彼女がほしいけど、なかなか出来ない…

男にとってはある種切実な悩みかもしれません。

一人で過ごしているのは仕事の張り合いも無いし、やはり寂しいから彼女が欲しいと思っていながらも、なかなか彼女が出来ず悩んでいるのが多くの男性の実情で、なんとかしたいと思いながらも何とも出来ていないと嘆いている男性が実に多いように見受けられます。

そこで、そんな男性たちでも彼女が作れるように、出会いの方法から彼女を作るために必要な情報を、本記事でご紹介していきます。

なぜ彼女ができないか?

仕事が忙しい、出会いが無いなど色々理由を付けて、彼女が出来ないと嘆いていらっしゃる男性って結構多い印象がありますよね。

色々婚活サイトだって増えてきていますし、本気で出会いを求めているのであれば、きっと彼女を作ることは誰にでもできるはずだと思うんですが、それが出来ていない人も確かにいますよね。

やはり何か理由があるのではないかと思うのが率直なところです。

では具体的にどんな理由で彼女が作れないのでしょうか?

「彼女が欲しいよ…」となげく前に!

彼女が出来ていないと悩んでいる方の大半が、『彼女がほしいよ…』と嘆いてばかりで、行動を起こしていない男性が多いように感じます。

それは、女性との接し方が分からないケースや、『嫌われたらどうしよう…』と考えてネガティブになりすぎて声を掛けられないケースなど、色々事情があって、彼女が出来ずに行動も起こせないということなのだと思います。

ただ、どれだけ嘆いていたところで、一生彼女が出来ないことには変わりません。

もちろん行動を起こしたことで失敗することもあるかもしれませんが、何度か行動を起こすことではじめて彼女が作れるわけですから、まずは、行動を起こすようにしましょう。

出会う方法

仕事で忙しすぎて、とても出会いの時間を作っている余裕など無いという男性も、きっと多いと思いますが、そう言う男性に限って、女性との出会いの時間を通廊ともしていないことが多いです。

もちろん出会いのチャンスは人によって多少の差はありますし、経済的事情を抱えて、生活していくだけで一杯一杯で、とても女性との出会いに金銭を使っていられないなんて方もいらっしゃるでしょう。

近年は奨学金返済で借金苦になり、生活がカツカツになってしまっている若者も多いと聞きますし、とても彼女を探している余裕なんて無いという方がいても不思議ではありません。

しかし、出会いのチャンスはお金を掛けたから生まれるとは限りません。SNSを利用した出会いだって一つの出逢いですし、合コンでも出会うことは出来ますし、たくさん出会いの方法は存在しているのです。

では、出会いという観点から彼女が出来ない理由を踏まえながら、どのように女性と出逢えば良いのか、その方法を、見ていきましょう。

出会いの数が足りないのです。

彼女が出来ない、周りにステキな女性がいない…

彼女がいない男性からよく耳にするフレーズです。

しかし、そう言う人に限って、圧倒的に出会いの数が足りていないのが現状です。

彼女を作ったことがない人に『あなたはナンパしたことがありますか?』と質問したら、おそらく大半の方が『したことがない』と答えるでしょう。

もちろんナンパをしたから彼女が出来るというわけではありませんが、女性と出会う確率を下げていることだけは紛れもない事実です。

確かに人それぞれ事情がるのは百も承知ですが、それは相手にとっては何の関係もない話で、出会いの場を増やさない限り、彼女を作るチャンスが巡ってこないのもれっきとした事実なのです。

でも、ナンパ師になる必要はない

出会いのチャンスを増やしたいとナンパに挑戦しようと考えていらっしゃる方は増えているように思います。

筆者自身、ナンパが絶対にNGとは考えていませんし、それも一つの手ではありますが、色々YOUTUBEでのナンパ動画などを見ていただければ分かるように、本気で彼女がほしいと考えている男性にしてみれば、真剣に彼女が出来るとは思えない結果を示す動画もたくさんありましたし、中には命がけのナンパをしなければならないようなケースもあるので、あまりオススメは出来ません。

