あなたは、異性にもてたいと思ったことがあるでしょうか?

あなたが、男性ならば1度は「もてたい」と思ったことがあるかもしれませんし、あなたが女性ならば、「好きな人にもてたい」と思ったことがあるかもしれません。

このように、どんな形であっても「モテたい」と思うことは、人間ならば1度は感じたことがある感情でしょう。

ですが、「どうすれば、異性にモテることができるのか?」分からない人も多いのではないでしょうか?

今回は、この「異性にもてたい」という願望を現実に変えることができる今すぐできる方法をご紹介していきます。

すぐにできる方法ばかりですので、ぜひ実践してみてください!

できることなら今すぐもてたい!

このページを読んでいるあなたは、「できることなら今すぐにでもモテたい!」と感じているかもしれません。

この感情は、決して珍しいものではありません。
「モテたい」という感情は、人間ならば自然に出てくる願望です。

では、なぜ人は「もてたい」と思うのでしょうか?

その理由を男女別にお話していきます。

なぜモテたいと思うのか

人は、なぜ「モテたい」と感じるのでしょうか?
実は、モテたい理由は、男性と女性では異なるのです。

女性は”プリンセス願望”を持っているから

まず、女性から話していきましょう。

女性の場合、モテたいと感じる根本的な理由は「プリンセス願望」を持っているからです。
女性は、誰しも「お姫様」に憧れています。

それは、童話のシンデレラを読んで生まれた感情かもしれませんし、テレビドラマや映画を見て生まれた感情かもしれません。

このプリンセス願望とは、言葉を変えるなら「白馬に乗った王子様と出会いたい」と願う感情です。

自分の理想に適った男性が現れ、自分だけを愛し大切にしてくれる。
こんな未来を夢見るのです。

男性にとってモテることは”ステータス”だから

次に、男性です。

男性の場合、モテたいと感じる根本的な理由は「モテること=ステータス」と感じているからです。
男性は、「好かれている女性の人数=自分の価値」と考える傾向があります。

好かれている女性の人数が多ければ多いほど、まわりの男性に羨ましいと思われ、まわりの男性から羨望のまなざしで見られれば見らえるほど、自分の価値が上がると感じてしまうのです。

モテるためにすること:女性編

ここからは、モテるために具体的に何を行えばいいのかについてお話していきます。まずは、女性からです。

女性のモテる方法についてはこちらの記事も参考になります!

相手の話をしっかり聞く

男性にモテるためには、相手の話をしっかり聞くようにしましょう。

相手の話をしっかり聞くとは、相槌をしっかり打つことです。

「そうだね」や「なるほど」など、相手の目を見てしっかり相槌を打ちながら話を聞くことで、男性は話していて安心するようになります。

よく「聞き上手はモテる」と言いますが、この聞き上手になるコツの1つは相槌をしっかり打つことなのです。

ここでは、男性に好感を持たれる相槌の打ち方についてご紹介しておきましょう。
まずは、NG例からです。

【NG例】

男性「最近、仕事が忙しくてさ…」
女性「そうなんだ…」
男性「もう、毎日くたくただよ…」
女性「大変だね…」

気づきましたか?
残念ながら、これでは会話は弾みません。
では、男性に好感を持たれる相槌とはどんなものなのでしょうか?

【OK例】

男性「最近、仕事が忙しくてさ…」
女性「そうなんだ…仕事忙しいの?」
男性「もう、毎日くたくただよ…」
女性「大変だね…私もそういう経験あるよ。そういうときって本当に辛いよね。」

このように、相手が言ったことを繰り返したのち、共感するような言葉を入れるのです。

相手が言ったことを繰り返し言葉にすることで、男性は「ちゃんと伝わってるんだ」と安心します。
そのあとに、共感するような言葉を入れることで「真剣に自分の話、聞いてくれてるんだ。」と感じるようになるのです。

