彼女とキスはしたいけどなかなかできない、上手なキスの仕方ができない、彼女をキスで喜ばせたい、彼女とのキスを心から楽しみたい。男性からして、彼女とのキスは心躍る非常に大切なものですよね。そんな彼女とのキスを楽しめていない男性が続出中です。キスは経験がものをいうこともありますから、キスの経験値が少ないと、どうしてもうまくできない場合も多く考えられます。しかし、カップルにおいて、キスというのはお互いの愛情を確認しあう大切な行為となります。「なんで俺はこんなにキスが下手なんだ。アメリカ人に生まれれば良かった!」なんてことも思ってしまいますが、そんなことを考えてもしょうがありません。なので、彼女とキスを楽しむためには、どのようにすれば良いのでしょうか?具体的に紹介していきます。

キスといえば恋人の証

キスといえば恋人の証といえます。海外では挨拶でキスをしますが、日本ではそういうわけにはいきません。キスとは恋人同士がして良いもの、という暗黙のルールがあります。浮気も境界線でも、キスをしたら浮気~なんて言われるように、男女にとってキスというのは神聖なものと考えられるでしょう。また、キスをすればその二人は恋人というような感じもするので、初めて付き合ったカップルなんかは、最初のキスがとても大切なものとなります。逆にキスをまだしていないカップルはそのような話しをすると「え?まだキスすらしていないの?」なんて言われたり思われたりしてしまいますし、付き合っているのにキスすらしていないというのは、少しおかしな感じもします。こういったことからカップルにキスは重要なことですし、キスをしたからこそ、正式な恋人だということがいえるでしょう。

上手にしてみたい大人のキス

キスを上手にできる人は、大人のイメージがありますし、女性経験豊富そうなイメージがあります。こういった大人のイメージというのは、男性からして絶対に女性に思われたいイメージのひとつですよね。女性も「大人の男性は格好良い」と思う人も多いです。なので、キスも大人のキスで彼女をメロメロにしたいところです。しかし、それがなかなかうまくいきません。大人の男性のように、さりげなく濃厚なキスはなかなかできないです。日本人という性格もありますし、生まれ育った環境もあります。アメリカ人のように生まれた頃からキスに慣れ親しんできたのなら、もちろんキスは上手でしょうし、年相応のキスだってできるもんです。しかし、日本人は生まれ育つ環境の中で、キスには慣れ親しんで育たないわけですね。なので、キスに興味をもったり実際したりするのは、年齢を重ね物心がついてからの数年後になることでしょう。なので、基本的に日本人のキスレベルは低いと言わざるおえません。

彼女にキスが下手と思われたくない

彼女とキスをしていく上で、「この人キスが下手だな~」と思われるのって本気で避けたいですよね。彼女にこう思われないためにも、キスが上手になりたいと考える男性はたくさんいます。彼女の方が恋愛経験豊富であるのなら、なおさら思われたくないと考えるでしょう。前の彼氏と比べられてるかも、なんてことを考えるとなおさら動揺してしまい、さらにキスが上手くできなくなってしまいます。いっそのこと、キスなんてしない方がいいなんじゃないか!と考えちゃう場合もありますが、恋人同士であれば、彼女はあなたのキスを求めています。やはりキスをすることによって「私たちは恋人なんだ!」と実感するする女性もいますし、非常に簡単な愛情表現ではないでしょうか。キスを上手にすることができれば、女性は「愛されている」という気持ちで満足度が高まり、もっとあなたのことを好きになってしまうこともあるでしょう。そう考えると、やはり彼女とのキスは上手にこなしたいですし、好きな人には気持ち的な快感を与えてあげたいと考えるものです。