真剣交際を前提とした上で彼女がほしいのであれば、他にいくらでもより彼女ができやすくなる方法がありますので、ナンパに頼る必要は一切ないということだけは間違いないでしょう。

ナンパで女性に声をかけることに慣れるのも1つの手だけど…。

ナンパを彼女を作るための手法としておすすめしていないにも関わらず、肯定的な意見を言うのは、何か矛盾したような印象もありますが、決してナンパがNGとというわけではありません。

ナンパを通じて女性に声を掛け会話をすることは、コミュニケーション能力や助成に対する免疫力・対応力を向上させる多面お訓練として考えれば、それは十分良い方法としておすすめできます。

例えば、男子校で過ごしてきてほとんど女性と会話したことが無い男性が、いきなり婚活パーティーで女性と会話しようとしたところで、上手く話が出来ずに玉砕するのは目に見えて分かる話ですし、いきなり彼女を作るというのはハードルが高すぎます。

まずは、女性コンビニ店員に挨拶するところから始め、少しなれたところで、ナンパに挑戦して、楽しく会話できるようになってから、いざ本番で、婚活パーティーや合コンなどで真剣に彼女を探すことに挑戦すれば良いとおもいますよ。

何事もステップを踏むことは大事です。

焦らず彼女を作っていくためにも、ナンパをコミュ力・対応力向上にうまく使いましょうね。

社内の気になる異性に声をかけてみよう

女性と仲良くなる一番の方法は、やはり共通項を持つことだと思います。

趣味嗜好がある人が周りにいれば良いのですが、もしいないのであれば、仕事という共通項で会話が出来るという意味で社内の気になる女性に声を掛けてみるのも一つの手段だと思います。

同じ共通項のある女性となら、会話も弾みやすくなるでしょうし、自然と仲が良くなり、趣味嗜好の話で盛り上がれることもあるかもしれません。

仮にタイプでなかったとしても、その女性と仲良くなっておけば、いずれ他の女性を紹介してもらえるかもしれませんし、出会いのチャンスはぐっと広がり、自ずと彼女を作りやすい環境を作ることに繋がります。

社内の女性に声を掛けるということは、決して無駄なことでは無く、彼女を作る上で重要なことなのです。

友達に紹介をを願いしてみよう

小中高大と、幼い頃からずっと同じ環境にいる友人なら、なかなか『女性を紹介して!!』と頼んだところで、共通の知人女性しか紹介してもらえない可能性が高くなると思いますが、まず、生まれてからほぼ同じ人生を歩んできている人間なんて、探したところでそうそういるものではありません。

大抵、どこかのタイミングで別々の人生を送っているはずです。

当然その友人は、あなたの知らない女性を知っているはずですし、もしその女性と友人が仲良しだったとしたら、紹介してもらうことで出会いのチャンスを掴むことだって十分可能です。

友人に女性を紹介して欲しいと言うのは気がひけるかもしれませんが、気のおける友人なら、あなたの彼女がほしいという切実な悩みも危機受け、知人女性を紹介してくれるかもしれませんので、一度頼ってみてはいかがでしょうか。

合コンに行こう

明日の生活費もままならないという方は難しいかもしれませんが、多少外食しても問題ないくらいの経済力があるのであれば、合コンに参加してみるのも出会いの場を増やす良い方法だと思います。

流石に結婚相談所は敷居が高いですが、合コンなら、それほど気を使うこともなく気軽に参加できるのでおすすめです。

また最近はお一人様でも合コンに参加できるような、合コンを主催してくれるサイトもありますので、それらを利用して、合コンに参加してみたら、意外とタイプの女性と遭遇できるかもしれませんよ。

出会い系サイトを使ってみよう

近年、女性との出会いの場を提供する一つのサービスとして、出会い系サイトが増えてきています。

もちろん、出会い系サイトの中には、サクラや業者のなりすましなども紛れ込んでいるケースも多いので、注意は必要でsが、出会い系サイトなら、基本出会いまでは、全てネット上でやり取りできます。

