結婚してずっと幸せに一人の人と添い遂げられるのが1番ですが、残念ながら結婚生活がうまくいかずに離婚してしまったり、残念ながら若くして配偶者の方が亡くなってしまうというケースは決して珍しくありません。

昨今、どんなに辛くても結婚生活を維持するという方が少なくなって離婚件数も増えています。
それに従って再婚を考える方も増えてきています。

やはり、特に子供がいると再婚までのハードルが非常に高いですが、それでも再婚にメリットを見出している方もいます。
ですが、安易な再婚は大きな後悔を生み出すことがあります。

ですので、再婚を考えた時は今一度自分に最適なのかどうかということを考える必要があります。

再婚のメリット・デメリット

再婚は、子供がいない方でしたらただ単にもう一度結婚するだけですので、そこまで大きな問題はありません。
あるとしたら相手方の親御さんとの関係くらいです。
ですので、大人同士ということもあり、そこまで大きな問題には繋がりませんが、特に問題になりやすいのが、お子さんを連れた形での再婚です。

再婚というと結婚する者同士の問題ですが、お子さんはその義理の父や義理の母と密接に関わることになります。ですので、子どもがどう思うのかや、いろいろとお子さんと再婚相手との関係性を気にすることが出てきます。

再婚のメリットとデメリットを一つ一つ見ていきましょう。

メリットは安心感だけじゃない

やはり、お子さんがいない方でも配偶者の方がずっと一緒に居ると言うのは大きな安心感があります。

お子さんがいる方でも、経済面や子供を見る目からしても、安定を得ることができるケースがあります。
ですので再婚の求める方の多くは安心感を求めているのではないでしょうか?

ですが再婚のメリットは何もその安心感と言う精神的なものだけではありません。
男女ともに再婚で得られるメリットがあります。
特徴により男女でちょっと違ってはきますが、男女お互いのメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

女性のメリット

最近は男女平等になってきたとは言え、特にお子さんがいると女性1人の経済面でお子さんを支えるのは大変です。
またお子さんがいなくても、女性の方が男性に比べると収入が低い方も少なくありません。

ですので、女性が再婚する大きなメリットとしては経済面での安定です。

一緒に生活する方がお金を稼いできてくれ、なおかつ家賃や食費等を折半してくれるので、もし夫婦別財布であったとしてもそのような経済面での恩恵は大きいです。
お子さんがいる方でしたら、女性はパートなど負担の軽い仕事に変え、男性がお金を稼ぐ役、女性が子供を見る役と分担ができるので女性の負担も大きく減ります。

男性のメリット

男性が再婚するメリットとしては、お子さんが居るのであれば、女性の細やかな目配りを得ることができますので、安心して仕事に打ち込める点です。
もちろん個人差があるので一概には言えませんが、女性の方が細やかな目配りを得意としているので、家事能力が高いケースも多くあり、仕事をしながら家事育児をしている男性であれば、家事育児に関しては大きなメリットがあります。

また、家事能力がそんなに高くない女性の方でも、お仕事でお金を稼ぐ能力は高い女性であれば、経済面でも助かります。1人で暮らしでも2人で暮らしても、家賃が上がるわけではなく折半もできますので経済的負担の軽減もできます。

様々なデメリットがある

このようなメリットのある再婚ですが、メリットばかりを見ていては思いがけないデメリットが存在するときに後悔してしまいます。

ですので、再婚を考える内であれば、再婚のデメリットにもしっかりと知っておく必要があります。

「今度こそうまく行きたい!」「彼(彼女)が好き!」と言う気持ちもあると思いますが、その気持ちが勝ってデメリットに蓋をしないようにしましょう。

少々耳の痛い話もあるかもしれませんが、再婚のデメリットにはどのようなものがあるのかを一つ一つ見ていきましょう。

女性のデメリット

女性で母子家庭の方であれば、経済面でのメリットは得られる一方で、気をつけるべき点もあります。

もし、女のお子さんがいるのであれば再婚は慎重にしましょう。

もちろん、うまくいってる子家庭ももちろんあります。

ですが、残念ながら女のお子さんが成長された時、娘さんのほうに興味がいってしまうという男性の方もいるのです。
そうなると、血のつながらない男女が1つ屋根の下にいる状態ですので、娘さんが危険にさらされる可能性があります。

