2017年こそは「彼女を作る!」と意気込んでいる方も多いのではないでしょうか?

バレンタインの心が浮つく一夜、真夏の思い出がきらめく海辺。クリスマスの輝かしい夜、年越しの喜ばしい一瞬。

それらのイベントを寂しく過ごしてしまった人は、2017年こそは「彼女がほしい!」と切に願うのではないでしょうか。

イベントに限らず、一人で過ごす日々よりも二人で過ごした方が、何気ない日常も輝いて見える。
人間は一人では生きていけない生き物なので、温もりを求めてしまうことは必然です。
是非とも「彼女がほしい!」その願いを実現しましょう!

彼女をつくるノウハウにプラスしてモテ男への道のりを、ここではお話ししていきたいと思います。

バレンタイン、クリスマス…彼女と過ごしたい!

「俺、彼女持ちなんだ」
そんな言葉で次に連想するのは「バレンタイン」「クリスマス」など、恋人たちのためとも言えるイベントなのではないでしょうか?
彼女と過ごすバレンタイン。クリスマス。と聞くと、もうハートが舞い飛んできそうで、幸せが溢れんばかりの情景が、容易く想像ができます。
そんな、彼女がいなければ一転して木枯らしが吹きかねないイベントの数々が、日本には多く存在します。元は、クリスマスはキリストの誕生日……バレンタインは感謝を伝える行事……恋人たちがイチャイチャするためのものではないのに……!
そう思っても、残念ながら、恋人がいない人達の負け犬の遠吠えです。
この日本では、負け犬の遠吠えにしか聞こえないのです!
辛酸を舐めた寂しい2016年を心強い糧にして、今年は彼女レスを脱出し、楽しい一年のイベントたちを迎えましょう!

なかなか彼女を作れない

「彼女が欲しい!」「彼女をつくるぞ!」と意気込んだところで、なかなか物事は上手くいかないのが世の常です。
出会いがないし、いい人も周りにいないし……彼女ができない人にも様々な言い分があるとは思いますが、でも待って下さい! 彼女がなかなかできないと嘆いている人がいる一方で、すぐに彼女が出来る人や、彼女と別れてもすぐに新しい彼女ができ、彼女が切れない人は、確かにいるのです。
世の中、平等ではないんですね。この目を背けたくなる事実を前にして、そんな幸せな奴とは人種が違う。どうせ俺なんて……。とは、思わないでください!
彼女がいる人、モテる人に共通する点を一つ一つ見ていきながら、真似ができるところを真似していき、モテへの道を探っていきましょう。

格好良くないから仕方ない?

彼女ができない現実を目の当たりにした時、周りと比べては「俺は格好よくないから……」なんて思っていたりはしませんか?
人はマイナスな事象を目前にすると、自分を納得させるために様々な理由をつけてしまいます。ですが「格好よくないから仕方ない」は、本当にそうなのでしょうか?

ひょっとして勘違いしていませんか?

「モテる=イケメン」と勘違いしていませんか?
ココを勘違いしている人が、実は結構います。
確かに、イケメンはポイントが高いです。
イケメンであるに越したことはないのですが、周りの彼女がいる男性を見てみて下さい。
全員がイケメンでしょうか? 必ず、イケメンではない人もいますよね? 男性からの目線で見ても「なんでコイツが?」という人だって、彼女持ちの人がいるはずです。
誰が見てもイケメンな男性よりも、寧ろ、そこまでイケメンじゃない人の方が、幸せそうな彼女との毎日を送っているかも……。

更に、芸能界も比べてみて下さい。
本物のイケメンもいますが、アイドルだって俳優だって、こう言ってはなんですが、本当にイケメンなのか疑わしい人がいますよね。ですが、その「個性派」や「演技派」などと言われる人達のことが大好きで大好きで、仕方が無いファンの女の子がいるのです。
そう、イケメンじゃないと絶対にいけないということではないのです。
イケメンじゃなくても、他に魅力があれば女の子にモテますし、自分のことを好きになってくれる女性がいるということなのです!

格好良くてもモテない人はモテない

イケメンじゃなくてもモテるには、他に魅力があるかどうかが左右します。
つまり格好よくてもモテない人はモテませんし、大して格好よくなくてもモテる人はモテるのです。何故この人がモテるんだろう……? そう思う人が周りにいませんか?

