国立社会保障・人口問題研究所が行った調査では、「彼氏がいない女性の割合は60%、彼女がいない男性の割合は70%」である事が発表されました。その理由は「一人でいる方が楽しい」「付き合う事が面倒くさい」というものでした。しかし結婚となると「いずれは結婚したいと思う男性は85.7%女性は85.7%と非常に高い割合でした。恋愛をしたくないというのではなく「いい人がいたら付き合いたい」「好きな人が現れたらいいな」と思っている人はとても多くいて恋愛に対するモチベーションはなくなってはいないと思います。

また最近は「中性」の男なのか女なのかはっきりしない人が多くなり芸能界でも注目されています。

恋愛は、その人の事を考えるだけで胸がキュンとしたり自分にはない女らしさにドキドキしたり、男らしいところに魅力を感じて好きになっていくものです。
昔は「いいなと思ったら強引に相手にアプローチをして付き合う」tという事が多かったのですが、今はどのようにして付き合っていいのわからないとなかなか自分からアプローチができない人が増えています。
その為、SNSを使って出会いを求める男女が多くなってきています。直接顔を見ないで話をすると緊張しないで話ができるという利点がありますね。逆に「顔もわからない人と親しくなるのは不安」「SNSだとその人がよくわからなくて信頼できない」と思う人もいます。「合コン」の良い所は、顔を見て話ができるという事なのでその人がどんな人なのか会話や表情を見る事で、メールよりもよくわかりますしあなたの事もよりわかってもらう事ができます。
「彼女を作ろう」「彼氏を作ろう」と気負わず色々な人と話をして自分の視野を広げようと気軽な気持ちで合コンを楽しんで下さいね

合コンを盛り上げたい…でも話題がない!

合コンを楽しみたいけれど「盛り上がらなかったらどうしよう」と不安な気持ちになりますね。「いい人がいたら付き合いたい」と誰もが思っている大きなチャンスの場!合コンして良かったと思えて、素敵な人と出会うことができたら本当に最高ですね。女性は話題を提供しながら7:3の割合で聞き役になるといいでしょう。
男性は、女性が話しやすい様な話題を選び話のきっかけを作ってあげて下さいね。
そして一番大切なのは「笑顔!]です。当たり前の事なのでそれは「わかっている」と思う人は多いと思いますが自然な笑顔はとっても難しいのです。心の中で「嫌だな」「つまらないな」「早く帰りたいな」と思っていると自分で意識していなくて目が笑っていない作り笑顔になっています。また無意識に見せる素の表情もその中の誰かが見ています。一人でもそのような人がいるとなんとなく重苦しい空気になって、どんな楽しい話題であっても盛り上がる雰囲気にはなりません。合コンは限られた時間の中で「楽しく過ごそう」と心に決めて楽しんで下さいね。前の日に笑顔の練習を鏡の前でしてみるのもいいかもしれません。

会話が弾む鉄板の話題

1.出身地や学校の話

同じ出身地や同じ学校の人がいたり、共通の友達がいるなどの共通点があると話が盛り上がります。
出身地に行った事がある人がいたり、話題になっている場所などのネタで盛り上がります。

2.食事の話

好きな食べ物、嫌いな食べ物の話は誰でも聞かれて嫌な話題ではないのでとても話やすい話題です。合コンは食事をする場所でする事が多いので目の前で食べている食べ物を話題にしてもいいでしょう。
おいしいお店の情報や行きたいお店の話もいいいですね。

3.最近流行っているテレビや映画、本や漫画の話

最近話題になっている「君の名」の映画をの話題や人気のあるドラマなど今の流行に合った話題はそこに参加している人が誰もが知っている話題ですしそれぞれ違った感想を持っているので価値観を知る事に事ができます。
好きな芸能人の話もお互いの好きなタイプを知るきっかけになります。気になる相手がいる時には、その人がどんなタイプの人が好きなのかが把握できそうですね。

