社会人経験に乏しい若い男性の中には、お姉さんタイプのクールビューティーな女性が彼女になってくれたらと考える男性もいらっしゃるかもしれませんが、やはり、社会人経験の長い大人の男性程、おしとやかでかわいらしい女性を彼女にしたいと考える男性が多いように思います。

しかし、実際には可愛い彼女の思考を理解していなかったり、彼女が出来ない特徴をあなた自身が持っていたりするために、彼女が出来ないで悩んでしまっているなんてケースも多いようです。

そこで、本記事では、何故可愛い彼女が出来ないのか、また可愛い彼女ができるためには、どのようなところに注意していくべきか、可愛いと言われる女性たちの心理や、モテない男性の特徴に注目しながら解説していきたいと思います。

男性が言う「可愛い彼女」とは?

多くの男性が、かわいいと賞賛している女優として、綾瀬はるかさん、新垣結衣さんを連想されるかと思いますが、彼女らの共通手って一体どんなところだと思いますか?

実は2人に対して、多くの男性が抱いている印象は、ちょっとおどけて天然チックなところもあるけど笑顔がステキで明るく、おしとやかで優しい印象があるというイメージを持っているのです。

これは彼女らの評判をネットで調べてもらえば一目瞭然な話で、彼女たちのようなイメージの女性に対して男性はかわいいと印象を抱き、そういった女性を彼女にしたいと願望を抱くのです。

彼女ができない…もしかしてこんな特徴ありませんか?

可愛い彼女が欲しいと願望を抱く男性は多いものの、実際のところは彼女が出来ないという男性は意外と多いでしょう。

それもそのはず、彼女が出来ないと嘆いている男性は、共通のあるマイナス要素を持っているのです。

それも自身では気づかずにそれを持ち続けてしまっているため、女性から敬遠されてしまい、彼女も出来ずにいるのです。

では、その共通の要素とは何なのか、みなさんもその要素(特徴)に当て余っていないか確認しながら見ていってください。

1、清潔感がゼロ

ひどいくせ毛がついたままで特に髪の毛をセットしていないとか、しわくちゃだらけの服を着ているとか、身だしなみが全く整っておらず明らかに清潔感がゼロなんてことはありませんか?

もし何か一つでも心当たりがあれば、早急に直してください。

清潔感がゼロという人は、たとえどんなに内面的な魅力を他に持っていたとしても全く見向きもされず、大抵の女性から敬遠されることとなります。

まず、清潔感がない男性は、普段の生活もルーズでだらしないと印象に残り、あまり関わりたくないと思ってしまうものです。

とにかく清潔感は第一印象をよく与えるために非常に重要な要素なので、絶対に身だしなみを整え清潔感があると感じさせられるよう改善しましょう。

2、体型に無頓着すぎる

これも清潔感に多少繋がる部分はありますが、不摂生がたたり、メタボリック系な体型の方は、よほど内面的に魅力がない限り、女性からモテることはありません。

もちろん、お笑いコンビ・ホンジャマカの石塚英彦さんのように、太っているけど面白くて笑顔がステキな方は、多少体型にむとんちゃくであったとしてもモテる事はありますが、そういう人はごく一部の限られた人だけです。

あまり体型に無頓着な男性は、基本的にはもてませんので、しっかりダイエットも意識して、日々の体型管理に務めるようにしましょう。

3、服装に気を使っていない

明らかに体型に合っていないダボダボのスーツを着てデートに出かける男性をたまに見かけますが、正直なところ、まるで小さな子どもが大人を意識して父のスーツを着て外に出かけるかのような印象を受けるじょせいも多いでしょう。

これが、本当に小さな子供がやっていることなら可愛いと好印象を与えることになるのかもしれませんが、いい大人がやっていたとしたら、身だしなみも悪く感じますし、第一印象としては、かなり精神的にも幼いイメージを受け最悪です。

どんなに格好いい服装であっても体型に合っていなかったら元も子もありません。

また服装そのものがひどい場合(例えばシワだらけだとか、よれているとかなど…)も、女性の立場からしてみれば幻滅してしまいます。

別に高級ブランドのスーツを日々着こなしていなければならないといったことはありませんが、最低限度のオシャレには気を配り、毎日同じ服を着ているとか、明らかに不釣り合いな服装をしているといった事のないように務めましょう。

