今までは自然と友達というものがいたのに、急に「友達がいない」と気づき、友達を”作る”必要ができたとき、「あれ?友達ってどうやってつくるんだっけ??」と悩んでしまうかもしれません。

一人で新しい土地に引っ越してきたばかりであったり、最近遊べる友達が少なくなってしまった人もいることでしょう。

小さい頃は、近所の子や親せきの子など、近くにいる子供たちと自然と仲良くなって、いちいち友達になろうと努力しなくても一緒に遊ぶことができたかもしれません。

でも、大人になってくるとそれができない・・・。

だから、ここで”友達の作り方”や友達を作るうえでのポイントをおさらいして、これから長く付き合っていける友達を見つけましょう♪

友達が欲しいなと思う方に、作り方をご紹介

”友達”って、毎日を楽しく過ごしたり、何か悩みがあった時にも聞いてくれたり一緒にいてくれて心強かったり、多くの人にとって楽しい人生には欠かせないものかもしれません。

でも、その友達を見つけるのって簡単そうで、じつはそうでもなかったりしますよね。

せっかく友達ができたと思ったのに、その人が引っ越してしまったりあるいは喧嘩をして、また一人ぼっちになってしまったりすることもあります。

そんな友達がいない時には、もしかしたら落ち込んでしまうこともあるかもしれませんが、大丈夫です。

また自分から友達を作る努力をすれば、きっと必ず大好きな友達を作ることができます!
では、友達をつくるにはどうしたらいいのでしょうか?

友達がほしいと思うときってどんなとき?

友達作りの際に、気をつけるポイントとは?

友達作りにオススメのアプリも同時にご紹介していきますよ♪

友達作りの前に「相手を思いやる」という気持ちを持つようにしましょう

友達ができるということは、その人と一緒にご飯を食べにいったり、旅行に行ったり遊びに行ったり、など一緒に時間を過ごすことが増えます。

これまで自分ひとりの生活で、なんでも自分がやりたいようにやってきた場合は、「友達相手の意見も尊重しなければいけない」ということに、面倒くささを感じてしまうことでしょう。

ただ、最初は面倒と思うことでも、それ以上に友達がいることにより、孤独感がなくなったり、一緒に趣味を楽しめる人が周りに出来ることはメリットがあることです。

なので、友達が出来てからは面倒くさがらず頑張ってみましょう。

【再確認】なぜ友達が欲しいの?

「友達がほしい・・・」そんな風に思っていますか?

周りのみんなには友達がいるのに、自分にはいない・・・と思うと落ち込んでしまうことってありますよね。

もしかしたら、人見知りの性格だったり、周りに気の合う人がいなかったり、仲の良かった友達が引っ越してしまって一人ぼっちになってしまったり・・・。

今、友達がいない人にもいろいろな理由があると思います。

でも、「友達がほしい!」と悩んでいる人はあなただけではなく、周りにもたくさんいるんです。

では、みんなどんな時に友達がほしいって思うのでしょうか?

