恋人を作るのは面倒だけど、体だけの関係を持ちたいと考える人は、男女ともに増えています。

セフレを作りたい人のための出会い系サイトが増えていることも、それを助長しています。

でも、いざセフレを作ろうと思っても、慣れていない人はどうして良いか分からないですよね?

この記事では、セフレの概念から、セフレを求める男女の心理、作り方までご紹介していきます。

\記事を飛ばしてセフレを探したい人はこちらから/
01_button_pcmax_sehure
(18歳未満は利用禁止)

セフレとは?

あふれる性欲は誰でも持っている!

代々子孫を残す目的から、男性も女性も考え方の違いはあれど性的欲求を誰もが持っています。

男性は、本能で気に自分の遺伝子を残そうと性欲を働かせてしまうところがあり、女性がドン引く程、24時間265日性的欲求を持ってしまっているとも言われています。

もちろん大抵の男性は理性で性欲をある程度押さえているわけですが、押さえが効かなくなると、アダルトビデオを見て自慰的行動を起こしたり、風俗店に駆け込んで発散したりするのが通常で、中には痴漢行為などに走ってしまう人もいます。

一方女性は、本能的に優秀な遺伝子を残したいと考えているので、男性ほどではないものの、やはりこれはという男性に巡り合ったら、エッチしたいと思ってしまうところはあるようです。

改めて「セフレ」とはどういう意味か?

この様に誰もが持っている性欲を満たすために、出会い系でセフレを求める人が増えているわけですが、実際に『セフレ』とはどういうものか知らない方も、中にはいらっしゃると思いますので、改めて、ここで軽くおさらいしておきましょう。

まず、セフレとはセックスフレンドの略を指し、字が表わすように、体の関係を目的とした友人関係のことを意味しています。

普通は、恋人関係になってからか、あるいは結婚してから体の関係を持つものですが、近年、気軽にエッチ目的でも出会える出会い系サイトが増殖し、その中で、エッチに関して楽しみたいと軽く考えを持つ男女が増えたことで、恋人という面倒な垣根を取っ払い、セフレを求め彷徨う男女をよく目にするようになっているようです。

ワンナイトラブの割り切りの関係も含め、体の関係だけの友達なので、変な煩わしさはありませんし、エッチ上でのルール違反などでもめてしまうことはあるかもしれませんが、浮気や嫉妬などのトラブルに成ることも一切ないので、単純にエッチを楽しみたい男女間では、理にかなった関係だと思いますよ。

02_banner_pcmax_sehure

実は、多くの女性がセフレ経験あり!

セフレは男だけが求めるものと誤解されがちですが、先程もお話したように、本能の違いはあれど、女性も性的欲求を持っているところはあり、意外なことに女性もセフレを求めで、出会い系サイトを利用されているケースが多々見られます。

確かに、出会い系サイト登場によって、エッチ目的の軽い関係を求めやすくなったこともあるのですが、それ意外にも草食系男子の増加に伴い、夫婦関係の中でもセックスレスの関係が増加してしまっている深刻な問題も大きく関係しているのです。

あるデータでは、男性は20代・30代が性的欲求のピークにあると言われているみたいですが、女性は意外にもピークが遅く、30代・40代がピークと言われています。

これは、学術的にも的を得た話で、先程もお話したとおり男性は遺伝子を残すために、若い時分から性的欲求に駆られ、年齢と共に体力も衰えてくるために性的欲求も減少傾向にありますが、女性は40代から50代で閉経を迎えるため、それまでに子供を産まなくてはいけないと本能的に動いてしまうところがあり、ピークがその手前の30代・40代となってしまうのです。

もちろん個人差があるのでこの限りではありませんが、男女の差が露骨に出やすい30代は特に、一度夫婦関係を結び、子供が出来ると、それ以降セックスレスとなってしまう夫婦も多いらしく、特に奥さんが性的に欲求不満に陥りやすくなってしまうのです。

そのため、近年は、女性であっても出会い系サイトを通じてセフレを作っているわけで、意外にもその数は多いと言われているのです。

一部の情報では、女性の性的欲求を満たすためには、まだまだ男性の性的欲求の数では追いつかないなんて話もあるので、意外なことに、恋愛をまともにしたこともない男性が、出会い系サイトで上手く出会えてセフレが出来るなんてこともあるかもしれませんよ。

03_banner_pcmax_sehure

男性もセフレ経験ありが多い!

セフレというとどんなイメージをお持ちでしょうか。

多分、一般的にはあまりいいイメージはないのでしょう。

でも、生身の人間が生きるとき、綺麗事では済まない部分もたくさんあります。

セフレがいたらいいなぁ、という願望は、実は多くの人が考えたことがあるのではないでしょうか。

そして、実際にセフレ経験者というのはじつはかなり多く、30代男性を対象としたあるセフレ経験調査では半数を超えたという結果も出ています。

倫理的な良し悪しはさておき、セフレがいることで人生を、円滑にイキイキと送れるのであれば、セフレ=悪と決めつけてしまうのは早計だということがいえるでしょう。

今日は、そんなセフレの世界とその作り方についてまとめて見たいと思います。

セフレを作るための戦略

出会いのきっかけを作る

冒頭でも少し触れましたが、女性がセフレを受け入れてくれるとしてもそれは、イケメンであったり、凄く優しい男性であったりするなど、何かしらの魅力を持っている男性であることが大前提で、誰でも構わずセフレになりたいと考える女性はそれほど多くいません。