「ありがとう」の気持ちを常にもって、口癖にする

男性にモテるためには、「ありがとう」を口癖にしましょう。もちろん心から言って笑顔も忘れないように。

食事をご馳走になったあとやプレゼントを貰ったあとなどは、お礼の言葉を口に出してしっかり伝えましょう。

当たり前のことに思うかもしれませんが、「ありがとう」よりも「すみません」が口癖になっている女性がたくさんいます。

これでは、感謝の気持ちが相手に100%伝わることはありません。

特に、食事をご馳走されたあとは、「すみません、ありがとうございます。」と伝えるのではなく、「ありがとうございます。今日はすごく楽しかったです!」とありがとうの気持ちを全面に出して伝えるようにしましょう。

その方が、男性側は「ご馳走して良かったな!」と思うようになり、またあなたにご馳走したいと感じるようになるのですから。

自虐的な話はしない

男性にモテるためには、自虐的な話を避けるようにしましょう。

自虐的な話とは、「私、すごく料理下手糞なんです。味音痴みたいで…」や「私、片付けが苦手なんです。部屋すごく汚いんですよ。」など、自分で自分を必要以上に蔑むことです。

もちろん、人間です。
苦手なことはあるでしょう。

ただ、それを必要以上に蔑み、男性に話す必要はありません。
あなたの評価が下がってしまうだけだからです。

料理が苦手なのに「料理が得意なんです。」と嘘をつく必要はありませんが、必要以上に自分の評価を下げるような自虐話をする必要はありません。

もし、あなたが料理上手でないのなら、「料理は、得意ではないけれど勉強中です!」と前向きな発言をするようにしましょう。

女性ばかりで行動しない

男性にモテるために、女性ばかりで行動しないようにしましょう。

男性にモテない女性の特徴の1つ。
それは、女友達とばかり会っていることです。

女性同士で友情を深めることは決して悪いことではありません。
ただ、新しい男性と出会いたいのなら、同性でなく異性との時間を大切にしなければなりません。

女性ばかりで行動してしまうと、異性との出会いがないばかりか男性の目を気にしなくなり、男性から見て魅力のない女性に成り下がってしまいます。

女友達も大事です。
ですが、男性との時間も大事にするようにしてください。

心に余裕を持つ

男性にモテるためには、心に余裕を持つ必要があります。
心に余裕を持つとは、好きな男性が現れてもガツガツしないことです。

たとえば、好きな男性からLINEの返信が返ってこない。
そんなときでも、まずは2~3日待ってみる。
そんな余裕を持つことです。

心に余裕がない女性は、相手からLINEの返信が2~3日返ってこないだけで「嫌われたのかな?」と不安になり、返事を催促するようなメッセージを送ってしまいます。

その結果、まだ相手との関係が深くない場合、返事を催促してしまうと「彼女でもないのに、なんでこんなこと言われなきゃいけないの?」と相手が不快に思われてしまうのです。

不安になる気持ちも分かります。
それが恋愛ですから。

ですが、あなたの心に余裕がなくなると男性は離れていきますので注意しましょう。

スマホに夢中にならない

男性にモテるためには、スマホに夢中にならないようにしましょう。
スマホに夢中になると、恋愛では悪いことしか起きません。

たとえば、男性からの返信が気になって仕方なくなり心に余裕がなくなる。
たとえば、デート中いつもの癖でスマホばかりを見てしまう。
たとえば、SNSなどで男性の情報に触れすぎて無駄な焼きもちを焼いてしまう。

このような行動は、当然恋愛には悪影響です。

体型をキープする

男性にモテるためには、体型をキープするようにしましょう。
男性は、「今」のあなたを好きになります。

それなのに、もし3カ月後あなたが「今」よりも10キロ太っていたらどうでしょう?
ほとんどの男性は、がっかりしてしまいます。

もちろん、外見だけでなく内面に惚れてもらうことも重要ですが、外見も重要なのです。
それを忘れてはいけません。

外見の変化は、内面の変化です。
あなたが、自分を磨くことを忘れてしまっては、他の女性に目移りされても仕方がないのです。

このような話をすると、「私は、相手が太っても気持ちは変わらないわ!」と感じる女性もいるでしょう。確かに、この意見は正論かもしれません。

ですが、男性と女性は違います。
男性の中には、「どんなに恋人が太っていても好きな気持ちは変わらない!」こんな男性もいるかもしれませんが、ほとんどの男性は女性の体型が極端に崩れるとがっかりしてしまいます。

