子供の頃から結婚に憧れ、素敵な男性と付き合い最終的には夫婦になりたい…

そんな女性は数多くいらっしゃることと思います。

しかし、現実は甘くはなく、素敵な男性にも出会えず、彼氏が一向にできないという女性も少なくありませんし、彼女たちにとってはかなり切実な悩みとなっているみたいですね。

そこで、彼氏ができないと悩んでいる女性たちの悩みが少しでも解決できるように、彼氏の出来ない理由と彼氏が出来るために取るべき行動をまとめてみました。

いくつになっても素敵な彼氏が欲しい!

出産に間に合わないという観点からか、40歳・50歳になったら女性としての人生は終わるなんて話も耳にすることがありますが、それって、かなり女性蔑視した的外れな発言であり、40歳・50歳であっても十分美しい女性はたくさんいらっしゃいます。

当然、彼女たちは恋だってしますし、特に女性はいくつになっても素敵な彼氏が欲しいと思い、恋い焦がれるものなのです。

男性が女性に求めるもの

素敵な王子様を求め彼氏が欲しいと恋い焦がれている女性はどの世代でも多くいらっしゃいますが、意外と、男性の好みなどを知らずに独身女性を貫いてしまっているという女性も少なくありません。

では、具体的に男性がどんな女性を好んでいるのか、何を女性に求めているのか見ていきましょう。

一番は笑顔!

気の強い鬼嫁タイプ、おしとやかな淑女タイプと女性のタイプは様々ですが、男性が女性に一番求める素養は、共通して笑顔である事が多いように思われます。

もちろん笑顔の種類にも様々あり、嫌なことを笑い飛ばしてくれる大笑い的な笑顔や、優しく微笑みかけるニッコリした笑顔など多種多様ですが、男はそんな女性の笑顔に心を癒されたいと考えているわけで、その笑顔があるからこそ、日々の大変な生活を頑張ることが出来るのでしょう。

近年は、女性も社会進出するようになりましたが、それでも家庭ではなく仕事を主戦場にしているのはどちらかと言うと男性の方が多いと思います。

日々仕事で矛盾だらけの生活を送っていても、家に帰れば笑顔で妻が迎えてくれると思うと、それだけ大きな支えになることでしょう。

男としてはそういうあたたかい家庭を何処かに夢見ているところがあり、女性に笑顔を求めているのです。

自信を与えてくれる

男は、本能的に何かとプライドを大切にしているところがあります。

単純と言われるかもしれませんが、自身=プライドを持てているからこそ、男として力強く生きることが出来るのでしょう。

女性は三歩後ろに下がり、家庭を守り男性を支えていくもの…

昔からそのような考えは日本の社会では常識とされてきました。

だからこそ、父親が一家の大黒柱と呼ばれ、家長として一家を守り続けてきたわけです。

もちろんこの考えは昔古来の考えで、特に、女性の社会進出が高まっている近代社会では、ほとんど通用しない時代遅れな考えです。

しかし、いくら時代遅れだからと言って、自信=プライドを持つことに対しての男の価値観・考え方を180度変えることはなかなか難しく、本能的に、男は自信を与えてくれるような女性を求めているのです。

純粋な行動と仕草

純粋無垢な人は、相手に気を使うことを知らずに、悪気もなく思ったことをストレートに発言してしまうことがあります。

そのことは、男からしてみると時に苛立ちを覚える行動と受け取られることもありますが、ありがとう・ごめんなさいを素直に言ってきたり、喜びや悲しみの感情がストレートで可愛かったりします。

なによりも作り笑顔など大人の態度をあまり取らず、子供のような仕草をとることが多く、気持ちが分かりやすい仕草は男性の多くが、女性としての魅力として感じ、惹きつけられてしまうのです。

例えば、綾瀬はるかさんや広瀬すずさんが、清純派女優としてモテるのもその一つですし、なによりもドラマ『逃げ恥』で主演を務めた新垣結衣さんなんて、純粋無垢な女優の代名詞と言ってもいいほど、多くの男性からモテると思いますよ。

裏表が無く、女性からも好印象を持たれる純粋女子は、時に天然なボケをかましてしまう突拍子もない行動を取る時もありますが、そこも可愛く見えてしまいます。

もちろん、好みの違いがあるので断言は出来ませんが、一般的に、男は、女性のピュアな一面を求めている場合が多いので、全く気を使えないというのは大問題ですが、ある程度気を使った上で、素直な感情を見せられるようにすることが、男にモテ、素敵な彼氏を津売るためには必要なことであると考えて行動をとるよう心がけましょう。