4.趣味の話

自分の好きな事を話したり、聞かれる事はうれしいので気分が乗って話ができます。同じ趣味を持っている人がいる可能性もあり、「今度一緒に」と次の約束に繋がることがあります。またマニアックな趣味を持っている人がいるとその話題で盛り上がることもできます。

5.アルバイトやサークルの話

学生同士の合コンでは必ず出る話題ですね。同じバイトしていたり、前にしたことがあるなど話や面白い失敗談や変わったバイトの話も盛り上がりますね。

6.仕事の話

社会人同士の合コンでは、やはり仕事の話はしやすいですね。どんな職種の仕事をしているのかや仕事の悩みなどを話すとより親近感が湧いてきます。自分が経験した事のない仕事の話を聞くのは勉強や刺激になって楽しいです。

7.インタビュー

お互いもっとわかり合えるように、ゲーム形式で質問タイムをするのもいいですね。
聞きたいことを質問し合って答えると、よりその人の事がわかって接し方の参考になります。
人見知りの人や上手に話しに参加できない人が話やすい様に質問を振ってあげるといいでしょう。

自己紹介のポイント

合コンは最初に自己紹介をする事が多いです。ほとんどのメンバーが知らない者同士なので顔と名前を一致するのになくてはならない大切な儀式のようなものです。
第一印象を決める最初のきっかけになりますから気を抜かないで最高の自分をアピールしましょう。

印象を良くするためには、「笑顔で、明るく、はっきりと!」です。話をする速さは少しだけゆっくりした方が聞きやすく感じます。そういうことは「当たり前」と頭では理解していますがいざ自分の番になると、緊張して硬い表情でぼそぼそと話てしまう事があるので、鏡に向かって練習をしておくといいですね。これからの合コンにも役に立つことです。「自分は俳優なんだ」と心で思い込んでほんの数秒の舞台を演出して下さいね。
話す時間は内容を頭の中でまとめて短い方がいいです。

1.ニックネーム、いつも呼ばれている名前を言う

自己紹介で自分の名前の他にニックネームを付け加えることは、より親しみが湧き近い存在に感じる事ができます。ある会社では自分の名前を名札に小さく書きニックネームを大きく書いています。本当の名前よりもニックネームの方が顔と一致ししやすく印象が深くなるためにその様な工夫をしているそうです。いつも呼ばれているニックネームが一番いいですがない場合はあだ名や相手が覚えやすい名前を考えておくといいと思います。

2.大学名、社名が話題のきっかけに

学生の人なら大学名、社会人ならば会社名の話は共通の話題作りにいいことですね。同じ学校だったり、共通の友達がいたりすると会話が弾みます。大学のイメージや職種や会社のイメージでどんな人なのか何となくわかる事もあります。そこから話が広がって「遊び人のイメージがあったけど、まじめなんだな」とか「大人しいイメージだったけど話をしてみたら明るく活発な人なんだ」とギャップに親しみを持ったりその人に惹かれたりする事があります。

3,出身地も大事なネタの一つ

,出身地の話は大切な話題の一つです。偶然に同じ出身地だったりすると共通の話題がたくさんあって、まるで昔から知リ合いだったような親しみの感覚になります。その場所に偶然に親戚がいたり、旅行に行ったことがある場所だったり、昔住んでいた所だったりすると話が盛り上がりますね。あなたの出身地に関係する人がいなくても「ご当地ネタ」を話してみるのも興味を引くきっかけになります。

4.自己紹介で多くを語りすぎない!