あなたと彼氏が、婚約をするくらい愛し合っているのなら良いですが、まだその段階でないのなら、あなたの体型が崩れることで男性の気持ちが離れてしまう可能性は十分にあり得ます。

せっかく出会うことのできた彼氏です。
あなたの自己管理次第で、破局にも結婚にもなり得るのです。
男性から長く愛されるためにも、体型はキープするようにしましょう。

目が合ったら逸らす

男性にモテるためには、目が合ったら逸らすようにしましょう。
気になる男性と目が合ったときは、恥ずかしそうに逸らすようにしましょう。

じっと見つめたままでは、あなたの好意が全面に出過ぎてしまい男性に引かれてしまう可能性があるからです。

また、この「目が合ったら逸らす」行動を何度か繰り返すこともおすすめです。
何度も繰り返すことで、「あれ?この女性、俺に気があるのかな?」と男性に感じさせることができるからです。

基本男性は、自分に興味や好意を持ってくれる女性を口説こうとしますから、男性が「この女性、俺に気があるのかな?」と思えば、男性の方からあなたにアプローチしてくれることだってあり得るのです。

また、この行動は、女性としての慎ましさをアピールすることにも繋がります。
ですので、積極的に「目が合ったら逸らす」このアクションを行ってみてくださいね。

美味しそうに食事をする

男性にモテるために、美味しそうに食事をするようにしましょう。
食事は、その人を表すと言われています。

たとえば、あなたが異性と食事に行ったとします。
相手が不味そうに食事をしていたら、どんな気分になるでしょうか?

自分まで同じような気分になってしまうでしょう。
これでは、せっかくのデートも台無しです。

では、逆に相手がとても美味しそうに食事をしていたら、どんな気分になるでしょう?
「ここのお店美味しいね。予約してくれてありがとう^^」なんて言われた日には、連れてきた側は、とても嬉しくなるでしょう。

食事を美味しそうに食べることは、デートを盛り上げる最高のスパイスとなるのです。

もし、あなたが話下手で男性との会話を盛り上げることが苦手だと感じているのなら、苦手なジャンルで勝負するのではなく、自分ができることでアピールしてみてください。

誰でもできる簡単な方法。
それが、美味しそうに食事をすることです。

細い部位をアピール

男性にモテるために、細い部位をアピールするようにしましょう。
細い部位をアピールすることで、女性らしさを強調することができます。

たとえば、「足首」と「手首」この部位を強調するために、パンツよりもスカートを履き、腕時計をするだけでもOKです。

些細なことですが、女性の細い足首や手首を見せるだけでも男性には効果があるのです。

また、あなたが「自分は太っていて体型に自信がない…」と感じているのなら、「足首」と「手首」以外に「首まわり」も強調してみると良いでしょう。

・足首
・手首
・首まわり

この3つは、体の中でも最も細い部位です。
あえてこの3つを強調することで、全体的にほっそりとした印象を与えることができるでしょう。

モテるためにすること:男性編

ここからは、モテるために行うことの男性編をお話していきます。

男性(特に社会人)はこちらの記事も参考になります!

身だしなみに気を使う

女性にモテるために、身だしなみを気をつけるようにしましょう。
身だしなみとは、下記のようなことです。

・歯に歯垢が溜まっていないか
・爪は伸びすぎていないか
・口臭は臭くないか
・鼻毛は出ていないか
・Yシャツが皺だらけではないか

どれも常識範囲内のことですが、これが出来ていない男性はたくさんいます。

特に、口臭や鼻毛などは自分で気づきにくい部分であり、他人は気を使って指摘してくれない部分です。

だからこそ、自己管理が重要になってくるのです。

女性は、身だしなみに少しでも汚いと感じる部分があると「こんな人とキスなんてできない…」などと感じてしまいます。

これでは、恋愛どころではありません。
もしあなたが、これまで身だしなみに気を使わない生活をしてきたのなら、これからは最低限の清潔感は保つようにしましょう。

清潔感のある見た目にイメチェンする

女性にモテるためには、清潔感のある見た目になる必要があります。
清潔感のある見た目とは、下記のようなものです。

・髪がボサボサでない(整髪料などで整えていたり、こまめに美容室に行っている)
・唇がガサガサでない
・財布がレシートでパンパンになっていない
・上着がシワシワになっていない

清潔感がある見た目とは、普段の生活からにじみ出てくるものです。

・普段、上着をハンガーにかけるかかけないか?
・普段、しっかり歯磨きを行っているか?