出会い系サイトによっては、相手の顔も見れるサイトもありますし、緊張すること無くネット上でいつ何時でもSNSサイトでやり取りするような感覚で、女性とやり取りできるので、いきなり女性に合うのはちょっとハードルが高いという男性には、おすすめですよ。

お見合いに行ってみよう

お見合いというと、仲人を介して1対1でいきなり出会っていくため、少し緊張してしまい敷居が高いと捉えがちですが、近年は、お見合パーティーを主催してくれているサイトもあるので、そこまで緊張することもなく、参加できるようになっている印象も見受けられます。

合コンよりちょっとハードルは高いかもしれませんが、ニュアンスとしてはそれほど変化は無く、かつ1対1で話し合う時間も設けてもらえるので、思い切ってお見合いに参加してみて、気の合う女性がいればアタックを仕掛けていくというのも良いかもしれませんよ。

モテる方法

世の男性を見ると、全く彼女が出来ずモテナイ男性がいる反面、大した苦労もせずに女性からモテモテの男性もたくさんいらっしゃいます。

では、両者の差は一体どこにあるのでしょうか?

ここからはモテる理由とモテない理由をまとめていきたいと思います。

モテない原因は?

モテる男性がいれば、モテない男性がいるのが世の常というやつと、多くの男性が理解されていることと思いますが、でも、どうしてモテていない男性の中に自分が当てはまっているのか納得行かないという男性は多いハズ…

では、どうしてあなたが女性からモテないのか、いろんなケースに当てはめて、モテない男の傾向をご紹介していきます。

マインドセット

彼女が出来ないと嘆いている男性が、女性からモテないという話を聞いたことがありませんか?

女性が弱音を履いて多少ネガティブになっているくらいなら、かよわさへのアピールにもなるでしょうし、意外と男性ウケも良い場合がありますが、男はよほど親密な関係にある女性でない限り、いきなり悲観的な姿勢で話しかけられてもただドン引きするだけです。

やはり女性は頼りがいのある男らしさを求めているところがあるので、男性からはポジティブな話をしてもらいたいと思うものです。

また、リーダーシップを取れるような頼りになる男性を求めてるところがあるので、自信なさげな態度をおtられる男性は自ずとモテないのです。

まずは、マインドセットとして、自信を持つこと(ただしかk上すぎるのは厳禁)と、ポジティブシンキングでいられるよう、気持ちの持ちようを変えていきましょう。

最低限の見た目(ヘアスタイル、服装)

モテる男性の条件として最低限必要なことの一つに挙げられるのgあ身だしなみです。

極端にオシャレ人間になっていなければダメというわけではありませんが、最低限度の身だしなみはどんな社交場でも共通して必要とされる要素です。

ビジネスシーンでも身だしなみの整っていない男性は、それだけで入社すらままならずに不採用となってしまうことがありますが、それも身だしなみが整っていないことで、あなたに対する心象が大きく失墜してし、不採用となってしまっているのです。
恋愛においても全く同じで、身だしなみが悪いと、『この日と大丈夫?』と偏見な目でどうしても見てしまうために、大きくポイントが下がってしまい、モテなくなってしまうのです。

極端に超高級スーツをきこさなければならないというわけではありませんが、最低限、普通のジャケットやスーツを着こなせる程度のオシャレ感覚は身につけておくべきですし、『毎日同じ服装で街を出歩かない』とか、『シワだらけの服装で出歩かない』など、最低限度の身だしなみには気を配るべきです。

また、ヘアスタイルもボサボサ頭はウケが悪いですし、無精髭なんて不衛生と印象に残るだけでもってのほかです。

オシャレに精通している必要はありませんが、モテたいのであれば最低限度の身だしなみとオシャレは身につけるようにしておきましょうね。

清潔感

これも、先程の身だしなみに共通している部分がありますが、女性も不潔な男性を嫌う傾向に有ります。

その理由は、最低限度の身だしなみが整わず清潔感を感じられない人からは、普段の生活もだらしがないだろうと思えてしまい、特に結婚を前提とした真剣交際であるほど、将来に対して不安を感じてしまうために、おつきあいは絶対にできないと突き放されてしまうからです。