自己紹介は、自分をアピールするチャンスなのですが気をつけなくてはならないことは「多くを語らない」事です。就職を決めるための面接のように自己アピールをし過ぎないようにしましょう。自分をよく見せようと自慢話をすると「すごい!」「偉いね」と周りの人が誉めてくれるかもしれませんが内心いい気持ちは持ちません。自分を知ってもらおうと生い立ちから現在まで全てを語る人はないと思いますが、人は「この人はどんな人なんだろう」とわからない事をわかろうとしたいものです。
合コンで一番人気ある人は、男女共に一生懸命に気を使って話を盛り上げて自己紹介をしている人より、口数の少ないミステリアスな人です。周りの人が話す内容や話す時間を観察してあまり多くを語らない事が大切です。

1.話題を後にとっておく

「ガム」は、最初は味があっておいしく食べていても、少し時間が経つと味がなくなり、ずっと噛んでいるのが嫌になってしまいますね。反対に「焼いたするめ」を口の中へ入れるとそのおいしさがいつまでも続いていて長い時間飽きずに食べる事ができます。それと同じ様に最初は色々な事を話してくれて楽しい人だなと思ってもらえても長い時間話をしていると、大した話題もなく話す内容に尽きてしまったなんて事になってしまうと「ガム」のようにになってしまいます。「するめ」になるためには、話せば話すほど話題が豊富で楽しいと思わせなくてはなりません。
最初から自分の全てを相手にわかってもらおうとあれこれ話をしないで、「まだまだおもしろい事があるよ」「続きはまた後で」と相手に期待させるような話をしましょう。テレビのドラマにはまっていく心理は「次にどうなっていくのか続きが気になる」と思う事です。

2.「好きなタイプ」を限定しすぎない

「どんなタイプの人が好き?」合コンでは定番の会話です。正直に「イケメン」「お金持ち」「美人でないと嫌だ」「スタイルがいい人」「高学歴の人」「有名企業に勤めている人」と自分の本当の気持ちを伝えたいところですが、合コンは本音を封印して下さい。なぜならそれを聞いた条件に合わない人は「俺は高学歴じゃないから駄目だな」「私はスタイルが悪いから対象外」と条件の合わないと思う人は心のシャッターが下りてしまいます。その人のことを何もわからないうちに、相手が心を開かななってしまう事は残念な事です。
例えば気になる人が「大人しい人が好き」というと本来の性格がおしゃべりで元気な性格なのに好かれたい一心で「大人しい性格」を無理に演じてしまう時があります。そうするとその人の個性は消えてしまいます大人しいと思って好きになったのに「思っていた人と違う」と良い付き合いができなくなってしまいます。気になる人がどんな人なのか正確に判断ができるように、好きなタイプは「曖昧に話しておく」方がいいと思います。

「好きになるとその人が好きになる」
「優しい人」
「性格のいい人」
「おもしろい人」
「明るい人」

などの抽象的な言葉で話す様にしましょう。

3.趣味を掘り下げない

合コンで盛り上がるのは趣味の話ですね。「合コンでどんな話をされたいか」と調査すると圧倒的に、「趣味の話」と答える人が多いです。その理由は「自分の好きな事だから話題に困らないから」「プライベートの話でないので話やすい」「相手の趣味が聞きやすい」「同じ趣味だったら盛り上がれる」などの意見でした。特に男性は女性から趣味の話を聞かれる事がうれしいようです。女性は男性が興味を持ちそうな事を事前にリサーチしておくといいですね。
笑顔で話を聞きながら時々質問して自分もその事に興味を持っていることをアピールするといいですね。
「好きなことを一生懸命にやっている姿」は輝いて魅力的に映るので良い印象を与える事ができます。誰もが知っているスポーツや音楽などは話に詰まっても誰かしらが知っているので発展のある話ができるにですが、「アニメ」や「電車」などマニアックな趣味はそれを好きな人にしか良さがわからないものなのでその良さをわかってもらおうと熱く語り過ぎるるのはもう少し親しくなる関係になるまで控えた方がいいです。

4.多くを語りすぎない方がウケが良い?

合コンで楽しい時を過ごすことは大切ですが、できたらその日だけで終わるのではなく次に繋げられるような合コンにしたいですね。もしも気になる人がその中にいたらなおさらです。「もっと話してしてみたい人」を目指して下さい。「読み切りコミックにならないように心がけましょう。それには自分のすべてを語らない事です。「余韻を残す言動」がポイントです。余計な話をしないで笑顔で話を聞いてくれる人の方が人気があるようです。

ウケのいい人はどんな人?