こういうことが、外に出たとき自然とにじみ出てくるのです。

女性は、清潔感のない男性とのスキンシップをとても嫌がります。
当然ですね。汚い男性に抱きしめられたいと思う女性はいませんから。

あなた自身「自分は清潔感がない方かもしれない…」と思うのであれば、その場しのぎではなく普段の生活から見直していきましょう。

聞き上手になる

女性にモテるためには、聞き上手になりましょう。
聞き上手とは、ただ「うん、うん」と女性の話を聞くだけでなく質問上手になることです。

女性が思わずどんどん話し出してしまうような質問をこちらから投げかけていくのです。
たとえば、女性の好きな話題が料理の場合は、「得意料理はなに?」などと質問を投げかけるのです。

人は、自分の好きな話題を質問されると、どんどん話し出す生き物です。
口数が多くなるにつれ自然とテンションも上がっていきます。
テンションが上がれば、その日のデートが楽しいと感じるようになります。

結果、あなたと一緒にいると楽しいと感じるようになるのです。

女性にがっつき過ぎない

女性にモテるためには、女性にがっつきすぎないようにしてください。
女性にがっつくとは、必要以上にLINEでコミュニケーションをとろうとしたり、何度も断られているのに連続でデートに誘うことなどです。

積極的にアプローチすることは大事ですが、まだあなたと女性の間に気持ちの温度差がある場合、あまりにもがっつき過ぎると、女性は「あなたの気持ちには答えられません」とNOの返事を出してしまいます。

1度NOと言われると、アプローチができなくなってしまいます。

相思相愛であれば、どれだけアプローチしても喜ばれますが、そうでない場合は相手の気持ちに合わせてアプローチをしていきましょう。

丁寧な言葉で話す

女性にモテるためには、丁寧な言葉で話すようにしましょう。
女性は、紳士的な男性に魅力を感じます。

紳士的な男性とは、大人の対応がとれる男性のことです。
そして、大人の対応の代表的なものが言葉使いです。

たとえば、初対面から、ため口だったり乱暴な言葉を使われると「常識がない人だな~」「子供っぽい人だな~」とマイナス面ばかりが目につきます。

そして、「常識がない男性=付き合ったら浮気するかも?」「常識がない男性=友達や両親に合わせられないかも?」と考えるようになり、あなたを恋愛対象から外してしまうのです。

たかが言葉遣い、されど言葉遣いです。
たとえあなたが年上であったとしても、初対面は丁寧な言葉で話すようにしましょう。

マナーに気を付けて行動する

女性にモテるためには、マナーに気を付けて行動しましょう。
女性にモテる恋愛でのマナーとは、下記のようなものです。

・飲食店では、女性に上座を譲る
・女性と歩調を合わせる(先を歩かない)
・エスカレーターでは下に乗る
・女性に車道側を歩かせない

どれも少し気を付ければ出来ることばかりですね。

ポジティブでいる

女性にモテるためには、ポジティブでいるようにしましょう。
あなたも気づいているかもしれませんが、ネガティブな男性はモテません。

四六時中ポジティブでいる必要はありませんが、何かトラブルが起きたときは、前向きな気持ちを持てる男性でいましょう。

たとえば、予約していたレストランがあったとします。
いざお店に到着したら、お店の手違いで予約が取れていなかったとしましょう。

このようなときに、「なんだよ!最悪だよ。このお店の教育どうなってるんだよ!」など、ネガティブ発言ばかりしていてもデートが楽しくなることはありません。

それよりも、「仕方ないね。人だもんね。たまにはミスもあるよね。おかげで、新しいお店開拓できるね!」このように、ポジティブに切り替えた方がデート自体が楽しくなるのです。