そこは、優れた遺伝子を持つ男性と結ばれたいと思う女性の本能がそうさせてしまっているると言うのが率直なところなのでしょうね。

だからこそ、何のきっかけもなく唐突にセフレになってくださいと言われても、まず100%断られるのがオチです。

やはりセフレを作りたいのであれば、出会いのためのきっかけ作りをしなければならないというのが男性側の鉄則と言えるでしょう。

\今すぐ「出会いのきっかけ」を作りたい人はこちらから/
04_button_pcmax_sehure
(18歳未満は利用禁止)

セフレが向いている人の特徴を見極める

ここまで女性の中でも意外にもセフレを求めている人は多いという話をしてきましたが、あくまでこれは傾向の話をしているだけに過ぎず、全ての女性がセフレを求めているわけではありません。

セフレを求めている女性もいますが、一方では純粋に恋愛をしたいと考えている女性もたくさんいますし、中には、エッチが苦手な奥手で純粋な女性もいらっしゃいます。

その見極めを間違え、エッチが苦手な女性に対していきなりセフレを求めてしまうようなことをしてしまったら、それだけで拒絶されてしまいますので、セフレに向いている人の特徴を掴み、間違いの無い申し込みをするようにしましょう。

なお、セフレに向いている人の特徴は後ほど詳しくご紹介していきますが、寂しがり屋やメンヘラ思考(ネガティブシンキング』押しに弱い女性などがその特徴にあると言われています。

そういう人と出会のチャンスがあれば積極的にアプローチを仕掛けていくのもいいでしょうね。

出会った後に好かれるために

これはセフレに限った話ではありませんが、いくら、セフレを求めているとしても、いきなり見ず知らずの人に心を開くほど女性はいないと言っていいでしょう。

やはり警戒心を持たれるよりも好意を持ってもらうほうがセフレになってもらいやすくなるでしょうし、そのためには、共通の話題などを繰り返し、しっかりコミュニケーションを取ることも重要です。

相手もセフレ目的なのですから、いきなり過激なのはNGですが、もし会話の中でエッチな話になってきたら、その話に乗っかってあげるのも一つの手です。

最終的に、『一緒にエッチ楽しもう!!』と誘えるようになるまで、まずは焦らずじっくり気持ちを通い合わせるよにコミュニケーションを取り合いましょうね。

好かれたあとに自然とセックスになるように

お互いコミュニケーションを取り、友人としての関係を築き合う中で相手から好意を持たれるようになれば、いよいよ、エッチを誘うタイミングを図り行動に移すだけですが、まだここでも焦りは禁物です。

全ての女性というわけではなくとも、その多くは雰囲気作りを気にされている方が多いように見受けられます。

心の準備をしたいという気持ちの現われなのかもしれませんが、雰囲気のバーでお酒を飲んでほろ酔い気分でホテルに誘うなど、気持ちよくセックスになるように優しくリードしてあげてください。

間違っても強引に『抱かせろ!!』と上から目線で責め立てるのはNGです。

あくまでセフレであり、主従関係も同等の立場なのですから、上に立つのは完全にNGとみなされます。

誘導してあげるのと、命令するのとでは全く意味合いが異なりますのでその辺はしっかり注意してください。

優しい笑顔で『エッチしよ!!』と誘ってあげれば、セフレとして出会っている彼女としても、あなたの笑顔でホッとして、すんなりセックス出来るかもしれません。

まずは優しくリードしてあげることと、雰囲気作りを心がけ、女性に心の準備をさせてあげるようにすることを心がけましょうね。

継続的にセックスをする関係を保つために

女性はセックス後も余韻を楽しみたいと考えている方が多いと耳にします。

世間で耳にするビロートークというのがそれに当たるのですが、セックスが終わった途端にカットが掛かるかのように、余韻もなく分かれてしまったら、女性の立場として、ただ体だけを目的とされたと寂しさを感じてしまうものです。

まぁ、男ならそれで良いのかもしれませんが、女性は満足していないケースも多く、このようなことが続くと、せっかくセフレとなって関係性を築いたのに、続けていくことが出来なくなるかもしれませんよ。

せっかくセックスするなら、お互い楽しめないとつまらないですし、セックスが終わったあとも、優しくイチャイチャしながら余韻を一緒に楽しんであげましょう。

そうすることで、『この人とエッチしてよかった。

またしたい!!』と思ってもらいやすくなりますので、ただ性行為だけすればいいというわけではなく、スキンシップの部分も大切に、お互いにとって楽しいエッチをしてくださいね。

05_banner_pcmax_sehure

セフレ向きか?特徴を見極める

だれにでも言えることですが、完全なる恋愛体質でピュアな思考を持つ人と、単純にエッチがしたいと考えていく人と、大きく2系統に人の恋愛の形というのは分かれていくものと思います。

男の思考は単純なので、どちらのケースであってもどこかのタイミングでエッチしたいと考えたリスしますが、女性の場合はそうはいきません。

セフレに向いていないピュアな女性は、とことんエッチあ苦手だったりしますし、たとえ大好き中彼氏からのお願いでも泣きながら頑張ってくれる程度ということも十分考えられます。

やはり同じエッチなことをするならお互い楽しくセフレの関係を築きたいものです。

では具体的にセフレ向きかどうか見極めるための相手の特徴を見ていきましょう。

まずは、相手が求めているものを見極めましょう

セフレと一言で表しても、求める内容は人それぞれ異なります。

またセフレに向いている女性と、そうでない女性とでは、彼氏に求める内容も大きく変わっていきます。

その部分を無視して半ば強引な体の関係を求めていては、お互い楽しめるエッチは出来ません。

まずは相手が何を求めているのか把握するところからスタートしましょう。

メンヘラ、寂しがりやか

メンヘラとは、精神が病んでいてどこかネガティブに物事を考える傾向のある人たちのことを指す言葉ですが、何故このメンヘラな女性達がセフレに向いているのでしょうか?