1.ガツガツしていない人

(ウケを狙いたくて誰かを傷つけるような言動をしない)
(彼女、彼氏を見つけたいと気になる人ばかりにアピールをしすぎない)

2.空気が読める人

(話の中に入れない人がいたらそれにいち早く気づいてくさりげなく話かける)
(料理やお酒がなくなったらすぐに気づいて注文する)
(さりげない気使いができる)

3.面倒見が良い人

(酔っている人に声をかけたり気づかった行動ができる)

4.「自分」を強調しない人

(自分が語るより相手の聞き役に回る)
(他人を立てる行動が常にできる)

合コンはこう盛り上げる!自己紹介後の話題

自己紹介が済んだ後は、個人的な内容の話をしてお互いの距離を縮めていきましょう。
[本当はどんな人なのか」を知る第ニステージですね。

第二ステージにはどんな話題がいい?

1.学生時代の思い出

・小さい頃はどんな子供だったか「三つ子の魂百まで」といいますから小さい頃の性格は今も変わらないものです。
・どんな部活に所属していたか。同じ部活に入っていた人がいいる可能性もありますし、厳しかった練習ネタも経験した事のない人には興味のある話です。

2.恋愛の話

・初恋はどんな人なのか聞くと、その人に直接好きなタイプを聞かなくても好きなタイプが大体わかります。男性が指名制の場所に飲みに行くとほとんどの人が「初恋の人」と似た人を指名するそうです。何歳になっても、別の場所に行ってもその傾向は変わらないようです。、好きなタイプはの基本は永遠に「初恋の人」だといえます。女性より男性の方がその傾向が強いようです。

・好きなタイプ、好きな芸能人を聞くとどんな雰囲気の人が好きなのかイメージがつきます。大人しい人が好きなのか、少し派手めな人が好きなのか、外見はあまり気にしなくて面白い人がいいのか、遊び上手な人がいいのか、まじめそうな人が好きなのかと大まかな好きなタイプがわかります。

3.家族の話

・どんな両親に育てられたか、兄弟、姉妹がいるのか
最初の自己紹介で家族の話をする人は少ないので家族構成についての話をすることもいいと思います。兄弟構成が同じだった場合には共通の話題で盛り上がりますね。兄弟で似ている所や違う所を話してみるのもいいですね。

4.将来の夢

・お互いの将来の夢を語り合う事は会話が広がる一つです。同じ様な夢を持っている人がいたり、自分の将来に向けて他の人の将来の夢の話が刺激になって将来のプラスになる事もあります。

1.食べ物の好き嫌いは取り分けるときに聞く!

その人をより知るためには「金銭感覚」と「食事の好み」です。同じ価値観を持っているかどうかを知る大切なポイントです。特に食事は育ってきた環境や生活習慣がdわかります。気になっている人ともし付き合うことになったら食事の好みは2人にとってとても大事です。食事の好みが合わないとデートでどこかに食べに行くときに意見が分かれて神経を使う事になります。長い目で見ると結婚生活を続けていくためには、食事の好みが「合う」「合わない」は重要なことになります。みんなで食べる食事を取り分けながらその食材をきっかけにして話を盛り上げていきましょう。
昔食べた学校給食やお弁当、いつも実家で食べているお勧め料理なども食事の好みがわかって盛り上がります。
お互いの好きな食事がきっかけに次のデートの約束ができるチャンス
があるかもしれません。

2.学校、職場の話をする

相手が学生同士や社会人同士の合コンで、学校の話や仕事の話をするとお互い共感できる事が多くありより親近感が湧きます。愚痴などマイナスな話ばかりでなくて面白いエピソードを混じえた話をするようにしましょう。

1.オチのない話を男性は好まない

「おしゃべり」というのは、相手の気持ちを考えず自分中心に話をする事です。女の子同士で話す内容の延長だと男性はどの様に反応をしたらいいのか困ってしまいます。お笑い芸人の様なウケを狙う話をすることもできないので、相手がどう感じるか想像力を利かせて話をしましょう。面白い話をしようと意気込まず楽しい話をしようと心がけて話をすれば大丈夫です。「クスッ」としてしまうくらいの話がいいですね。
「ウケ」よりも「かわいいな」と思ってもらえる事がポイントです。

