シングルマザーでも再婚はできる!それを分かって欲しいのと、その方法を知って頂きたいのでこの記事で方法や注意点をご紹介します。

周りでシングルマザーの方が増えていると感じることはありませんか?

若い時に子供を産んでそのまま結婚せずに相手と分かれてしまった。そういった人が増えているようです。

また、昔に比べて離婚が増えたので、出産したけど離婚した女性の多くは、女性側が親権を持ちシングルマザーの道を選んだ方も多くいらっしゃると思います。

そういったシングルマザーの方で再婚を考えたくても、自分一人ではなく、子どももいるので、そんな状況の中幸せな再婚って出来るのかな?と不安に感じている方が多くいらっしゃるかもしれません。

ただ、シングルマザーでも幸せな再婚をしている方は多くいらっしゃいます。

今回は幸せな再婚をするために必要な事、考え方をいくつかご紹介していきたいと思います。

一人でも多くの、こういったシングルマザー特有のお悩みを持つ方に少しでも役に立つ情報があれば幸いです。
では見ていきましょう。

シングルマザーだと再婚は難しそう

人それぞれの感じ方によるところになるので、すべての人がそうではないかもしれませんが、子どもがいる事で次の恋愛や再婚に踏み切る事が難しいと感じている方もいらっしゃるかもしれません。
子どもの事も考えると、もはや自分だけの恋愛ではなく、子どもの受け止め方、感じ方なども考慮して行動を起こしていく必要があると感じる事も、大きな要因の一つであるといえるでしょう。
再婚が難しいと感じる理由は人それぞれですが、今回は特に多い意見をまずご紹介していきましょう。

子どもの理解が得られにくい

再婚をする上で、一番考えてしまう要因であるといえるのではないでしょうか。
やはり自分だけの恋愛ではなく、子どもがいる事で子どもはどう思うのか、理解してくれるのだろうか…と考えてしまう事は当然だと思います。
子どもの年齢だけで判断は出来ないですが、特に思春期の子どもがいらっしゃる場合だと子どもの負担が大きくなってしまうんじゃないかと考えてしまうものですよね。
最近では夫婦別姓という事もありますが、結婚をすれば苗字も変わるので、タイミングを考慮したり、そもそも子どもの理解を得られるのか?など、理解を得る得られないという事は非常にシングルマザーの方にとっての再婚を考える大きな要因であるといえるでしょう。

”子どもの父親”として相手を評価してしまう

自然と相手を選ぶ際に子どもの目線で考えてしまう事がありませんか?
果たしてこの人は自分の子どもの良い父親になれるのか…と。
確かに子どもにとって良い父親になってほしいと考える事は自然な事ですし、非常に大事な事です。
ただ、良い父親になってもらえそうだから、という理由だけで相手を選びますか?
一番大事なのは再婚をする自分自身の気持ちであるといえるでしょう。
なぜなら、相手が好きだという気持ちがなければそもそも再婚生活がうまくいかなくなる可能性が大いにあります。
子どもの感じ方ももちろん非常に大事な要因です。
ただ、子どもだけではなく、自分自身も幸せになる事も非常に大事な事なので、子どもの事を考えるあまり、自分の事をあまり考えなくなってしまうという事だけは避けましょう。

まず自分にとって良い人か考える

恋愛をするのは自分自身です。確かに恋愛と結婚は違うかもしれませんが、まずは自分自身が幸せになって良い再婚生活を送る為には子ども目線ではなく、自分にとって良い人かどうか考える事が大事です。
なので、自分自身が本当に心の底から一緒になりたいな、と感じられる人と一緒になる事が大事です。
子どもの為の恋愛ではありません。
自分が幸せでなければ、周りが幸せになる事はないと思います。
まずは自分自身が幸せだと感じる事が大事であるといえるでしょう。
そこを踏まえた上で自分にとってこの人は良い人なのだろうか?という疑問を持って相手を選ぶ事を心がけていくいく必要があるでしょう。