些細なことでも褒めてあげる

女性にモテるためには、些細なことでも褒めてあげましょう。
女性は、褒められることがとても好きな生き物です。

男性に褒められて女性は綺麗になると言っても過言ではありません。
ですので、些細なことでもたくさん女性を褒めてあげましょう。

たとえば、「今日の洋服とても似合うね」や「〇〇ちゃんと話してるとなんだか落ち着くよ。」など、外見はもちろん内面も褒めてあげましょう。

女性を褒めるポイントは、外見ばかりでなく内面も褒めてあげることです。
外見ばかり褒めていると、「この人は外見でしか私を見ていないのかも…」と女性が不安になってしまいます。

どんなに綺麗な女性でも、外見よりも内面を見てほしいものです。

ほとんどの男性は、女性を褒めるとき外見から入りますが、あえて内面をしっかり褒めてあげることで「この人は、ちゃんと私の内面を見てくれている。」と思わせることができ、他の男性よりも1歩リードすることも出来ます。

どんなに些細なことでも構いません。
女性の内面を重視しながら褒めてあげるようにしましょう。

モテるために絶対してはいけない行動

異性にモテるために絶対にしてはいけない行動があります。
この行動をしてしまうと、どんなに相思相愛でもその恋愛は駄目になりがちです。

このモテるために絶対してはいけない行動は、気づかずにやってしまうことが多々ありますので、あらかじめチェックしておき最悪の事態にならないように備えておいてくださいね。

悪い出来事の話をする

モテるために絶対してはいけない行動の1つ目は、悪い出来事を話すことです。
たとえば、あなたが過去精神的に病んでしまい鬱になった経験があるとしましょう。

この経験自体は、仕方のないことですし悪いことではありません。
ただ、この出来事を信頼関係が出来ていないうちに話すことはNGです。

なぜなら、相手に先入観を与えてしまうからです。
「この人は、精神的に弱い人なんだ。」と思われてしまうと、男性なら「頼りづらい…」と思われるでしょうし、女性なら「すぐに感情的になる人かもしれない…」と思われてしまうかもしれません。

1度強烈なネガティブイメージを持たれると、なかなか覆すことができないため恋愛に発展しづらいのです。

過去の悪い出来事を打ち明けることは、恋人になっていく上でとても重要な過程です。
ですが、それを早い段階でやってしまうことは避けておくべきでしょう。

自分の意見を言わない

モテるために絶対してはいけない行動の2つ目は、自分の意見を言わないことです。
相手に嫌われたくないからと、自分の意見を言わない人が大勢います。

この行動は、逆効果です。
女性も男性も、恋愛は基本2人で楽しみたいと感じています。

それなのに、「行きたい場所」「食べたいもの」など自分の意見を全く言わないことを続けてしまうと、相手の負担が大きくなり、楽しめるデートも楽しめなくなってしまうのです。

自分の意見を伝え相手に嫌われることは、ほとんどありません。
重要なポイントは、「伝え方」です。

たとえば、相手は和食を食べたいと言っているが、あなたは中華を食べたいと思った場合。

「和食もいいね~。でも中華も食べたいな~。じゃんけんしない?」
このように、相手の意見も尊重しながら自分の意見を伝えるのです。

ポイントは、最初にしっかり相手の意見を尊重すること。
このポイントを忘れなければ、嫌われることはほとんどありません。

相手の目を見ないで話す

モテるために絶対してはいけない行動の3つ目は、相手の目を見ずに話すことです。
これは、当たり前のことにように思われていますが、意外と出来ていない方がたくさんいます。

スマホに夢中になっていたり、他の事に気を取られ、相手の目を見ることを忘れてしまうのです。
(特に、何度もデートを繰り返し慣れてきたころにやってしまいがちな失敗です。)

人は、目を見て話さない人に対して不信感を抱きます。
たまになら問題ありませんが、その行動が何度も続くと相手を信頼できないと感じるようになるのです。
信頼できない相手を好きになることは、ありません。
好きな人と会話をするときは、しっかりと相手の目を見て話すようにしましょう。

