毎年20万件もの夫婦が離婚を選び、それぞれが新しい生活をスタートさせることと選んでいます。
その中には、前の奥さんまたは旦那さんとの子どもがいて、バツイチ子持ちの身として、新たな出会いを求めている人も。
でも、恋愛においてバツイチでありなおかつ子持ちということが、恋愛に消極的になったり、なかなか新しい相手との関係に踏み切れない、ということもあるようです。
そこで、今回はバツイチ子持ちの男性、女性は恋愛において本当に不利なのか?
その男女が直面する問題とは?
さらに、バツイチ子持ちの人を好きになって真剣に交際を考えている場合、どんなことを予期してお付き合いをし、乗り越えていく必要があるのかをご紹介します。
近年はシングルマザーやシングルファザーが増えていますから、是非チェックしてくださいね!

バツイチ子持ちの男性の場合

前の奥さんとの間に愛する子どもができたものの、奥さんとは別れることにした場合、自分が子どもを引き取って世話することにした男性もいます。
そのような男性の多くは、子どもをとても大事にしていたり、責任感の強い人でしょう。
自分ではなく、前の奥さんが引き取っているとしても、子供の存在は消えません。
では、そんな男性との恋愛は、どうゆうものになるのでしょうか??

恋愛に不利?

現代、バツイチで子持ちである人は少なくありません。
昔は、そのような背景があると確かに再婚が難しかったり、そのことが恋愛において不利になることが多くありました。
お見合いをするときなんかには、そのような背景があると相手に会ってもらうことさえできなかったようです。
でも現代バツイチでも、子どもさんがいても再婚して幸せになっている人たちはたくさんいます。
相手が初婚であっても、相手もバツイチで子持ちであってもお互いうまく恋愛をして、そして新しい家族の形を実現している人たちがいるのを知ると、勇気がわいてくるのではないでしょうか?

でも現実問題、バツイチでお子さんがいる男性は、普通の男性よりも恋愛においてたくさんの試練となるようなことに直面します。
そして、新しい恋人にもそれを理解してもらう必要があるでしょう。

子どもに会いたくなる

バツイチ子持ちの彼は、自分のことだけでなく子供のことなどいろいろな想いを抱えています。
もちろん彼女のこともとても大切なのですが、子供のことも当然大切で忘れることなどないでしょう。
だから、新しい恋を始めようとするときにも、彼女ができて二人で会うときにも、子供のことが頭のどこかにあるのです。
だから、もし彼女が「私と子供どっちが大事なの!?」みたいな発言をされると非常に困り、つらく感じます。
子供と彼女は全く別のフォルダで、どちらも大切な存在なのです。
だから、子持ちの彼と付き合う人はそのことを受け入れて、子供と自分を比較して彼を責めるような言葉を出さないように気を付ける必要があります。

そして、自分ではなく前の奥さんが子供を引き取っている男性の場合、いつまでたっても子供は子供。離れていても心配しているし、大切に思っている人がほとんどです。
だから、奥さんとは完全に終わっても、新しい恋人ができても、子供のことを忘れることはできず「会いたい」と強く思うこともあります。

結婚願望は残っている

離婚をした男性の多も、まだ結婚願望を持っている人はすくなくありません。
一度失敗しているとはいえ、自分の家族を持ち、癒しの存在が自分を支えてくれることを願っています。
でも、離婚を経験している分、結婚に関しては慎重になっていたり、なかなか踏み切れないという面もあります。
もう失敗したくはない、という思いからもしかしたら、付き合ってもすぐには結婚を匂わせないかも。
でも、一度経験があるからこそ、結婚というものとちゃんと向き合っているのかもしれません。

負い目がある

離婚を経験した男性は、結婚を成功させることができなかった、ということに負い目を感じているかもしれません。
男性は離婚の原因が自分にあったのではないか、と自分を責めているかも。
そして、自分に対してもさらに恋愛や結婚ということに対しても、自信を無くし、消極的になっている面もあります。
それは女性が思っている以上に、男性の心の深い闇になっていて、いつまでも負い目を感じているのかも。
そのように感じている男性、自分が次の恋愛をしてもいいのだろうか、と不安や申し訳ない気持ちも持っている可能性もあります。
それで、次の恋愛に踏むこむのを躊躇してしまう人もいます。

