容姿も磨いているし、中身も自信があるのに、なかなか恋人ができない…そんなあなたは「恋愛計画」が足りないのかもしれません。恋愛も結婚も、就職と同じように、事前の準備と心構えが重要です。今回は、上手な恋愛の仕方を「計画性」から見ていきましょう。「順序よく」「効率よく」、幸せをゲットするチャンスですよ。

中々恋人が作れない方は、計画性がないから?

周りが着々と素敵な恋愛をしている中、なぜかポツンと取り残されている…そんな気持ちになったことありませんか?恋人ができる人と、なかなかできない人、どういう違いがあるのでしょう?容姿?性格?年収?

いいえ、実はそれは「計画性」なのです。あなたは、付き合う前に、恋愛のための事前準備を怠っていませんか?出会いのためのチャンスを作っていますか?付き合った後のシミュレーションを欠かさず行っていますか?

一つでも、「え、なにそれしていないよ!」と当てはまった人は、この記事をぜひ参考にしてみてください。新しい世界が待っているかもしれません。

恋人作りの際、こんなことになってません?

まずは、自分の間違いを探してみましょう。恋人作りの近道をしようとして、間違った道に入ってしまっているかもしれません。とくに自信満々で「自分流」を貫いてる場合は要注意!そのやり方は、本当に正しいですか?

色々な手段やサイトを使いすぎている

あれもこれも全部試してみた!という人。「浅く広く」をモットーにしていると、結局大事なところでチャンスを見落としがち。恋愛は、一点集中型が成功しやすいのです。

たとえばネットの恋人探し系をいろいろなところで登録していると、いざ素敵な人が出てきても見落としてしまうかもしれません。うまく見つけたとしても、こまめな返信ができず、嫌われてしまうかも。合コンや街コンでたくさんのアドレスをゲットしたとしても、結局全員に返信しているうちに、本命が逃げてしまうかも。今あなたに必要なのは、「自分が得意な出会いの分野」を一本に絞る勇気なのです。

求める異性のタイプがころころ変わる

あなたの好みも重要です。「可愛い年下がいい!」といっていたのに、すぐに「やっぱり何でも許してくれる年上がいい」など、ころころ変わっていませんか?

もし友達が、異性をあなたに紹介しようとしていても、あなたの好みがしょっちゅう変化するようでは困ります。「やっぱり紹介は止めとこう」と思ってしまってもしょうがありません。

また、周りに「あの人は好みがコロコロ変わる」と思われるのが一番厄介です。これは「好みが変わる=浮気性」と思われる可能性があるからです。実際は一途であったとしても「あの人はすぐに違う人を好きになる…」と誤解され、倦厭されてしまうかも。

せっかく好きな人と付き合えても、求める理想像が変わってしまうと、相手に飽きてしまいます。一生懸命、相手があわせてくれたとしても、きっといつかは疲れて離れていってしまうでしょう。そんな未来が想像できるようでは、そもそも恋人もできないはずです。

容姿や性格など、多少はブレがあってもしょうがありません。ファッションなども、時代や流行がルカらずっと好みが同じというわけにはいかないでしょう。しかし、理想像の「芯」はぶれないほうがいいですね。知的でおとなしいタイプ、優しくて笑顔が可愛いタイプなど、「絶対に譲れない」というところは常に変えずに持っておきましょう。

合コンでのターゲットが定められない

合コンなど、恋人ゲットのチャンスは作っているにもかかわらず、なかなかうまくいかないのは、あなたの「迷い」にあるかもしれません。異性が並んでいると「あの人いいな。でもこの人もいい」と目移りしていませんか?