2.悪口を言い過ぎない

合コンで「悪口」を言わないようにしようと誰もが思っているのですが、自分では言っていないつもりでも無意識に話す内容が結果的に悪口になっている事があります。周りの人は意外に冷静に観察をしているので注意が必要です。

1.お店の人の対応

お店の店員さんの料理の運び方や接し方が気になる事があった時

2.友達の事

合コンに参加している子の事で嫌な部分が見られた時
その場にいない子の話で誰かが悪口を言っている時

3.元彼・元彼女の事

過去に嫌な事をされた事や別れた理由を聞かれた時

4.家族や兄弟、会社の上司など自分の身近の人の事

いつも不満に思っている事が話題になった時

3.ネタに走りすぎない

合コンを盛り上げるために笑いを取ろうとする気持ちはよくわかります。笑いの絶えない合コンが理想的ですね。しかしその事に気合いを入れ過ぎてしまうと「空回り」してしまいます。流行の過ぎたネタ「今でしょう!]や「安心して下さい」や「そんなの関係ねえ」などかつてはうけていても今はしらけてしまいます。時代の流れをよく読むようにしましょう。プロの芸人でないので無理は禁物です。
どのようにさりげなく人を笑わせるか、ネタを言う上手なタイミングを日ごろからテレビなどで勉強しておくといいですね。。「笑いを取るために狙って言っている」と周りの人に気づかせない事がポイントです。

3.恋バナをする

合コンに参加しているみんなと打ち解けてきてお互いの人柄や性格が徐々にわかり始めてきたら、本題ともいえる「恋の話」で盛り上がりましょう。知らないもの同士なので気軽に話せるという利点があります。

どんな会話がいいの?

1.恋愛の価値観について

「彼女に尽くして欲しい」「毎日会いたい」「毎日メールしないと不安」「手をつないで歩きたい」「男の人に常にそリードしてもらいたい」などそれぞれに持つ「ここだけは譲れない」価値観を話す

2.キュンとするしぐさ

女性のしぐさでキュンとしてしまうしぐさは人によって違います。「そんなことでキュンとしてしまうの?」と女性が驚いてしまう様な話が聞けるかもしれません。女性は「筋肉がついている人のTシャツ姿」や「道路を歩く時に内側にそっと寄せてくれる優しさ」などの話はこれから付き合う事になった時の参考にできる話ですね。

3.フェチについて

男性は「胸が大きい人が好き」「背が高い人が好き」「背の低い人でないと嫌」「髪の長い人」「ウエストの細い人」女性は「筋肉がある人」「痩せている人」「顔が小さい人」「指がきれいな人」など色々な嗜好があるので楽しい話ができます。す。中にはどうしても理解できない様なフェチを持っている人もいるので笑いのある盛り上がった会話になります。

4.過去の恋愛

過去の恋愛の重い話は控えて話ましょう。「どんな付き合いをしてきたのか」「どうして別れてしまったのか」は、これから進展していくかも知れない恋の参考になります。変わった人に出会った話や素敵な恋愛をしてきた話、恋愛の面白い失敗談などがいいでしょう。過去の事だからといって不倫をしていた話や同棲していた話、遊ばれてしまった話は避けて下さい。その場だけでなくそれを聞いた人の心の中には、あなたの印象としてずっと残ってしまいます。人によては「過去の話が聞けてうれしい」「これから参考になる」「自分がその子と付き合う時には気をつけよう」とプラスに受け止める人もいますが、合コンは初めて会う人が多い場所なので個人的な過去の恋愛の話は控えて「どんな恋愛をしてきたのかな」と相手に想像してもらうくらいにとどめておきましょう。
「多くを語らない人」が魅力的」です。 