その理由は、一言で言うと、メンヘラである女性の多くが愛情に飢えていて依存しやすいタイプであるからです。

事情は各家庭で異なりますが、何らかの事情によって、幼い頃から愛情を受けることができなかった女性たちは、いつしか、自分は必要のない人間と強く思い込んでしまう傾向にあるそうです。

その為、何かに依存してしまいガチなところもあり、エッチ一つでも必要とされれば、男の人をつなぎとめる手段として相手の要求に応えてしまうと言われています。

また、寂しがり屋な女性も、男性に依存しやすく、エッチ目的でも『今、私は愛されている。

一人じゃない!!』と実感できるためセフレを求める行為に走りやすいのです。

要はこの手の愛に飢えた女性ほど、セフレに向いているというわけなのです。

押しに弱いか

寂しがりや・メンヘラの女性だけでなく、断りきれない押しに弱い女性もセフレに向いていると言われています。

普通、エッチをするというのに抵抗があれば、特に女性はNOと断るはずですが、押しの弱い女性たちは、たとえ抵抗があったとしても断りきれず受け入れてしまいます。

もし断って関係性が断ち切られたらどうしようかとネガティブに考えたり、断ることで相手の悲しむ顔を見たくないと断ることに躊躇する女性は、エッチな要求をされても断らないケースが多いので、セフレに向いているといえるでしょう。

出会った後に好かれるために

出会い系サイトなどを通じてやっとの思いで女性と出会えたとしても、第一印象で嫌われてしまったら、その時点で関係性が崩れてしまいます。

そんなショッキングなことにならないように、お互い出会った後もそれなりに好かれる関係性を構築したいものです。

では、実際に出会った後も好かれるためには、具体的にどの部分に気をつけるべきなのか見ていきましょう。

清潔感を出す

何度も言いますが、男女の出会いは第一印象で大抵が決まります。

特に清潔感のある人からは、男性なら誠実さ、女性なら清楚さを感じるものです。

もちろん清潔感だけしかなければ後が続きませんが、まず好印象を持ってもらわないことには、その後の会話も弾みませんし、やはり清潔感な格好で待ち合わせ場所に現れるというのは必要なことだと思います。

特に女性は、過敏に反応する傾向にあるらしく、身だしなみが整っていないことで、そのことばかりに気が行ってしまい、話にすら集中できないなんてこともあるそうなので、くれぐれも清潔感を出して、相手と接する様にしましょう。

最低限の身だしなみを

相手がセフレ前提の出会いだったとしても、最低限の身だしなみは大切です。

特に女性は不潔な男性と性的関係を持ち、万が一にも性感染症に罹りたくないと考えていますし、何よりも身だしなみも悪く不潔な男性とのエッチは、ただ汚されてしまうだけと、マイナスのイメージしか持っていないものです。

普通の恋愛にも言えることですが、身だしなみの悪い人は、必ず第一印象が悪くなり、その後もうまく関係を築くことができなくなりますので、くれぐれも注意しましょう。

清潔感があり、少しおしゃれにも気を聞かせられる男性なら、接結感もあり真面目と好印象を抱いてもらいやすくなりますし、女性の警戒心は薄らいでいきます。

もちろんそれだけで良いというわけではありませんが、最低限度の身だしなみは好かれるためには必須好意と考えましょうね。

聞き上手になる

特に女性は、時分の話を聞いて欲しいと熱弁される方が多いように見受けられます。

特に何かのアドバイスを求めているわけではなく、ただ思っていることを聞いて欲しいというのが女性心理なんだそうですが、損女性たちの話を嫌な顔ひとつせずに聞いてあげれば、高感度は一気に高まっていくでしょう。

聞き上手になることも女性から好かれる大きなポイントなので、普段から聞き上手になれるように心がけてくださいね。

会話を途切れさせないようにする

セフレを作りたいと考える人の大半が、『誰かにかまって欲しい(または、会いして欲しい)』、『エッチを楽しめ会える友人を作りたい』など、心から楽しみ充実したいと考えている場合が多く、誰を愛し尽くしたいという人はあまり多くいません。

そのため、セフレに対して会話が楽しめず途切れてしまうような人では相手として務まりませんし、相手から行為を抱いてもらえないでしょう。

相手に好きになってもらうためには、やはり会話を途切れさせないようにする努力は必要です。

よく相手の話を聞き興味を持って質問し続けていくことを意識して会話したら、自ずと会話も弾んでいくでしょう。

相手に興味を持ち感心を持っているなら、話の中で疑問の一つや二つは考えられるはずなので、さり気なく質問も織り交ぜながら会話を途切れさせないように心がけましょう。

自慢話は絶対しない(だけど、さりげなく凄いアピールはする)

女性に尊敬してもらう、または興味を持ってもらうと言うのは、好かれるために必要なことでもあります。

ただし、あまりにも自慢ばかりしている男性に対して、女性の多くはウザいと感じてしまう傾向にあるようです。

そもそも自慢話ばかりしているということは、その時点で自分のことばかり話している事になりますし、『私の話も聞いてほしいのに…』と女性たちもドン引きしてしまうだけです。

あくまで自己アピールはさり気なく、女子絵に好かれる様なアピールを心がけましょう。

共通点を見つける

これは会話をするでクニックとしても用いられることですが、お互いの共通点を見つけ、会話などに上手く組み込むと、相手から共感を受け好感を持ってもらうことが出来ます。

女性側もあなたとの共通点さえわかれば、話題の一つとして降ってくれるでしょうし、その共通点をきっかけに会話が盛り上がればお互い楽しくエッチへと移行していけるのではないでしょうか。