子どもに対してしてはいけない事

子どもと生活をする中で、以前の結婚生活に関する話をする機会があるかもしれません。
子どもも詳しい事を何も聞かされていなければ、疑問に感じてつい聞きたくなってしまいますよね。
ある程度大人になってからであれば空気を察して、気になっても自分の心の中に閉じ込めてしまうかもしれませんが、幼い子どもであれば純真無垢な気持ちで聞かれる事は多々あるでしょう。
その時に子供に対して言ってはいけない事を、ご紹介いたします。
人間ですから、つい自分の本音を言ってしまいたい場面もあるかもしれませんが、
どうしても言いたい場合は子どもではなく相談できる別の家族や大事な知人に打ち明けるのがベストであるといえるでしょう。
では、見ていきましょう。

前夫と再婚相手を比較させる

再婚相手が決まった場合、まずは子どもに良い人だと思ってもらいたいと思いますよね。
ただ、子どもに好感を持ってもらう為に、以前の再婚相手との比較を行う事は良い事であるとはいえません。
もし自分が子どもの立場だとして、自分の以前の父親を比較対象にされても良い気分はしませんよね。以前の父親の話をする事がしたくても出来なくなってしまうかもしれませんし、もしかすると比較する事すらできない場合もあります。
そして、比較する事が理由で傷つく事だってあるんです。
結果として良い方向にいく事はほぼないので、比較するような事は子どもには伝えないようにする事が大事であるといえるでしょう。

前夫の悪口を目の前で言う

こちらも同様に子どもの立場で考え、自分の本当の父親の事を母親が悪く言っている姿を見て良い気持ちがするでしょうか?
どんな形であれ、悪口を言っている姿を見るのは嫌な気持ちにしかなりません。
特に、離婚して間もない場合は子どもも少なからず傷を負っている状態であるといえるでしょう。
心の傷は目に見えませんし、簡単に解決出来るようなものでもありません。
傷を広げるような事にも繋がりかねませんし、何の解決にもなりません。
ネガティブに考えるよりも、ポジティブな発言を心がけ、子どもには悪口を言うような姿は絶対に見せないようにしましょう。

幸せな再婚をするためには

再婚を考える中で幸せな再婚を望まない人なんていませんよね。
どんな人だって幸せになりたいと心から願うものです。
それは再婚だって同じ事です。
自分自身も幸せになりたいし、子どもにも幸せな生活をさせてあげたいと考えると思います。
ただ、言葉では簡単ですが、幸せな再婚をできるのか、やはり一度失敗してしまった立場の方は不安でたまらないと思います。
ここからは幸せな再婚をするために、幸せな再婚を経験した方に共通する特徴をご紹介しようと思います。
ご紹介する中で、少しでも自分自信にプラスになるような事があれば是非取り入れて頂ければと思います。
では見ていきましょう。

再婚相手に”母親の顔”を見せる

人によっては抵抗があるという方もいるかもしれませんが、母親である姿を再婚相手に見せておくという事です。
一般的には結婚をして、子どもを授かって母親の姿を見せるという一連の流れになるかとは思うのですが、シングルマザーの場合はすでに母親です。
中にはいきなり母親という姿を見る事で再婚相手の感じ方も重く受け止めてしまう方もいるのかもしれません。
ただ、事前に母親である姿も見せておく事で再婚相手が、自分も再婚をすれば父親になるんだという自覚も生まれますし、母親である姿、女である姿の両方を見て受け止めてくれる男性であれば再婚後、それに伴ったギャップを抱かれる心配もありません。
どちらの姿も愛している、と受け止めてくれる男性と一緒になる事が出来るといえるでしょう。

離婚の反省を再婚に活かす

ここが非常に肝心な部分になるといえるでしょう。
でも離婚の経験を思い出す事って人によってはとてもいやな事ですよね。
ただ、なぜ離婚をしてしまったのか?と考える事は非常に重要な事ですよね。
なぜかというと、根本的な原因の改善に繋がるからです。
根本的な改善がなされないまま再婚生活をしたとして、もし同じ問題が発生した場合、うまくいかない確率が高いままになっていますよね?
同じ結果に二度とならないためにも、しっかり考えて、原因が自分にあったのか、それとも相手にあったのか?という事を知る事は非常に大事です。
例え相手に原因があったとしても自分は何かできなかったのか?と考える事も非常に大事であるといえるでしょう。
結婚は相手がいて、初めて成立するものです。
相手と生活を共にしていくという事の意味をしっかりと考え、幸せな再婚生活を送る為に改善できる部分はしっかりと改善していきましょう。