4、コミュニケーションが上手く取れていない

高倉健さんのように、口下手で寡黙な男性が格好いいという女性の意見をたまに耳にします。

もちろん高倉健さんは格好いい方でしたし、仁義のある方だったという話を沢山耳にしていますので、そういう内面的な魅力もフォローされ、渋くて格好いいと映っていたのかもしれませんが、正直、彼のように寡黙でも格好いいと言われるのは、ごく僅かな男性だけで、かなりレアなケースといえます。

やはり、男らしくコミュニケーションでもさり気なくリードしてほしいというのが、多くの女性の意見です。

別に、明石家さんまさんや、古舘伊知郎さん、宮根誠司さんのような、トークのスペシャリストになれとは言いませんが、攻めて、会話がすぐに途切れてしまわないように、少しはコミュニケーション能力を高める努力はしておきましょう。

人見知りで女性との会話がままならないというのであれば、コンビニ店員や書店員などに挨拶をするところから始めてみても良いかもしれません。

ちょっとした会話から慣れていけば、それなりに会話は成立していきます。

是非、挑戦してみてくださいね。

5、独特のノリを持っている

女性の好みも色々あるので、一概に言い切ることは出来ませんが、例えばオヤジギャグ連発しながら自分の世界に浸っている人や、女性たちが全くついていけない話ばかりしている人など、その人独特なマイナーなノリを持っている人は、あまりモテることは無いみたいです。

やはり、どこか共感が出来併せてくれる男性の方が好感度アップというのが現状とのことなので、あまり女性がついていけないような独自の世界を全面に押し出していくのは控えたほうが良いかもしれませんね。

6、話す内容が下ネタだらけ

以前、あるバラエティ番組で、ゲスト出演していた、青山テルマさん、木下優樹菜さんが、『私下ネタは大嫌い!!』という女は腹が立つとおっしゃられていたのを聞いて、改めて感じたことですが、実は女性も下ネタはそんなに嫌いではないみたいです。

それはアイドルだって同じことで、HKT48の指原莉乃さんもそんなに嫌いというわけでは無さそうな素振りを見せていました。

なので、時折下ネタを挟むことは決して悪い話ではないと思います。

ただし、話す内容の9割以上下ネタとなると、話は別です。

あくまで1割・2割り程度挟むくらいに押さえておくのが常識で、あまりにも下ネタ誰家の内容だと、話す内容がくだらなすぎて、幻滅してしまいます。

話が下ネタ一辺倒になると、あまりにも幼稚に見えてしまい、イメージダウンとなってしまうのは当然…

逆に、格好良くいろんな雑学なども織り交ぜた中で、少しだけ下ネタを入れて砕けたところを見せると、『彼ってそういう一面もあるんだ…』とギャップ萌えされ、女性からもモテたりします。

例えば、お笑いタレントのケンドーコバヤシさんも、結構下ネタが多い印象がありますが、決してそれだけでなく、いろんなトークを織り交ぜながら話していますし、プロレス系の話ならかなり精通しています。

熱中している部分も見せつつ、時折下ネタを織り交ぜているからこそいやらしく幼稚に見えないのです。

また、ロンブーの田村淳さんなんてその典型で、彼は、お城の話を筆頭に、かなり雑学に長けていて、女性が好みそうな話題も頻繁にされています。

それでいて時折おどけて下ネタを挟んでいらっしゃるので、女性からもステキと好感を持たれているそうです。

彼らは芸人としてトーク術を持っているので特別かもしれませんが、あくまで下ネタは隠し味程度で話すのがベストであるということは間違いなく事実といえるので、間違っても下ネタ全開というのは止めましょうね。

7、何に対しても細かすぎる

ジャーナリスト・池上彰さんの様に、雑学の知識が細かすぎるだけで、それを分かりやすく話してくれると言うのであれば、この人なんでも知っていると好感度アップに繋がりますが、そういった細かさではなく、姑の様に、ちょっとしたところでも違うとダメ出しして、細かく縛り付けられるのは、完全にNGです。

人間誰しも完璧な人などいません。

どんなに頭の良い人であれ、どんなに体力のある人であれ、全てを自給自足で生活している人など地球上どこを探してもいませんし、そんな完璧な人がいたら、世の中もっと変わっていることでしょう。

考えてみてください。

自給自足で生活している人がいるとしても、その人が病気になってしまった時、その人は勝手に医薬品を開発して、治療していますか?

