ook863_kekkonshiki_tp_v

「結婚したいのに相手がいない・・」「もしかしたら一生結婚できないかも・・」「今すぐにでも結婚したい!」と毎日心が揺れていませんか?結婚するには、まず恋をしなければ始まりません。どのように結婚へと導く婚活を行うことができるでしょうか?

みんな何歳くらいで結婚しているの?

内閣府が発表した、平成25年度「少子化社会対策白書 (旧少子化社会白書)について」によると、日本人の平均初婚年齢は、2014年時点で、夫が31.0歳 妻が29.0歳でした。この平均初婚年齢は30年前と比べてみると、 夫は2.9歳、 妻は3.8歳上がっています。これは、年々上昇していることからも、ますます「晩婚」の傾向が進んでいます。その理由は、女性の社会進出です。仕事やプライベートでの充実を望み楽しんでいるので、結婚が先に延びているようです。また、女性の場合は妊娠や出産でしごとを中断させたくないという思いもあるようです。男性の晩婚化の原因は、収入が安定していないことや出会いがないこと、母親の干渉、過去の恋愛を引きずっているなどが考えられるようです。

しかし、結婚の時期は人それぞれタイミングがあります。ですから、結婚平均年齢と自分を比べて「早い」とか「遅い」など焦る必要や諦める必要もありません。自分の最適な時期に結婚することができます。

結婚までに必要な交際期間は?

結婚までに必要な期間は、人によって考え方が異なります。しかし、未婚の男女に「理想の結婚までの期間はどれくらいですか?」というアンケートに対し、約半数以上の方が「1年以内にしたい!」と答えています。その次に多かった答えが「2年以内」でした。また中には、半年以内のスピード結婚がしたい!と考えている人も少なくありません。交際を始めてから結婚までの期間は年齢によっても異なってきますが、全体的に交際期間が短い傾向にあるようです。

20代で「1年以内」にで結婚を決めるカップルが多いのはなぜでしょうか?日本には、春夏秋冬があります。このすべての季節を一緒に過ごすことにより、これから先もこの人と過ごしていくことができると考えることができるのがその理由です。また、20代のカップルの多くの場合は、約1年程度付き合うなら相手の事をほとんど理解できると考えている人が多いようです。また、出産の年齢などを考慮にいれると、早めに結婚したいと考えている人も少なくありません。

また、ここ最近増えてきているのが、「半年以内」のスピード婚です。結婚はタイミング、と考えていることがその理由です。また、半年一緒にいれば、その人との結婚生活が予測できると考える人もいるようです。

では、30代になるとどうでしょうか?30代でも「1年以内」に結婚する人が多い傾向にあります。30代の結婚になると、過去の恋愛でさまざまな経験をしているので、どのような人が自分に合うのかをよく知っています。付き合っていても、この人となら結婚しても大丈夫!という意識を持っているので、好きになったからと周りが見えなくなってしまうということはありません。自分を見失ってしまうということを避けることができる大人の判断力を持っています。ですから、自分に合う相手に出会うことができれば、交際期間が短くても結婚へ踏み切ることができるのです。30代は付き合い始めてから結婚をすでに意識しているので、結婚までの交際期間が1年以内という方が多くいます。

また、30代になると長く交際することに伴うリスクも知っています。人間の恋愛感情は3年しか続かないと言われています。もし交際期間が長いなら、付き合ったばかりのころのような情熱的な感情は薄れていき、相手への気持ちが薄れその結果、破局を招く恐れがあります。30代になるとそのことを理解しているのですぐに結婚へと踏み切ることができるのです。また、20代の頃のようなドキドキ感よりも一緒にいて居心地が良い相手を選んでいるので結婚までの期間が短くなるのです。さらに、20代までは刺激を求めていた人たちも、年齢を重ねることにより、心地よさや落ち着きなどを求めるようになってきます。そのため、早く自分の好きな人と一緒になり安心や安定を手にしたいと考えるのも交際期間が短い理由となっているようです。わざわざ長く付き合うことにメリットを感じないのが30代です。