子どもの気持ちを優先し再婚する

勘違いしやすい部分になりますが、子どもの気持ちを優先してすぐにでも再婚をする必要がある、という意味ではありません。
子どもは親が思っている以上に色々な事を感じていますよね。
子どもによっては母親が取られてしまったと感じる子もいれば、嫌いなわけではないけど、再婚相手の方にかなり気を使ったという子や、自分の事を思って再婚をするくらいなら、別にしてほしくないと考える子どももいます。
感じ方も受け止め方も全く同じ子どもなんて絶対にいないですよね。
確かに子どもの気持ちも非常に大事です。
ただ、ここでいう子どもの気持ちというのは例えば、久々の恋愛で舞い上がってしまって子どもの事をおろそかにする、等といった行為です。
人間なので、恋愛を思いっきり楽しみたい、という欲求ももちろん持ちますし、自分が幸せを感じたいと考える事も基本的な欲求です。
ただ、母親であるという非常に大事な事を忘れてしまってはいけません。
子どもの事をないがしろにせず、母親であるという自覚を持った上で子どもの気持ちを優先し、さらにその上で幸せな再婚をするという事が非常に大事であるといえるでしょう。

再婚相手に求めすぎない

前回の結婚生活を失敗してしまった経験から、次の結婚では失敗したくないと考えてしまうものですよね。
ただ、再婚を失敗したくないあまりに相手に色々求めすぎてしまいがちになってしまいます。
これはあまり良くないといえるでしょう。
例えば、子どもがいる事から、無意識に再婚相手に対して、父親としての姿を想像して見てしまいがちになると思います。
そして子どもを育てる経済力や子どもに対してどのように接してくれるのか?という事から始まり、様々な事を相手に要求してしまいがちになってしまいます。
ただ、相手も人間です。
相手がもし、以前子どもがいる状態で離婚を経験し、子どもがいる生活をある程度想像、経験できている方なら話は変わるかもしれませんが、もし父親としての経験が全くない状態で様々な事を一度に求められたらどう思うでしょうか?
相手だってこちらの状況を知れば、必然と子どもと生活を送っていくんだ、という事を考えてくれます。
ただ、いきなり状況がガラッと変わってしまった場合にすぐに適応できるかといえばそうではないでしょう。
相手も不安なのです。そのような状況の中、無理に相手に求めすぎてしまう事は、相手にプレッシャーを助長させてしまう行為であり、相手にとっても自分にとってもそれは適切ではないといえるでしょう。
夫婦として一緒に生活を共にしていくわけですから、一緒に助け合っていく事を前提にお互いを認め合う事が大事なのです。

価値観が合うか判断する

価値観が合うかどうか、というのは今後一緒に生活をしていく中で非常に大切な部分であるといえるでしょう。
なぜなら、価値観が合わない同士であれば必然と意見の不一致が多くなる回数が増えますよね。
もちろん考え方がまったく同じという人はいません。
ただ、ある程度の考え方が似ている、または合う方が相対的に意見の不一致になる回数は減りますよね。
そうなれば意見の不一致から発生する喧嘩も当然ながら回数は減っていきます。
特に自分自身が重要だと感じる部分の意見が同じであれば、一緒に生活を送る上でお互いにストレスなく生活をする事が出来るのではないでしょうか。
事前に重要だと思う部分は相手に探りを入れて、聞き出しておく事が非常に大事であるといえるでしょう。

再婚を成功させる方法

幸せな再婚をするための考え方をご紹介していきましたが、ここからは再婚を成功させる方法をご紹介していきたいと思います。
再婚を成功される上で大切な判断項目になるので、自分自身に当てはまっているのかどうかを是非、確認していっていただければ幸いです。
すべてシングルマザーの方にとっては大事な部分です。
当たり前じゃんと感じる部分もあるかもしれませんが、再度見つめなおしていってもらえればと思います。
では見ていきましょう。

カギは『いつ再婚するか』

再婚をするタイミングというのは誰しもが考えますよね。
特にシングルマザーとして子どもの世話をしながらの生活であればなおさらだと思います。
単純にこの人と一緒になりたいと思っても子どもの事を考えると、今の再婚のタイミングって適切なのかな?と考えてしまいます。
自分一人ではないからという理由でタイミングを考えてしまう事は当然の考えです。
母親であるという自覚をもっているからこその大きな悩みであるといえるでしょう。
では、ここではいつ再婚をするのが適切なのか?という判断を下すための判断基準をいくつかご紹介していきたいと思います。
非常に難しい悩みなので、少しでも判断を下す上で参考になってもらえれば幸いです。
では見ていきましょう。