どんな男性が”本当にモテる”のか

ここからは、本当にモテる男性の特徴を、より詳しく見ていきたいと思います。

清潔感が漂っている

モテる男になるための大前提、第一関門として、清潔感が漂う素敵な男性になることが大切です。
逆に考えて、どんなにキレイな女性でも、髪の毛にフケがついていたり爪の間にゴミが詰まっていたりと、清潔感の欠片もなく不潔だったら嫌ですよね。
顔が綺麗であっても、清潔感がなければ台無しなのです。清潔感のない不潔な美人よりも、そこそこの顔立ちで清潔感のある女性の方がモテます。
男性の場合でもそうです。ましてや女性は、男性が女性を見る以上に、男性のことを細かいところまで見てチェックしています。
彼女がほしいと思ったら、まずは清潔感を大事にしていきましょう。

オシャレに気を使っている

元からオシャレに興味がある男性だったらまだしも、多くの男性はファッションにうといことの方が多いです。
オシャレに気を遣いましょうといっても、何もファッション雑誌に出てくるモデル並みになりましょう! と言っている訳ではありません。
服装は密接に清潔感と関係してくるところでもあります。
楽だからといって、ジャージばかり着ていませんか?
慣れていて着心地がいいからと、毛玉のついた服や古くなったよれよれの服を着てしまってはいませんか?
誰にも見られない家の中ならばまだしも、まさかそんな服装で外に出かけてはいませんよね?
あ! と思ってしまった人は、今すぐに清潔感のある服装を目指すようにしましょう。
出来れば、部屋着も綺麗なものに買い替えましょう。
普段からきちんとした格好をしていれば、雰囲気に滲み出てき、自分への自信にも繋がってきます。
彼女がいるモテる男性は、総じて小奇麗な格好をしているものです。

他人を思いやれる心を持っている

今までは外見について語ってきましたが、ここからは内面についてもお話ししていきたいと思います。
人間は中身だ! との言葉もあります。
どんなにイケメンであろうと、格好よかろうと、中身がない薄っぺらな男性だったら嫌なものです。女性とお付き合いに発展しても、長続きしないのもこのタイプです。
女性が好きなタイプの男性を語る時、ありきたりではありますが、よく「優しい人」と言いますよね。ありきたりなのですが「優しい」つまり、他人を思いやれない男性とは、一般的な意見にもなるくらいの大多数の女性が、お付き合いしたくないといことです。
自分を大切に思うことは大事です。
自分を大切にできない人が、他人を大切にできるとは思えません。
何故なら、人を大切にする仕方を、身を以て分かってはいないからです。
ですが、自分を大切にすることと、自分本位になってしまうことは違います。
利己的な行動は、他人を蔑ろにし、思いやりがないと見られてしまうのです。
思い当たるところがある方は、自己中心的な考えになってしまっていないか、何か行動をする時には一呼吸を置いてみるようにしましょう。

人付き合いが上手

モテる人というのは人付き合いが上手です。
従って人当りがいいので友達も多く社交的であり、悪く言えば世渡り上手です。
「自分は人見知りだし、社交的に振る舞うなんて無理だ!」
そんな方は、まずは人が集まる場所に顔を出すことから始めましょう。
稀に、天性の才能で人付き合いが上手い人がいますが、多くの場合は違います。
みんな経験を重ねていき、こういうタイプの人にはこんな反応をすると感触がいい、などと常に学習をしているのです。
上手い人は幼い頃からの積み重ねがあり、スタートがそもそも遅れているじゃん! と思うかもしれませんが、物事を始めるのに手遅れなんてことはありません。
人が集まる場に出て、色々な人とお話しをしてみましょう。
絶対にあなたの会話スキルは向上し、人付き合いも上手くなっていきます。
小さな積み重ねが面倒に思えますが、面倒なものにこそ意味があったりするのです。