では、40代の交際期間はどうでしょうか?40代での結婚は「晩婚」と言われています。多くの方が結婚に対して焦りを感じたり、この人を逃したらもう自分は一生結婚することができないかも・・と考え、付き合う前から結婚を意識しています。また、女性であれば出産に対するリスクも高まってきまうので焦りの気持ちがさらに増します。このような理由のため、40代の結婚も交際期間は「1年以内」であることが多い傾向にあります。交際を始めるときに、結婚を前提に・・と条件を付ける人も多く短期間でお互いの事を知るために付き合う人が増えているので、40代の結婚までの期間は半年から1年以内がほとんどということができます。

どういうところで出会った人と結婚するの?

今の結婚相手とどこで出会った場所を調査したところつぎのようなことが分かりました。その出会いの場所とはどこだったのでしょうか?

第1位:職場関係

同じ職場にいると、部署は異なっていても仕事の相談をする機会や飲み会などで知り合う機会があります。また、職場に来るお客さん、取引先の人など職場関係の出会いは幅広くあります。
職場でのメリットは、上司や同僚、後輩たちの日常の仕事の様子を観察することができ、信頼することができる人かどうかをチェックすることができます。

第2位:学生時代

学生時代からの知り合いは、青春時代を一緒に共有しているので、安心感を抱くことができます。学生時代はそんなに仲がよくなくても、社会人になってから再会し、意気投合して結婚に至ったという人も少なくありません。

第3位:合コン・婚活パーティー

異性との出会いを求めて出かける合コンや婚活パーティーですので、出会いの確率はもちろん高確率と言えます。しかし、結婚を意識するまでの真剣なお付き合いに発展するかどうかは相手次第と言えます

このように結婚相手との出会いの場は、日常生活の中にもあります。意外と近くに運命の人はいるかもしれません。ちょっと異なる観点から探してみるのはいかがでしょうか?

結婚できる人、結婚できない人の違いは?

結婚が決まった人をみて、納得できる場合もあれば、「どうしてあの人が?!」と驚かされる場合もあります。「恋愛」と「結婚」は違う、というのを聞かれたことはありませんか?何が違うのでしょうか?恋愛は二人の関係は続くものと決まっていはいません。一方、結婚は一生添い遂げることを約束します。また、結婚は二人だけの問題ではなく、その後加わる家族の責任、両家の両親、親族との付き合いなど、恋愛とは異なるものがともなってきます。ですから、結婚相手には結婚生活に必要な資質を求める方が多いのが特徴となっています。では、具体的にどのような資質が必要となってくるのでしょうか?
結婚できる人とは?

結婚生活には次のような資質が必要になってきます。

金銭感覚

結婚生活では家庭の収入に合わせて家計をやりくりしなければいけません。普段から堅実的な使い方をしている人なら、家計の管理も上手に行うことができるでしょう。また、家計を切り詰めるだの節約をするのではなく、食材を無駄にしないなどの工夫ができるなら生活にゆとりをみせることができるでしょう。

コミュニケーション

結婚をするとお互いの家族や親戚との付き合いをはじめとし、近所の方とのコミュニケーションも図っていかなければいけません。また、子どもが生まれるならその付き合いの範囲はどんどん広がっていきます。コミュニケーションの能力があるなら、トラブルを解決することもできるので、欠かすことができない資質といえるでしょう。

バランス感覚

結婚生活では、自分のことだけでなく相手のことも考える必要があります。仕事と家事、そして、親戚付き合いとのバランスを上手にとることが求められます。

自分への自信

自分に自信があるなら、料理や火事がちょっとくらい苦手でもおおらかに笑顔で楽しくすごすことができます。なんでも前向きに明るくとらえることができる人が結婚生活には求められます。

柔軟性

結婚生活とは、今まで全く異なる環境で過ごしてきた二人が一緒に生活を始めることです。異なる習慣や価値観にぶつかり合うのではなく、お互い異なっていて当たり前なんだというおおらかな気持ちで相手を受け入れることがとても大切です。

結婚できない人とはどういう人でしょうか??

