結婚相談所や、婚活・お見合パティーを主催するサイトなども増えている近年の傾向を見ても分かるように、男性も女性も恋人を作りたいと真剣に考えていらっしゃる方が多いのが現状…

そんな印象が色濃く見えている近年ですが、そのわりには比較的恋人が出来ないと悩む男女をよくみかけます。

実に恋人がほしいと言うのは男女の深刻な悩みとなっているといえるでしょう。

そこで、本記事では何故恋人が出来ないのか、その条件に自分が当てはまっていないのか改めて確認しながら恋人作りにおけるポイントや注意点をご紹介していきますので、是非参考にしてみてくださいね。

彼氏・彼女ができない診断でチェック!

彼氏・彼女が出来ないと悩む方は、ヤフー知恵袋で何かと悩みをぶつけていらっしゃる方を見てもよく分りますが、そういう人に限って自分が見えていないなんて方が多いように思います。ではあなた自身が彼氏・彼女ができやすい傾向にあるのか、それとも出来ない傾向にあるのか、彼氏・彼女のできにくい傾向を挙げていきますので診断チェックしてみてください。

イベントやお誘いなどに消極的

合コンや飲み会など、社内・社外などの付き合いは、意外と恋人作りや人脈作りにおいて非常に重要なイベントだったりしますよね。

中・高生においては、飲み会の代わりに、カラオケやボーリングなどの遊戯施設やイベント会場などへ誘われるケースが多くなってくるかと思いますが、これらの誘いが煩わしい断り続けるような語っていらっしゃいますよね。

せっかく交流の場を広げて異性との出会いのチャンスを増やすいい機会でもあるのに、イベントやお誘いに消極的だと、なかなかいい人との出会いが作れず恋人ができないままということになりかねません。

皆さんはイベントやお誘いに積極的に参加されていますか?

消極的という方は、是非考えを少し変えて積極的に誘いに乗ってみましょうね。

理想は高く!ストライクゾーンが狭い

30代の女性で、結婚を焦りながらも相手が見つからないという方に、どんな人がタイプと質問すると、『年収600万以上でイケメンで、大の動物好きで、毎日まめに連絡をくれて…』とあれこれ条件を突きつけていくような答が返ってくるなんて話をよく耳にします。

恋人の条件が多すぎてストライクゾーンが狭くなるほど、その条件を満たす相手が少なくなるのは誰にでも分かる話!!

ストライクゾーンが狭い女性でも恋人が出来るケースは、よほどその女性が魅力的で、何もしなくても相手がよりどりみどりであるというようなレアケースのみで、大抵の女性は、まず恋人が出来ることは永遠にないでしょう。

もちろん、この話は男性にも言える話で、どうしても譲れないところ3つくらいは許容できてもそれ以上となると、どんどん恋人ができづらくなっていくだけに、妥協できるところは妥協しないと、どんなイケメン男性でも女性同様、恋人はできません。

あまり条件に拘りすぎて視野が狭くなると、その事に気が付かず、どんどん深みにハマってしまうのが現状ですが、みなさんはいかがですか?

今一度、恋人の条件が多すぎてストライクゾーンが狭くなっていないかチェックしてみましょう。

コミュニケーションが苦手

男性も女性もモテる人って、多少人見知りしながらもなんとかコミュニケーションを取れる人が多いんです。

逆にコミュニケーションが取れないと足踏みしている人はモテることなく、一生独り身だったりすることがとが多い傾向にあります。

ひどい場合は、人間関係すら構築することが出来ず、引きこもりやニートに陥ってしまうなんて話もあるそうです。

皆さんは、異性の相手と挨拶を交わしたり何気なく会話したりすることが苦手で引っ込み思案なところがありませんか?

最低限度の会話ができているかどうか一度チェックしてみましょう。

面倒なことは嫌い

人間、生きていれば必ずと言っていいほど、何かしら人に迷惑を掛けられ面倒に巻き込まれることがあります。

それは人間が一人では生きていけない弱い生き物であるからこそ、起こり得ることで、その面倒を割けてばかりいたら、誰のピンチも助けられないということになり、いつしか、【この人と関わっても全く何も支えてくれないし損するだけ…】と、他の人から嫌われ始めてしまいます。

何か合った時、多少面倒であっても助けてあげれた、それが回り回って自分のところに返ってくるというように、苦しいときに支えあえてこそ人間関係は構築されていくもので、特に恋愛においてはそういう部分が如実に出てくるので、面倒を避ける人は間違いなく、恋は出来ません。

皆さんは面倒を避け続けていませんか?

