誰もが理想の恋人が欲しい!と思うものです。しかし、人それぞれ好みがあるので理想の恋人もさまざまです。

理想の恋人って?

理想通りの恋人とはなかなか出会うことができないのが現実です。もし今、恋人がいるなら、数多くいる異性の中から出会え好きになれた人なのでとても大切なことです。いつまでも理想通りの恋人を探すのではなく、今の恋人に嫌なところを直してもらい、理想の恋人に近づいてもらうのはどうでしょうか?もちろん相手ばかりに理想を求めるのではなく、自分も相手にとって理想の恋人になれるように努力をしなければいけません。多くの女性は具体的にどのような理想の恋人を求めているのでしょうか?

例えばこういう恋人、羨ましいですよね?

例1:いざという時に「男らしさ」と「器の大きさ」を見せる頼りになる人

気が動転して焦ってしまうような状況や、精神的にひどく落ち込んでいる時などのいざという時に、切羽つまっている状況でこそ、その人の本質を見ることができます。

例2:女性が間違ったことをしたときに、きちんと正してくれる本当のやさしさをもっている人

女性が恋人に求める条件として”優しい人”という意見をよく耳にします。この”優しい”とは、「優しくすること」のと「甘やかす」ことの違いは何か?がちゃんとわかっている男性のことです。ただ女性を甘やかす男性は、何に対しても興味を持たずにすぐにOKを出します。それは、頼りがいもありませんし、彼女のために何も言わないなら誠実さが欠けています。しかし、本当の優しさを持っている男性は、女性が間違いをしたときに、正してくれるのです。女性は、上辺だけでなく本当の意味での優しい男性を理想としています。

例3:感謝の気持ちを言葉であらわすことができる人

どんなときでも感謝の心を忘れない人は他人との関係を大切にすることができます。「ありがとう」「助かったよ」などの簡単な言葉でも口に出すなら女性はとても嬉しいものです。しかし、これらを口に出すのが恥ずかしいと思う男性も多くいます。素直に言葉で表現してくれる男性は魅力的です。

例4:浮気をしない人

女性がいい彼氏の条件のトップに掲げるのが、浮気をしない人です。自分だけをずっと想ってみてくれることを望んでいます。なので、女友達とよく電話やLINEをしたり、他の女性と2人きりで食事にいくことなど浮気をしていなくても不安な気持ちにさせるような行動は控えるようにしましょう。

例5:きちんと反省ができる人

付き合っていくことになれば、意見がぶつかったりケンカをしたりするものです。上手にお付き合いを続けるためには、お互いが悪い部分を認め合い、反省することが大切になってきます。きちんと反省ができる人なら、どんな問題が起きても2人で乗り越えていくことができるでしょう。

理想の恋人に求める年齢

Facebookを利用した恋愛・婚カツマッチングサービス「pairs(ペアーズ)」の会員を対象に、理想の恋人の年齢についてアンケート調査を実施したところ次のようなことがわかりました。
それは、20代~30代前半は年上を好み、30代後半は年下を好む傾向があるということです。
年齢を重ねるにつれて、年下の男性に癒しを求めるようです。
年上の女性を理想とする男性も多く、甘えたい、受け止めてほしい、叱ってもらいたいなどと感じている男性もいます。もちろん、年下を好む男性もいます。その理由は、可愛らしい、子どもがほしいなど将来のことを考えている男性に多いようです。
このように人それぞれ理想の年齢層が異なっていますので、自分の理想の人は必ず見つけることができるでしょう。

参考:http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000005528.html

理想の恋人を作るための「出会い方」

必ずしも憧れ通りにいくことができないのが異性との出会いです。理想と現実のギャップにショックを受けている人も少なくないようです。多くの女性は、異性との出会い方についてどんな妄想をひているのでしょうか?

1:図書館や本屋で偶然、同じ本を手に取ろうとする。

女性が憧れる偶然が生み出すベタな憧れのシュチュレーションです。趣味があう二人なら、図書館デートで盛り上がりそうですね。

2:1日に何回も予期せぬとことで出会う。

度重なる偶然の出会いに運命を感じるような出会いに憧れる人も少なくありません。2人をめぐり合わせているような出会い、行く先々で何度も出会い目が合っているなら運命の人かもしれません。

3:階段を踏み外しそうなときに、支えてくれる。

危ないところを助けてもらい運命を感じる人もいるようです。駅や会社などの身近なところに実際にありそうなシーンに憧れています。

社会人の場合の出会い方

社会人になってから家と会社の往復ばかりで出会いがなくなった・・と感じておられますか?もしかしたら、出会いのチャンスを逃しているかもしれません。このようなことをして出会いを求めてみるのはどうでしょうか?