共通点を探すのは難しいと思いがちですが、最近はSNSサイトを多くの方がされていますし、そもそもあなたが出会っている彼女も出会い系サイトをきっかけに出会っているセフレだったりするでしょうから、相手の日記などを見ながら、共通している部分を事前に把握すれば、それほど難しいことではないと思いますよ。

ぜひ二人がセフレとして楽しく時を過ごせるように、共通点を見つけてあげてくださいね。

会話の中で相手が好きなタイプを聞き出す

自分が相手にとって好かれているかどうか知りたいと思うことは多々あると思います。

それが、セフレも含めて男女の恋愛関係にある間柄ならなおのこと気になるかと思います。

では、実際に会話の中で相手が好きなタイプかどうか聞き出すにはどのような言動を取れば良いのでしょうか?

実は、その方法は至ってシンプルで、好きな芸能人のタイプを聞き出せばいいだけなんです。

例えば、話題の芸能ニュースの話を二人でしていたとします。

身近な例で、昨年話題となった福山雅治さんの結婚の話をしたとしましょう。

その話題で盛り上がっている中、『ところで、君は、芸能人で例えるなら好きなタイプは誰?』というような質問をかぶせてしまえば、さり気なく聞き出すことも出来るはず…

芸能人の恋愛の話題であり、かつ、多くの女性ファンが福山さんの結婚にショックを受けているというところがミソで、『~~さんはどうだった?』とか話を聞きながら、好きなタイプを質問すれば、唐突な質問とは思われません。

もちろん、語気を強めて質問してみたり、あからさまに不自然に見える質問の仕方はNGですが、さり気なく質問される程度なら、別に変な意味に捉えることはありませんし、好きなタイプがわかれば、その対象となる芸能人の話で盛り上がることも出来ますので、ぜひ実践してみましょう。

下心を見せない

セフレを目的に近づいていくる男性がエッチな考えをしないとは女性も考えていませんし、本能的に下心があるものと理解しているとは思いますが、それでもあまりに露骨に下心を見せてくる男に対しては冷めてしまうものです。

特に女性はエッチをする際への雰囲気作りも大切にしていたりしますので、その辺は勘違いの内容にしましょう。

間違っても下心を見せてしまうと一気に敬遠されて、セフレになってもらえずに関係を断ち切られてしまう可能性もあるので、注意しましょうね。

好かれたあとセックスに持ち込むために

セフレを作りたいということを前提に出会っている二人がお互い好意を持っている状況で、スムーズにセックスに持ち込むには、後もうひと押しとなる貴女のスマートで優しいエッチへの誘いが必要です。

きっと女性もそれを待っているのだと思いますが、強引すぎる誘いをされるとドン引きしてしまいますので注意しましょう。

例えば、色々会話などで盛り上がり、彼女があなたに好意を持ち始めたと察知した後に、『ちょっと疲れたし、なにもしないからホテルで休んでいかない?』とさり気なく誘ってあげるのも有効打となると思います。

もちろん彼氏彼女の関係なら、もう少し時間を掛けたほうが良いかもしれませんが、相手もセフレを求めていることを大前提とするなら、そろそろエッチもと考えているでしょうし、あなたの誘いに応じてくれる可能性は十分あるでしょう。

ただし、ラブホテルとあからさまな言葉を出して誘うのは要注意!!

流石にエッチ全開はドン引きしてしまうだけなので、絶対に避けましょう。

くれぐれおスムーズにセックスに持ち込むために優しくさり気なく誘ってあげてくださいね。

継続的にセックスをする関係を保つために

最初からワンナイトラブという割入りの関係で出会っているのなら仕方ありませんが、せっかくセフレになっているのであれば、やはり、一度だけでなく、継続的な関係を結びたいと誰もが思うことでしょう。

では、どのようにして、継続的にセックスをする関係を保っていけば良いのかその方法や注意点をご紹介していきます。

最初に満足度が高いセックスをしよう!

特にメンヘラの女性や寂しがり屋の女性など、相手に依存しやすいタイプの女性は、最初に満足度の高いセックスをしてあげると、『次もしたい!!』と思うようになる傾向にあります。

女性だって性的欲求はありますし、優しく楽しくエッチができれば、継続的にセックスをする関係を保てる可能性も出てきますので、相手に気持ちよくなってもらうことを第一にセックスをするように心がけてください。

事後こそ大事に

女性の多くが、セックスが終わった後こそ大事と捉えているといわれています。

ただセックスをして気持ちよくなりたいというわけではなく、その後の余韻も含めて楽しみたいと思うのが女性心理なのです。

優しく抱きしめてもらえたり、腕枕されて髪をなでてもらったりなど、彼女と接しているかのような錯覚を与えてもらえたら、それだけでも十分女性はセックスの余韻に浸ることが出来『大切にされている』と感じることが出来るのです。

やはり、継続的にセフレの関係を続けていくのなら、このような優しさを見せてあげることも重要です。

あくまでお互いの意志を尊重してこそセフレの意味があると思いますし、女性の立場に立ってあげて、セックスの余韻を楽しむ時間を作ってあげてくださいね。

女性目線で考える、NGな男性

いくらセフレといっても、男性と女性ではその考え方は異なりますし、男性の態度・言動などでNGと断られるケースも多々あるでしょう。

では、具体的にどのような男性がNGと見られてしまうのかご紹介していきます。

いつも、当日に誘いの連絡が来る

男性以上にエッチに対して心の準備が必要なのが女性特有の心理状態です。

それなのに、いきなり誘いの連絡が来ても対応できないですし、それこそ体目的で来られていると感じドン引きしてしまいます。

間違っても急にエッチ目的で会おうと誘うのは控えましょうね。

毎回同じ服装

ヤフー知恵袋などを見ても感じますが、男性の多くは意外と服に感心を持っておらず同じような服装が目立っているのに対して、女性はそんな男性に対してもう少しおしゃれに感心を持ってほしいと感じているようです。