潔癖症になったらなったで、清潔感という部分で女性に変なプレッシャーを与える結果になるので
ドをすぎるとモテなくなってしまいますが、適度に清潔感を持っていないと、あの人はちょっとと思われ敬遠されるのがオチですので、最低限、身の回りの整理整頓や、身だしなみの部分で清潔感を保てるようにしておきましょう。

最低限のコミュニケーション能力

先程リーダーシップを取れる男性を女性は求めていると言いましたが、それは単純に行動だけの話ではなく、会話という部分でもリーダーシップをとってほしいと思う女性が多いのが現状です。

もちろん、母性本能をくすぐるような可愛らしいルックスの男性や、明らかにイケメンで、その人と恋に落ちれるだけでも大満足と言うような、アドバンテージを持った男性なら、その限りではないと思いますが、特にルックスに自信が無い方は、攻め手トーク術だけでも身につけておきましょう。

基本的には、相手に優しく会話を振ってあげるスキルがあれば、それで十分です。さり気なく趣味嗜好について質問してみて、相手の趣味と共通する部分があれば、更に発展した話をしても大丈夫でしょうし、全く知らなければ、『それって何?』と質問してみてもいいでしょう。

要は、相手のことを興味持っているとアピールした上で、しっかり話を聞きながら、会話を途切れさせないようにしてあげればいいだけですので、別に自分アピールをする必要もなければ、古舘伊知郎さんのようにマシンガントークを求めているわけでもありません。

さり気なく会話でリードしてあげればいいので、その事を念頭に、女性とスムーズに会話できるように練習しておきましょう。

もし練習相手がいなければ、コンビニの女性店員に話しかけてみるのも一つの方法です。

常連客として仲良くなれば、色々会話も弾むでしょうし、女性心理を教えてくれることもあるので、おすすめですよ。

筆者がよく考える女性に好かれるポイント

ジョセからモテるタイプは、ここまでお話したモテないタイプの真逆と考えれば、分かりやすいかもしれませんが、やはり具体的にどんなタイプが好まれるか知っておきたいと思いますので、あくまで筆者が色々調査した上で考える女性に好かれるポイントを、まとめておきます。

誠実さ

男性の好まれるタイプでまず一番に挙げられるのが、誠実さではないでしょうか、ナンパをする男性がチャラいとイメージされ敬遠されガチなのがその証と言っても過言ではなく、やはり女性は真面目で誠実な男性が好きなのです。

特に結婚を意識した女性は、将来の生活を意識しているので、どこかあやふやでチャラい男性よりも真面目に仕事し貯金もしっかりためられている堅実敵で誠実な男性の方が好きという傾向に入りやすくなるようです。

もちろん人の好みは十人十色ですが、破天荒なタイプを好きになる女性は結構スック無くレアケースなので、あなたがモテたいのであれば、まずは誠実さを身につける用努力しましょうね。

優しさ

これも女性が男性を好む大きな要素と言えます。元々女性は、お姫様に憧れる気質を持っているので、ステキな王子様にさり気なく優しくてを指し忍べられたらと妄想を膨らませていたりするものです。

もちろんそんなステキな王子様はいないとあとで気付かされることになるわけですが、それでもたくましく頼りがいのある男性が、下心もまったくなく優しくしてくれたら、それだけで胸キュンしてしまいます。

それはどんな女性でも大抵は感じていることなので、荷物を持ってあげるとか、悩んでいると気にさり気なく『どうしたの?』と声をかけて挙げたりなど、友人と接すると気に見せるような、さりげない優しさを見せられるようになっておきましょう。

そうすれば、自ずとモテる確率は高まりますよ。

彼女の作り方

モテる要素やモテない理由、そして、出会いの方法など、いろいろご紹介してきましたが、では、それらの話を踏まえながら、具体的にどのように彼女を作っていけば良いのか、その大まかな流れをご紹介していきます。

