セックスは愛し合う恋人同士につきものの行為です。

時にはより熱く、時には甘い言葉を交わしながら、二人の愛を確かめ合う大切なひとときでもあります。

お互いを強く想っているからこそ、お互いの体を求めますが、中には「セックスが嫌い」という女性もいます。

なぜセックスが嫌いなのか?セックスが嫌いな彼女に対して、彼氏はどう接すればいいのか?セックスを嫌がる彼女の理由と、その対処法についてご紹介していきます。

セックスしたいのに彼女がセックス嫌い

「自分は彼女が大好きでセックスがしたいのに、彼女がセックスを嫌がってさせてくれない」「いつも彼女にセックスを誘っては断られる」「えっちな雰囲気になると、彼女がさっと交わしてそれ以上何も出来ない」こんな悩みを持つ男性は世の中に少なくないと思います。

単純にセックスがしたいわけではなくて、彼女を好きだからこそセックスをして、お互いの愛を確かめ合いたいという男心ですよね。

でも彼女がそれを嫌がってしまっては、なにも手が出せません。

ではどうして、彼女はあなたとのセックスを嫌がるのでしょうか?

彼女がセックス嫌いの理由

彼女があなたとのセックスを嫌うのには、なんらかの理由が考えられます。

セックスに限らず、何か嫌いなことがある時には、必ずそれに対する理由があるからです。

女性によってその理由は実にさまざまですが、生理中だからと、体調不良だからという理由を除いて、おおよその理由をいくつかまとめました。

極度の恥ずかしがり屋

多くの女性に見られる理由の一つに、「極度の恥ずかしがり屋」があります。

彼女が極度の恥ずかしがり屋の場合、おそらくは人前でいちゃついたり、人目につくような場所でのキスも嫌がるはずです。

それどころか、手を繋いで街を歩くことにも抵抗がある場合があります。

そんな恥ずかしがり屋の彼女では、例え人目がなくとも彼氏の前で裸になるという行為は、キスや手を繋ぐことよりも、もっともっと抵抗があるでしょう。

あなたとのセックスが嫌なわけではなくて、ただ恥ずかしいだけなんです。

日頃からいちゃつくことを恥ずかしがる素振りを見せる彼女の場合には、この理由が当てはまります。

自分の身体に自信がない

これも多くの女性に見られる理由の一つです。

「スタイルが良くないから・・」「胸が小さいから・・」「太っているから・・」「ニキビ肌で汚いから・・」これらの理由で裸になりたがらない女性はとても多いです。

女性は自分の体型を、日頃から雑誌モデルや芸能人など、自分の理想とする女性の体型と比較しがちです。

あなたから見ればどんなに彼女の体が魅力的でセクシーであっても、彼女自身が自分の体型に自信がなければ服を脱ぎたがりません。

また、体型だけでなく、例えば彼女が自分の肌荒れを気にしていたり、ニキビを気にしていたり・・女性は自分の体に一つでも欠点があると感じてしまったら、彼の前ですべてをさらけ出すことを拒んでしまうことがあります。

身体を重ね合わせるのに抵抗がある

いくら彼のことが好きでも、自分の肌と他人の肌とを重ね合わせることに抵抗がある女性もいます。

例えば潔癖症な女性の場合、セックスはおろかディープキスさえも積極的にはしたがらない傾向があります。

このような女性では、普段からマメに手洗いうがいをしたり、キスの後にいちいちうがいをしに行ったりすることがありますので、そこで判断が出来ます。

ただし決してあなたのことを汚いと思っているわけではなく、そもそも生理的に自分と他人とで触れ合うことを嫌がります。

あなたを好きという気持ちはきちんとあるはずです。

また、過去にセックスで何らかのトラウマがある女性の場合も、セックスに対して強い抵抗を示すことがあります。

元カレとのセックスに苦痛を感じていたり、男性から乱暴されたことのある女性は体に触れようとするだけで極端に怖がったりすることがありますので、そのような場合は特に注意が必要です。

処女の場合、痛みが怖い

彼女がセックス経験のない処女の場合には、痛みに対する恐怖心から行為を嫌がる場合があります。

未経験の内は周りからの体験談を聞いたり、ネットなどの知識から情報を得ることが多く、特にネット上ではさまざまな情報が飛び交っているため、誤認も多いです。

「初体験はまるで包丁に刺されたみたいに痛かった!」「処女膜が裂ける感覚がとにかく痛い!」など、女性たちのストレートな感想に、ついつい「初体験では激痛に襲われるんだ・・」と怖いイメージばかりが先行してしまいがちです。