子どもの歳・性格を考える

子どもの歳や性格は再婚のタイミングを左右する大きな要因になるといってもいいでしょう。
一般的に子どもの年齢が幼い、もしくは高校生以上になるとうまくいきやすいといわれています。
なぜかいうと、子どもの年齢が幼い場合はどうしてもパパが欲しいと感じやすいと言われている事から、再婚相手にもパパになってほしいという気持ちが伝わり再婚相手もパパとして接する事ができやすいですし、高校生以上の場合は性格にもよりますがある程度大人の考えを持つ事が出来るので、再婚相手にも理解を示す事が出来る場合が多いようです。
ただ、思春期の小学生や中学生の場合はどうしても子どもの感じ方も多感な時期ですし、再婚相手も受け入れてもらえなかったらどうしようと不安な状態になってしまうからです。
なので、年齢や子どもの性格をすべて考慮した上で適切なタイミングを計る事は非常に重要な要因であるといえるでしょう。

子どもの気持ちは安定しているか

やはり自分自身が思っている以上に子どもは非常にいろいろな事を考えて、感じています。
子どもの中で整理がついていない段階で勝手に状況を変えてしまうような事は避けなければいけません。
なかなか自分の中での整理がつきにくいのが心の問題の特徴ですよね。
そんな状況の中、追い打ちをかけるように子どもの状況を変えてしまう事は適切ではないといえるでしょう。
そして、子どもの気持ちを整理させるために、無理に気持ちを変えさせるような事も絶対にしてはいけません。
子どもが自分自身で整理をつけてもらえるように、子どもの考えている事をしっかりと受け止めて、感じてあげる事が親にとっては非常に大事であるといえるでしょう。

相手は初婚か再婚か

一般的にですが、再婚相手が初婚である場合と、再婚である場合だと再婚である方が再婚生活はうまくいきやすいと言われています。
これはなぜかというと、相手が再婚をする場合、自分自身も感じているように一度失敗をしているからこそ次の結婚はうまくいきたい、うまくいかせるための努力をしたいと考えるようになるからです。
つまり、お互い失敗をしているからこそ、大変な思いをしたからこそ、自然と幸せな再婚生活を送る為の努力を受け入れる、心がける事が出来るのです。
ただ、もし再婚相手が初婚である場合、しっかりと子どもの話であったり、父親となる事についての自覚をもってもらう必要があるのです。
もちろん全員がうまくいかないというわけではありませんが、多い例としては新たに自分の子どもが出来た場合、自分の本当の子どもと連れ後の対応が違うというケースが多いようです。
また、再婚相手が初婚の場合はいきなり父親となるわけですから、当然心理的な責任感やプレッシャーが生まれるわけです。
なので、ハードルが高く感じてしまいがちで、そこから夫婦の関係に亀裂が生まれてしまうといったケースも多くあるようです。
なので、初婚の場合はしっかりとすべてを受け入れる覚悟を事前にもってもらう必要があります。
ただ好きだからという気持ちだけではなく、いきなり一人の父親としてやっていけるのか?という事をしっかりと話し合う事が大事であるといえるでしょう。

再婚したら前夫に伝える

非常に悩む所ですが、人によっては連絡自体取りたくないという方もいらっしゃるかもしれません。
ただ、自分だけの考えではなく、子どもの立場に立ってみると、どんな相手でも相手は自分の父親です、世界にたった一人だけしかいない自分の父親なんです。
もし再婚をしたのであれば、新しい家庭を持った事を前夫にもしっかり伝えて、前夫にも新しい生活がスタートした事を理解してもらう必要があります。
もし子どもと前夫が会う機会があり、知らなかったという事を聞かされた場合、子どもの心理としては不信感が生まれたり、自分一人でその状況に悩んだりしてしまう事があってもおかしくない状況になってしまいます。
なので、子どもの事を思う意味でも、新しい生活が始まった場合はよっぽどの事がない限りは前夫にしっかりと伝えるべきであるといえるでしょう。