寛大な心を持っている

女性が男性に対して、心が広くレディーファーストの出来る優しい男性を求めるのと同じように、男も優しい女性の寛大な心を求めています。

あれしてこれしてと要求することばかりでは、男もいろいろ追い詰められてしまうので、逃げられてしまうかもしれませんよ。

例えば、夫婦生活において、仕事に逃げて家事を手伝ってくれず、本当なら仕事が終わったらまっすぐ帰ってきてほしいのに、毎晩飲み歩いていていつも帰りが遅いと嘆く奥さんって結構いらっしゃいますよね。

何故、このようなことが起こっているのかというと、仕事であれこれ矛盾したことを突きつけられ、疲れている最中に、家路につき、奥さんから何かと文句が飛び交うと、余計に疲れてしまい安らげないと想像して、夫は家路に帰ろうとせず逃げてしまうようです。

また、せっかく家族サービスしようとまっすぐ家路につき、家事・育児を手伝っても、褒めてもらえず、逆にあれおれ文句を突きつけられてしまっては、プライドもずたずたに傷つけられ、何もかも自信を失くしてしまい拒絶心も高まってしまいます。

逆に褒められて自信を高めてくれるような事があれば、男は単純なので、家庭が安らげる空間と認識し、家路にまっすぐ帰宅してくれるという話をよく耳にします。

この様に女性に対して男は母のような寛大な心を求めている場合が大いにあるので、多少のミスに目くじらは立てずに、やって当たり前のことであっても、軽く褒めてあげる行動を取るよう心がけてあげると、女性としての魅力を感じ、素敵な男性から声がかかるかもしれませんよ。

私が付き合えないのはどうして?

彼氏が欲しいと婚活に勤しんでいるものの、全く誰とも付き合うことが出来ず、素敵な男性ともめぐり逢えない…

そういう女性って意外と多くいらっしゃるらしく、『なぜ私は付き合えないの?』悩みも尽きないなんて話もよく耳にします。

しかし、そういう女性に限って、持てない理由は明確に存在していたりするのです。

では、何故あなたは男性と付き合うことが出来ないのでしょうか。

その要因として考えられることを、いくつかまとめてご紹介していきます。

女性らしさが欠けている

男性と付き合いたいと悩んでいるものの、いざその女性と触れてみると、意外と女性らしさが掛けている場合が多様に見られます。

『人としては魅力的なんだけど、女性としてはいまいち…』と男性から思われてしまう女性の中には、女性らしさが欠如していて、どうしても友人以上恋人未満という領域を突破できずにいるのです。

具体的にもう少し掘り下げていくと、なんでも行動が大雑把で繊細さが掛けていたり、照れたり恥ずかしがったりという可愛らしさが感じられなかったりなど、その要因は様々…

男らしさが逞しさ・力強さと表現するなら、女らしさというのは謙虚さ、慎ましやかさ、柔らかさといった部分を象徴とする言葉と考えて良いのかもしれません。

もちろん、女性だからこうでなければいけないと言うつもりは一切ありませんが、やはり女性としてモテたいのであれば、柔らかい雰囲気を醸し出せるように、女性らしさを少しは出せるようにしましょう。

あまり、女性らしさの概念を差別的思考と考え、我が道をあるき続けていると、男性からモテずに、永遠に彼氏が出来ないということにもなりかねないので、くれぐれも注意してくださいね。

姿勢や仕草がガサツ

外見が美しく性格が良くてもがさつな仕草を獲る女性は、大抵敬遠されてしまいます。

とあるアンケートで、がさつな女性は彼女の対象にはならないと答えた男性が実に多かったという話も耳にするほど、がさつな女性はそれだけで敬遠されてしまいがち…

まぁ、これがもともとブサイクでがさつならばまだしも、美人で性格も良いのにがさつときたら、それだけで、がさつなところが目立って心象が悪くなり、幻滅されてしまいかねないので注意が必要です。