そしてその恐怖心は、残念ながら初体験を済ませるまでは、拭い去るのがとても難しいです。

セックス嫌いの彼女に無理をさせると

セックスをしたがらない彼女に無理強いをしてしまった場合には、二人でより熱い関係を築く前にその絆が壊れてしまうことがあります。

二度とセックスができなくなる

一度でも無理強いをしてしまったら、この先二度と彼女とのセックスが出来なくなると思いましょう。

無理な行為は、それだけ彼女にとって強いショックを与えてしまいます。

あなたが彼女を抱きながら、彼女への愛情ゆえに「気持ちいい」と思っていたとしても、彼女にとってはそれが「不快」でしかないはずです。

そんな不快な思いを、きっと彼女は二度としたいとは思わないでしょうし、女性によっては、大好きな彼から「レイプされた」と錯覚することも十分にあり得ます。

合意の上でないセックスは、強姦とさして変わりがありません。

彼氏彼女の関係だからといって、決して無理を強いてもいいというわけではありません。

最悪の場合、破局も

大好きな彼から無理やりにされたセックスは、何の愛情も安心感も、ましてや快楽も生むことはないでしょう。

セックスを一度でも強いられた彼女は、きっとあなたへの信頼を失くし、あなたとの愛に不信感を覚えることでしょう。

そうなった場合、その先に見えるのは「破局」の二文字しかありません。

してしまった後でどんなに謝って取り繕おうとも、失った愛情はもう戻ってはこないでしょう。

かといって、セックスしないままいると・・・

彼女が嫌がる行為をしないのは彼氏として素晴らしい心がけですが、セックスにもそれを当てはめてしまった場合、必ずしもその先も良い関係を築けるとは限りません。

セックスとは、愛し合う恋人同士にとってそれほど重要な行為なのです。

これ以上関係の発展が期待できない

彼女を大切にしたいと思うがゆえに、セックスを嫌がる彼女と体の関係を結ばないまま付き合っていると、その内必ず限界が来てしまいます。

彼氏の立場からすれば、彼女がすぐ側にいるのになにも出来ない・・。

でも好きだからこそセックスをしたいという欲求は高まるばかり。

あなたの性的な欲求のストレスが溜まっていく一方では、どこかできっと無理が出てしまいます。

例えどれだけ性欲の少ない彼氏であっても、大好きな彼女とずっと一緒にいて、まったく何もしないままでいいとは思い続けられませんよね。

徐々にマンネリ化

お互いの気持ちが繋がっていることももちろん大切ですが、セックスはお互いの体で愛情を確かめ合うのにとても大切な行為です。

特に言葉だけでは伝わらない思いも、重なり合う肌を通して伝えられることもあります。

それをしないまま付き合い続けていると、セックスを通じた熱い愛情の確かめ合いもなく、大きな変化もないまま、徐々にマンネリ化が起きてしまいます。

やがては破局も

マンネリ化の解消に、セックスは大きな効果があるとされています。

しかしセックスをしないカップルでは、効果的なマンネリ化の解消は難しく、その内お互いの気持ちのすれ違いや、彼の性的なストレスから破局を迎えてしまう場合もあります。

セックスレスが破局の原因となったカップルの体験談

あるカップルは交際して6年になりますが、3年目から同棲をしていました。

付き合うには落ち着いた年月が流れ、またいつも一緒に過ごすことから、徐々に刺激が減っていき、ついにはセックスレスになってしまいました。

一緒にいるのが当たり前で、付き合い当初のような熱いセックスもしなくなってからは、お互いに彼氏彼女というよりは、まるで家族と生活しているかのような関係になってしまい、互いを「男」「女」として意識するのが難しくなっていました。

そうなると彼女も彼氏の前で、お洒落に気を配ることもなく、家の中で適当な恰好で過ごすことが増えました。

そんなある時、彼は友人を通じて一人の女性と出会い、その女性に「女」として惹かれました。

今の彼女とは違い、美しく着飾りセクシーな魅力があり、また今の彼女では得られない新しい刺激に彼は夢中になり、結局彼女と別れて、新しくその女性と付き合うことになってしまいました。