絶対にそんなことありえませんよね。

本当の自給自足とは、すべてのことを自分一人だけでまかなえてこその自給自足です。

農作物だけ作れたからと言って、あなたは無人島で一生生きていくことなど出来ないのです。

つまり、人間は必ず誰かに生命を救われ助けられながら生きているということであって、決して万能でもなければ、ましてや神でもないのです。

なのに、私が絶対に正しいと言わんばかりに、あれこれ細かくダメ出しするなんて、男以前に人間として失格だと思いませんか?

確かに男女の価値観は違いますし、細かく何かに拘りたいあなたの気持ちもわからなくはありませんが、だからといって、その価値観を人に押し付けるのは言語道断です。

多少ルーズなところもないと、女性だって一人の人間ですし精神的にも追い詰められ息苦しく感じるだけです。

そんな不幸なことを女性が望んでいるとお思いですか?

まず間違いなくそういう女性はいないでしょうし、仮に板としてもレアケースです。

どう考えてもあなたの度量の低さが目立つだけで、細かい男である以上、絶対に女性にモテることはありえません。

女性は、男性以上にそういう細かい男性の行動に敏感ですし、そんな態度を見せられてしまったら、ただ面倒と怪訝な顔をされ、一気にあなたに対する恋心も冷めてしまうでしょう。

何かに熱中し細かいこだわりを持つことは決して悪いことではありませんが、女性に対して細かい言動を取るのは絶対にNGです。

あなたが神経質に細かく何かを指摘し続けるたびに、女性は遠ざかっていくだけですので、くれぐれも注意しましょうね。

8、自慢話or愚痴話しかしない

女性の多くは、会話好きであるということを皆さんご存知でしょうか?

そして、自分の話を聞いてほしいという欲求を持っていることをご存知でしょうか?

意外と男性は無頓着で、そういう女性心理を全く理解していない方が多いように見受けられます。

そもそも、女性は、左脳だけでなく右脳も使って会話しているらしく、そのために、感情を一つの基軸として、楽しいことや嬉しいこと、悲しいこと、愚痴や小言など、あらゆる感情を人にぶつけたいと欲求を抱えてしまう生き物であると脳科学でも立証されているそうです。

だからなのか、実におしゃべりな女性は多く、一度火がついたら、あれもこれも聞いて欲しいと、トークが止まらなくなってしまうのも女性ならではの特徴なんだとか…

確かに、どう見ても人見知りタイプの女性のはずなのに、気を許しているのか、一度話しかけたら、止まらず永遠に話しかける女性を多く目にしていますし、実際にそういう人とトークをしていて聴き手に徹したこともあるので、言われてみればなるほどと思うところは多々あります。

では、そんな女性を前に、相手の話をさえぎるくらいに男性が自慢話や愚痴話をエンドレスでしていたら、相手の女性はどのように思うでしょうか?

自分の話も聞いてほしいと思っているのに、話も聞いてもらえないと、うんざりするのが目に見えて分りますよね。

それでは女性にモテずに彼女が出来ないのも当然です。

これはあらゆる情報サイトでも語られている話ですが、実は、夫婦円満の秘訣として、妻の話を聞いてあげると家庭の中が上手くいくという話があります。

それも一部だけの夫婦ではなくあらゆる夫婦が実体験されている話なので、間違いなく事実と言える話です。

男性は、何でも理論的に物事を考えてしまう思考があるので、女性の話に対しても、全て納得できるように聞いてしまい、必ずオチまで求めてしまいますが、女性はただ聞いてほしいだけで、共感してほしいと考えているので、ただ話を聞いてあげることが夫婦円満の秘訣なのだというのです。