1社会人サークルに入ってみる。

出会いを求めているなら、社会人サークルに入ってみることができます。サークルに入っている人はすべて社会人という共通点があります。

2、スポーツジムに通う。

出会いを意識してスポーツジム通いをする場合は、同じ曜日の同じ時間帯に行くこようにしましょう。

3、習い事を始めてみる。

習い事は共通の趣味となることが多いので、比較的簡単に打ち解けることができます。連帯感が重要ですね

大学生の場合の出会い方

理想の恋人との出会いをするためにどのように出会いの場を増やすことができるでしょうか?

1、サークルに入ってみる。

大学生の出会いの場と言えば、何と言ってもサークルです!自然な流れでさらに仲良くなることもできます。それがきっかけとなり、恋愛になることもとても多いのがサークルの魅力です。また、サークルに入る際には、男女の比率なども確認するのを忘れないようにしましょう。

2、アルバイトを始めてみる。

アルバイトも、出会いが多い場所の1つです。特に飲食店は大学生などのアルバイトの人が多く、たくさんの人と出会えるチャンスのあるアルバイト先です。また、その幅は大学生だけに限らず、社会人などのに出会える機会にもなります。カフェやファーストフード、居酒屋などの飲食店は、バイト仲間との共同作業も多いので、仲良くなりやすいのでコミュニケーションも図れてオススメです。お金も稼ぎながらよい出会いもあるアルバイトをさっそく始めてみるのはいかがでしょうか?

3、合コンに積極的に参加する。

お酒も飲めるようになる大学生は、合コンが開催される機会も多くなります。そのような合コンの情報には目ざとくなるようにし、合コンなどの飲み会がある時には行きましょう。

4、ゼミや講義に参加する。

ゼミや講義などのグループワークは、知らない人とも話せる絶好のチャンスです。それはいずれ出会いにつながる可能性があります。わからないことなどを積極的に聞いたりして、会話の糸口を探しやすいというメリットがあります。わからないことがあれば、それをきっかけにして、気になる人に話しかけてみるのはいかがでしょうか?

理想の恋人を作るための「交際の仕方」

理想の恋人との交際を長続きさせるためにはコツが必要です。今の恋人と出会ったころのようなドキドキ感をずっと忘れずにラブラブな関係が永遠に続いて欲しいとみんな願っています。しかし、付き合いが長くなるとそんな気持ちはなくなり、マンネリ化してしまうこともあります。そのようにならずにいつまでも理想のカップルを維持していくためにどうしたらよいでしょうか?

常にドキドキを保つ

付き合ってしばらくすると、どのカップルでもマンネリ感が出てきます。そうなると最初にあったドキドキ感も減ってきます。そんなマンネリ状態から抜け出し、ドキドキ感を与えてくれるのが「旅行」です。

しかし、長く付き合付ていると、恋愛感情が薄れがちです。そこで旅行に出かけて、ドキドキ感をもう一度保たせるのです。もしおたがいに恋心が覚めているようなら、旅行中に必ず出会ったころのようなときめきを思い出すことでしょう。しかし、ここで気を付けておきたい点があります。それは、旅行にはアクシデントがつきものだということです。たとえば、イメージしていたホテルよりもボロボロだったり、予約しておいた旅行先でのレストランが渋滞で行けなかった・・などがあるかもしれません。そんなトラブルにあった際、イヤな顔をしたり、ダメ出ししたりするなら、せっかくの旅行はすべて台無しになってしまい、さらに二人の関係は悪化してしまうでしょう。あくまでも旅行の目的は二人の仲を深めるものだということを忘れずに楽しいドキドキ感がよみがえるような旅行にしていくようにしましょう。このような旅行を定期的に計画するなら、常にドキドキ感のある新鮮さを味わうことができるでしょう。

常に新鮮な気持ちでいる

マンネリ化を防ぐために常に新鮮な気持ちでいたいものです。もし二人の間に新鮮さがなくなってきてると感じたらどのように対処することができるでしょうか?

1、いつもとは違う場所に出かけてみる。

デートの場所がいつも同じところになってきたり、お互いの好みがわかってくると、ご飯を食べる場所や映画のジャンルも限られてきます。また、お互いの家を行き来きするだけのカップルもマンネリ感が出てくるとよく聞きます。そんなときは、普段とは異なる場所、レストランへ出かけましょう。お互いの新しい発見が見つかり、新鮮な気持ちがよみがえってくることでしょう。

2、2人の思い出の場所を訪れてみる。

2人の思い出の場所はありませんか?初めて出会った場所、初めてデートした場所、初めて旅行した場所など2人がまだドキドキしていた懐かしい思い出のスポットを、当時のことを思い出しながら訪れることができるでしょう。必ず新鮮な気持ちになれます。初心の心を思い出すことにより、恋人を改めて見直すことができる良い機会となることでしょう。