4.共通の趣味を見つける、相手の趣味に興味を持つ

趣味の話は、誰でも話がしやすくてみんなで盛り上がる話題の一つです。自分の興味のある事なので話をするのも楽しいし、誰も知らない知識を持っている事で尊敬される事もあります。共通の趣味を持っている人がいたら積極的には話をして盛り上がりましょう。同じ趣味を持っている人がいない場合は、他の人の趣味に「興味がある」という気持でアピールする事が大切です。時々質問をしながら聞き役に「回りましょう。気になっている人の趣味に興味を持って「始めてみようかな」思うこともありますし、自分の知らない話を聞く事は人生のプラスになりますね。

5.アプリを使う

色々な話しをした後は、みんなで簡単なゲームをして盛り上がりましょう。
上手にみんなと話をする事が苦手な人や人見知りの人でもゲームをきっかけに今までアピールできなかった自分のいい所をわかってもらえるチャンスになるかもしれません。何とも思っていなかった人が急に気になって好きにしまうこともあります。

1.相性診断アプリ

「相性診断タッチミー」

・男女の相性だけでなく友達同士の相性も判断できる
・相性診断は名前、生年月日、性別などを入力して2人同時にボタンを押して判断する
・判断は100点満点で600通りの診断結果がある
・利用は無料

「ウラナウ」

・相性占いや心理テストなど色々な占いを集めたエンタメアプリ
・「みんなのウラナウ」ではお互の指で画面をタッチして相性を占えることができたり、名前を言うだけだで好きかどうかわかってしまう事もできる。
・利用は無料

「あいのり2恋愛診断」

・人気テレビ番組恋愛観察バラエティーの恋愛診断アプリ。番組を知らない人も十分に楽しめる。
・10個の質問に答えると自分の恋愛型を判断してくれる。例えば「マイウェィか型」「ほったらかし型」など
・相手の診断結果を元に相性診断ができる

2.カメラアプリ

「相性診断2Shot」

・フレームを選んで2人で写真を撮るとすぐに相性診断ができる。
(2人の顔から相性がわかり、今後のアドバイスもしてくれる)
(相性がパーセントで表示される)

「女子のための手相」

・内臓されたカメラで手のひらを撮影して手相を読み取って占ってくれる
・自分のもて度や男性との相性、適した女子力アップの方法などがわかりどのようにしたら良いのかアドバイスがもらえる
・男性との2人の手相を一緒に撮り相性診断をしてくれる
・フレームを記念写真として残すことができる

「ツーショット相性診Love wirth]

・ツーショット写真で相性を判断してくれる
・相性度と親密度、コメントがついてくる
・2人で撮影したアルバムを自動保存してくれる

3.トランプ、ビンゴ、王様ゲームなどゲームアプリびんトランプアプリ

「ハマる!七並べ無料トランプゲーム」

・強さと見た目が違うAIと戦う
・勝ち続けるとランクが上がる
・ルールを自分でカスタマイズできる

「七並べをみんなで 罰セブン」

・最大人数10人
・URL,QRコードを使って入る事ができるのでみんながダウンロードする必要がない・罰があるのでスリルがある。

「ビンゴ25」

・3D映像で迫力ある
・本物のビンゴマシーンのように動いてボールが出てくる
・カードはないので用意する
・利用は無料

「むちゃぶり」

・「むちゃぶり」の設定を選んで内容を設定する
・男性だけや女性だけ全員を選択できる
・「飲み会」「プライベート」「ペナルティー」「♡系」などに分かれていてその場に合った選択ができる
・利用は無料

4.共通の知り合いの話をする

共通の友達がいる場合は、その人の話で会話が弾みますね。全く知らない人ではないような感覚になり安心感が出てきます。気をつけなくてはいけないのは「友達の悪口を絶対に言わない!」という事です。噂話はどのように流れるかわかりません。深い意味なく言った事が後あとトラブルになる事があります。既に知っている事があってもプライベートのことに触れずに「友達を褒める」ことを忘れないで下さい。