出会い系サイトには、出会える「優良サイト」と、出会えない「悪質サイト」があるというのは以前書きました。

それ以外にも、「有料サイト」と「無料サイト」があるのは知っていますか?

はじめて出会い系サイトを使う人の中には、無料サイトを使ってみる人が多いのですが、実はそれが間違い。

無料サイトは、無料で使えるからこそ、悪質なユーザーが紛れ込んでいるケースが多いのです。

(この記事で無料と言っているのは、男性が無料という意味です。優良サイトでも、女性はだいたいが無料です)

今回は、そんな無料出会い系サイトや悪質サイトでよくあるトラブルについて紹介します。

今回は無料の出会い系サイトの注意点について紹介します。

出会い系サイトは私も使っていたから分かりますが、「出会える優良サイト」さえ選んで使えば問題なくちゃんと出会えますので、適当に値段だけで安いサイトや無料サイトを選ばないで、優良サイトを選んで使ってください。これは本当にお願いします。

悪質なサイトにいる「悪質な異性」の特徴とは?

悪質な異性の利用者は、恋愛がしたくて異性と出会うことを目的としておらず、実際に直接会ってから、なんかしらの行為をすることが目的であることが大半です。

その行為とはやはり「金がらみ」です。

こんな悪質な異性の特徴としては、やはり直接会わなければどうにもならないのでとにかく会えるように仕向けてきます。男性利用者に対してはやたらエロい話しをしたり、露出の多い写真を送ったりして「私に会ったらいいことあるよ」なんて期待を掻き立てます。普通の素人の女性が会った事もない男性にそんなメールや写真を送るなんてまず考えられないのですが、誘惑に負けてしまう男性も少なくはありません。

また、女性利用者に対しては「会社を何個か経営をしています」「よく遊ぶ友だちが芸能人の●●です」なんて女性が飛びつきそうな会話を振ってきます。「有名人も来る大きなパーティーがあるから是非招待させて」「●●に会わせてあげるから今度会おうよ」というような展開になると要注意です。

エッチ後に脅迫

「割りきり」や「大人な関係」を目的にして出会い系サイトを利用している方もたくさんいます。

もちろん、双方の同意があればそれも問題ありませんし、出会いの形の1つです。

2人とも納得してエッチ、これはいいでしょう。しかし、エッチ後に女性が「こんなつもりじゃなかった。傷ついた。レイプされたとあなたの家族や会社に報告します」と言いだしたり、突然怖いお兄さんが現れて「オレの女に手を出した。慰謝料よこせ」なんて展開が…
まさに「美人局(つつもたせ)」に出くわしてしまった…なんてことがないように気をつけたいですね。
また、女性利用者の場合も注意が必要です。
男性利用者と実際に会ってエッチしたのはいいけど、エッチ中の恥ずかしい写真を撮られてそれをネタにお金を要求されたり、その後も継続的に体の関係を強要されたりなど、今後の人生に暗い影を落とすような出来事が起こりかねません。

ぼったくりバーへ連れていく

「ちょっと一緒に飲みにいかない?」なんて連れられていったバーとんでもない代金をとるバーだった…なんて話しは聞いたことはありませんか?
実はこの被害、ネットの出会い系でもとっても多い被害なのです。
実際に会おうという話になって「ステキなお店あるよ」と提案されて、それについて行ったら被害にあったというパターンが一般的です。しかしこれは、相手が積極的にお店を提案してくれている善意や厚意だと思ってしまいますよね。

ぼったくりバーを回避したい場合は、「そのステキなお店も行ってみたいけど、初めて顔を合せるし、まずはお互いをよく知りあいたいから駅前の居酒屋とかにしない?知ってる場所だとリラックスできるし!」なんて自分の案を出してみるいいでしょう。もし普通の利用者なら否定はしてこないでそう。しかし、ぼったくりバーに連れて行こうとしていた場合は何が何でも「ステキなお店」を強く推してくるはずです。そしてこっちが折れなかったらもう連絡はきません。

何故なら、彼らにとって「カモれない人」と「お店以外で」食事をする必要はないのですから…。

出会い系サイトでそのような体験をした方の体験談

ここでは、実際に「悪質な異性」に引っ掛かり、被害をこうむった出会い系サイトの男性利用者のリアルな声をご紹介します。

出会い系サイトを10代の頃から利用しています。

高校が男子校で、なかなか異性と出会う機会がなく「高校は諦めて、大学に進学したら絶対に彼女を作ろう!」と心に決めていました。

そして大学に進学後、男子校生活が影響したのか女性と上手く会話することが出来ず、彼女どころか、女友だちでさえ出来ずにいました。

そんなときに「出会い系サイトと使えばいい」と、クラス1番のモテ男にアドバイスされました。

モテ男が言うことには間違いはないと思い、利用者の多い出会い系サイトに登録、数名の女性へメッセージを送りました。

その後、メッセージのやり取りが継続した1人の女性が気になりだしました。

感じのいい女性で、自分の話に同意や共感をしてくれて、つらいときは1晩中メッセージで励ましてくれました。

そんな彼女に心ひかれ、気がつくと「会ってみない?」とメッセージと送っていました。

「ダメだろうな…」と思っていたのに、彼女からの返事はなんと「OK」!!

