バツイチは婚活でモテるというのを知っているでしょうか?未だに世間一般ではバツイチは不名誉な称号で新しい婚活に踏み出せないと考える人も多数……。ですが、そう考えているあなたはもう古い!lここではバツイチの人達が再び婚活をしていく方法を紹介していきます。

大変に見えるバツイチの婚活、どうすればいい?

いざやろうとしても二の足を踏んでしまうのが現実。世間ではバツイチというと大変なのではないか。普通の婚活と違い難しいのでは?と考えてしまうこともあり得ます。婚活などしたことない人にとっては何をどうすればいいのかわからないというのもあるでしょう。
まずはバツイチでも一歩踏み出しましょう。考えていては何も始まりません。それにやり方は様々。今は出会いはお見合いだけでなく、気軽なパーティー、インターネットなど様々に広がっています。あなたは何を選びますか?自分に合ったスタイルを見つけられます。全てを試してモテモテになるか、一つのジャンルに絞ってチヤホヤされるかはあなた次第です。

出会い方にはコツがある!

いざ一歩踏み出し、婚活を始めてみたとしてもなかなか思うような結果につながらないことはよくある話。それが結婚を経験しバツイチになった人ほど顕著に表れていしまうこともあるようです。そこで出会いを経験する前に諦めてしまう人も多いでしょう。しかし、私たちもいい大人。がむしゃらにやっていては結果が出ないことは分かりきっています。
そう出会いにもコツがいるのです!世間一般ではイケメンや美女たちはそれほどモテずに、どこにでもいる普通の人たち、バツイチのほうが婚活で成功したりしているのはよくあることです。これは出会いのコツを熟知し、自分のフィールドを理解しているから。しっかりと考えることで悩んでいる貴方もあっという間に婚活成功者に早変わりというわけです!ここではそのコツを分野ごとに紹介していきます。

1.再婚活もできる婚活サイト

今では当たり前となったネットでの婚活ですが、偏見があるのもまた事実です。それは相手の顔が正確に見えないということ。信用や予想しなければならないというデメリットはありますが、それを逆に言うとどんな人が来るかというドキドキを味わうことができます。
そして何より気軽に出会いにつながりやすいというのが特徴です。上記にも書きましたが、実際に出会うまで顔が見えないため、話下手であったり面と向かって相手に好意を伝えられない人でもある程度まで相手のことを知ることができるでしょう。バツイチ同士が多いので気持ちを共感してくれる人も見つかるはずです。
注意しなければならないのはそこで相手のことを知った気になり態度を急変させてしまったり、理解していると思い込んでしまうことでしょう。不安になっているのはお互い様。面と向かった時も表情などが見えないネットの時ならなおさらです。しっかりと相手のことを気遣い、相手の気持ちになってあげること、慣れる相手を選んでいくのが重要となってきます!
そして数多くある婚活サイトの特徴はこれです!自分のフィールドを探しに行きましょう。

1.ユーブライド

SNSで話題になった会社mixiグループが手掛けているのがこの『ユーブライド』です。いわゆる出会い系アプリなどのようにチケット制ではなく定額制をとっているため、それ以上の金額を請求されることはなくお財布にもやさしいです。
バツイチ婚活を応援しているサイトでもあり、その利用者も多く相手の事情を気にしないと公言している人たちも多いです。自分の気持ちと相手の気持ちを事前に知ることができるのも特徴で、気持ちを同じくするパートナーを見つけるため最適な環境。婚活第一歩にはぴったりのサイトとなっています。再婚活サイトならではのスマホからのアクセスも可能となっていて、本格的に婚活に取り組む人たちにも理想的な環境です!

