この記事は結婚=女の幸せという偏った解釈の上で書かれた分が要所要所に見られるかもしれませんが、あくまで筆者の個人的な考えであって、独身の女性などを否定するつもりは全くないことを最初に申し上げておきます。

モテないアラサーほど高収入イケメンを狙っているのはなぜか!?それは現代のアラサー女子がどういう人生を送ってきたかで分類できるのかもしれない。

まずその前に、昨今の晩婚化により、結婚する女性の年齢にばらつきが出てましたね。

10代~20代前半で結婚する、早婚タイプ

早婚タイプの人は、学生時代から付き合っていた人と相手が社会人になったタイミングでゴールインするタイプだったり、地元で学生から付き合っていた人とデキちゃった結婚したタイプなどが挙げられますが、早くに結婚することで離婚の比率も高い。20代はもっと遊びたい盛りにも関わらず子供がいたり、嫁姑問題が発生したりと何かと忙しい20代を過ごしているでしょう。

20代中盤~20代後半で結婚する、適齢期タイプ

学生から付き合っていた人と社会人になってゆっくり結婚資金を貯めてから結婚する堅実タイプや社会人になってから知り合った人と付き合って結婚する人、社内恋愛の末の結婚もこのタイプが多いことでしょう。適齢期というだけあって、このタイプが結構多いと思われます。結婚式関連の業界ではこの年齢層をターゲットにしたプランが多く取り扱われている事からも、適齢期としての認知度はまだまだ高いでしょう。このタイプは順調に行くと30歳手前で子供に恵まれて、2~3人子供を作るにも十分な期間が与えられ、絵に書いたようないわゆる幸せな家庭が築ける典型ですね。

29歳で結婚する滑り込みタイプ

20代後半になって、周りが結婚しているのを見て焦って婚活するタイプ。結果的に20代で滑り込み結婚できたので良いが、少し間違えれば次のタイプに行っていてもおかしくはないタイプです。最近増えてきたタイプかもしれませんが、この年齢で結婚すると、その後の子供計画が20代中盤~後半の人よりは少なくなってしまいます。1人は大丈夫でしょうが、2~3人目となると高齢出産に当たる可能性もあり、多くは望めないでしょう。ただ最近は40歳になっても初産の人が結構いますので、技術の進化とともに、今後この辺も変化してくるのかもしれませんね。

30代~で結婚する晩婚タイプ

このタイプは29歳の滑り込みタイプから漏れてしまった人たちだ。今回のテーマにもっとも適した人だが、このタイプも結局は結婚できているので、まぁ大丈夫でしょう。ただ女性としては結婚したからには子供が欲しいと思うのが世の常。デキちゃった婚ならまだしもこれから頑張るとなると高齢出産は免れません。また社会的にも結構な地位まで言っている人も多いので、仕事と家庭の両立に悩む歳ですね。仕事はなるべく後輩に任せてゆっくりしたいものです。

30代~で独身を貫く独女タイプ

結婚に諦めて、独身を貫くタイプです。キャリアウーマンを貫く人なので、人としては尊敬できるところも多く、そういう人はきっと女性としても魅力的な部分を多分に持っているでしょう。ここまでくるともう吹っ切れているのでしょうか?人によっては仕事一筋でやってきて気づいたらこの歳になっていたという人もいるかもしれません。最近は晩婚に向けた婚活パーティーなども頻繁に行われているので、もしちょっとでも気になっている人は覗いてみるといいかもしれませんね。

本題では、この中の晩婚タイプと独女タイプにフォーカスを当てて、なぜ結婚できないのか。この年齢の女性が狙っているのが、高収入のイケメン男性なのはなぜか!?という点において書いていきたい。

では本題

例えば、アラサー女子に以下のタイプがいたとして、それぞれのタイプ別にどうして高収入のイケメンを狙うのか。その理由や心理について考えてみましょう。

イケイケのキャリアウーマンタイプ(管理職タイプ)

