妻が不倫をしているかもしれない・・・。できればそれは考えたくない事実でしょうが、もしかしたら、あなたの妻は本当に不倫をしているのかもしれません。

その事実を突き止める方法や、不倫をやめさせる手段などは、存在するのでしょうか?

また、夫婦仲を円満に戻す方法は、あるのでしょうか!?今回は、愛する妻の不倫にスポットをあてて調査していきたいと思います。

妻が不倫しているかも・・・

もしかしたら、自分の妻が不倫しているかも・・・。そんな不安を覚えたことがある男性は、1人や2人ではないのではないでしょうか。

妻の不倫は、有り得ないことではないのです。過去に高視聴率をとったドラマでも、そのことはうかがえます。では、妻の不倫を知ったとき、夫はどうすればいいのでしょうか?

順を追って解説していきたいと思います。

女が不倫する理由

女が不倫をする理由、それは多岐にわたります。様々なケースが存在し、一言では言い尽くせません。また、女性特有の悩みも存在するのです。

ではまずは、女性が不倫をする理由を挙げていきましょう。

今の生活に飽きた

毎日夫を送り出し、掃除洗濯をし、料理をつくる・・・。そんな日々繰り返される日常に飽きを感じ、不倫をしてしまうというのは、よく聞く話です。

新しい刺激が欲しくなり、不倫に陥る・・・。そこには、わざわざ不倫でなくてもいいけど、たまたま不倫という選択肢もあったということが考えられます。

また、今の夫との生活に飽きたから、新たな刺激を求めて不倫をする場合には、それはほとんどの場合遊びの不倫ともいえるので、危険度自体はそこまで高くはないでしょう。

子育てに疲れた

子育てをしているママなら、とくに有り得るのが、子育て疲れでの不倫です。ある程度子どもに手がかからなくなってくると、妻は不倫に走るというケースがあります。

また、夫がほとんど子育てに介入してくれないときに、こういったケースでの不倫が多発するともいえます。妻の不倫を未然に防ぐためにも、夫も子育てを積極的に行いましょう。

性的欲求を満たすため

夫とのセックスレスに陥っている場合、こういった理由も考えられます。多くの夫婦は結婚当初から比べてセックスの頻度は年々低くなっていくといえます。しかし、妻がセックスに対し関心を失くしてしまったかというと、そういうわけでもありません。

むしろ、妻は、夫とのセックスレスに悩んでいるケースもあります。しかし、どうしてもその問題が解決できない場合、外で他の男性と性交渉に至るのです。

一度このような行為に走ってしまうと、なかなか問題は解決できない方向にすすむでしょう。ですので、夫婦での話し合いが必要です。

あなたに何かしらの不満がある

夫に不満があって不倫をしてしまうというケースもあります。このケースの多くは、夫と妻のコミュニケーション不足が原因といえます。

あなたにも心当たりはないでしょうか?例えば、夫婦の会話が減った。または、一緒に出掛けることが少なくなったなど・・・。

一番困るのは、夫への不満を、妻がなかなか本人に直接訴えてくれないことです。ですので、あなた自身が察するほかありません。

男性に言い寄られて

男性側に言い寄られて、ついつい不倫をしてしまうという意見もありました。女性だって、いつまでも恋をしていたいもの。男性に言い寄られて、ついときめいてしまったりもするでしょう。

特に共働き夫婦の場合、妻が仕事先や、出先で口説かれるというタイミングはあるでしょう。それだけ魅力的な人と結婚したわけですから、ある意味誇りにもなることなのですが、やっぱり許せないですよね。

周りの友達に触発されて

中には、周囲の友達が不倫をしていることに触発されて、自身も不倫に走ってしまうという可能性もあります。女性とは、つい同性と張り合ってしまうもの。友達が不倫をしているなら、私も・・・。というパターンです。

この場合の不倫は、ある一種のブームのようなもので、妻も本気で不倫をしたいわけではないでしょう。ですので、夫が気づかないうちに収束しているケースもあります。なんにせよ、流されやすいのが女という生き物なのです。