この体験談からは、男と女としてのセクシャルな関係がなくなってしまった結果、二人が別れてしまったことが分かります。

どんなに長い年月を共にしても、お互いが男女の魅力を失わないように努力し続けていれば、きっとまた結末は変わっていたでしょう。

彼女のセックス嫌い克服法教えます

彼女がセックスを嫌がる理由はなんとなく掴めてきたでしょうか?もちろん先に挙げた以外にも、彼女がセックスを嫌がる理由はあるでしょう。

どうしても分からない場合には、やんわりと彼女にその理由を聞く方法もありますが、まずはこちらの克服法を試してみて下さい。

それで彼女がセックスを嫌がらなくなれば、問題は解決していけるでしょう。

克服法その1:相手のスタイルを褒める

この方法は、彼女が自分の体に自信がない場合に特に有効です。

彼女は自分に自信がないため、あなたの前で裸になることや、セックスという行為をすることに抵抗を抱いています。

それを優しく解きほぐしてあげることが、彼女との円満なセックスに繋がりますので、ぜひ、試してみて下さい。

「キミはキレイだ」などといったことを定期的に言う

キスをしながら、服をゆっくりと脱がせながら「可愛いよ」または「キレイだよ」と微笑みながら囁いてあげましょう。

そして、彼女が肌をさらすごとに、「とってもキレイな肌だよ」や「可愛らしい胸だね、僕の好みだ」などと彼女の体を肯定する言葉を重ねながら、少しずつ行為に及びましょう。

彼女は自分の体に自信がないから、あなたが褒めることに対して、「そんなことない、太ってる(もしくは痩せてる)し・・」など、否定するようなことを言うでしょう。

けれどもそれは、本心ではあなたに肯定して欲しいという気持ちの表れでもあります。

こんな自分でも、良いと言って欲しいという彼女の心の奥に隠された欲求を、十分に満たしてあげましょう。

また、恥ずかしがり屋な彼女の場合、あまり彼女の体に対して褒めすぎても嫌がられることがあります。

彼女の様子を伺いながら、適度に言葉をかけてあげましょう。

一々言葉をかけるなんて、こっぱずかしいと感じたり、面倒に思うこともあるでしょう。

けれども、それを行うことで、彼女とより良いセックスの時間を過ごせるようになるのです。

大切なことなのだと、しっかりと認識しましょう。

彼女に自信をつけさせる

あなたの言葉による肯定は、徐々に彼女に自信をつけさせることに繋がります。

彼女の体に関してのみでなく、セックスの最中の彼女の言葉や喘ぎ声だったり、彼女が彼を求める姿、それらのすべてを笑顔で肯定してあげましょう。

また、行為の最中に「とても気持ちいいよ」や「一緒に気持ち良くなろう」など、あくまでも二人で一緒に愛を育んでいるのだと、彼女にきちんと認識させましょう。

あなたがどれほど彼女を好きで、だからこそ求めているのだと伝われば、きっと彼女も「自分だから彼はこんなに求めてくれるのかな」と徐々に自信が持てるようになってくるはずです。

とはいえ、いざ行為の最中にこれらのことを気をつけようと思っても、彼女の裸を前にしたら、理性もそこそこに興奮して、中々思うように出来ないこともあります。

しかしそこは頑張って堪えましょう。

これからの彼女との性生活をより甘く、円滑なものにするために、彼女が抵抗なく受け入れてくれるようになるまでは、自分の欲求は二の次にして、とにかく彼女の心を開かせることに徹しましょう。

我慢の先には、きっと幸せが待っているはずです。

克服法その2:魅力的な男になる

「彼女がセックスを嫌がらないようにしたい」そう思うと、ついつい彼女自身の気持ちをどうにか変えさせたいと思いがちです。

けれども、彼女の気持ちを無理やり変えさせようとする前に、まずはあなた自身が変わることも大切です。

ではどう変わればいいのでしょうか?