その事実を踏まえて考えてみても、やはり、男性が自慢話や愚痴話をエンドレスで女性に話しかけるのはご法度ということが分りますよね。

絶対女性から面倒と怪訝な顔をされ嫌われるだけですので、自慢話なしや愚痴話は程々にしておきましょう。

女性が男性に求めている5つの特徴

男性が、女性にお淑やかでかわいらしさを求めていたりするように、女性だって男性に何かしらの特徴・魅力を求めているものです。

では、特に川らしいと言われる女性が特に男性に求めている5つの特徴をご紹介していきます。

1、女性をリードしてくれる

おしとやかで可愛らしいと言われる女性の大半が、お姫様体質であることを皆さんご存知でしょうか?

もちろん気配りができて優しい女性も多いですが、そういう女性に限って、あれこれ気を配りすぎて、精神的にどこか疲れた部分も持っているのです。

当然、四六時中神経すり減らして相手のために尽くしまくってしまえば、何処かで疲れも出てきてしまいます。

決して、誰かのために何かをしてやっていると意識して親切心の押し売りをしているわけではありませんが、たとえ自然に優しくしてあげていたとしても、誰かのために負荷がかかっていることは事実です。

なので、気配りができて優しい女性も、優しく男らしい男性にリードして欲しいと望んでいるわけです。

もちろんそれ以外の可愛らしい女性の多くは、お姫様体質の女性が多いわけで、男らしくリードしながら、優しく自分を守ってくれる王子様のような男性を求めています。

そもそも男らしさ=リード出来るというイメージを女性は持っているので、女性らしさ=かわいらしさヲ持つ女性ほど、リードできる男性を求めてしまうというわけ。

ただ、いくらリードしてほしいと願っていても、なんでもかんでも自分ひとりで抱え込んで無理してリードして欲しいと女性が考えているわけではありません。

映画『ぼくの妻と結婚してください』で主人公の男性が、末期の膵臓がんであることを妻に隠して、辛い思いをしないようにと密かに妻の再婚相手を探そうと計画を起こしていますが、その事に妻が激怒したことでも分かるように、本当に苦しい時や大事なことは相談して欲しいと、女性の誰もが思っているのです。

決してお荷物ではなく、支えあう関係でありながら、でも普段はリードを取ってほしいというのが、可愛い女性たちの男性に対する想いであることを理解しましょう。

そして、普段からリーダーシップを取れる男性になるように自分磨きしましょうね。

2、強くて逞しくて頼りになる

先程も、お話しましたが、女性は男性に対して男らしさを求めるところがあります。

それは可愛らしいといわれる女性ほど如実に表れる傾向にあり、どこか守って欲しいと男性に強さと逞しさを求めてしまうのです。

やはり男である以上、女性を守ってあげたいというのが正直なところではないでしょうか。

でも、頼りなくて守ってあげられないというのでは、少し悲しいですよね。

仕事でもプライベートでもいいので、まずは自信を持てる何かを持つところから始めてみてはいかがでしょうか。

そして、しっかり自信を持ち、好きな相手を守ってあげられる強さと逞しさを身に着けてくだい。

きっと女性たちもあなたの強さと逞しさに惚れ直してくれることと思いますよ。

3、真面目で誠実だから信頼できる

嘘ばかりつくチャラくいい加減なその場のノリだけのオオカミ少年と、地味でも真面目で誠実な男性ならどちらを信じますか?

おそらく、後者を信じるという方が大半だと思います。

それは、女性だって同じです。

特に社会人以上となると、女性は結婚のことを真剣に考え始めますし、いい加減で仕事にもつかないような嘘つきな男性よりも、地味で裕福な暮らしを指定無くても、真面目にコツコツと仕事をこなし、誠実さを持つ男性の方が圧倒的にモテるのです。

4、笑顔が絶えず常に明るい

笑顔は人の気持を明るく照らす効果があります。

可愛い女性を彼女にしたいと、男性であるあなたは考えていらっしゃるかもしれませんが、きっとその理由も女性の笑顔や明るさに惹かれているからではないでしょうか。

女性だって笑顔や明るさを男性に求めています。

もちろんどんな状況下でもニヘラにヘラ笑っているのは変ですが、常にポジティブで明るく笑顔が絶えない男性は好感をもたれやすいので、極力笑顔を絶やさないように、明るくするよう心がけましょう。

目指せモテ男!モテるための方法とテクニック

可愛い女性を彼女にしたい!!