これは恋愛においては、絶対にやってはいけないこと。恋愛前の男女は、つねにハンターです。相手の視線を読み取り、その考えを読み取ろうとしています。そんななか、ターゲットを決められず目移りしている人がいれば、即効で恋愛対象から外れます。

なぜなら、恋愛とは「貴方を唯一の相手にしますよ」「貴方だけを特別扱いしますよ」という一種の契約だからです。はじめから、「貴方もいいけど他の人もいい」という態度で臨む人は、選ばれません。誰だって、自分ひとりを愛してほしいですよね。合コンで、ターゲットを絞れないという人は、そもそも「恋愛」という土俵にすら立てないのです。

逆のパターンで「あの人は喋り方がちょっとイヤ。この人は服装が微妙」など「消去法」を使ってしまい、なかなか相手を決められない人も要注意です!相手の駄目なところ、嫌なところが目に付いてしまうタイプですね。貴方が「微妙」と思っていると、その空気は必ず相手に伝わります。わざわざ、自分に対してマイナスな感情を持つ人を、好きになったりはしませんよね。

相手から「何を考えているのかわからない」と言われる

無口、無表情。これは、異性からすると、何を考えているのかわからなくて、踏み込めないタイプですね。恋愛は「相手をよく知りたい」という欲望から始まるので、まず初めの段階で損になっています。

ぺらぺら喋るタイプは軽く見えがちですが、やはり相槌や笑顔は大事です。それだけでも高感度はぐっと上がりますから、異性と話す時はできるかぎり気をつけてみましょう。とはいえ、自分では気づきにくいものですから、友達との訓練が必要かもしれません。

結局、一向に発展しない

メールやLINEで良い感じになってはいるけど、結局毎回発展しない…私の友達にそんな悩みを持っている人がいました。良く聞くと、お互い、相手の出方を窺っているんですよね。どちらかがハッキリとした行動をしないと、恋愛が発展するわけがありません!

できれば、男性側に「告白・デートのお誘い」を率先してほしいとは思いますが、近頃は勇気のない男性も多いです。女性も、「この人だ!」とグッと来たのなら、ぜひ自分からお誘いしてみましょう。

それでもハッキリしない相手なら「付き合うのか、このまま連絡を絶つのか、どっち?」と究極の二択を迫ってみるのも手かもしれません。

そんなあなたに、恋愛計画のススメ!

どうでしょうか、一つでも当てはまるものがありましたか?残念ながら、今あげたタイプは、恋愛偏差値が低いといわざるを得ません。決して勉強が足りないのではなく、計画性がないのです。

仕事とおなじく、恋愛にも計画が重要です!

恋愛は順序を決めて、階段を上るように一歩一歩前進することが大事です。仕事や家事も同じですよね。まず、事前準備をし、結果を予想し、効率のよい手段を選ぶ。恋愛でも、それが可能なのです。

自分の今までの方法が間違っているかもと感じたのなら、新しく恋愛計画をたてるチャンスです。成功にむかって、計画的にすすめることができれば、きっと素敵な未来が待っていますよ。

モテる人は計画を立てている!

あなたの周りに、やたらモテる人はいませんか?容姿はそんなに変わらないのに、いつも恋人がいる人をよく観察してみましょう。その人達には、きっと何か共通する部分があるはずです。それこそが恋愛計画なのです。

人を好きになることは、計画的には行きません。しかし、気になる人を見つけ、恋人にできるかどうかは、ある程度計画性をもって進めることができます。恋愛計画のノウハウを持っているかいないかで、成功率が変わっていきます。だまされたと思って、ぜひ一度試してみてください。

計画を立てて恋愛を有利に進めた方の体験談

あまりもてるほうではない知人男性。彼は理系だったので、うまくいっている人の恋愛を研究していました。そのうえで、どうすれば上手に理想の女性に出会い、その人に好きになってもらえるかの計画を立てたそうです。

彼の決めたルールは、「妥協はしない」「出会いは知り合いを通す」「好きになってもらえるように、相手の理想も徹底的に知る」というものでした。知人に合コンを開いてもらい、普段はクールなタイプなのですが「この人だ!」と思った相手には、とにかく押しまくったとか。

その結果、びっくりするぐらい綺麗な彼女をゲットしていました!彼女に聞いてみると、「一途なところに惹かれた。あと、自分の趣味を一緒に楽しんでくれるのがいい」とのお答え。彼は、あまりアウトドア系をしない人でしたが、彼女の趣味がスノーボードだと知ると、一生懸命教えてもらって上手になったのだとか。二人とも、一緒にいるのが心から楽しいといっていました。

どうですか?計画的に恋愛を進めていけば、素敵な彼女をゲットするだけではなく、その後もずっと幸せな時間が続くんです。ぜひ試してみたいですよね!