2.match.com

このサイトのすごいところは無料会員でも一度会員になれば、相手を検索できうるということです。それが普通だと思っている人は実は大間違い!大手のサイトでも有料会員にならないと相手を探すことすらできないというのはよくある話です。
しかも、メールを送り返すことも可能!残念ながらこちらから送ることは有料会員に登録しないとできませんが、好意を持ってくれている相手が分かるというのは婚活でも優位に働くでしょう。バツイチならではのもう一度離婚はしたくないという考えが抵抗なく試すことができ、お金もかからず吟味することができます。

3.e-お見合い

正式なお見合いがなんと無料でできるのがこの『e-お見合い』。会員登録をして、相手からのOKが出ればそれはもう成立したも同然です!しかも複数の相手に送ることができるので、自分に合った相手を探しやすいでしょう。
普通のお見合いと違うのはネットならでは顔を合わせる前にメールなどである程度距離を縮めておくことができる部分です。何もないまま相手との出会いを果たすのはいくらバツイチといえど緊張するもの。それを解消し、婚活初心者でも違和感なくお見合いをすることができるのがこのサイトなのです。お見合い当日は担当者もしっかりとサポートしてくれるため安心です。

4.ブライダルネット

バツイチ女性に優しいのが、この『ブライダルネット』。男性側は定職を登録する必要があるため、相手がどのような人物なのかが全く分からないまま出会うということを避けることができるでしょう。少しでも安心感を抱けるのは、バツイチ婚活では重要なポイントです!
男性側にはメリットはあるのかと思ったそこのあなた!男性側は自分が安心な男だということをアピールできるともいえるのです。これは顔が見えないネットっでの出会いでは大きいでしょう。バツイチならなおさらのこと、少しでも相手を知っておき知ってもらうためにはこのような形がいいと考える人も多いのです。

5.エキサイト恋愛結婚

徹底したプライバシー管理をうたっているのがこの『エキサイト恋愛婚活』です。サイト自体もプライバシーマークを国から取得しているため安心。個人情報もセキュリティルームで管理しているというのだから、ネット特有の自分の個人情報が漏れてしまうのでは……という不安も払拭してくれるでしょう。
本人確認書類を提出しなければ男女ともに登録できないのも特徴の一つで、年齢が低すぎる人が紛れ込むということもなく安心できます。そしてサイト自体が「将来的に結婚する気のない人の利用はお断り」と言っているため、誰もが婚活という目標に向かっているのでパートナーを見つけやすいというのもバツイチ婚活者にとってはありがたい場所です。

6.リマリッジ

「離婚歴は問題じゃない」とサイトで公言しているため、バツイチ婚活を積極的に応援してくれているのがこのサイトです。再婚に向けてのコラムやちょっとしたコツなども紹介されているため、婚活をしている人にとっては励みとなるでしょう。またバツイチでなくても利用することができ、しかもそれがバツイチに理解のある人物という条件付きなため、たとえ相手がバツイチでなくても必然的に理解されているため新しい恋に前向きに取り組むことができるのもこのサイトの特徴でしょう。
もちろん他のサイトでもある身分証明や無料の会員システムも健在で、安心して婚活に臨むことができます。

2.婚活パーティー

婚活する人ならば誰もが通る道である婚活パーティー。ネットでの出会いとは違い、面と向かって相手と退治し話してみて選んでいくため、より相手のことをしっかりと見定めることもできるでしょう。
そしてお見合いのようにきっちりとしていないという所もいい風に働きます。親同席でしっかりとキメていくということまではしなくてよく、最低限の形さえできていればある程度のオシャレも、自分を表現するのに言い様に働くのがこの婚活パーティーです。
また、パーティーと言うだけあってテーマ性を設けているモノが多く、バツイチであっても引け目なく婚活を楽しむことができるのもこの婚活パーティーというフィールドの特徴でしょう。