一人だと寂しいから

何をしているのにも、いつも一人・・・。

それってやっぱり寂しいですよね。

ご飯を食べるのも一人でもいいけど、いつも一人ごはんだと寂しくなります。

学校に行っても、誰とも一緒に入れなくていつも一人でスマホを触っていたり、登下校も一人。

社会人になったとしても、会社を出ればいつも誰とも接することなく一人ぼっちで過ごすことが多いとしたら、人恋しくなったりします。

周りの人には、一緒に笑っていられる友人がいるのを見るとなおさら寂しさを痛感するかも。

なんだか、一人の自分が悲しくなったり、急に不安な気持ちに襲われることもあるかも。

日常の普通のことでも一緒に時間を過ごしたり、気を許せる相手がいると、何気ない日も楽しくなったりします。

そして、暇な日に声をかけたり、かけられたりする相手がいるだけで、毎日が明るくなりますよね。

趣味を共有したい。趣味で一緒に盛り上がれる仲間が欲しい。

自分の大好きで大切にしている趣味を共有できる仲間がほしい、という人もいます。

ちょっとマニアックな趣味を持つと、それを理解してくれる人が周りになかなかいないっていうこと、結構ありますよね。

自分の趣味の話をしても、まったく興味を示してくれなくて、むしろうざがられたりヘンな目で見られたりすると悲しくなってきます。

だから、自分と同じ趣味を持つ人を探したい、って思うんです。

そうすれば、思う存分自分の大好きな趣味のことを話せるし、いろいろ情報交換なんかもできて充実した時間を過ごせるかも。

同じことに興味を持っている人や、自分の世界を理解してくれたり、もっと深いことまで教えてくれる人ってなんか特別なつながりを感じたりしますよね。

趣味活をもっと充実させたり、同じことでワクワクしたり楽しめる相手がいれば、もっと毎日が充実するはずです。

悩みを話せる人が欲しい

悲しいこと、辛いこと、悩んでいることなどを一人でずっと抱えていると、どんどん落ち込んでしまうかもしれません。

この気持ちを誰かに聞いてほしい、誰かが味方になってくれたらいいのに・・・。

そんな風に感じることがあるかも。

人はみな誰でも悩みを抱えることがありますが、それを聞いてくれたり、一緒に悩んでくれたり、そばにいてくれたり、味方になってくれたりする人がいると、心が救われます。

ほかの誰にも言えないことが、信頼できる友達だったり、その問題に関しては第三者で他人だからこそ言えることってありますよね。

そして、話せることで気持ちがすっきりして、乗り越えることもあります。

辛いとき、悩んでいたり、問題にぶつかっている時こそ、友達が必要です。

一緒に遊べる人が欲しくなった

”暇”な時、だれにも声をかけることができないと、つまらないって思うかもしれません。

だから一緒に遊んだり、食事に行ったり、出かけたりできる友達がいるといいなぁって思う人は少なくありません。

もしかしたら、今までは一緒に気軽に遊べる友達がいたのに、その人が結婚してしまったり、引っ越してしまったりして、状況が変わってあまり遊べなくなることもあります。

そうすると、なんか物足りなくなって一緒に遊べる友達を作ろう、って思うかもしれません。

休みの日や仕事終わりなどに、声を掛け合う相手がいると、仕事なども頑張れますよね。

友達が欲しい中学生には

中学生になると、今まで小学校で一緒だった友達と別々の学校になって、新たに友達を作らなくてはいけなくなることがあります。

周りには知らないメンバーだらけで、その中で自分は溶け込めるのかな、友達ができるかなって不安に思う人はたくさんいます。

さらに、中学生になるとみんないろいろな体や心の変化も経験してきているので、周りの目がとても気になったり、自分がどう見られているのかに敏感になったりします。

では中学校に入って友人を作るにはどうしたらいいのでしょうか?

まずはクラスでの友達作りを心がける

中学生活で基本的な人間関係を作る場はやはり、クラス内です。

授業も一緒に受けるし、行事だってクラスで行います。

そして、学生生活を一番過ごすのはクラスの中。

だから、その中でまずは友達を作って自分の居場所を作ってみましょう。

まずできることとしては、”笑顔で挨拶”です。

最初、あまり知らないメンバーだらけの教室に入っていくのってドキドキしますよね。

でも、それはあなただけではなく周りのみんなも同じです。

その中で、自分が声をかけられそうな人をみんなが探しています。

だから、自分から目があった人などに挨拶をしてみましょう。

もし、知っている子が一人でもいるならその子に元気よく気さくに挨拶してみるといいです。

そうすると、その子の友達とも仲良くなるチャンスが出てきます。

その子の友達にもついでもニコっとあいさつをして、次に会った時にはもう知り合いだというような雰囲気で挨拶したり話しかけたりすると良いでしょう。

まったく知らない相手に挨拶をするのが難しいという人もいるでしょう。

そうゆうときは、近くに座っている人に「次の授業ってどこだっけ?