恋愛計画ノウハウその1:どんな人がいいの?

まずは、どんな人が好きなのか、どういうタイプが自分と合っているのか、好みをしっかり自分自身で把握しておきましょう。それができていないと、合コンで目移りしてしまったり、つきあってもうまくいかない可能性が高いです。

好きな異性のタイプを字に起こしてみよう

頭の中で「綺麗で優しい人がいい」とボンヤリ考えてるより、文字に起こしたほうが、よりイメージは鮮明になります。世の中にはたくさんの異性がいますが、実際に付き合えるのは一人だけ。その人が、自分の好みとかけ離れていたら、やはり心のどこかでがっかりしてしまいますよね。

容姿、性格、雰囲気などを文字にしてみましょう。なるべく、目に姿かたちが浮かぶような書き方がベストです。とはいえ、「柔らかな亜麻色の髪、すべらかな肌、唇には優しげな微笑をたたえ…」なーんて文学的な書き方をする必要はありません。

簡単に、かつわかりやすく箇条書きで構いません。できるかぎり細かく、それでいてしっかりとしたイメージを文字にしておきましょう。

「一人だけ好きな女性と絶対付き合えるとしたら・・・」を考える

好きな異性といっても、なかなか思いつかない…という人もいますよね。そんなときは、この世の中でたくさんいる異性の中で、たった一人と絶対に付き合えるとしたら誰を選ぶかを考えてみましょう。

芸能人でもいいですし、実際に周りにいる人でもいいですね。このとき重要なのは、「生涯にたった一人だけ」と、限定させることです。そう考えると、「落ち着いていて、家事もしっかりできそう」など、ある程度普遍的な好みのタイプが見えてくるかもしれません。

容姿は具体的に

容姿は「なんとなく可愛い系」などと想像するより、より具体的にしておきましょう。人によって「可愛い」の基準は違います。また、年齢によって容姿の細かな部分は変わっていきますが、心の深層にあるぶれない好みはそう変わっていくものではありません。

まず、顔の形がありますね。かわいらしい丸型、大人っぽい面長、どちらが好きか考えてみましょう。目元も、垂れ目か釣り目、二重か一重でがらっと印象が変わりますよね。

髪型は男女ともに変わっていくものですが、髪質はそう変わりません。ふわっとした癖毛っぽい人がいいのか、とにかく真直ぐな髪の毛がいいのかも考えてみましょう。実は、髪質によって性格が変わるという噂もあります。たとえば、硬くて量が多い髪質の人は、真直ぐで嘘がつけないタイプ、ふわっと柔らかい髪質の人は、つかみどころのない自由人、なんていわれています。

具体的にあげていくことで、自分では知らなかった理想像も見えてきます。書き出したものを見直すと、「あれ、自分ってこういう好みだったんだ!」とびっくりすることも多いんですよ。

好きなもの、性格などもできれば

好きなものが同じだと、交際後の生活もうまくいきそうですよね。食べ物や趣味、ファッションの系統など、あなたが「好ましい」と思うタイプを書き出してみましょう。ある程度書いていけば分かりますが、やはりどこか自分と共通点が多いと思います。

性格も、どんな人が理想なのか書いてみましょう。優しい人といってもいろいろありますよね。言葉遣いがおっとりしているのか、とにかく怒らない人なのか、具体的にあげてみましょう。もちろん、あくまで理想ですから「こんな完璧な人間いないよ!」と思っても構わないのです。

自分の好みを客観的に把握し、視点がぶれないようにするための訓練だと思ってやってみましょう。

可能ならば、絵も描いてみて

言葉だけではなかなかイメージしにくいもの。イラストにすると、あなたの想像が、いきなり現実性を増します。でも絵は上手・下手があるので、もし自分で描くのが難しければ、人の絵から自分の理想にあった人を探してみてもいいですね。

私の友人は、ルノワールの絵の女性を理想像としてかかげていました。一方、アニメの二次元キャラを理想として大事に持ち歩いている子もいました。もちろん、その理想にドンピシャな人に出会うことは難しいかもしれませんが、少なくとも「理想」の芯はぶれませんし、素敵な人とであった時に、何か共通点を感じるかもしれませんよ。

恋愛計画ノウハウその2:どうやって出会うの?