意外にモテるバツイチ子持ち

じつはバツイチで子持ちの男性って意外と女性たちにモテるんです!
その理由は、いろいろな経験を経た人間的な余裕を感じることにあるようです。
一度失敗しているから、女性を見る目もありそう、と感じている女性たちもいます。
さらに、経験からあまり高い理想を求めていなくて現実的に物事を見れる冷静な大人の余裕を感じるようです。
さらに、離婚して身の回りのことを自分で行っている男性は自立している感があり、結婚してもあまり手のかからなそう、というイメージも。
ハードな経験を乗り越えてきているから、これから起こる難しいことも乗り越える力も持っていそうです。
さらに、結婚体験のある男性は、独身の男性よりも女性の体のこと、体調不良のこと、女性特有のイライラなどもちゃんと分かっていそう。
その点、思いやりがありそうですよね。
そんな、一山超えたという器の大きさから、じつは人気があり、大人の男性としての魅力を感じるということで、バツイチ男性は人気があるんですね!
恋のチャンスは意外と多いのかも!?

子どもに会いににくい

離婚した相手との子供がいる場合、新しい恋人ができると子供に会いにくくなる、ということもあるようです。
子供に彼女を紹介するのは、気が引けるかもしれません。
そして、彼女の気持ちを考えて気を遣うと、子供に簡単には会いに行けなくなるのではないか、と考えてしまいます。
それが理由でなかなか複雑な心境を抱え新しい恋人を作るのにためらいを感じることもあります。
だから、できるなら自分の子供のことをちゃんと理解してくれて、自分にある程度の自由をくれる女性と恋愛ができたらいいと感じています。

バツイチ子持ち男性との恋愛

バツイチ子持ちの男性も、複雑な心境を抱えながらも、恋愛もしたいし、結婚願望もあることがわ借りました。
では実際に、まだ結婚経験のない独身男性との恋愛をするのと、離婚経験があり前の奥さんとの間の子供がいる男性との恋愛というのは、どういった違いがあるのでしょうか??

ハードルとなるのは

まず、ハードルとなるのは彼はこの恋愛を本気だと考えているのか、という心配があるかも知れません。
よく、離婚した男性は自分の自由な時間が増えて、毎日が楽しくなったということを言います。
確かに、また独身に戻ったわけなので自分のペースで生活を再スタートさせています。
それで、また恋愛を始めるときには”縛られない恋愛”を楽しみたい、と考えている人もいるようです。
だから、彼が今の自分との関係をちゃんと結婚も視野に入れて真剣に考えているのか、それともただ恋愛のいいことろだけを楽しみたい、と思っているのか、それを判断するのが難しいかもしれません。
女性の側が、結婚も視野に入れてお付き合いしたいと思っている場合は、そのことで悩むこともあるでしょう。
特に、付き合いが長いのに、なかなか”結婚”という二文字が出てこなかったりすると、自分との関係をどう思っているのか、不安になるかもしれません。
もしかしたら、相手の男性は以前の離婚がトラウマとなっていて、結婚に慎重になっているだけかもしれません。
でも、結婚というよりも恋愛だけを楽しみたい、もしくは自分の人生を楽しみたいのであって、結婚おいう枠に収まるのはもううんざり、と思っている男性なら、あなたとのギャップが生まれてしまいます。
正直に将来のことや自分の気持ち、願いを話し合わないと、うまくいかなくなる場合もあることを覚えておきましょう。

どうしても気になる前妻と子ども

彼との時間が本当に幸せで、ずっとこのまま一緒にいたい!
と感じていても、ふとした時に彼の口や彼の生活から出てくる前の奥さんや子供のことが気になってしまう、ということは必ずあります。

前の奥さんはどんな人だったのか、何歳の子供がいるのか、今はどんな関係でつながりを持っているのか、すべてどんどん気になってくることでしょう。
「元カノがいた」ということとは違い、離婚した男性には離婚後も慰謝料や養育費など責任を果たすべき相手がいる、ということは、彼との将来を考えるときにも必ず頭に浮かんできます。

強烈な嫉妬が生まれる

相手の男性が、元奥さんに子供のことで会うことになったり、「子供に会いたい」と言った発言を聞くろ、やはり気持ちがモヤッとするのが、普通です。
子供に会えないつらさなんかを自分に吐露されると、無性に腹が立つかもしれません。
彼のことは大好きなのに、いや、大好きだからこそ、彼が大事にしている子供さんのことをなかなか最初は受け入れられない、ということもあるようです。
そして、彼が子供とどのようにかかわろうとしているのかがわからなかったり、元奥さんのことをまだ心配していて、元奥さんから何かの連絡や助けを求めるメールが入るとすぐに反応するようなことがあると、本当に心が乱されます。
女性は基本的に自分を一番大事にしてほしい、守ってほしいと思っています。
だからその彼が元奥さんとのまだ曖昧な付き合いをしているなら、確実に嫉妬が生まれます。
女性のほうも、大事な彼のことを受け入れたい、と思ってはいてもそれを頭で思っているのと、嫉妬を納めることができるかは別問題となってきりするんです。