例えば、脚で物を動かすとか、カバンの中に化粧品やら財布・スマホやら乱雑に入れられていてかなり汚らしくなっているとか…

ちょっとしたことと言えばそれまでかもしれませんが、男は女性に対して清楚な印象を抱いていたりするので、がさつとなると幻滅されてしまい、たとえ素敵な男性が現れても一切振り向いてもらえないと理解したほうが良いですよ。

汚い言葉使いをしている

方言などが出てしまい、多少標準語から離れているのは全く問題なく、逆に可愛いという印象をあたえることもありますが、単純に誹謗中傷とも受け取られるような汚い言葉遣いは、それだけで幻滅されてしまうかもしれません。

特に男は女性に対して清楚で美しいイメージを持っているところがあります。

極端な話、言葉遣いの悪い女性を女性として扱わないなんてこともザラではないほど、男は女性に対するイメージを大切にする傾向にあります。

そのため、上から見下すような『おまえ』とか『あんた』といったような言葉遣いとか、『やばい』・『マジ』のようなギャルが使うような言葉を乱発したりすると、言葉遣いが汚いとみなされ男性からそっぽ向かれてしまいかねません。

別にガチガチに綺麗な言葉を使わなければいけないとは言いませんが、女性の美しさは、外見だけでなく内面の美しさも重視されますので、優しく相手を気遣えると感じてもらえるような丁寧な言葉づかいを心がけようとしなければ、間違いなく彼氏が出来ることはないでしょうね。

常識がない

常識がないと言っても、単純に知識的なこと(おバカ発言や天然な発言)をしている分には、『可愛げがあって面白い』と魅力的なこととして捉えてくれますが、あくまで思いやりのある態度を取れていることが大前提!!

全く身勝手な態度をとり、モラルの欠片も見えない女性となると、ほぼ一発で嫌われてしまうこと間違いないでしょう。

例えば、レディーファーストをしてくれることが当たり前と勘違いしている女性は、大抵がモラル違反を冒している嫌われ者タイプであることが大いにあります。

そもそもレディーファーストは、女性に優しくすることを意味している言葉として生まれ他言葉ではありません。

中世ヨーロッパでは、ドアの向こうから危害を加える輩が出てくる可能性があるため、先にドアを開けて女性に先に行かせたり、毒味を見させたりと完全に盾にするための行為が、後に優しさの象徴としてレディーファーストとなっているに過ぎないという話もあるようです。

また一方では、レディ=淑女に対して行うのがレディーファーストであり、そもそも平等や優遇の権利を浅ましく求める行為そのものがレディの行為からかけ離れているので、レディファーストなんてありえないという話もあります。

まぁ、ルーツや哲学・思想はともかく、いずれにしてもレディーファーストは、決して当たり前のようにしてもらうものではなく、所詮男性が見せる善意でしかないのです。

しかし、近年では、女性が優遇を求めるために当たり前の権利として謳っているわけで、小学生でも持てるくらいの重さの荷物でさえ、平気で男に持たせるという発想は、ただの我侭でしかありません。

仕事で平等に評価してほしい割には責任から逃れ、なにかあると男の責任に押し付けていたのでは、当然平等に評価などしてもらえるわけがなく、法律的に裁かれることが無くとも、モラルの欠けたワガママ・身勝手な態度を取れば、当然、海外であろうが男はブチギレ、嫌悪感露わにするのです。

レディーファーストに対する勘違いも含め、モラルを逸脱したワガママ・身勝手な行為を取っていることに気が付かないでいると、永遠に男性に振り向いてもらうことは無いでしょうね。

男性に求めることが多い

これも、レディーファーストを大きく勘違いした女性に見られがちの行為としてよく見られる話ですが、まるで男を執事か奴隷と勘違いし、なんでもかんでも男に求めることが多い女性は、それだけで幻滅されてしまうでしょう。

よく、専業主婦として家庭に入り永久就職したいと良い婚活しながらも、いざ結婚すると、家事も育児も一切せずに家のことも全て夫任せの奥さんがいるという話を耳にしますが、男からしてみれば、これほど常識はずれで筋違いなことはありません。

まだ、家事育児に専念するから仕事は任せたというのであれば、まっとうな話として理解も出来ますが、男=万能ではないのですから家のことも全てやって、その上で仕事もして、美味しいところだけ持っていかれるのは我慢ならない話です。