でもそんな彼女とめぐり逢えず、めぐり逢えたとしても彼女になってもらえない…

そんな男性は少なくないはずです。

では、どのようにしたら女性からモテることが出来、可愛い彼女をゲット出来るのか、そのテクニックをご紹介していきます。

外見に気を使う

外見に気を使う人は、イケメンとして注目されるケースが多く、女性からもモテやすい傾向にあります。

では具体的にどのように外見に気にかけていけば良いのか、見ていきましょう。

髪型と服装は手を抜かない

イケメンでモテる男性の条件として、身だしなみが整っていることは大前提!!

女性たちは、特にオシャレで、男性の身だしなみには敏感なので、些細な事でも目についてしまいます。

そのことでイメージが悪くなってしまうなんてことも多々あり、せっかくいい雰囲気になったとしても一発で幻滅されてしまうなんてこともあります。

必ず髪型と服装は手を抜かずに、身だしなみを整えるよう心がけましょう。

痩せ過ぎず太過ぎずない体型を目指す

スマートな男性はモテると言われダイエットに励む男性も、最近は増えてきていますが、極端に痩せすぎは帰って弱々しく見えて、マイナスイメージとなってしまいます。

スマートと激ヤセと言うのは全く別物で、特に男性は、それなりに筋肉質でありながら程よく痩せている痩せマッチョがモテるというのが常識と考えて良さそうですね。

もちろん太りすぎるのは完全にNGで、自己管理が出来ていないと思われるだけなので、しっかり自己管理しながら、程よく痩せるようにしましょうね。

男としての魅力を上げる

女性にモテる体質を作りたいのであれば、どうしても男としての魅力を持たないとモテることは不可能に近いと言っていいでしょう。

では、男としての魅了はどのように身に着けていけば良いのでしょうか?

その方法を早速見ていきましょう。

1、男らしさを磨く

男としての魅力を手っ取り早く上げるには、やはり男らしさを磨いていくということよりほかありません。

何度も本記事でお話していることですが、男らしさ=リーダーシップの取れる人間かつ、強くたくましく、優しさのある男性であるというのが基本概念と考えて構いません。

もちろん自分の意見を全く言わずにただ優しいだけと言うのはNGですが、女性の意見も聞きつつ、しっかり自己主張し、その上で上手くリーダーシップを取ってあげれば、きっと、モテる男性としてあなたに多くの女性が魅力を感じてくれることでしょう。

まず何から手を付けていいか迷っているのであれば、男らしさを磨いてみることから着手してみましょう。

2、カッコいい仕草や癖を研究する

イケメン俳優など、格好いい仕草をされている男性は他草にらっしゃいますが、そういう男性たちの仕草には何かしらの共通点があったりします。

例えば社会人なら、ネクタイを締める姿が様になっていたり、パソコンのキーボードを打つ姿が様になっていたりなど、いろんな格好いい仕草は存在します。

ネットで調べても非常に沢山の仕草が見つかりますので、是非、自分なりに研究してみるといいかもしれませんよ。

3、趣味に力を入れてみる

あまりにもマニアックで女性がついていけない趣味はもんだいですが 、尊敬できるような趣味であれば、そこに力を入れてみるというのも男としての魅力を上げる一つの手段と言えるでしょう。

熱中している姿が格好いいという女性も非常に多いので、もしコレはという趣味があれば、是非、力を入れてみてください。

思い切ってアプローチしてみる

先程もお話したとおり、リーダーシップのある積極的な男性が女性から持てやすい傾向にあることは紛れもない事実!!