ここで不倫と浮気の違いもおさらいしておきましょう

この記事では、主に「不倫」という言葉で記事を書いていますが、それぞれの違いがあまり分からないという方も多いと思いますので、簡単にそれぞれ紹介します。

「不倫」は夫婦の間柄の時に、妻もしくは夫が、夫婦以外の人と体の関係を持った時に使われます。一般的には、エッチをしたタイミングから不倫となり、ご飯に行く、映画に行く、手をつなぐだけでは不倫とはされないようです。(離婚の話になったときもそうですね)

一方、「浮気」は、恋人関係の時に他の人と体の関係を持った時に使われます。こちらも一般的にはエッチをしたタイミングからですが、人によっては手をつなぐ、ご飯に二人きりで行く、というだけでも浮気と捉える人もいます。
また、「心の浮気」という言葉があるように、夫婦同士の間柄の場合でも、どちらかが他の人を好きになったりすると、浮気という言葉は使われる場合もあります。

そのため、結婚前の恋人の時に彼女が他の男性と一夜をともにしたとしても、不倫とは言わず「浮気」と言います。

浮気と不倫についてはこちらの記事も参考になります。

誰と不倫をするのだろう?

では、あなたの妻はいったいどこで不倫相手を見つけるのでしょうか?それは、妻の生活範囲が変わることで大きく異なりますが、代表的な例をいくつかまとめてみましたので、ご紹介していきたいと思います。

会社の人と

共働き夫婦の場合、妻の職場で不倫が繰り広げられるというケースがあります。実際、多くの不倫の場合それは会社で起こるものでしょう。

だからといって、働いている妻の職場を訪ねるわけにはいきませんし、妻から職を奪うこともできません。これが非常に難しいところなのですが、妻の不倫を探る手立てはほぼないといっていいでしょう。

習い事先で

また、習い事先で恋をするということも考えられます。習い事先には、同じ趣味をもつ男女が集まります。また、習い事を教えている先生を好きになってしまうということもあるでしょう。

それに、習い事に出かけるという口実を使ってしょっちゅう外出をすることも可能になります。これは、非常に不倫の言い訳に使えるものでしょう。

急に習い事をしたいと言い出したり、外出する頻度が増えた際には、妻の不倫を疑ってみてもいいのかもしれません。

見知らぬ男性と

行きずりの相手と一夜限りの不倫をする・・・。そんなこともあるのかもしれません。特に夫の帰りがいつも遅い家庭の場合、妻に夜にも出かける機会を与えることになってしまうでしょう。

こういった不倫の場合は、一回限りの関係で終わることもあるでしょうが、妻に不倫癖がついてしまうと、同じようなことを繰り返してしまう可能性もあります。夫は時々連絡もせず早く帰宅してみるなどし、妻が夜「家にいないといけない」状況を作り出すのも一つの手でしょう。

頻繁に夫が早く帰ってくるようになると、妻も警戒し、不倫に走ることがなくなるかもしれません。

出会い系サイトで

近年最も急速に進化を遂げているのが、出会い系サイト(SNS上での出会い)であるといえるでしょう。

出会い系サイトは、隙間時間で相手を探すことができ、しかも周囲にバレにくいというメリットがあります。もし妻が出会い系サイトで相手を探している場合、妻のスマホを盗み見るかしないと、発見には至らないでしょう。

妻が不倫をするタイミングとは?

では、妻が不倫をするタイミングとはどんなときがあるでしょうか?なんとなく、こんな時に妻は不倫をしているのかもしれません。

あなたにも、もしかしたら思い当たる節があるかもしれませんよ・・・。

産後のセックスレスから

出産後からセックスレスになる夫婦は多く存在します。相手のパートナーのことを母または父としか見れなくなったや、子育ての疲れによる可能性もあります。また、産後の体調の変化により、セックスを拒む妻もいますが、性欲が全くなくなったわけではないでしょう。

また、あなたのほうからセックスを拒んでいるなんてことはありませんでしょうか?もしあるのなら、そのタイミングでも妻が不倫を始めてしまうことがあります。十分注意しましょう。

もう一度恋をしたくなった時

あなたは妻に対し、何かしらのサービス(ねぎらい)をしているでしょうか?お互いが夫婦としての役割のみを全うしようとし、夫婦間の熱が冷めてしまったとき、妻は欲求不満に陥ってしまう可能性があります。