男性に混じって厳しい社会人生活を送ってきた人は、30代になると周りからの目が急に変わってくるらしい。例えば今までは可愛いとか綺麗などと言われながら、ちょっとのミスは男性社員がカバーしてくれながらなんとか仕事をしてきたこともあるだろうが、30代になると、それなりのキャリアもあり、経験もあることから責任がどんどん重くなる。そんな中で仕事で女性が頼れるのは、上司である。上司は今までの男性社員と違って、可愛いからカバーするとか綺麗だからカバーするということはなく、純粋に部下の心配をしてカバーするべき立場なのだが、それがアラサー女子にはキュンとくるのだろう。同僚や年下の男性には目もくれないキャリアウーマンタイプは、そういうちょっとした優しさや頼りがいのある感じに惹かれることが多いだろう。そうすると必然的に、高収入なイケメンを狙っているかの様に見えてしまうのです。つまり自分がある程度の立場になってしまうと、年下の男子を恋愛対象として見れなくなり、人としても尊敬できる部分が見えにくくなってしまう為、結果として恋愛対象を探す時には自分より仕事の出来る人に目が行ってしまうのではないだろうか。自分より仕事の出来る人は自然と高収入の人になってしまうため、結果的にアラサー女子は恋愛対象として相手を探すと高収入の人になってしまうのではないかと思われます。イケメンかどうかは、人はまず見た目で見るしかないのでカッコいい人にいくのは必然でしょう。

同じ職場で長くいるが特に出世とかしないお局タイプ

この手の人は、同じ職場に長くいる分、周りの人のことをよく見ているのである。人は同じ環境でずっといると最初は人のいいところが見えてくるが、だんだんその人の悪い部分も見えてしまうことがある。その為、良い人がいても声を掛ける前に悪い部分が見えてしまい、声をかけずに終わってしまうので狙うまで行かなくなってしまう。また女性は女子同士で仲良くしたり、グループになることがあるので、お局タイプの女性には男性自信からも声を掛けにくくなってしまう気がする。声をかけて何かあっても、女性陣のうわさ話の広がる速さは異常に早いです。デートでもしようものなら、翌日には事細かにデートのことが知れ渡っている可能性もあります。仮に同じ職場に良い人がいても、その職場に今後も長くいたいと思う人は、職場恋愛は怖くて出来ないのではないでしょうか。失敗した時に居づらくなったり、会社にバレて異動になったり、職場恋愛には障害が付きものである。
仮に年下の男性と付き合うことができたとしても、男性は頼られたいと思っている生き物であるため、相手は職場の先輩となるとちょっと気が引けるようになるのかもしれない。

夢見て転職を繰り返す人生楽しんだ者勝ちタイプ

いろんな人と出会っては別れて、職場を変えてを繰り返している人は、その場では楽しいかも知れない。ただそれができるのは20代、もしくは30代前半までである。新人として配属された女性社員に対して男性は優しく教えてくれるだろうが、そこでも20代と30代では変わってきてしまうのである。これは男性の本能的なものなのでしょうがない部分もあるが、やっぱり若い人の方がいい。こういう人は、若いうちはいろんな人と出会って付き合って楽しく暮らしているが、まだ上(条件の良い結婚相手)がいると思ってしまい、結婚までいかずに別れてしまうことがある。選んでもいいが、その間にも自分も年を取っていることをお忘れなく。自分が品定めしているのを同じぐらい男性側も品定めしているので、自分の価値をしっかり把握した上で手を打ったほうが良いでしょう。

男性目線

アラサー女子と知り合いたいと思っている男性には大きく3パターンあるかと思います。

姉さん女房が欲しい人

20代の男性からするとアラサー女子は頼れる姉さん的な存在に映るかもしれません。女性からすると物足りないかもしれませんが、可愛い男性と一緒になるのも、自分が引っ張っていけるだけの力があればいいかもしれません。男性は自分を成長させてくれる、引っ張ってくれる女性を求めているのです。

同年代で探している人

最近は年の差なんてと言っていますが、まだ大半の人は年の差を気にしています。特に男性は。なので、一番手頃なのは同年代ですね。お互い年を気にしなくて付き合えるので楽に付き合えて結婚に関しても弊害は少ないでしょう。