バツイチ子持ちの再婚

バツイチで、それも子供のいる男性、女性であっても再婚を望んでいる人たちはたくさんいます。
そして、相手に前の配偶者との子供がいるとしても、それも受け入れて結婚したい、という初婚の男女もいます。
でも、普通の結婚とは違い、元配偶者との関係、子供のことなどで多くの試練となるような状況が多いのですが、どんな風にそれを乗り越え再婚へと進めているのでしょうか?

バツイチ子持ちとの恋愛から

まず相手に離婚経験があり、そして子供がいる人の場合、多きな責任や、傷もしくはトラウマなどの複雑な感情を持っていることを、理解していかなくてはいけません。
それは、まず恋愛を始める時から始まります。
離婚経験をした人が、過去のこととどのように向き合っているのかを、ちゃんと知って理解したうえで、それ含めて一緒にいる必要があります。
もしかしたら、彼の元奥さんや子供との付き合い方に嫉妬をしてしまったとしても、お互いがお互いのことを理解できて、それでもずっと一緒にいたいと思ったときは、再婚を考えることでしょう。

お互いにバツイチで子持ちの場合

お互いにバツイチで子供がいる場合は、お互いの状況をより理解しやすいでしょう。
そして、自分では役目をなかなか果たせない、父親としてもしくは母親としての役目を相手が果たしてお互いに協力することによって子供たちにもちゃんと両親がいることとなり、それが両家族にとって良いことだ、と思えるかもしれません。
でも、お互いの子供に対してどのように接するのか、どの程度の距離で関わっていくのか、などかなり複雑で難しいことも考えていかなくてはいけません。
それは、お互いの子供の年齢がいくつで、どのくらいの世話が今後必要になってくるかでも、まったく違ってくることでしょう。
もし、子供の年がお互い近くて、うまくやれそうだと感じても子供が喧嘩などをして、仲が険悪になったりすると、大人同士の仲もうまくいかなくなったりすることがあります。
だから、その点でちゃんと二人でよく話し合って、二人が納得でき、子供たちに負担にならないように解決していく、ということを決意しているなら、再婚しても問題を乗り切ることができるでしょう。
多くのバツイチ子持ちの親たちは、再婚に向けて自分たち自身の相性も肝心なことですが、連れ子同士の相性も大切だと感じているようです。

バツイチ子持ち女性との結婚

バツイチ子持ちの女性は、ほとんどの場合子供のことを第一に考えています。
自分たちの勝手な離婚が、子供から父親を奪ってしまった、という気持ちから子供にできるだけ不便をかけさせないようにと頑張っています。
だから、恋愛においても結婚においても、子供がそれを反対するなら自分はあきらめよう、と考えるのです。
心の中では、自分にもパートナーがほしいし、子供にも良い父親になってくれる人が現れたら幸せだ、と思っていても、再婚して生活が変わり窮屈な思いをするのは子供だ、と感じているので結婚にはかなり慎重になっていることでしょう。
だから、バツイチ子持ちの女性との結婚を考えている男性は、そんな女性の気持ちをよく理解して、本人だけでなく子供たちにもたくさんの気遣いを示す必要があります。
彼女を独り占めしたい、という気持ちもあるかもしれませんが、彼女を大切に思っているなら、彼女が子供たちを優先している気持ちや思いを尊重して、受け入れていかなければいけません。
そして、その子供たちも愛して、自分の子供のように世話できる覚悟のある人でなければいけません。
よく、「再婚する気はなかったが、彼が子供たちとすぐに打ち解けて、子供たちが彼にとてもなついたので、再婚を決意した。」なんてコメントを聞きますよね。

バツイチ子持ちの女性は将来が不安

離婚し手、子供を育てていくうえで多くの女性が奮闘中です。
毎日忙しく、自分と子供のために家でも外でも働いていることでしょう。
でもふと、一人になったり周りのカップルを見たりすると、将来のことがむしょうに不安に感じるかも。
「このまま一人で、子供を育てていくのかな?」
「子供が独り立ちしたら、このまま一人でいきていくのかな?」
「やっぱり将来の支えになれるパートナーがほしい。でも・・・」
そんな不安な気持ちでいっぱいになる日もあるんです。

では、どんなことが一番の心配になっているのでしょうか?
そして、そんな不安を解消するためにできることとは??