やはり、同じ服装というのは敬遠されがちで、せっかくセフレとしtえ良い関係を築けても、同じ服装のせいで、継続することが難しくなってしまうかもしれません、

バリバリにおしゃれになる必要はありませんが、ちょっとはおしゃれに興味を持ち、服装のバリエーションを増やすよう心がけましょう。

飲みにいってもワリカン

楽しくお酒を飲んだとします。

そこでの会話も楽しかったし、このあと、どうする?というような場面です。

しかし、ここの支払いで、男性側がワリカンを提案したらどうでしょうか。

おそらくほとんどの女性は興醒めし、酔いも醒めて男性に対しても冷めてしまうのではないでしょうか。

それは、この男性がこの先のあらゆる場面で同じ対応をしてくるんだろうな…という想像ができてしまうからです。

となると、どこにいても、何をしていても女性は支払いのことを気にしていなければならないですよね。

非常に面倒くさいことになります。

こんなタイプの男性は「NG」判定をされてしまうでしょう。

ご飯やお出かけもせず、ホテルだけで終わる

親しい人との食事やお出かけってとっても楽しいですよね。

特に何をするわけでもないウィンドーショッピングだって、楽しいもので会話がはずんだりしますよね。

もちろん、男女間でもそれは同じことです。

何気ない会話の中から、その人の人となりを知ったり、優しさに気付いたりするのもこういう場面であることが多いのではないでしょうか。

にも関わらず、ホテルに行って終わり、という付き合いをくりかえし求められたらどうでしょう。

まるで自分が性の道具のように扱われた、と特に女性の立場ではそう思うはずです。

そんな相手と長く一緒にいたいと思うことはないでしょう。

というわけで、こちらも「NG」判定となってしまいます。

こんな女性には注意!

ここまで、男性側の行動での「NG」判定について考えてみました。

ここでは逆に、男性からみて注意すべき女性について考えてみます。

主婦

いうまでもないことですが、主婦の方には夫がいます。

何をあたり前のことを言うんだ、と思われるかもしれませんが、ここに注意が必要です。

その主婦の方とセフレ関係になれば、その関係は不倫だということです。

不倫は、日本の刑法上は罪にはなりません。

なので、警察が不倫相手の男性の家に踏み込んできてその男性が逮捕されるということも、もちろんありません。

では、なにが問題なのでしょうか。

それは不倫というものが、刑事上ではなく、民事上の責任を負うからです。

簡単にいうと、主婦の夫は不倫の相手である男性に対して損害賠償請求をすることができます。

もっと簡単にいうと、不倫は相手の配偶者を傷つける行為だから、お詫び(賠償)が必要ですよ、となります。

これは主婦の同意があっても変わりません。

だからこそ、主婦の方とセフレ関係に発展するときはそのことに注意が必要なのです。

極度なメンヘラ

セフレ関係だけではありませんが、極度なメンヘラの相手には注意が必要です。

はじめに、人生を円滑に生き生きと送るということを書きましたが、もしそのセフレ関係になった相手が極度なメンヘラだったとしたら、円滑どころか泥沼になりかねません。

そういう意味では、誰彼かまわずセフレ関係になってしまうのは考えものです。

たとえ一時の遊び相手と思ったとしても、その相手の人生に大きく干渉してしまうことにも繋がるわけですから、相手の人柄や性格をある程度把握するよう努めることが先決でしょう。

未成年

未成年者にも注意が必要です。

こちらは今さらいうまでもないことかと思います。

相手が未成年者である場合、セフレ関係のような肉体関係をもってしまうと、青少年保護育成条例違反などの罪に問われる可能性がでてきます。

これは、不倫のような民事上の責任ではなく刑事上の責任なので、逮捕・起訴される可能性があるということです。

くれぐれもそのような事件に巻き込まれないよう、細心の注意が必要です。

未成年者かも?と少しでも思うようなら手を出さない方が賢明でしょう。

なぜセフレを作れない人がいるのか?その原因は?

男も女もセックスをしたいと感じている人が多く、事実としてセフレを求めて出会い系サイトを利用している人が多数いる…

その事実の裏側で、男性の一部はセフレすら作れずに悩んでいるわけですが、そういう人の多くは、何か大きな勘違いをしています。

確かに女性だってエッチをしたいと思うことは多々あるでしょう。

しかし、エッチの最中は少なからず愛を求めているものです。

先程、メンヘラや寂しがりやの女性がセフレに向いているとお話しましたが、それも愛情を求めているからこそで、愛の無いセックスなんて何も求めていないのです。

その事を理解もせずにいきなり強引にエッチを求めようとしても、そんな要求に応えてくれるのはセクシー女優くらいなものです。

セフレを作れないと悩んでいると嘆く前に、相手との会話の時点で独りよがりなエッチ前提の会話をしていなかったか検証してみてください。

そして、万が一にもセックスを急かすような話ばかりしていたのだとしたら、今すぐに止めて、今後、彼女として愛してあげるような優しさや、友人として楽しく時を過ごせるような会話を心がけるようにしましょう。

そして、エッチに誘うときもさり気なく誘い、セックス中、セックス後も優しくしてあげるのがマナーです。

間違ってもセックスだけがしたい女性はいません!!