近年女性の社会進出が目立っていますが、仕事も家事も育児も全て押し付けられたら、どう考えても、女性の大半がノイローゼに陥ってしまうでしょう。

そもそも家事・育児だけでも一人で抱えていたら育児ノイローゼにかかってしまうなんてこともあると言うのに、その上仕事まで抱えられるわけがありません。
それを、男にさせようとしているわけですから、当然ぶち切られてしまうわけです。

あくまで、ここでは、夫婦間の一例を挙げたに過ぎませんが、別に夫婦でなくても一部の勘違いした女性は男にあれこれと求め命じてきたりするケースがあります。

男からしてみれば、『あんた何様だよ!!』と言いたくなるほど身勝手極まりない行為であり、まるで自分中心で世界が回っていると勘違いしている女性は、間違いなくモテることは無く、一方的に無視され嫌われていくだけなのです。

自分を見直してみよう

冒頭からお話しているような、男性からは敬遠されてしまいかねない行動を取っている女性は、意外にもタクサにらっしゃいます。

しかし、その大半は、自覚が無く、他人から言われて初めて気がつく場合が多様に見られます。

だからこそ、自分自身が男性から敬遠されてしまうようなタイプの女性になっていないか、改めて自分自身を見直してみましょう。

特にお姫様・お嬢様気質な女性は要注意です!!

男をしたに見下し汚い言葉遣いをしてみたり、レディーファーストをただ優遇してもらうだけのものと勘違いして、ワガママ極まりない行動を取ってみたりしていないか、一度振り返ってみてください。

もし、、そのような行動を取っていたのだとしたら、すぐさま態度を改めましょう。

自分を見直さない限り、そういう人は、永遠に彼氏なんて出来ませんので注意してくださいね。

彼氏を作る方法が知りたい!

『彼氏ができない理由はなんとなく理解できたけど、だったら彼氏ができるにはどうしたら良いの?』と、気にされている女性は多いはず…

では、具体的にどうすれば彼氏を作ることが出来るのか、世代別にご紹介していきます。

中学生の場合

大人の女性に限らず、女子中学生だって恋愛したいと考えている女性は少なくありません。

では、具体的にどのように考え行動していけば、素敵な彼氏を作ることが出来るのでしょうか。

早速、中学生ならではの彼氏を作るための行動をご紹介していきます。

制服の着こなしはきちんとする

男性も女性も比較的ルックス重視で恋をする傾向にありやすい中学生では、身だしなみは、かなり重要と捉えられているようです。

特に制服に関しては普段の生活の中で多く目にする服装でもあるわけですから、着こなし一つ崩れてしまうと、それだけで身なりがきちんとしていないとみなされてしまいかねません。

特に女性の場合、着こなしが乱れてワイルドだと感じてもらうことなど無く、ただだらしない人という印象しか残りません。

間違ってもそのことで隙になってくれる男性などほとんどいないと言っても過言ではないので、くれぐれも制服の着こなしはきちんとするようにしましょうね。

人から好かれる行動をする

中学生の行動範囲なんてそんなに広くありませんし、勉強・部活動が出来るか、ルックス、内面の良さくらいしか他人と差をつけることなど出来ません。

しかも何かと多感な時期でもある中学生ですから、ちょっとしたことが大きなマイナス部分として見られてしまう場合も多々あるでしょう。

人から好かれるようになるためには、優しさや人と違う魅力などが必要です。

しっかり挨拶やコミュニケーションを図り相手の懐に入り込むこと、時には甘えたり相談したり、逆に相談を受けたりしていく中で、相手を思いやりながら行動を繰り返していくことで、次第に距離も縮まり、人から好かれていくようになるでしょう。

そのことをきっかけに内面的魅力を見出し、素敵な彼氏が出来る可能性もグンと高まりますので、まずは、人から好かれるような行動を心がけるようにしていきましょうね。

高校生の場合

高校生になると、中学生よりも行動範囲も広がり、ただ勉強や部活動をしているだけの範疇での活動でとどまっているわけではありません。

趣味や将来のことのために動いている人もいれば、高校生の本文である学業・部活動に専念している人もいますし、まさに人それぞれ…

そんな高校生が素敵な彼氏を作るにはどうすれば良いのでしょうか。

その行動方を、早速見ていきましょう。

どんな内容でも1日1回連絡する

高校生の彼氏の作り方の基本は、やはり中学生とそれほど変わってはいません。

コミュニケーションをしっかり取ることが何よりも重要で、これは大学生・社会人でも共通した話です。

ただ、社会人とは大きく異なり、まだ高校生では、大人の事情などを理解することが出来ず、相手の事情も多少は考えますが、やはり蜜に連絡をとりたいと考えている場合が多いように見受けられます。