彼女にキスができない

「キスをできるだけまだいいよ!俺なんかキスすることすらできない!」このような男性もいるのではないでしょうか?確かに、彼女へのキスってなかなか勇気がいることですよね。キス初心者こそ、そのように考えてしまいますね。キスをするのがそもそも恥ずかかったり、どのタイミングですれば良いのかわからなかったり、今日こそは決めるぞとキスのことばかり考えてしまい、彼女とのデートに身が入らなかったなんてこともあるのではないでしょう。しかし、こう思うのはしかたがないことです。また、それは彼女のことを真剣に考えている証拠だし、変なキスをしたり下手なキスをして、彼女から嫌われたくない、格好悪いところを見られたくないという気持ちが働いている事でしょう。女性の前では、男性はどうしても見栄を張りたがってしまいますよね。なので、一番の思いはキスをしてしまった後に後悔するのが嫌だという気持ちが強いのでしょう。

どうしても照れる

彼女にキスをするのに、どうしても照れてしまってキスができないということが考えられます。キスって恥ずかしいですよね。口と口をくっつける行為ですから、顔がかなりの至近距離になります。これは非常に恥ずかしと感じる気持ちはわかります。しかも、彼女のことが好きであれば好きなほど、照れてしまうというのは当たり前のことです。付き合いたての彼女であればなおさらではないでしょうkか。今まで好きで好きで目を合わすことすらできなかった。手を繋いでみたいけど、想像するだけで顔が真っ赤になってしまうなど、恋人になりたての頃は、彼女を非常に上の存在と認識してしまい「この人の本当にキスしていいのだろうか?」という錯覚に陥ってしまいます。顔も好きという気持ちが後押しをして、めちゃくちゃ可愛く見えますし、そんな可愛いと思う女性に、平然とキスができるでしょうか。とても難しいことだと思います。かなりの経験が必要になってきますし、キス初心者にはハードルが高すぎます。

どのタイミングかわからない

キスが彼女にできない原因とひとつとして、どのタイミングでキスをすれば良いかわからない男性も多いです。本当にこれ、キスのタイミングってかなり難しいです。ドラマなどを見ていると、告白したあとに一回沈黙をおいてからキスするとか、お互い走り合ってきて、抱きしめてキスをするだとか、ドラマのようなキスは参考にならないと思われます。仲良しでそれなりの経験をしている恋人同士であれば、お互いのキスのタイミングもわかっていますから、このタイミングですれば良いとか、今キスをすれば相手が喜ぶだろうなということを把握しています。しかし、大変なのは恋人になって、そこまでの仲になるまでが大変なんです。「もしかして、今キスのタイミングだった!?」なんて思う事が多々あるでしょう。できればムードを盛り上げてキスしたいし、最高のシチュエーションでキスをして彼女に「素敵!」と思われたいでしょうし、考えれば考えるほどキスのタイミングを逃してしまうことでしょう。

彼女がキスを逃げてしまう

よし!今がキスのタイミングだと思っていざ彼女に顔を近づけてみると、彼女がキスを逃げてしまう場合もあります。彼女もあなたと同じく恥ずかしく思っているパターンですね。心から勇気を振り絞り、絶対にキスを決めてやる!と覚悟を決めたのに、いざしようとした時に彼女に逃げられてしまっては、心がポキッと折れてしまいますね。「え?やっぱりキスをするのが嫌なのかな?」とか「俺のあまり好きじゃないんじゃないか?」と不安に思ってしまうものです。そのようにどんどんネガティブに考えてしまうと、さらに彼女とのキスは遠ざかっていくことでしょう。しかし、こういう場合は、彼女があなたとのキスを嫌がっているわけではありません。単純に恥ずかしいか、キスのタイミングではなかっただけです。女性と付き合いキスまで持っていく場合は、こんなシチュエーションはたくさん訪れます。なので、このようなことくらいで落ち込んだり、へこんだりしない気持ちの強さが必要でしょう。