笑顔で人の目を見て話せない

話がうまくできるかできないよりも大切なことは、笑顔で相手の目を見て話せるか、ということがとても重要です。この第一印象がその後につながります。

完璧主義

仕事もできて、外見もいつもオシャレに決まっていて隙が無い人は、近寄りがたく敬遠されがちです。外見を完璧に決め、弱みを全く見せないという壁がある人は結婚には向いていないでしょう。弱みを見せた方が周りの人も親しみを感じることができます。隙が無い人は出会いのチャンスを逃しています。

批判的

相手の欠点ばかり見つけては批判している人は、結婚は難しいでしょう。100%完璧な相手はいません。結婚生活は、いわゆる共同生活です。お互いの欠点を認めて、相手を一緒に成長していくことが大切です。相手の嫌な部分を許すことができない人は許すことができるように努力しましょう。

受け身

結婚は待っていたらできるという受け身のものではありません。自分自身が結婚を望んでいないなら、結婚をするきっかけを見つけることはできません。「結婚したい!」という強い思いがあるなら積極的に行動ができるようになり、相手を探すことができるでしょう。

こだわりすぎ

自分への先入観やイメージなどのこだわりが強すぎると相手を受け入れることができず、楽しむことはできません。柔軟に対応することができる人になれるようにしましょう。

今からでも間に合う!最短だと、0日交際で結婚した人も!

少し前に電撃結婚が伝えられた堀北真希さんと山本耕史さんは、交際を始めて2カ月のスピード婚とも伝えられていますが、交際開始の日にはすでに二人は結婚を決めていたようです。というのも、そこに及ぶ6年という歳月の間、山本さんの堀北さんへの猛アプローチがあったからです。

2009年のドラマで初共演をした二人ですが、山本さんはその時から堀北さんのことが気になって仕方がなかったそうです。勇気を出して連絡先を聞いたところ、あっさり簡単に電話番号を教えてもらうことができ、ドキドキしながらかけてみたら、それは堀北さんの事務所の電話番号でした。翌年も再び共演の機会がありましたが、飲みに誘っても即答で断られました。それでもあきらめず、手紙を渡してみたり、自分の連絡先を教えてみたり、、堀北さんの出演する舞台を観に行って楽屋で手紙を渡してみたりなどアタックを繰り返していました。一度も返事がないまま月日は流れ、再び共演をすることになった際、これで最後にしようと思い、もう一度連絡先を教えたところ、LINEで堀北さんからやっと連絡がきたそうです。すでに最初の出会いから6年間、何の反応もなかった堀北さんからやっと連絡がきたのです。その後、少しづつ堀北さんも自分のことを話すようになり、新幹線で京都へ行く堀北さんに、「付き合ってください」ではなく「結婚しましょう」と伝えました。その場で堀北さんからOKをもらうことができ、交際日0日で二人は婚約をしました。

交際日0日といっても、二人には6年間という歴史があり、その間山本さんはアプローチを続けていました。ですから、堀北さんが気持ちを受け入れたのには、タイミングがあったということがわかります。実際二人は今現在も幸せな結婚生活を送っています。毎日新しい発見があり生活を楽しむことができています。さらに、年齢を重ねれが自分に合った人を選んでいるので、交際期間が短くても失敗することは少ないのです。
交際期間が長く時間をかけて決めた結婚が必ず幸せな結婚とは言い切ることはできません。たとえどんなに相性がピッタリの相手でも、結婚のタイミングがずれてしまうなら破局してしまうことはあり得ます。ですから、幸せな結婚をするのに、交際期間は重要ではないのです。一番大切なことは、たとえ交際期間が0日でも二人が結婚したいと思ったタイミングで結婚をすることなのです。

交際期間や周りの目などを気にしないようにしましょう。

もし今現在交際している相手がいなくても、ちょっとしたことがきっかけで出会いがあるなら、3カ月後には結婚をしている可能性もありえると言えるでしょう。では、まず具体的にどんなことが必要になってくるでしょうか?

スピード婚をするために、必要なことは?