注意点としては、例えば息子さんと娘さんどちらもいると言うのに、お嬢さんのほうにばかり関心を持つ男性は気をつけましょう。

母子家庭で育った著者の場合は、再婚ではなくただ週末に来る男性がいただけですが、男兄弟には全く興味を持たなかったのに、著者のほうにばかり関心を持つ男性がいました。
やはり、母の前でと娘の著者の前とでは、態度が大きく違いました。

そんな人ばかりではないとは思いますが、残念ながらそのような男性もこの世には存在します。

ですので、再婚相手の男性と娘さんとの間でそのような揉め事が起こったとき、冷静に対処する力が求められます。

男性のデメリット

男性側のデメリットとしても似たような点があります。再婚する女性が非常に若い場合、もし息子さんがいる場合ですと、息子さんがその再婚相手の女性に興味を持つと関係性が一気に崩れることがあります。

また、仮に娘さんだった場合だとしても、女性同士で相性が悪いと修復が難しい位にもめることもあります。
一般の初婚の男性であっても自分にとってのお母さん(姑)とお嫁さんとの仲を取り持つ力量が求められることがあります。

それが再婚となると、初婚相手の女性が唯一血がつながらない人ですので、その女性と他の家族との仲を取り持つ力量が求められます。

また、皆が皆そうだとは限りませんが、女性は感情的な人が多いです。
もし実の子が生まれると、実の子ばかりを可愛がって上の子に冷たく当たる女性もいると言われています。

ですので、冷静にうまく人間関係を取り持つことが大切になってきます。

再婚したい気持ちに男女差はある?

このようにメリットデメリットどちらもある再婚ですが、この再婚したいっていう気持ちには男女差はあるのでしょうか?

よく婚活サイトを見ても、母子家庭の方向けの婚活サイトのメニューはあるのですが、意外にも男性向けのそのようなメニューを目にすることは少ないです。
そのようなことから考えると、もしかしたら再婚したいという気持ちはどちらかと言うと女性側の方が強いのかもしれませんね。

ですが、もちろん男性にも再婚をしたいという気持ちがあると言う人もいます。

ですので男性が再婚に対して求めるもの、女性が再婚に対して望むものを1つ1つを見ていきましょう。

男性が望むもの

男性が再婚するときに、意外にも精神的なところを求めることが多いようです。男性は基本的にお金を稼ぐ能力は女性に比べると高いことが多く、家事育児に関しても、ご実家の自分のお母さんに頼ったり、収入の高い男性であれば、家事代行サービス等の外注サービスをうまく利用しているケースが多いようです。

ですので、男性が再婚したい時は、精神的に甘えさせてくれる女性を求めていることが多いようです。
一度結婚で失敗をしているので、今度こそは精神的に余裕がある女性、親権を取られるケースが多い男性ですと、離れて暮らしている子供を思い出してブルーになることがありますが、その時に慰めてくれる女性が良いと言われているようです。

女性が望むもの

女性が再婚に踏み切る理由としては、やはり経済的な安定が挙げられるようです。

女性が子供を育てながら仕事をするというのは並大抵ではありません。

特にお子さんが小さいと病気等の度に休まざるをえず、正社員になれないために非正規雇用で何とか生計を立てていることが多いようです。

確かにお金だけではないと言われていますが、大半の事はお金が必要です。
ですので、再婚相手の男性がいることで、仮にその非正規雇用の仕事やめなかったとしても経済面では非常に収入が増えるのです。

また、1人で仕事や育児等を抱えて辛い時に支えてくれる男性がいると言うことで、精神的にも大きな助けになるようです。

女性の場合は、精神的な安定ももちろんありますが、実質的なところを見ているケースが多いようです。

再婚率は意外と高い

そのようなことから、意外と再婚率は高い傾向にあります。
昔は、「一度結婚したらもう実家はないと思え!」と言われることもあったようですが、今や、そのようなバツイチの方も決して珍しくなく、女性の方でも実家で仕事をしながら子育てをしている方も多いです。