自分の好みのタイプをしっかり定めたら、あとは出会いのきっかけを作らなくてはいけません。待ってるだけで、自分の理想の人が偶然やってくる…なんてことはありえませんよね。しかし、その「出会い方」を探すのにも、じつはコツがあるんです。

出会うための手段は最高2つに絞る

出会いのチャンスは多いほうがいい!と思って、いろいろなものに手を出していませんか?合コン、街コン、出会い系サイト、知人の紹介、習い事、ナンパ…確かに多くの異性とは出会えるかもしれませんが、そこからしっかり「恋愛」への道を歩くのは困難になります。

恋愛計画では、まず、出会う手段をしぼることが重要です。あなたの時間は限られています。すべてに全力投球をすることはできません。

出会いサイトに登録していいのは一か所だけ

出会い系サイトに登録するのはよい方法です。しかし、手当たり次第にたくさんのサイトに登録するのはよい手とは言えません。誰かから返信が来たとき、どこで募集したのかわかりませんし、もし気になる相手に「他でも募集していた!」ということがバレるとあまりよい気はしないでしょう。

また、いろいろなサイトをチェックするのは大変です。毎日、多くの人が書き込みをするからです。ちょっと目を離した隙に、あなたの運命の人が書き込みをしているかも!?それを防ぐためには、登録するサイトは一つだけにして、それをじっくり余すことなくチェックすることです。

できれば、参加している人が多く、あなたの地域にあったサイトを探しましょう。男女比もあまり偏ってないところがいいですね。

合コン、街コンへは積極的に参加を

合コンや街コンは、出会いの場として最適です。はじめから「恋愛」を目的としている人たちが集まるのですから、話が早いですよね。飲みながら話すことで本音も出やすいですし、恋愛観を知ることもできます。また、何人かの異性を見つめることで、自分の本当の好みもしぼっていけます。

合コンで、たとえ好みのタイプがいないとしても、異性の知人を多く作ることで、次の合コンへとつながります。「合コンって気疲れするんだよねー」などといわず、積極的に参加して、出会いの連鎖を作っていきましょうね。

予想される金額を事前に把握

出会いの場として、おすすめなのは、出会い系サイトと合コンであることはわかりました。しかし、どちらも、本気で出会うまではお金がかかります。後のことを考えずつぎ込んでしまっては、意味がありません!お金は計画的に使ってこそ効果があると知っておきましょう。

たとえば、合コンや街コンの場合、飲み代の他にも洋服や交通費などがかかります。とくにファッションは、あまりケチらないほうが後々良い結果を生むことも。出会い系サイトは基本的には無料ですが、会うときにはデート代がかかりますよね。

あまりにお金を出し渋ると、「自分はこの人にとってお金を使う価値がないのかな」と相手が思ってしまいます。しかし使いすぎると、「経済観念があわない」なんて思われることも。大体の予算を把握し、大きくはみ出ないように気をつけましょう。

その金額は必ずオーバーしないように実行すること

まずは、「〇〇円まで」と自分で決めましょう。お財布とよく相談して決めてくださいね。合コンは、男性のほうがお金がかかりますよね。合コン好きの知人は、1か月に5万円と決めて、そのあとは次の機会をじっと待っていました。

なぜかというと、実は付き合った後こそ、お金は必要だからです。デートやプレゼントなど、恋人と一緒にいるためにはある程度のお金が必要です。でも出会いに全てを使ってしまったら、後が続かなくなってしまいます!せっかく理想の人と付き合えても、ガッカリさせてしまうかも…。

そんな悲しい事態を防ぐためにも、自由に使えるお金は確保しつつ、残ったお金で上手に出会いの場を広げましょう。いざというときには使い、それ以外では上手に節約。ケチではない節約家こそ、恋愛上手といえるでしょう。

恋愛計画ノウハウその3:サポーターを探そう

恋愛に、助っ人は必要不可欠!よっぽど恋愛偏差値が高ければ、一人で計画・実行・恋愛成就まで行えますが、普通は手助けしてくれる人がいて成り立つもの。あなたの周りで、恋愛サポーターになってくれそうな人はいますか?