1.まずは女性と出会う

彼女を作りたいと真剣に思うならば、当たり前のことですが、まずは女性と出会わなければ、話が前に進みません。

いくらバーチャルの世界や妄想世界で彼女を作ろうと躍起になったところで、最終的にただ虚しくなるばかりで、女性と出会うことで、初めて彼女を作るためのスタートラインに立つことになるので、出会いの場を求め行動を起こすよう心がけましょう。

先程ご紹介した、合コンやお見合い、出会い系サイト、そして友人の紹介など色々、出会いの方法はありますので、ぜひ、積極的に女性と出会うための行動を起こしていきましょうね。

2.二人で飲みに行く

出会いを繰り返していくうちに、きっとステキな女性と出会えるはずです。

気になる相手が見つかれば、交流を深めながらお互い仲を深め、打ち解けてきたタイミングで、一度飲みに誘って見るのもいいでしょう。

ただし、誘っても断られれうこと前提でさり気なく装用にしないと、変な奮起となってしまい、せっかく打ち解けて仲良くなったのに全てが水の泡となってしまいます。

『せっかく仲良くなったことだし飲みに行きませんか?』と誘ってみたり、また、彼女自信が何か悩みを抱えていたら、さり気なく『何か悩んでいらっしゃるなら、話くらい聞きましょうか?』と言いながら、飲みに誘ってみるのも一つの手です。

もちろん、彼女に断るという逃げ道をちゃんと用意してあげた上で、誘ってあげるのがベスト!!

もし断られても、『残念、また今度ね』と軽くスルーしてあげれば彼女もホッと一安心出来ますし、次第にタイミングが合えば、自ず誘いに乗ってくれるはずです。

焦らずじっくりタイミングを見計らい飲みに誘う様にしましょうね。

3.デートに行ってみる

二人で飲みに言って、気持ちがより打ち解けてきたら、いよいよ次はデートに誘ってみましょう。

そろそろ、彼女もあなたのことを彼氏として、認識し始めている頃だと思いますので、男らしく、彼女の好みそうなデートスポットをリサーチして、提案しながら、『デートしませんか?』と誘ってあげたら、きっとその誘いに乗ってくれると思いますよ。

4.3回目以内のデートで告白しよう!

デートも順調に進み、後は、告白するだけという状況まで行ったら、そこからは あまりもたもたせずにお所らしく告白するのがベスト!!

あるアンケートで、デートから3回目で告白してくれるのが理想という女性の生の声もありますので、3回目のデートを目処にしっかり男らしく『好きです。付き合ってください』と告白しましょう。

もちろん玉砕してしまうこともあるかもしれませんが、いつまでもネガティブに断られたときのことを考えて告白できないのはもってのほかです!!

間違っても躊躇して告白のタイミングを見失うなんてことだけは無いように、しっかり男らしく告白しましょうね。

年代別のアドバイス

男性の思考も成長と共に変わっていくように、女性の気持ちも成長とともに大きく変わっていくものです。

では、具体的に年代別にどのような彼女の作り方が理想なのかご紹介していきます。

社会人で彼女を作りたい人に向けて

社会人だからといって、人の好みはバラバラなので、全てが当てはまっているとは言いませんが、やはりより大人の男性で紳士的なタイプが好まれる傾向にあるといえるでしょう。

社会人で彼女を作るということは、当然相手も社会人だと思いますし、そろそろ結婚も意識して真剣交際したいと考える女性が多い年頃なので、優しさや誠実さを持って、女性に接することが彼女作りの大前提と言えるでしょう。

極端な話イケメン要素よりも重要視されているところがあるので、身だしなみも含めて、優しさ・誠実さを持って、しっかり女性をリードしてあげられるように自分磨きしておきましょうね。

大学生で彼女を作りたい人に向けて

大学生の女性は、まだ、社会人経験も乏しく、世間を知らないところもありますので、バイトなどを積極的に行い、少しでも社会に触れ経験を積んでおくことが重要。

その上で、バイトで知り合った女性などにアタックを仕掛けたり、してもいいでしょうし、何か一つ負けないものを身につけ自信を持って女性と接すると、意外とモテたりするケースもあるでしょう。