彼女がそんなそぶりを見せない

彼女とキスしたいな、彼女も同じくキスしたいと思っているかな、なんてキスをする前のカップルならこう思うはずです。しかしいっこうに、そのような雰囲気にもならないし、彼女がキスをするそぶりを見せないということで、全くキスができないという方もいるでしょう。キスって本当にタイミングが難しくて、相手もそれなりの雰囲気を作ってくれなくては、なかなか顔を近づけることすらできないんですよね。ましては彼女が、キスをする素振りも雰囲気も作らないのであれば、なおさらのことです。このような状況であれば、彼女は、まだキスをしたいとは思っていないかもしれませんので、もしかしたら焦る必要はないのかもしれませんね。実際彼女ができたのであれば、いつかはキスする事になります。稀にキスをしないで別れた、という場合もありますが、なかなかそんなパターンはないでしょう。なので焦らずに、キスができそうな雰囲気が出てくるのを待つか、そんなシチュエーションが自然と訪れるのを待つようにしましょう。逆に焦ってしまうと、空回りしてしまい、うまくキスまでいけないこともあります。

女の子はキスを待っている!

なんだかんだ言っても、女の子はあなたからのキスを待っています。彼氏に対して積極的な女の子も、消極的な女の子でも、みんな彼氏からキスをしてほしいと思っているんです。あなたが彼女にキスをしたいけど恥ずかしかったり、今一タイミングを掴めなかったりしてキスまでの距離が非常に長く感じることもあるでしょうが、それは女の子も同じです。逆にあなた以上に、そういったことを感じいるかもしれません。「キスをしてこないけど、何か問題あるのかな?」とか「キスをしてこないのは、もしかして私に魅力がないから?」なんてことを考えてしまっているかもしれません。なので、彼女にそんな思いをさせないように、積極的にキスを狙っていくと良いかもしれません。あなたが考えている以上に、キスを待っている女の子は多いでしょう。いくら口で好きとか愛していると言われても、やはりキスのような体で愛を感じられる行動というのは、確実に必要となってくるでしょう。

うまい下手は関係ない!

「キスのテクニックが上がってから彼女にキスしよう」「俺はキスに自信がないから、自信がつくようになってからキスにチャレンジしよう」と考える人もいますが、それは間違っています。はっきりと断言できますが、キスにうまい下手は関係ありません!「彼氏からは上手なキスがされたい!」なんて考えている女の子はあまりいないのが現状になります。「上手なキスがしたい」というのは、あくまでも男性側の自己満足である可能性も高く、女性はそこまでのキスは求めていないはずです。逆に、凄く上手なキスで女の子をメロメロにするような男性であれば、彼女はどう思うでしょう?「女慣れしているな」とか「女性の経験が多いんだろうな」と思われてしまいませんか?悪い印象とまではいいませんが、人によってはあまり良い印象を持たない人も多いはずです。キスに慣れていない方が、女性からしても親近感もわくでしょうし、気持ちがキュンとすることでしょう。

キスに憧れるから照れる

男性とって彼女にキスをする、素敵なキスをするというこは一つの憧れであるという男性も多い事でしょう。女の子も同じ気持ちで、好きな相手との愛のキスは恋愛をしていく中での、憧れといってもおかしくありません。そのようにキスを対してあまりにも、大きな憧れを抱くばかりに、どうしてもキスをしようとすると照れたり、恥ずかしくなってしまうということは、十分にあることでしょう。人は憧れに対して、どうしても気持ちが硬直してしまいますから、変に憧れを持つと体がうまく動かない傾向があります。なので、もっとキスに対して、低いハードルの意識を持つとうまくいくかもしれません。別にキスをないがしろにしたり、大したことではないと考えるのではなく、意識を高く持ちすぎない事です。「キスって凄いんだ」「キスするのはかなり大変なんだ」と無駄に、キスのハードルを上げ過ぎない事です。カップルであるのならば、キスをすることなんて当たり前のことですからね。