相手の家族に煙たがられるんじゃ…

再婚できたとしても相手の家族にどう思われるのか、うまく受け入れてくれるのかという事が非常に心配だという声も多いでしょう。
子どももいるという事で相手の親にはどう思われてしまうのかと悩んでしまう事もあるのではないでしょうか。
ここからは相手の家族に受け入れてもらえるように事前に行える事をご紹介していきたいと思います。
行動する前からダメだと決めつけずに、しっかりと前向きに受け入れてもらえるように前向きに行動をする事が非常に大切です。
では見ていきましょう。

パートナーと綿密な事前打ち合わせをする

事前にパートナーへシングルマザーであるという事について受け入れてもらえるようにしっかりと打ち合わせをする事が大切であるといえるでしょう。
例えば、自分が親の立場である場合、いきなり会った時にバツイチでシングルマザーだと聞かされるより、事前にシングルマザーだけど、とても性格が良く、一緒にいても居心地が良い、子どもとも会ったりして良い関係を築けているという情報を聞いていた場合、前者と後者の場合、感じ方ってとても違いますよね?
親はいつになってもやはり子どもが心配です。
バツイチだとか、子どもがいるという事よりも、一緒になってうまくやっていけるのかという事を重要に考えているケースの方が多いようなので、まずは相手の親に安心感をもってもらう事が重要です。
事前に相手の親に受け入れてもらえるように根回しをする事は非常に大切な事であるといえるでしょう。

事前にシングルマザーだと伝えてもらう

先ほどの打ち合わせの項目でも触れましたが、やはり事前にシングルマザーであるという事は伝えてもらう方が良いでしょう。
特に子どもがいるという事は非常に相手の親の立場からも事前に聞かせてほしい事だと思います。
子どもがいるという事と、離婚をしているという事はマイナスなイメージをもたれるという風に考えている方もいらっしゃるかもしれません。
ただ、昨今では離婚を経験した事があるという方は非常に多くいらっしゃいます。
そんな状況の中、頑張って働いて、育児もしてという自分の頑張りが相手に伝われば絶対に相手も受け入れてくれると思います。
自分一人でなんでもこなして頑張っている姿を見て、この人は頑張っているんだな、と認めてもらえる事だってあります。
過去よりも大事なのは今、そしてこれからどう行動しているのかという事だと思います。
なので相手の親の立場に立って物事を考え、自分を受け入れてもらえるように事前に行動していく事が大切であると言えるでしょう。

不安な気持ちはパートナーに伝えておく

でもやっぱり不安な気持ちって誰しもが持ってしまいますよね。
不安だからこそ行動して少しでも受け入れてもらえるように努力をする事が大切です。
ただ、どうしても不安な気持ちを誰かに話したいという事があれば、パートナーに相談する事が非常に大事であるといえるでしょう。
気持ちというものは言葉に出さないと伝わらない事もあります。
なので、事前に自分の不安な気持ちや、心配な気持ちを相手に伝えておく事によって、相手も受け入れてくれ、不安な気持ちをなるべく持たないように努力をしてくれます。
相手の親であるからこそ、しっかりとパートナーに自分の不安な点を理解してもらうように伝えておきましょう。

言わなくてはいけないことを事前に整理しておく

事前に知っておいてもらいたい事を整理しておく事は非常に大切であるといえるでしょう。
パートナーも常に親と連絡を取っているわけではないですし、大事な事ほど早い段階で知っておいたもらう必要もあるので、言わなくてはいけない事はしっかりと優先順位を決めて、整理してパートナーに伝えておきましょう。
逆に大事な事を後になって伝えてしまっては、内容によっては不信感が生まれてしまう場合もありますし、そこから夫婦の関係に傷が入ってしまう可能性もあるので、非常に重要な事である事を知っておく必要があるでしょう。

ウソや大きな隠し事はしない

これは絶対に行ってはいけない事です。
ウソや隠し事は絶対にバレてしまいます。
ウソや隠し事をしてしまった際に、発覚する事を恐れまたウソを重ねてしまう…という事に繋がってしまいかねません。
人間が強い不信感を抱く要因はやはりウソをつかれる事です。
ウソをつく心理としては相手に良く思われたい、相手に嫌われたくないという気持ちから来ているのだと思います。
だからこそ、好きで一緒になりたいと思った相手には本来の自分を打ち明けて、真実を伝えるべきであると思います。
本来の自分を受け入れてくれるような相手と一緒になるべきですし、そこで理解がなければうまくいく可能性も低くなってしまうので注意が必要であるといえるでしょう。