確かにおばあちゃんの助けがあると非常にありがたいですが、仕事しながら育児をするのは精神的に大変な事です。誰か自分のそばにいてくれる異性がいてほしいと願うこともあるようです。
それは男性にしても同じで、仕事に育児にと奮闘していても、やはり心の隙間があることが少なくないです。

婚活サイトが増えた

バツイチの男女が増えたと言うこともあってか、再婚を前提とした婚活サイトも増えてきています。中には、シングルマザー専用のコースというものまであり、シングルマザーと、それに理解のある男性と言う組み合わせの婚活サイトもあります。

ですので、バツイチだからと気後れすることなく婚活サイトを利用することができるのです。

大手の有名な婚活サイトでもそのようなコースがあり、それほどにシングルマザーの方の再婚を望む気持ちはメジャーになってきているのです。

シングルファーザーに関しては、どちらかと言うと親権が女性の方に行きやすいことからまだそのようなコースは用意されていませんが、ゆくゆくはシングルファーザー向けのコースというのも出てくるでしょう。

孤独感を埋めたい人が多い

多くの人がこなしている仕事や育児ですが、やはりそれを1人で頑張るというのは非常に孤独な作業です。
仕事にしても、育児にしても悩みを抱えることが多いです。
特に育児はまだ人格形成の最中の子供育てているので、意外にも神経を使う作業です。

このような悩みに心から寄り添ってくれる人が欲しいと思うのはある意味当然です。
多くの人が、育児は配偶者と一緒に行っています。
そんな中、そのような作業を1人で行っているということであれば、自分も2人で子供育てていきたいと考えている人がいても決しておかしくはありません。

仕事にしても、家に帰ると「お疲れ様」と言ってくれる大人が家庭内に1人いるだけでも大きく違うのです。

再婚したい理由とは

具体的に再婚したい理由としてはどのような点を挙げているのでしょうか?
著者は、子供時代に母子家庭で育ちました。
ですので、女性側の再婚して理由というのが手に取るように理解できます。
それと同時に、1人の親の生活を実際に体験しているので、男性側の再婚したい理由としても大体の想像がつきます。

そうはいっても、著者の場合は子供時代の経験ですので、ここは実際に母子家庭や父子家庭でがんばっている方の再婚したい理由に耳を傾けていきましょう。

一人での育児は大変だから

1人での育児は男女問わず大変です。男性は、責任ある仕事任されているケースが多く、仕事と育児の兼ね合いに悩んでいる男性も多いでしょう。確かに経済面を解決しますが、子供の精神的なフォローにまでなかなか目が届かないと言う方も少なくありません。

それに対し、女性はどちらかと言うと男性に比べて収入と言う方が多く、仕事量を増やさないと生活できないという方も少なくありません。
ですので、そのような意味で子供のフォローにまで目が届かない方が多いです。

やはり、再婚することで大人のもう1人の目がある状態になりますので、育児の精神的なフォローの部分に大きなメリットを見出している方が男女問わず多いのです。

経済的な負担が軽くなる

例え相手の収入がそこまで多くなかったとしても、1人で家賃や食費を払い続けるよりかは、もう1人の収入があるというのは大きく違ってきます。

例えば住む所に関して言うと、1人の収入で家賃を払い続けるより、2人の収入の方が家賃を支払うのは楽になります。
特に、人数によって家賃が決定しているわけではないので、そのような固定費をシェアをすることで経済的な負担が非常に軽くなるのです。

それは、収入が低い傾向にある女性でも同じです。たとえ女性側の収入が低かったとしても、家賃の半分や食費の半分ぐらいでしたら問題なく稼げる方も多いですので、経済的な負担は間違いなく軽くなります。