今一度、これまでの人生を振り返って、面倒を避け続けていないかチェックしてみましょう。

同性から嫌われてるかも

男性に媚びるためにわざとぶりっ子ばかりしている女性や、一部の助成にだけ甘く、それ以外には一切優しさを見せない贔屓・差別をする男性など、ある意味異性から受け入れられやすそうな行動を取る方たちであっても、そのことで同性から嫌われていれば、結局あなたは孤立してしまう羽目に陥ります。

あなたのテリトリーで恋愛が出来るのであればそれでもかまわないのかもしれませんが、同性から嫌われるということは、友人に頼んで合コンをしてもらうことも出来ませんし、同性の知人を通じて異性に出会うチャンスだって見失うわけですから、当然その分だけ彼氏・彼女を作るチャンスが失墜してしまいます。

意外と思うかもしれませんが、同性から嫌われないということも、実は恋愛に落ちて非常に重要なことなのです。

皆さんは、同性から嫌われていませんか?

恋人が出来ないと嘆く前に一度チェックしてみましょう。

ドラマやマンガに憧れを持っている

ドラマや漫画に憧れを持つことは、決して悪い話ではありません。

しかし、ドラマや漫画の世界観は、現実離れした世界観だったりすることもありあまり影響を受けRてしまうと恋人ができにくい体質になってしまいやすくなります。

また、恋愛ドラマや漫画の見過ぎでその中で得た疑似恋愛に満足してしまい、恋人を作るのが面倒と考えるなんてケースも十分考えられます。

もし、気が付かずドラマや漫画の影響をウケすぎているなんて事になっていたら大問題!!
まずは、ドラマの世界観にどっぷりハマりすぎてしまい、現実世界でもそんな恋愛ばかり求めていないかチェックしてみましょう。

1つでも当てはまったら要注意

以上が、簡単な恋人の出来ない人の大きな特徴ですが、みなさんはこれらの項目に一つでも当てはまっていませんでしたか?

全く身に覚えがないという方は、たまたま恋人ができる時期ではなかっただけで、きっとこれから恋人ができるようになっていくと思いますが、もし一つでも当てはまっていたら要注意です。

恋人を作るにはコミニュケーションや出会いも大切ですが、性格・ルックスも大きな要素として見られていますし、あまり固定観念が強かったりするだけでも恋人が作れなくなってしまうことも有ります。

出来る限り柔軟に構えながら、積極的に出会いを求め、少しでも可能性のある相手と出会ったら声を掛けてみましょう。

もしかしたらすんなステキな恋人ができるかもしれませんよ。

じゃあ恋人ってどう作ればいいの?

先程ご紹介したチェック項目の内、一つでも当てはまる項目があれば、真っ先にそれらの要素を潰しておくことが求められます。

では、どうすれば阻害要素となるこれらの項目を潰していくことが出来るのか、その方法をご紹介していきます。

外に出て好きと思える人と出会う

まず、なによりも大切なのは出会いの数を増やし好きと思える人とであるということが重要です。

当然、外にでて出会いの数を増やしていくためには、友人からの誘いなどにも積極的に受け、面倒なことから逃げないようにすることが非常に重要です。

イベントなどに参加すればするほど出会いのチャンスは広がりますし、友人からの頼みを聞いてあげたり誘いに乗ることで、『また、次の機会も誘ってあげよう』と思ってくれるようになるので、必ず外に出ルカ図を増やし、面倒と思わず様々なイベントに参加してみてくださいね。

理想の条件を明確に考える

高収入、イケメン、内面が良い、共通の趣味を持っているなど、理想の条件は人それぞれ異なるかと思いますが、それらの条件が多くなるに連れて恋人が作れなくなりますので、先程もお話したように、理想の条件で絶対に譲れないものが何なのかはっきりさせておきましょう。