義両親との付き合い方

相手の両親との付き合い方について悩んでいる方、心配に感じている方も多くいらっしゃると思います。
シングルマザーという立場や、嫁姑問題という言葉もあるように、上手な付き合い方って誰しもが気になる所ではありますよね。
ここでは上手な付き合い方としていくつか心がけるべき点をご紹介していきたいと思います。
もし相手の親との付き合い方に不安がある方は参考にしてみてくださいね。
では見ていきましょう。

自分の魅力をアピールする

義両親との付き合い方の一つとして、義両親に自分の魅力をアピールするの事が一つの手だと思います。
いくつになっても子どもは子どもという風に、自分の子どもが元気にしているのか、しっかりと生活を送っているのかやはり心配で仕方がないのです。
あまりにも過剰なアピールは適切ではありませんが、例えば手の込んだ料理をさっと作って見せるとか、家事が抜かりなくこなしているといった姿を見せる事で、相手の両親はとても器量の良い人なんだな、という印象を持ってくれますし、この人なら息子とうまくやっていける、サポートしてくれるという気持ちを持ってもらえると思います。、
さりげなくこういったアピールを見せる事ができれば、相手の両親からの信頼を得る事も出来ると思います。

ラフな付き合いを心掛ける

相手の義両親には、どうしても最初はかなり気を使ってしまいがちですよね。
ただ、いつまでも気を使いすぎていては良くないといえるでしょう。
無理に仲良くしないといけない、相手に失礼な真似をしてはいけないと張りつめてしまうと、どうしても壁がなくなりませんし、ストレスにも繋がってしまいます。
また、相手にも気を使っている事が伝わり、相手リラックスする事ができないかもしれません。
そうなると一緒にいる事が苦痛だとお互いが認識してしまっては良い関係を作る事は難しくなってしまうかもしれません。
確かに全く気を使わないという関係も悪い場合がありますが、多少なり方の力を抜いて良い意味で気楽に接する事が大事です。
無理に近づきすぎる必要もありませんし、一定の距離を保って楽しいお付き合いを心がけていくべきだと思います。

子どもも義両親に合わせる

義両親との付き合い方の一つとして子どもを義両親に会わせてあげるという事があります。
もちろん子どもの年齢によってという部分もありますが、もし小さい子どもの場合、たとえ血がつながっていなくても、息子が選んだ人の子どもならと、可愛がってくれるはずです。
積極的に子どもに会わせる事によって本当の孫のように感じてもらえる事だってありますし、家族の絆が深まり、良い関係を築く事が出来ると思います。
逆に全く子どもを連れて来ず、会わせてあげたりもしないと相手の義両親も会いたいのに会わせてくれないのかな、と良い印象を持ってもらえない場合もあります。
また再婚相手との子どもがもし出来た場合、もしかすると愛情が傾いてしまう場合もあります。
なので、積極的に子どもの顔を見せてあげる事は非常に相手の義両親にとっても喜ばしい事ですし、良い関係を築ける方法の一つであるといえるでしょう。

難しく考え過ぎは苦しくなるだけ

シングルマザーという立場上、普通の再婚と違って色々気にする部分が多いですよね。
ただ、様々な問題があるからといって、難しく考えすぎる事は自分自身が苦しくなり、結果的に良くない事だといえるでしょう。

難しく考えすぎて、何も行動を起こせない状態になってしまうより、ある程度気楽に考えられる部分は気楽に考え、ストレスをため込みすぎないようにするのも非常に大事な事です。
特に、必要以上に普段から気を使いすぎている方はもう少し気が抜ける部分は気を抜いて、今の状況を楽しみながら次の行動へと移してみませんか?

行動を起こす事で、変化が起こります。

待っているだけでなく、自分から積極的に行動する事が大事です。

以上、「シングルマザーで再婚(結婚)するにはどうしたら良い?子供への対応や再婚を成功させるための注意点をご紹介します」でした。是非今回ご紹介した内容で少しでも取り入れられる事があれば取り入れて頂き、素敵な再婚生活を送る上でのヒントとして役立ててもらえれば幸いです。