流石に、大学生なので、まだ紳士的な大人らしさは身についていないと思いますし、何か尊敬できる物を一つ身につけ他の男性と差別化を測り、若さを活かしてアタックしていくのがベストだと思いますよ。

高校生で彼女を作りたい人に向けて

高校生どうして彼女を作りたいと考えるのであれば、断然部活で結果を見せて、格好良さをアピールするべきだと思います。

やはり、好みとしてもより格好良さに惹かれる傾向が見受けられますし、ただ優しいだけでは物足りなさを感じているはずなので、コレなら任せてと言うもの(できれば部活に属したもの)を身に着け、部活動の練習などで、優しくリードしてあげたりしたら、モテやすくなり、彼女を作れる可能性は高まると思いますよ。

中学生で彼女を作りたい人に向けて

中学生での交際となると、それこそ限られた交際となるのは致し方ありません。

どんなに格好つけようとしたところで、社会人には負けるわけですし、お小遣い程度で、オシャレといつてもたかが知れています。

もちろんおしゃれな男性で、爽やかでイケメンであれば、それにこしたことはありませんが、やはり重要視されてるのは内面で、特に優しさと清潔感においてはかなり重要視されている傾向に見受けられます。

まずは自分磨きをすることからスタートし、その上で女子たちとコミュニケーションを測りながら、しっかりアプローチできるスキルを身に着けておきましょうね。

彼女が欲しい心理的な要因は?

今の時代、草食系男子という言葉もある様に、彼女必要ないという男性もいる時代、果たして彼女がほしいと思っている男性は、何故彼女を求めているのでしょうか?

その心理・理由を最後にまとめておきます。

寂しいから

特に社会人男性に多く見られる傾向にありますが、やはり一人だと寂しいという男性は多いようです。仕事で上司に怒られ、精神的にもいろいろ傷つきながら、ようやく自宅に帰っても、誰もいないで寂しくひとり暮らしという男性は決して少なくないそうです。

やはり、ただいまと言ったお帰りと返してくれる彼女が欲しいと言うのが心理として働き、将来結婚を見据えた上で彼女を作りたいと真剣に考えていらっしゃるのでしょうね。

みんなが彼女がいるから自分も欲しい

これは、特に学生達に多い理由です。

男は無駄なプライドや維持をはり合う気質を持っているので、自分だけ彼女がいないというのは、一つの劣等感として、つきまとうことになります。

その為、他の男友達と同じように彼女がほしいと思うようです。

筆者としては人は人自分は自分だと思うのですが、プライドを気にする男性ならではの心理なのでしょうね。

具合が悪い時に看病をしてくれる人が欲しい

筆者も、何度か思ったことがありましたが、高熱をだして具合が悪いというような状況下で、一人ぼっちなのは、本当に辛く寂しい気持ちになったりするものです。

特に男とは、料理もできない人が多かったりしますし、何かと心細く感じてしまうところがあるようです。

だから彼女が欲しいと言うのが一つの本音としてあるのだとか…

やはり看病してくれる優しい女性を何処かで求めているんでしょうね。

でも、自分勝手はダメ!彼女を作りたいなら「相手のことを考える」ことを優先しましょう

いろんな事情を抱え彼女がほしいと思うのは、人それぞれ自由なことですが、だからといって、身勝手に彼女を作りたいとあれこれ行動するのはタブーです。

やはり相手あっての交際ですし、お互いが相手を思いやれる関係でなければ、まず、彼氏彼女の関係を構築していくことは不可能です。

その関係を築くためにも、相手のことをなによりも思いやり優先してあげる優しさがなければ、相手はあなたに振り向いてくれません。

あくまで人にやさしくしているからこそ、それがやがて自分に跳ね返り優しくしてもらえているに過ぎないことをちゃんと理解し、女性を思いやり優しく接していく中で、ステキな彼女を作れるように行動を起こしていってくださいね。