アラフォー男子で真剣に結婚相手を探している人

アラフォー男子が結婚相手を探す時は、財力は結構あるでしょうから、少し年下の人を探す傾向にありますね。そういった時に20代だと若すぎるのでアラサーぐらいがちょうどいいのかもしれません。ちょっと周りを見てみると良いでしょう。

ここまでいくつか挙げてきましたが、いかがでしょうか。アラサー女子がイケメンを狙い撃ちするのはどうしてかという疑問だったが、実際にはアラサー女子が好むタイプは結構年上か頼りになる人になると思われ、それが結果として高収入のイケメンに行っているだけな気がする。

私の場合

ちなみに私自身は、20代後半で知り合った1つ上の女性と付き合って、28歳で結婚したが、やはり何となく30代という壁は大きく感じた。特に誰かに言われて意識したとかいうことはないのだが、お互いこれを逃したら次良い人が見つかる気がしないと思ったのだろうと今になっては思います。それを思えるか、まだもっと良い人がいると思ってしまうかで、その後の人生が大きく変わってしまうのだろう。

他の例でいうと、29歳で付き合っている人がいるが、相手の男性に結婚の意識がない女性の場合、道は2つに分かれてしまう。

1.相手を結婚したいと思わせるように女性が努力する。

これはよくあるのが逆プロポーズとか、急にゼクシィの雑誌を買ってみるなど、女性側は結婚したいんだということを常にアピールし続ける道

2.結婚の意思がないことを確認して、次の男性探しに移行する。

この人と付き合ってもその先がなさそうと思ったら、早めに別れることが良い選択だろう。だらだら付き合って結局何もなかったら、それから次に動くのは結構しんどい。なので、なるべく早めに見切りを付けて次に行く努力も必要だろう。

生物学的には、アラサーは結構分岐点になっている。

まず女性なら誰しも考える出産について考えたとき、今は35歳以上だと高齢出産と言って出産成功率がガクッと下がると言われています。その為、逆算して結婚してから数年後に子供が欲しいと考えると20代で結婚しておかないと結構難しいことになります。20代のうちはそういう心配はしないのですが、30代になると一気にこの問題が現実的に間近に捉えられるようになるのです。
そうなると、数少ない出産の可能性に対して、良い遺伝子を残したいと思うようになり、付き合う人には良い遺伝子があったほうがいいということを考えてしまう。その為、結果として、良い遺伝子=頭がいい、または顔が良いと考えてしまい、高収入のイケメンに惹かれるようになるのでしょう。従って高収入のイケメンを狙い撃ちするのには、生物学的な本能で、いい子孫を残したいという考えが心のどこかにあり、それを知らず知らずに体現しているのかもしれませんね。
この時の良い遺伝子というのが高収入に繋がってしまうところは、男性目線からすると痛い気もします。沢山稼いでいる人がいい人とはもちろん限らないはずですが、人は相手を見るときに性格とか内面がどうであれ、まず職業や収入を見てしまう傾向にあり、そこから改善の余地があると思われます。

また最近では年の差婚が結構注目されているが・・・。

最近では年の差婚が結構注目されていますが、30代前半の若い女性に対して50代の男性(どこかの社長とか青年実業家)が結婚して、しかもデキちゃった婚だったりすると、高収入のイケメンであれば年の差は関係なくなってきています。女性側は出産などの関係から年を気にする人が多くいますが、男性側に関して言えば、個人差はあるにせよ、いくつになっても出産に必要なものは与えられるわけで、それを意識して30代に結婚しなくてはと思う男性も減った気がします。男性目線で考えてもアラサーはギリギリ子供が産めるものであると考えるため、できれば20代の女性と一緒になりたいと思ってしまうのでしょう。男性と女性の大きな違いとしては、やはり年齢に対する考え方にあるのかもしれませんね。男性は特に年齢を意識していないように見えますが、女性はそうはいきません。自分の出産適齢期を把握して、それより前にはなんとしても子供が欲しいという人は多いはず。高収入イケメンを探すのもいいですが、現実を見て近くにいて、自分の魅力に気づいている人もいるので、ちゃんと周りを見てみましょう。いい出会いがあることを願っています。