結婚できない自分を責められているような気分になるでしょう。ですが、家族からの声は気にする必要はありません。現在では晩婚化と言われ、結婚の年齢もあがってきています。両親や家族の年代とは事情が変わってきているので、そういったところを説明して納得してもらいましょう。ただし、どうしても早く結婚したいという人は、親の言うお見合いを受けてみるのも一つの手段かもしれませんね。

焦っても良い結果は出ない

結婚ラッシュになると、友人たちが全員幸せそうな顔をしているように思えて、自然と気分は焦ってしまうでしょう。誰でも良いからとにかく結婚をという気分になるかもしれません。ですが、焦って結婚しても幸せになれるとは限らないのです。結婚は一生を決めるものです。焦って自分の人生を大きく変えるようなことを決める必要はありません。周囲に流されずに、地道に結婚相手を探す努力を続けましょう。

以上、『結婚ラッシュに乗れる人と逃す人の、決定的な違いとは!?このポイントに気をつけましょう!』でした。みなさんの結婚の一助になれば幸いです。