不撓不屈の強い心を持っている

モテる男には「男らしさ」も大事です。
仕事や学業、頑張るものはなんでもいいのですが、すぐに挫けてしまうような頼りのない男性に、女性はついていきたいとは思いません。
今や肉食系女子という言葉も主流になってきましたが、それはごく一部の女性たちで、まだ大多数の女性は男性にリードしてほしい。守ってほしいという願望を持っています。
気の強い蓑に隠されてはいますが、男性にリードされたり守ってもらったりして、嫌な気持ちになる女性はいません。

自分の過ちを正面から受け止めれる

これは、男性としてというよりも、人間として成長ができているかのお話しになってきます。
自分の過ちを受け止めることは、簡単なことではありません。
受け止められていると思っていても、本当は過ちと正面から向き合えていなかったりします。
この自分の非を認められるかどうかは、女性と付き合ったあと、喧嘩をしてしまった時に大きな問題になってくるものです。
女性関係に限らず、友人間でもそうですが、喧嘩になった原因が自分にあり、自分が悪いのに、謝罪の一つもない人なんて嫌ですよね。悪いことをしたと分かっている時は、素直に謝って、反省をするべきです。悪いことをしたと気付けもしない場合は、他人を思いやれてこそいません。まずは人に優しい人間になるように改めましょう! そんな言動や行動ばかりが続けば、周りから人が消えていってしまいます。

他人に流されない

優柔不断な男性はモテません。
レストランに入って、いつまでもメニューを決められない男性がいます。
はっきり言って萎えてしまいます。
きちんと決断ができる人は男らしくも感じられますので、優柔不断な男性は男らしさに欠けた印象を抱いてしますのです。
二者択一ができない人は、女性の二者択一からふるい落とされてしまうのです。
また二兎追う者は一兎も得ずなんて諺もあります。
だからといって「頑固」ではありません。
一度決めたらこう! 間違っていても認めない! それはいけません。
融通の利かなさに呆れますし、自分の非を認められていません。だめだめです。
柔軟に他人の意見は聞けつつも、他人には流されない自分をもった男性がモテるのです。
自分を持つということは、自分に自信があるということです。

モテ男への道のりは長い

さあ、色々と見てきましたが、モテ男への道はとっても長い……。
そして難しいことのように思えますね。ここまでを読んで「俺には無理だ」と思ってしまった方がいるはず。でも、そんなこと言わないで下さい! 次は、モテ男への近道を模索していきます。

ポイントを押さえれば早く彼女を作れる!

モテ男への近道には、いくつかのポイントがあります。今すぐに実践すべきポイントを詳しく見ていき、モテ男に近付いていきましょう!

清潔感ある外見にイメチェンする

まずは、見かけから入りましょう!
何を始めるにしても、見た目は大事です。何かスポーツを新しく始める時、ユニフォームや道具から揃えますよね。
モテ男へのスタートラインも、まずは見た目からです。
何故なら、なんぼ「人とは中身」とは言っても、世知辛い世の中です。
中身を見てもらうには、外見で興味を持ってもらわないといけないのです。
外見をクリアして初めて中身を見てもらえます。
内面は時間をかけて知っていくものですが、外見は一瞬で人を評価し興味を引きます。
外見もクリアできなかった者はそこで脱落し、クリアしても中身が駄目だった場合はまた脱落し、最後に外見と中身が揃った男性だけがモテ男になるのです。
運が良ければ外見が悪くても中身を評価されることがありますが、やはり間口が狭いです。より多くの人に自分を知ってもらうために、外見を整えることは必要不可欠です。
折角にいい中身を持っているのに、パッケージが悪いからと見てもらえなかったら勿体無いではありませんか!
なので、第一に清潔感を持つ外見に変わりましょう。
ジャージはやめ、もし毛玉のついた服やよれよれの洋服を着ている場合は、思い切って捨ててしまうのです! 何ヶ月も美容室に行っていないのであれば、今すぐにでも髪の毛を整えに行きましょう! そしてオシャレに興味を持ちましょう!