そして、それ以外のものは極力妥協するようにして、広範囲で恋人を探すようにしましょう。

そうすることで、恋人は探しやすくなることをしっかり理解しておいてくださいね。

第一印象を変える努力をする

人相が悪い、身だしなみが整っていないなど、第一印象が悪い人と恋人になりたいと思う人は、よほどあなた自身に何か特別な魅力がない限り現れることはないでしょう。

第一印象はその後のあなたの印象を決める大きな要素であり、非常に大切な要素であるので、その事を肝に銘じて、身だしなみや言動に気をつけるようにしてくださいね。

服装も思い切ったイメチェンを

普段地味な服装で目立たない人は、思い切って少しオシャレに気を使い思い切ったイメチェンを図るのも時に重要で、第一印象を良くする効果も期待できます。

もちろん、イメチェンのためといっても、奇抜な服装でイメチェンを図るのは逆に印象を悪くするだけなのでおすすめできません。

あくまでさり気なくオシャレにイメージを変化させるのが重要なだけですので、いきなりジャラジャラアクセサリーを付けまくったり、ヘビメタバンドのような奇抜な衣装は避けましょう。

スーツや、ワンピースなどイメチェンも狙えてなおかつ印象の良い服装はたくさんありますので、ご自身で研究しながら、イメチェンを図ってみてください。

きっと今までの地味なイメージが一新され、好印象を与えることが出来、恋人が出来るまでの第一歩の大きなきっかけになるかと思いますよ。

笑顔が一番!表情を豊かにする

人間だれしも、笑顔がステキな人に対して好印象を持つものです。

笑顔は人の心を和ませる効果があり、人を明るくさせるので、あからさまな作り笑顔が気持ち悪いということはあったとしても、笑顔そのものが嫌いという人はまずいません。

なによりも表情が豊かになることで、あなたの印象はグッと良くなっていきますので、最初は多少気持ち悪がられてしまうかもしれませんが、作り笑顔でも良いので、極力笑顔を出すように心がけましょう。

次第に、自然と笑顔が出せるようになっていくはずなので、そこからが本番!!

明るく笑顔が似合うステキな人となり、好印象を与えることで、恋人も見つかりやすくなりますので、しっかり笑顔の似合う人になれるよう努力しましょうね。

自分を知って魅力を上げる

自分のことは自分が一番良くわかっているという言葉をよく耳にしますが、実は、ある意味間違っている言葉でもあり、意外と自分のことが分かっていない人は多いものです。

なぜなら相手のことはよくも悪くもよく見えるのに、自分自身のことは、鏡を見ても左右対称ですし、俯瞰して見ることが出来ないために、よく分かっているつもりでも分かっていないというのが現実なのです。

なので、自己分析をしてみたり、友人などからの助言などにも耳を傾けるなど、自分の長所や短所に目を向けることがまずは必要です。

その上で、あなたの魅力がどこにあるのか探り、その魅力を伸ばしていけば、きっと相手もその魅力に気づいてくれて、あなたの印象を良くしてくれるはず!!

他の人にない魅力があることは恋人を作る上で非常に重要なことなので、まずは、その事を理解し、あなた自身の魅力を伸ばしていきましょう。

自分を好きになるのも大事なこと

気持ち悪いくらいナルシストで、他人を寄せ付けないのは少し問題がありますが、だからといって自分自身のことが嫌いな人を好きになってくれる人なんてまず現れないでしょう。

全く好きになれないというのは、それだけあなた自身の欠点が如実に表れている証でもあるので、まずは自分のことが好きになれるように、短所を減らし、魅力を高める努力をしてみてください。

もちろん自分を変えることは大変なことで直ぐにできることではありませんが、行動を起こすことは今からでも出来るはずです。

相手からいきなり好きになってもらうのが無理だとしても自分自身が好きになるための努力は出来ますので、まずは、自分を好きになれる自分になるところを目標にして行動を起こすようにしましょうね。

家庭的な魅力アップもお忘れなく

男性も女性も、社会人ともなると、将来のことを考え結婚を意識するようになっていきます。

そのため、恋人に対しても家庭的な一面をどこか望んでいるところがあり、共に家事育児に協力的な人の方が恋人ができやすいというのがリアルな姿だといえるでしょう。

結婚すれば将来子供だって授かることがあると思いますし、女性だけに家事・育児を押し付けて自分は仕事だけをやっていれば良いと言うのはもはや古い考えであり、はっきり言って時代遅れと言わざるを得ません。