この世に一人しかいない男になるため鍛える

恥ずかしがり屋や、自分の体型に自信のない彼女でない限りは、あなたとセックスしたくないのには他になにか理由があるはず。

例えば、あなたは彼女とのセックスに臨むにあたって、なにか特別なことをしていますか?彼女を求める前に、お風呂に入って体を清潔にしてあるか、ヒゲは剃っているか、歯を磨いたか、ムードを考えて誘っているかなど。

一方的に彼女に求めるばかりではなく、まずはあなたがしておくべきことももちろんいくつもあるはずです。

ですが、それらのエチケットは当たり前のことで、最低限のレベルです。

それ以外でも、彼女が自分からあなたとセックスがしたいと思えるように、あなた自身も自分磨きをしてみるのはどうでしょうか?例えばあなたの体型一つとっても、痩せ型なのか、筋肉質なのか、太っているのか・・・さまざまですが、あなたの体型を、彼女はいったいどう思っているのでしょうか?もし筋肉質な体が好きな彼女の場合、あなたの体型が細見であったり、太っていたりすると、その時点で彼女はあなたにセクシャルな魅力を感じていないかもしれません。

セクシャルな魅力を感じないということは、セックスに対して気が乗らなくなっているということです。

反対にあなたの体が彼女のセクシャルなポイントをばっちり突いていたら?少なくとも、あなたに対して「男」の魅力をしっかりと感じているはずです。

あなたには、必ず「あなただけにしかない魅力」というものが存在します。

それは外見であったり、性格であったりとさまざまですが、それをより磨き、鍛えることで、彼女に「こんな人はこの世に一人だけ」と思わせることが出来ます。

なにも自分が彼女の好みに合わせて無理に変わる必要はありません。

彼女があなたを好きになった魅力的な部分を、どんどん伸ばしていきましょう。

彼女が「この人にすべてを捧げたい」と思えるような

外見的に自分を鍛えることも大切ですが、さらに重要なのはあなた自身の気の持ち方です。

女性は誰しも、頼れる男性を求めています。

もちろん、か弱い男性を守ってあげたい女性も中にはいますが、基本的には経済面や、精神面で自分を守ってくれる男性に女性は惹かれます。

とはいえ、あなたがどれだけ彼女が好きで頼れる存在だとしても、全面的に彼女に気に入られようと媚びているようでは、反対に彼女に軽視されてしまうことがあります。

黙って背中で語る必要はありませんが、彼女よりもあなたの方が、彼女にべタ惚れだということは、なるべくならば彼女には悟られないようにしましょう。

優しく彼女に接してはいても、決して彼女よりも甘え過ぎずに、また彼女から頼られたら、それがどうしても無理な内容でない限り、全力で応じてあげましょう。

必要な時には全力で自分を守ってくれて、しかもセックスでも無理強いをすることはない。

そんな魅力あふれる男性にこそ、女性は「自分のすべてを捧げたい」と思います。

そうなれば、彼女も自然と体の関係を受け入れてくれるようになることでしょう。

克服法その3:キスの回数を多くする

キスは恋人同士において、もっとも重要なコミュニケーションの手段といっても良いでしょう。

言葉では語れない感情も、キスに込めれば不思議と相手には伝わるものです。

もちろん普段から彼女とキスをする機会は多いでしょうが、さりげないシーンでキスの回数を多くしてみましょう。

帰り際にキスをすることはありますが、デートなどで待ち合わせた瞬間にキスをしたり、何気ない会話の中でふっと目が合った瞬間にキスをしてみたり・・。

様々な場面で、いつもよりも少しずつ、キスの回数を増やしてみましょう。

また、キスはセックスへの入口の行為でもあります。

キスを通して徐々に体への語り掛けをしていきましょう。

挨拶のような軽いキスでの触れ合いも良いですが、徐々に熱のこもったキスに変えていくと、よりそこから先へと進展しやすくなります。

セックスできないのを、キスや抱きしめる回数で補う

彼女がセックスを嫌がる内は、無理に行為を誘ってはいけません。

代わりに、キスをたくさんしたり、いつもよりも多めに抱きしめて軽い触れ合いでコミュニケーションを取るようにしましょう。

ただし、日頃はあまり触れ合いをしないのに、いきなりベタベタと長時間触れ合いを求めすぎると、「この人すごく私とエッチしたがってるんじゃあ・・」と反対に彼女に警戒心を抱かせてしまいます。