1.PARTY☆PARTY

毎日何かしらのイベントを開き、今急激にその領域を広げているのが最大手とも言える『PARTY☆PARTY』。従来の婚活パーティーのようにテーマ性を設けているのもさることながら、時間が遅くからのモノも多いため、仕事帰りに気軽にというふうな人にも人気です。
パーティーなんて年齢的に……と考えている人も大丈夫。このパーティーはジャンルが細かく分かれているため、年齢事、趣味事、相手に希望する特徴事など自分が一番気にする部分でマッチする人を探しやすいのです。もちろんバツイチに理解ある人達や年齢に理解ある人達向けのパーティーも企画されています。自分自身が一番合ったところを見つけるために複数のパーティーに参加してみるのもいいでしょう。

2.オミカレ

全国各地で開催されるパーティーを開いているのがこの『オミカレ』。婚活パーティーというとどうしても地方では開かれないイメージがありますが、このオミカレを使えば北海道から果ては四国、九州地方までしっかりと網羅されていて、チャンスがないと諦めていた婚活者たちにはまさにうってつけと言えるでしょう。
そして競合他社とただ競争するのではなく、そのいい部分を吸収しようとしているところも人気の1つです。自身のホームページなどに他店のスタッフインタビュー記事を載せるなど婚活について前向きにひたすらやる側のことを考えているように伝わってくるのが人気の理由の1つとも言えます。

3.おとコン

ベーシックなモノにはお手頃な値段で参加できてしまうパーティーを主催している『おとコン』。こちらも婚活真剣な人が多く登録しているため、比較的いい出会いに繋がりやすいです。男女のバランスなども考えられているため、自分自身だけあぶれてしまう心配もないでしょう。さらに小規模なパーティーが中心なので、自分が気に入った相手とじっくり話すことができるのも特徴です。
個室や立って移動の会話ではなく、横並びのスタイルで会話するという独特な形をとっているのがこのパーティー。バツイチだとしても恥ずかしがり屋な人は多いでしょう。そんな婚活者でも気兼ねなく臨むことができるのです!

4.クラブチャティオ

結婚関係の大手、『ツヴァイ』が手懸けているのがこの『クラブチャティオ』。大手だけあり何と言ってもそのパーティーの豊富さが魅力です。通常の年齢分けに加え、料理を作るなどしてお互いの距離を近づけやすいタイプ。さらにはバツイチ婚活者にも優しい恋のためのセミナーも開催されています。
アフターフォローサービスも充実しており、パーティーでやっぱりあの人ともっと話したいと思ったらこちらに問い合わせると連絡を主催者側がしてくれるという特別なサービスもあります。このような形は貴重なので、その場では決められない人や少し考えてみたい人にはうってつけのサービスを備えています。
>5.シャンクレール

婚活の老舗と言えるのがこの『シャンクレール』。20年以上の実績で、婚活業界を引っ張ってきた経験から婚活者の気持ちをしっかりと組み込んだパーティー作りをしています。参加者の規模も桁違いに多いため、まずバツイチ婚活者として飛び込むにはこのような形のパーティーがしっくり来ることもあるかも知れません。
さらにその会場にもしっかりこだわりがあり、ゴージャスな雰囲気はもちろんのこと駅からのアクセスやはたまたレジャースポットなどでも開催することがあり婚活というのを忘れてしまう時もあるような雰囲気を作り上げてくれるのは、婚活者にとって嬉しい限りでしょう。

3.結婚相談所

ネットやパーティーに押されがちですが、昔ながらのこの形でも今では進化してきているのが結婚相談所という形態です。何よりちゃんとしたプランナーがしっかりと婚活をサポートしてくれるのが結婚相談所の魅力の1つでしょう。婚活は孤独な戦いとも言えます。バツイチなら尚更でしょう。ひたすら目標を折っていくのは時には寂しくなってしまいます。だって人間だもの……。しかし、一緒に考えてくれるプランナーがいればその苦しみも半減し、婚活に対して前向きになれることが期待できます。
もちろん会社によってその特色も違ってきます。自分に合った所を見つけるのは、難しいと思う人もいるかも知れませんが、そこはこの記事の出番です!どのようなところが人気で、魅力的なのかを見ていきましょう。