3、会わない期間をおいてみる。

もしマンネリを感じるようになっているなら、しばらくあわない期間を設けてみることができるかもしれません。忙しいなどと理由を述べ、友達と過ごしたり自分の時間を楽しんでみましょう。恋人の存在が当たり前になってしまうと、感謝やありがたみが感じられなくなってしまうことがあります。そのように会わない期間を設けるなら、また会いたいという気持ちを強めることができますし、恋人の大切さを改めて感じることができるでしょう。
嫌いになって会わなくなるというわけではないので、会わない期間でもメールなどで連絡はするようにしましょう。

4、ダブルデートをしてみる。

マンネリ感を感じているなら、二人の共通の友人などと複数でデートをしてみることができます。デートにほかの人が加わることにより、新しい刺激や新たな発見があることでしょう。また、普段と異なったデートをすることにより、新たな新鮮さを味わうこともできます。

常に新しい発見を与えられるようにする

恋人に100%満足していると思っていても、相手は常に刺激を求め、それ以上求めている場合もあります。付き合いをしていくうえで新しいことを発見しなければマンネリ化していきます。どのようにそれを防ぎ新しい発見を与えることができるでしょうか?

1、外見

恋人が好む服装やヘアスタイルの意見を取り入れてみることができます。もちろん自分のスタイルに好みがあることでしょう。それを恋人の好むスタイルにしてみるなら新たな発見を与えることができるかもしれません。しかし、この際気をつけたいのはすべて恋人の意見に合わせてしまうのは自分らしさがなくなってしまうので注意しましょう。

2、内面

恋人に合わせて性格を変える必要はありませんが、指摘されている性格上の欠点は意識して直すように努めることができるでしょう。

3、甘えることができる雰囲気

女性は男性に甘えたいと常に感じているので、男性は甘えられる雰囲気作りをすることができます。もし、女性が甘え下手なら、男性は自然と甘えることができる空気を作ってあげるようにしましょう。

4、気配り

恋人が喜ぶ気配りを意識しておこなうように努力しましょう。どんなことをしたら相手は喜んでくれるのかよく考えましょう。あまりにもおおげさな気配りは、余計なお世話となってしまうので、どんなことを喜んでくれるか勉強してみることをオススメします。

5、初心を忘れないこと。

付き合い始めて頃の気持ちを思い出してみましょう。改めて愛おしく思え、新たな発見を与えることにつなげることができるでしょう。

常に「恋人つなぎ」で手を結ぶ

手をつなぐという行為には、初々しさやいちずでピュアな気持ちを思い出すことができるのでマンネリ化を防止するためにも日ごろから手をつなぐようにしましょう。

常に相手がどうしたら喜んでくれるか?を考える

相手が喜ぶことをできるようにしましょう。それには、相手の気持ちを”読み取る”ことが必要です。それは話し合ったり聞いたりするものではありません。相手のことをじっくり考え、どのようなことをしたら喜んでくれるかを見極めるのです。それを行うためにはまず、自分が幸せになることが必要です。相手に幸せにしてもらうのではなく、自分で自分の幸せを満たすことができれば、恋人の喜びも満たすことができるようになるでしょう。

たまにはサプライズも!

付き合い始めはラブラブモード全開なので、会えるだけでも嬉しくて、どこに行っても新鮮な気持ちでいることができ何をしていてもも楽しくて仕方ないです。しかし、月日が流れるとデートプランはマンネリ化してきます。それを避けるために、ワンランク上のデートをしてみるのはどうでしょうか?
いつもよりちょっとだけお金をかけてリッチなサプライズデートを計画するのです。たとえば、ドレスアップするパーティーにいってみたり、ちょっと高級な夜景が見えるレストランやディナークルーズなどを予約しておきサプライズするのもいいでしょう。またいつもの映画館でーとを、カップルシートがある映画館に変えるだけでもまったく気分が異なってきます。

女性は突然の花束のプレゼントも喜びます

いつの時代でも女性は男性からの花束に喜びます。
しかし、突然のサプライズで花束を渡すなら女性はドキッとさせられます。花束を買う余裕がない時は一輪でもいいのです。しかし、毎週あげていると嬉しさが減ってしまうので、”たまに””突然”にプレゼントすることに意味があるのです。
ではここで女性がもらってうれしいお花を5種類紹介しましょう。

バラ(赤)

赤いバラは情熱をもち、「あなたを愛しています」という意味があります。特別な日に渡したい花ですね。

バラ(白)

