女性なら人生に1度は結婚に憧れますよね。
それはどの職業の人でも関係なく思うと思います。

今回は女医、女性のお医者さんの結婚についてお話しさせていただきます。

女医というのは、とても仕事が忙しい、なかなか出会いの場がなく、恋愛する暇もない、そんなイメージがあるように思います。
実際に女医は仕事が忙しく、まわりが結婚をしている時期に激務に追われてなかなか婚活ができないということもあります。

そしてエリートなイメージの女医は、男性から見るとなんだか高嶺の花という感じがして、なかなか近づきがたいと思ってしまうこともあるようです。

でも女医だから結婚できないなんて嫌ですよね。
女医だって恋愛、結婚だってしたいですよね。
女医だから結婚できない!そんなことはありません。

女医だから結婚できないとは言わせない、幸せな結婚をする方法を紹介します。

女医が結婚しづらい理由

女医は結婚がしづらいと思われています。
それはなぜでしょうか。そのことについて説明したいと思います。

まず、医者という仕事に就くまでにとても長い時間がかかります。
医学部を卒業してすぐに医者になれるわけではなりません。
医者になるためには、研修を受ける必要があります。

研修医の間はとても忙しく、恋愛をする時間なんんてありません。
研修が終わってからも、いろいろな病院に配属されて忙しくなります。
女医になるために仕事でいっぱいいっぱいになります。

また、研修医を経て女医になったとしても、医者という仕事は激務です。
夜勤があったり、患者さんに何かあったときには時間も関係なく仕事をしなければなりません。
医者という仕事は患者さんの治療だけでなく、合間に研究を行うこともあります。
あまりにも忙しいので、なかなか恋愛に目を向けられません。

恋愛、結婚をする時期にとっても忙しく、仕事に一生懸命になるため、なかなか結婚をすることができないのです。

男性の劣等感を刺激するから

それでは、男性目線から見て女医というお仕事をしている人はどう思われるのでしょうか。

女医といえば、高学歴、高収入、とってもエリートな人で、すごく激務な仕事だというイメージがあります。

人の命を守っている、助けている、という医者の仕事は、とても大変な仕事ですし、素晴らしくかっこいいお仕事ですよね。

ですが、男性は交際相手や、結婚相手が自分よりもバリバリとカッコイイ仕事をしている姿や、年収が自分よりも高いと劣等感を感じやすくなってしまいます。

自分よりも収入が高い女医にはきっと相手にされないだろうと思ってしまうため、見た目や年齢が良く感じても、自分よりも年収が高い女医に対して弱気になってしまい、なかなか積極的になれない場合が多いのです。

これも、女医がなかなか結婚しづらい理由の1つになってしまっているのです。

出会いの場が少ない

それから、女医が結婚しづらい理由として出会いが少ないというものがあります。

男性医師の場合は、エリートで収入も良いため、結婚相手としてはとても理想的で女性からも人気のある職業だと言えます。女性から人気があるので、結婚相手を自分で必死に探すということも少なく、恋愛もできることが多いようです。

では女医の場合はどうでしょうか。
例えば同じ職場の人だと、男性医師や医療関係者の人がいますよね。

しかし女医の場合は、やはり収入面などから、男性医師以外の男性は劣等感を感じてしまったりすることもあり、なかなか男性が寄ってくるということは少ないようです。

そのため、女医は自ら出会いを探さないとなかなか結婚相手を見つけることができないのです。
ですが、女医という仕事は激務です。
忙しい中、外に出会いを探しに行くという時間もないため、なかなか出会いを見つけることができません。

仕事が忙しく結婚する暇がない

先程から言っているように、女医という仕事はとても忙しいです。
仕事が忙しくて、恋愛や結婚をしたくても相手すら探す時間がないという人が多いのではないでしょうか。

相手を見つけることができなければ当然恋愛も結婚もできませんよね。
頑張って出会いを探して、相手を見つけることができたとしても、うまく結婚までたどり着く恋愛ができるでしょうか。

相手を見つけて恋愛をすることになったとしても、どうしても仕事が忙しくてなかなか結婚までたどり着くことが難しいということも多いようです。

仕事に追われて休みの日は睡眠に使いたいという人も多いようです。そのような状況では、なかなか恋愛に集中することができません。恋愛に集中できず、仕事中心の生活になってしまうと、愛を育むことはできませんよね。