確かに、男性は収入面で、女性は家庭をそれぞれ守るという役割は昔からありますが、近年は主夫という言葉もよく耳にするほど、女性が働き男性が家を守るというケースも少なくありません。

家庭を守るのに、男も女もないので、どちら側も家庭的であることは、社会人の恋人作りにおいて非常に重要なこととして多くの人が捉えているのです。

夫婦として長年過ごしていくなら、家庭を大切にすることがなによりも大切なことだと思いますので、ステキな恋人を作りたいというのであれば、家庭的な魅力を向上させることも忘れないようにしましょうね。

話術を磨いて会話上手に

あなたがどんなに魅力的な人であったとしても、全く会話ができないような人であれば、その魅力を伝えることも出来ないでしょうし、なによりも交際していてこれほどつまらないことはありません。

マリオネットと恋人になるわけではありませんし、近年ではロボットでも多少は会話できるくらいですので、全く会話ができないというのは、恋人作りでは、まさに致命傷と言えます。

確かに人見知りな性格もあってどんな会話をして良いのか分からないという人はいらっしゃいますし、価値課は当然人と異なり、それをどのようにすり合わせて良いのか判断していくのって難しいというのも分ります。

ただ、、だからといってコミュニケーション能力が向上しなくていいと言うわけではありませんので、まずは、ドラマ・映画、芸能情報、スポーツなど、旬な話題・作品にアンテナを張り巡らせ、話題のネタを増やしつつ、相手との共通項を見つけ、会話の幅を広げていく努力をしていきましょう。

もちろん一気に全てを身につけることは不可能なので、始めは挨拶程度の会話力で十分です。

焦らずじっくり少しずつ会話力を高めていってくださいね。

異性の友人をつくる

異性の友人なんて作れないという方が結構多いように思いますが、それって恋人作りにおいてかなりの障壁となるような話です。

確かに異性を常に恋人の対象としてみる人だっているわけですし、永遠に友人になれるのかというとそうではないという話もわからなくはありませんし、中には異性に免疫がなく人見知りのような態度を取ってしまう人だっているというのも分ります。

しかし、いずれにしても、異性の友人が少ない時点で、それだけ出会いのチャンスが少なくなっているわけで、恋人ができるチャンスが減っていることに違いはありません。

それでは永遠に恋人を作ることは難しいでしょう。

笑っていいともの名言の一つで『友達の友達は皆友達だ。世界に広げよう友達の輪』というフレーズがありますが、まさにそれは当たっている話で、異性の友達の知人・友人を紹介してもらったことで、交際・結婚に至ったカップルはたくさんいます。

是非、みなさんも異性の友達を作ってみてください。

もちろん友達の関係を超えて、その人と恋人の関係になっても構いませんし、友達に知人を紹介してもらって恋人を作るのもありだと思います。

異性の友達を作ることは恋人をつくるための大きなチャンスを作ることにも繋がるので、その事を忘れないようにしましょうね。

年代で違う恋人作りのポイント

中学生と社会人では恋人に対する理想像が大きく異なるように、恋人作りは年代別にポイントも違ってきます。

では具体的になポイントをどこにおいているのか、年代別に見ていきましょう。

中学生の場合

中学生は、学校や家庭が活動の中心となってきます。そして、とにかくピュアな恋をしたいという方が多い傾向にあります。

では、もう少し具体的に恋人作りのポイントを掘り下げてみていきましょう。

1、何事にも全力投球!

中学生の頃、部活で全力投球していた先輩に恋をしたという女子生徒が、バレインタインデーに手作りチョコを渡して愛の告白をしたなんて話も耳にしたことがありましたが、何事においても全力投球する人を好む傾向にあるのが、中学生ならではの大きな特徴の一つといえます。

また、中学生は、感情も結構ストレートだったりするので非常に分かりやすかったりします。

あまりに露骨にぶつかりすぎるのも問題かもしれませんが、玉砕覚悟でストレートに愛情表現してみるのも良いと思いますよ。

ただしそればかりと言うのはチャラい男と見られるだけなので、勉強に恋にスポーツになんでも全力投球で取り組むようにしましょう。

高校生の場合

高校生になると、男女共に、心境に変化ができ始めてきます。

なんでもストレートでは通用せずに、少し大人っぽさや可愛らしさというその人ならではの魅力を求め始める年代でもあるのが高校生の大きな恋の特徴といえるのではないでしょうか。