子どもに安心を与えたい

母子家庭や父子家庭の方は、1人で仕事も子育てもこなさなくてはなりません。ですので仕事に比重がかかりすぎると生活は安定しますが、子供へのフォローが手薄になります。

逆に、子供へのフォローを手厚くしようとするあまりに仕事をセーブすると今度は生活が苦しくなってきます。

確かに、それをうまくしているという方もいるかもしれませんが、やはり大人1人の力では限界があります。

ですので再婚して家庭に大人が2人いる状態にすることで、仕事も子供へのフォローもどちらも安定させることができるようになります。

美味しいご飯を食べたい

やはり仕事に忙しいと、ご飯もどうしても出来合いのものやコンビニの弁当が増えてくることがあります。
最近は、このご飯に関しても外注サービスがありますが、経済面のことを考えるとあまり経済的ではなく、やはり手料理が食べたいと言うこともあります。

そんな時、自分が仕事が終わって帰ってきたときに、配偶者の方が手料理を作って待ってくれると、外食するよりもコスト安く美味しい手料理を食べることができます。
やはり、手料理が恋しいと良い時がありますよね。
そんな時に再婚したいなと思う方もいるようです。

いい人もいるし今すぐ再婚!とはいかない

もし、離婚してからまもなく、良い方と出会うことが出来て、交際に発展した時、再婚を考えることもあるかもしれません。
ですが、残念ながらすぐに再婚すると言うわけにはいかないのです。

現在は少々事情が変わってきているところもありますが、法的に再婚の禁止されている期間があります。
この再婚禁止期間とはどのようなものなのでしょうか?
また、そのような制度があるのは一体なぜなのでしょうか?

女性には「再婚禁止期間」が定められている

いざ再婚という時に、考えなくてはならないのは女性側にだけ再婚禁止期間というものが定められている事です。

その期間は100日間と言われています。

それはなぜなのかと言うと、女性は男性と違って子供を身ごもり出産しますので、再婚禁止期間を設けないことによって、離婚した元夫の子どもなのか、再婚相手の子どもなのかが分からなくなってしまう事態を避けるためです。

養育費等に関しても、このお腹の子が誰の子なのかというのは非常に重要なことです。
ですので、法的にそのような混乱を招かないようにという配慮があった上でそのように定められています。

もし、「再婚禁止期間」を破ると

法的に定められているので、再婚禁止期間を破って入籍すると言う事は難しいです。
ですが、中にはその再婚禁止期間100日以内に新しい交際相手の男性の子供を妊娠するケースが多々あります。

その時は、以前は自動的に離婚した夫の子供として籍に入ることが多かったようです。
ですが最近は科学的にも発達してきて、離婚した後の妊娠という事が証明でき、医師に診断書を書いてもらう事で現夫の子どもと認められるケースも出てきているようです。

法律と医学の進歩によって、アンバランスが生まれている状態ですので、医師や弁護士等様々な分野のプロの指示を仰ぐのが確実です。

例外になるケースもある

ですが、このような女性の再婚禁止期間が適用されないケースがあります。
それは、女性が前の結婚生活を解消したり取り消しをした直後に、妊娠していないという事を科学的にに立証することが出来れば、100日を経過していなくても婚姻届が受理されます。
ですので、離婚後再婚相手とすぐに再婚したいと言うことであれば、離婚してすぐに妊娠していないことを医学的に立証する必要があります。

もう一つの例外は前の結婚の解消や取り消しをした後に出産した場合です。

この2ついずれかをクリアすれば、例え離婚した翌日であっても入籍を認められることがあります。

子どもがいると養育費の問題も

もし離婚した後、次に出てくる問題は子供の養育費です。
多くの場合は、お子さんが小さいほどに女性の方が親権を持つことがあります。

ですので男性が再婚する時は、多くの方が前の奥さんとのお子さんへの養育費の支払いをしているケースが多いです。
もちろん、ご主人の方が親権を持つと、元奥さんが養育費の支払いをするということで、そこは男女は特に関係ありません。

確かに、養育費を不払いにしている方もいますが、養育費に関しては子供の権利ですので強制執行や差し押さえもできます。

ですので、再婚した後養育費の支払いが負担になって、生活が苦しくなるケースもよくあります。

再婚ならではの悩み

再婚するにあたっては、初婚時とは同じようにはいかないことがあります。
やはり、一度(もしくは複数回)結婚で失敗していることから、周りの人にどう報告したら良いかや、結婚式の問題など色々と出てきます。