恋愛をしたとしても、結婚までたどり着くことができない、仕事が忙しすぎて、結婚する暇もないという状態になってしまうのです。

結婚相手が見つからない

女医が結婚しづらい理由が沢山ありますね。
深刻なのは、出会いの場面が少ない女=結婚相手が見つからないということです。

これは結婚したいという思いのある女医にとってはとっても深刻な悩みではないでしょうか。

仕事に追われて仕事中心の生活になるあまり、結婚相手を探す時間がないという状況だといつまでたっても結婚ができずに生涯独身…それは避けたいですよね。

結婚後も女医という仕事を続けるのならば、休みの日や夜間に急に呼び出されて病院に出勤をしなければいけない等、そういったことを結婚相手に理解してもらう必要もあります。

家事、育児をするのも結婚相手の協力が必要かと思います。
そんなことは問題ないという男性に出会えれば良いのですが、実際問題難しいことだと悩んでる方は多いのではないでしょうか。

なによりも仕事第一!

医者という仕事はとても立派な仕事です。
人の命を救う、とても素晴らしい仕事で、決して手を抜くことができない仕事です。
人の命がかかっている場面で一生懸命に働く医者という仕事は誰もが尊敬する仕事かと思います。

そのため、仕事を疎かにして恋愛に打ち込むということができないのです。

どうしても仕事が第一!ということになってしまいます。

でもそれは決して悪いことではないです。
それだけ大変な仕事をしているのですから。
仕事を第一にして、自分の生活を犠牲に人のために働いているのはとても立派です。

ただ、結婚という目標があるのなら、仕事にしか目がいかない状態になってしまっていてはいつまでたっても結婚はできませんよね。

仕事が第一であることに理解を得てくれ、支えてくれる男性に出会うことができれば一番良いですよね。

自立心が強い

そして次に、医者という仕事はやはり収入面では普通のOLとして働いている女性と比べるとかなりの差があると言えるでしょう。
それだけ大変な仕事であることに違いはありません。

そして、沢山の収入があると、金銭面で困ることはありません。そうすると、自立した生活が送れるようになることによって、自立心も強くなるでしょう。

仕事にイキイキと取り組んでる姿や、金銭的な余裕から、1人でも自立した生活ができる人が多いでしょう。
そしてそのようにまわりにも思われるでしょう。

まわりにそう思われることによって、女医は結婚しなくても1人で生きていける、結婚なんてしてくれないのではないかと男性側も身構えてしまったり、近づきがたいと思ってしまうのではないでしょうか。

生活リズムが不規則

医者という仕事は勤務時間がかなり不規則な仕事です。
遅くまで仕事をすることもあるでしょうし、夜勤や急患が入った場合、急に病院へ行かなければならないなどということもあるでしょう。

もちろん医者という仕事は、人の命を預かるという重大な、そして素晴らしいお仕事です。
責任感のある仕事で、手を抜くことはできませんし、休日を返上してでも仕事をしなければならない時だってあるでしょう。

ですが、それが恋人や結婚相手に理解をしてもらえるでしょうか。
きっと医者という仕事が素晴らしい仕事だということは多くの人に理解をしてもらえると思います。

ただ、もし自分と結婚をした場合を想像してみて、こういった不規則な生活が続くのではないかという不安から、女医を結婚相手として選ぶのはなかなか難しいと思われてしまわれがちです。

男性の条件を落とせない

それでは、女医は結婚相手にどういった理想や条件を抱くのでしょうか。

女医という立場から、自分は収入面で困ることはないし、自立心も強くある、仕事も責任感が必要なものですし、結婚相手に求める理想や条件も高くないでしょうか。

そのことが女医がなかなか結婚しづらいという理由の1つに繋がってしまうのです。

女医はプライドが高く、自分よりも学力や収入といった面が上の男性を求める傾向があります。

そんな男性は簡単に見つけるということはできないでしょう。

結婚相手の男性に求める理想や条件を落とすということも、女医のプライドからなかなかできないということがあるようです。

しかし、そのプライドが邪魔をして結婚ができないということではとてももったいないですよね。

しっかりし過ぎている

それから女医のイメージとしてしっかりとした女性が多いというものがあります。
しっかりとしていないとできない仕事をしているわけですし、仕事でも、またプライベートでも実際にしっかりと自立した生活を送っている女医が多いのではないでしょうか。