この欲求不満とは、「夫が~してくれない」から始まり、究極は「夫は私のことを愛していないんじゃないか」なんていう想像にもつながりかねません。

そして、妻は恋をしていたあの頃を思い出し、もう一度そんな気分になりたいと思うのです。そうならないためには、あなたから、結婚前にしていた事。例えばプレゼントや、家事を手伝うでもいいかもしれません。なにかしらの愛情表現をしたほうがいいかもしれません。

時には、素直に「愛しているよ」などと言葉をかけてあげるだけでも効果は期待できるでしょう。

夫の不倫を知ってから

夫の不倫を知って、同じく不倫に走るという妻もいることでしょう。そもそもあなたが火種となっているので、どこにも責められる余地がありません。こうなってしまうと、もう修復は難しいとさえいえます。むしろ、夫婦関係を維持したまま、お互いに不倫相手といい距離でお付き合いができるのなら、これに越したことはないのかもしれません。

下手に田んぼを荒らすのはやめ、冷静に相手の考えていることを見極めましょう。

仕事を始めてから

子育ても落ち着き、妻が仕事を再開する時でも、不倫が始まるタイミングになるケースはあります。それは、先述したとおり職場での不倫というのは最も多いケースであるということがいえるでしょう。

また、いままで家庭の中のみで生活をしていた妻が、社会という広い世界に復帰したことで、気持ちが一新されるという理由もあります。このタイプの不倫を防ぐためには、妻には女性が多い職場を薦めてみるといいでしょう。

不倫を見破る方法【仕草編】

妻が不倫をしてしまう・・・。これは、夫には防ぎようのないことのように思います。では、不倫をしていることを見破るにはどんな方法があるのでしょうか?

次の項目では、仕草の変化によって不倫をしていることを見破る方法を挙げていきましょう。

妙に色っぽくなった

なんだか、最近妙に色っぽくなったな・・・。そうあなたが感じたとき、そこには妻には他の男の影が潜んでいるのかもしれません・・・。

恋をしていると人は色気が増すといいますが、あなたの妻ももしかしたら、外で新しい恋をしているのかもしれません・・・。

感情の起伏が激しくなった

以前に比べ、感情の起伏が激しくなったと感じる・・・。そんなときも、妻が不倫をしている証拠なのかもしれません。それはなぜかというと、恋愛をしていると、人はつい感情的になりがちだからです。

そして、その感情の起伏の変化があなたに対する態度に直接表れるようになったときにこそ、不倫を疑う一つの手段となるかもしれません。

こちらに近づかない

夫であるあなたに接触する機会が減ってきた・・・。また、なんとなく避けられているような気がする。こんなときにも、もしかしたら妻は不倫をしているのかもしれません。

他の男とコミュニケーションが取れているから、満足している。または、あなたとコミュニケーションをとることを不快に感じている場合に、こういった行動が現れるといえます。

避けられているような気がしたときには、注意が必要といえるでしょう。

会話がぎこちない

なんとなく口数が減り、いつもおこなう会話がぎこちない・・・。こんなとき、もしかしたら、妻は何かを取り繕うとしている可能性があります。とくに、言い訳に言い訳を重ねていると、だんだんとそのひずみは深くなっていきます。

こういったことを防ぐために、妻は何かを取り繕っているのかもしれません。特に、3日前にした会話を忘れていたり、その話は前も聞いたよということが出てきたリしたら、アヤシイのかもしれません。

不倫を見破る方法【行動の変化など】

ここまで仕草にあらわれる不倫の兆候をお伝えしてきました。しかし、こればかりではなく、時には目に見えて不倫と疑わしき行動を目の当りにすることもあります。

次は、もしもこういった兆候が表れたらますますアヤシイという、行動の変化についておさえておきましょう。

※浮気かも?と疑われる行動の変化についてはこちらの記事も参考になります。

頻繁に出かけるようになった

ママ友と出かけるや、旧友と会ってくるなど、なにかにつけて外出する頻度が増えたように感じるとき、もしかしたら、妻は不倫をしているのかもしれません・・・。

イベント事が重なるときにはしょうがないのかもしれませんが、あまりにその頻度が高くなりすぎると、一度妻の不倫を疑ってみてもいいのかもしれません。

あなたのスケジュールを逐一確認するようになった

たとえば、毎日の帰りの時間や、出張の日などを妻が逐一確認するようになった・・・。こんな時は、あなたの留守を狙って不倫相手と密会をしようとしているのかもしれません。