その事をちゃんと理解して出会い系サイトなどで、セフレを作るよう心がけましょうね。

セフレとの出会いのきっかけを作る2つの方法

セフレを作りたいけどどうやって出会いのきっかけを作っていいかわからないという人は多いのではないでしょうか。

しかし、近年はネット経由で出逢うなど、様々な方法でセフレを作られている方がたくさんいらっしゃるようです。

では、具体的にその方法を幾つかご紹介していきます。

方法1.マッチングサイト

セフレを手っ取り早く見つけたいという方には、気軽に出会いを求めることが出来る出会い系サイトがオススメ!!

では具体的にどんな出会い系サイトがあるのかオススメのサイトをご紹介していきます。

1.PCMAX

06_capture_pcmax_toroku

PCMAXは、出会い系サイトの中でも運営歴が長く老舗の出会い系サイトとして、実績・信頼度の高い最高峰のサイトと言っていいでしょう。

また、女性が無料で利用できるのはもちろんのこと、男性も日記の投稿やコメントなど、一分機能が無料で利用できますし、何よりも多目的で気軽に出会いを求めることが出来るサイトなので、るので、やり方次第では、あまりコストを掛けずにセフレを作れる可能性もあるのでおすすめです。

・会員数:800万人以上(そのうち、アクティブユーザーは約50万人)
・運営会社:株式会社 マックス
・料金:動画閲覧など一部を除き女性は無料。

男性のみ1P10円計算で料金が発生しますが、利用に必要なポイントはそれぞれ異なり、中には日記投稿など一分機能は無料で利用できるのもあります。

詳しくは公式サイトを参照してください。

・運営歴:2001年設立(15年)
・サイトURL:http://pcmax.jp(18歳未満は利用禁止)

2.ハッピーメール

ハッピーメールもPCMAX同様運営歴15年以上ある、数少ない老舗出会い系サイトの一つで、人気度も高いので男女の会員のバランスもよく、実際に逢えたという話もいくつも聞いている有料サイトです。

ジャンル分けされている掲示板機能などPCMAX同様多目的で出会いを求めやすいサイトである特徴を持っていますが、他のサイトと大きく異なり、料金が割安なのと、電話転送機能という電話番号を知られることなく、相手と電話連絡することが出来る機能がある大きな魅力があります。

ただし、その分電話代がバカ高くなり、転送電話サービスを利用してしまうと、結局コスト的には大損してしまうことになりかねません。

また、転送電話により電話番号を知らせずに、通話連絡を要求する女性と遭遇する可能性も少なくなく、場合によっては出費がかさむので、男性にとっては、デメリットも多いということも出来るかもしれません。

もちろんその辺のところはある程度割り切って考え、直接の通話連絡はLINEか電話のみでサイトは利用しないと決め、どうしてもボイスチャットなどサイトを通じた連絡をしたいという女性には手を出さなければいいだけの話です。

しかし、その結果出会える可能性を削ぎ落とすことにはなるわけですし、その辺のコントロールが出来るかどうかによって、ハッピーメールが魅力あふれる出会い系サイトと感じれるか、お金だけ掛かる悪質サイトと感じるのか、大きく変わってくるでしょう。

・会員数:1300万人超
・運営会社:株式会社アイベック
・料金:男性のみ1p=10円の料金制(ただし、最大でも消費ポイントが5pt(50円)なので比較的にお手頃料金と言えます)
・運営歴:2000年開設(約16年)
・サイトURL:http://happymail.co.jp/

3.ワクワクメール

それでは、そういった相手をどこで探したら良いのでしょう?
気軽に相手探しを始めるのなら、インターネットの出会い系サイトが便利です。

家にいても、移動中でも、わずかな空き時間を利用して相手を探すことができるし、もちろん匿名ですから、とっても気楽に始められます。

・特徴:ワクワクメールは、2001年からサービスを開始しており、出会い系サイトの草分け的存在で老舗といって良いほどの知名度があります。

同業他社の「ハッピーメール」や「PCMAX」とともに、「出会い系御三家」とも言われています。

最大の特徴は、プロフィールの閲覧が無料だということです。

多くの他のサービスではこの部分が有料なので、この差はとても大きいと言えます。

・会員数:500万人
・運営会社:株式会社ワクワクコミュニケーションズ
・料金:サイト内の動作に応じてポイント(1ポイント=10円)が設定されています。

【無料】メールを開く、掲示板に書き込む、プロフをみる
【10円】掲示板の書き込みを見る
【20円】掲示画像をみる、プロフ画像をみる
【30円】掲示動画をみる、プロフ動画をみる
【50円】メールを送る、音声メッセージを送る・聞く、プロフのボイスを聞く
・運営歴:2001年〜
・サイトURL:http://550909.com/

4.YYC

ワクワクメールをみて、なんだか年齢層が低いな、と思った方は、YYCを利用するのはどうでしょう。

YYCの年齢層は比較的高く20代後半〜40代前半くらいが多いと言われています。

・特徴:年齢層がやや高めということからも分かるように、サイトの雰囲気ら落ち着いた感じになっています。

過去にはlivedoorやLINEが運営していた時期もあり、安定した実績を持っています(現在はmixiの子会社として運営されています)。

・会員数:累計1000万人以上
・運営会社:株式会社Diverse
・料金:プロフ閲覧10円、メール送信50円
・運営歴:2000年~
・サイトURL:http://lite.yyc.co.jp

5.feliz(フェリース)