精神力を鍛える

モテ男になるためには精神力も大事です。
外見だけを取り繕っても駄目だということは先述しました。内面に関しては、下で詳しく書いていきますね。

ネガティブ思考は捨てる

「非モテ」の単語に関連するのは「根暗」です。
ネガティブ思考はモテの大敵! マイナスに物事を考える人は、無意識の内にマイナスな空気を身に纏い、更にマイナスに物事を進めてしまうものです。
マイナス思考は、自分に自信も持てなくしてしまいます。
そうなると負の連鎖。
他人に流されやすくなってしまいますし、服装ももうどうでもよくなってきてしまいます。そして、そうなってくると、周りに集まる人間も、同じようなネガティブ思考の人達になってしまいます。ネガティブ思考の人達と集まってもいいことはありません。下に下に沈んでいくだけで、前向きな思考にならなければ出会いも程遠くなってしまいます。
抜け出せなくなる前に、何事もポジティブに捉えていくように努力しましょう。
ポジティブだなあと思う人の側にいるだけで、自分を取り巻く空気が変わってくるものです。

積極的に行動する

ネガティブ思考を捨てたあとは、行動力です。
モテる男には、それだけの出会いがあるということになりますので、見習って行動力もあげていきましょう。ポジティブに物事を捉えられるようになれば、さして難しい問題ではなくなってくるものです。ワクワクするものを探していけば、自然と行動範囲が広くなっていきますよね。

出会いの場へどんどん出かけてみる

ネガティブ思考だった時は面倒臭いからと、出かけることを倦厭していませんでしたか?
彼女がほしいのであれば、出会いの場に積極的に出向かなければなりません。面倒臭いを今すぐにやめて、友達からの誘いや、会社やバイトの飲み会、部活やサークルの打ち上げなどには、参加するようにしましょう。確かに、人が集まる場に出るのは、前準備や気疲れもあり面倒なこともあるかも知れませんが、それ以上の収穫が大きいものなのです。何も意味がなかった。無駄だった。なんて思っても、その時はすぐに彼女が見付からなくても、そこで出来た人脈が、また新たな出会いの場に繋がっていることがあります。

自分から女性に声を掛ける

出会いの場に出たからといって、隅で一人きりになっていては意味がありません。
自分から積極的に女性へと声をかけなくてはいけません。
話しかけられるのを待っていてはダメなのです。実際、女性から声をかけられる男性は一握り。恥ずかしい感情に勝って、積極的に声をかけていきましょう。最初の一声さえ乗り越えてしまえば、案外簡単なものです。

連絡も自分から送る

出会いの場に足を運び、女性に声をかけたら、次は連絡先の交換です。まさか、ここまできて、女性からの連絡を待っている方はいませんよね……? 相手からの連絡を待つだけではなく、自分からも連絡をいれましょう。また、一度返信がこなかったからと言って、すぐに諦めてしまうのも考えものです。ストーカーのように送り続けるのは問題ですが、ある程度のアタックと継続も大切ですよ。

がっつかない

あ~この人、がっついてるなと思われたら、即座に女性は離れてしまいます!
自分が女性だったら、下心丸見えでがっついている男性なんて、そりゃあ嫌ですよね?
下心丸出しで近付いてもOKだった女性は、女性側も体だけの心持ちである場合が多いです。そこからの真剣交際には、お互いの気持ちの上でも発展しにくいので、彼女がほしい場合はがっつきを見せないように注意しなくてはなりません。

下心を隠して仲良くなる

がっつきの下には、そう、下心があります。この下心を上手く隠せるか否かで命運が分かれると言っても過言ではありません。
平たく言えば、女性に近づく男性には、みんな下心があります。下心がなければ近付こうとも思わないのです。女性側も本質では分かっています。ですが、モテ男はそれはもう巧妙に上手く、下心を隠しているのです。下心満載で迫ってくる男性より、スマートに誘ってくれる男性の方が、より魅力的ですよね。そういうものなのです。男性にはみな下心があると心の底では分かっていても、上辺を繕っていたいのが女なのです。雰囲気や段階といった経緯を楽しみたいのですね。
下心は隠すように心掛けましょう。

そもそも女性が苦手なんだけど…

彼女がほしい! だけど、女性が苦手……欲求とは裏腹な気持ちに悩まされることもあります。ここを読んでいる男性の中には、そう思っている人も数多くいるのではないでしょうか?
女性が苦手だと思っている大半の男性は、女性と接し慣れていないことが主な原因です。苦手意識を払拭するためにも、女性に耐性をつけていきましょう。