とくに今まで確認されたことのないケースでは、それは十分に考えられるでしょう。

口座から引き落とされる金額が多い

金遣いが荒くなるところにも、不倫の兆候は隠れ見えます。家計の管理を妻に任せきりの場合、なかなか発覚は難しいケースですが、時には夫も通帳の管理をしてみたほうがいいのかもしれません。

謎の出費が増えていた場合、妻は若い男に貢いでいる可能性だってあります。

スマホを見つめている時間が増えた

以前よりも、スマホを見つめている時間が増えた・・・。こんなところにも、不倫の兆候は潜んでいるのかもしれません。不倫相手からの連絡を待っている可能性があるのです。

そして、妻がどこに行くのでもスマホを持ち歩くようになった際も、おかしいなと感じるべきでしょう。例えば、お風呂へいくときやトイレにまでスマホを持ち込むようになった場合は、あなたに自分がいない隙にスマホを覗かれるのを恐れての可能性があります。

以前に比べてスマホを手にしている時間が増えたときには、よくよく妻を観察することが必要でしょう。

また、スマホにロックをかけるようになった場合にも、妻の不倫を疑う必要があります。それは、何か見られたら困るようなものがあるからに他ならないでしょう。

妙に着飾った服を用意している

以前に比べてぐっとおしゃれになった・・・。そんなときも、ひょっとしたら妻は外で不倫をしているのかもしれません。

妻のクローゼットを開けてみたら、自分が見たことのない洋服が増えていたという場合にも、もしかしたらあなたが不在の隙を狙っておしゃれをして外に出かけている可能性があります。

いつもよりも着飾った格好をしているな・・・。ということが増えたら、それはひょっとしたら不倫相手に会うためにおしゃれをしているのかもしれません。

化粧の様子が変わっている

これは男性にはなかなか気づきにくいのかもしれませんが、妻の化粧の仕方が変わっている・・・。そんなときにも、不倫を疑う必要があるといえます。それはなぜかというと、相手の男の好みの顔になろうとしている可能性があるからです。

また、基礎化粧品にかけるお金が増えている際も、注意が必要です。妻の高くなった美意識は、もしかしたらあなたのためではないのかもしれません。

妻がどんな化粧品を使っているのかは、時にはチェックしてみたほうがいいといえるでしょう。

不倫を突き止めるため、NGな行動!

では、妻の不倫に気づいたときには、夫はどのように対処すればいいのでしょうか?

つい感情的になってしまいがちだと思いますが、そこには数々のNG行動が潜んでいます。まずはこれを見て、どのように妻に接していけばいいかを確認してみましょう。

問い詰める!

妻の不倫を知ったとき、夫なら、まず妻を問い詰めたくなることでしょう。しかし、そうすることによって、妻は浮気がバレたことを知り、余計警戒させるということがいえます。

その結果、不倫の真相を突き止めることができなくなってしまうのです。

もしも妻が不倫をしているかもしれないと思った際にも、まずは様子を見ることを心掛けましょう。

殴る!

妻の不倫に激怒し、その場の勢いで殴ってしまう・・・。これでは、もともと悪いのは妻なのに、DVが原因で夫側に慰謝料を請求されるかもしれません。

それに、いくら妻側に責任があるにせよ、暴力をふるうことは絶対よくありません。まずは冷静になることが肝心です。

自分で尾行する!

妻の不倫を突き止めたいからといって、夫自ら妻を尾行する・・・。こんな行動も、よくないのかもしれません。もしも妻に、あなたが尾行をしていることがバレた時には言い訳のしようがありません。それに、もしも妻が男と歩いていたら、感情的になってその場に姿を現してしまうかもしれません。

もしも妻を尾行したいと思うのなら、探偵を雇うなどしたほうがいいでしょう。

盗聴する!