特にお子さんがいらっしゃるとなれば、親御さんも孫の心配をするということも出てくるでしょう。

いろいろなケースがあるので一概には言えませんが、やはり初婚の時とは違って一筋縄ではいかないケースも多いようです。

既に再婚した方は、どのようにそのような危機を乗り越えてきたのでしょうか?
親御さんへの説明の仕方や、結婚式のことなど、色々と見ていきましょう。

どう親に説明しよう…

再婚するにあたって初めてのハードルは、親御さんへの説明です。
まだお付き合いだけの段階では、特に家族は関係ありませんので特に親子さんに説明すると言う必要性はありません。

ですが結婚となると話は別です。

家同士の付き合いにもなってきますので、当然親御さんへの説明が必要です。

そこで、再婚を成功させた方の声に耳を傾けると、お子さん(孫)が再婚を望んでいるという方向性で説得したケースがあるようです。
やはり、親御さんにとっての心配は孫の事であることが多いようです。その孫が説得するということであれば、すんなりと納得する方が多いようです。

いろいろなケースがあるので一概には言えませんが、再婚される方はそこそこのお年であることが多く、親子さんもすんなりと納得するケースも多いようです。

結婚式は上げてもいい?

そして、再婚するときの次のハードルは結婚式です。
1度目の結婚で色々とご祝儀をいただいていると、またご祝儀を出していただくことには大変気が引けるということも多いです。

ですが、男性側が再婚で相手側の女性が初婚である場合、女性本人や女性の親御さんが結婚式を強く望まれることがあります。
ですので、再婚だから結婚式はあげないという選択肢は非常に難しいケースが多いです。

様々なケースがありますが、再婚の場合は、ご祝儀を辞退することが多いようです。
もしくはお車代を多く出すなど、経済的な負担に書けないということを前提にしているケースが多いと言われています。

また、ご祝儀を辞退することは口頭ではなく、出来れば招待状等の書類にしっかりと残すことが大切です。

白無垢は再婚でも着れる?

とある有名な歌舞伎役者の方と女優の方が再婚した時、白無垢を来た事で激しいバッシングされました。
白無垢が「真っ新で穢れがない」という事であるにもかかわらず、再婚の人が着るのはおかしいのではないかと言うのです。「再婚なのに白無垢を着るなんて恥ずかしい。」という声もあると、再婚の時に着るのはおかしい事なのかと悩んでしまいますね。

ですが、実際に式場にお勤めの方の話を聞くと、意外にも再婚の方でも白無垢を着ていることが多いといいます。
むしろ白無垢を着る着ないではなく、お色直しをどうするかで悩む方が多いとか。
ですので再婚だから純白の白無垢を着てはいけないというわけでは無いようですね。

招待客は1回目と同じでいいの?

招待客については、再婚同士の組み合わせのカップルなのか、どちらかが初婚なのかで大きく違ってくるようです。

再婚同士であれば、仮に式を挙げるとすると親族のみである場合が多いようです。
ですので、互いの両親や兄弟のみの参加で、披露宴はなく、食事会で終わるケースが多いと言われています。
招待客がいる場合でも、上司や同僚や親しい友人など本当に近い関係の方で行われることが多いようです。初婚の時にどれぐらいの人を呼んだかにもよりますが、初婚の時も親兄弟や親しい方のみを呼んだという事であれば、1回目とほぼ同じなのかもしれません。

それに対し、一方が初婚である場合はほぼ初婚時と同じようです。
やはり、特に女性側が初婚である場合は、男性側が女性側が喜ぶようにするので、招待客も1回目とほぼ同じようになるケースが多いようです。

ただ、あまりにも招待客に対して配慮がないということであれば、出席を拒否されるケースもあります。
ネット上で見たケースで、兄弟仲があまり良くないために再婚で式を上げる時に軒並み兄弟が欠席するケースもあったようです。
そのようなケースでは、「1回目でもう義理を果たした」「もう初婚時に祝儀等を出しているので経済的に大変だ」ということを理由にされたようです。