好きじゃない女性と会話し経験を積む

好きな女性が相手だと上手く話せない! 恥ずかしくて話なんかかけられない!
う~ん。純情です。
とても可愛らしいですし、微笑ましいです。ですが、中学生の恋愛でもあるまいし、恥ずかしいからといって遠巻きにしていると、いつまで経っても好きなカノジョは振り向いてはくれません。それどころか、可愛いあの子はいつ他のモテ男に取られてしまうか分かりません。何も行動ができないまま、他の男のものになる様を、指を咥えて見ていたいですか?
ここは勇気を出して話しかけましょう!
と、言いたいところですが、話しかけたところで会話が弾まなかったら逆効果の可能性があります。
好きな女性や気になっている女性に話しをかける前に、好きではない女性に話しかけて練習をしておきましょう。こう言うと相手の女性に悪い気もしますが、練習は何事においても大切なのです。好きではない女性相手ならば、そこまで気負いせずに話をすることができます。女性がどんな会話を好むのかも分かりますし、その女性が目当ての女性と知り合いだった場合、いい情報が聞けるかも知れません。
好きな女性にアピールする前に、女性との会話に慣れておきましょう。

メールでやり取りし、女性になれる

そんなことをいっても直接話すのは、好きじゃない女性とでも緊張する……。
または、
好きな女性の連絡先は知っているのだけど、直接話すのは苦手……。
そんな奥手な方は、お話しする前段階としてメールで慣れておくことも一つの手段です。今やメールやライン、ツイッターなどといったSNSで、文字でやり取りするツールがたくさんありますね。しかもSNSなんかは話題の宝庫でもあります。女性の書き込みに反応すればいいのですから、相手からたくさんの話題を振ってくれているのと一緒です。その話題の中に共通点を見付けることが出来るかもしれませんし、共通点が見付からなくても相手が好む傾向が分かります。どうでしょうか? 難しいことではないのです。男性と違い、女性は文字でのやり取りが苦にならず、好むタイプが多いので大いに有効活用していきましょう。
文字でのやり取りに慣れてきたら、ここで仕入れた話題を武器にステップアップして、直接の会話に挑戦です。

話させ上手になる

話しかけるまでは出来るけど、話しを弾ませることや長く続けることが苦手だという人もいるでしょう。
メールで予行練習をし、実際にお話しする段階になって、詰まってしまう場合もあると思います。メールの場合は返事に困ったら、返信のタイミングを保留にしておくことが出来ます。何を返せばいいのか、じっくり悩んで考える時間があるのです。
直接の会話は、そうはいきません。
返事につまり沈黙が長くなってしまうと、会話は弾まず、長く続けることも困難です。
何より話していても全く楽しくありません。
そこで有効になってくるのは、いかに話題を振って相手に話させるかと、話しを盛り上げる相槌を打てるかです。
話し上手とは、話すのが上手い人のことをいうのではないのです。
聞くのが上手い人のことを、話し上手というのです。
緊張し、頭が真っ白な状態で、無言になってしまう人がいる一方で、自分の話ばかりになってしまう人もいます。
人間とは、どちらかと言えば、自分の話を聞いてもらいたい生き物です。お話し好きな女性の場合はより顕著で、相手の話ばかりが続くとうんざりになり、つまらない時間に感じてしまいます。
話すのが苦手だと思う人は、どんどん相手に話してもらいましょう。
あまり親しくない内に、相手に合わせた会話のレパートリーを増やすことは難しいことですが、相槌のレパートリーを増やすことは難しいことではありません。
「はい」「うん」「ええ」「ほう」
ぱっと書き上げるだけでもたくさんの種類があります。同じ「はい」でも、声のテンションや抑揚を変えれば、また別に相槌に変わったりもします。増やそうと思えば、無限に相槌は増やすことができるのです。話の内容や場面に合った上手い相槌を覚えれば、女性も話すことが楽しくなってきて、会話が弾み長く続けることができるはずです。
それに、気持ちよくお話しをさせてくれる人に、人間は好感を抱き、またお話ししたいと思うものなのです。