妻の行動を疑う気持ちが強いばかりに、妻の鞄にひっそりと盗聴器をしかけしまう・・・。これも、もしも妻に盗聴器をしかけていたことがバレたとき、最悪の結果につながりかねません。

また、盗聴が夫のしかけたものではなく、第三者と妻が疑った場合には、ひょっとしたら警察沙汰になる恐れもあります。そうならないためにも、盗聴器をしかけるのはやめておきましょう。

スマホのGPS機能を使って監視する

スマホには、GPS機能がついています。それをうまく利用し妻のいる位置を四六時中監視するというのも、もしも合意の上でなく、あなたが勝手にしかけたものなら、妻の信用すら失くしてしまう可能性があります。

いくら相手の所在地が気になると言っても、これだけはしないようにしましょう。

行うべき正しいことは?

では、妻の不倫に気付いたときに行うべき正しい行動とは、どんなものがあるのでしょうか?

まずはこちらを読んでみて頂きたいと思います。

こちらも平静を装う

妻の不倫を疑い始めたとき、夫はどうすればいいのでしょうか?一番大切なのは、妻の不倫がまず本当のことなのかを突き止めることです。ここで大事にしてはいけません。

まずは、こちらも平静を装いましょう。そうすることで、妻は『夫が自分の不倫に気付いている』と察知し、警戒することがなくなるかもしれません。

そうすることによって、より妻の不倫を探りやすくなるのです。

まずは探偵事務所に相談

まずは妻の不倫を疑い出したら、探偵事務所に相談してみるのがいいでしょう。これは、関係を修復したい際にも、離婚を決意しているときにも言えることです。

なぜなら、法律にのっとったうえで公平な判断を下せるようにもなりますし、もしも離婚ということになれば、物的証拠を用意できるようになるからです。

また、いくら夫婦といえど、過度な探りを本人が行えば、プライバシーの侵害にもなりかねません。そのためにも、探偵事務所に相談する必要があるのです。

不倫が発覚したら弁護士へ相談

不倫をきっかけに離婚を考えるのではあれば、弁護士を介すことも必要になるかもしれません・・・。まず、探偵の調査の結果不倫が判明すれば、すでに物的証拠は押さえておりますので、スムーズに離婚裁判へ持っていくことが可能になります。

今後の対策を練る

あなたが妻の不倫をきっかけに離婚をしたいと思っているのなら、離婚の準備を進めたほうがいいのかもしれません・・・。しかし、離婚を望んでいないのであれば、弁護士にまで相談するのは早まりすぎかもしれません。

探偵事務所に調査を依頼し妻の不倫が発覚したからといっても、そこから復縁する夫婦も多く存在します。ですので、まずは希望を捨てず、妻との復縁を考えるのもいいのかもしれません。

妻の不倫は許すべき

まずひとつ言えることは、妻の不倫は決して妻のみに責任があるわけでもなく、あなたにもその原因が潜んでいる可能性があるというところです。

ですので、妻の不倫は許してあげるべきだとも言えるかもしれません。

一度不倫を行った人は、またするかも・・・

しかし、浮気癖というのは簡単には治らないもの。一度不倫を行えば、また同じことをする可能性だってあります。

もし一度妻の不倫を解消させたとしても、また新たな相手との不倫を行ってしまうようなら、その時にはいよいよ離婚を決意してもいいのかもしれません・・・。

しかし、離婚は二人だけの問題ではありません。子どものいる夫婦の場合は、子どもにだってその負担がのしかかる場合もありますので、よくよく考えなければいけません。

あなたが愛しているなら許すべきですが・・・

あなたが本当に妻を愛しているのなら、妻の不倫は許してあげるべきでしょう。むしろ、妻を不倫に追いやってしまった自分を責めている男性もいるのではないでしょうか?

妻を愛しているのなら、不倫を許してあげましょう。

あなたに非がなければ状況は有利に進む

まず、離婚をするにしても、復縁をするにしても、あなたに非がないのなら、状況は有利に進むといえるでしょう。

この場合の非がないというのは、あなたが不倫をしていなかったり、家族サービスをしていたり、妻とのセックスを断っていないことを言います。

自身の行動をよく見直して、非がないかどうか確認しておきましょう。

妻と復縁したい

愛する妻の不倫を知っても、以前のような関係に戻りたい・・・。そう強く望む男性は結構多いと思います。離婚をしたくないと考えている男性も多いことでしょう。

では、妻の不倫を解消させる、また復縁をする方法というものはあるのでしょうか?