気持ちが一番大事

キスのテクニックや腕前よりも、一番大切なのは気持ちです。キスがうまい人よりも、キスに対していかに気持ちを込めることが出来る人が彼女には喜ばれます。キスに気持ちを込めるというと、慣れていない人にとっては難しく感じてしまいますが、「本当に彼女が好きでキスをしたい、キスをすることが嬉しい」という気持ちをいかに持てるかということになります。付き合いが長かったり、キスに慣れていくと、ひとつひとつんのキスが適当になったり、形式的なものになり気持ちが全くこもっていないキスになりがちです。そのようなキスが、彼女は一番寂しいのです。なので、彼女とキスをする時は全力で「あなたのことが本当に好きなんです」という気持ちを込めてキスをするようにしましょう。そうやって気持ちを込める事により、確実に無意識のうちに行動にあらわれますし、彼女にはその気持ちが伝わることでしょう。

シチュエーションは大切に

キスのタイミングを見計らう上で、シチュエーションというものは非常に大切な要素になります。いわゆる、キスをするためのムードづくりは大切で、それは男性の役目といってもいいでしょう。彼女はキスをしたいと考えていますが、どこでも良いと考えているわけではありません。よく、駅などの人が大変混雑する中で、堂々と抱き合ってキスをしているカップルを見ますが、正直彼女はあのようなシチュエーションが望んでいないでしょう。あのようなカップルは、多少気持ちが外国人よりなんでしょうね。人目もはばからずにキスをすることに、抵抗心がありません。もう、レベルが高すぎるので、あのような人たちは参考になりません。あなたが目指すシチュエーションは、ふたりきりになり、お互いの心が安らぐ場所が良いでしょう。「あ、今キスできる良い雰囲気だな」というシチュエーションにしていくんです。このようなシチュエーションであれば、お互い恥ずかしがることなくキスをすることができるでしょうね。

束縛したいキス

彼女がキスマークをつけてきたら

キスマーク、いわゆる肌に吸いついてその部分を赤くする行為ですね。彼女がキスマークをつけてきた場合、それはあなたに対しての束縛を意味しているかもしれません。「この人は私の彼氏なんだよ」と周囲の人から見てもわかるようにするということです。キスマークって傍から見てもすぐにわかりますし、そのようなキスマークがついている人には手を出そうとも思わないですもんね。しかし、このようなキスマークをつけられるのが嫌な人もいるでしょう。そのような人は、しっかりと嫌だということを伝えるようにしましょう。しかし、棘がある言い方だと雰囲気が悪くなってしまい、彼女が怒ってしまうことも考えられるので、優しく断るようにして下さい。「親にばれると恥ずかしいから嫌だな」とか「会社で見つかると上司に怒られるから」と、しっかりと理由をつけて断れば、彼女もすんなり許してくれるのではないでしょうか?

彼女にキスマークをつけてみる

逆に彼女にキスマークをつけたいという、束縛心の高い男性も多いことでしょう。彼女にキスマークをつけることによって、征服感もありますし、「この子は俺の彼女だ」という独占欲も満たす事ができます。男性って、この征服感や独占欲が強い人が多いので、彼女にキスマークをつけたいと考えるひとは多いでしょうね。彼女が良いというなら、思う存分キスマークをつけてあげましょう。しかし、彼女が良いと言うからといって、あまりつけすぎるのも良くないです。キスマークは吸うと打撲のような感じになるので、彼女が痛々しく見えてしまいますし、彼女に迷惑をかける場合もあるので、ほどほどにするようにしましょう。また、もちろんですがキスマークを嫌がる女性もたくさんいます。そのような女性に対して、無理やりつけてやろうとか、つけたがらないのは好きという気持ちが足りないんだとか、そういうふうに考えるのは、彼女の迷惑になるのでやめましょう。つけられたくないと言われたら、潔く諦めて下さい。

強引に誘わない

いくらお互いがキスを求め合っているといっても、強引にキスまでもっていくのはやめておいた方が無難です。ドラマの世界では、強引にキスしたりするのが普通かもしれませんが、現実の世界では、しっかりと雰囲気やシチュエーションを考えて、最高のタイミングでキスをするのが理想的でしょう。キスをするにしても、男女が付き合っていくにしても、最低限のマナーやルールは大切になってきます。キスをする上でも、そのマナーをしっかり守らなければ、彼女には嫌がられてしまうということは考えられるでしょうね。