では、高校生の恋人作りのポイントを見ていきましょう。

1、がっつきすぎない

高校生は、大人っぽさを何処かで求める傾向にあるとお話しましたが、それは恋人作りにおいて非常に重要なことで、あまりになんでもがっつきすぎると、その姿を見た時点で幻滅されてしまうなんてこともあります。

がっつきすぎる行為に高校生たちは子供っぽさ(幼さ)を感じてしまうために、敬遠し始めてしまうというのが一つの特徴に表れています。

まずはその事をしっかり頭に叩きみましょう。

2、バイト先にも出会いあり

高校生ともなると、アルバイトを頑張る高校生も増えていきます。

中学生とは大きく異なり、アルバイト先ではありますが、学校の枠を飛び越えた一つの社会と触れ合うケースが増えることになるので、出会いのチャンスもぐっと広がっていきます。

実際にアルバイト先で素敵な人に出会い、恋人関係になったというカップルも見ていますし、アルバイト先での出会いって結構ありますので、結構侮れません。

仕事をしている姿がステキと感じることだってあるでしょうし、もちろん恋人作りのためにアルバイトをしているのは本末転倒ではありますが、仕事を優先しつつ、いい出会いがあればアタックしてみるのもいいでしょう。

大学生の場合

大学生ともなると、社会との接点が大きく広がり、出会いのチャンスも格段と増えていきます。それ故に中身重視で恋人を探す人が増えていくのが、この年代の特徴にあるように思われます。

では、実際にどのような恋人作りのポイントがあるのか見ていきましょう。

1、サークルで交友を広げる

大学に入ると、いろんあサークル活動から勧誘されることがあると思います。

高校では同好会的なものは少なく、本格的な部活動が中心だったりしますが、大学のサークルは趣味として行うものや、全国大会を目指す真剣なものまで多種多様で、より、社会と密接していく交友の場と言えるでしょう。

だからこそ、サークル活動で交友を広げていくことは、大学生の恋人作りにおいて非常に重要なことなのです。

現在はどのようになっているのか分かりませんが、立命館のクイズ研究会というサークルでは、大学の垣根を超えて神戸大学の生徒もサークルに参加していたことがあったそうです。

これはほんの一例にしか過ぎませんが、大学のサークルは自由度が高いので、大学の垣根を超えて集まり活動しているケースも少なくないらしく、いろんな意味で交友を図るビッグチャンスだと思います。

是非、恋人づくりのきっかけに積極的に活用してみてくださいね。

社会人の場合

社会人の場合は、恋人作りにおける考え方も大幅に変わってきます。

単純に恋人が欲しいという中学生・高校生とは違い、将来の結婚を意識して恋人を作りたいという人も少なくありません。

では、そんな社会人の恋人と作りのポイントを見ていきましょう。

1、習い事や趣味を始める

社会人で恋人同士になるには、ただルックスが良いというだけでは難しく、お互いの共通の趣味や価値観が無いと恋人になるのは難しいと思います。

なので、共通項を増やすために、新たな習い事や趣味を初めて見るのも一つの方法としておすすめです。

例えば、男性の場合料理教室に通いはじめることで、多くの女性と知り合うきっかけが作れますし、料理好きな女性はたくさんいますので、上手く行けば、その趣味を通じて、恋人が作れるかもしれませんよ。

恋人を作る際の注意点

恋人を作りたいと考え、どこか焦りを感じている人は多く、そのことが起因しているのか、ときにおかしな方向に向かっている人を見かけることがあります。

その人達は恋人を作る際の注意点を無視してしまい、負のスパイラルに完全にハマりきってしまっているようにも見えるので、ここでその注意点をおさらいしてみたいと思います。

一途になり過ぎない

恋に積極的な人とストーカーとの違いって皆さんご理解されていますか?