老舗系をふたつご紹介したので、新興のサイトもひとつご紹介します。

それがfeliz(フェリース)です。

・特徴:feliz(フェリース)の特徴は、なんといっても世界的なSNSであるFacebookと連動していることです。

もちろん、Facebookの友達にフェリースを利用していることがわかるようなことはありません。

登録しているものはFacebookアカウントも持っているということになるので、業者が紛れにくいシステムになっています。

会員数は、上の二つと比べるとまだまだこれからという感じですが、Facebook利用というシステムが安全面などから人気になれば、一気に伸びてくる可能性があります。

・運営会社:株式会社ムービングメディアファクトリー
・料金:ポイント制と定額制を併用しています。

【いいね】140円
【メッセージ付いいね】420円
【アピール】420円
定額制だと月額4500円
・運営歴:2015年〜
・サイトURL:http://www.feliznet.jp

方法2.マッチングアプリ

出会い系サイトのように、年齢確認と電話番号確認(中にはそれすらもないものも多数ありますが…)のみしか確認せずに、サクラやキャッシュバッカーなども紛れ込んでいるなんて話も多々耳にします。

しかし、マッチングアプリの場合はFacebookと連動しているサイトが多くより本人確認できる状況にあるので、怪しいユーザーが少ないと評判で婚活サイトとして推奨されているサイトが多いです。

その分真剣交際を求めるユーザーが割合として多いですが、真剣だからといってセフレの関係を築けないとは限りません。

そもそも出会いを真剣に求めている女性が多く、その中にはエッチも含め愛情に飢えている女性もたくさんいらっしゃると思いますので、セフレ探しの手段として十分使えます。

では、そのマッチングアプリの幾つかをご紹介していきます。

1.Pairs(ペアーズ)

PCMAXやハッピーメールなどの出会い系サイトと比較して、少し真面目と言いますか、真剣な出会いを求めている人たちを結びつけるサイトというイメージが強いマッチングアプリ…

その一つであるPairs(ペアーズ)も例外なく、Facebookと連動させ、本人確認を徹底しているために、サクラや業者のなりすましのような怪しいユーザーはほとんどいません。

その点では非常に安心安全に出会いを求めることが出来ます。

また、『今日のベストマッチ』と言うような、あなたにオススメの会員を紹介してくれる機能などもてんこ盛りで、何かと便利に使えるマッチングアプリとも言えるでしょう。

ただ出会い系のように気軽さは若干薄らいでいますし、出会いが目的というところもあるので、セフレ目的と言うよりは恋人探しのためのアプリと言うべきなのかもしれません。

その観点で言えば、Facebookとの連動も含め、何かと面倒さや方苦しさを感じる部分があるかもしれませんが、それだけ真剣に出会いを求めているユーザーばかりなので、セフレを探していて、気が合う女性がいれば、出会える可能性は一気に高まるでしょう。

考え方によっては、出会い系サイトよりもPairs(ペアーズ)の方が真剣なセフレ探しが出来るかもしれませんよ。

・会員数:約360万人
・運営会社:株式会社エウレカ
・料金:男性のみ月額2900円(一部前払いを条件に割引(実質1898円)サービスもあり)。

ただし、女性もレディースオプション利用は月額2900円必要!!
・運営歴:2013年10月サイトオープン(実質約3年)
・サイトURL:https://www.pairs.lv/

2.omiai(オミアイ)

omiai(オミアイ)は、基本的な部分においては、ほぼPairs(ペアーズ)と同じようなマッチングアプリですが、料金体制に大きな違いがあり、基本女性も有料化されています。

このため、一般的には、少しカジュアルな出会いを求めているユーザーはPairs(ペアーズ)を、結婚も意識するような将来性のある出会いを求める方はomiai(オミアイ)がオススメと言われています。

つまり、セフレ限定という意味合いで言うならば、omiai(オミアイ)は不向きなアプリと言えるでしょう。

ただし、エッチのみやりたいという女性は少なく、少なからず愛情をそこに求めている方が多いですし、あわよくば恋愛・結婚も視野に入れている可能性も少なくありません。

セックス以外全く興味が無いというのであれば、利用価値も少ないのかもしれませんが、継続的に恋愛も楽しみながらエッチが出来る関係を構築するという意味合いでは、出会い系よりも、真剣交際も視野に入れて出会いを探せるomiai(オミアイ)というマッチングアプリを使う方が良いかと思いますよ。

・会員数:931,876人
・運営会社:株式会社ネットマーケティング
・料金:男女共に、月額3980円(ただし、12ヶ月プラン(一括払い:33,360円)だと月額計算で2780円と割安になるので、長期利用するのであれば、こちらがオススメ)
・運営歴:2004年7月(約12年)
・サイトURL:http://fb.omiai-jp.com/

なぜ合コンより、マッチングサイトやマッチングアプリがおすすめか?

合コンより出会い系サイトやマッチングアプリを使った出会いの方が、断然セフレを作りやすいという話を耳にすることがあります。

もちろん相性もあるでしょうし、合コンのほうがセフレを作りやすいという方もいらっしゃるでしょう。

しかし、これには根拠があり、合コンでは、いきなり出会い一発勝負で、相手に気に入られなければいけないのに対し、出会い系サイトは、出逢うまでにメッセージのやりとりなどをしてお互いの人間性を見極めることが出来るので、対応のとり方にもよりますが、比較的決裂ということになりにくいです。

出会い系サイトのように、お互いの素性や価値観がある程度わかった上であれば、この人とならエッチしても良いかもと女性も思ってくれるかもしれません。

そういう意味で、出会い系サイトの方が合コンよりもセフレを作るのにオススメであると言っているわけです。

いずれにしてもいきなり素性もわからない人とセフレになるという女性は少ないので、きっちり会話を重ね価値観をすり合わせ、セフレになるための関係性を作ってから、セックスをするように行動を起こしてくださいね。