また、男性から見ても女医に対してはしっかりとしているイメージがあることでしょう。

しっかりとした女性も強くて頼もしくて良いですが、男性からしたら、しっかりとしすぎた女性は可愛いらしさが少なく感じてしまいます。

しっかりとしすぎている可愛らしさが少ないというイメージから、女医自身もなかなか人に甘えることができなかったり、甘え方がよくわからなかったりといったことがあります。

男性は甘えられることがないと、頼ってもらえないんだと感じるかもしれません。
男性にとっては自分が頼られてこそ、この人には自分が必要なんだと実感することができます。

しかし、甘えたり、頼ってもらえることがないと、この人はしっかりしている人だから1人でも大丈夫だろうと思われ、なかなか恋愛、そして結婚に進むという決意が芽生えにくくなってしまいます。

それでも女医がモテるワケ

女医が結婚しづらい、相手を見つけることが難しいと述べてきましたが、女医は悪いイメージばかりではありませんし、モテないということもありません。

女医といっても沢山の人がいますし、個人個人で性格も違いますよね。
しっかりとした女性というイメージがあることには違いはありませんが、実は女医はモテるのです。

確かに女医だからといって引け目を感じてしまう男性がいることも事実ですが、男性でもいろいろです。
男性医師だったり、大手企業で働くサラリーマンなど女医が求める条件に合う男性だっているのです。

なぜ女医がモテるのでしょうか。
女医のどういった部分が人気があって好感を与えるのでしょうか。
それを紹介していきたいと思います。

高学歴で頭が良い

まず、医者になるには学生時代からかなりの努力が必要です。
医者になるために沢山の勉強をします。医者になるための医大に入るまでに沢山努力します。
もちろん医大を卒業してからも、研修医として勉強をしたり医者になってからも研究をしたりします。

そのため、女医は高学歴で頭の良い女性なのです。高学歴で知的な女性には魅力があります。
確かに、女医よりも学力が低かったり、収入が低い男性にとっては女医は高嶺の花かもしれません。

ですが、世間でも男性の医者や、大手企業で働くサラリーマンなどのいわゆるハイスペックな男性にとっては、自分と同じような高学歴で頭の良い女性とは話や性格が合うので、そういった男性には人気があるのではないでしょうか。

育ちがよさそう

そして女医に対するイメージの1つに育ちが良さそうというものがあります。

実際に、勉強を沢山して努力して、医大を卒業し医者になるまでには長い時間がかかります。
子どもの頃から努力をすることが必要なのです。
子どもの頃からとなると、そこには親の協力、育て方というものも影響してきますよね。

女医にまでなるということは、本人の努力のみならず、まわりの家族の支えがなければなかなか難しいものです。
苦しい思いをしても、諦めずに女医になれたということはそこには家族の支えがあったのではないでしょうか。

育ちが良い家庭で育った女性は上品だったり、知的な部分があったりと男性からの印象は良いのではないでしょうか。

ルックスが良い

そして、女医がモテる理由として美人が多いというものがあります。
実際に美人女医としてテレビでコメンテーターやタレントとして活躍している女医も最近多いですよね。

恋愛をしたり、結婚相手を探すにあたって、ルックスを気にする男性も多いでしょう。
女医はルックスが良い人が多いと言われていて人気なのです。

もちろん、結婚相手にするならばルックスが良いというだけではいけません。
性格や価値観など、恋愛、結婚にはいろいろな点で相性が合うかどうかがとても重要です。

でも最初に出会った時の印象というのも、その後の恋愛への発展には必要なポイントだということは確かですね。
美人が多いということで、女医は人気でモテるのです。

経済面でしっかりしている

それからもう1つ、女医がモテる理由として、女医は経済面では文句なしです。
収入は良いので生活もしっかりしているイメージがあります。

経済面での不安がないということも、結婚相手としては重要なポイントです。
医者という仕事は収入は安定していますし、そこの心配もないですね。

やはり経済面に不安がある女性では、恋愛や結婚をする際に金銭的な問題が男女間で起きてしまうという可能性はありますし、そうなることは理想的ではありませんよね。
それが原因で恋愛や結婚が破綻してしまうということも最近では少なくないです。