それだけに、どんな些細な内容でもいいので、1日1回は連絡を取るように心がけましょう。

徐々にお互いの距離が深まり、絶大な信頼関係が出来るようになれば、きっと彼氏彼女の関係へと発展できる遠もいます。

ただし、くれぐれも友人以上の関係であることが大前提の話です。

全く見ず知らずの相手に対して、執拗に連絡を取るのはストーカー行為であり、それこそただの身勝手極まりないモラル違反です。

まずは、挨拶からしっかりコミュニケーションをとり、友人関係としての絆を深めましょう。

その上で1日1回連絡をとるようにし、相手に自分のことを意識していると思わせることができれば、相手もあなたのことを徐々に意識してくれるはずです。

しっかり共通の話題を作りながら、蜜に連絡を取れるように心がけましょうね。

普段と違う自分を見せる

高校生といえど、本文は学業であり、その他は主に部活動で日々を過ごすケースは多いので、プライベートで見せる普段と違う一面を、気になる相手に見せることができれば、十分相手に意識させる事ができるでしょう。

いわゆるギャップ萌えというやつで、そのギャップが大きいほど、良くも悪くも大きく相手に印象をあたえることが出来ます。

それが良いことであれば、より一層好意を持ってもらうきっかけにもなりますし、違う一面を見せるということは、モテる女子の大きな武器にもなることだと筆者は考えています。

ぜひ普段と違う素敵な一面を、気になる相手に見せましょう。

きっと、そのことをきっかけに、お互いの距離感が縮まり、交際へのきっかけになることが出来ると思いますよ。

大学生の場合

大学生にもなると、もうほとんど大人の仲間入りで、20歳を超えないとお酒は飲めませんが、合コンやサークル活動を通じていろんな出会いも生まれます。

では、その中で素敵な人を見つけ具体的に彼氏を作っていくには、どのような行動を取れば良いのか、その方法を見ていきましょう。

サークルに入り出会いを増やす

大学に入ると、今までの中学・高校での部活動とはまた装いが大きく異なり、同じサークルでありながら、他の大学の生徒も混ざって活動するなんてこともよくあります。

流石に、運動部など一部の部活動で、他の大学の生徒と混ざって動くということは無いのかもしれませんが、どうこう快適なサークルなどでは、運動系・文化系を問わず、いろんな大学の生徒を引き入れて活動刷るために、そこでの出会いをきっかけに恋が生まれるなんてことも珍しくありません。

大学生が手っ取り早く彼氏を作るために出会いを求めるのであれば、サークルに入ることは色んな人との出会いを生むきっかけを与えることになるのでおすすめです。

アルバイトなど、社会に触れながら出会いを求めることも可能ですが、学業が大学生の本文であることを忘れてはいけませんし、まずは手近でサークルに入っていろんな人と出会、素敵な男性を見つけてみましょう。

もちろん相手あっての交際ですから、絶対に上手くいく保証などありませんが、少なくとも出会いの数が増えていくわけですから、自ずと彼氏が見つかる確率は上がるので、ぜひサークルには入るようにしましょうね。

合コンに参加してみる

大学生の、彼氏の見つけ方・出会いの場の求め方の定番のもう一つが合コンです。

合コンは、単純に一言で言えば、男女間での仲間同士の気軽な飲み会を言います。

厳密に言えば、同級生(社会人なら同僚)の別の知人友人、あるいは合コンサイトなどで集まった見ず知らずの相手達と、気軽に飲み会を開き意気投合するための会合と言えばイメージし易いのかもしれません。

いくら知人友人ん紹介と言っても、お見合いとなると緊張感も高まりますし、友人も敷居が高いと気が引けるでしょう。

飲み会を通じて紹介するというのであれば、そんなに出会いを意識する必要もありませんし、あくまで飲み会がメインと考えて行動できるので、気軽に出会いを求めることが出来るわけです。

もちろん飲み会ですからお酒が関わることであり、20歳を超えないことには行えないというのが一般常識での考えですが、大学3年ともなれば、現役大学生(高校生から浪人生活無しで大学生になった人たち)でさえ20歳を超えることになるはず…