恋愛の相談ができる人を捜す

恋愛の相談相手は、やはり1人は必要です。女性なら、友達と「恋ばな」で盛り上がることが多いでしょうが、男性はあまりいないかもしれませんね。しかし、恋愛は一人で悶々と悩んでいてもなかなか答えが出ないもの。自分の行動がOKか、相手の態度に脈があるのかどうかは、第三者の意見を聞くことでぱっと答えが開けることも。

気を張らず、気軽に恋愛相談できる相手がいると、とても心強いです。できれば同性の友達や同僚がいいですね。異性の知人に相談してもいいですが、恋人がいる人は止めておきましょう。やましいことが全くなくても、誤解されかねません。何人か候補はいるけど、しぼれない…そんなときは、一体どんな人が適任なんでしょうか。

頼れる人、年上な人、経験豊富な人が最適

やはり、頼れる人が相談相手には一番です。いわゆる「兄貴・姉御」タイプですね。頼りになる人は、相談相手の言葉を親身に聞いてくれますし、いろいろと励ましてくれます。また、頼れるタイプというのは、「頼られるのが嬉しい!」という人が多いもの。あなたがいろいろ相談することで、さらに信頼関係を結べるでしょう。

年上の人もいいですね。やはり恋愛経験が豊富ですし、あなたにはない広い視点でアドバイスをしてくれるでしょう。ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、お兄さんやお姉さん、従姉妹など、親戚の人も頼れる相談相手です。小さいときからのあなたの性格を知っているので、より現実的で的確な意見をくれるはずですよ。

相談の頻度は1か月に1回程度(相談しすぎると鬱陶しがられる)

恋愛の相談って、すごく楽しいものです。「好きな人のことを話し出すと止まらない!いつの間にか時間が過ぎちゃう」っていう人は多いと思います。悩みを話すことで、ストレス解消にもなります。「恋の悩みを話すこと」が楽しすぎて、恋愛相談中毒になってしまう人もいるんです。

しかし、相談というのは、相手があってのもの。相手がノリノリなら別ですが、基本的には1か月に一度程度がベストです。多すぎると鬱陶しがられる可能性も。恋愛相談する時は、かならず相手の貴重な時間を「もらっている」「借りている」という意識を持ちましょう。

ご飯やお酒をおごったり、相手の悩みの相談に乗ることも忘れずに。あなたにとって、とても貴重な恋愛サポーターです。信頼関係を継続するために、「親しき仲にも礼儀あり」を忘れないようにしましょうね。

恋愛計画ノウハウその4:もし、異性と知り合えたら

さて、出会いはうまくいきました。あとは、どうやって関係を進めていくかですよね。「ココまできたら勝ったも同然!」と余裕ぶるのはまだ早いです!理想の彼氏・彼女に発展するかどうかは、ここからにかかっているともいえるのです。

「告白までの期間」は定めなくていい(期限を定めてしまうと焦って失敗を招く)

気になる異性がいる場合、最初の一歩としては「告白」がありますよね。よくある失敗パターンとして、「知り合って3回目のデートで告白」とか、「1カ月たったからそろそろ告白」など、期間を決めてすることです。

「計画的なら、告白期限を決めたほうがいいのでは?」と思いましたか?でも、実際、知り合ってからのお互いの距離の詰め方は、千差万別です。1年間ゆっくりお互いを知り合う人もいれば、会ってすぐに結婚するカップルだっています。

お互いのペースを考えずに、自分勝手な期限を決めることで、逆に相手が引いてしまうことも。「告白しなきゃ!」ということに焦ってしまって、まだまだ分かり合わなくてはいけないことがあるのに、先走ってしまうのです。

これは恋愛計画としてはダメダメ!告白は、相手と自分のペースに合わせてしましょう。だいじょうぶ、そのときは絶対に分かります。お互いの心が少しずつ分かるようになって、「あ、今が告白のときだな」と感じる瞬間がきっとくるはずですよ。そのときこそ、勇気を出してがんばりましょう!