結婚するなら、慎重に相手を選ばないといけないと思われますか?もちろん、それも大切なことです。スピード婚だからこそ離婚率が低いというメリットもあります。しかし、結婚は本人たちの意思が一番大切ですが、家族や親族との関わりも加わってきます。ですから、スピード婚は、親や友達を心配させないことが一番必要になってきます。
実際、ここ最近では晩婚化が進んでいるので、つきあってすぐに結婚するカップルも少なくありません。しかし、親は「本当に大丈夫なの・・?」「すぐに別れてしまうのでは・・?」などと言われたり、心配をかけさせたりします。でも、結婚前にどのくらいの期間付き合うべきなのか、という決まりはありません。では、どのように親や友人を心配させないスピード婚をすることができるでしょうか?

1、周囲を心配させないためにアピールをする。

心配をしている親や友人に、自分たちの考えをしっかり伝え、心配しなくても大丈夫だよ!という安心感をアピールすることができます。そのように他人に納得させている間、自分も改めてパートナーについて考えることができるよい機会となります。

2、勢いと覚悟

結婚にはいいこともありますが、悪いことももちろんあります。特に男性にとって結婚は、責任が大きく伴ってきますので、なかなか結婚へと踏み切ることができない人も少なくありません。いろいろと考えてしまうなら気は重くなり、結婚ができなくなってしまいます。また、交際期間が長ければ長いほどその勢いは衰えていってしまいます。その点、スピード婚は勢いで決めてしまうのでまとまりやすいですが、本人たちは意外と冷静なもので覚悟は決まっているものです。結婚には踏み切る勢いと覚悟が必要なのです。

3、感情と打算のバランスが上手にとれている。

結婚は恋愛と異なり、感情だけで幸せな結婚生活を送ることはできません。ですから、最初から打算のバランスがとれているスピード婚では、離婚率が低いのです。

4、意思の強さ

スピード婚をする人は、結婚願望の強い人が多い傾向にあります。それとは別に、長く付き合って結婚をする男性の中には、「彼女もそろそろ年だし結婚をしてあげないとかな・・」と義務感でする人が多く、長い交際期間の後に結婚をするカップルは離婚率が高いようです。

スピード婚は仕方なく結婚した場合とは異なり、意志が強く、行動力もある人が行っています。ですので、結婚に対しても積極的な姿勢をもっているので結婚生活を上手に行うことができます。

結婚相手を見つける

結婚は人生の中でも大事な決断の一つです。早いスピードで生涯の相手を決めることはできるのでしょか?パーターン別にスピード婚の相手を見極め方をみてみましょう。

1、直感型

このパターンで結婚相手を見つける場合は、相手を運命の相手だと信じています。または、結婚願望がとても強く、好きになって付き合った相手とどうしてもすぐにでも結婚したい!という人もこのパターンです。

2、計画型

このタイプの人は、自分が筋立てしたプラン通りに計画を実行します。そのため、婚活や合コンに定期的に参加をして、自分の理想の人を見つけます。条件にあった人を見つけることができれば、すぐに結婚を決めてスピード婚にもっていきます。

3、長期型

このタイプの人は、以前使っていた人との経験から、自分がどんな人と結婚したいのかある程度理想のパートナー像ができています。ですから、そのような人と出会えるなら、すぐにでも結婚をしたいと思えスピード婚に至ります。

では、このようなパートナーをどこで見つけることができるでしょうか?

結婚相談所

結婚相談所の紹介ページなどで「出会って半年で結婚!」などの記載を見かけることはありませんか?