キスをしたがるそぶりはNG

あからさまに、彼女とキスをしたいというそぶりを絶対にしないようにしましょう。女性からして、男性のキスをあからさまにしたがっているそぶりって、なんか下心が見えているようですし、正直無様な姿にうつってしまいます。さらに、どうしてもキスがしたいというような行動を必死でしている姿なんかは、好きという気持ちをかなり冷めさせてしまう可能性も高いので、気をつけなければいけません。どうにかしてでも二人きりになろうとしたり、キスのしやすい暗い場所ばかりにいこうとするなど、「こいつキスするのに必死だな」と彼女に思われると、キスをするまえにお別れ、なんてことも考えられるので、あまり過剰にキスをしたがるのはやめておいた方が良さそうです。

さりげなくキスしたいアピールをする

キスをしたいと感じて、それを相手に伝える時は、かなりさりげなくアピールするのが良いでしょう。相手に「この人キスしたがってる?」と思わせるのではなく、自然とそのような雰囲気やシチュエーションに持っていくという事です。これってなかなか難しいことですし、少し計算しながらやらなきゃいけないですが、確実に彼女とはキスをできることでしょう。しかし、そのさりげない行動が彼女にばれていはいけません、あくまでもさりげないアピールをすることが大切になってきます。

ロマンティックなキスをしたい

男はロマンチストですから、どうにかしてロマンティックなキスをしたいと考える男性は多いでしょう。ロマンティックな場面といえば、キスをするのに最高の雰囲気ですしシチュエーションです。しかし、あまり狙い過ぎるとお互い冷めてしまう事もありますし、ただの自分だけの自己満足になってしまう場合もありますので、ロマンティックなキスをする場合は、色々なことを考えなくてはいけません。キスをされる彼女も、ロマンティックなキスであれば、心に残るでしょうし、あなたに対しての気持ちも高まる事でしょう。できるのであれば、素敵なキスを彼女に届けたいものです。

デートの帰り際は絶好の場面!

夜景の見える場所、二人きりの部屋などなどロマンティックなキスをできそうな場面は、想像すればするほど出てきますが、どれもこれもと迷っていては、なかなか行動に移せなくなってくることでしょう。そんな中でも、最も身近で、現実的な方法として、デート帰りの場面が挙げられます。1日デートで思い切り楽しんで、その帰り際にさりげなくキスをするというシチュエーションになります。彼女からしても、かなりロマンティックなキスでしょうし、する方もされる方も、かなり満足できるのではないでしょうか?本当の帰り際というのがポイントで、彼女の心に残るようなキスになるでしょう。

あせらずに一呼吸おこう

キスをする際は、問題となってくるのは、やはり気持ち的な部分でしょう。なかでも「焦ってしまう」というのは、キスをしていく上で、かなり邪魔になってくる感情になります。「この焦る気持ちさえなければ、うまくいくのに」何度そう思ってきた事でしょう。なので、どうしても焦ってしまう人に「焦るな!」といっても無理でしょうが、とにかく焦らずに一呼吸おくのが彼女とのキスには大切です。別にその時のタイミングでうまくできなくてもいい、今が駄目ならまた次にチャンスがあるというように、心を広くしてキスをしていきましょう。そのように気を楽にすることで、自分の中の焦りが少しづつ消えていくことでしょう。

彼女へのキスの誘い方にはどのタイミング?!

キスのタイミングや、彼女に対してどんなタイミングでキスを誘えば良いのかって難しいところですね。しかし、そのような場面やタイミング、誘いかってたくさんあるんですよ。一番はお互い好き同士ですし、お互い少なくともキスをしたいと考えているので、あまりにも強引な誘い方やタイミングじゃなければ、大抵OKとなります。これが、自分のことを好きかもわからない人とキスをするタイミングや誘い方というのであれば、非常にハードルが高く難しくなってきますが、相手もあなたの事が好きなので。最低限の礼儀をわきまえれば、ほぼキスはできることでしょう。