その異性の好きなもの、性格などを記録に留める

好きな人ができれば、その人のことを知りたいと思うもの。相手が好きな食べ物や場所、心に残った言葉、性格などを記録しておきましょう。忘れずに何度も見直すことで、さらに愛情が深まっていきます。

メモ帳などでもいいですし、携帯に記録してもいいですね。私がおすすめするのは、写真日記です。相手と過ごした時間を写真に残し、新しく知ったことを書きとめておくことで、いつも新鮮な愛情を保てます。

こんなことを言われて嬉しかった、ケンカをしてしまった、新しいカバンがほしいといっていた、など小さなことでもメモしておけば、きっと恋愛の役に立ちますよ。記録を積み重ねていけば、それは、「たった一人のための教科書」となっていくでしょう。

「どうすればその人が喜ぶか」を真剣に考えプランを練る

好きな人が喜ぶ顔は、とても嬉しいものです。家族や友達と違った、恋人同士だけの喜びがそこにはあります。恋人の幸せは、あなたの幸せ。そんな関係が理想的ですよね。

さて、これまであなたは恋人を作るための計画を立ててやってきました。次からは、その恋人関係を長続きさせ、より理想的な状態にする計画です。せっかく繋いだ縁を、台無しにしないように、しっかりと努力しましょう。

まずは、記念日やデートで、相手の気持ちを盛り上げてあげましょう。そこで役立つのが、さきほどの記録です。恋人の好きなものや性格、何気ない一言を書きとめておいたものをしっかりと読み返しましょう。どうですか?何がしてほしいのか、何をすれば喜ぶのかが見えてきませんか?

サプライズは好きな人もいれば、苦手な人もいます。とくに大掛かりなものは、恋人の性格などを考慮して行いましょう。シャイな人であれば、あまり喜ばないかもしれません。

プレゼントは、「コレがほしいに違いない!」というような、独りよがりは止めましょう。どうしてもほしいものが思いつかなければ、思い切って「何がほしい?一緒に買いに行こう」と言ってみてもいいですね。

また、デートもマンネリにならないよう、相手のことをよく考えてプランを練ってみましょう。博物館や映画など、普段自分が行かない場所でも、相手が喜びそうな場合は一緒にいってあげましょうね。

肉体関係については計画に含まない、考えない(告白と同様の理由)

「恋人」という関係に切っても切り離せないもの。それが肉体関係ですよね。「つきあったからには、セックスを」と望むのは自然なことでしょう。とくに男性は、やはりそこが気になってしまいますよね。

焦って「つきあって〇カ月後にはエッチをする」などといった計画は立てないようにしましょう。強すぎる下心は、冷静な目を曇らせます。せっかく二人で楽しい時間を過ごしているのに、もしあなたの頭がそれでいっぱいになってしまっていると、相手はそれを感じて興ざめしてしまうかも。どこがガツガツした気配は伝わってしまうものです。告白同様、セックスも相手と自分のペースを守りましょう。

肉体関係は計画に含まず、あくまでも自然な流れにまかせる。下心抜きで、相手に最大の優しさをあらわすことが、成功への近道といえるでしょう。

恋愛計画で、理想の恋人が作れます

いかがでしたか?理想の恋人と出会い、付き合って、さらにその関係をキープするには、やはりそれだけの努力と計画性が必要です。容姿を磨くのも、ファッションセンスを上げるのも重要ですが、一人だけで頑張るには限度があります。まずは理想像をしっかり持って、サポーターの協力を得て恋人をゲットしましょう。ゲットした後も、しっかりと計画性を持って愛情を保っていけば、あなたは最高の恋人関係を築いていけるはずですよ。