そういったことを考えるとやはり、経済面がしっかりしている女性の方が良いですし、男性もとっても安心できますよね。
世の中には沢山の職業がありますが、その中でも女医という仕事は本当に経済面での安心感が強いです。

結婚するためにやってみること

女医は出会いの場所が少なく、仕事も忙しいのでなかなか結婚しづらいと言われています。
待っているだけでは結婚ができない可能性があります。

仕事が充実していても、やはり女性として結婚への憧れは捨てきれないものだと思います。

仕事が忙しい、出会いがないという事情もあるとは思いますが、結婚をしたいという気持ちがあるのならやれることはやってみましょう。

女医だから結婚できないということはありません。
自分から積極的に動くことによって、きっと良い人に巡り会えることができます。

仕事のこと、自分の生活や、性格のことを理解し合える相手が理想ですよね。
そんな人と出会うことができれば、とても嬉しいことです。

幸せな結婚生活を手に入れるために自分ができることはあります。
結婚するためにやってみることをこれから紹介します。

周囲に目を向けてみる

まず、職場で良い人がいないか、周囲に目を向けてみましょう。
意外にもすぐ近くに良い人が見つかるかもしれません。
周囲を見てみても、やっぱり良い人がいない。そんなことだってあるかもしれません。
でも諦めてはいけません。職場以外でも出会いはあります。

例えば何か趣味をつくり、その趣味を持つ他の人たちがいる社会人サークルに入ってみるのはどうでしょう。

そういった場所では医者という職業だけではなく本当に様々な職業の人たちが集まりますし、結婚相手を探すという意味でもいろんな人と出会い、交流することは視野が広がって良いことだと思います。

医者以外の人と交流することによって、自分の職業との違い、性格や生活、価値観の違いなどを感じ取ってみるのも、自分の心境の変化などがあって面白いのではないでしょうか。

とにかく、そういった方法で周囲に目を向けてみるというのが結婚相手を探すにあたって大切なことなのです。

笑顔とユーモアで接する

そして、世間的には女医という仕事をしている人はしっかりとした知的な大人な女性というイメージがどうしてもつきまとってしまいます。

確かに、仕事をする上ではしっかりしないといけませんが、プライベートまでがっちりしっかりしているという人ばかりではないのではないでしょうか。

女医はしっかりとしてる、知的な感じのイメージがあるので、近寄りがたいという雰囲気があるのかもしれません。
でもそれは逆にチャンスとも言えます。
そういった雰囲気の人が周囲に対して、笑顔を心がけ、ユーモアを持って接してみると相手はギャップを感じ取るでしょう。

仕事をしているカッコイイ女医のイメージと反して、笑顔とユーモアで相手の心を引きつけることができるかもしれません。
笑顔とユーモア持って意識して生活してみるのも良いのではないでしょうか。

休憩時間は院外へ出る

仕事が忙しいとどうしても恋愛や結婚相手を探すという気力が起きてこないかもしれません。
幸せな恋愛や結婚を掴むためには仕事一筋にならずに、仕事以外に目を向けることが大切です。
仕事ばかりにならず、休憩できるときには休憩することが必要です。

休憩時間にも病院にいると仕事のことを忘れることができないため、リラックスするためにも休憩時間は院外に出てみましょう。

休憩時間を外で過ごすことによって、仕事でのストレスなどから、少しでも解放されることでしょう。休憩時間ぐらいは、のびのびと過ごしてみましょう。
病院の外の景色を見て癒されてみるといいでしょう。

仕事を頑張ることはとても良いことです。
特に女医という仕事は大変な仕事ですから、こまめに息抜きをすることを意識してみて下さい。

ネットの婚活サービスを利用してみる

出会いの場所がなく、なかなか良い人に出会うことができないということがあっても諦めてはいけません。他にも方法はあります。

インターネットでの婚活サイトを利用してみると良いでしょう。
結婚をするという同じ目的を持った人たちが集まる場所ですし、婚活サイトでは自分が結婚相手に求める条件、例えば学歴や職業、年収を最初から知ることができるので便利でしょう。