」と質問してみるのも一つの方法です。

その流れで一緒に教室を移動したりして、自然と一緒にいることもできます。

だから、教室以外での授業の時は友達を作るチャンスだと思いましょう。

さらに、クラスでは何かの係を決めたりもしますよね。

その時にも、積極的に何かの係になることで、つながりを作ることもできます。

一緒の係の人とは何かと接することも多いですし、一緒に活動できるので、仲良くなるチャンスです。

クラスの中で自分の殻に閉じこもってしまうと、いつまでたっても友達ができないこともあります。

最初が肝心だし、自分から周りをよく見て一言でも声をかけていくことが大事です。

一言声をかけるチャンスを逃さずに、自分から気軽に話しかけていきましょう♪

部活に参加で他クラスの友達も

友達を作るのにうってつけなのは、部活です。

部活はクラスの枠を超えて、いろいろなクラスの子と一緒に活動することができます。

だから、自分のクラスではなかなか友達ができなかった、という人も部活をしていれば知り合いや友達ができる可能性が高いです。

部活仲間って、クラスが一緒という以上に仲良くなったり絆が生まれたりします。

何かを一緒になって頑張っていたり、同じ目標をもって取り組んでいると自然と仲良くなれるものです。

だから、最初はだれも知り合いのいない部活かもしれませんが、一生懸命に取り組んでいれば自然と友達ができている、ということは多いです。

ほかのクラスの友達ができると、一気に交友の輪が広がります。

一人友達ができるだけで、その友達とのつながりも生まれて、友達はどんどん増えていくこともあります。

だから、できるなら自分が一生懸命になれる部活を選んで活動してみましょう。

遊び感覚でできる習い事をはじめてみよう

習い事をしている人って、学校以外に友達がいたりしませんか?

別の学校に友達がいたりして、なんかうらやましかったりしますよね。

学業や部活で忙しい、という人は多いですが友達を作るのに学校以外の交流の場に足を踏み入れてみるのもオススメですよ。

塾なんかは、他校の生徒などど知り合うきっかけになったりますが、それ以外にも自分の息抜きのための遊び感覚でできる習い事をしてみるのもアリかも。

音楽が好きなら何か楽器を習いに行くことができるし、ダンススタジオに行ってみたり、水泳をしてみたりして体を動かすこともいいでしょう。

精神を鍛えるための合気道や、書道・華道・絵画などの芸術面で自分のセンスを磨くのも楽しいでしょう。

学校内とはまた違った雰囲気、空気の中に自分を置くことで、新しい世界が広がったりします。

そして、そこで会う人は学校とは関係なくつながることができるし、同じことを楽しんでいる仲間として友達になりやすかったりしますよ。

友達が欲しい20代の社会人には

社会人になると、学生時代とはまた違った人付き合いが出てきますよね。

会社の同僚や仕事上の付き合いは多くなるけど、友達と呼べる人がいなくなった、なんていう人もいます。

では、社会人になってからどこでどうやって友達を見つけることができるのでしょうか?

社会人サークルに参加してみよう

社会人の出会いの場として人気なのがサークルです。

学生の頃のサークルとは違って、社会人サークルはいろいろな職業、年齢の人達が集まって一緒に活動することができます。

サークルにはたくさんの種類があって、飲み会サークルやゴルフやテニスなどのスポーツ系のもの、さらに料理などの趣味、旅行やBBQなどのアウトドアなサークルがあります。