1.楽天オーネット

通販やインターネットの世界でその名を轟かしている楽天グループ。そのグループが手懸ける結婚相談所サービスがこの『楽天オーネット』。婚活への第一歩を踏み出すための徹底的な無料サポートが魅力の1つです。診断からカウンセリング、そして実際の入会へと進むため最終的には自分の判断で相談所への入会を決められます。
むろん最近の形もしっかりと網羅していて、ネットでの計画も立てることができます。バツイチだということだってしっかり考慮してもらうことができます。なにより競合他社の中で成婚をきっかけに退会している会員が一番だと言うことを宣言しているため何より実績を信用したい!と言う人はピッタリの相談所でしょう。

2.サンマリエ

月会費が無料なため、実際に会うことになるまで費用がかからないというのがこの『サンマリエ』ならではです。初期費用などもろもろは掛かりますが、毎月自分にあった相手が紹介されるというのは嬉しいところ定期的に婚活のアドバイスもしてもらえるのは、バツイチとしても嬉しい限りです。
他にも実際会うとなった時にどういう服装で言ったらいいか分からない……などといった要望に応えるため現役モデルなどがコーディネートをしてくれるプランも存在していて、まさに至れり尽くせりです。自分を変えてしっかりと婚活に向き合いたいという人にはお勧めでしょう。

3.ツヴァイ

自分に合った婚活プランを選びたいならばこの『ツヴァイ』で決まりでしょう。サポート、効率的、費用などあらゆる面で婚活者のニーズに応えるプランが勢揃いしています。婚活で重視する部分はやはり人それぞれ違うモノ。だからこそ、それに応えてくれる相談所を選びたいというのは共通の願いです。
この『ツヴァイ』も他の競合他社の例に漏れず、ネットでのサポート体制も充実しています。チャットでの気軽な質問から、全国で開催される説明会なども魅力的。実際にどんな形か自分の耳で聞くことができるまた安心できるでしょう。

習い事・趣味で出会う

一番手っ取り早く、尚かつフランクに距離を詰めやすいのがこの習い事や趣味による出会いでしょう。現在では大人の習い事は当たり前となりつつあります。しかもそれが今まででは考えられなかった分野で男女が出会うことが多いのです。料理教室に参加している男性や、ジムでトレーニングをしている女性など様々な分野に出会いは転がっています。
そんな場所での出会いでは趣味や趣向が同じ物同士で会話が弾みやすく、例えバツイチなどでもいい出会いに繋がりやすいと考えられるのです!しかし、注意するべきはパーティーなどと違い婚活中だったり、バツイチということを相手が知らずそれでいて相手もそうか分からないと言うことでしょう。フランクな中にもより真摯な気持ちで出会いに向き合う必要があります。

知り合いを紹介してもらう

友人を紹介して貰う出会いは昔から良くあることです。その知り合いが思いもよらぬ相手だったりドラマチックな展開になるなどドキドキする出会いを経験できるのは確かでしょう。それが運命の出会いとなった時、例え婚活中であったとしても、バツイチであったとしても恋の炎が燃え上がることは容易に想像できます。
しかし、注意しなければならないのはまず知り合いがいなければならないと言うところです。仮に知り合いがいたとしても紹介できる別の知り合いがいなければ同じ事。このように自分が待っている形で出会いが成立することは滅多にないというのを自覚して取り組むべき項目かも知れません。

職場

禁断とも言えるのが職場の恋愛。応援してくれる場所ならばいいですが、噂になるのを覚悟しなければなりません。ほとんどの職場恋愛はあまりうまくいっていないのが世の常としてあるからです。そんなこともあり、職場での恋愛を禁止している企業も多数あるでしょう。
しかし、それが逆に2人の恋をさらに燃え上がらせてくれると言うことも有り得ます。ましてバツイチだというのがいろいろな事を知っている経験豊かな人物だと思われて、いい風に働いていくことも十分に有り得るのです。メリットとデメリットの両方があるのが職場恋愛。さあ、貴方はどうしますか?