出会いがない

このまま一人で子供を育て、生きているのはしんどい・・・。
そう感じている人は、支えてくれるパートナーを求めているし、できるなら再婚も考えているかもしれません。
でも、”離婚経験アリ&子持ち”という背景が恋愛において、なかなか不利に思えるかも。
そもそも、出会いがないことがかなりの悩みのようです。
自分の周りにも独身者が少ない年齢かもしれず、友達にも子供がいる立場ゆえ「いい人紹介して」とも言いにくい・・・。
それが現実のようです。
そして子持ち女性を恋愛対象として見てくれる男性があまりいないように思えることもあるでしょう。
さらに、子供がいて仕事をしているとなると、それだけで毎日はなかり忙しいでしょう。
男性との出会いを作る時間などはあまりありません。
だから、出会いをすぐに見つけるのは簡単ではないのです。
真剣にお付き合いできる相手との出会いを求めているのに、それがなかなか見つからないと、焦りの気持ちもでてくるかも。
でも、実際にはバツイチ子持ち女性のことを恋愛対象として見ていて、魅力を感じている男性もたくさんいるんです。
だから、どこでそうゆう人を見つけることができるかが問題になってきますね。

子どもがネックになっている

出会いがない、というのも恋愛ができない大きな悩みの一つですが、やはり一番は子供のことを思うと、なかなか恋愛をする時間や余裕が持てない、もしくは一歩を踏み出してよいのかわからない、と思っているお母さんたちがたくさんいます。

もちろん子どもが優先で恋愛は後回し

子供を大切に思っているお母さんたちであれば当然、自分のことよりも子供のことを優先するでしょう。
ただ自分が寂しいからと言って、好きなように恋愛をすることはできません。
自分にとって一番大切な存在の子供だって、寂しい思いをしていたり、お父さんがいないことで両親のいる子供より我慢していることもあるでしょう。
そう思うと、自分より子供のことを考えて恋愛は後回しになります。
付き合っている人がいてデートの約束をしていても、子供が熱を出せばそちらが優先になりますし、
いつも自分たちの都合だけで恋愛を楽しむことはできません。
もし、子供が相手のことを気に入らなければ再婚だってあきらめなきゃ、って思っているかも。

それでも恋愛がしたい

子供のことを一番に考えてあげたい、そう思っているとしても自分にとって支えとなる人を求める気持ちはどんどん強くなるかもしれません。
このまま一人で生きていくのは、とても無理なように思えているかも。
だから、子供のことももちろん考えて、自分にとって人生のパートナーになれる人を見つけたい、と思っているでしょう。
自分と子供にとって、良い影響を与えて守ってくれる男性と巡り合えたら最高です。

バツイチ子持ちの婚活

では、そんな風に子供を大切に思い、再婚を望んているママさんたちにはどんな婚活方法があるのでしょうか??
まずは出会いを求める必要がありますね。
たくさんの方法がありますが、何か一つ趣味を始めてみたり、週一でジムなどに通ってい出会いを見つけている人もいます。
さらに、婚活パーティーに参加している人もいるようです。
最近では、バツイチ子持ちの人向けの婚活パーティーも企画されています。
でも、「そんな時間ないよ!」と忙しくしている人はそれも難しいかもしれません。
そこで、ネットを活用して相手を探している人もたくさんいるようです。

多くのサイトがある

今は、婚活者向けの出会い系サイトがたくさんあります。
婚活・恋活サイトでは、バツイチOK,子持ちOKの条件で女性との出会いを探している男性がたくさん登録しています。
一般の出会い系サイトというと、遊び目的の人が登録している印象があるかもしれませんが、婚活者向けのサイトなら、まじめな恋愛をしたい、結婚相手を探したい、と思っている人が登録しているので、いい恋愛が始めれれることが多いでしょう。
サイトを通して出会い、再婚したという人のブログなどもありますよ!
ネットで婚活ができると、子供が寝ている時間や隙間時間などに相手を探すことができるので、シングルマザーの忙しい人も始めやすいようです。
でも、利用するサイトをちゃんと選ばないと時間とお金を無駄にしてしまうこともあり得ます!
だから、利用したいと思っているサイトがちゃんとした優良サイトなのか、それとも危険な悪徳サイトなのかをまず見極めてください。
では、どんな風に見極めていくことができるのでしょうか??