妻の不倫を解消させる方法とは

妻の不倫を解消させる方法、それは、相手の不倫相手との関係を断ち切ることでしょう。連絡先を消去させる、スマホを替えさせるなど、方法はあるでしょうが、一番大事なのは、妻の気持ちです。

もう不倫はしないと誓わせることがなによりも大切な課題となるのです。

やっぱり気持ちが大事

そう、もう妻に不倫をさせないためには、妻の気持ちが大事です。あなたに、「もう不倫しません」と妻に誓ってもらうのがいいでしょう。

また、不倫をされてどんなに悲しかったか、その胸の内を妻に話すことも効果的であるといえます。不倫は一方だけの問題ではなく、夫婦二人の課題です。気持ちの整理をつけましょう。

妻のことを信用できるか

一度不倫をしてしまった妻のことを、今後信用できるかというところも大事な部分です。「もう不倫はしません」と誓った妻のことを信用できるように心がけましょう。

そして、あなた自身も「浮気はしない」ということを再度妻の前で誓いましょう。こうすることによって、言葉の力は2倍になるといえます。

離婚してもいいと口に出すのはNG

つい、「お前が不倫をするなら離婚してもいい」などと口走ってしまっては、妻は本気であなたとの離婚を想像してしまうかもしれません。

付き合っているカップルについても同じことが言えますが、「~なら別れる」という言葉は、一か八かの賭けのようなものです。

「じゃあ別れる」と言われてしまえば元も子もありませんので、言葉には気を付けるようにしましょう。

妻と離婚したい

妻の不倫を知ってしまい、もう妻とは離婚を決意した。そうなった場合には、どのようにすればよいのでしょう?

離婚は、結婚をする以上に難しいことでしょう。なにせ、自分たち二人だけの問題ではない場合が多いからです。

それでも妻と離婚をしたいと思うのであれば、次の文についてもお読みいただきたいと思います。

精神的苦痛(ストレス)を感じる

妻の不倫を知ったことによって、仕事でトラブルが増え、家に帰っても気が休まることがない・・・。そんな大きなストレスを抱えてしまう男性は多いのではないでしょうか。

そのストレスが極限に達してしまわないうちに、妻との縁を切ることが重要だともいえます。

慰謝料を請求したい

妻と不倫相手双方に、慰謝料を請求したいと考える男性も多いことでしょう。それだけの苦痛を味わったのですから、慰謝料を請求するのは妥当なところです。

慰謝料の金額とは、正確な基準が決まっているわけではありません。それを算出するためには、不倫相手との交際期間、不貞行為の回数、また不倫相手の収入や、不倫が理由の離婚などがあげられます。そして、一般的な慰謝料の相場は50万円から300万円の範囲であると言われています。

いかに多くの慰謝料を勝ち取れるかは、立証の多さにも関係してきますので、証拠をより多くつかむことがカギとなるでしょう。

親権が欲しい

妻の不倫が原因となり、離婚を考えても、子どもの親権は自分に欲しい。子どもと離れたくないと考える男性も多くいることでしょう。

しかし一般的には子どもの年齢が低いほど、親権は母親が取りやすくなってしまうのです。

ですが、母親が子どもを虐待していた場合や育児放棄していた場合、母親が親権を取りたがらない場合などは、父親が親権をとることができます。

また、父親の中にはほとんど仕事にかかりきりで、育児を妻にばかりまかせていたという例もあるでしょう。これも親権を取りにくいひとつの要因になるといえます。

たとえ育児が大変なことであっても、それを全うできてこその親権ですので、親権が欲しいと思うのであれば、育児にも参加するようにしましょう。

妻が離婚に応じてくれない

いくら自身が離婚をしたいと考えていても、妻が離婚に応じてくれないケースも多々あるでしょう。

離婚したあとに生計を立てられないや、育児を全うすることができないといった理由も挙げられますが、まず離婚が無理なのなら、別居をしてみるといいかもしれません。

5年以上別居をしていれば、仮に妻が離婚に応じてくれない場合でも、裁判で離婚を勝ち取れる可能性が高くなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、妻の不倫についてまとめてみました。あなたに思い当たる節がないことを願いたいと思います・・・。また、もし妻が不倫をしていた場合に対する対処法もまとめましたので、参考にしていただければ幸いです。