取引先

働いていればもちろん出会いの場となっていくのが取引先でしょう。しかもそういう時に限って取引先に気の合う女性がいることが多いのはちょっと残酷かも知れません。話しデートに誘う勇気や根性は職場の時により困難になることが予想されます。
しかし、どんなところにも出会いは転がっているというのがこの取引先をあげるいい例とも言えます。本当に婚活するのならば、気に入った相手ならアプローチするべきでしょう。その人物がバツイチを快く受け入れてくれる人物だと言うことも、もしかしたら運命の出会いと言うことも有り得ます!

バツイチの婚活、実際どうなの?年代別婚活のリアル!

バツイチ婚活者にとって一番気になるのが自分の年齢の婚活実情!この年齢ならば有利に働くのか、どのように動けばいいのか。実際のところ、それが気になって戦略が立てられないという人のために年代別婚活のリアルをここで大公開しましょう!
全てが同じじゃありません。年齢別に網羅すべき所、注意点、メリットなどももちろん存在します。また子どもがいるかいないか。この状態も実は重要なポイントになってきます。この分析を見て自分なりに答えを出しバツイチ婚活に乗り出してみてください。

20代の場合

20代はまだまだ幾つもの可能性が残っている世代です。仮にバツイチだったとしてもその若さがあれば気にしないという人も多いでしょう。パーティーなどによってはその年齢だけでちやほやされることもあります。言わば広大な婚活のフィールドが広がっているわけです。
しかし、それにかまけて理想を高めすぎてしまうと逆にあっと言う間に年を重ねていく結果になりかねません。実際に次の結婚への理想が高すぎて気づけば一生独身のバツイチ組になってしまっていたということもあります。そのためあくまで自然体で、焦らずしっかりと見極めていく必要があるでしょう。

30代の場合

30代はちょうど年齢の分岐点に当たります。同年代からはちょうどいい結婚適齢期とされ、年下からは羨望の的、年上からは気になる存在になることが十分に有り得ます。まだまだモテる世代。いや20代よりモテてしまうこともあるかも知れません。
ですが、1歩間違えればおじさん、おばさんになってしまう事を自覚していなければなりません。身の丈というモノが年齢に求められてしまうため、出方によっては引かれてしまうことも十分有り得ます。大人な態度とはどのような形なのかを知って婚活に挑むべき世代でしょう。

40代の場合

40代ではもはや年も年です。酷な言い方をするようですが、この年代では何か惹かれるようなものをもっていないとまず相手にされないでしょう。婚活戦線ではどうしても年齢が若い人の方が人気が出てきてしまいます。もちろん40代はいろいろな経験を積み、人生のピークとも言える世代ではありますがそれを分かる術を相手が持たないと恋にまで発展していかないでしょう。ましてやバツイチともなると、相手の方もよからぬ事を勘ぐってしまいがちです。
そのため、とにかく目先の事に飛びつきがちな傾向があるので40代だからこそしっかりと相手を見定めて婚活する必要があるようです。

50代の場合

50代のフィールドは主に近い年齢の婚活となってきます。年上か年下と言ってもお互いに解り合える年齢のため、実際結婚に繋がることは多いようです。人生の一区切りを終えてからという形になるため、資金や仕事、バツイチだなどに捕らわれることなく純粋に出会いを楽しみ結婚まで行き着くことができるのがこの年代でしょう。
しかし、相手をよく知らずに婚活をしてしまうと言うのが多いのもこの世代の特徴であると言えます。好きになって付き合った結果、相手がとんでもない人物であったというのはこの50代くらいが昨今でも最も多く周りの家族にも迷惑がかかってしまうケースもあります。時間があるからこそじっくり相手のことを知る機会を撮ってあげることが成功の秘訣かも知れません。