優良サイトの特徴

優良サイトというのは、それなりの会員数と信頼を獲得しているサイトです。
会員になるには、ちゃんと年齢確認などがとれている必要があります。
そうでないと、だれでも入会でき法に触れる可能性だってあるからです。
そして、料金もしっかりと安定している必要があります。
曖昧な料金設定ではなく、利用者側がしっかりと確認ができ、安心して使えるものでなければいけません。
さらに、出会い系サイトなのに、まったく出会えないというのでは意味がありません。
だから、口コミの評価などでしっかりと”出会える”という評価を得ているものを選びましょう。
優良サイトとしてい知られている多くの出会い系サイトは、名前が広告や雑誌などで大々的に知られています。
そして、TVなどで取り上げられることもあります。
老舗なら、実績と信頼があるので安心でしょう。

悪質サイトの特徴

悪質サイトの場合、よく”完全無料”とか”永久無料”という言葉を使っていることがあります。
無料という言葉にひかれるかもしれませんが、無料には無料の訳があることを覚えておきましょう。
無料の代わりに個人情報が簡単に漏れたりすることも可能性としてあります。
そして、悪質サイトの場合、料金設定があいまいであることもあります。
出会い系サイトに接続させてからクレジットカードを入力させて課金させ、引き落としをさせられる、というサイトもあるようです。
だから、知らないURLには接続しないようにしてください!
悪徳サイトも一見サイト内にはたくさんの会員がいるように見えるかもしれませんが、多くがサクラです。
そして、メールのやり取りはできるかもしれませんが、すぐにほかのサイトへの誘導をしてそこから高額な請求をするようなサイトもあるので注意が必要です。
口コミを見ると、お金を使って利用しても全然出会えない、というサイトもあることがわかります。
そして、近年では婚活ブームを利用して結婚詐欺も増えています。
結婚を餌にして相手に近づき、借金返済の相談をして来たりする人もいるようなので注意してくださいね!

相手もバツイチ男性だったら

バツイチ子持ちの女性が婚活している場合、相手の男性もバツイチであるならどう思うのでしょうか?
多くの女性たちは、相手もバツイチであることで少し安心するところがあるようです。
一度家庭というものを経験している男性は、家庭ということに理解がある場合が多いです。
そして、バツイチ同士で意気投合できたり、話しやすいこともあるようですね。
だから、再婚同士のお付き合いというのは多いようですよ。

恋人がバツイチ子持ちだったら

もし、あなたに今バツイチ子持ちの恋人がいる場合、どんなことが予想されるでしょうか?
そして、いま気になっている人がバツイチ子持ちの人だとわかったら、どうしますか??
お付き合いすることになったらどんなリスクがあって、結婚を考えるとしたらどんなことを予期しておく必要があるのか、見てみましょう。

バツイチ子持ちの彼氏の場合

大好きになった人が、離婚経験があり、しかも子供がいるとしたら、彼の過去のこととも向き合っていく必要があります。
彼が今、どんな風に元奥さんや子供との関係を築いているのか、そのことを気にするでしょう。
そして、彼女は時々落ち込む彼を見ていて、「前のことをまだ引きずっている!」と思って、ついつい「未練がましい!」って思ってしまうかもしれませんが、離婚を経験した男性の感情というのはそんな簡単なものではありません。
離婚した奥さん、そして子供に対して、ずっと自分を責めていて、大きな重荷を背負っているように感じている人もいるので、決してそのような軽々しく離婚の原因についてや未練があるなどとせめてはいけませんよ!
もし、彼と本当に長く一緒にいるつもりなら、その彼の過去も含めて受け止めていく必要がありそうです。

バツイチ子持ちの彼女の場合

離婚して子供を引き取っているシングルマザーの彼女がいる場合、あなたの側に我慢が必要な時が多くなるかもしれません。
子供がいると、どうしても二人だけの都合でいつでも好きなように会ったり、デートしたりすることはできなません。
子供のことを優先している女性であれば、二人の記念日やクリスマスなど一般にカップルなら一緒に過ごすときにも一緒にいることはできないかもしれません。
そのようなことも含めて彼女のことを守りたい、支えたいと思うのであれば、彼女の子供との生活のことを尊重して都合を合わせたり、時には我慢をする必要があります。
さらに、彼女が子供を優先して自分の恋愛を考えているということがわかるなら、子供とも仲良くなったりしておくと、彼女はとてもホッとして、あなたにもっと感謝してくれることでしょう。

どんなリスクを背負う?