入会している人たちは全員が独身なので、出会った人すべてが結婚することが可能な人ばかりなのです。そのため、結婚相談所で出会った男女の結婚はスピーディーにことを運ぶことができるのです。
たくさんの人と出会うことにより理想の人を見つけることができるよな仕組みになっているのです、結婚相談所に入会している人たちにとって、婚活の時間はとても大切な時間です。しかし、付き合っている期間が長いから必ず幸せになるとは言い切ることはできません。

合コン

結婚への意識が低い合コンでは、結婚へ導くことは難しいでしょう。しかし、合コンの席で、初対面なのに家族のような自分に近い波長を感じる妙な感覚を感じとることができるなら、結婚への可能性もアリかもしれません。それは、恋の価値とは異なり、顔や性格が好みの人、ということでもありません。スピード婚をしそうなときの感覚は、ビビッとくる恋の予感のようなものではなく、初対面なのに、ずっと一緒にいないといけないような、もしここで別れてしまうと悲しいという気持ちよりも困るというような感覚の異性に出会えたらそれはあなたの理想の結婚相手です。合コンで出会ったばかりなのに、一緒に住んでいて同じ家に帰り、一緒に掃除をしているイメージをすることができたら、生活感がとても似ていて良い夫婦になれること間違いないでしょう。

ナンパ

先日、結婚と妊娠を発表したミュージシャンの鈴木亜美さんも交際歴半年というスピード婚をされたことで、みなさんの記憶にもまだ新しいことでしょう。お相手の方とは、海外の旅行先で知り合ったと言われていますが、要するにナンパとも言われています。このように女性の中には、男性にナンパをさせてスピード婚を成就させる人も少なくないようです。
また、お笑い芸人の千原ジュニアさんも、当時23歳で年の差18歳のショップで働く店員さんを気に入り、しつこく電話番号を聞き出して交際に至った、つまり、ナンパで知り合い交際歴半年のスピード婚をしています。お互いの気持ちが盛り上がって結婚へと至ったようですが、ナンパでの出会いも、男女での出会いですから、相手が自分の理想に近い人なら結婚へつなぐこともできるのです。

優良出会い系

出会い系サイトにはただの出会いを探すものから結婚相手を探すものまでさまざまな出会い系サイトが存在しています。このサイトを利用するときは次のような条件を満たしているものを利用するようにしましょう。

・老舗だったり実績と信頼があること。
・会員数が多いこと。
・年齢認証がきちんとされていること。
・スマホ、携帯、パソコン、タブレットからアクセスができること。
・特定の相手を拒否できる設定があること。
・有人サポートが手厚いこと。(対応が良いサイトは24時間365日やってくれているサイトもあります)

このような条件を満たしている安全なサイトを利用することにしましょう。そして、親や友達になれそめを話す際には、あまりよい印象をもっていない方もいるので、特に、年配のかたに話す際には、「昔の文通募集みたいなもの・・」と丁寧に説明をすることができるでしょう。また、どんなタイプの方でも納得させることができるのが、「大手企業が運営しているサイト」と話すなら納得させることができるでしょう。

Facebookマッチングアプリ

現在250万人が利用する国内最大の婚活アプリ「pairs」は、Facebookを利用した婚活アプリです。20~30代の男女が多数登録している今人気上昇中のアプリです。セキュリティ面でも安心して利用することができます。

結婚したいと思わせる!

男性を結婚したいと思わせるには?

この子と結婚したいと思わせる女子はこんな人です。
・飲み会の席で、テーブルの片づけをさりげなくできる。
・常に正直
・裏切る行為をしない。
・嘘をつかない。
・女磨きをしている。
・仕事を一生懸命行っている。
・価値観があっている。
・財布の中身をきちんと把握している。
・笑いのツボが一緒。

女性を結婚したいと思わせるには?

女性は優柔不断な男性の態度を嫌う傾向にあります。たとえば、デートの場所をいつまでも決めることができなかったろ、食事を何にしようかと悩んでいる男性にはうんざりします。ですから、女性をリードできる判断力を身に着けるようにしましょう。
また、女性への気遣いもとても重要です。言葉や態度で女性への気遣いを表すようにしましょう。

男性の余裕のある落ち着いた態度や寛容さ、包容力が女性を結婚したいという気持ちにさせます。

相手の外堀の埋め方

一日でも早くプロポーズへと持っていくために何をすることができるでしょうか?結婚を匂わせるアイテムをさりげなく視界に入るようにセットすることができるかもしれません。また、周りの家族や友人に協力してもらうこともできるでしょう。さらに、穏やかに結婚について話しながらその気にさせることもできます。

効果的なプロポーズへの誘導方法!