手のつなぎ方を変えてみる

手のつなぎ方をいきなり変えて、「今からキスをしますよ!」というのを伝えてみてはいかがでしょうか?部屋に二人きりでいる時などが良いタイミングですね。普通に手を繋いでいたのを、いきなり恋人つなぎにしてみたり、片手でつないでたのを両手でつないでいたりと、様々なパターンで誘う事ができるでしょう。しかしこの時に「キスしよう!」なんて言葉でいうのはやめましょうね。あくまで自然に手のつなぎ方を変え、キスをするんです。

肩をグッと引き寄せる

二人で横に並んでいる時など、肩をグッと引き寄せるのは、キスを誘う誘い方として、非常に有効になるでしょう。女性からしても、このくらいわかりやすい誘い肩であれば「お?くるの?」と思う事ができるので、良い誘い方でしょう。しかし、周囲に人がいすぎる場合などは避けるようにしましょう。二人きりなどの、キスがしやすい雰囲気のタイミングでやるとなおさら良いです。誘い方だけではなく、その時の周りの雰囲気や、空気なども読んで行動できると良いですね。

じっと目を見つめる

彼女の目をじっと見つめ、「これからキスをしますよ」と心で叫び近づいていきましょう。ふとした瞬間などにしたり、自分の中で気持ちが高まった時などにしてみると良いでしょう。いきなり目を見つめられ、彼女からしたら、なになに?みたいになるかもしれませんが、顔が近づくにつれて彼女も察することでしょう。なかなか恥ずかしい誘いかたではありますが、おもいきってチャレンジして見て下さい。

一言だけ気持ちをそっとつぶやこう

「好きだよ」「ずっと大切にするね」なんて、自分の気持ちを一言だけつぶやいてキスをするのは、彼女からしてみれば嬉しいのではないでしょうか?一言そって、というのがポイントで長々何かを伝えることもありません。さっと気持ちを伝え、さっとキスをする、この一連の流れを自然にできるようになれば、今後彼女とのキスで悩む事はなくなることでしょう。

キスが終わってからも気分に浸りたい

今までしたくてしたくて、たまらなかった彼女とのキス。それが成功したのであれば、しばらくは、その満足感などの気分に浸っていたいと考えるものです。しかし、それを1人で感動していても、彼女からしても、何も感じない事でしょう。なので感動に浸るのは、ひとりにで家に帰ってからでも良いのではないでしょうか?初キスをできたといって、気持ちの部分で彼女を置いて言ってはいけません。

彼女との初キスの後にNGな行為・言動

初キス後に彼女を恥ずかしくさせるような言動や行為は避けるようにしなくてはいけません。あなたはもしかして、初キスができたけど恥ずかしくてしょうがなくなり、変な行動をとったりしていませんか?彼女だったあなた以上に恥ずかしいと感じているかもしれないので、いきなりその場からいなくなったり、突き放すようなことはしないで下さい。自己中心的な行動は、必ず控えるようにしましょう。

理想的な態度は

初キスのあとの理想的な態度は、彼女の顔を見て笑顔で、一度彼女を思い切り抱きしめるのが良い態度です。「本当に好きなんだよ」という気持ちを伝える事もできますし、なんといってもキスをした後に抱きしめられれば、彼女も気持ち的に嬉しくなることでしょう。

キスは恋愛の基本的マナー

男女が付き合う上で、キスをするという行為は避けては通れない道でしょう。キスなんてしなくても、男女の恋愛は発展するというほど、恋愛は甘いものではありません。キスは恋愛をしていく上で、基本的で最低限のマナーともいえます。なので、あまりにもキスをしないのは彼女に対しても失礼な場合もありますし、彼女から嫌がられる場合もありますね。なので、彼女に対してのキスの誘い方、タイミング、どのようなシチュエーションですればよいのか?はある程度把握しておかなくてはいけません。最初がうまくいけば、次はもっとうまくいきますし、2回、3回とできるようになれば、自然とその後もできるようになっていくことでしょう。