連絡を自分からしない

モテるために絶対してはいけない行動の4つ目は、連絡を自分からしないことです。

・デートに誘いたいけど、断られることが怖くて連絡をしない
・LINEでコニュニケーションをとりたいけど、話題が見つからなくて連絡をしない

こういう方がたくさんいます。

ですが、よく考えてください。
恋愛は、連絡を取り合わないと何もはじまりません。

特に、相手が奥手な性格の場合、相手から頻繁に連絡が来ることは期待できません。
そうなれば、あなたから連絡をするしかありません。

連絡を自分からしないことは、「もうこの恋愛は発展しなくていいですよ。」と言っているようなものなのです。

自分から連絡することは、頻度をわきまえていれば、嫌われたり相手の気分を損ねる行動ではありません。

ですので、特に好きな相手が奥手な人だと分かっている場合は、あなたから連絡を取るようにしましょう。

自分の話ばかりする

モテるために絶対してはいけない行動の5つ目は、自分の話ばかりすることです。
「そんなの分かってるよ!」と思う方も多いですが、これをやっている方は自分では気づいていないケースがほとんどです。

たとえば、相手がとても聞き上手の場合。
相手は、あなたがついつい話してしまうような質問をどんどん投げかけてきます。

そうすると、あなたは気づかないうちにどんどん口数が増えていきます。
結果、気づくとあなたばかりが喋っている状態が出来上がってしまうのです。

いくら相手が聞き上手だと言っても、相手も人間です。
ずっと聞き役のままは、面白みがありません。

聞き上手の方は、口を揃えてこう言います。
「聞いているだけで楽しいですよ。」
確かに、これは本音かもしれません。

ですが、やはり人は聞きっぱなしよりも自分の話をする方が気分が高上するのです。

カラオケに行き、聞きっぱなしの人と歌いっぱなしの人。
どちらが、テンションが高くなるか?
この答えと同じです。

恋愛は、相手を楽しませる人がモテるのです。

ですので、あなたも「自分ばかりが話してるかも?」や「自分ばかりが楽しんでいるかも?」と気づくときがあるのなら、相手に質問をふってみてください。

返事がないのに何度も連絡をする

モテるために絶対してはいけない行動の6つ目は、返事がないのに何度も連絡をすることです。
モテるためにこちらから連絡することは、大事です。
この行動がないと恋愛はスタートしませんから。

ですが、相手から返事がない状態で何度もこちらから連絡をすることはNGです。
返事がない状態には、必ず理由が存在します。

・相手が、忙しいのか
・相手が、連絡無精なのか
・相手が、そこまであなたに興味がないのか

その理由は、さまざまですが必ず「返事をしないわけ」が存在します。

そんな相手の事情もおかまいなしに、こちらから何度も連絡をすることは相手にプレッシャーを与えてしまいます。

その結果、音信不通になってしまいがちなのです。

よく「こちらから連絡をしないと、忘れられるんじゃないか心配です。」こんな声がありますが、よほどのことがない限り、連絡先交換をし、やり取りを交わした相手を忘れることはありません。
連絡が再開されれば、あなたのことは思い出すのです。

もし、あなたが相手から返事がなく不安にかられているのなら、1度落ち着き最低でも2~3日は連絡を待ってみましょう。

不安にかられ、一方的に何度も連絡をしてしまうと「重い…」と思われ逆効果になってしまいますよ。

相手を試すような行動を何度もする

モテるために絶対してはいけない行動の7つ目は、相手を試すような行動を何度もしてしまうことです。

恋愛には、駆け引きが存在します。
恋愛の駆け引きとは、わざと焼きもちを焼かせるような行動をとったり、わざと返信を遅らせ相手を待たせてみたり。その種類は、さまざまです。

ただ、この駆け引き。
たまに行うことは問題ありませんが、頻繁にやってしまうことはNGです。

なぜなら、駆け引きは相手に気付かれやすいものだからです。
「今、試されてるかも?」と感じ、良い気分になる人などほとんどいません。

相手の気を惹きたくて、駆け引きを仕掛けることは悪いことではありませんが、やり過ぎてしまうと逆効果になってしまいますので、注意するようにしてくださいね。

モテない自分から脱却しよう!

いかがでしたか?

今すぐ異性にモテることができる方法やモテるために絶対してはいけない行動について、詳しくお話してきました。

今回話した方法は、どれも手軽に行える方法ばかりです。
ぜひ、あなたの恋愛に取り入れ、モテない今の自分から脱却してください!