職場の人以外で気を使わない友達を作りたい、とか、最近一緒に遊べる友達が減ってきて新しい友達を作りたい、という人がたくさん参加しているんです。

社会人になって新しい世界・視野を広げたい、という人にもおすすめ。

サークルに入ると、いろいろなイベントに参加できたりするので、そこから人間関係のつながりを広げることができます。

サークルでは、既婚者、独身者、男女それぞれ年齢なども違ういろいろな人が参加しています。

そのサークルのルールというものもそれぞれ違いますが、恋愛禁止でなければ、サークル内で異性との素敵な出会いも見つかるかも。

サークル仲間との飲み会やオフ会などもあるので、そこから一気に仲良くなれたりもしますよ。

サークルって友達と入るのが普通だったらイヤだな…と思う人もいるかもしれませんが、大丈夫です。

一人参加の人って意外と多いんですよ。

ある、サイトのサークルでは一人参加の人は全体のなんと7割から8割です。

女性だって一人参加は7割に上ります。

だから、自分ひとりでサークルに入ることに抵抗を感じなくもいいのです。

逆に、一人で参加するとほかの人と接する機会が増えます。

友達と一緒に行くと、そこでもうすでに話相手がいるので、ほかの人たちとあまり話さずに終わったなんてこともありますよね。

一人で行けば、その分周りの人に目が向くし、いろいろな人と話したり、仲良くなれる可能性が広がるのでオススメですよ♪

仕事が忙しければ、ネットを利用して友達を募集したり探す方法も

仕事が忙しくてイベントに参加したりするのは難しい、という人もいることでしょう。

そうゆう人はネットで友達を見つける方法もあります。

ネットのサイトやアプリを活用するという方法は、時間や場所などの制限がないので忙しい人にはうってつけでしょう。

自分の暇ができたとき、好きな場所で、いつでもどこでも活動できます。

友達を見つけるためのサイトやアプリはかなり手軽に始められるのですが、相手が見えない分、その人の本当の人柄を知るのは結構難しいです。

だから、知らない人をすぐに信用するのは危険ですが、ネット友達なら会社のこと、家族のこと、自分のことなんでも気を遣わずに話せる、という利点もありますね。

例えば友達募集掲示板や、友達募集サイトなどがありそれらはかなり使えます。

友達が欲しいアラサーの社会人へ

社会人になってから、毎日に追われる日々を過ごし、あっという間にアラサーになっていた、という人は多いですよね
そして気づくと周りの友達は、結婚して家庭を持ち始め、気軽に遊べる相手がいなくなったということもあります。

さらに、仕事の関係で転勤などが多い人は転勤のたびに新しい人間関係を作る必要があり、その土地に友達がまだ一人もいない、ということもあるでしょう。

ではアラサーになったら、どこで友達を見つけたらいいのでしょうか?

大人になってからの友達作りに適した場所とは?

バーなどに通ってみよう

社会人としてもう結構な実績を積んできたアラサー世代には、バーでの出会いもオススメです。

ちょっと落ち着いたバーなら、大人な会話ができたり、会社のこと将来のことなどを話せる相手が見つかるかもしれません。

いつも同じバーに、同じ曜日、時間帯に行くと、いつもそこにいる人がいますよね?

その人と顔みしりになり、そのうち一緒に飲むようになって、ほかの場所にも一緒に飲みに行く中になった、なんてこともあります。

その人のことを、何もかもよく知っているわけでなくても、なんでも話せる仲になったりして、いつの間にか毎週会っている、ってこともあるかもしれませんよ♪
もし、近所にバーや小料理屋があるならそこの行きつけになるのがおすすめです。

近所なら会社の帰りにぶらっと立ち寄って、ちょっと話て帰ることができます。

ちょっと小さめのバーなら、アットホームな雰囲気で常連さん同士を紹介してくれたりもするので、知らず知らずに友達が増えたりします。

さらに、地域密着型のお店だとその地域の催しもの・イベントなどの情報も入ってくるので、そこに誘われたりしてさらに交友の輪が広がりますよ!

社会人サークルはちょっと大人向けのものを

30代の人も多く参加している社会人サークルに入ってみるのもいいでしょう。

アラサーになると、20代前半のノリとかはしんどくなってきますので、同じ世代の人が集まるサークルを探してみるのもいいかも。

年齢制限があるサークルもありますので、自分世代の人達のサークルに入るなら、同じような感覚、価値観、さらには趣味を共有できる友人ができるかもしれませんよ。

毎日職場と家との往復だけで終わる、休日にはやることがない、同性異性ともに新しい出会いなんてないという人は、サークルに入って活動的な日々を過ごすことで、より積極的に新しい友達を作ることができるでしょう。

ボランティアなどの参加もあり

ボランティアに参加する、という方法もあります。

毎年、どこかでボランティアが募集されていて、地域の活性化や美化、そして困っている人たちを助けるために働くことができます。

ボランティアに参加すると、自分を役立たせられているという満足感などを経験することができたり、普段は体験できないようなことも体験できたりします。

そこで、一緒に働く人とは仲間意識が芽生えるので、結構気軽に話せたり、会話できたりします。

そして、同じような価値観を持っている人にも出会えるかも。

男女ともに一緒に働くことで、そこから友情が芽生えたり、恋に発展することもあるかも!