今はなんと、婚活サイトでも女医専用プランといったものもあるのです。
そこを利用する男性は、最初から女医という仕事を理解した上で利用しているわけですから、女医という仕事が理解されないかもという不安は解消されますよね。

今は本当にいろんな婚活サイトがありますから、いろいろと検索してみるといいでしょう。

人生のプランを考えてみる

仕事に集中しすぎてしまい、婚期を逃してしまいがちといわれている女医ですが、良い相手を見つけて結婚するということは決して不可能なことではありません。

仕事に集中するあまり、結婚をすることができず、独身のまま生涯を終えるのは嫌ですよね。
やはり女性なのですから、結婚や育児をすることを夢に持っている人も多いでしょう。

そこで、おすすめなのは自分の人生のプランを考えてみるということです。
大まかでも良いですし、細かく考えてみても良いかと思います。

仕事をして、結婚して、結婚後はどのように人生を過ごしていくのか。
夢や希望を交えて考えてみると楽しいかもしれません。

人生のプランを立ててみると、前向きに、積極的に過ごすことができて良いのではないでしょうか。

結婚するときに注意すること

それでは、実際に理想の結婚相手に巡り会い、結婚することになったとします。
もし、結婚するとなったらやはり失敗はしたくないですよね。
結婚するときは、生涯この人と一緒にいたいと思い、永遠の愛を誓い合います。結婚というのはとても素敵な、幸せなことですよね。
しかし今は日本でも離婚率が高くなっていますし、結婚には慎重になる必要があります。

女医という仕事は普通のOLの仕事などと違ってかなりハードな仕事ですし、不規則なものです。
結婚相手とすれ違いの生活を繰り返し、心まで離れて結婚がだめになってしまう…なんてことは避けたいです。
女医という仕事を結婚相手にも充分理解してもらう必要があります。

女医として、結婚するときに注意することをお話ししたいと思います。

仕事を理解してもらう

何度も話してきましたが、女医という仕事は人の命を預かる素晴らしい仕事です。
決して手を抜くことはできませんし、その仕事の勤務時間も不規則で、急患が入れば夜でも休日でも関係なく出勤しなければいけないということだってあります。

そんなハードな生活をしていくわけですから、休日はゆっくり休みたいと思う人も多いのではないでしょうか。

ですが、結婚をするということは、今まで1人で生活していたのと同じように生活するということはできません。

そこには結婚相手がいます。自分1人だけの生活ではなくなるということは、自分のことだけでなく、お互いに相手のことも考えなければなりません。

こちらが相手のことを理解することも大切ですし、女医という仕事をしている自分を理解してもらうということもとても重要なことです。

なかなか会えない分、積極的に接する

仕事が激務であることから、なかなか2人の時間を過ごすことが難しいということが起きてしまうかもしれません。

そこですれ違いの生活を送って、2人の心が離れてしまってはいけません。
ずっと一緒にいたい相手だからこそ、仕事ばっかになってほったらかし…という状況ではいけませんね。

とは言っても、仕事は手を抜くことはできませんし、女医という仕事を続ける以上、忙しいということには変わりありません。

ではどうすれば、すれ違いを起こさずにうまく結婚相手と過ごすことができるでしょうか。

なかなか相手に会えない分、会っているときは相手に対しては積極的に接してみてください。
自分から積極的に相手に接してみることによって、お互いの愛を確かめ合うことができるでしょう。

同業者との結婚は…

同じ病院内や他の病院でも同業者と知り合い、恋愛をして結婚をするということだってありえますよね。

同業者との結婚、つまり男性医師と女医との結婚というのはお互いに同じ仕事をしているわけで、仕事に関しての理解は得られることでしょう。
女医という仕事の大変さを理解してもらえるということはとても嬉しいことですよね。

ですが、残念ながら良いことだけではありません。
2人とも医者という仕事をしているということもあり、どちらもとても忙しく激務で不規則な生活であるということは変わりありません。