「あなたはわたしにふさわしいです」という意味があります。記念日にぴったりのお花です。

チューリップ

愛の告白と言えば、チューリップです。告白するときなどに1輪あげるのも素敵です。

デンファレ

お似合いの二人と言う意味をもつこの花には、長く付き合っているカップルにオススメの花です。

上記の花とは異なり、恋人に贈ってはいけないお花も存在します。たとえば、マリーゴールドは別れの悲しみという意味があるのでプレゼントすることは控えましょう。さらに、アザミは復讐、オダマキは捨てられた恋人、オトギリソウは恨みなど怖い意味を持っています。プレゼントで送る際は気を付けて選ぶようにしましょう。

女性は些細な話を覚えててくれるだけでも嬉しいものです

好きな人がどんな些細な事でも覚えてくれているということは真剣に話を聞いてくれていたという証拠です。好きでもない相手の話は細かいことまで覚えていないことでしょう。好きだからこそ、相手のことをもっと知りたいと思うものです。彼女を感動させたいなら、昔した細かい些細な会話を思い出すことができます。たとえば、1年前などに何気なく話した内容を持ち出すことができるかもしれません。

女性は男性がどれまで些細なことを見て大切にしてくれるかをよく見、それを男性へ評価としています。ですから、男性は好きな相手のためにだからこそできる記憶力で相手を喜ばせることにしましょう。

大敵はマンネリ化!

マンネリ化にはどのようなデメリットがあるでしょうか?

・ドキドキ感や緊張感がなくなる。
・同じ場所でしか会わなくなってしまう。

こういった場合が多いのではないでしょうか?

ドキドキの恋人関係を保つにはこういうメンタリティが必要です!

好きで一緒にいることになった恋人同士ですから、時間が経ってその気持ちを自分の中で確認する作業がなくなってきてしまっても、一緒にいるのだから好きで大切な存在であるはずです。自信を持ってマンネリ化を乗り越えましょう。
では、ラブラブなカップルでいられるためにどのようなメンタリティーを持つことができるかその方法をみてみましょう。

1、あまり束縛せず、相手の自由を尊重すること。

お互い束縛しすぎず、適切な距離感を保つことがラブラブな状態を保つことができる秘訣です。もちろん、何をしても自由という意味ではなく、お互いが自分の良さを出すことができる環境を作るという意味でおこなうことができます。

2、相手に全部さらけ出さずに、お互いが内緒の部分を持つこと。

相手が内緒の秘密の部分を持っているなら、「知りたい!」と思わせることができます。知り尽くさない関係が新鮮さやドキドキ感を感じさせマンネリ化を予防することができます。

3、連絡はマメにしても会う回数は週1ペースで。

あまり会わないでいるなら、デートしたときの楽しさを格別なものとすることができます。新鮮さを感じられるペースで会うなら、いつでもラブラブでいることができます。お互いが欲望を満たしてしまわないように我慢することもマンネリ化予防につながります。

4、相手の尊敬できる部分をしっかり見つけること。

憧れがある人にはいつもウキウキした気持ちで接することができます。それと同じように恋人に尊敬できる部分を見つけ尊敬するならラブラブな関係を築くことができます。尊敬が甘えに近い感情ならなおさらよい関係を維持していくことができるでしょう。しかし、すぐに頼るような態度には注意するようにしましょう。

5、「もしこの人がいなくなってしまったら・・」という危機感を常にもつこと。

時折あえて悲しいことを想像してみるようにしましょう。そのように危機感を持つことにより、恋人との時間を大切にしようという気持ちが生まれてきます。恋人に対して優しさを忘れがちな人には特におすすめの方法です。

6、相手の好きな部分をデートのたびに口で言葉にすること。

恋人の好きな部分を褒める習慣をもっているカップルは、ラブラブなケースが多い傾向にあります。褒められて嫌な人はだれ一人いません。特に男性はもう1回言ったから・・と言葉で恋人を褒めるのを照れる人もいます。しかしこのような発想は捨て、恋人を思いっきり褒めるようにしましょう。

7、たとえケンカをしても、お互いすぐに謝ること。

男性はケンカの際、意地をはる傾向があります。しかしそこを直し、素直になってみるようにしましょう。ふたりの間で起きた争いを自分たちの手で解決するなら信頼感も生まれそれはラブラブな関係へとつながります。

8、不満があるなら、溜め込まないで相手に直接言い、その場で解決すること。

お互いへの不満、疑問、お願いなどは溜め込まずに相手に直接ストレートに伝えましょう。そうするなら、居心地もよくなり安心感や信頼感も生まれ二人の絆を強めていくことができるでしょう。

9、笑いのツボだけでなく”嫌いなこと”も同じであること。

ふたりの価値観が同じだと心地よいものです。しかも、楽しいことだけでなく、イヤなことの価値観も一緒なら相手のことを理解しやすいというメリットがあります。価値観は簡単に変えることはできませんが、すべての価値観が一緒になると居心地が最高によくなることでしょう。