友達作りのために心がけること

友達を作るのに適したシチュエーションは、世代によっていろいろと変わってきますが、友達ができやすい人、できにくい人、というのは世代問わずあまり違いがありません。

だから、自分に友達ができにくい何らかの原因がないか、ちょっとチェックしてみるのは大切ですね。

絶対怒らない、ネガティブ感情を顔に出さない

いつも怒りっぽい、消極的なことばかりを口にしている人っていますよね。

会えばいつも愚痴ばかりだったり、自分のペースを乱されるとすぐに怒る人がいます。

そうゆう人は、せっかくの友達候補をどんどん引き離している可能性があります。

性格上、イライラしやすいとかすぐ消極的になる、という人はいますがそれをすぐに人にぶつけるというのは嫌われます。

そうゆう人と一緒にいると、疲れたり気を遣わなくてはいけないのでめんどくさいからです。

いつも一緒にいて楽しい、安心する人を友達にしたい、と思うのは普通ですね。

だから、何かイライラすることがあったり、ネガティブ感情が沸き起こってきても、それを表に出さずに穏やかに、そして楽しい雰囲気をぶち壊さないように気を付けましょう。

わがままは言わない

さらに、わがままな人は友達ができません。

いつも自分の思い通りにさせようとしたり、思い通りにならないとスネたり、機嫌が悪くなる人は団体行動に適していない、と判断されて次から誘われなくなります。

確かに、自分のペースや自分のしたいことなどがあるかもしれませんが、友達と一緒に楽しむということは、相手がいるからこそ成り立つことで、相手を大切に思えなければやっていけません。