男女の違いを理解する

会話に対する考えや、メールのやりとりに置く重点など、男女には違いがたくさんあります。女性と仲良くなりたい時は、男性の物差しで測るのではなく、女心を勉強し理解することが大切になってきます。
男性にとっては無駄だと思える、何気ないやり取りが女性の心を大きく動かすこともあるのです。
例えば、相談事。女性から「相談があるんだけど……」と話を振られるとします。
相談事を聞いて、素直にアドバイスをしてはいけないのです。
男性がする相談事の場合は、そのままアドバイスや意見がほしいことが多いですが、女性がいう相談は相談ではありません。「うんうん、気持ちがわかるよ、大変だったね」などとの共感が欲しく、話しを聞いてもらいたいだけの場合が大半です。相談という名の愚痴ですね。女性は共感の生き物なのです。女性との会話において、相槌が重要なのもこのためです。
難しいですよね。
女性と接する時は女性の気持ちになって考える……それは他人を思いやれる優しい人間でもあります。

自分に自信を持つ

外見や内面について話してきましたが、内面において重要なのは「自分自身に自信を持つこと」です。自分に自信を持っている男性は不思議と、知らず知らずの内に男らしさが滲み出たり、頼り甲斐があるように見えたりと、自然と輝いて見えるものなのです。
自分自身を誇大評価し、根拠のない自信に満ち溢れている人ではありません。
そうならずに自信を持てるよう、まずは自分で自分を好きになれるような自分になりましょう。

仕事に打ち込む

その一歩として、今目の前にある課題に精一杯取り組んでみるといいかもしれません。例えば、仕事。仕事に誇りを持って、頑張っている男性というものは、同じ男性から見てもとても格好いいですよね。もちろん、女性から見ても、そういう男性というものは格好いいのです。仕事に打ち込む姿を見て、あなたに惹かれる女性も出てくるかも知れません。女性がいない職場の方も、仕事に打ち込むことは無駄ではありませんよ。出会いの場で出会った女性に、あなたの仕事に対する真摯な姿勢や気持ちが伝われば、株はうなぎのぼりなのです。それくらい、仕事をちゃんとしている男性の姿とは魅力的なものなのです。

自信とは……?

自分に自信を持つことについて、たびたび触れてきました。
服装を整えていること、仕事を投げ出さずに頑張ること、たくさんの人と接し会話に慣れ、行動の範囲が広がっていくこと、ポジティブ思考を心がけること。モテ男になるためのポイントの全てが、自分への自信に繋がっていくのです。
今は出来ない、苦手だと思っても、自分を変えるために努力した事実が、必ず自信へと結びつきます。そして、その努力と自信が裏付けとなり、自分をしっかりと持つことが出来ます。それが魅力となって、女性を惹きつけるのです。

彼女作りは行動あるのみです

いかがでしたでしょうか? ここまで読んでみて「よし! 頑張ってみよう!」と思ってくれた方はいるでしょうか? それとも「めんどくせー! 無理ー!」と思ってしまいましたでしょうか?

無理だと諦めた方、あなたは今年2017年もフリーです。

何か天変地異のような奇跡が起きない限り、あなたは寂しい独り身のままですよ!
バレンタイン、クリスマス、一年に一度しかない素敵なイベントの数々を、一人で過ごすのは本当に寂しいです。

無理だ無理だと最初から諦めるのではなく、出来るところからでも行動をしていきましょう。
モテ男への道は「努力」です。何かを手に入れようとする時、いつも努力が必要になってくるものです。努力をせずに手に入れられたものなど、たかが知れているのです。
ジャージを脱いだ人! 毛玉のついた服をゴミ箱にホールインワンした人!
美容室の予約を考え始めた人!
その調子です。小さな変化でも確実に変わっていきますので、頑張っていきましょう。
そうすれば、輝かしい未来が待っているはずです。
中々彼女に恵まれない時もあるかとは思います。ですが、外見に気を遣い、努力をしたあなたの周りには人が集まり、素敵な出会いの場が広がっています。真のモテ男というものは、女性からだけではなく、男性からもモテるもの。それに、もしかしたら……女性に選ばれるのではなく、あなたが女性を選んでいる立場かも知れません。

2017年は、是非とも彼女と楽しい日々を過ごしましょう!

以上、『彼女を作る!そう決めた人に見て欲しい、彼女ができない原因や、「作る近道」を紹介!』でした。