\女性が大量登録!今すぐここでセフレを探そう!/
07_button_pcmax_sehure
(18歳未満は利用禁止)
99_banner_pcmax_sehure

方法3.ナンパ

手っ取り早くセフレを作りたいのなら、いっそナンパに打って出るという方法もあります。

ナンパの具体的な方法論は、いろんな参考になる他記事にゆずるとして、ここではオススメのスポットをすこしご紹介いたします。

おすすめナンパスポット1.銀座のコリドー街

銀座のコリドー街は、都内有数のナンパスポットとして知られています。

HUBなどの立ち飲みできるお店も多く、新橋駅と有楽町駅に挟まれたエリアを往復すれば、次々とナンパのチャンスに恵まれることでしょう。

おすすめナンパスポット2.HUBなどの立ち飲み屋

コリドー街のHUBと書きましたが、HUBはチェーン店なので、全国各地に点在しています。

HUBに代表される立ち飲み屋は、ほかの女性客に声かけしやすく、ナンパに利用されることも少なくありません。

逆にいえば、HUBに女性一人で、あるいは女性グループでお酒を飲んでいる場合はナンパ待ちをしている可能性もあると考えられます。

それほどナンパといえば立ち飲み屋、の図式は一般的になっているといえます。

おすすめナンパスポット3.クラブ

クラブでのナンパも王道といっていいほどにナンパ界のメーンストリームになっています。

いわゆる路上ナンパがストナン(ストリート・ナンパ)と呼ばれるのに対して、クラブでのナンパがクラナンと略されるほとです。

両者はいわばナンパ界の手法の双璧ということもできるでしょう。

というのも、クラブにくる女性はナンパされる前提、という図式が定着しているからでもあります。

そういう状況であれば、女性としても声をかけられることに抵抗は少ないため、成功率も高くなる傾向があると考えられます。

セフレとの関係をこじらせないためのフォロー方法

人間関係をこじらせてしまうと、思わぬ損害を被るのは、学校や会社であっても、友人や恋人とのプライベートな関係であっても同じです。

もちろんセフレ関係でも同じことが言えます。

それでは、セフレ関係において人間関係をこじらせないようにするためにはどんなところに気をつけるべきなのでしょう。

以下で考えてみたいと思います。

会いすぎないようにする

これは意外と盲点かもしれません。

相手を好きになるほどに、会いたいという衝動は強くなるはずだからです。

しかし、そこはセフレ関係です。

逢瀬を重ねてすっかり情がうつり、会いたいと思う気持ちが募っても、あるていど抑制的にならなければ、泥沼にはまってしまうでしょう。

無論、ふつうの恋愛関係であれば別です。

将来の展望がある間柄なら、誰はばかることなく会えばいいのです(それでも飽きられてしまう可能性はありますが)。

セフレ関係ということは、なにかのっぴきならない事情があるはずです。

どちらか、あるいは双方が既婚者であるとか、未婚であってもいわゆるステディな関係ではない場合が多いと思います。

表沙汰になっては困る関係なのに、募る想いにまかせて会い続けた結果、セフレ関係も何もかも、台無しになってしまったのでは意味がありませんね。

依存されすぎないようにする

これは、上で書いたことを受け身にした場合です。

依存されすぎるということは、一見セフレ関係がうまくいっているかのように思えるかもしれませんが、それは弾ける前のバブルのように危険な状態だといえます。

相手の性格にもよりますが、想いが募りすぎてしまって相手の日常生活に支障をきたしてしまったり、逆にメンヘラ的に過干渉になってきたりといったことが考えられます。

やはり依存されすぎないように、抑制的になることが関係を継続させる秘訣のようです。

ひどいことをして恨みを買わないようにする

セフレ関係とはいえ人間関係ですから、セックス中心の関係というだけで、ひどいふるまいをしてはならないのは当然のことです。

ところが、まるでセフレ関係を仮想現実のように錯覚してしまい、相手を傷つけたり逆に傷つけられたりということが起こる場合があります。

精神的・肉体的な暴力が起こってしまうような場合はもとより、相手のことを思いやれないのであれば、セフレ関係など解消してしまったほうがお互いのためといえます。

セフレ関係は二人だけの秘密にする

すでに述べたように、セフレ関係は基本的にひみつの関係です。

オープンにできないからこそ、セフレ関係というセックスの繋がりで安定しているものなのです。

また、オープンにできないからこそ、人はそこに密やかな歓びや安堵を見出すものなのでしょう。

そのためには、くれぐれも相手選びを慎重に行うことが必要ですし、セフレ関係を築いていく中でも、相手を思いやり、慈しむことが必要です。

まとめ

今回は、セフレ関係の作り方や注意すべきポイントについてまとめてみました。

最後に今回のポイントをまとめてみます。

女性目線での注意点
・ワリカンは危険
・ホテルのみは相手を傷つける可能性

男性目線での注意点
・主婦に注意
・メンヘラに注意
・未成年者に注意

相手を探すには
・出会い系サイトを利用する
・ナンパしてみる

セフレとの関係をこじらせないために
・会いすぎない
・依存されすぎない
・恨みをかわない
・セフレ関係を二人の秘密にする

項目のみ駆け足で振り返りました。

勇気をもって一歩を踏み出せば、人生をより円滑により生き生きと送ることにも繋がるでしょう。

それには、どんな人間関係にも通じることですが、相手を思いやる心をもつこもが必要だと言えます。