結婚までの具体的な話をして、人生設計を立ててプレゼントすることができるかもしれません。また、二人の将来の話をしながら、子どもができたらこうしたい!などを自然な流れで語りながらすることもできるでしょう。また、子どもの人数や住みたい家など質問できるかもしれません。

プロポーズが終わったら、婚姻届をなる早で!

役所に婚姻届を提出し、受理された時点で二人は夫婦となります。これにより、会社の福利厚生を利用することができるようnなります。
海外で挙式を行う場合は、挙式日を入籍日とすることができる、リーガルウェディングといものを利用することができるでしょう。これは、現地でも正式な婚姻届けも必要となるので事前に調べておく必要があります。

事前に知っておきたい、結婚にまつわるお金の話

結婚資金には、基本、自己資金、親からの援助、ご祝儀の3つで費用を賄うことができます。

結婚式

結婚式はさまざまで、30~50万円でできるものから、50~100万円、さらに100万円以上の結婚指式と費用の相場はさまざまです。自分たちが結婚式に使うことができる金額がどれくらいなのかを視野に入れて、招待客やプランを決めていくことができるでしょう。少人数だけを招待するアットホームの式から、ゴージャスな式までいろいろなタイプがありますので、ふたりでよく相談して決めていくことができるでしょう。

結婚指輪

結婚指輪は、永遠の愛を約束した証です。一緒に一度の記念の指輪で、肌身離さず付けるものです。しっかりとしたこだわりを持ち、運命の指輪を見つけましょう。相場は、夫婦で20万円と言われています。若干妻側の方が高い指輪を選ぶ傾向があるようです。

新婚旅行

多くの方が新婚旅行先として、ビーチがきれいな海外を選ぶ傾向にあるようです。多くの緑化医者からもハネムーンプランやツアーが用意されているので、それらを利用することもオススメです。

新居と引っ越し費用、家具の購入費用

引っ越し費用として、約10万~15万、家賃関連で約20万~、家具などの購入で30万~、家電の購入30万~と最低でも100万前後はかかることを覚悟しましょう。もちろん、すでに家具などを持っているなら購入する必要はないので、その分は安くすませることができます。新居の費用は、平均額にプラス3か月分の余裕があるならゆとりで生活を始めることができるでしょう。結婚が決まったら過ぎに費用の話し合いを始めるようにし、余裕をもって貯金を行うようにしましょう。

支払いタイミングは?

支払いのタイミングは大きく分けて6つあります。
1、結婚が決まったときに、結納や婚約記念品などを支払います。
2、式場が決まった際に、会場予約金や衣装の予約金を支払います。
3、準備期間中に、引き出物、結婚指輪などの購入をします。
4、式直前に、会場に支払う残りのお金を支払います。
5、式当日に、ゲストの交通費や宿泊代などを支払います。
6、式後は結婚報告をハガキで送ります。

事前に考えたい、結婚前の両親への挨拶

基本的なルール

まず、挨拶の日程を2週間くらいの余裕をみて決めます。時間の指定が親からない場合は、食事にかからない14時ころがベストです。その日までに、お互いの親に相手の情報を伝えておくようにしましょう。そして、親の情報も交換をしておくようにします。挨拶の際、手土産を持参しましょう。そして、二人そろって結婚の挨拶をします。

NGなマナー

パートナーのことを普段読んでいるような感じで呼び捨てにしたり、ニックネームで呼ぶことは避けるようにしましょう。

参考にしたいサイト

女性にとっては人生の中で一番輝く主役の日が結婚式です。素敵な思い出を作るために次のサイトを参考にすることができるでしょう。

ゼクシィ

テレビCMでおなじみのゼクシィは、ブライダルの関する情報が豊富に掲載されています。国内から海外までの式場の手配、婚約指輪や結婚指輪まで探
すことができます。

みんなのウェディング

みんなのウェディングは、日本最大級の結婚式選びの口コミサイトです。すでに経験済みのカップルから参考となる情報を聞くことができます。

ウェディングパーク

アプリもダウンロードするなら、簡単に利用することができます。