ただの離婚経験がある男性または女性との交際が進んで、もし結婚を望むようになったとしたら、二人のことだけでなく子供のことが大きな問題になることでしょう。
もし、子供のいる男性との結婚を考え始めたとしましょう。
彼の子供は今元奥さんが引き取っています。
でも、もしその元奥さんの身に何かがあって、彼が引き取ることになったとしたらそれを受け入れられるでしょうか?
元奥さんが再婚することになって、子供を引き取ってほしいと元旦那にお願いすることだって実際にあるんです。
そうなっても、子供も含めて一緒に生きていきたいと思えるでしょうか?
そして、彼ともし結婚することになった場合、前の奥さんへの慰謝料や子供への養育費は、あなたとの生活費の中から出ていくことになります。
お財布は別だとしても、彼がそのことにお金をたくさん使うことは受け入れられますか?
費用の面でも自分のメンタル的に負うであろう負担についても、考える必要がありそうですね。

逆に、シングルマザーとの結婚を真剣に考えたいと思うようになったとしたら、子供に本当に受け入れてもらえるか、という問題もあります。
その子供を自分の子供のように面倒を見て可愛がり、世話をすることができるのでしょうか?
その心の準備が自分にはできているのか、真剣な交際の前に考えたほうがよさそうです。

結婚となるといろいろ抱えることに

本当に結婚を決めたなら、その決定が多少なりとも周りの人にも影響することになります。
二人でなく、子供も含めて新しい家庭を作ることを決意したわけなので、周りの人にも理解と協力をしてもらえたらいいですよね。
でも、それにはいろいろと、頭を悩ませることが多そうです・・・。

自分の親にどう報告する

まずに、自分の親にどう報告すればいいかと悩むことでしょう。
もしあなたが初婚で、相手が子持ちの離婚歴がある人であれば、親の反応が心配だということがありますよね。
親からしたら、急に嫁または婿と孫が一度にできるなんて予想をしていなかったかもしれません。
だから、親に結婚を納得してもらうには親の気持ちを考慮しつつ、自分たちの願いを誠実に伝える必要があります。
できれば、前情報として子持ちの人と真剣に交際していること、その人の惹かれる人柄などを話しておきましょう。
そして、親は相手に離婚歴あるということでアレコレと心配します。
だから、子育てのことにしても、結婚後の生活のことにしても、お金のことにしても、自分たちがしっかりと話し合って明確な計画とイメージを持って現実に考えていることが伝わるようにしましょう。
そして、なぜ相手に離婚歴があるのかを知りたいと思っています。
性格に何か問題があるのか?DVなどがあるのではないか?浮気性なのではないか?といったことを心配するでしょう。
なので、正直に離婚した正当な理由を勇気をだして伝えたほうが信頼してもらいやすくなります。

結婚式は開く?しない?

初婚である場合多くの人が結婚式を開きますが、再婚となると式を挙げない人も多くなります。
でも、お互いのけじめや結婚したという気持ちを強めるため、そしてその決意を周りの人にもちゃんと伝えるために、結婚式を挙げたほうが良い、と考える人もいます。
これは結婚する二人と、親などの気持ちによるとことが多いようです。
二人だけや、親族だけの小規模で済ませる人や、社会的立場ゆえに仕事関係の人や同僚なども読んで行う人たちもいるようです。

相手の子どもにどう接する?

相手の子供とどんな関係を築いていくか、というのは大きな課題となります。
もし、結婚したとしても子供はすぐに自分の家族という感覚を持たないでしょう。
ましてや、自分のお父さんもしくはお母さんという絆を持つにはかなりの時間と努力が必要です。
さらに、教育の面でも夫婦でのコミュニケーションが必須になります。
教育の点で考え方が違うと、その接し方のことで大きな喧嘩になったり溝を作ることになりかねません。
相手の子供にどう接していきたいか、ということは夫婦でしっかりと話し合い、子供の気持ちに合わせて調整していく必要がありそうです。

お互いに幸せになるには

再婚となると、お互いの過去のこと、子供のこと、そして今、といった相手を思いやったり理解すべきことがたくさん出てきます。
だから、お互いの気持ちなどをしっかり理解していく努力は欠かせません。
難しい問題が出てきても、それを一緒に乗り越えていく覚悟を持ちましょう。