ですので、日頃触れ合いが少ない場合は、彼女に変に思われないように少しずつ回数を増やしていきましょう。

そうして、「セックスがしたい」というアピールよりも「きみのことが大好きなんだ」だという気持ちを彼女に伝えます。

その気持ちが彼女に伝われば、自然とあなたのキスやハグを受け入れてくれるようになるでしょう。

そうなれば、そこから先へはそれほど時間をかけずに進めるはずです。

【彼女とキスを楽しむためには、こちらの記事もチェック!】

自然とセックスに移行できる期待がある

たくさんキスをして、抱きしめる回数が増えてくると、自然と彼女の方も「キスやハグの先がある」と意識をし始めます。

そしてまた、あなたの方から積極的にキスやハグをしてあげることで、彼女が自分から何もしなくても、あなたがその先へもリードしてくれるのでは・・と密かに期待します。

たくさんのキスや、ボディランゲージを嫌がらない限りは、彼女はあなたとのセックスをもちろん頭で考えています。

後はあなたが急激にがっつかず、スマートにベッドまでリードしてあげることで、彼女のセックスに対する抵抗もなくなっていくことでしょう。

克服法その4:酔っているときに繁華街を歩く

中々キスやハグからその先に進めない時には、お酒の力を借りるという手段もあります。

彼女が全くお酒が飲めない場合や、苦手な場合を除けば、お酒はセクシャルなムード作りにはピッタリといえます。

ただしあなたが彼女よりもお酒が弱かったり、彼女が酒豪だった場合にはまた別の注意が必要です。

お酒を飲む際にはお互いの量をよく考えましょう。

バーなどで少し多めにお酒を飲ませる

ムーディーな雰囲気のあるバーや、喧噪の少ないお店で二人きりでお酒を飲むと良いでしょう。

彼女がまだ素面で照れが強い場合は、カウンターで横並びに座ると彼女がよりリラックスしてお酒が飲めます。

もちろんテーブルで、至近距離で向かい合うのも良いでしょう。

理想としては、人の多い週末よりも、平日の方が二人で静かな空間を満喫出来ますし、また予め席が予約出来ればさらに良いですね。

そこで会話を楽しみながら、彼女にいつもよりも少しだけ多めにお酒を飲ませましょう。

ただし注意して欲しいのは、一緒に飲む際にはあなたはあまり飲み過ぎにようにするということです。

男性はお酒が回るとセックスを行うのに支障をきたす場合がありますし、その後もしっかりと彼女をリード出来るよう、飲む量はほどほどにしておきましょう。

また、彼女があまりお酒に強くない場合には、飲ませすぎると体調が悪くなってしまいますので、あくまでも「いつもよりも少し多いくらい」で飲ませるようにしましょう。

もし彼女が酒豪の場合には、無理に酔わせようとはせず、彼女がすっかりリラックスしているかどうかを見極めましょう。

ムードに流され、彼女の方から言い出すかも

程よくお酒が回ったと感じたところで、少しずつセクシャルなアピールをしていきましょう。

いきなり言葉で「この後ホテルに行こう」などと誘うのではなく、彼女の手をそっと握り、手の甲に軽く指を這わせたり、耳元で囁いたり、体の一部に触れてみたり・・。

普段は恥ずかしがる彼女も、ほろ酔い加減ではきっと受け入れてくれるはずです。

それでも頑なに拒むような時は、まだ十分に理性が残っているという証拠です。

彼女の様子を見ながら、「この後の二人の時間」を彼女に想像させましょう。

上手くいけば、ムードに流された彼女の方から「酔っぱらっちゃって、どこかで休みたい・・」と言い出すかもしれません。

もし彼女も乗り気な様子でも、向こうからは何も言ってこなかった場合は、それはつまりあなたから誘って欲しいということです。

そんな場合はこっそりと耳元で「この後どこかで休もうか」と声をかけてみましょう。

克服法その5:体力のつくことを一緒にする

セックスをスポーツに例える人が時々いますが、感覚としてはあながち間違いではありません。

お互いに全身全霊でセックスをすれば当然体力を使いますし、激しく愛し合うからこそよりお互いの愛情を感じられるというものです。

そして体力のない人よりも、体力のある人の方がセックスには積極的な傾向があるとされています。

スポーツなどで体を動かしている人はストレスを発散しやすく、また気持ちも前向きであったり、向上心がある人が多いです。

カップルで共にスポーツなどで体を動かして楽しみながら、その後の深い関係にも繋げていきましょう。

登山やスポーツなどを介したデートを

体力をつけるとはいっても、一人で黙々と運動をしても楽しくはありませんし、長続きしませんよね。

運動を行う際には、ぜひカップルで一緒に取り組むようにしましょう。

ジムに行ってトレーニングを行うのも良いですが、それよりもデートの際に、レジャー施設などでボーリングやテニスなど、遊びから入るとより楽しく取り組めます。

そこからボルダリングなどの少々ハードな運動へと移行していくと良いですが、元々体を動かすことが嫌いでないカップルなら、デートでハイキングや登山に挑戦してみるのもおすすめです。