自分のことだけでなく、周りに合わせたり、自分も周りも楽しめるように配慮できる人は友達が多いですよね。

約束、そして時間は絶対に守る

何か、約束をしたらそれをできる限り守りましょう。

すぐに、自分の都合で約束を放棄したりする人は、相手をなおざりにしています。

そのようなことが何回も続くと、相手はもうあなたを当てにすることもないでしょうし、あなたのことを信頼することはなくなります。

だから、もう友達として認識してもらえなくなったり、遊びに誘ってもらえなくなったりします。

そして、時間を守ることも大切です。

時間にルーズな人は、平気で相手をなん十分、何時間と待たせるかもしれません。

それは、相手の時間をむやみに奪うことになるので、友達として信頼されるようになりたいなら、時間や約束を絶対に守りましょう。

こちらが悪いときは素直に謝る

人間関係において、何かしらの誤解やトラブルが起きるのは当たり前のことです。

自分が相手を怒らせちゃうこともあるでしょう。

その時に、素直に謝れるかでその先の関係が決まってしまうことがあります。

自分のプライドが邪魔して、謝れないとしたら、相手の感情を害したままでもう友達には戻れないかもしれません。

でも、自分が悪かったときはちゃんと「ごめん」と誠実に謝ることで、相手を大切に思っていること、関係を修復したい、ということを素直に表すことができます。

謝れない人は、人として魅力的に見えません。

素直に謝れる人は人として、信頼できたり尊敬できたりするので、何かトラブルがあってもその後もっと友達として仲良くなれることだってありますよ。

友達作りに使えるアプリはこちら

気軽に友達を作りたいなら、友達作りに適したアプリを使うのもいいでしょう。

アプリなら、話相手がほしいとき、一人ぼっちになってしまったときにいつでも利用することができます。

たくさんの人が利用している、友達作りに使えるアプリを紹介します。

【友達を作りたい人は、こちらの記事も参考になりますよ】

カカオトーク

カカオトークとは、通話やメッセージのやり取りが無料でできるアプリです。

iPhoneアプリ、Androidアプリでリリースされていて、無料通話アプリとしてはLINEやSkypeなどど並んで人気です。

カカオトークでは、なんと5人が同時に通話ができます。

これはLINEにはない機能で、グループで会話ができるという便利な機能です。

さらに、チャットで使えるスタンプも無料でダウンロードできるのがうれしい特徴。

チャットにはスタンプが欠かせませんが、カカオトークなら無料でダウンロードし放題なんですね。

だから、カカオトークを利用した友達掲示板もたくさんあります。

友達作りサイトなどで、カカトモを見つけることもできますよ。

スタートーク

スタートークは、チャットに通話、そして生放送もできるいわゆる無料のチャットアプリです。

ニックーネームの登録だけですぐに話せるSNSアプリとして、その手軽さが人気。

トークやタイムラインで友達と話すことはもちろん、テキストや画像、自分で作ったオリジナルスタンプが使えます。

LINEにはない機能として、「メッセージの一斉送信」、「メッセージの全文検索」、「グループID検索」といった機能があります。

オプションのポイントを購入して友達申請をして、友達を増やすこともできます。

このアプリは「友達はいるっちゃいるけど、親友がいない」という人におすすめ。

なかなか話す機会のない人を招待して、その招待した仲間だけでチャットができます。

招待したばかりのユーザーは”仮フレ”として、チャットの送信回数が制限されています。

だから、「この人とは合わないな」と思ったらすぐに終了できます。

気の合う人が増えていけば、グループチャットを作って仲の良い人を増やしていけますよ。

かまちょ

全国の暇人さんと、ワンタッチでチャットトークができちゃう「かまちょ」。

匿名だから何も気にせずにフリートークができるアプリです。

かまちょは、簡単操作が魅力的です、
なんとワンタッチであいさつメールが送信できて、すぐに誰か暇な人とメッセージ交換ができます。

新しい友達を作りたい人、暇だから誰かとチャットしていたいという人、自分を知らない人に話したいことがある、など理由で利用している人が多いようです。

暇人同士で会話することができ、気になった人とは二人だけでトークができます。

完全無料で、気軽に話せて楽しいと人気です。

ひまチャット

こちらはなんと100万人突破の、暇つぶしチャットアプリです。

「出会わない系 暇つぶしトークアプリ」として、大人気のひまチャットですが、基本操作はすべて無料。

暇なときに「今すぐ楽しく繋がれる」アプリで、平均5秒で繋がれる「完全リアルタイプ設計」が人気の理由です。

個人情報を一切流す必要がないので安心。

機能としては、挨拶のきっかけに送ることのできる「ども!ボタン」や、コミカルに楽しめる「顔文字スタンプ」などがあります。

さらに、話題が途切れた時に使える「ランダム質問ボタン」などもおもしろいですね。

会話の気分転換には「チャットゲーム」が使えるし、仲良くなると「写真送信機能」もあります。

こちらのアプリはレビューでの評価がとても高く、「楽しい!」という声が多いです。

カラモ

カラモは、その場ですぐに友達探しができちゃう、完全無料のリアルタイム友達検索アプリです。

こちらは、Twitter同様にタイムライン形式でメッセージを残し、コミュニケーションのきっかけを作る方法で友達を作ります。

メッセージ交換はできませんので、タイムラインにメッセージを書き送ります。

登録は簡単。

プロフィールに基本的な情報を入力して、あとは使っているメッセージアプリのIDを入力するだけです。

プロフィールは大切な自己アピールなので、できるだけ内容を充実させましょう。

LINE、カカオトーク、Skype、Twitter、プレイステーションネットワークのすべてのユーザを横断的に検索して、通話、メッセージなど気の合う友達を見つけることのできるアプリになっています。

相手がどんなアプリを使っているかもわかるので、ここを通じて同じアプリ同士で簡単に連絡ができます。

新たな友達を探しているユーザーは、そのプロファイルから検索をかけて、友達になりたいと思う相手にを探せますよ。

友達は欲しいと思った時が作り時!

友達のつくり方をご紹介していきましたが、いかがでしたか?

一人でさみしいとき、趣味を一緒に楽しめる相手がほしいとき、悩みを聞いてくれる人がほしいとき・・・など、友達がほしいと思うときっていっぱいありますよね。

信頼できて、一緒にいるのが楽しい、と思える人がいると人生ってとても充実します。

中学生になって、周りのメンバーが一気に変わったり、社会人になって職場でのいろいろを経験し、気を遣わずに付き合える友人がほしい、と思ったり、最近周りが結婚したり家庭を持ったりして遊べる友達が少なくなったというアラサー世代もみんな、友達作りに取り組んでいます。

友達がほしいとあなたが思っているように、周りには意外にも友達を見つけたい、と思っている人がいるのかも。

だから、自分がまず友達を作るために積極的に行動して、新しい出会いを見つけましょう。

世代によって、どこで友達を見つけられるかはちょっと違ってきますが、それでも自分から新しい出会いのある場所に身を置いてみたり、そこにいる人に気軽に話かけたりすることが必要です。

そして、自分自身が周りから”友達にしたい人”として見られる人間になれるように、ちょっとづつ自分を磨いていきましょう。

そうしたら、これから一生付き合えるかけがえのない友達ができるかもしれません!
「友達がもっといたらいいのに・・・」
そんな風に感じているなら、ぜひ新しい友達を作る時ですよ!