そのようなことを踏まえると、大切な事は再婚側は特に来ていただくという気持ちを大切にし、ご祝儀をいただかないようにする、引き出物高いものにするなど、招待客の方に負担をかけないようにすることが大切です。

わたし、再婚できるのかな

1人で仕事や家事を子育てを頑張っていると、ふっと再婚したいなと思うことありますよね。

ですが、なかなか仕事に育児にと忙しいと、異性と出会うという事は仕事以外にはそんなにないかもしれません。

そんな忙しい生活を送っていると、自分が再婚できるのかなと思ってしまいますね。

確かに、現実的に再婚したいと言うことであれば、再婚を目的とした婚活サイトに登録するなど実質的な行動が大切です。
ですがたまには占いに頼ってみても良いのではないのでしょうか?

再婚占いをしてみては?

そこで、最高の占いを試してみてはいかがいいでしょうか?ネットで検索すると、いろいろな再婚占いがあります。

中には無料でできるところもありますので、経済的な負担がないのも嬉しいですね。

占いは当たるも八卦当たらぬも八卦です。
ですので、必ずと言う保証はありませんが、もし良い結果が出たら、なんとなく自分は再婚できるのではないかという希望を抱くことができますね。

相手との相性がわかる

もし既に再婚を考えているお相手がいるのであれば、その方との相性占いで見てみてはいかがでしょうか?

占いで、当たってるところがあると「占いなんて特に信じない!」と言う方でもなんか嬉しいものがありますよね!
確かに、相手との未来と言うとわからないところがあるけれど、占いを通してその相手の方との未来を考えるのも非常に楽しいですよね♪
ですので、そのようなネット上での相手との相性占いを見るのも楽しいのではないでしょうか?

婚期がいつなのか知れる

初婚にしても再婚にしても、占いで婚期を占うことができますよね。
そのような婚期がいつなのかというのを知ることができるのはうれしいものがあります。

意外と、占いというと非科学的なものでも、このようなことがきっかけで、相手にプッシュをする勇気が出ることもあります。
やはり、プロポーズと言うと男性側がする事が多いです。
男性で占いを信じる人は少ないですが、そのような動機付けのために婚期を知るための占いをするのもいいかもしれませんね。

運気アップを目指せる

やっぱり、何かにつけ人間の精神面は非常に大切です。
具体例を挙げると、癌のような深刻な病気でも、精神的に明るく楽しく過ごしていると本当にがん細胞が小さくなるとか、がんがあっても非常に元気で過ごすということがあります。

ですので、占いのような非科学的なものでも、運気をアップするものを取り入れたということで、精神的にプラスに作用することがあります。
例えそんなちょっとしたことでも、精神的に明るくなるのであればやってみる価値は十二分にありますね。
占いで運気アップのアイテムなどを探してみるのもいいかもしれませんね♪

占いの信じすぎにはご注意を

ただ、注意点もあります。
占いによって精神的に明るくなるのであればそれは良い作用です。

ですが、占いに振り回されるのはいけません。

特に女性は占いを信じるのが好きと言う方もいるかも知れませんが、占いばかりを盲信すると男性はうんざりしてしまいます。

男性は基本的に女性に頼られたいのです。その頼る相手が自分ではなく占いということであれば、彼はがっかりしてしまいます。
ですので占いを信じるのはほどほどにしましょう。

再婚は悪いことじゃありません

すぐに再婚をするには注意点も多くあります。
再婚相手のことばかりを優先させて、お子さんとの関係が悪化するなど重篤なデメリットもあります。

ですが、きちんと再婚相手とお子さんとの関係を取り持つことさえできれば、大きなメリットを得ることが出来るのも婚活の良い点です。

やっぱり人間は1人で全てをこなしながら生きていくよりも、人間同士支えていく方が色々と良い点があります。

ですので「再婚したいな」と思ったら、再婚する人向けの婚活サイトに登録するなどそのようなアクションを起こすのも悪くありません。
特にお子さんが再婚相手を気にいって「自分の父親(母親)にして欲しい!」と望むのであれば、より再婚が成功する可能性が上がります。