天にも昇る気分でした。

その後、フリーメールですがサイト外での連絡先を交換して、待ち合わせの場所や時間を決めて当日までまだかまだかとワクワクしながら待っていました。

そしていざ当日、待ち合わせの場所に現れたのは、会いたくて仕方のなかった彼女…ではなく、見たこともないイマドキ風の男。

「●●(サイトで知り合った彼女)が店で待っている、代わりに迎えに来たから一緒に行こう」となかば強引に連れて行かれ、着いた先は地下に続く階段のさきにあるバー。

階段を降りる前にメールを確認すると、彼女から「私の行きつけのバーで待っています。待ち合わせ場所には私の友達が行くので、心配しないでね。今日は楽しみにしています」とメールが入っていました。

バーに入ると、とても可愛らしい感じの女性が座っていました、彼女が「サイトで知り合った彼女」だったのです。

これまでの怪しい経過は、可愛らしい彼女に出会えたことによってすべて吹き飛んでしまったのです。

舞い上がって、彼女に求められるままお酒やフードをオーダーし、自分自身も気が大きくなってどんどんオーダーしていきました。

2時間後、終電の時間だからと彼女が帰ることに。楽しい時間を満喫できて「今日はこんなもんか」とお会計をすると、思っていたよりも高い金額が…。

とりあえず3万円置いていくので、もし足らなければ大学に取りに来てもらって結構です」と強気に答え、シレっと店を出ました。

その後、イマドキ男が大学に現れることもなければ彼女から連絡が来ることもありません。

時間がたってから知ったのですが、その彼女はぼったくりバーへいざなう呼び子で有名で、他の男性利用者から要注意人物として有名だったのです。

あの時、正しい返しが出来ていたのかはわかりませんが、3万円で危険が回避できたと思えば安いものでした。

出会い系サイトでそんなことにならないための攻略法

出会い系の百戦錬磨の猛者でも、たまに悪質な異性などの「出会う気のない異性」と数回やりとりしてしまった、なんて話しを聞きます。

運と経験値がカギとなる出会い系サイト、経験の浅い初心者の方なら、そんな悪質な異性と会う約束をしていまい、実際に会って被害に…なんてパターンも充分にありえてしまいます。

こんな事にもならないためにも「出会い系知識」を身につけることが第一になります。

「どこかで見たことある写真」な人には手を出さない

サクラやキャッシュバッカ―、その他の悪質な異性は、やたら露出度の多い写真や会心の自撮り写真(といっても、自分の顔ではないことが多々)を使いまわし、相手からの返信を待ちます。

よくあるのが、どこかのブログやタレントの写真を勝手に使用していることです。

「何だか見たことがあるな…」と感じたら、それは直感を信じてください。

メールの文章をどこかからコピーしている可能性も

ファーストコンタクトのはずなのに「なんかこの文章、どこかで見たことがあるな…」と感じたことってありませんか?

これはメールの文章をコピペして大量に送信している可能性が高いです。この時点でアナタは「一斉送信されている大勢の中の1人」ということになります。業者などがよく使う手法です。

メールの大量送信で大きく投げ網をして、誰からか少しでも返信が来ればラッキーと思っているのです。

やたら「自慢のお店」をプッシュする人には警戒する

サイトのメッセージからラインなどの直接の連絡先に連絡を取るようになって、「今度会おうか」なんて話しも具体的になってくると「何処に行きたい?」「●●が食べたい!」なんて盛り上がりますよね。本来ならこんなトークはワイワイと仲良く話しあって、2人の仲を深めるチャンスなのですが、やたらと「自分の自慢のお店に連れて行きたい!」と力説する異性には注意しましょう。

そういう「自慢のお店推し」の方の中には、お店とグルになって「客引き」をしていることがあります。バーなどの飲食店のほかにも、お茶をひいているキャバ嬢やホストなどが「営業」として出会い系サイトに紛れ込んでいることも…真剣な出会いを求めている方にとっては油断なりませんよね。

しかし、みんながみんな「客引き」ではありません。単純にアナタに自分の好きなお店を知ってもらいたいだけだということもあるでしょう。そこは、これまでのやりとりに経緯や、不自然な会話の流れ(話題を変えたのに、強引に流れを戻そうとするなど)がないかをアナタ自身の目でしっかりチェックしてくださいね。

日記などを綴っている人は安心

こまめに日記をつづっている方は、それだけハッピーメールに力を入れて活動しているのが分かりますし、何よりその利用者の日常や考え方が垣間見えます。

日記というと「今日あった出来事」を書くのが一般的ですが、何かに対しての自分の意見や思っていることをツラツラと書いている方も多いです。そういう使い方は、自分の思考を相手に知ってもらえるいい使い方とも言えるでしょう。

また、悪質な業者系はこういった日記はノータッチであることが多いです。日記の頻度は、一般利用者か業者かを見極める材料にもなりますね。