そして、女性の多くが積極的にアプローチを仕掛ける男性を待っているという話もよく耳にします。

もちろんあからさまにタイプでもない男性からしつこくストーカーのように付きまとわれるのは嫌ですけど、それと積極的というのはぜんぜん違う話で、告白も含めて男性側からアプローチをかけてほしいというのが女性の本音です。

だったら、思い切ってアプローチしてみるのも決して悪い話ではなく、仮に振られてしまったとしても、割り切って次の恋にアタックしていけば、男としての魅力も上がるので、より女性から持てやすくなると思いますよ。

では、どのようにアプローチをしていけば良いのか、軽くご紹介していきます。

世間話からでもOK

挨拶や世間話というのはアプローチの導入として男性が使いやすい常套手段です。

さり気なく挨拶をされて気分を害する女性はまずいないでしょうし、相手もにこやかに挨拶を返してくれるはずです。

また、何気ない世間話は女性も好きだったりしますので、会話に入りやすいですし、上手くアプローチできれば、この人と話していて楽しいと思ってもらえるかもしれません。

是非世間話から気軽にアプローチを仕掛けてみてくださいね。

自己アピールはほどほどに

女性の多くは自慢話を永遠とするような男性を嫌います。

ナルシストであるという印象も強くなり、さらには自分のことばっかり考えて、他のところに目が行かないということが分かってしまうので、そういう男性とは付き合いたいくないというのが、女性の本音のようです。

なので、自己アピールも程々にしておかないと、結局、自分中心な男性灯られ敬遠されてしまいかねません。

あくまで、さり気なくアピールするのがポイントであるということは忘れないようにしましょう。

面倒でもこまめにメールの返信を

女性は、脳科学の観点からも、ちょっとした些細な話でも聞いて欲しいと考える傾向にあり、その表れとして、こまめにメールをするという行動もよく見まれます。

もちろんすべての女性がというわけではないものの、こまめにメールの返信をしてあげると、女性は大満足して、あなたに対しても好意を持ってくれるはず…

別にメール魔になる必要はありませんが、聴き手上手の返信上手になってあげる努力として、メールをこまめに返してあげられるようになっておくと、男としての魅力も高まりモテやすくなるでしょう。

可愛い彼女と出会うための「出会いの場」とは

どんなに可愛い彼女を作りたいと考えていても、出会いがなければ永遠に彼女が出来ることはありません。

では実際に可愛い彼女を見つけるには、どうすれば良いのかその方法を幾つかご紹介します。

合コンや婚活パーティー

男女の出会いの王道といえば、やはり合コンや婚活パーティーではないでしょうか。

女性だって出会いを求めて合コンや婚活パーティーに繰り出したりしていますし、きっと新たな出会いも生まれるはずです。

近年はお一人様でも合コンに参加できるようなサイトもありますし、思い切って合コンや婚活パーティーに参加し出会いの場を増やしてみましょう。

きっとあなたのタイプとなるような可愛い彼女と出会えることと思いますよ。

見落としがちな職場や学校

職場や学校は、仕事や勉強をするところであるという、固定観念が強いせいか、あまり女性として意識すること無く素通りしていることが多いようですが、意外と職場や学校に可愛いと思えるじょせいはいたりするものです。

それなのにみすみす見落としてしまっていては、これほどもったいないことはありませんよね。

だからこそ、一度、職場や学校を改めて見渡してみてほしいのです。

もしかしたら、そこに可愛いと思えるステキな女性がいるかもしれませんし、積極的にアプローチをしかけて、OKしてもらえればこれほど嬉しい話は無いはずです。

是非、職場や学校でも可愛い彼女として気になる女性を探してみてくださいね。

最後に、可愛い彼女が欲しいなら…

いかがでしたか、色々参考になりましたか。

文章であれこれ言うのは簡単ですが、いざ、彼女を作ろうと動くと、なかなかうまくいかずに悩みも付きないなんてことはしばしばあるかと思います。

しかし、何度か失敗を繰り返しながら積極的に彼女をつくろうと前を向いて進んでいけば、いつかかならず素敵な彼女が出来る日がやってくるはずです。

その日が来るためにも、まずは自分磨きをしっかりして、男らしい魅力を身に着けておきましょう。

その上で出会いの場を求め行動し、気になる女性にアタックし続けていけば、きっと実りある日が訪れると思いますので、焦らず地道に頑張ってみてくださいね。