大自然の空気を満喫したり、一緒にスポーツなどで体を動かすと、お互いにストレス解消になりますし、コミュニケーションやスキンシップも増え、自然と距離が縮まります。

運動やスポーツはただ体力をつけるだけでなく、二人で同じ目標に進むことによる一体感や、喜びの感情を生み出します。

時折運動場で喧嘩しているカップルも見かけますが、体を動かすことに夢中になれればその内怒りの感情も収まってくることでしょう。

とにかく一緒に体を動かすことが大切です。

彼女の様子を気遣いながら、二人で楽しい時間を過ごすようにしましょう。

ダイエットにより身体のコンプレックスが解消できます!

彼女が自分の体型に自信がない場合には、いきなり無理にセックスまで持ち込もうとはせずに、一緒に運動しながら彼女自身に自信を付けさせ、コンプレックスを取り払っていく方法もあります。

彼女が運動が苦手な場合には、「自分も頑張るから、一緒に頑張っていこう」と優しく声をかけて誘いましょう。

乗り気でなくとも、彼氏から「一緒に頑張ろう」「楽しんで体を動かそう」「二人でダイエット頑張ろう」などと何度も誘われれば、誘い方に問題がない限りその内に彼女もまんざらではなく思えてくるでしょう。

女性にとっても彼氏と楽しく体を動かしながら、しかもダイエットにもなるだなんて、一石二鳥ですし嬉しい提案ではあります。

ですがストレートに「ダイエットにいいから運動しよう」などと言ってしまうと、「私が太っているから運動して痩せろってこと・・?」と誤解を与えてしまいかねません。

あくまでも、彼女が自分の体型にコンプレックスを持っていて、それを自分で口に出していたら、それとなく誘いをかけるようにしましょう。

例え口に出していなくとも、気にしている素振りがうかがえたら誘っても大丈夫ですが、あなたも一緒にやることや、楽しんでやろうねとポジティブな言いまわしをしてあげましょう。

あなたと一緒に運動すれば楽しく運動が出来る、と彼女が前向きに考えるのが理想的です。

彼女のセックス嫌いは、あなたが治してあげましょう

女性は付き合う男性によってその都度変化していきます。

例えばカジュアルな雰囲気の彼氏だと、自分もカジュアルな装いになったり、彼のイメージに自分も合わせようとする傾向があります。

それは、女性がそれだけ男性のことを好きで、その人に染まりたい、その人と似合いになりたいと強く思うからです。

中には全く正反対のカップルもいますが、多くの女性は自然と彼氏に寄り添うようなスタイルに変化していきます。

しかし外見は彼の好みに変わっても、中身まで変わることは難しいです。

趣味や好みはもちろんですが、セックスに関しては、彼女のこれまでの経験からある程度性に関する価値観が決まってしまっているからです。

例えば過去にセックスで辛い経験がある女性は、「もう二度とセックスなんてしたくない、するのが怖い」と思ってしまっているでしょうし、まったくの未経験の女性では「痛そうだから嫌だ」と思っているかもしれません。

自分の体に自信がない女性は裸になることで、もしかしたらあなたに嫌われるかもしれないという不安を抱えているかもしれませんし、恥ずかしがり屋の女性はセックスに対し強い抵抗があるでしょう。

女性一人ひとりでセックスを嫌がる理由は違いますが、頑なな彼女の気持ちを変えられるのは、彼氏であるあなた一人だけです。

愛情を交わし合うパートナーとして、あなたには彼女の不安を取り除いてあげる必要があります。

あなたにとって彼女が本当に大切なパートナーであるのなら、ぜひ今日から彼女に対してセックスへのケアを取り組んでいってあげましょう。

そうして本当の意味で彼女と結ばれることが出来れば、より二人の愛は強いものへと変わっていくはずです。