もちろん就職戦線など多忙を極めるなんてこともあるとおもいますが、合コンをする暇が一切ないということはないと思いますし、彼氏が欲しいと熱望しているのであれば、どの道積極的に動く必要も出てくるはずです。

大学生同士なら、気軽に出会いの場を求められると思いますし、合コンで新たな出会いを積極手に求め、ぜひ素敵な男性を見つけ、彼氏を作るきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

社会人の場合

社会人ともなると、行動範囲はかなり広がりますし、なんでも大人の責任で自由に行動できるので、異性との出会いのチャンスも大きく広がりますが、だからといって何も動かなければ、永遠に彼氏は出来ませんし、そもそも素敵な出会いすらままならないでしょう。

では、具体的な出会いの方法や、彼氏の作り方を見ていきましょう。

自分の内面を磨いておく

外見・内面共に魅力がまったくない女性はまず男性から好意を持たれる事はありません。

人の好みは千差万別ですが、優しさだったり明るさだったり、言葉遣いの綺麗さだったり、何かしらの魅力がなければ、ただ男性から敬遠され続けていくだけなのは明確な事実と言ってもいい話です。

なので、まずは自分磨きをしっかり行うことが重要です。

ただ、男は、女性のルックスだけに魅了されているというわけではなく、むしろ内面の優しさや清楚さに魅了される場合が多いので、外見も重要ではありますが、まずは内面をしっかり磨いておくようにしましょう。

普段の言葉遣いが汚くならないように、丁寧な言葉づかいを心がけてみたり、あれこれ男性に注文やクレームを付け続けるのではなく、寛大な心を持って接するようにここがけてみたりすることで少しずつ内面の魅力は磨かれていくはずですので、素敵な彼氏を作りたいのであれば、まずは、その辺の意識改革から取り組んでみてくださいね。

忙しくても彼氏を探す時間を作る

社会人で彼氏・彼女が出来ない人の言い訳を聞くと、大抵が、忙しくて彼氏・彼女を作っている隙がないという言い訳をする人をよくみかけます。

もちろん本当に仕事でがんじがらめになってしまって身動きが取れない人はいらっしゃいますが、だからといって、全く動かず待ってばかりでは、素敵な彼氏は現れません。

好みの問題もありますが、男性は尽くしてくれる、清楚で優しい女性を求めているケースが多いので、
仕事ばっかりに追われてプライベートな時間が取れない女性よりも、プライベートな部分で男の都合に併せてくれるような女性の方が彼氏はできやすいと思います。

そのように考えると、仕事が忙しいと言い訳している女性は彼氏ができにくいと言うことも出来るでしょう。

忙しいという気持ちは分かりますが、待っていても恋は始まりませんので、積極的に動き、彼氏を探す時間を作るようにしてくださいね。

人と接することが彼氏を作る近道です

人と接することは、彼氏を作る上での近道であることは紛れもない事実です。

人と接することで、たとえピンポイントでその人と彼氏彼女の関係になれなかったとしても、知人・友人を紹介してもらえるなど、他のご縁を作るきっかけになってくれるかもしれません。

芸能人などの熱愛報道でもよく耳にしますが、彼ら彼女らの出会いのきっかけの多くが知人友人の紹介ですし、人との接点を作ることで、別の出会いを生み、そのことをきっかけに恋愛に発展する可能性も十分ありますので、まずは面倒臭がらずに積極的に人とふれあい、彼氏を作るための縁を増やしていきましょう。

ただし、いくら知人・友人が出来ることで理想の相手を紹介してくれる可能性が高まると言っても、思いやりの無い接点では意味がありません。

忌み嫌うような相手に、友人を紹介するという行為は、よほどの世話焼きかお人好しでない限り、とても感がられないことです。

第一、思いやりのないあなたを紹介することで友人からの信用が揺らいでしまい、最悪関係性も断ち切られてしまうリスクもあるのに、そんな危険なことをしてくれるわけがありません。
思いやりがあり、人に進められる女性であるということが大前提であり、その上で、知人友人で彼女を求めている男性がいたら紹介してあげようと言う程度のことしか、普通期待できません。

だからこそ、間違っても思いやりのない行動は慎むようにしましょうね。

その上で、良い関係を多く作りながら、素敵な彼氏を探すよう心がけてください。

きっと多くの出会いの中から理想の相手は見つかりますよ。