双方忙しく夫婦生活が成り立たない

女医と男性医師の結婚は、同じ職業であることから、お互いの仕事に対して理解し合えたり、仕事で協力し合えたりできるという点では良いでしょう。

しかし良い点ばかりではないのが事実です。
女医と男性医師との結婚ではどんな問題があるでしょうか。

医者という仕事は忙しいものです。
2人とも勤務時間や急患が出たときの出勤など、自分が仕事から家に帰ってきたときには相手は職場に行かなければならなかったり、その逆の場合もあるでしょう。

2人とも医者という仕事で、不規則な生活を送るのです。
そうなるとろくに2人で一緒に過ごす時間なんていうのは取れませんね。

せっかく結婚したとしても、双方が忙しすぎるとすれ違いの日々ばかりで、夫婦生活が成り立たないという可能性があるのです。

子どもができても預けっぱなしになる

それから医者同士の結婚での問題はもう1つあります。
それは結婚し、子どもができた場合です。

女医という仕事を続けながら育児をするということは大変なことで、もちろん結婚相手の男性医師の協力は必要不可欠です。

しかし、男性医師も仕事は激務で不規則なものです。
また、休みを取るということも難しく、どうしても仕事に行かなければならないということが出てくるでしょう。

そこで妻の女医も仕事をし続けるとなった場合、お互いの仕事の時間が重なったとき、子どもは祖父母などに預けることになるでしょう。

せっかく子どもができてもその状態では子どもは預けっぱなしということになってしまいます。
そうなると可哀想なのは両親となかなか一緒の時間を過ごすことができない子どもですよね。

どんな人がおすすめか

それでは、女医の結婚相手としてふさわしいのはどういった人でしょうか。

不規則な勤務体系、夜勤や急患が入った場合に出勤しなければいけないことなど、そういった不安な点もありますが、医者という仕事は人の命を助ける素晴らしい仕事で、その仕事に一生懸命になって働く自分を理解し、支えてくれる人がおすすめです。

心に余裕があり穏やかな人

まず、女医は仕事が第一の生活になってしまいがちです。
それを理解してくる男性でなければ、女医の結婚相手としては相応しくないでしょう。

仕事で疲れているのに、家に帰ってから仕事のことや生活のことをぐちぐちと言われるのは嫌ですよね。
頭を沢山使う仕事をし終えて帰った後は、心も体もゆっくり休みたいと思うのは当然なことです。

ということは、女医の結婚相手として相応しいのは、心に余裕があり、穏やかな人で、仕事で疲れている自分を癒してくれるような人が理想的ではないでしょうか。

職業格差を気にしない人

女医の忙しく、大変な仕事を理解し、支えてもらうには心に余裕があり、穏やかな人がおすすめだと紹介しました。

ということは、女医と同じように忙しく大変な仕事をしている男性では、すれ違いの日々などを送ることになって、結婚相手としてはうまくいかないかもしれません。

例えば普通のサラリーマンなどの仕事をしている人だったりすると、当然女医との収入格差が問題として出てきます。

男性の方が女性より収入が低いとなると、そのことを気にして劣等感を感じてしまう男性も多いと思いますが、女医の理想の相手としては、その収入格差を気にしない男性が良いでしょう。

家事などサポートしてくれる人

それから、仕事が第一にどうしてもなってしまうぐらい忙しい仕事なのですから、仕事と家のことを完璧にこなすということは、当然1人では難しいでしょう。

女医という忙しい仕事を理解し、家事や育児を任せっきりにしない、きちんと妻のことを考えて、家庭のことをサポートしてくれる男性が女医にはおすすめだと思います。

家でのサポートがあることによって、仕事にも集中して取り組むことができるでしょうし、家事を手伝ってもらえるということは、激務をこなす女医にとってはとても助かることですよね。

女医だって幸せな家庭を築ける

ここまで女医が結婚しづらい理由や、出会いがなかなか見つからないという人への対処方法などを紹介してきました。

女医という仕事を理解してもらい、しっかりと支えてくれる男性に出会えることができれば、幸せな結婚をすることができると思います。

女医だから結婚できないということは決してないのです。

もちろん、結婚するためには待っているだけではいけません。
自分から積極的に動いてみて、素敵な人に出会うことができれば幸せな結婚生活がきっと待っています。

女医だって幸せな家庭を築くことができるのです。