シングルマザーの場合

男性側からしてみれば、子どもと一緒となると……と二の足を踏んでしまう人もいるでしょう。財政状況なども考えて、冷静に暮らしていけるのかという不安を抱いてしまうのが実情でもあります。しかし、忘れる事なかれ。子どもと一緒だからいいという人も世の中にはいくらでもいるのです。好きになった人の子どもならばしっかりと面倒を見ていきたいという人を見つけてアプローチするべきでしょう。
注意すべきは男性側も隠されることを嫌います。なるべき早い内に子どもがいると言うことを知って貰うのは婚活をする上でシングルマザーが最も大切にしなければならないことの1つでしょう。

シングルファザーの場合

シングルファザーは子どもを抱えて仕事を頑張っているという実は苦労人のように見られることが多く、女性受けの方は中々にいいと考えられます。だれでも頑張っている人は応援したくなるモノです。
しかし、実際婚活して結婚となるとまた話は変わってきて、女性側も離婚してしまった理由などを知りたくなってしまうのは世の常でしょう。やはり仕事に子育てに意見がしっかりと一致し、理解ある女性を選ぶ必要があると考えられます。

覚えておいてほしい、バツイチ婚活のコツ

気持ちを切り替える

いつまでも別れてしまった事を引きずっていては次の恋には繋がらないでしょう。無理矢理を気持ちを奮い立たせて婚活をしてみても、そのような態度は出会った人には伝わってしまうモノです。
しっかりと気持ちを切り替えて、次の恋をめいいっぱい楽しみましょう。婚活とは本来楽しむべきモノです。うじうじと悩んでいた自分は卒業し、新たな恋に邁進してみるのもまたいいと考えられます。

引け目を感じない

自分がバツイチだから、年齢も年齢だからとなにかしらの引け目を感じていては婚活もうまくいきません。人は魅力溢れる人に自然と惹かれていきます。それが何であれ、相手より自分が下だと思い込んでしまうと、その態度が自然と降下したモノになっていってしまいます。
たとえバツイチでも胸を張りましょう。常に平等な姿勢を取れば、相手もそのような態度で接してくれるようになってきます。それこそが恋の第一歩です!別れた理由を悲壮感ではなく、思い出話のように話すくらい達観していれば自然と思い話でも楽しい話に変わっていくことができます。

清潔感を保つ

これは恋をする上で最低限のマナーとも言えるモノです。例えバツイチでなくてもこれは相手に与える印象が段違いに違いますし、できていて当たり前のことです。服装、髪型、所作。人と出会う前の最低限の所さえ守っていれば誰も嫌いになったりはしないでしょう。
第一印象で嫌いになってしまう一番の理由がこれができていないことで、清潔感を出せていないことにあります。自分らしさをアピールする前に相手に「近寄っても大丈夫かな」と思わせるような雰囲気を自分自身で作ってあげることがまず第一歩でしょう。

チャンスを逃さないで!

時には強引さも必要です!チャンスは何度かありますが、そのチャンスがいつ来るかは自分次第です。それをモノにして初めて、何かが始まっていくのはバツイチの人なら尚更分かることでしょう。一度掴みかけたチャンスを気持ちの切り替えができていなかったり、引け目を感じていたりなどという小さな理由で逃さないでください。
出会いは常に前向きに!失敗することも経験になります。何度失敗したとしても必ず自分に合った人が現れます。それを待つだけではなく自分から探しに行くような気概を持つのが一番いいでしょう。

まとめ

バツイチ婚活は様々な弊害もあり、うまくいかないことも多いでしょう。しかしそこで諦めないで下さい!上記で紹介したような方法も数々あり、コツも複数存在します。是非バツイチ婚活を制して理想のパートナーを見つけ新たな人生の1ページを刻んでいきましょう。