恋に積極的になろうと、情報サイトなどでよく目にし、その影響をウケているのか、何故かストーカー体質の方が減らず、時々ニュースにもストーカー事件が取り上げられてしまっています。

確かに一途になることは、恋をすることで重要で、あまり浮気体質の人はモテることがないというのが大前提ではありますが、だからといって、一途になりすぎて相手の意志も無視してストーカー体質になって良いというわけではありません。

何でも度を過ぎてしまえば、ただ不快を与えるだけでしかないので、明らかに敬遠されている相手に対して一途になりすぎるのは止めましょう。

また、たとえ相手と心が惹かれ合っていたとしても、相手を束縛するほど一途になってしまうと、それも、相手からしてみれば、息苦しさを植え付けることになりかねません。

くれぐれも度を過ぎた一途な行為は控えるようにしましょうね。

自分のレベルに合った出会いをする

極端な話になってしまいますが、例えば、叶姉妹のような超セレブの人と一般のサラリーマンとでは生活のレベルが違いすぎ、その時点で、おそらく恋人になっても生活が破綻してしまう可能性が高いといえるでしょう。

あくまで、これは分かりやすく、説明するために、極端なケースとしてお話しましたが、やはり、どんなに好意を感じる相手であっても住む世界が違うということは多々あります。

それでは、恋人として交際していく中で、必ず歪が出てしまいお互い疲れ切ってしまうのが目にみえています。

なので、必ず自分の生活の許容範囲で、ご自身のレベルに合った出会いを心がけましょう。

ただし、生活が破綻するくらいの覚悟を持ってまでも交際したいという方が現れることもあるかもしれません。

周りは無謀と止めるかもしれませんが、それでも覚悟して交際していくなら、それも一つの形だと思います。

筆者も推奨は出来ませんが、何かのきっかけでそう言う出会いに恵まれ、恋に落ちていった場合、覚悟を持って交際するならありだと思いますので、まずはいろんな意味で覚悟できているか自分に問い、少しでも躊躇する気持ちがあるならストップしましょう。

逆に全く躊躇しないというのであれば、そのまま恋に落ちていいと思うので、その方といい恋が出来るように頑張ってみてください。

ただし、推奨はしておりませんので、あくまで自身のレベルに合った出会いをすると言うのが大前提であることを忘れないで下さいね。

モテる方法を実践し過ぎない

ネット検索すれば、いろいろおモテるためのテクニックなど情報が流れていますよね。

おそらくその情報を鵜呑みにして、あれこれモテる方法を実践しまくっていることが、逆におかしな方向に進んでいるのだと思いますが、いくら秀逸なテクニックがあったとしても、人には向き不向きが必ず存在していますし、その方法で必ずモテるとは限りません。

あくまで一つの方法に過ぎないのです。

そんなことよりもあなたの魅力を高めた方が、何倍も恋人を作る可能性が高まると思いますし、恋人作りに近道は存在しないので、まずはモテる方法を鵜呑みにしてあれこれ実践しすぎないように心がけましょう。

ただし、全く実践しないのはもったいない話なので、これは効果的と思うものがあれば、少しだけ実践してみるというのも良いかもしれませんね。(もちろん実践のし過ぎは要注意ですが…)

引きこもってちゃ何も始まらない

何度も言いますが、恋人を作るためには、出会いが無ければ話になりません。

それなのに引きこもってしまっていては、出会いのためのチャンスをみすみす手放してしまっているようなものです。

それってかなり損をしていることなので、今すぐやめた方がいいのは言うまでもない話ですよね。

確かに、この現代社会はかなり屈折していて、自分さえ良ければそれで良いというおかしな発想をもつひとが大半で、平気で差別やいじめなどを繰り返し、人間関係に突かれて引きこもってしまう人が増えているというのも分ります。

韓国を見てみても、朴槿恵大統領に対して批判する人が増えていますが、そう言う人に限って反日感情を高め、日本人に対して彼女と同じような行動を取っているわけで、あなた達が批判する権限があるのかと言いたくなるくらいとんでもないことが次々起こっていますよえ。

ああいうニュースを見れば見るほど、人間は信用できないというきもちも分りますが、それでは永遠に恋人は出来ません。

人は悪いところもあれば、必ず良いところもありますし、決して捨てたものではありません。

一度人間不信に陥ると、なかなか信用することが出来ず、永遠に引きこもり接点を持たないようになってしまいがちですが、まずはその気持・考えを少しだけ変えて、外に出てみることに挑戦してみてください。

焦る必要は全くありません。

ゆっくりでかまわないので、外に出て色んな人に出会ってみてください。

その結果、素敵な人に巡り会い、恋人が作れることもあるかもしれませんよ。